標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

2013年11月

今年の11月は久しぶりに色んな所に行きました。

フラっと栃木県鹿沼の方へドライブ。蕎麦を食べにいってきました。

IMGP2105
04 TOY LENS WIDE 1/640s F7.1 ISO1000 AWB

また、近場のさいたまの神社(圓蔵院)にも立ち寄り。
隠れた紅葉スポットですも発見してしまいました。ここは長閑で、静かでもあり、大きなイチョウと周りの紅い樹々が素敵でした。


IMGP2495
03 Fish-Eye 1/400s F5.6 ISO250 日陰

IMGP2497
03 Fish-Eye 1/400s F5.6 ISO250 日陰

今月は新しいホワイトバランスの撮り方「微妙な紅葉には木陰」っていう技も覚えました。
結構使えていいですよ、これ。

IMGP2807
02 STANDARD ZOOM 1/400s F4.0 ISO160 青抽出

月の終わりには、北越谷の土手にもふらり。
ここも静かです。紅葉と川のバランスが素敵です。

でも、まぁ、たまには青で抜いて東武線も含めながらパシャってしてみました。

IMGP2810
02 STANDARD ZOOM 1/400s F4 ISO250 クロスプロセス

そうそう、クロスプロセスも使い始めました。自分で意図しない色を壊してくれて楽しいですよね、このモード。


02 STANDARD ZOOM 1/400s F4.0 ISO160 ハードモノクローム

なんというか、モノクロはやっぱり迫力が違います。これもイイ。クロと言えば、あそこもいったな、16号線にある地下神殿。

これは、今月は紹介出来なかったので来月どこかで書きますわ。

今月も私のblogを見てくださってありがとうございます。

早いもので、もう11月も終わりです。Q7を購入してから、5回目の月末を迎えました。

今月もQ7と一緒に色んな所に行けました。こんな生活が送れることに素直に感謝です。

さて、前半には 秩父の方へ御出かけしました。ダリア園や三峰神社です。
一足早く紅葉気分を味わえました。

40
iPhone5 0.001s F2.4 ISO50
#Qではなく、iPhone5で撮影してみた

05
02 STANDARD ZOOM 1/125s F3.5 ISO200

三峰神社の景色は素晴らしかったです。まだ紅葉気分味わえると思うので、埼玉・秩父地方に足を運べる方は今のうちですよ。

その次に、秋葉原に出向いてました。マンモスカレーの終わりということでしたが、結局その日に食べたのはナポリタンでした(笑)

IMGP1410
01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO800

真ん中頃には「板橋」に行ってきました。懐かしい土地でした。
学生時代を思い出しましたが、軒並み変化していて、商店街という形のパワーはダウンしつつある感じでした。

IMGP1903
02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100

IMGP1994
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO640

怖い縁切り榎では黒猫とかにも睨まれましたが、でもまぁ、かたや商店街の途中では、愛嬌たっぷりのネコとかも居ました。外人さんの飼っている猫っぽかったです。
目線くれたりして、なかなかオチャメなやつでした。

さてさて・・・今月も結構ありましたね、明日に続きます。

 

こんにちわ。

ココの所、Q7の色んな機能を見つめ直しています。そんな中でも、やっぱり一番楽しいモードは「極彩」ではないでしょうか。

今まで(iPhoneでない)デジカメを使っていて思ったこと、それはFUJIFILMのデジカメ以外の色(特にソニー系で・・・)作りで「彩度の低い絵になる」ものが多いな、って感じてました。
なんていうか、ビデオカメラ的な色というか。

その辺の色に付いては、さすがにパブリッシュ(印刷:DTP)に関わるFUJIFILMやAppleなんかは良く調整しているなぁ、なんて思っていたものです。

で、初めてPENTAXのデジタルカメラを手にしてみて驚いたのは、よくPhotoShopや現像ソフトで使うようになる「レベル補正」・・・簡単に言うとカラーバランス調整ですね・・・をほとんどしなくても良い絵が簡単に得られているのでビックリしました。

特に太陽の下での自然な景観を撮ったときのオートホワイトバランスが絶妙。
室内は若干青被る傾向がありますが、それもレンズのプリセット傾向かもしれません。オールドレンズの時はあまり感じませんから。

前置きが長くなりましたが、それでも昔で言うフジのベルビア的な現実の色を強調し、印象的な色合いをもっともっと強くして、ポスターみたいな絵にしたいっていう時があります。


02 STANDARD ZOOM 1/160s F22 ISO160 極彩

こんな風に、草木とセットになっていて、どこか海外のお庭のワンシーンみたいな時です。
どちらかというと和より洋なイメージですかね。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/640s F22 ISO500


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/640s F22 ISO400 極彩

普通の多肉植物を額縁風に飾ったシーンでも、多肉植物自体が「淡い」感じなので、強調しても嫌にならず、むしろ木枠の色の薄さと相まって極彩の方が印象的になると思います。

こういうのを、ひょいっとクイックダイヤルで呼び出せるからQ7は楽しい。
あでみやび、さくらほのか、など微妙な色合いが好きな人はその加工も良いですよね。
そんなときはRAW+機能で元データを残しておけば幾らでもいじれます。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/640s F22 ISO500

この Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR は 先日のFlektogon 3rd.と違って色のノリが結構あっさりめです。これはこれで素敵なんだと思いますが、パンチが欲しいときも結構あります。
たぶん、このレンズはリバーサルフィルム風に残すのが似合っているのだと思うのですが、一枚一枚調整するやり方はもう卒業。
漢は黙って「極彩」です(笑)

コレを使えば ひっそり佇む寂れた古い家の一角の風景も、アメリカ人が住んでいそうな家の正門風になっていったり・・・しませんか?強引かなぁ。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/640s F22 ISO500 極彩

錆びていたランタンのようなオブジェも、見事に「ポストのような紅い色」が出て、まったく違う色塗りになりました。良いですね、世界が蘇るみたいで楽しいです。
こういうのをインクジェットのカラープリンタとかで印刷すると海外のポストカード風になると思います。
簡単にクイックダイヤルで「どうなるかな?」に答えてくれるQ7の 極彩って楽しいですよね。極彩の下地に使うと向いている色は、今の所この4つのケースかな?

