標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

2013年08月

こんにちわ。

今月フラっとQマウント達を持ち歩いて撮った記録の中のうち、思い出に貢献している写真をいくつか載っけてみます。

IMGP2850
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO100
#有楽町駅高架下から


IMGP6102
02 STANDARD ZOOM 1/1250s F4.5 ISO800
#銀座・・・有楽町駅を出てすぐのところで青抽出

IMGP6108
02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.2 ISO800
#エヴァンゲリオン展なるところにて。無茶苦茶混んでました

IMGP6134
01 STANDARD PRIME 1/40s ISO800
#SONYビルで展示していたアクアリウムはとても奇麗でした

IMGP2876
FA77mm Limited 1/400s F2.0 ISO1600
#そうそう銀座と言えば月初めにジオラマコレクションにも行きました

IMGP6112
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO800
#それの記憶もあってか、レモンなんたら・・・という有名なカメラ店の窓から撮った銀座の道路の姿がやけに「ジオラマ風」に見えました



IMGP3097

06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F3.5 ISO3200
#モノクロと言えば、高い位置から撮ると素敵です。越中島付近の陸橋上から ハードモノクローム

IMGP3131
06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800
#ここまで歩くと越中島ではなく豊洲付近(極彩にて)

IMGP3178
06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F2.8 ISO640
#芝浦工大付近のマンションのライティングが奇麗でしたので青抽出


PENTAX Q7を持って毎日出かけています。
今までちゃんと周りを見ていなかったんでしょうか。
カメラを持って出歩くと、もう一つのパラレルワールドを観ているように知らなかった世界を観ることが出来て嬉しいです。
 

こんにちわ。

今日はこの8月で撮った中でのお気に入りをいくつか。

今回は中旬ごろに行った那須どうぶつ王国(動物園)の前後の時のもので、栃木ですから、日光の方へもブラりしてきました。

IMGP4089
06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO160
#ガンを飛ばしつつも、すこし寂しそうなネコ

IMGP4095
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1600
#もう貫禄出てます。コワイです、このネコ

IMGP512902 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO4000 オリジナルモノクローム
#日光金谷ホテルの一室 なんとなく古い作りですね

IMGP5260
02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO800
#東照宮入口あたりで青抽出。緑青が映えます。錆びた銅って素敵

IMGP5219
02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO1000
#東照宮入口2 石鳥居を青抽出。石なのに鉄ぽくて素敵

IMGP5229
06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO1000
#カラーでも負けません。金色が素敵です

IMGP5289
06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F3.5 ISO3200
#霧降高原というか滝に行くまでの道。前回載せたコケのやつをハードモノクロームにて


IMGP5291
02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO5000
#でも、まぁやっぱり苔は奇麗にビッシリが素敵です。こういうのを家の庭に欲しい(笑)



いやぁ、PENTAX Q7は楽しいです、ほんと。
 8月は本当にQ7一色でしたヨ!
 

こんにちわ。前回のつづきで、07番の魔改造「B」超広角スナップの話です。 いいところまで来ていますのでいったん中締め。多分後0.コンマ数ミリ程センサーに近づけないとキチッとしたピントにならないのですがまあ、ここで軽くお外で実験です。

魔改造B弐 の特徴は下記の通りです。

 ・厚みは07オリジナル(改造前)と03番Fish-Eyeの間です。
 ・撮れる画角左右範囲はたぶん、85~89°くらい、02番より若干広いです
 ・四隅にケラレが発生します
 ・元になったOLYMPUS CAMEDIA C-160の特性であるF2.8を引き継いでいるはずです

では屋外にて撮影してきましたので、その絵を幾つか。

IMGP6351
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/2500s ISO100
#秋葉原駅を出たところ、早朝。月も小さげながら中央やや左にちゃんと像をなして写っています


IMGP6364
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1s ISO200
#夜にさしかかった永代橋。19時でもう日は落ちていますが、十分撮れています

IMGP6371
03 Fish-Eye F5.6 2s ISO1000
#ボケちゃってますが、同じところでカメラの向きを変え
 03Fish-Eyeで撮影。魚眼は07 魔改造B弐 と違い水面が歪んで弧の字を描いています。 

IMGP6405
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/25s ISO1000
#確かに橋のライトは眩しいですが、一応夜でFLASH無しです。なかなかの描写です。
 上の写真で遠方に写る水色の眩しい光を発する橋が『永代橋』。その橋上の歩道から。

IMGP6343
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/2000s ISO160
#また戻って早朝のヨドバシ秋葉原。全体が写せる超広角です

今回の『07 魔改造B弐 超広角スナップレンズ』は、もとのユニットを素で使う形でした。そして、絞り羽もなにも無しにストレートにセンサーと連携しています。
そのベースとなったC-160のレンズ性能はF2.8と凄まじく、06 TELEPHOTO ZOOMと同じ明るさです。
日中の光のあるときならばISO値100のままシャッタースピードを1/2500秒とか1/5000秒にすることが平気で出せます。
ISO1250まで持ち上げて良いとすれば、少しくらい暗くなったり曇りになったとしても、1/50秒くらい余裕で設定でき、シャッタースピードによる手ぶれも防げる形です。
しかも周りが暗くなってもなんのその。肉眼では見えにくい夜の雲まで描写してしまいます。

あぁ、だからコンパクトデジカメで手ぶれしにくかった訳だ。昔からシャッタースピードが速い状態で撮れていた訳ですね。
上の早朝のなんかISO160で1/2000秒ですよ(MF 「M」のTAvモードで速度とISOのバランスを取りながら赤色字にならいように撮影です)。

IMGP6432
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/50s ISO400
#すっかり夜のヨドバシ秋葉原。暗くなっても奇麗に撮れています


F2.8の超広角なC-160のレンズは素晴らしいです。残念ながらコンパクトデジカメとしては3流扱いでしたが、レンズだけ取れば良いものは眠っている、という証明でもあります。
うん、古いデジカメを新しい技術でサルベージ。最近は何でも捨てるのが美徳になっているようですが、日本人の知恵や遺産、大いな成果を簡単に捨てしまっていいのでしょうか、もったいないと思う気持ちが残ります。
こういう形でも一部の部品だけでもいいから、何かしら残していけないものですかね。
液晶なんかは、なんか、こう、もっと再利用したいですよね。


IMGP6441
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/25s ISO100
#JR秋葉原駅中央改札内です。この広い空間をしっかり捕らえています



今回感じたことは、センサーとレンズのマウントの距離(フランジバック?)が近く、コンデジと大差ない大きさのセンサー規模で生まれてきたナノ一眼だからこそ、過去と同じ環境を生み出しやすかったのではないでしょうか。
Q7の隠れた才能が光った瞬間です。
今後コンパクトデジカメは単焦点の高級版が増えると聞きます。そうなったらその数年後には、またレンズを残していくことができるかもしれません。



・・・にしても、ここまでレンズを復活させられてしまうと、自分でPCからUSB経由でマウントの電子情報を書き替えたい、っていう気持ちになってきます。

もちろん無理ですが、07番などのプラマウンタを流用するメリットは、KQアダプタと違って取り付ければ入力値を求められずに即使え、重くかさ張らないならないところにあります。
01とかと違ってプラスチックな部品なので接着剤で加工もできる利点?もあります。

ここにレンズ情報を与えられる「チップ」さえあれば、撮った写真にダイレクトにEXIF情報として埋込できます。そういうのが出来たら嬉しいですよね。
今のF9.0という07番のそのままの値であるダミー値じゃなく、本来のレンズのF2.8とかをEXIFには書いてあげたいです。

うん、やっぱりこのカメラは楽しい。
レンズの自作って面白い。こんなことができるのもPENTAX Q7のおかげです。 
 

この間の羽についてのブログでも書きましたが、先日 那須の方の動物園に行ってきました。

一番の目的はバードショーではなく、実はカビバラの赤ちゃん。とっても可愛かったですよ~。
小さいやつと触れ合えるなんてナカナカ体験できないですしね、朝から頑張って東北道を走らせ行ってきました。

さて、今回のQ7の撮影は、01番以外のレンズ達でパシャり。
もちろん、何かあった時の予備で使うSONYのコンデジW10は今でも健在です。


IMGP4045
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F8 ISO1000
#暑かったので水に浸ってる大人のカピバラさん(温泉風)

IMGP4360
03 Fish-Eye 1/30s F5.6 ISO320
#もっとくれくれ、って感じの赤ちゃん。君に全部はあげないよ

DSC01897
SONY WX10 1/50s F2.4 ISO100
#手前の毛並みにピント(笑)違うんだけどなぁ、焦ってるとこういう時あります

IMGP4416
01 STANDARD PRIME 1/500s F1.9 ISO800
#喉の下を猫のようにゴロゴロしてあげると喜ぶようです。オヤジの指でもうっとりしてくれました

IMGP4935
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO2000
#ベイベーズの小ささがわかるかな? おやつの時間に階段の上から
 
IMGP4067
03 Fish-Eye 1/3250s F5.6 ISO640
#成体だとこれくらいの大きさ。ネズミなのに結構デカいですよね

う~ん、いいですねえ。
PENTAX Q7とレンズ達を持ち歩くと、ついつい動物を魚眼で撮ってしまう癖がついています。
楽しいですよね、Q7。

こんにちわ。前回のつづきで、07番の魔改造「B」の備忘録となります。
魔改造B(1)はいったん105mm版としてフィールドテストしたものの、どこにもピントが合わなく使いにくい状態だったので、取りやめ再度バラして無かったことにしました。
そして、NIKONのレンズ+07のレンズの合わせ技という手法から、オリンパスのCAMEDIA C-160のレンズユニット部分をまるごと使ってしまおう、という手法に変更しました。

つまり、これって、元のC-160のデジカメの特性を引き継ぎ、現代のQ7にて蘇るってわけですよね。

魔改造B弐「超広角スナップレンズ」も含め、まずは今の手持ちのレンズのラインナップをずらりとしてみました。
レンズ達

ちょっと写真に収まりきれないDA18-270mmは除外しています。
普通なら、レンズがもっと欲しい、という自分の欲望を満たすために04番とか05番を揃えるのかもしれませんが、個人的に欲しいものではないので見送り、でも普通ならそこでKQアダプタを使ってKマウントのレンズへ、といくかCマウント、Dマウント等の別なレンズへといくのでしょうが・・・。

ハイ。重いの嫌い。望遠は使いにくい。じゃぁ、ってことで自分でレンズを、ってなるわけです。
知識が無ければ作れない、ってことは無いと思うので、その道を突き進んだお供に用意したのが今や1円とか100円でオークション入手できるジャンクデジカメでした。

さて、どんな絵になったのでしょうか。
まだ外の世界の絵は数が少ないので、本日は室内でレンズ撮り比べです。

まずは、01番から。
01StdPrime
01 STANDARD PRIME 1/4s F8 ISO200
#CyberShot WX10 から 魔改造A 超絶接写版までの範囲

02 STANDARD PRIME 02StdZoom
02 STANDARD ZOOM 1/6s F8 ISO250
#CyberShot WX10と魔改造A 超絶接写版の両端に隙間ができる画角

魔改造B弐
 07魔改造B弐 超広角スナップ 1/250s F9±α ISO200
#iPad1の充電台や105mm向けに作った07番のキャップ部分までの範囲が収まる広角です

ちなみに、魚眼だとこうなります。
03FishEye
 03 Fish-Eye 1/50s F5.6 ISO200
魚眼の範囲さすがに広い。 この173°は広すぎです(笑) 写ると思ってなくて不用意に隅に取り外して置いておいた07魔改造B弐の姿まで右端に収めてしまいました。


ちなみに、同じ位置から魔改造Aも撮ってみようと思ったものの、こいつは2~3cmのところに対象が無いと合焦しないので撮れません。諦めてカメラの位置を変え01番を接写してみました。

魔改造A超絶接写
07魔改造A 1/6s F9±α ISO640
#素材の質感と傷具合まで表現できる接写用として際立っていますネ

 魔改造B弐 の話に戻すと、厚みは07オリジナル(改造前)と03番Fish-Eyeの間です。
撮れる画角左右範囲はたぶん、85~89°くらいじゃないかな。 はっきりとした角度が判りませんが、02番の広角端と03番の間で歪曲が始まるか始まらないかのあたりになります。
で、焦点距離は01番STANDARD PRIMEよりちょっとだけ手前の20cmあたりから無限遠です。

先端は40.5mmのリングを付けていますので、その気になればフードとか偏向フィルタ、クローズアップレンズを付けることも可能です。

また、写真をみてお気づきのように、四隅にケラレが発生しております。
悩んだのですが、これもあり、ということでそのままとしました。そもそも07番のマウンタを使っていますからQ7には07として見えているでしょうし、下手に調整して前に更に飛び出すのも嫌ですし、嫌な時はトリミングすればいいか、ってことにしました。