(1)褪せた色、(2)空気遠近で霞んだ色、(3)ホコリが被って白くなっている色、(4)無機質の中に有機物があるケース。

こんにちわ。

昨日に引き続き、敢えて逆光を撮る、ということで、色んな場面で使えないかと考えてみました。
というか、逆に今まで取ってきた奴で、無理矢理に逆光的に撮ってものを幾つか載せてみます。
共通して言えるのは、無理矢理光を入れると絵の全体に対して一部だけ白くなり、光の収差・・・いわゆるフリンジが出てしまうため、絵の中に明るすぎる部分とそうでない部分が混在してしまう難しさが付きまといます。

IMGP2450
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO250

このため、光を中心にすると全体的に白く飛んでしまうし、一段EVやシャッタースピードで光を遮っても今度は暗い部分が消えてしまうことになるのでバランスを撮るのが難しいです。
そして、もっと難しいのは光を透かす対象に気を配らないと、自然な絵なのにジャギーっぽくなってしまう場合があることです。この写真のモミジの葉の輪郭のように。

IMGP0961
01 STANDARD PRIME 1s F1.9 ISO320

明暗バランスが難しくなる傾向は夜景で顕著です。でもこの感じを克服して、いつもより若干スピードをあげて光を遮るクセを覚えていけば、色んなシーンで応用が利きそうな気がします。

IMGP7521
02 STANDARD ZOOM 1/30s F2.8 ISO250

適正な色合いを捕まえられれば木々の向こうに光が差し込んでいる感じが演出出来そうです。

IMGP2498
03 Fish-Eye 1/400s F5.6 ISO250

逆光撮影の面白いところは、葉っぱを組み合わせればその葉脈も写しつつ、「影絵」として形を表現することが同時に出来そうなとこです。
更に魚眼+デジタルフィルター+逆光を組み合わせれば、こういう演出も出来そうなのです。
もう少し勉強していかないとダメだとは思いますが、絵作りの行程に新しい創り方を覚えた感じで嬉しいです。

こんにちわ。 昨日も少し書きましたが、ファインダーを覗かないカメラのメリットの1つに、逆光状態でも撮りやすいというのがあると思うのです。

普通なら「人間の目」で覗くところを、液晶画面を通してみるお陰で・・・逆光のときは丁度モニタは光が画面に来ないため、画面が反射しない状態だったりするわけで、更に好都合。
光芒の出方も画面で確認出来るし結構良いことづくめです。

39
02 STANDARD ZOOM 1/1250s F4.5 ISO200 ハードモノクローム

ただし、残念な所は、Q7の持つ液晶画面が思ったより昼間の明るさに対して負けているというか、明るさ設定を強くしても微妙な色合いの光の出具合が見て取れないことです。
これは、残念。

17
02 STANDARD ZOOM 1/4000s F5.6 ISO200

29
02 STANDARD ZOOM 1/1250s F5.0 ISO200

ここまで載せた3枚の写真、全て天使が降りてくるような光の道が出ているはずなんですけど、全部Q7の画面では判らないまま撮っています。
撮れてから、iPhoneやMacBookに転送して、お〜、ちゃんと出てる、って認識出来る感じなのです。
この辺が残念なところでもあり、逆の意味では現像するまでのお楽しみな部分でしょうか(苦笑)

IMGP2017
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/2500s F11 ISO100

完全に太陽を撮ろうと思えば、この時は液晶画面でも確認出来ます。
簡単な取り方は、マニュアルにして、レンズを太陽に向けた後、グリーボタン(緑マークボタン)を押します。
そうすると、どんなレンズを付けていても適正な露出(シャッタースピード、絞りF値、ISO等)にワンプッシュでセットしてくれますので、そこからダイヤルをちょいっと回してシャッタースピードをもう少し早めるだけです。

まぁ、本当は、EV設定ってのをマイナス側に少し変える方が良いのですが、スピードを変える方が楽ですからね。
それから、光の形を調整するのは、やっぱりオールドレンズみたいに絞り羽を自分の手で回せるタイプの方が好みの大きさにしやすいです。

今回、Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜は安い中華系のアダプタで付けているのですが絞り羽はレンズ側にあって回せるので自分で調節出来ました。

標準レンズでの逆光は、今まで見る限り04番が一番奇麗でしたね。
ただし、撮るためにはFar側に完全に回した後、若干元に戻すくらいの位置にしないとピンボケな写真になっちゃいますので結構完璧な写真が無かったり。

逆光写真は、構図もピントの合焦もかなり忍耐が必要です。素早く、でも、何度も撮って確認の繰り返しですからね・・・。
でも、奇麗に撮れると楽しいですよ。 

こんにちわ。 この間の休日に、いつもは室内で料理、というより「おつまみ」ばかりを撮っていたCarl Zeiss Jena Flektogon(カールツァイス・イエナ・フレクトゴン)35mm をお外で使ってきました。

お外で使わなかったのは、単純に落としたりしたらイヤだな、という理由だったんです(笑)
少し寒くなって、ダウンとかのポケットに入れておけそうな感じだったので、ようやく、って感じです。

IMGP2852
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/1000s F4 ISO100 CTE

このレンズ、ヤフオクで普通に買うと結構お高いようでしたが、ちょっと普通じゃないマウントの奴だったので安価に手に入れたのでした。

また、3世代目の奴で筐体デザインもゼブラ模様になっていないやつだっていうこともあります。

さて、外の明るい所でどれくらい描写してくれるか試してみました。
IMGP2834
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/400s F4 ISO100 AWB

といっても、素人なのでどんなに良いのか説明出来ません(笑)

適度にボケて適度にきめ細かいと思っていますが、そもそもQ7ではレンズの端っこまで使っているかどうかも怪しいので、もう、結論から言うと自分で気に入っているんだからコレでいい!ってやつです。

偶数の絞り羽なので、逆光で撮るとこんな感じ。

IMGP2821
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/8000s F11 -2EV ISO125 日陰

IMGP2796
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/1600s F4 ISO320 CTE


個人的には、FA77mm Limited より強烈な深度差のある写真にはならないけど、それなりにボケていて、日陰にしなくても色のノリも結構あり、なんというかバランス感覚の良いレンズじゃないかな〜って思っています。
高価なレンズはそれなりの理由がある、っていうことなんでしょうか。
ただし、それなりに重いですし、変態的にアダプタを2種類かましているので真の力かどうかは判りません。

Q7って、色んなレンズを試せるのがいいですよね。ミラーレスのお陰で「ファインダーを覗くことなく」写真が撮れるため、普通だったら怖くて出来ない「太陽にレンズを向けて撮影」とか、できちゃいますしね(夏じゃないし、短い間でサクっとやること前提ですけど)。

これからは、結構持ち歩いてみようかな、って思いました。どんな絵をもらえるのか楽しみです。

こんにちわ。

今日は、この間フラっと立ち寄った場所にあったコスモスとかを撮った絵を踏まえながら、標準レンズについて雑感。

さて、標準レンズはオートフォーカスが使える01、02、06とTOY LENSシリーズの03、04、06、そしてパンフォーカスの07があります。

Q7で個人的に手に入れるべしレンズは02(最も撮りやすい距離域)と06(02の続きの望遠)です。そして余裕があるならば今度出るという08(02より広角)をオススメしておきたいと感じます。
そして、色んなレンズを見ていると広角と魚眼はどの一眼カメラを選んでも高価な価格帯に位置づけられているのですが08と03の魚眼は似た特性にも関わらず値段がもの凄く違う設定になっているのがPENTAX Qの特徴で、08の5万円はキツイけど03の1万円ならイケる、そんな人も結構多いのではないでしょうか。魚眼じゃない方の広角が良い、ていうなら04番という手もあります。

そういう意味で、02−03−06、または08−02−06の組み合わせを手に入れればハッピーなQ7生活が手に入りますし、ブルジョワもしくは私みたいにレンズの沼にハマって貯金を突っ込んでしまうような人は 02−08−01−06−KQというカバー域になっていきますが、コレをメインの楽しみにするんだ、と思えばオツだと思います。

そのKQまで含めた4つ、ないしは、02-03-06/08-02-06の3つの組み合わせがあれば、大抵のシーンで困らないと思います。というか、その組み合わせを使い分けられると、あぁ俺って一眼でレンズ交換しながら撮ってるよ、カメラ使いっぽくって良くね?、っという気分で楽しいんじゃないでしょうか(笑)
Qのレンズ、普段付けている1つの他2つを持ち歩く、っていうくらいだと軽いお陰でまったく苦にならないし、鞄やポケットにヒョイって入れておけますしね。凄くイイですよね。

さて、ここで01の明るさや08の超広角の存在をどう判断するかで、その沼への道に入るかどうか分かれそうです。
IMGP2427
01 STANDARD PRIME 1/15s F1.9 ISO4000 ハードモノクローム
#蓑がさ?


たぶん、TOY LENSに手を出さないで01までで止められれば沼を回避、KQアダプタの方で色々選択肢が増えそう、やっぱり01より、もしくは01とKQ・・・とか思っちゃったら『沼へようこそ』です(笑)。

ポイントは02に満足出来るかどうかじゃないでしょうか。


02 STANDARD ZOOM 1/80s F5 ISO100

02の広角性能はQ7では結構いい感じです。私は風景を撮ることが多いので、もっと広大に、もっと画角を広く、って思ってて08番に期待しちゃっていますが、この写真の絵のようにコスモスだらけの広場の空間をこんだけ集められれば十分満足です、と思えるかどうかで08番への道が出現するかどうか分かれ道です。
今後の沼への浸かり具合が変わるかと思います・・・もっと広角を、もっと望遠を、っていう心につながらないよう、御祈りしております(笑)


02 STANDARD ZOOM 1/80s F6.3 ISO200
#強風の中のコスモス撮影

また、02は06と比べ、今時にしては若干暗めのレンズです。暗めのレンズっていうのはレンズの大きさが大きくなっても安く作れるというメリットがあるらしいのですが、その分、シャッタースピードを稼げないと思った方がいいです。
もちろん、ISO感度っていう値を高くすれば逃げることができますが、Q7の場合では性能面からいうと1600を超えるとノイズのざら付き感が出てきますので明るいレンズであればあるほど優位なのは間違いありません。

明るさの基準は F ナンバーで見極められます。
01ならF1.9、06ならF2.8 、03なら F5.6、02なら F2.8-4.5 (5-15mm)です。この時02番のような範囲があるものは、5mmつまり広角側のときF2.8になって、望遠側のときF4.5になるということのようです。

実際に① Q7で02番を付け、②モードダイヤルを「Tv」(シャッタースピード優先)を選び1/100sくらいにダイヤル左右で変更、③ 十時キーの上「ISO」を選んで下段側の数値を昼間の明るいときなら100、夕暮れ以降なら1600にしてセットし、④ 出来るだけ明るい場所にカメラのレンズを向けて、⑤ 02番のズームリングをグルグルっと回してみると、⑥ 液晶画面の底辺側真ん中のFナンバー値の変わり方を見てもらうとわかると思われます。

ズームリングを広角側(画面に世界が広く写る)にしたときはF2.8まで行くと思われます。逆に望遠側(画面に対象をズームインした形)にすると、F値は4.5、ないしはもっと8とか増えていくと思います。

これが分かったら、今度はモードダイヤルを「P」にしてみます。
同じように広角と望遠を行ったり来たりさせると、今度はシャッタースピードとF値が一緒に変わっていくと思います(ISOはまだ固定したままですよ)。

このPっていうモードは便利です。今の撮影対象が持っている、なんていうか「対象が放つ明るさ」 に応じて、最適なシャッタースピードとF値のバランスを自動で選んでくれるからです。
これで、かつ、ISOを今は下段側にしていると思うのですが、上段側にして範囲を100-400とかにしておけば、明るい昼間ならノイジーな写真にならず、奇麗な写真が得られると思います。
今日の初めの01番で撮った蓑がさ写真なんかは、ISO4000で撮っているため、拡大して見ると結構ノイジーだったりします。無理矢理記録した感がたっぷりです。こういう撮り方にはならないようにしていきたいですよね。

IMGP2737
06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO100 ハードモノクローム

この絵のように、明るい06番でかつシャッタースピードを早くし、ISO感度も低くしたものは元が只の土であったにも関わらず、まるで月面の隕石のようなイメージに見えるほど精細で奇麗な絵になります。

だから、今この撮る時間、この撮り方では光が足らない・・・明るさが足らないな?って思ったら、シャッタースピードを遅くするかISOの感度を高くするかっていう手段で光を取り込む時間を調整していく形になるのです。

考えながら撮るっていうのは難しいんですけどね、F値が小さく明るいレンズほど、そういう余計なこと考えなくて操作しやすいんです。光を確保しなくちゃ、とか、手ぶれしにくい1/100sを切れるくらいのスピードにしなくちゃ、とか、考えなくて済むので、実は良いレンズほど初心者に向いていたりします。

コンデジでも明るいレンズの方が気軽に撮れるんです。iPhone5sとかも結構明るいレンズ積んでますよ。
iPhoneは、時代とともに初心者でも奇麗に撮れるよう、変遷しています。 iPhone 4ではF2.8 → iPhone 4s & 5ではF2.4 → iPhone5sとなればF2.2 と変わってきており、Appleの努力の結果があります。5の時はさらにセンサーの改善もしてましたよね。
だから iPhone の写真でもう十分でしょ、と言われてしまうのもあたりまえなんです。Q7で言えば、Q10で暗いレンズ付けてた所からセンサーの違うQ7にして更に明るいレンズつけたバージョンアップをしたようなもんです。

シャッタースピードの値が早くなればなるほど、手ぶれや、例えば今回のコスモスのように風に揺られている場合でも、写真のようにブレたりせず物体を静止させて撮ることも可能になるわけです。

でも・・・ですね、このF値が高く、大きなレンズほど、やっぱり高価になります。

先日の蕎麦で使用していた FA77mm Limitedの価格なんて、新品で買ったら幾らになるか・・・(調べてみるとわかります)。
一大奮起しないと手が出せません。中古相場でも結構な値ですよね。私の場合は溜まりまくってったポイントとの併用で・・・だったので半値以下で入手していますが・・・。
しかし、1.5万程度のKQアダプタさえあれば、(多少ホコリやカビまじりのジャンク的なレンズで良ければ)F1.4の古いフィルム時代のPENTAXレンズが500円とか、良いものでも5,000円くらいで手に入りますから、それで遊ぶことも出来ます。

ということで、そういうので遊ぶのも面白いですよ?(沼の仲間を増やしてどうする苦笑) 