これからはコレをつけて外に持ち歩けます。
ぎりぎりワイシャツの胸ポケットに入ります。
ただし、この時期は汗とかで湿気りそうだから鞄でしょうけどね・・・。
 

こんにちわ。前回のつづきで、07番の魔改造「B」の備忘録となります。

まずは、この魔改造Bって、どんなの?ってことでした。

初めの魔改造Aは「超絶接写版」。1cmにも満たないような花の超拡大、細毛までを表現したいやつでした。
次に取りかかったBは、本来の意味でのマウントキャップ、というか周辺の像が流れることが無く、「写るんです」みたいに簡単にスナップできて、あわよくばQ7をワイシャツのポケットに入れちゃえ、みたいなコンセプトでした。

で、Aの超絶接写版は07番のレンズの前後をひっくり返してクローズアップを挟んだだけという簡素なものでしたので作りやすかったのですが、こっから先は茨の道です。

焦点や画角を計算するのには、レンズの焦点距離がわからないと作れません。そのためにはレンズを裸にして角度や光の屈折を調べる必要があります。
しかしレンズ単体までバラしてしまうと、07番のケースに収められるようなレンズを抑える部品を簡単に入手できないし、そもそも光の屈折を調べる装置も器具もありません。

そこで、あまりやられていない「ジャンクデジカメを分解しプラ部品ごと取り出して交換レンズを作る」という手段にでました。
ネットを探してみるも、コンパクトデジカメにオールドレンズを取り付けよう、とか、超望遠のレンズを虫眼鏡とかのレンズを使って自作しよう、といった方向性はあるもののジャンクデジカメのレンズを最新のデジカメに組み込もう、なんて馬鹿は私ぐらいなもんで、情報がありません。

でもまぁ、無いものは自分で作るしかない、の発想でチャレンジ。ヤフオクで1円とか100円とかで入手できる古いジャンクデジカメを幾つか手に入れ「魔改造B」として試行錯誤したのでした。

で、まず初めに出来上がった105mm番は、NIKONのジャンクカメラからレンズパーツを入手(凸凹メニカスっぽいやつ)、イメージセンサー → NIKONのパーツ → 07番のキャップに結合しているレンズという順序で間に挟んだだけのものでした。

外に持ち出して撮ったもののうち、まともだった奴を2枚ほどアップしておきます。
IMGP5819

07 MOUNT SHIELD 魔改造『105mm版』 1/100s F9+α ISO160「青抽出」 

IMGP5514
07 MOUNT SHIELD 魔改造『105mm版』 1/100s F9+α ISO200

で、結論から言うと、焦点距離の調整はできず、ずっと甘いピントのままでした。
1mくらい先に対象を置いて撮れば良い、ということまでは判ったものの、なんかピントが合ったり合わなかったり。
多分07番のレンズを使っているせいか、2つの凹凸の中心点がズレているんじゃないかな、って思うんですけど、なんかしっくりこない。
しかも、07番の特徴である周辺の流れるような像崩れが残っており、これじゃぁ07をそのまま使うか、04番のTOY LENS WIDEを買った方がましだろう、ということに。

はい、実用レベルにはならず、今回の作成は「失敗」という結論に至りました。


 * * *


難しいなぁ、って思います。
工学知識無いままチャレンジするのは無理かな~って、ジャンクカメラの山のような群の中を眺めていたら、その中で10年くらい前のもの凄く普段の自分なら見向きもしないデジカメを発見。

OLYMPUS CAMEDIA C-160。CAMEDIA-C160
調べると主に海外向けなのかな、初心者クラス用のやつっぽい。スペックは3.2Mピクセル、1/2.7インチのCCDセンサー。

ん?こんな古いのじゃだめかな?と思いながらレンズ周りの部分にあるプリント文字を眺めていたら、「AF 5mm 1:2.8」・・・、ん?5mm?結構小さいし、昔のレンズ構成で小さい数字が出ているっていうのは、広角の意味でしたよね!

いやそれだけじゃない、10年までいかないにせよ、かなり前のデジカメなのにF2.8ってスゴいじゃん。
たぶんズームもない単焦点だから売れはしなかっただろうけど、これはレンズの部品取りとしては素晴らしく良さげじゃ!?

・・・と、思ったら考えるより早く手が動き、分解が始まっていました。そんなだから途中過程ほぼ無し(笑)

IMGP6194

#ちょっと慌ててたのでボケボケなんですけど、レンズユニットが1つの塊になってて扱いやすそうです。そして、そのユニットを07のマウント部分に充ててみてもいけそう。って写真は既に撮った後の抜け殻。すっぽり空いている場所にユニットはありました。

IMGP6206
#07のマウント部分にレンズユニット下半分、右はユニットの上半分をネジ回して取り外した状態


これもちょいピンボケ。なにせ撮ることよりも気持ちが先にいってましたので・・・。
  しかもQマウント部分なんか一度接着 → 一旦剥がして、でも、また再度接着なんてやったので汚い(笑)



で、ユニットを仮組して映像を見ると!!!

当然と言えば当然、レンズの群や距離構成をいじらずユニットだけをQ7のセンサーの前に持っていける訳ですから、簡単で確実なものができそうな予感。

・・・・しかし、ここでアクシデント。手で押さえながら仮に充てて液晶でピントをチェックしていたわけですが、前後左右に色々動かしているといきなりふっと、液晶が真っ暗になりました


正直かなり焦りました。
センサー壊したかと思いまして・・・。

う~ん、この恐怖、ふう、絶対にこんな魔改造はお勧めしません。


センサーにボフボフって風を送っても傷跡なし。一安心。
気を取り直し、ユニットに光を当てて見直すとこっちが真っ暗。
落ち着いてよく見るとレンズユニットの中に絞り?シャッター?ようは、よくわからない黒い薄い紙があって、それが勝手に動いただけの模様。
なんだ、あれか、とばかりにレンズユニットを止めているネジを3本ばらし、絞り羽もしくはシャッター代わりの紙ぽいなにかを2枚くらいポイっって抜き取りました(写真右上)。

光をあて、前後左右に振っても黒くならないことを確認し、再度マウントに接着。
全体的にユニットが長めなんで、先端はある程度飛び出してきます。
でも、さほどではないので例によってSANYO Xactiのリングで飛び出る長さを確認。
07番のマウント側プラ部分中央にC-160のレンズユニット部分を接着、その周囲を囲むようにXactiのリングを接着。

仮付けした状態で確認すると、出っ張る部分はリング1.3枚くらいなのがわかりましたので、リングは計2枚必要でした。これアキバのジャンク屋で一つ100円です。
普通に2枚目にプロテクトガラスを付けたままの装着は無理でしたので、距離を調整しながら、プロテクトガラスがユニットに接するまでの距離まで調整しています。 そのプロテクトガラスに至っては普通に取り付けると透明なので内部での乱反射が予想されます。 本来なら厚手の黒紙などを充てるべきなんでしょうが、今は手元にないので取り敢えず裏側をマジックで黒く塗っておきました。


STYLE

完成です。先に作った魔改造B・105mmマウントキャップはこの世から消えてなくなりましたが、今ここに新たな魔改造レンズが日の目をみました。

単焦点で、超広角です。 紙で液晶に入る角度を小学生ぐらいの時に使うようなプラスチックの分度器でざっくり測ったら、液晶に左から出て消える右側まで約85°超えくらいでした。

撮れた絵は、02番と同じくらい、もしくはもうちょい幅広く撮れている気がしています。
まぁ面倒なので画角は85°として覚えるとします。

いやはや、失敗は成功の何とやらですね。 レンズの知識を覚えた訳じゃないのですが、結果、魔改造B version その弐 が誕生です。うぁ、まるで悪魔合体(笑)

魔改造B弐「超広角スナップレンズ」と呼ぶことにします。

さて、今度こそどんな絵になるんでしょうかね、ワクワク。 

ついこの間に山の中に行ってきたときの写真でいきます。
今日の風景写真は全て 02 STANDARD ZOOM です。

IMGP5196
#赤緑モミジ 1/60s F3.5 ISO1000 Auto

これはまぁまぁな感じです。しかし上を向いて撮ったため、空の色が飛んでしまっています。
でも、まぁ、自分の身長より高いところにあった赤の色と周りの緑を合わせたかったので色のにじみは仕方ないと思っています。
しかしながら・・・

IMGP5302
#森滝道 1/80s F4.0 ISO3200 Auto

何も考えずにオートのモードで撮影していくと、簡単に高いISO値で撮影されていきます。
3200ぐらいなら、1/4程度に縮小してみるblogレベルでは問題ないです。
RetinaPowerBookでは最大まで拡大しないと暗部のノイズが出始めてるな、っていう感じにしかなりません。普通のWindowsのNotePCの15インチクラスでは1ドットのサイズが大きいため、等倍で見るとすぐに汚い、って判るクラスです(Q7側でISOの露出範囲の設定を100-12800にしているせいですが)。

IMGP5299
#石段 1/60s F3.5 ISO8000 ProgramAE

ですから、もう、「AUTO」で撮影するのをいったんやめてみました。少しでも適正な値で撮影していこうとしていきたいから「P」(ノーマル)モードで撮影していくことにしました。
でも、その際に、指定するISO範囲が広いままでは、いくらPモードであっても、日中のかなり明るいとところでないと高いISO値での撮影に引っ張られます。当たり前。
だから、範囲を狭め、ISOが1000を超えないようにしていきます。
ISO1000を超えだすと「ドット表示のギザギザが見えるよりも前に」ノイズが出始めていく感じです。まぁ、2000までは拡大しないと見えないと思います。でも、これが嫌いです。暗所に現れるザラつきのような奴は大嫌いです。
まぁ、撮れる絵によっては、ノイズが目立たないこともあるので使い分けですかねぇ・・・。


でも、ISO100台で巧く撮影できると、拡大したときにノイズより先にドットのギザギザが判別でき、これは自分的にもOKです。

IMGP5303
#森滝前 1/60s F3.2 ISO200 ProgramAE


この辺が、特に07番のようなレンズとかで顕著で、02番とかでも結構出てきます。

下の2枚のような奇麗なノリの絵がいつでも撮れるようになりたいです。
IMGP5315
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO500

#前ぼけを入れる入れないの違いによる像の変化
IMGP5317
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640

前回の続きで、Q7の弱みについて。

  1. 液晶の性能が悪くて、本当にピンボケしているのかブレずにちゃんと撮れて色がのっているのかどうか判りにくい

  2. オートモードでのISO感度が高すぎて、ノイズが出やすい


前回は長く書いたけど結局液晶は確かに良いものを積んではいなくQ7の弱みの一つなんだけど、そもそもピントが合う合わないのところでインタフェースのツメが足りないためにそう要求されているようなもんだ、っことでした。

今日は(2)を中心に書きたいと思います。プロじゃないからツッコミはあるかと思います。その辺は個人的なつぶやきということで聞き流してください。
Q7は今までに無い「撮り手の絵心をくすぐるカメラ」だと感じていますし、とても遊べる素晴らしいオモチャであります。

自分がアーティストになったかのように色を変化させられる絵遊び機能があり、それをテンポよく扱える。
かつ撮れた絵をみると、液晶画面に見えている以上に気持ちよくクリアな像が得られている。
こんな素晴らしいデジカメなんですよね。
ただし、メリット=デメリットという形で現れている点があり、これがQ7のもう一つの弱みとして挙げられる、ISO感度によるノイズの発生です。

Q7は「もの凄く楽しいカメラ」な反面、一眼初心者があまり意識していなかったISO感度についてシビアです。
この値が高くなることで引き起こされる「ノイズ(色のザラつき)」について、より強く意識させられます。
IMGP5307

#ISOが上がりすぎて失敗した例(ノイズだらけ)
FA77mm Limited KQAdapter 1/200s F22 ISO10000
せっかくの滝流れや周りの景色がノイズのお陰で台無しになっています。

持っている人ならば月明かりのような暗い所にある明るい対象にレンズを向け、ISOの数値を100から徐々に上げていけばノイズがどの段階で出始め、キツイな、ってところがどの辺なのか判別出来ます。

困った事に、高感度撮影が出来るようになり容易に12800とか使えるがために、オートなどの初心者が良く使うであろうシーンで簡単にノイズが出る値が使われてしまう、って事が弱みであるわけです。

つまり、ISOとは?ノイズとは?ということについて、使う側がその知識や考え方についてわけもわからないまま安易に高い方がいい的に値を12800とかの数値に設定してしまうと、結果として知らない間にザラついた写真を大量生産してしまうという事です。
実は、これも製作者の思いと使う側の乖離、インタフェースのツメの足りなさじゃないかな?って思います。

画像1

#ISOが上がりすぎて失敗した例2ビリヤード玉(キズではなくカラーボールの色に現れるノイズの問題)
02 STANDARD ZOOM 1/100s F6.3 ISO10000

ただ今回の課題はそれだけではないと思います。
2つめとして色遊び。
モノクロにしたときには目立ちませんが、暗めの背景・・・特に森の中などに潜り込んだ際、空や滝などの明暗の強弱が激しいところでの撮影時にノイズについて強く意識させられます。