長くなりましたが、この「レンズがもつ明るい対象を撮れるレベル」が、01番をどう捉えるか、のキーとなります。
01番は、室内でもどこでもとにかくパシャパシャっとコンデジ感覚で気軽にスナップするためのレンズではないかと思います。
フードもプロテクタもつけないで常に付けて持ち歩く、そんなスタイルに向いています。

オーダーカラーでボディとの色を合わせることもできますし、フードもプロテクタも付けなければ、強引にポケット・・・冬なら特にヒョイっと入れていけるQ7のスタイルが出来上がり。

F1.9という明るさもあるので、色々なシーンで使えるため、デジタルフィルターなどで遊ぶ際にもベースの写真をキチっと表現してくれます。

また、01番はF1.9なので、夜景に向いています。

IMGP2955
01 STANDARD PRIME 0.2s F1.9 ISO1250

もちろん、手ぶれ上等、枚数で補うぜ!っていう使い方が多くなると思いますが、夜景でもクロスプロセスを使ってみたりといった遊び方が出来ます。

IMGP2961
01 STANDARD PRIME 1/13s F1.9 ISO1250 クロスプロセス


ただし、ズームが無いので、自分の足で動いてスナップしていきます。結果、良く他のレンズにチェンジすることにもなります。また、F1.9のくせして、奇麗なボケは得られません。
 
これらを許容して、どこまで納得出来るか、によって、01番を使いたいかどうか、という答えになると思います。
あっても良いと思うんですけど、これから出てくる08番を手にしたときに、どう変わるかでしょう。
 

こんにちわ。

早いもので、もう11月も後半。後少しでクリスマスを嫌でも意識させられる時期になってしまいますね。というか、既にクリスマスカラーは始まっていますね。

そんな中、この間は鹿沼の方でやっていた新蕎麦祭りに行ってきてて、そういえば、その話してなかったな、と思い出して今書いています。

ええ、私、結構なほど、蕎麦が大好きだったり。
個人的には栃木の那須地方の霧が岳の手打ち蕎麦が大好きなんですけど、そうそう行けないので、この時期は近場で食してます。

今回は、Q7で初めて撮っていく蕎麦になります(笑)

IMGP2107
FA77mm Limited 1/200s F2 ISO100
#その日ぶった蕎麦を茹でて食べる、いいですよね、こういうの。
IMGP2106
FA77mm Limited 1/800s F4 ISO100
大きな鍋でたっぷりの湯で茹でるのが美味しいそばの秘訣だと思っています。今回はお祭りなのでテントの下で茹でていました。

IMGP2101
FA77mm Limited 1/640s F2 ISO100
#茹で上がるとこんな感じで、う〜ん、美味しそうです。

IMGP2141
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 3rd. 1/80s F4 ISO1000


もちろん、家で食べる分の生も持ち帰り、夜も蕎麦を食べました。でも、ちょっと違うのは、家でハンペンや茄子などの天ぷらを作って晩酌しつつ、食べていきましたよー。
ごちそうさまでした。
季節のものを食べていけるって贅沢な暮らし方だと思うんです。そういうのをこれからは写真で残していけるので、また、これも楽しい時間です。

こんにちは今回はついに使い出したあのモード其の2としてクロスプロセスを使った絵を紹介してみます。

INDX2762


これ、難しいですね、まだ理解しきれていませんが、どういうものかと言うとある程度まで意図的な意思を残せる不思議なランダム色効果機能のようです。

もっとひどく言うと昔よくあった写真現像をちょっと失敗したり太陽光の下で放置して色褪せちゃったような写真を再現してくれるものです。
昔、写真やさんに出したフィルムが撮った時の色と違うプリントされたり、何回かに分けて焼き増ししたときに「前と色が違うじゃん」っていう経験をしたことありませんか?

これ、あれですわー。
ちなみに、クロスプロセスはインデックス写真と組み合わせるのもオツですが、白い部分が多く出来ちゃうのでデジタルな時代の今はあんまり使わないかもです。
MacTVとかで写真をスライドショーとかしちゃえば、似たようなことできますからね・・・。

さて、どんな感じなものが出来上がるか、っていうとですね・・・
IMGP2464

02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO200

こんな感じです。大きな樹木もフリンジという海外ドラマのオープニングのワンシーンみたいな絵に早変わり。
これ、シャッターを切るたびに毎回違う絵になりますし、同じものが出てくるとは限りません。

IMGP2567

06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO320

こんなような絵も、次にシャッターを切ると・・・
IMGP2568

06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250

こんな感じになってしまいます(笑)

面白いです。
というか、クイックダイヤルって、ハードモノクロームをセットしていると後3つしかセットできないじゃないですか。私の場合「オリジナルセピア」「青抽出」とかセットしているので、もう1つしか残っていないんですよ。足りない。
過去には赤抽出やソフトモノクロ、シェーディング改とか色々作ったのですが、登録出来るスペースがないので消えちゃったわけです。
でも、このクロスプロセス、自分が気に入ったものをお気に入りに登録できます。更にUSER1にシャッフル扱いで登録してしまえばクイックダイヤル1つで呼び出せるので自分の意図しない写真がどんどんできて、デジタルならではの(何枚撮っても料金一緒!)楽しみが生まれてきます。

たのしい〜♪

IMGP2553

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO320

IMGP2554

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO320

こんな色が出てくると、ドキっとします。
自分で意図して PhotoShop とか弄るのメンドクサイですし、後からの加工だとキリが無いのでいつまでも弄ってて、もっと色んな写真を撮って遊ぶことから離れていってしまう、そんな風にならないで「撮る楽しみ」が満喫出来るわけです。

これ、いいです。マジ PENTAX Q7 は面白い。

こんにちは今日はついに使い出してみた、ずっとダイヤルに居座っていながらも、なかなか使うことのないあのモード、BC:ボケコントロールについてのお話です。


このモード、モードダイヤルを廻すだけで簡単にボケ効果を得られるという優れもの機能で、PENTAX Qのウリの一つとして存在しているものなのです。

が、如何せん、シャッターを押してから撮影が完了するまで時間が10秒近くかかるため、せっかちな私はうっとうしくて待てません。だから、買ってすぐの頃に数枚撮ったきり、全く使っていませんでした。


使ったからと言ってとてもきれいなボケが得られるかどうかは別。なかなか難しかったのでそれもあります。


このBC機能をうまく使うには、ちょっとコツがいるようです。


IMGP2446

06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO1250 BC



まず対象の後に空間があって、でも背景の対象となる物体が存在しているようなシーンを見つけるのが第一歩。『1m以上後ろに何かある処』を見つけるのが先です。出来れば明るく太陽サンサンなとこ。

これはどんなレンズでも背景を綺麗にボカすときの基本でしたよね、たしか。

この状態の構図を見つけられなければボケはどんなにいいレンズを使っても作れません。

次に、オートフォーカスのレンズが必要になります。

ボケコントロールの仕組みは、おそらく明るめのレンズでなら作れる被写体深度が浅い描写、あれを機械的にフォーカスを制御して再現しているような動作だと感じています。

決めた位置の絵を残し、ピント合わせを機械でコントロールしあえて前後にピントが合っていない像を別に準備し、それを元の絵と合成して作り出しているんじゃないかと思います。