色抽出や極彩などを使うとモノクロでごまかせる一方で、残った色に対してはものすごくノイズに敏感になります。

まあ、色抽出しないまでも、PhotoShopやLightRoomの使用者、または印刷関係の仕事に携わったことのある人なんかは、CMYK/RGBのカラーバランスも意識してきますのでなおさらノイズや色のノリは意識しますよね。

この辺が、液晶でわかりにくい。やっぱりUIと液晶ですか。
ってことは、ピント。やっぱりここでもMFレンズが多いQマウントの影響があるんじゃないかと。
ピント合わせを意識する際、画面で拡大しますし、撮った後もPCなどで大丈夫だったのかをピクセル等倍まで拡大してまでデータをマジマジと見てしまう。
やっぱりここでもノイズを意識させられます。

難しいですね。

そもそも今の一眼、というかデジタルカメラ写真の絵作りには、従来の「露出(光量)」とか「ISO感度、絞り、シャッタースピード」だけでは語れなく、ホワイトバランスやカラー補正(レベル補正)も踏まえて検討していく必要があるんでは?っと、前回話しました。

一眼カメラの話については、色々なWEBページから学習できます。しかし、どこでも似たようなもので、一眼を扱う際には下記3つの関係が複雑に絡み合うので意識しないといけなく、これを覚える必要があるってことです。

「光を通す量(絞り)」
「光を充てる時間(シャッタースピード)」
「光を受ける側の感度(ISO)」

障子を破らずに水鉄砲で紙を濡らすようなもんですかね。銃口の径の太さ、送り込む水の量、和紙の耐久度を創造すればいいのだと思っています。

IMGP5088

02 STANDARD ZOOM 1/50s F4.0 ISO800 露出オーバー

足りなければ水は届かず(暗くなり)、勢いが強ければ破けて穴が開く(白とび)。
感度=紙の耐久度みたいなもんで、明るさに強ければ耐えられるんだけど弱いと溶けて周りに染み出たり色が正しくのらなかったりする、和紙だと穴があく、という感じ?ですよね。

色んなところに書いてあるのは、ここにISOの感度の話も絡め、受ける側の質がどれだけ許容できるか、っていうバランスの話で終始しています。
まあ、私もようやく最近理解しました。
iPhoneも含め、コンデジってのは、こういうの全部自動でやってくれるから楽でした。

ノイズの原因は、ISO値が高くなることで発生するものですよね。
だから、この値を抑えればいいのですよね。
絞りはボケを作ったり背景をクッキリさせたりするのに重要で絵によってコントロールする必要がありますから、ISO感度=あからさまにシャッタースピードに影響がある、という式が導かれます(最終手段でレンズの性能を良くするっていうのもありますが、それは置いておきます)。

でも、でも、何処にでも書いてある話はここで終わっていますが、今の写真って、それだけに気を遣えばいいってもんでもないですよね。

写真の絵作りって絞り・時間・感度の3つだけで構成できているわけではなく、他に少なくとも後2つ考えなければいけない事があります。

それは、「ホワイトバランス」「RGBカラーのレベル・バランス」の2つです。

iPhoneで撮影するときに、全体的に暗いなぁ、と思ったら黒いところにタッチすると色の明暗が綺麗になったりしませんか。
Q7でAWBという文字を見たことありませんか。

Q7でエフェクトを掛けるときに「RGB/CMY」のレーダーチャートを見たことありませんか。
RGBはRed/Green/Blueの略、光の3原色のことでしたよね。CMYって?Cyan/Magenta/Yellowの略(よくCMYKっていう形で出てくるのはK=黒をつけてるためです)で、印刷インキの3原色とでもいいましょうか。
色の関係は、下図でしたね。

画像1


光の色と印刷の色は、ようは光の反射に関わっているのですけど、同じ「青」を表現するのにも光とインキでは手法が異なりましたよね。
インキは見せたい色、その光の波長撥ね返した訳ですから。
で、インキでは色が無いのを白で~光側では全部の色が合体した眩しいのが白になり、逆にインキの黒は全部の色が混じって汚くなった状態で~光側では何色も無かったのが黒、っていう関係があります。

で、結局ノイズって、この色の波長の取得がうまくできなかったり判別しにくい微妙なものがまじってくるから現れて目立つわけですよね?
埃とかの余計な障害物の影響、反射もあるんでしょうしね。

で、色と感度の話ですが、ISOが低くても、カラーレベルというか各色で一番明るいところと暗いところまでのバランス(レベル補正)がうまくいけば、ISO値が低くても割りとキレイに像を写せると思っています。
iPhoneなんかはその辺りのコントロールというか使われている液晶とのバランス感覚がとても良いのだと思います。

また、その時のその色の基礎、ベースとなる白の色をどうするのか、というのがホワイトバランスですよね。太陽の光の白と蛍光灯の白では色のベース(温度)が違うから、それに併せてスタート地点を調整する必要があります。


ややこしくなりましたね。
ようは、ISO値が低くても、色のバランスさえしっかり撮れればiPhone5やコンデジのように液晶画面上では綺麗な絵になるはずです。

つまり、前にチョロっと話した、液晶で表現する際に必ずしも保存されている絵と同じにする必要はないんじゃないか?ってことです。いやいや騙しちゃダメだろうって声も聴こえそうですが。

じゃあ、我々はQ7ではどうすればいいのでしょう?
液晶はどうしようもないとして、使う側、撮影する側はどうしたらいいのでしょうか。

Q7に限らず、デジタル時代の写真術は、取り敢えず微妙に暗め低めに撮って後からアプリでイジる。これが主流です。いわゆるPhotoShop とかLightRoomとかってやつ。

でも、初心者には敷居が高いですよね。

でも面白いし、綺麗な絵も作りたいし、色を逆にアーティスティックにして遊びたい。

PENTAX Qは、そこにデジタルフィルターとかベースメイクっていう概念とクイックダイヤルというか強みがあって、一つの答えとして導かれています。
いわゆる「ナチュラル」「風景」とか、「ハードモノクローム」「あでみやび」「さくらほのか」ってやつでカメラ単体で遊べるところです。
シーンセレクトを使うのも手だと思っています。メーカーが最適になるようカラー補正を事前にしてくれます。

Q7は色々なことに応えてくれます。そして色々な一眼の知識を覚えなくても使えます。更にISOや露出、カラーバランスなどの知識も覚えるともっと楽しくなり、自分の絵をどうしたいのか、というアーティスティックな面に貢献してくれそうです。

知らない間にしあをセミプロくらいに引き上げてくれそうですよ。

また長くなってしまいました。
ようは、先のピントの問題は今私たちではどうしようもないのかもしれませんが、ノイズを巧く操るには、ISO感度を出来るだけ低くしましょう、そして、後はカラーの使い方を体に覚えさせ、気を配ればバッチリ。

だから、コッチのノイズの所の弱みについては、カメラ単体のせいだけではなく、撮る側の問題なのでめげずに頑張りましょう。

まぁ、レンズ取り替えた時やシーンセレクトした時に綺麗に撮るためにはISO幾ら幾らまでが理想です、的なメッセージが邪魔にならない程度に出るだけでも初心者には敷居が低くなるんじゃないでしょうか。

グリーンボタン押した時でもイイですしね。

ここのところ、どこに行くにしてもQ7持ちです。

しかし、へっぽこ素人なためか、どうしても今まで経験しなかった問題に頭を抱えています。
薄々とは気が付いていたんですけど、今日ははっきり言おうと思います。

*Q7の弱み

  1. 液晶の性能が悪くて、本当にピンボケしているのかブレずにちゃんと撮れて色がのっているのかどうか判りにくい

  2. オートモードでのISO感度が高すぎて、ノイズが出やすい

今日は(1)の中心に話しをします。

実は2つとも液晶のクオリティにも絡んでくる課題ですが、ちょっと方向性が違います。

今回従来のQから比べQ7で改良された3インチ液晶。より見やすく日昼でも明るいものを搭載してくれています。

画像1


前よりもかなり良くなっているとのことですが、残念ながらそれでも、うーん、と言わざるを得なく厳しい目で見ざるおえないのが現状だと考えています。

この問題はスモール一眼の冠を持つQシリーズにとって、実は深く重い課題であります。
しかも、それは複数の要求が合わさって導かれているからなんともはや。
その要求ってのを幾つか私なりに考えてみました。

背景A: MFが多用されるレンズシリーズ
背景B: 色を変化させられる絵遊び
背景C: 1/1.7型への変更に伴う画素への期待
背景D: レンズに依存する解像感
背景E: ISO感度アップによるノイズへの影響
背景F: コンデジ感覚と乖離する手ブレ具合
背景G: 全体的なテンポの良さからくる期待

(AF/MFはオートまたはマニュアルフォーカスの略)

多いですね。たった1個の液晶という部品に、少なくとも7個の背景がのしかかっており、期待を背負わされています。

中でもクリティカルなのはAF中心に構成できていない現在のQマウントレンズシリーズの影響です。
更にはレンズ構成に満足できないユーザー向けに「KマウントアダプターQ(KQアダプタ)」を発売したことで、AFではなくMFで使う方が多いカメラのようなイメージが強くあります。
使用者の側で昔コンデジ使ってた人がQ7にチェンジした後の行動の変化を一言で表すと「物凄く面倒くさそう」にみえてるようです。
実際AFが機能するレンズは01/02/06番の3本のみ、7本あるQシリーズのうち半分以上がマニュアルフォーカスの操作を強いられます。KQアダプタを使うとさらにもっとですよね。

これは一眼というカメラに向き合うには面白い方向性だと思うのですが、一方ではMFでピントをどれだけ合わせられるか、という命題にぶつかります。

その際に肉眼で見ることの出来る「覗き穴:ファインダー」が無いのでどうしても「液晶」に目が向かってしまいます。仕方ないことなのかもしれません。

それからコンデジと乖離する手ブレ具合っていうのはかなり主観的な話だと感じていますが、私が今まで使っていたコンデジと決定的に違う部分、それはソニーやPanasonicに使われていた手ブレ補正方式、レンズシフト方式との違いもあるのかな、とも思います。
一眼になりましたので、レンズが別になりました。
ソニーやPanasonicのコンデジはその小さなハウジング内で手ブレを抑え込めるよう、内部の機構ではかなり工夫されていると思っています。

画像1

#手ブレ方式の違い、ソニーのページから拝借

実際、WX10やPanasonicのLUMIXシリーズなんかの手ブレ補正は優秀です。私はここ数年使っていたコンデジで手ブレをした写真だらけになったことがありません。

Q7を使い出してから久しぶりや手ブレが無かった時期を思い出す感じ、高確率での発生を経験しています。
手ブレに強いデジカメが存在しなかった時代と同じくらいの量産、とまではいわないものの、今ではコンデジでは気にしていなかった撮影時のシャッタースピードをあげる意識、これがかなりの場面で必要になりました。

IMGP5123

#とあるホテルの天井 02 STANDARD ZOOM 1/50s F4.5 ISO10000 手ブレして失敗

Q7にはSR(Shake Reduction:カメラ本体で行われるイメージセンサーシフト方式の手ブレ補正機能)が付いているのですが、しかしながら小さな箱で揺れる方向も読めるうちでのレンズ込での手ブレの補正と、飛び出しているレンズ、しかもその形も様々でまちまちなものがぶら下がっている状態での手ブレ補正とでは、そもそも持ち方からして怪しいのかもしれません。いくら脇を閉めていたとしても。
コンデジの延長でQ7を購入しますと、そこにある大きな違和感の正体はここかもしれません。

また、輪を掛けてテンポよく撮影する=落ち着かない=ぶれを防げるように待てない、という傾向もでています。そういった直接的には液晶と関係のない所からも、ブレているかどうかをすぐに確認したい、という要求から搭載される液晶に良いものが欲しい、という所まで結びついていると感じます。

小さなボディにどこまでの要求に応えられる液晶を搭載できるのか?っていう無理難題を押し付けられているのが今の現状ではないでしょうか。
そしてその背景にあるピントを合わせたいという一番の問題がクリアできていないために言われている事なのかもしれません。

解決ポイントを整理すると、以下のようになります。

  1. 液晶の解像度を上げた良いものを採用?

    時間とともに解決するでしょうが、暫くは無理でしょう。

  2. インチ=筐体のサイズを大きくしてモニタも?

    フルモデルチェンジで、レンズ資産の問題が発生しそうです。

  3. ピント合焦をUIなどで工夫?