だから明るくないF値のレンズでも「被写体深度の浅い絵」っぽい感じを作れるのだと思います。

本来なら出来るだけ明るいオートフォーカスのレンズを使わないと作れないはずのピントの奥行きが浅い絵を、ピンボケの状態の絵と合成してうまく重ねて作れば確かに同じものになりますね。

主役の輪郭さえちゃんと撮れていればの話ですが。



そこが肝心なところで、それならベースからしてボケが出しやすい、やっぱり明るいにした方が絵が作りやすいんじゃないかと。
そうなると、つまり01 STANDARD PRIMEや06 TELEPHOTO ZOOMのレンズがこのボケコントロールに向いているんじゃないかと思います。そう、01番なんか、F1.9なのにあんまりボケてませんし、06番はF2.8で望遠端を使うとボケを作りやすいのですが、それ以外で絞っているとナカナカやりにくいですから、そういう弱みを補う機能だと思います。

明るく光がたくさんある時の方が上手くいきやすいので、もし02 STANDARD ZOOMでやるならば明るい日中の日差しが強めの時間にやる方が良いのかな。

そうすることでF値を小さくできますから。


絵はピントを合わせている場所を中心としてそれ以外が溶けていきます。この時、中央測光焦点にしていても上手く真ん中が残ってくれないのでイライラものです(笑)

IMGP2442

06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO125 BC

#ど真ん中を残せなかった例



カメラのシャッターボタンを押すとゆっくりとフォーカスを元の位置からズラしていきます。

この時にカメラ本体を出来るだけ動かさないようにします。この時間が嫌。待ってるの辛い(笑)



そうするとピントが合っているところを残し、ボケ効果の絵を合成で作ってくれます。

これ使うよりもモードをAEにしてF値を小さく、つまりできるだけ開放にした方が楽ですよね。

しかしながら、ISOの値を上げたくない場合などで、このBCが活きてくるようです。



IMGP2444

06 TELEPHOTO ZOOM 1/320 F2.8 ISO100 BC

#割とうまくいった例


正直、中央に残したいものを持ってくると失敗がしやすいようです。中央に残す場合、大きめの対象を作らないとダメっぽいのですが、それだったら06番で普通にボケてくれるので、どうにも意図通りにならなくて難しい。

上記の写真でも葉っぱの端っこが意図にそぐわないボケを作っています。うーん・・・。



IMGP2441

06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO100

#普通に対象を大きくした例でBCなし

まあ、正直言うと、安めのマウントアダプタと古いKマウントのレンズ、例えばPENTAX-M F1.4とかのオールドレンズを使ってマニュアル操作に慣れた方が100倍綺麗だとは思います。

中華製のアダプタにヤフオクとかで3〜5千円の古いPENTAXや旭光学時代のレンズやリコーのレンズ漁れば簡単に遊べます。


IMGP2596

smc PENTAX-M 1:1.4 with KQ Adapter 1/5000(1000)s F4 ISO250 青抽出



もちろん、06 TELEPHOTO ZOOMだけでも十分ボケは作れるので、やっぱりこのBCモードはオールドレンズがあれば、使わなくなるのかなあ?


もう少し色々追求してみる必要がありそうです。

こんにちわ。

紅葉というと「モミジ」ばっかりになりがちですが、最近はイチョウの見所というか、大きなイチョウが見られる所がお気に入り。
まぁ、あの横浜での銀杏を見たからでしょうか、今年はイチョウを見る機会が多いです。 ちなみに小さい植木ものでも平気で1万とか超えるんですよね。

で、今回はさいたま市にある、圓蔵院の境内にある大イチョウを見に行ってきました。

IMGP2470
02 STANDARD ZOOM 1/1000s F4.5 ISO200

とても大きいです。

02番で収まりきらない!!高さ28m、幹まわり4.5mほどの大きなイチョウです。
IMGP2483
03 Fish-Eye 1/500s F5.6 ISO250
写真も6MBクラスの写真ばかりになって簡単にblogにアップできないような細かい葉っぱだらけの状態で、落ちるちょっと前の良い時に来られたようです。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/640s F4 ISO250

いやぁ、ここはとても静かな場所で、モミジとかも奇麗でした。

IMGP2485
03 Fish-Eye 1/500s F5.6 ISO250

こういう大きな樹木を撮るには、今の所02番か03番しか手段がないのです。
でも、来月になれば08番が使えると思うとワクワクしてきますね。
ただ・・・

この紅葉の時季に間に合わなかったのが残念で仕方ありません。12月半ばだと正月には間に合うんでしょうけどね・・・。

今は、オールドレンズとかでガマンガマン。 

 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160S F2.8 ISO200
#境内比較・大きいんです
 

さて、紅葉の時期、CTEを使うより日陰モードを使う方が綺麗な絵が得られるということを確信しましたが、もう少し突っ込んでみるともっと面白いことがわかりました。

それはAWBと日陰の間がCTEになることです。
具体的な写真を見せながら紹介していきます。
IMGP2510

Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/800s F4 ISO250 -AWB-

このようにAWBの写真でもそれなりの色合いで撮れるのですが、日陰になると鮮やかな色を見せてきます。もちろん、鮮やかのモードなんて使わなくても綺麗です。
IMGP2511

Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/800s F4 ISO250 -日陰-

そしてこの二つの後にCTEの絵を見てみると、……ほら!やっぱり真ん中の色合いを出しているようです。
IMGP2512

Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/800s F4 ISO250 -CTE-

日陰にすると、何処と無くレベル補正をして更に若干コントラストを高めにしたよう写真、つまり、赤くないのに赤が、または、黄色くないのに黄色になり、少し大袈裟に強調されるような紅葉の絵が得られますが、CTEだとまぁそれなりにやんわりとした強調色をつけた状態にすることができます。

この控えめ感がいいですよね。

もう少し作例を載せてみます今度は緑が強く出ているサザンカ(椿かな?)でやってみました。

IMGP2531

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1000-AWB-
で、次が日陰のときの色。

IMGP2530

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1000-日陰-


最後に CTE で。

IMGP2532

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1000-CTE-



3つ横並びにすると、こんな感じです。

CTE-CHECK1

少し順番を変えてみます。

CTE-CHECK2


なんとなく色と使い方がわかってきた気がします。


主役の色のりに合わせて背景となる色を主役風のテイストに変化させたいときに使う感じで、色のメリハリを『落としたい』ときに使うと便利ですね、これ。
デジタルフィルターの「鮮やか」で極端に色を変えるのは各色を強くする方法、抽出はその色だけで抜き取る方法、主役の色の雰囲気を全体にマブしたいときにはCTEって感じですね。
赤に対する緑、青空に対するオレンジなど反対色の色味を弱めたい場合嘘くさくならない程度の加工をしてくれるのがCTEってことなんでしょうかね?わりと使っていけそうな気がします。
この効果を更に強めたい時には「日陰」を充ててみると場合によっては更なる効果が得られる、と。