    (AF時の赤い□枠をMFでも置くなど)

    割と現実的。今のフォーカスアシストのやり方を考え直す形ですね。

  4. そもそも小さいボディに詰め込まず外部モニタに頼る

    次期モデルとかに期待しましょう。

  5. AF対応レンズを増やす

    真っ先に取り組んでもらいたいですね


これはもう、今後はWi-Fi対応にして、iPhoneなどのスマフォを利用したシャッター操作を検討するしかないと思います。
Wi-Fiによるリモコン操作&モニタの高解像度&大型化(iPad)を同時に検討でき、あわよくばGPSのジオタグ保存も可能になる、ということで、Qはシンプルにして外部に頼るのを期待します。そうすることでバリアングル液晶(角度を変えて見られる液晶)も搭載する必要すらなくなりますし・・・。

* * *

ところで、液晶はアレですし、Q7って、撮っている最中はフォーカスが甘く、色のりも鈍いなぁ、ピントも合ってるのかどうか判んないなぁ、と思う状態ですが、MacBookやiPadなどのIPS液晶とかのパネルで見ると、実はちゃんと絵が撮れていてもの凄く奇麗だったりします。

びっくり。こういうところが、Q7の本体で表現できないのって勿体無いです。

CHK-iPhone

室内で撮影[iPhone5] Auto 1/20s F2.4 ISO80

CHK-WX10

室内で撮影[WX10] P+ 1/50s F3.2 ISO400

CHK-Q7

室内で撮影[Q7] 01 STANDARD PRIME Av 1/10s F3.2 ISO400

iPhone5もWX10も両方ともHDR撮影しているし、それぞれの機種の液晶で見ている分にはQ7より遥かに綺麗に写っています。
PCに転送して確認すると、実は色が誇張されていたりホワイトバランスやカラーバランス・補正がうまく効いているため、そう見えている、っていうのが良くわかります。

つまり、最近のデジカメをベースとした写真の絵作りには、今までの「露出(光量)」とか「ISO感度、絞り、シャッタースピード」だけでは語れなく、ホワイトバランスやカラー補正(レベル補正)も踏まえて検討していかないと判断がつかないし、撮る側も意識しないといけないようです。

ん?

画面に出てくる絵と保存される絵が同じになる必要はない、ってことですかね。
て事は、今のフォーカスアシストのやり方を考え直してもらうだけで随分液晶に対する要求ハードルも下げ、Q7の使い勝手も変わってくるんじゃないでしょうか?
保存される絵のための液晶、という考え方を捨て、今の液晶でも目的を完遂出来るようにすればいいんではないでしょうか。


マニュアルであっても、ピントがあったらピピっと音が鳴って何処でピントが合ったのか緑の枠とかで表現してくれれば、それだけで随分良い
んじゃないでしょうか?

カメラ単体でのUIの改善を全てのQシリーズに対応出来なくても良いので是非取り組んでもらいたいです。



かなり長くなりましたので、もう一つのQ7の弱みである「2.オートモードでのISO感度が高すぎて、ノイズが出やすい」の話はまた明日にでもします。

こんにちわ。

今日はこの間行ってきた、那須どうぶつ王国にて撮影した鳥さんたちをご紹介します。
個人的には、鳥を真剣に撮ろうと思ったのは今回が初めてです。

飛んでいるものって捕まえるのが難しいです。 

IMGP4537

06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s f/2.8 ISO100
え?飛んでるものが違う?(笑)

はい、ごめんなさい、撮れたの非常に少ないんです。

IMGP4591
06 TELEPHOTO ZOOM 1/1000s f/8.0 ISO2000 

この那須動物王国でのバードショーは近場の人なら是非一度は観るべきでしょう、っていうくらい楽しいです。まぁ場所も場所なので無理にとは言いませんが、美人のお姉さんが華麗に大鳥を操る姿は圧巻です。

IMGP4698

06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200



IMGP4635
FA77mm Limited 
1/1000s F18くらい ISO100
昔はあんまり良いイメージが無かったらしいですが、最近は「ふれあい」を大切にしているのか、近場で観させてくれたり、餌を上げたり等、楽しいです。

IMGP4810

#止まっているものなら確実フラミンゴ
06 TELEPHOTO ZOOM 
1/200s F2.8 ISO320

どうしてなかなか、06番は良い仕事してくれます。素人の私でもこんなに気持ちがいい写真が撮れます。
まぁ、プロからみたら、まだまだ何でしょうけど、自分的には十分満足です。

IMGP4806
#鳥の羽って素晴らしいですよね
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO400

 
お兄さんが、バス待ちの行列を退屈させないようにと連れてきてくれました。
やっぱり羽が美しい。

うーん、とにかく、動いているものを収めるっていうのは非常に難しく、しかも飛んでいるものを捕らえるっていうのは、例え連射で数打ってたとしても難しいですね。

しかも、今回、初めはFA77mm Limited で美しく収めてやろうと思いましたが、マニュアルフォーカスではまったくもって捕まえられませんでした。
で、急遽 06 TELEPHOTO ZOOMにチェンジし、オートフォーカス+連射(Hi)にて撮影。
それでも何度も連射しまくって、フレーミングに収まったのは5〜6枚。像がぶれててお話しにならないのばかりありました。
ここに出したもの以外でまとも撮れたのは低空飛行したやつとかの2枚くらいしかありません。裏では50枚くらい連射しましたから、1/20くらいの確率ですね、トホホ・・・。

訓練が必要です。
っていうか、プロのカメラマンって、やっぱりスゴいですよね。

こんばんわ。

さて、気がつくと夏の終わり?な時期にさしかかっているじゃぁ、ありませんか。
ここで、今まで影?で支えてくれたQ7で使える互換品アクセサリーをご紹介したいと思います。

 * * *

上段:PENTAX ペンタックス D-LI68 互換 車のシガーソケット充電器 Charger-PENTAX-D-LI68-1(楽天) 1,180yen
中段:富士フイルム FinePix XP200  NP-50A 互換 バッテリー  2個セット 発注先別で違うメーカーもの(amazon) 698yen
中段:右:Remarks Japanオリジナル商品(JAN:4560416790880) 互換リモコン 電池CR2025付(amazon)350yen 
下段:PENTAX 純正の付属の充電池+Apple PowerBookについている電源アダプタ、防水リモコン(別売)

IMGP5778

みんな怪しげな製品ばかりですよ(笑)

一応普通に使えています。下段にあるPENTAX純正のものとなんら変わりないです。
・・・特に重宝しているのは電池です。
普通に撮影している場合なら、電池1つでだいたい半日(エコモード使用)。
しかしながら、Eye-Fiで転送をし始めると、ずっと撮影し続けて1本1.5時間くらいなペースで電池を食いだすのがQ7の恐ろしいところ。

1日遊んでるところを写真 で撮り続けた場合、移動する前のEye-Fiへの転送(ジオタグ埋め込みするためにiPhoneに飛ばす処理)を何回やったかで喰いっぷりが変わります。

この間、那須の方の動物園やら他にも色々に行ってた時は、日中の半日で5本喰いましたよ、電池(笑)
そんな中、2個セットで700円程度の電池があると非常に助かります。
私は金属ケースの中に電池が純正を含めて7個あり最大7個まで使用できます。もう安心です。

 ただ7個もあると、充電もおっつかないので車用のシガレットタイプの充電器も互換品で入手しています。

また、リモコンも純正品は電池が切れたら捨てるという思いっきりの良さのやつですが、互換品だと電池交換が出来たりするので、できるだけ互換品を利用しています。
使ってみても良好。だたし、ちょっと距離が弱いかな?って感じはしています。
まぁ、許容範囲です。

amazonや楽天で手に入るので容易に入手できます。こういうのもいいですよね。
Q7って楽しい~ 

こんにちわ。前回のつづきで、07番の魔改造の備忘録となります。

この07番っていうのは普通に使っても良し、遊び用のマウンタ部材としても良し、ですし、比較的安く手に入りますし、で遊び用にとてもいいですよね。
まぁ今回みたいな改造を皆がするのか?っていうと、それは・・・、でしょうけど(笑)

今回作成したこの105mmの魔改造マウントキャップ版は、どちらかというと、04か05に近いものがありますので、それを買ってしまえば、と言われればそれまでです。ハイ。
でも、04とか05をどんなもんだろ?って気分で買って自分の好みに合わないかもしれない、そしたらずっと眠ってしまう、な~んてことを考えたら、だめ元、101円オークションのジャンクと戯れる遊びもできて、あわよくば欲しかったレンズが手に入るかもしれないというギャンブルとどっちが5000円の価値があるか?と考えると、私は後者でした。

出来上がりは07番の最大のウリである、レンズがキャップをしているかのような状態を維持していますので、ぶつかることを気にしなくてよいものです。


IMGP5497

レンズの入手元はズームカメラですが、ズームの機構を取っ払って先端しか使っていませんので、もちろん固定焦点となります。
距離は35mm換算でだいたい100mmくらいとなっています
この100mm状態ではピントが合うのにちょっと被写体との距離離れる必要はあります。
レンズの倍率は、ほぼ自分の見ている目の大きさと同じくらいの像になっています。
肉眼で見ているものとほぼ同じものが4:3の12Mピクセルに収まります。
ですから、画角を想像しやすい、っていうメリットが出ています。

元々になったぶっ壊したNIKONのジャンクカメラは、入手した段階で既にACアダプタなし、電源部分不良、いまさら記録媒体も手に入れるの面倒、というやつでした。
他にも分解したFUJIFILMの2台も、同じ状態。本当にジャンクです。普通の人ならゴミ箱行きですね。
でも、レンズは無事。もったいないですよね。そういう意味で、3台目でいいものができましたし、リサイクルにもなっています。かなりラッキー。

 では、出来上がった奴の像をチェックしてみます。
・・・実は、まだ微妙に調整中なのです。
まぁ、こっから先は時間かかると思うし、これ以上調整しないかもしれないので一旦完成としました。
以下、そのサンプルですが、06 TELEPHOTO ZOOMと比較してみます。

IMGP5534
 06 TELEPHOTO ZOOM  1/50s F8  ISO125
IMGP5533
07 MOUNT SHIELD 魔改造『105mm版』 1/50s F9+α ISO125

同じものを魔改造レンズで撮るとこうなりました。縮小しているとわかりにくいかと思いますが、やっぱり06 TELEPHOTO ZOOMにて撮影した方が正しくピントが合っていて、周辺での色の「にじみ」が少ないです。 さすが06番です(笑)

 07魔改造105mmは、まだまだフォーカスの調整が微妙だ、ということでもあります。
すこしソフトになって、これはこれで味があるような気もしますが、たぶんあとチョットだけセンサーとレンズの距離を縮めれば良い気がするのでそのへんをやっている最中です。締めすぎるとリングが壊れそうなので難しい。

ところで、なんで、105mmといっているか、というとですね・・・

DSC01903

この2つの像を同じにしようと再生プレビューを駆使しながら、06番でフレーミングを合わせにいくと、06 TELEPHOTO ZOOM のズーム数値である22と23の間の目盛りくらいで若干22寄りでした。

ということで、23mm×4.6倍は105.8mm、かつ、ちょっとだけ少なめで切りが良い数値をセレクト。
ってことで、『魔改造 105mmマウントキャップ』と名付けました。
 
この07魔改造Bである105mm版でどんな絵が撮れていくのか愉しみです。
普通に街中でスナップとして活躍してくれると、持ち歩くのに最高なんですけど、これ07番の像が流れない中央部分だけを使っているようなものなので、F9土台で流用をしているせいか、そもそも作り方の問題なのか、結構暗い?レンズです。
夕方や室内になるとISO3200超えが必要になるためノイズだらけになってしまっています。
ISO1600以下で使いたいのになぁ・・・、今のところ、日中にしか使えそうにありません。

ん~、これなら01番でいいじゃん、という貴方はかなりのQ7の使い手ですね。
その通り。メリットはラフに扱えること、少し望遠な100mmなところ、これだけです(笑)

(追記)かなり遠方に焦点があるようで、これはこれで、また癖のある奴が誕生したもんです。

IMGP5787
07 MOUNT SHIELD 魔改造『105mm版』 1/100s F9+α ISO400 「青抽出」 
 

こんにちわ。

暑かったお盆休みも、もう終わってしまいました。
この期間に那須の方に行っていたのですが、今日はその話ではなくて、昨日もう一本の魔改造レンズが日の目を見ましたので、その辺を備忘録。

今回ヤフオクで101円使って9台のジャンクデジカメを入手しました。
送料の方が高かったんですが・・・(笑)

で、懐かしいFUJI FINEPIXとかNIKON COOLPIXとか色々ゲットしまして、その中のレンズを取り出して07番へのアタッチをさらにチャレンジしてみました。

IMGP5457

これが、こんな感じにバラされていきます。う~ん、戻すことを考えなくていい分解は楽しい(笑)
ちょっとした夏休みの工作気分です。

IMGP5458

本来レンズっていう奴は、覗く側(ファインダー)の奴が組み合わさって正しく像が写るんですよね?
だから両方分解して取り出してみましたけど、まぁ、うまく流用できそうなものは簡単に手に入りませんね。
本当は完全にバラしてそのレンズの曲面を図にして光の屈折を測って位置を計算して、っていうのが正しいんでしょうけど、そこまでバラして色々やると大変なのと後のレンズの取付の扱いも面倒なので、勘をたよりにレンズを組み合わせ、Q7の1/1.7センサーごしの液晶で「この辺かな?」と充てて調査です。

で、前回は割と作りやすい接写方向での作成だったのですが、今回は前回うまく実現しなかった「 写るんですのように気楽に撮影できる07番にしたい」という目的でチャレンジ。

IMGP5496

こんな感じになりました。
07番のQマウント側の窪みにピタっとハマりそうな感じでしたので、そこにジャンクで手に入れたレンズを接着し、前にも登場した SANYO Xactiのプロテクタを「カニメの穴」をマイナスドライバーで押し廻して外し、プロテクトガラスを取り去り、そのガラスを抑えていた「カニメ穴付きのリング」をQマウント側に接着。
一方でプロテクタのガワである金属のSANYOの黒のリングに07番のレンズ側プラ部分をを接着。
 
写真ではQマウント側の中央にレンズがあり、その外周にネジのようなリング(40.5mm)が合体しているのが見えると思います。
また、今回の07番は普通通りで裏返さずにXactiの黒リングがくっついているのが見えると思います。

で、Q7に今回の魔改造07番、名付けて『105mmマウントキャップ』を実際に取り付けてみると、こんな感じになります。
DSC01906
 
仕上げに普通の07番と区別がつくように少し銀色で汚してあります。
07よりは出っ張りましたが、気にならない程度になりました。

 さて、どんな絵になるんでしょうね・・・。ワクワク。
 

前回から、もう少し撮ってきました。
今回は屋外で光量も稼げる場所で、かつ、撮りかたもTAvでシャッター速度を上げ、連写にして、かつリモコンを使って切ることだ何とか手持ちでもブレを極小に持っていける形がりかいできました

IMGP5454

#07 MOUNT SHEILD + HAKUBA CIRCULAR PL + KENKO CLOSEUP NO.1
(撮影 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO400)


小さな花などに動く虫をポイントに撮影。近づいても逃げない奴らは接写にもってこい。

IMGP4812

#蜜があるのかな?
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO400

こいつを寄ってみますと、これ。

IMGP4826

#近くに寄ると怖い
07 MOUNT SHIELD 魔改造「超絶接写版」1/125s F9+α ISO2000

IMGP4943

02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO400
こちらもそれとなく咲いていた花なんですが、ちょこまかと蟻さんが動いてました。
それはこちら。

IMGP4946

IMGP4963

#蟻が遊んでる?
07 MOUNT SHIELD 魔改造「超絶接写版」1/30s F9+α 上ISO640/下ISO800

小さな花を接写すると、今までじっくりと見てこなかった分、楽しいですね。

しかしながら、リモコンを覚えたとはいえ、やっぱり手持ちは難しいです。
やはりこの魔改造レンズは三脚だったり、カメラ自身を地に置いて撮影するのが良さげです。

IMGP5297

IMGP5329

#山中のコケ
上: 02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO8000
下: 07 MOUNT SHIELD 魔改造「超絶接写版」1/0.4s F9+α ISO1250


う~ん、被写体との距離を稼ぎつつ、明るくて絞りもコントロールでき、かつ、風に揺らいでてもシャッター速度と連射でなんとかできるAFの付いたレンズが欲しいですね、やっぱり。
苔とかは動かないから良いんですけどねぇ。

動物って、名前に惑わされてるところってあります。
同じネズミでもミッキーとかありますし(笑)

そのネズミなんですが、まぁ、色々ありますわ。びっくり。こういうのって大人になってしっかり観察するから、あぁ、確かに似てる、とか判るんですよね。
大人になってからの動物園は結構楽しいかもしれません。
新しい発見というか知らなかったことを理解すると楽しい。


IMGP3859

#ネズミといったらこんなのですよね、普通
FA77mm Limited Black 1/320s F1.9 ISO3200

IMGP3555

#一方で今では大人気のデカねずみ:カピバラ
FA77mm Limited Black 1/30s F1.9 ISO320

画像1

#これも同じネズミ扱い:マーラ
FA77mm Limited Black 1/2500s F1.9 ISO400

IMGP3890

#ネズミなのに犬:プレーリードッグ
FA77mm Limited Black 1/800s F1.9 ISO2000


こういった、あれもこれもネズミなんだー、的なものも知らないことだらけ。
いやあ、大人になってからの動物園はほんとに楽しい。
そして、今回一番驚いたのはアルマジロ。

IMGP3863

#驚きの動物:アルマジロ
FA77mm Limited Black 1/320 F1.9 ISO5000

南米では食べられているらしい。でも、コレ、よく見ると結構「毛」がキモいです。
で、もっとゆったりして動く生き物かと思ったら、物凄く機敏に動きます。本当にネズミっぽく。あ、でも、こいつはアルマジロ科なのでネズミとは違います。
こいつは、丸まったところも撮れなかったしセカセカ動くところをムービーで撮りもしなかったので、次回再チャレンジの目標となりました。

今の時代はリアルで見て、その時(リアルタイム)で調べにいけて、簡単に「今を残せる」。
本当にいい時代になりましたよね。

私たちの時代から比べると、今の子供たちは知識の吸収量がハンパないんじゃないかと思います。
ちゃんと色んなことを調べてきたとしても、私たちの時代は「図鑑」「図書館」程度でしたし、後付で「TV」くらいですもんね。
自分で調べて欲しい知識を得るなんて、なかなかできなかった。
図書館にも本屋にも、新聞でも探しても、人に聞いても出てこない・見つからないものは「わからない」で終わってた。
今なら最悪英語でならなんでも判る。

こういうことをしてきた人が大人になったら、もう私たちも「知らないことが多くて与えられた情報だけで育った低レベルな大人」になるんでしょうか。
あぁ、そうか。
だから歳を取ると武装するために「経験の差がものを言う」って言ってしまうのか。

知識+経験を積んだ大人がたくさん現れてくれるといいですよね。


動物園の続きです。
知っている動物たちもあらためてジックリ観察すると楽しいですよね。
アリクイとか木に登って休んでいたりするし、カンガルー=黄土色的なイメージありますけど、グレーのやつが「わんさか」居たり。
ベンギンも何考えてるのかわからないけど、じっと一点を見つめてたり。

IMGP3654

#アリクイ
FA77mm Limited Black 1/1600s F2.0 ISO4000

IMGP3703

#以外に黒いカンガルー
FA77mm Limited Black 1/3200s F1.9 IS640

IMGP3523

#動物といったら欠かせないZEBURA
FA77mm Limited Black 1/1600s F18 ISO10000

IMGP3828

#動物園のAKB:ペンギン
FA77mm Limited Black 1/100s F4 ISO500

IMGP3618

#蜜を求めてる蜂
FA77mm Limited Black 1/250s F1.9 ISO320

蜜を求めている蜂は一番難しいです。シャッタースピードだけでなく、飛んでる辺りを連射しまくりです(笑)
FA77mmをMFで使っている状態で、思ったよりも液晶が「あて」になっています。
ピーキングX2とかしなくても普通以上に「アンシャープネスクマスク」を強く掛けすぎた感じのザラつきが出たところで撮影すればいい感じなのがわかりました。

ISOさえ高くならないよう気をつければ、良い写真が取れてくるようになってくるのかな?って最近理解してきたんですが、そんなもんですかね?

 動物園がシニアの写真スポットになっているっていうのが凄く理解できた日でした。
写真はじめたら、やっぱり動くもので普段見ていないものを撮りたくなるって気持ちが沸いてきますよね。

IMGP3888

#ミーアキャット
FA77mm Limited Black 1/800s F1.8 ISO3200


今回はQ7を持って、埼玉の『こども動物園』というところに行ってきました。
しかも、敢えてFA77mm Limitedオンリーに近い状態でずっと撮影にチャレンジ。
FA77mm Limited は、KマウントアダプターQ経由でQ7に取り付けます。
この時、AFは機能しませんので操作は総てマニュアルとなりますが、基本TAvを使いました。絞りはレンズ側にあるのでアダプタ側はLにしておきます。
先日ご紹介した鷲掴みピアノ方式の持ち方(笑)でやっています。

結構な倍率(354mm相当)の望遠になりますので、足で場所を探して小指でピントを合わせに行く感じですが、距離感をつかむのに時間かかりました。
場所によってはこれ以上後ろには下がれないって所があります。そういう時は構図を諦めてます。354mm固定は少し不自由ですね。

IMGP3541

#ポニー
FA77mm Limited Black 1/2000s F1.8 ISO125

いやぁ、しかしながら、レンズの性能の差というのは恐ろしいです。普段のQマウントレンズ群、06も02も01ではAFで撮影していて、こっちのFA77mmは完全にマニュアル。両方共に同じプルプルいってる手で持って撮影しているというのに、なんか、こうも撮れた絵に差が出るとは思いませんでした。

正直、Q7でこんな写真が撮れるなんて、レンズの差以外になにがあるんだろう。
今までのレンズではブレブレだったことが多いので、普段のレンズのAFの精度が甘い?のでしょうか。
もしかしたら手持ちだからやっぱり手ブレが防げてなかったのでしょうか。
Qマウントレンズ群ではAUTOに頼った撮影が多いのですが、その自動で設定されるAF時の数値が調整不足なのでしょうか。
うーん、やっぱり私が使い方が怪しいのか、それともISOに無理をいわせてシャッタースピードを稼いでいたせいなのか、とにかく同じボディで撮影しているのですが、明らかに素人目にもはっきりわかるほどの撮れた絵の質が違うと感じております。
FA77mm Limited の方がクッキリです。違いすぎる。

IMGP3677

#エミュー
FA77mm Limited Black 1/60s F2.0 ISO250

このFA77mm Limitedもそうですし、昨日の魔改造の07マクロもそうですが、Q7の真の実力はなかなかで、かなり綺麗に「うぶ毛」なんかも撮れています。センサーとか画像エンジンはかなりいいんじゃないかな?これ。

実はボディの性能を最大限活かしきれていない今のレンズ群ていうのがQ7のちょっとだけ残念なところかもしれません。

ならコンデジクオリティと言われてしまう際たる原因はセンサーだけではなく実は値段なりのレンズだったのでは、と言ってしまっても良く、それなら将来長い目でみていけば良い方向に化けていく恐ろしいカメラなのかもしれません。

本当の所はあんまりレンズに詳しくないので良くわかりませんが、少なくともKマウントアダプターQの存在があるって事はとても素晴らしい!

とりあえずご飯も
IMGP2815

FA77mm Limited Black 1/6s F1.9 ISO200

こんにちわ。
もうレンズ沼どっぷりな私です。

最近、FA77mm Limitedを手に入れました。FA77mmは、Q7で使うと77mmなのに4.6倍での換算になるため、354mm扱いになってしまいます。
望遠の単焦点扱いになるため、近くのものを撮るのにかなり離れて撮らないとアップしすぎ、という若干扱いにくいレンズです。

しかしながら、この350mmっていうのは、06 TELEPHOTO ZOOMの範囲が69-207mmという事を考慮すると、それよりも1m離れた、実は丁度私が欲しいと思っていたあたりの距離になります。
つまり、06であと、一寸足りない、の足りないあたりを埋めてくれると思って手にいれました。

まあ、本当はもうちょい短い300mmくらいで良かったんですけど、そうなると換算で65mmっていうレンズあたりになるのですが、この辺りで興味ありそうなものがなく、ズームみたいな重たいのも嫌だな、って思ったこともあり、このレンズに手を出してしまいました。
しかも、F1.8というとても明るいレンズです。そしてF1.8でピントを合わせると、物凄く被写界深度が浅いというか範囲が狭く前後が良くボケます。
これが素晴らしい感じです。被写界深度がかなり狭いところまで絞れます。

さて、実践です。
まず、このレンズに慣れるため、この微妙な深度のピントの感じを覚えるのに、まず家の部屋にあった火災検知器を利用しました。

画像1

スゴいでしょ、別に紐が揺れている訳ではなく、検知器にピントを合わせると紐の先がボケてしまうのです。すげぇ狭い。もちろん、絞り値を大きくすればこんなことはなくなります。自由自在で楽しい。

更にQ7上の持ち方もどうしたらいいのか色々試してみました。
私の場合、左手で上から持つ感じにして、左小指でピントを合わせ、右手でシャッターを切る感じが安定しています。
画像1

写真のようにまるで弦を弾くように薬指はフォーカスリング、中指では絞りリングを操作していきます。
カメラ全体はほぼ左の人差し指と親指で支えてるイメージですが、左手でレンズを鷲掴みして持っているようなスタイルです。意外にオススメ。

・・・このレンズはQマウントシリーズの01~07番総てのレンズと比較して非常に重く、マウントアダプタで既に145gの重さのところ、更にFA77mm Limitedで270gとなり、合わせて415gにもなります。こうなると、Q7を2つ持った重さです。
つまり、FA77mm Limitedを装着して持ち歩くってことはQ7を3台分持ち歩く重さになります。

そこまでしてこのレンズを使う必要あるの?って思うのですが、…あ、あります!