それならば、むしろ主役の色が決まってる時に使わなければ意味がないモードだとも言えます。色づいた木々や青空をなんでもかんでもこのCTEで多用して撮るって言うのは、?な使い方で、取りたい対象はコレ、でもあまり強く主張するんじゃなくて全体的に「ほんわりしたい」って言う時に使う、って理解して使わないとCTEの良さが分かっていないっていう感じですね。これ。

こんにちわ。

ここのところ、CTEの撮り方を考えています。
紅葉に向いているはずのCTEですが、どうも自分の中ではしっくりきません。

ケースbyケースなんでしょうけどね。

例えば、以下の絵のとき。
IMGP2354

06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO100 -AWB- 75% Resized

これを CTE でとってみたら、こんな感じになりました。

IMGP2355

06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO100 -CTE- 75% Resized

正直どう変わったのか判りません(笑)
まぁ、もしかしたらオートでCTEを選んだのかもしれません。そういうことにしておきましょう。
いや、よおく見てみると空の色が若干赤か緑に引きずられているような気もします。

・・・でも、もっと解せないのが、ホワイトバランスを違うモードで撮ってみたら驚きの色が出たこと。

IMGP2356

06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO100 -日陰- 75% Resized

そう、この代わり映えの無いモードに嫌気がさし、違う「日陰」っていう奴で撮ったら、あれれ?
奇麗な赤色とか黄色が出てきましたよ?
もちろん、リアルに近いのはAWBのときの色です。

でも、びっくりしました。こんな色が簡単に出るなんて。
これはあなどれませんね・・・、ホワイトバランスはもっと研究した方が良さげです。

ちなみに3枚をMacBookで横並びにしてキャプチャしたものがこれです。
CTE-CHECK2


カラーバランスも変化しているし、確かにCTEは何らかのカラー変更をしているのは間違いありません。
うーん・・・ますます解りません(笑)
少なくても言えるのは、紅葉を撮る時にCTE万能説ではなく、日陰も試した方が「紅い」奇麗な絵が撮れる可能性があるってこと。日照の問題もあるかもしれません。



さて、今回は、更にデジタルフィルターをかけて遊んでみました。

IMGP2357


06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO100 -日陰- 75% Resized
デジタルフィルター:
  • ベースメーク明るさ-2 彩度+1 コントラスト-1

  • シェーディング 丸円 -3

  • ハイコントラスト +1


いやぁ、面白いです。PhotoShop なくても結構遊べます。
一枚一枚をRAWから現像なんてとてもやってられませんが、たまに遊びたくなる時もあるじゃないですか。そういうのをカメラ単体で簡単にイジレルっていいですよね。
ちょっと電車の中とかで出来た時間で加工出来るので、あ、こんどこういうユーザー登録を作ってみようかな?って気になります。

残念なのは、その登録が3つまでしかできないことろなんですけど。
8個ぐらい登録して、好きな時にダイヤルに登録とかしたいですよね。

ファームウェアとかのアップで対応してくれないかなぁ・・・。

先日発売されたばかりのカメラ、SONYのα7!!

画像1


まず、Q7と底辺を合わせて比較。結構大きいです。
持った感じは、か、軽い!

操作系は何と無くSONYのコンデジポイです。
そういう意味では、コンデジではなくもう少し上のカメラを手に入れたい人にオススメかもしれません。
これで使えるレンズもしばらく揃わないので散財に繋がらないですしね。
個人的にはHyperTVのようにマニュアルから簡単にISO固定してスピード変えられる機能が簡単にどこにあるか分からなかった時点でオールドレンズを遊ぶカメラでもないな、と思いました。

触ったやつについていたレンズは展示用のなので敢えてよく調べず。散々いじられてるし指紋も付いてたし(笑)

あちこちに転がっている作例見てると、まあ、それなりで良さげ。

ええ、そうです。買いませんでしたよ(笑)もちろん、カタログも持って帰りませんでした!
だって、10数万のもの欲しくなって、気がついたら手にしていた、なんてことしたら大変。

まだまだQ7で行きますよ〜。操作系はPENTAXの方が好みですし。
・・・で、今日は秋葉ヨドバシから、α7の替わりに持ち帰ってきたのは、これです!

IMGP2413

#期待の新星、08番のカタログです! P.1
IMGP2415

#08 WIDEZOOM カタログ P.2

簡単な1枚ペラものですが、これをじっくり眺めて来月まで堪えますよー。


ちなみに、昔はスキャナとか持っていたのですが、今は無し。ということで01番で室内手持ち撮影です。2秒タイマーかけながら撮りましたけど、キ、キツイ。結構何枚も撮った中での一番まともな奴をアップしています。
若干MacBook上で色バランスを直しています。
ピント甘いのはご勘弁。

早く発売されないかな・・・楽しみですよね・・・。

さて、板橋宿から始まる長い商店街の散歩、ラストです。
商店街はほぼ終わりですが、少し余波があり、その先を歩いていくと本蓮沼の駅です。
ここまでだったら板橋本町の駅で帰るのが一番良いのですが、懐かしい場所なのでもうちょっと歩いてみます。

IMGP1931
02 STANDARD ZOOM 1/100s F3.5 ISO200 極彩
#しかしながら、この板橋本町の立体高架の信号は昔から変わらず低い位置にあるわなー
この交差点の近くに昔あったレンタルCDショップには、かなりお世話になりました。そのころはCDというものが出始めた時で、洋楽CDを借りまくっていましたよ。
自転車に乗っていると、頭ぶつかりそうで何時も避けてました。

さて、ここまでくると、もうすっかり都会色。店がなくなり付近はマンションだらけです。

IMGP1936
02 STANDARDZOOM 1/200s f4 ISO100 青抽出

歩いているとできて間もないようなマンションの呼び込みにひっかかるくらい。
まあ、駅から近いし便利なんで仕方ないですけどね。

IMGP1938
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO250
#終点付近にあるビル(笑)


で、本蓮沼の駅から数百m手前のところで終わりです。大きな17号の本線の道路に出てしまいます。

IMGP1939
02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO200


スタート区役所前の入り口付近から、終点のここまでで、ゆっくりカメラを撮りながら散策してたので2時間もかかりました。

IMGP1943
02 STANDARD ZOOM 0.4s F8 ISO500 オリジナルセピア

さて、ここで板橋区役所まで地下鉄で戻ることにします。変わったものを売っている自動販売機とかもありましたし、入り口付近には、ちょっと美味しいな、と思った「たい焼き」やと「パン屋さん」がありましたので、それを食べに。お腹すきましたしね。

IMGP1983
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO800 オリジナルセピア
#日本一?分厚い「たい焼き」・・・お腹空きすぎてて、この辺の写真は手ぶれご勘弁