いや、自己満足ですが(笑)

どんな絵になるのでしょうか?ワクワクしますよね。
これを持って、この間は動物園に行って来ましたので、今日からしばらくその動物園で使ったFA77mm Limitedの絵を載せていきます。


IMGP3874

#ふくろう(白)
FA77mm Limited Black 1/320s F1.8 ISO1600

どうですか。手前に網があるにも関わらず(うっすら4~5本の影があるのがわかると思います)、この綺麗な描写力。毛の感じも判り、白さも判り、なにより印象的な目の感じがキッチリ写っています。
望遠だというのもあって、フクロウもアップで撮れています。
Q7で、こんなのが撮れちゃうんですよ。今まで02番とか06番でも綺麗だな、って思ってたけど、別次元だと感じました。
レンズが良ければ綺麗に撮れるの当たり前ジャン、といわれてしまってはそれまでなんですけど、レンズが変わるだけでQ7で撮れる底力が垣間見えたというか、そういうのを感じました。

ただし人物を縦で撮るには相当離れないと撮れないので対象との意思がシンクロしないで相手が暇を持て余して動きまくってしまうのが難点。
さらにはMFという事も相まって、サクっとも撮れません。
が、うまく撮れればモデルになってくれた人もうっとりしてくれるの間違いなしなので、何とか言葉巧みに話しかけて待ってもらいましょ~?!

そういうシーンが増える度、また、良いレンズ使っただけでガラリと絵の描写力が変わるのを目のあたりにしてしまうと、Q7にはもっともっと良いレンズをコレからはちゃんと出してほしいと感じました。

上級者向けで多少高価でも良いと思いますので、PENTAX Qは初心者が手を出しやすい所から懐の深いところや遊び心のある絵作りが出来るカメラとして、末長く頑張って欲しいです。

こんにちわ。いったんこれでいいかな?ていうものが出来ましたので、それを残しておきます。

 魔改造結果:
    07 MOUNT SHEILD + HAKUBA CIRCULAR PL + KENKO CLOSEUP NO1 
 
裏側が、下記。
07lensa
 
表側が、下記。07を逆にしてセットしてみました。
lensa-1
 
結局、裏表を入れ替えられる 構造はフォーカスの関係で諦め、また、扱いが難しかったMC+4ではなく、ケンコーのCLOSE UP NO.1に変更しました。
 順序的に、07番のQマウント→C-UP NO.1→07番のレンズ部分→HAKUBA CIRCULAR PLの順でサンドイッチしています。HAKUBA CIRCULAR PLは偏光フィルタですが銀色がかっこ良かった、という理由だけで使っています(笑)

では、作例。マニュアルだし手持ちなので10枚連射して1枚良いのがある、みたいなやり方ですが、こんな感じです。

IMGP3393
#道ばたの草木
07 MOUNT SHIELD 魔改造「超絶接写版」1/13s F9+α ISO100
 
IMGP3404
#道ばたの草木(2)かなり小さい1cmもない花
07 MOUNT SHIELD 魔改造「超絶接写版」1/13s F9+α ISO320

IMGP3408
#窓際の多肉植物(1)
07 MOUNT SHIELD 魔改造「超絶接写版」1/13s F9+α ISO320
IMGP3448
 #窓際の多肉植物(2)
07 MOUNT SHIELD 魔改造「超絶接写版」1/250s F9+α ISO800


今回、CLOSE UPリングが07番の手前に入る形で作成し、その次に偏光のフィルタも入ったのでフィルターの極彩等をあてなくても若干色乗りが良くなっている気もしてて、一層接写に向いた形になったんじゃないかと思いました。ただその反面、ボケには絞り?となる偏光の状態が素直に浮き出ており、多色の色荒れが出ております…まあ、これは諦めですね。

また、前回のテスト作成ではMC+4を使ってもの凄く間近での撮影にしたのですが、そこまで対象との距離が近いと光量不足になったりして使いにくいのが分かりましたのでもう少し緩いのにしました。
使ったのは HAKUBA CIRCULAR PL という銀色の偏向プロテクターと、KENKO の CLOSEUP NO.1 です。

Q MOUNT → 
KENKO CLOSEUP NO1  → 07のレンズ部分 →  HAKUBA CIRCULAR PL という順序で作られています。偶然か、07の周りのギザギザ部分をカッターで削り取って HAKUBA CIRCULAR PL に嵌めたらうまーく押し込めた形でサンドイッチできました。CLOSEUP フィルタの内側ともう一方のやつのリング同士、お互いの中に埋め込まれて奇麗にスッポリです。

画像1
07 MOUNT SHEILD + HAKUBA CIRCULAR PL + KENKO CLOSEUP NO1 

まるで初めからこういうレンズじゃないの?っていう形になった反面、もうもとには戻りそうにないですね、これ。 で、この魔改造レンズ、これくらい出っ張ってしまうなら普通に01 STANDARD PRIMEとかにクローズアップフィルターを付けていたものでも良いのでは?と思いますが、まぁ、そのへんは、まあご愛嬌として。

 この状態で最短撮影距離、というかフォーカスが合う距離はレンズ先端から0.8-1.3cm程度の所です。
これでも近すぎて扱いにくい。よく分かったのは接写できすぎるのはダメってことですね。
でも、その代わり細毛のようなものまで奇麗に撮れるので取りあえず今はマクロっぽい使い方としてあり?ですかね。

04番とかと違い、フォーカスリングが無いのがデメリットですが、逆にピントを合わせやすくなったかも。下手にフォーカスリングを触ってピンボケしない分、ミニ三脚を付けた時に軽く動かすだけで撮れます。しかしながら、手持ちはそうはいかない。花などはかなり難しいです。
MFモードのTAv機能を使いながらできるだけシャッタースピードを確保し、ISOが上がらなすぎないよう制限し、連射して数打って撮る感じです。手がプルプルですから(笑)

まぁ、こんな魔改造、普通の人はやらないと思うけど、レンズの焦点とかちょっと変えたりする遊びにもQ7は応えてくれますよ、っていう参考になれば嬉しいです。
……レンズの魔改造は、楽しいけど、08番や09番が出てきたらこういったマクロ作りたいとか、レンズ遊びしてみたいとかっていう需要は消えるかもしれませんよね、ああ、そうであるくらいの素晴らしいのに出会いたい(笑)
 

こんにちわ。

06をどうやって使っていったら良いのか、その訓練というか街撮りをやってみました。
花や草木のときは、まだ対象も見つけやすいし距離感っていうのは物理的に理解できる場所でした。
ジオラマの時は、もっと分かりやすく、人がいなくてフレーミングではココ、というところが決まりきっているので更に容易だったと思うのですが、街は難しいです。

まずはいくつか。
IMGP3163
#豊洲ララポート
06 TELEPHOTO ZOOM 1/4s F2.8 ISO640 建物の青いラインが美しいので抽出ではなく普通に撮影

IMGP3169
#付近のオブジェ
06 TELEPHOTO ZOOM 0.6s F2.8 ISO640 カスタム抽出「青」奇妙なオブジェ。何を表しているのか理解できないが、もしかして人と人、街を調和していきたいのかな?

IMGP3149
#付近の不思議なガラスのビル
06 TELEPHOTO ZOOM 0.4s F2.8 ISO800 オリジナルモノクローム。何の施設だろう?ちょっとカッコいい

IMGP3100
#夕暮れ時(越中島付近)
06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 ビルの谷間から覗いた夕暮れが印象的だったので極彩をあてて強調

IMGP3088
 #電波塔(埼玉)
06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO100 朝焼けの色合いで錆びた風の絵になりそう思ったら、極彩で奇麗なイメージに写った

IMGP3095
#秋葉原地下改札(エコじゃねえだろ)
06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 カスタム抽出「青」・・電力の無駄遣い

 
とても八方美人なレンズだと思います(笑)
色んな感じに化けて出ます。ISOさえ気をつけて撮影すればかなり良い絵作りをしてくれると感じました。後はその対象がうまくハマってくれるかどうかです。
これが結構難しい。

でも、まぁ、遠くのものを得るときは気分でやればいいのかな?

例えば、今回のお気に入りの電波塔。これ早朝に撮ったものです。だから本当は錆びてなんかいないし、灰色の奇麗な塔なんですけど、朝焼けの色が出ていたので極彩をあててみたらうまい具合に錆びてる感じで美しいと思うんです。錆びた色でこんな立派な塔なんてないでしょ?

それから、最後の秋葉原駅。液晶かプラズマかよくわかりませんが、
その広告画面に「エコ」とか出てます。失笑ものです。

秋葉原駅はあの震災以後、地上の駅構内のあらゆるデカい柱にこの画面広告・しかも柱1本に対して1面だげゃない!
更に驚くべきことに、これが地上だけではありません。地下鉄入り口にもたくさんあります。このいくつもの画面のついた柱が全部で何本あるんだろう、ってくらいある。

上記写真は地下鉄側ですが、実は地上の方が設置数多いです。
こんなことやっておいて・・・これだけ派手に電気を無駄に使っておきながら、
堂々と『エコ』とか宣伝しているなんて、どう考えても・・・・。
はい、日本は異常です。確かにこういった広告は目を引くのかもしれないけど、一方で東京都内の会社は夏の電力制限とか電力オーバーで追加課金だとか言われている実態がある中で、インフラ機関は収益に困らないのでしょう、金にものを言わせて広告を出し、それで更に収入を得ている。

なんだか納得がいきません。どうしてこんな状況が許されるのでしょうか。自家発電だからいいとかいうオチでしょうか。だったら無駄な電力を使わないでそれらを家庭や中小企業にまわして少しでも原子力を止めましょうよ。


ふぅ。
街景ってこうやって、自分自身のテンションを上げて風刺でいったり、もしくは野良猫とか意外性のある生活感に着目して撮影していくんですかね。
人物を勝手に撮ってアップするわけにもいかないしね、難しいです。

こういう感じのものは、そういうところのテーマを考えていかないと自分でも長続きしないな、って思いました。
やっぱり旅行にいったりしたときのスナップが一番気楽で楽しいや。
 

06ZOOMの訓練、その2です。今度は花草木にチャレンジ。
出来るだけ生命を感じつつ06の良さを引き出そうと頑張りましたが、やはりまだまだ一歩及ばず感が残っています。うーん、難しい。

IMGP3092
#この秋に期待したい柿
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640


IMGP3109
#なおも空に向かって(赤抽出)
06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO320


画像2
#地ベタからの菊(ハードモノクローム)
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1600


画像3
#廃屋の屋根上にも運ばれた?
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO100


画像1
#まだまだ咲く花壇
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO400


20130810_debbe75099_o
#青い蜂を捕らえたかったが、ブレて失敗・花だけに
06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F2.8 ISO320



全体を通してうっすらな丸ボケ、少しトロトロっとした感じが作られています。コレは狙ったのでマル。
色のイメージも狙ったとおり。

しかしながら、これらのように自分的にココだよ!ってなる花草木との距離感が、うまく掴めないので数点に1枚くらいしか良いのが残せてません。

なんというか、色は良いんだけど絵と背景のバランスが難しい。遠いようですぐ近くにある2m前後の花草木を狙う感じで、かつ、そいつの後ろに空間があるとマル。
狙いたいものが4m以上離れていると構図で定まらず(フレーミングが撮れず)ダメ、のこの微妙な感じが難しい。いっそのこと絞り値を上げてぼかさない方が楽なんじゃ無いかって気がするくらい。
望遠マクロ出るまでお預けなんですかね?
でも望遠マクロって近くに寄って撮るものだから、本当の望遠が必要ってことですかね。
やっぱりココでも150から400mmを少し超えるくらいのあたりのズームが欲しいなって思ってしまう俺は足の修行が足りないんでしょうね。

それからISO3200を超えると荒れやすいので、やっぱり明るい場所でしか使えない感じです。
うーん、こっちも、もう少し勉強せねば。

先週の事ですが嫁さんのiPhone5の修理ということもあり、銀座に行ってきました。もちろん、PENTAX Q7を持って(笑)
・・・実はもう毎日持ち歩いてるんじゃないかっていうくらいQ7ラブな状態。
IMGP2823
#AppleStore
02 STANDARD ZOOM 1/500s F4.0 ISO200

いつも持ち歩くのはやっぱり02番。便利で広角で使いやすい。でも、だめです。こればっかりに頼ってはいけない、ということで、魔改造に気持ちがいってましたが、06番の自主訓練もってことで、丁度やっていたプラレールというかNゲージというか、そういったもののジオラマコレクション展のチケットを入手していましたので、いってきました。

この手のイベントには今まで訪れたことは無かったのですが面白そうなのでスルッと会場へとイン。 そのときの写真です。

とにかく全域で明るいF2.8のレンズなのは素晴らしいのですが、普通にスナップするには一寸足りない、何かこう、もうちょっと先をつかみたいという感じがフツフツと沸いてくる難しいレンズと思っていたのですが・・・。
いやはや、こういうところでは非常に威力を発揮してきます。