IMGP1996
02 STANDARD ZOOM 1/100s F6.3 ISO800 オリジナルセピア
#これがその たい焼き

IMGP1876
02 STANDARD ZOOM 1/400s 4.5 ISO100
#変わった飲み物・・・

IMGP2001
02 STANDARD ZOOM 1/80s F4 ISO800 オリジナルセピア
#区役所駅のすぐ側にあるパン屋 ANTENDO
全体的に甘めなんですが、クリームパンが素朴で美味しいんです。オススメ。


IMGP1982
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO250 オリジナルセピア
#豚丼 白樺

また、ガッツリ食べたいっていう人には、板橋宿入り口にある豚丼屋が結構オススメかな?
肉は少なめなので肉の量は多い奴を選んでご飯を少なめに頼むのがイイかもしれません。

IMGP1981
02 STANDARD ZOOM 1/5s F3.2 ISO800
#豚丼 中 ごはん少なめ

さて、次はどんな商店街に行こうかな〜

こんにちわ。

今日も、先日行った板橋にある商店街の続きです。


ちょっと間を入れてしまいましたが、前回の板橋宿のお話は黒い猫が居た所までのお話でした。
さて、その先にどんな不吉なものがあるんでしょうか・・・・!?



・・・そう、この板の橋から更に続く商店街の先にはチョっと恐ろしげな「縁切榎(えんきりえのき)」という史跡が有ります。
そこには樹齢数百年の木が鎮座し、なにやらコワイ使われ方が・・・・。
そんな場所だからなのか、チョっと怪しげな猫ちゃんもいたんでしょうか。

IMGP1916
02 STANDARD ZOOM 1/80s F4 ISO320 極彩
#縁切り榎

IMGP1917
02 STANDARD ZOOM 1/50s F2.8 ISO200 極彩

どうやら、昔(江戸時代とか遥か昔)の女性などは自ら離縁できない慣習があったようで、その昔の人の「縁を切りたい・離れたい」という気持ちが込められて頼られる“よすが”的な場所であり、今でもお参り場所が有るのです。
・・・そう、願をかけるのはもちろん、「何かしら」の縁を絶ちたい気持ち、願いです(笑)。

まぁ、絵馬らしきものを読むと「誰それと誰それが離ればなれになって欲しい」、みたいな暗く重い・・・自らの想いが成就できなかった乙女?の恋心の悔やむ気持ちがいっぱいで、少しダークな場所です。そういえば、のれんは一度も裏返らなくて文字が反対のままだな・・・。


IMGP1926
02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO320 ハードモノクローム

まぁ、そういうのが主ですが、その中には感嘆すべき「災いと離れられますように」といった前向きな内容もあったりします。いいですよね、そういうの。

IMGP1928
02 STANDARD ZOOM 1/60s F4.5 ISO500
#こういう願いは素敵です

なんだ〜、この程度か、って感じだとは、思いますけどね。

うちらの後に、さささっと一人の30代くらいの女性が入っていきましたよ。

ま、まさか・・・

ね、やっぱり、コワいでしょ。




* * *

ダークなお話で終わりたくないので、もう1枚だけ続けます。
さて、長い商店街の最後、坂町商店街。まぁ、あんまり特段と載せる内容は無いかな・・・え?(笑)

IMGP1929
02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO100 ハードモノクローム
長い商店街の最後である坂町商店街。

ということで、この板橋宿商店街シリーズは終わりとしようと思ってたのですが、そういえば、まだ、
食べたものとか出してないから、その辺を明日にでもやって御終いにしたいと思います。

日本にある商店街のうち、少しでも今の姿が無くなる前の記録を残しておきたいんです。
 

こんにちわ。

今日は秋バラも鮮やかだったので久しぶりにFA77mm Limited を持ち出してみました。

このレンズ、反則的に美しい絵が撮れるのと、重めなので落としたら・・・っていう怖さもあってかナカナカお外に持ち歩きしません(笑)

IMGP2086
PENTAX smc FA77mm Limited 1/500s F2.0 ISO 125

このレンズの凄い所はQ用のレンズじゃなくフィルム時代のレンズっていうのにも関わらずもの凄くクリアと柔らかい背景を作り出す魔法のような描写力です。
前玉レンズの内径そのものが大きく、そのために明るめの所に出て撮影すると内蔵のフードを延ばしたとても紫の滲みが出やすいのがネック。
しかし、このレンズなら誰が撮っても、何をとっても、Qじゃないカメラで撮ってもキット美しくなるような気がします。

このレンズためにKQアダプタも買って良かったーっていう気分味わえます。
姉妹製品に31mmとか43mmとかあるようです。これ以上の沼への投資はキツイのでしばらく手に入れることは無いでしょうけど、試してみたいです。
もっとも、31mmとか42mmとかは標準レンズでカバーできる範囲だし、50mm前後はオールドレンズが安く手に入る範囲なので、わざわざ重くて高価な奴を手に入れるのもなんだかな、って気もしますけどね。

既に持っているRIKENON 50mm 1.2 や PENTAX-M 50mm 1.4、Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm でも好きな絵が撮れますしね(と、言い訳して買う気を抑える)

この77mmっていう距離、フルサイズのデジカメで使ってみたいですね。77mmだと、私がよく使いそうな距離になりそう。
そういえば、ペンタのフルサイズはいつでてくるんでしょうかね?

IMGP2091
PENTAX smc FA77mm Limited 1/25s F2.0 ISO100


ただの葉っぱでもこんな感じに素敵な・・・
というか、自分の好みの絵になります、というべきでしょうか。
写真って自分が気に入ってればそれでいいじゃないですか。

撮る行為を愉しんで、撮れた絵を見て和む。それでいいんだと思います。
それが愉しく持ち歩けるカメラっていうのがQなんですよね。

IMGP2082
PENTAX smc FA77mm Limited 1/1000s F2.0 ISO125 

今回は開放側ばっかりで撮りました。
Qには純正の  K Mount Adapter Qのマウンタを使ってます。
その際には「L」で撮ります。でも室内とか暗い時には OPEN 側でもいい感じです。

また、自分の中では少し暗めに撮るのがお気に入りだったり(笑)

このレンズ、35mmフルサイズ換算では77mm なのですが、Q7に取り付けると 4.6倍の換算 354.2mm になっちゃいます。だからQマウントレンズの06番の距離より先の望遠を手に入れることになります。

それだけを聴くとふ〜ん、って感じですけど、コレはつまり撮りたい対象を良い具合にフレーミングするには、かなり対象から離れないと拡大しちゃってデカすぎててキツいです。

嘘かと思うぐらい、の距離、5mぐらい離れないとちゃんとした絵になりません。

個人的にはこれをミニチュア化してQマウントレンズシリーズの10番目とかにしてもらいたい(笑)