ジオラマものとか花草木(それもあまり大きくないもの)みたいな少し小さめのものを大きく切り取る、ということに関しては素晴らしい威力を発揮してきます。
ちょいと離れた人だかりの後ろから、ポイントを絞って望遠でヒョイっと切り取りできる仕業はコイツの独断場です。
IMGP2937
#新幹線「スーパーこまち」を引き連れて:
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO5000


IMGP2910
#ジオラマ街の駅前:
06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO6400


IMGP2950
#中央線と京浜東北線の夢のコラボ:
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1600


IMGP2955
#フィルタ効果でNEX:
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO10000


画像1
#車輌不明だが渾身の1枚:
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200 F2.8 ISO2500


全体的にISO感度が高すぎるAUTO撮影です。NEXのやつなんかはISO10000とか異常でしょ、iPhone5のRetinaで見てもノイズが判ります。まぁ、でも雰囲気は出ているので私的にはOKですが(笑)

最後の1枚についてはF2.8の本領発揮といいますか、素晴らしい深度で撮れている気がします。手軽にAFでこれが撮れるんだからQ7にして良かった、ってなるわけなんですけど、これフレームは狙いましたが像は偶然・・・。まだまだ修行が必要だね。

こんにちは、07マウントレンズの可能性を探る続きです。

前回は「写るんです」のレンズ部分を付けて試しました。これについては今度ジャンクなコンデジを入手してから続きをいつかやろうと思います。
その代わり、このレンズの手前に接写リング、そう、7月21日のlogにも書いてあった、MC+4のクローズアップフィルターを挟んでみたらどうなるかな?
ってことで試してみたら、結構いける。

まずは、普通の07の状態。
画像1

この位の距離で、以下の絵。
画像2
07 MOUNT SHIELD LES 1/10s ISO2500

吹き出しにピントです。ちなみにこれ埼玉のイトーヨーカ堂にて発見。調べたらつい先日配置されたようです、タカラの佐川男子のガチャ。

で、07番ごめんなさい、まっぷたつに割って、一つはMC+4に、もう一つはアキバでゴロゴロと売られていたサンヨーザクティのジャンクプロテクターのガラス部分を内側の抑えクルクル廻して取り去った「ガワ」に付けました。
画像1

レンズのある表側はMARUMIのVIVIDライムをつけ、不用意に触らないよう、埃がつかないよう保護しています。
画像2

07番の前の品名が刻印されている面であるレンズが取り付けられている方は、SANYO のプロテクターとMARUMIの緑のプロテクターの間で挟まれており、接着されています。つまりリングとリングの間のサンドイッチ状態の具の部分に相当する所に存在し、その両端が40.5mmのスクリューネジのオスを出るよう接着されております。これ、一応後々にひっくり返せることを想定したためです。
画像2

で、この時の像が
画像3
07近接改 1/13 ISO8000

ものすごい接写力です。もうくっつけてます。そんなに近づくのか、そんな場で、って所でピントがきます。明かりの隙間もないくらい(笑)

違うモノで撮影します。
画像1

iPhoneで上から撮影。はい、07は対象間近です。これでピントが合います。緑の輪っかとMARUMI MC+4じゃないリングの間に07番のレンズ側があります。
そして、この時の絵がは下記のようになります。
画像4
07近接改 1/13 ISO12800


ちなみにMC+4ではなくただの筒にすると焦点が取りにくかったです。どうしたものか。

にしても、いやあ、ものすごい可能性を秘めてましたよ!07番。中古出回ってきたら数点持っとこうかな〜。
画像1

こんにちは。昨夜の事、ふと思いついた事があります。
07番は1枚のレンズから出来ています。
この像が気に入らなければ自分で違うレンズをはめるとか凹凸を考えて組み合わせてみればいいじゃん、ってこと。

まあ、試しにやってみました。
まず、部材はコレ。

画像1

写るんです、です。ココからレンズを取り出すとこうなります。
画像1


で、07番のマウント側にプラスチックのレンズ部分のみを、Q7側に凸になるよう無理矢理粘着させてみたものが、これ。

画像1

さて、どんな絵になるのでしょうか。ワクワク。

画像1

お?意外にも流れるのが少し外へ逃げて使えそう、っと思ったものの、うわー、やっぱり下のような軸上収差なパープルのやつが出てます。しか〜も、おもいっきり。

画像1

極彩にすると、ハッキリ。

画像1

うはは、何も考えずに付ければこうなりますよね。そもそも一枚凹レンズが付いたことで像も歪んでもいますし(笑)
絞りの事もピントの事も考えてないしね〜。

でも、これ、モノクロにすると意外にもいけそうな、あとちょっと詰めれば使えそう。
画像1


もしかしてジャンクなコンデジや携帯電話から2〜3枚拾って凹凸を合わせ、絞りを自作して収差を減らしたら、というか範囲を狭めたらISO12800が可能なQ7なら面白いの自作レンズが作れるんじゃないかと思いました。


こ、これは、危険な未知の領域にハマりそうです。
でも、ごめんなさい、07番。

さて、購入して1ヶ月経ちましたので、このへんでちょっくらレンズについて雑感。
PENTAX Q7 という、レンズ交換式コンパクトデジタルカメラ、ミラーレスを手にして毎日が楽しくなりました。

カメラを趣味にする人は、たぶん普通は解像度とか奇麗さとか被写界深度のコントロールできるF値の明るいレンズが使えるのとか、広角で魚眼風にひろーく撮影できるのとか、まぁ、様々なものを求めて色んなカメラに手を出していくのだと思います。

私は、A3引き延ばしプリントとかはしないので、ハガキくらいまでのサイズで奇麗に写ってくれていればそれでいいので、もう前のSONYのWXを使っている時から画素が1600万画素とかなにそれ、12Mで良いよ、記録もそれでやるから、の状態でしたので、今回のQ7の12Mに全く抵抗無く、むしろコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)では実現できなかったシーンに合わせて「絵作り」ができるこのPENTAX Qシリーズが気が気で無かった訳です。

で、唯一の迷い点がQ10の時にあり、それがどうにもな画質。その原因がセンサーにあると判って、そのうち変わったら変えてみたいなぁ、と思ってた矢先、変わったのです。
正直、Q7が出る1週間前までオリンパスのPENにしようと小川町のフォーラムまで足を運んでいたぐらい。
Q10<PEN<Q7の判定勝ちでした。決め手は複数のレンズ分までも含めた重さ。

さて、そんなこんなで、気がつくとレンズもいっぱい。自分の誕生日の前後でしたので、歯止めが効きませんでした(笑)

そのそれぞれ入手したレンズについて、とりあえず使ってみた感想というか自分なりの今の答えを書いてみます。数ヶ月後に自分の上達や使いこなしがどうかわるか?それも愉しみであります。

 Q7にある7本のレンズ、どれもこれもクセがありますよね。だからいいと思うのです。そこで、まずは、自分が入手したものを中心にツラツラと。

IMGP2710

 * * *


■01 STANDARD PRIME 58° 39mm F1.9

IMGP2699

普通に使えるスナップです。単(短)焦点に慣れていないせいか、かなり戸惑います。主に1対1の人物の撮影、または料理などで気軽に使っています。
短焦点の魅力は明るく解像力が出てくる絵(?ようはきめ細かくて色のりが良い?)が得られやすいことだと思われます。・・・その代償として自分の立ち位置を常に考えて撮影していくことになります。

ハイ、これ、今までコンデジのズームやiPhoneのズームに慣れきっていたせいか、素人的にはサっと動いて撮れません(汗。
また、この01番に限らず、ピンボケとか手ブレしまくりです。主にシャッター速度が足りてない。
今までは気にしなかった露出とかISO感度、シャッター速度、絞りってものを意識させられます。
・・・まぁ、ある意味コンデジから一眼への切り替え脳を養うレンズです。

考えるのが難しいです。だからか、今はもっぱらAUTOで撮影しちゃいます。でも、同じオートでもTv(シャッター速度優先オート)、Av(絞り優先オート)の2つをシーンに合わせ切り替えて使うようになってきたので、少し一眼ぽい使い方になってきました。

そうそう、01番は軽く、また本体の色に合わせたオーダーカラーでの入手が出来るため美観に優れているのが利点(?)です(笑)

(プロテクターはMARUMI のホワイトゴールド)

■02 STANDARD ZOOM 87-35° 23-69mm F2.8-F4.5

IMGP2702
出かけるときにデフォルトで付けておくレンズ。3人以上の人とのイベントにもってこい、広角が効いてきます。景色の撮影にはもってこいです。
近場の広角から、多少離れたところまでの3倍ズームの力が地味に役に立ちます。
それほど足場を気にしなくてもよく、自分が立っているその場のままフレーミングの調整ができるのでとても楽チン。
自分の中では最も後に手に入れたQマウントレンズにも関わらず、一番使っていたりします。
初めてQ7を買う人は普通にズームレンズキット(もしくはダブルズーム)を買うべきでしょう。後から買うと02番については銀色しか選べません。

(プロテクターは頑丈と噂のケンコーのPro1Dでチタンカラー)

■03 FISH-EYE 173° 16.5mm F5.6

IMGP2703
TOYというには惜しい、贅沢な魚眼レンズ。魚眼は180°近いワイドな景色を1枚の写真の構図に収める恐ろしいレンズです。
見た景色を無理やり詰め込めます。そういう意味ではパノラマと発想は似ています。Q7にはSONYのWXシリーズやiPhoneの機能にあるような画像サイズを横長にしてパノラマを撮影する機能がないのですが、この魚眼レンズがあるお陰でパノラマを欲しいと思ったことすらありません。
しかも、16.5mmまで対象に近寄れます。距離感は自分の手のひらや500mlペットボトル1つ分くらい離したくらいの距離と覚えるのがよいと思います。
そして、ここが大切。マニュアルフォーカス(MF)なので「Mのモード」の使い方を学べます。露出、ISO、シャッター速度。そして TAvなる便利機能。こういったことを、次のステップとなるKマウントのレンズに手を出す前に遊んで学べるレンズです。06や01より先に買いましょう!オススメ。

□04 TOY LENS WIDE 67° 33mm F7.1 と
□05 TOY LENS TELEPHOTO 26° 94mm F8

04TOY_WIDE05TOY_TELEPHOTO

使っていないのでなんとも言えないのです。04は更に広角が欲しいシーン、05は望遠が欲しいシーンですかね、どんなだろ?
04は前にも話しましたが「寄れる」って言うのがウリでもありましたよね。これ以上の感想は、持っていないので判らないや・・・。
今の自分はQマウントのレンズのマニュアルレンズは魚眼でお腹いっぱいです。04と05はこれから出るであろう04の代わりでオートフォーカス(AF)が可能な広角レンズ08番と望遠マクロである05の代わりになりそうなAF対応の09が出てくるとお蔵入りが目に見えてるので、08と09が出てきてどうなるかわかるまで手を出さないつもりです。

■06 TELEPHOTO ZOOM 35-12° 69-207mm F2.8

IMGP2707
望遠用ですよね。でも自分の中で、それほど望遠シーンで使えていないイメージあります。02よりも少しだけ遠いところを狙いたいときに使えるイメージで、主に「花」中心でしょうか。
フィギュアやプラレール、ジオラマ的なものに向いています。
距離的には02の端から207mmまでの範囲となります。倍率は02と同じ3倍のズームです。
これ、Q10までのときはもう少し遠くを狙えていたらしいので距離感は良かったのかもしれませんが、Q7では物足りなく感じます。
あとちょっとのところで、届かないんです。ただし、全域でF2.8と明るいため、そこそこのボケも味わえます。
個人的には、02と06が合体した18mm-216mmくらいの線のズームレンズをサードパーティが作ってくれないかな、って思います。それ一本で済んじゃえば、もっと01を使うシーンが出てくるんじゃないかな、って思います。とりあえず自主訓練が必要なレンズかも。

(プロテクターはMARUMI のVIVID ライム)


■07 MOUNT SHILED 44.5° 53mm F9

IMGP2708
レンズの代わりに気軽に持ち歩いてスナップができそう、ってことで一番期待していたレンズでしたが・・・。実際は周辺の像が流れすぎで、かつピントの合う位置も近すぎて使いどころが難しい。手に入れた中で一番使いどころに困っています。先日真面目に向き合いましたが、・・・(笑)

これ、個人的には「写るんです」的な像になるイメージであって欲しかった(使い捨てカメラ「写るんです」は 68°32mmらしい)。
そうであれば常に持ち歩いてパシャリ、っていうあの需要を簡単に満たせるのに・・・って思ったら、これ、そうか04番がそれに一番近いんですね。

■ KマウントアダプターQ ・・・

PENTAX-adapter-Q-001
まだまだ勉強中のKマウントアダプタ。smc DA18-270 76-6° 82.8-1242mm F3.5-6.3は、この間に満月撮影にチャレンジしました。
他のもう一つ、FA77mmも入手しています。こちらも難しいレンズです。まだまだ使いこなせていませんので、06番の自主訓練の後に手を出す予定です。

にしても、 DA18-270は レンズ453g+アダプタ102g+90g=645g、この時点で既にQ7を3個持った重さ!

~ 如何にQ7が軽いかが分りますよね。
Kマウントでレンズを付けて持ち歩くっていうのはQ7を4個以上同時に持ち歩くことを覚悟する感じですかねえ。って、そう考えるとシーンに合わせてQ7を3個くらい買って使い分けする方が、実は使いやすかったりして・・・(苦笑)

・・・まともなデジタル一眼、例えばK-50なんかは本体675gとからしいので、Q7+Kマウントレンズは、それより若干軽いんで自分的には我慢我慢すね・・・。






以上、レンズ雑感でした。各社からQに追いつけ追い越せと機能を削ったミラーレス一眼などの小さいモデルが出始めていますよね。でもレンズが元のままなのでアンバランスな感じです。そのうちイメージセンサーの変更を余儀なくされることを考えると、あのレンズの大きさとのアンバランス感は仕方ないですけどね。


う~ん、04番も07番も、AFとしてだせば良かったのに・・・、って思いました。マニュアルは楽しいけど素人には難しいんですよね・・・。

IMGP3085

PENTAX Q7 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F4.0 ISO100

腕が悪いから、これ以上近寄ると逃げちゃいます。レンズはこれでめいいっぱい望遠側。
近寄りたくても近寄れない。このもどかしさの06番。
(ちなみに野良猫なので写真のためであっても餌なんて与える訳にはいきません。
 居着いたら近所迷惑になりますからね~)

う~ん、やっぱり、オートフォーカスが使える良いレンズ、もっともっと出して出してー


追記:
  (1)その後に書いたレンズ達について

 (2) 色々なレンズはタグ「レンズ沼」。PCからアクセスすると最上部にタグメニューがあります。

こんばんわ、昨日は買ってからほとんど使っていなかった 07 MOUNT SHIELD LENS を持ち歩いて使ってみました。

このレンズは(1)焦点距離が3mぐらいのところ、(2)周りは流れるようなボケ、(3)とにかく軽量でQ7を持ち歩けるメリット、というのがありますよね。
でも、実際に撮ってみると探検家気分な写真、中央を意識した絵(日の丸構図とかいうやつ)にしか使えず、非常に難しいです。

ムービーで試しましが、歩きで使うと酔うので車にセットして使うぐらいしか・・・。
しかもこの時期は少し放置するとQ7本体が熱くなって電源切れちゃうし。

む、難しい。

ということで、ちょっと使ってみたのはこんな感じ。

IMGP3034
07 MOUNT SHIELD LENS 1/100s F9.0 ISO250 上を見上げて撮影(朝に撮影)

 
IMGP3028
07 MOUNT SHIELD LENS 1/100s F9.0 ISO 400 わざと前にボケるものを置いて撮影


IMGP3059
07 MOUNT SHIELD LENS  2s F9.0 ISO1600 後幕シンクロなストロボを使って、わざと右上の黒い部分を目立たせてみる構図(朝の場所を夜になって再度撮影)

 
IMGP3061
07 MOUNT SHIELD LENS 1/13s F9.0 ISO1600 ストロボを間近で強制発光し、ハードモノクロームでわざと金属ぽい葉っぱになるよう撮影


・・・・こんな感じで、絵の中にメリハリを意識して構図を作れば結構イメージできそうな気がしてきました。

でも、すぐに飽きそうだな、コレ・・・。
魚眼ほどオススメって感じじゃないです。気軽にスナップしたいなら、01 STANDARD PRIMEや02 STANDARD ZOOMにプロテクターとかつけてガンガン持ち歩いてっちゃった方が使い勝手いいですし。

う~ん、正直に向き合ったけど、なかなか笑わない人とお見合いしているみたいで難しいです、このレンズ。永い目で見て使いどころでピシっっと決め技を出すタイプですかね。
 

こんにちわ。

今日も取り憑かれている「青」抽出になってしまいます。ごめんなさい(笑)

この間アップした東京駅の続きです。
場所は丸の内南口 南ドームになります。昨年リニューアルしてから全然行ってなかった、というより新幹線で何度か利用するものの、駅の外に出ていなかったのでどんな感じに復元されているのか知りませんでした。
(東京駅の詳しいところは、ここのガイド(http://4travel.jp/dm_travelogue_each-10722722.html)あたりでも参考にしてください) 

で、まずは、Q7で普通に撮ったものをいくつか。

IMGP2731
02 STANDARD ZOOM 0.4s F6.3 ISO400

IMGP2795
02 STANDARD ZOOM 1/13s F2.8 ISO800
 
IMGP2791
02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO1000

と、まぁ、それなりです。にしても東京駅、復元されたばかりだからでしょうか、なんというか、おもちゃっぽい色使いというか、デズニーランドの施設みたいで「重厚さ」というか「荘厳さ」というべきでしょうか、そういうのが全くない、ただ単に奇麗だね、な色使いになっちゃってて、なんか哀しいです。

ということで、ハイ。「夜の都会は青」の法則(笑)という感じで、作り直した絵がこちら。

IMGP2793

 
02 STANDARD ZOOM 1/25 F2.8 ISO800 青抽出(オリジナルカスタム)

 
IMGP2792

02 STANDARD ZOOM 1/25s F2.8 ISO800  青抽出(オリジナルカスタム)

IMGP2794
 
02 STANDARD ZOOM 1/13s F2.8 ISO800  青抽出(オリジナルカスタム)


どうでしょうか、なんというかファイナルファンタジーに出てきそうな駅になったというか、松本零士の魂が降りてきたというべきか、近未来的な東京駅の絵が残せて大満足です。
色をそぎ落として良い感じになるってことは、造形自体は素晴らしい駅、というのは間違いないってことですよね。昔の人の作りは素晴らしいです。
今の人の作ったPENTAX Q7も素晴らしいです。なにせPhotoShopなんか使わなくてもサクっとこういう絵が撮れるんですから。
 

PENTAX Q7が到着してからもうすぐ1ヶ月になりそうです。

久しぶり、というよりほとんど初めて同然、デジタル一眼としてはまるっきり素人な私でしたので、色んなことが判らない・・・ことだらけです。

特に、今までコンパクトデジカメではまかせっきりで深く考えもしなかった「絞り」「露出」「ISO」の関係性を多少なりとも理解していかないと、マニュアル操作の意味が分からなくて、もうどうしようも無い感じでしたが、03 FISH-EYEやKマウントアダプターQのおかげでちょっぴり理解できそうな気がしてきました。

ようは、シャッタースピードを長くすれば光が集まる。明るいF値の絞りのレンズがあれば光が集まる。ISOが高ければ高いほど光が集まる、なんですね。
この3つのバランスが写真には必要と。

このへんの説明をしているわけではないのですが、開梱編から放置ぎみだったKマウントアダプターQの取り付けた後のTVを公開します。
まだまだ覚え立てて理解度は低いのですが、どうやらPENTAX Q、というか一眼カメラっていうのは、マニュアル、シャッタースピード優先(T)、絞り優先(A)の他に、シャッタースピード&絞り優先というTAvってのがあって、マニュアル操作ではここの使い方がキモになるようですね。ふむふむ。




ISOが高くなるとノイズが増えやすくなるようです。だからノイズリダイレクションが重要。でも、やりすぎると油絵みたいなのっぺりした絵になってしまう。
シャッタースピードが長ければ動体は正しく写せず、かつ手持ちなら確実にぶれてしまう。私なんかだと1/80より長いと完璧にぶれていますから三脚が重要となってきます。機動性は落ちますよね。

じゃぁ、明るいレンズに頼れば、というのもありなんだけど、それは高価だったり、そもそも絞り値は明るさだけでなく、今度は深度・・・被写界深度という厄介な問題も出てくるのでピント合わせがとても重要になってくるわけで・・・つまり今度は更に奥行きのピントを合わせるのに気を配る必要が出てくることになり、それをQ7の小さな液晶画面でどこまで合焦させられるのか?ということに繋がっていきます。

マニュアルでの撮影は、結局鍛錬が必要で、とにかく練習あるのみですね。
うん、思い出してきた、このへんの露出と光量の関係が難しい上に、フィルム時代では現像するまで時間があって試した内容の結果が出るまで待ちきれなかったり、また現像代もバカにならないってことで諦めたものでした。しかも現像する際のその人の腕で色が変わってましたしね。

そういった経緯もあり、コンパクトデジカメに移ってからの時代には「オート」「明るい」を重視し、いかに簡単に写真が残せるか、っていうキーワードでカメラを選んでいたのでした。
今回デジタル一眼になって、たしかにフイルム時代とはまた違った別の問題もでてきているようですが、まぁ、そんなの気にしない(笑)

それよりも、やっぱりオートでも簡単に撮影できて、本体が軽い、これにつきます。軽ければその分持っていけるレンズの選択肢が増え、色々と一緒に持ち歩けるようになってさらに楽しい。
とても良い時代になったと思います。

そして大切なこと、少しでも軽いPENTAX Q7を選んで良かった! 

おはようございます。

本日はお出かけなので、その前に昨日撮ってきた色抽出結果と、極彩の写真を数点アップしてみます。

今回の写真は Q7 → iPhone5 (ShutterSnitch) → DropBox → blog へのアップロード
という順序にしています。ですので、間にiPhoneのリサイズとか入らないのでほぼオリジナルになります。 またiPhoneのカメラロールを経由するとレンズ情報とか消えるような気がするので、そういうのも残るはずです。

02 STANDARD ZOOM 0.4s F6.3 ISO400  通常
IMGP2729


02 STANDARD ZOOM 0.4s F6.3 ISO400 極彩
IMGP2727

02 STANDARD ZOOM 0.4s F6.3 ISO400 赤色抽出(オリジナルカスタム)
IMGP2730


02 STANDARD ZOOM 1/13s F3.5 ISO6400 通常
IMGP2766


02 STANDARD ZOOM 1/5s F3.5 ISO1600 赤色抽出(オリジナルカスタム)
IMGP2769


02 STANDARD ZOOM 1/4s F3.5 ISO1600 青色抽出(オリジナルカスタム)
IMGP2770
 
 
う〜ん、やっぱり青抽出はカッコいい。都心の夜の撮影は青抽出コレクションになってしまいそう。
他にも駅構内とか、未来的になって楽しいのもありますので、そのうちそっちも公開していきます。
 

モノクロって磁力というか魔力がありますよね。
前の伏見稲荷の入り口の写真もそうでしたが、本当に怖いです。気がつくとそればっかりで撮ってしまう。

そこで買ってから今までモノクロで撮ってみた中で個人的にまぁまぁ気に入っているものをいくつか集めてみました。
ハードモノクロームで撮影したものと、最近オリジナルでデジタルフィルターを使って作り、ダイヤル登録して呼び出しにて撮影したものがあります。

ちょっとタイトルを入れて、シャレてみますか、ギャラリー風に。



02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.0 ISO800 オリジナルモノクローム
画像2
   「旧家の足跡」



02 STANDARD ZOOM 1/4s F4.0 ISO400 オリジナルモノクローム
画像1
   「江戸っ娘?」



01 STANDARD PRIME 1/2500s F1.9 ISO400 ハードモノクローム
画像1
   「消えた人影」



01 STANDARD PRIME 1/8s F1.9 ISO1600 オリジナルモノクローム
画像1
   「出番をじっと待つ」



03 FISH-EYE 1/2000s F5.6 ISO800 ハードモノクローム
画像1
   「ひまわり夫婦の喧嘩」



07 MOUNT SHIELD LENS 1/125s F9.0 ISO200 ハードモノクローム
IMGP2005
   「ココから先は刺されそう」




今月はもっと面白い絵を撮ってみたいです。

こんにちわ。やっぱり楽しいですね、Q7。通勤途中でも、ついつい周りのちょっとした変化や景色を切り取りたくなります。

でも流石にシャツに首かけのカメラにレンズ交換シャカシャカは勇気いりますね。

カバンから出してその姿になったりしてると都心ほど良く周りからジロジロ見られます。
まぁ良いんですけどね、見せてる所もありますし(笑)

で、同じく都心になればなるほど青い光が多いんじゃないかと思ってて、とても綺麗なシーンが多々見受けられます。

ってことで、この間作った青の抽出で、よく通る秋葉原の風景をばパシャり。

IMGP2671

02 STANDARD ZOOM 1/20s F3.2 ISO1600

上は最近行き過ぎじゃね?って思うアキバヨドバシの夜の顔。

IMGP2668

02 STANDARD ZOOM 1/15s F3.2 ISO6400

同じく秋葉原の中央口を降りた所の夜景。
ネガポジ反転みたいにみえます。不思議。
レンズ光が無いバージョンもあるんですが何となくこっちの方が好きなのでアップはこちらで。

Qが有ると、何でもないものが素敵に見えてくるから不思議。

このページのトップヘ