IMGP2093
PENTAX smc FA77mm Limited 1/640s F2.0 ISO160 

この草木、「ススキ」とか書いてあったから思わず買っちゃいましたけど、どうみてもススキとは思えない。
なんだろ、これ・・・。
 

こんにちわ。

ここのところ、 ちょっとオールドレンズばかりの話になりがちですが、標準ズームである02番も結構楽しいです。

撮る時のモードはダイヤル「P」にして撮影。
つまり、カメラをパッと取り出して、さっとシャッターを押していく、今一番使っているレンズです。
もの凄く便利すぎて困っちゃうぐらい。気がつくとコレばっかりですし、お外でPENTAX Qシリーズを持ち歩いている女性に目をやってもほとんどがコレですね。というかQをぶら下げている女性で他のレンズ付けている人、まだ行く先では見たことないです。

何というか、先日のダリア園でもできるだけ Voigtlander 15mm (換算69mm)を使うようにしていましたが、こういう場所って得てして通路が狭く、結局〜近すぎてフレームが〜広角が〜とかいう感じになってしまい、姿勢も無理な状態なのでオートフォーカスで便利な02番に変えてしまいがち。

15
02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO100


47
02 STANDARD ZOOM 1/250s F6.3 ISO160


21
02 STANDARD ZOOM 1/160s F6.3 ISO320


44
02 STANDARD ZOOM 1/250s F6.3 ISO400


#しかも鱗粉の粉までちゃんと捉えているのでスゴいです。

43
02 STANDARD ZOOM 1/250s F6.3 ISO250

こいつの凄いところは、光のある所ではボケも色のコクもちゃんと捕まえます。 それでいて、無理な神秘的な表現をせず、目で見たイメージを掴んで表現してくれますから、スナップ主体で首から下げて常に持ち歩状態のスタイル時のQ7と相性がぴったしです。
これつけてるときは5秒くらいでパッと撮れるので、ものすごく楽しい。
素早く撮れるとアート感性への刺激も早く来るので、あ、これならモノクロにしよう、とか、青で抜いた方が主役が目立つな、とか展開が早くて楽しいんですよね。

だからでしょうか、これつけている人が目に付くのは。みんな同じように思っているんですかね?

ただし難点もあって、便利すぎるのです。そのせいか、何と無く「構図が似てきてしまう」問題にぶつかります。
ズームレンズの宿命でしょうか。まぁ、使う側の問題なんですけど、ついつい動かないでも撮れちゃうから皆んな似ている構図になっていくんですよね。

もっと勉強しないといけないですね。コレ。

こんにちわ。 今日はちょっと前にやった コシナ フォクトレンダー( Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ )をライカLマウント(スクリュー/M39形式)のアダプタ経由でQ7に装着した話の続きです。

Voigtlander15mm比較
F5.6  ISO 125  左:Voigtlander 15mm  / 右:02 STANDARD ZOOM 

まずは、02番の広角端と撮り比べ。
同じ場所同じ位置からの手持ち撮影です。
Voigtlanderの方はマニュアル操作なのでAV固定でF5.6にリングをセット、02番は ISO125でAVモードでF5.6になるよう共に合わせてチェックしてみました。

結果、少しVoigtlander 15mmの方が望遠気味になっています。
色もVoigtlanderの方があっさりで若干暖色系な感じで、02番の方が少しボケが強めにあり寒色系の色の付き方をしています。最も、もしかしたらレンズの味ではなくQ7のチューニングでそうしているのかもしれません。この寒色系の傾向はQ7では01 STANDARD PRIMEの方でも同じ傾向があります。だから、メーカーがそういう調整をきちっとしているのかもしれません。

像の傾向としては、少し標準ズームの02 STANDARD ZOOMの方がボケるっていうのがポイントですかな? F5.6という値を考えればこれくらいは素直な方向性ですよね。
そう考えると、2つのレンズのどっちがどう良い、とは言えないですね。むしろ02番はズームレンズだということを考慮すると性能が無茶苦茶に良いん方なんじゃないでしょうか。
それに、02番の価格って言うのは普通に買ったらVoigtlanderの1/3の値段になるわけで・・・。

でもまぁ、個人的にはVoigtlanderのアッサリだけどしっかりした色味は好きです。そう、例えるなら塩ラーメン。
さて、今日はもう少し秩父のダリア園で撮ってきた奴があるので、その辺を載せておきます。

00
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/320s F5.6 ISO100

59
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/125s F5.6 ISO100

50
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/500s F5.6 ISO100


アッサリだけど色のノリがいいっていうのは結構好きです。 08番次第では、02番の変わりにコレを持ち歩いて足で動いてみようかなぁ、って気もします。


ところで、ダリアってスゴいですね、なんというか、もの凄く花の形の種類が多いんです。
 27
#ヤサシイエンゲイさんのホームページにあった絵を拝借


今回11月3日まで行われていた秩父のダリア園にて色んな種類をみてきました。

今ひとつ形がコワイなぁ、と思ってた印象の花でしたが、今回色々な形状を見るにつれ複数の形状をバランスよく揃えると奇麗で素敵だな、って思いました。

特に雫を含んでる時のダリアを見ていると、男の私でもいいな、これ素敵だし家でも飾りたい、っていう気持ちが出てきます。
こういう感性を持てるのも、やっぱりPENTAX Q7という簡単に複数のレンズも一緒に持ち歩けるカメラがあるおかげです。良いやつですよ、本当に。

こんにちわ。

今日は、先日行った板橋にある商店街の続きです。
(あぁ、1がいっぱいの日なのに、01番全く出てこない内容になります・・・)

IMGP1898
02 STANDARD ZOOM 1/160s F5 ISO100 ハードモノクローム
#不動から仲宿へ


都内にある商店街の今の風景を少しでも切り取って残し、また数十年した時にどうなっているか興味が有ります。なにせそれぐらいここ20数年で変わりました。

IMGP1902
02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 極彩 Resized 75%


まぁ、今は木の橋なんていうのは危ないので、平成7年にコンクリート橋にチェンジ。そのリニューアルとして1972年に行われ、今は色塗りだけを繰り返している模様です。


IMGP1904
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4 ISO200 Resized 75% 青抽出
#「板の橋」上から見える石神井川

IMGP1906
RICOH XR RIKENON ZOOM  1:4 70-150mm MACRO 1/200s F4 ISO125  Risized 75%
#石神井川(しゃくじいがわ)
この川は、東京西側である小平市から、23区内の北側、王子辺りまで流れ最終的には隅田川へと繋がる都内では有名な川です。荒川の派生。

では、前回の続き、板の橋、のあった所から歩いていきます。

IMGP1913
02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 オリジナルモノクローム
#本町商店街



IMGP1915
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO400 オリジナルモノクローム


この辺りは地下鉄の駅でいうと「板橋本町」あたりでしょうか。にしても連なっているので長いです。

IMGP1907
RICOH XR RIKENON ZOOM  1:4 70-150mm MACRO 1/200s F4 ISO500 極彩

おっと、川の側で黒猫に睨まれてしまいました。もしかして、何かあるのかな?

こんにちわ。

先日フらっと寄って来た懐かしい街、板橋宿続きです。

この商店街は昔ながらの宿場町的なイメージなんでしょうか。道は名前の由来である石神井川に架けられた「板橋」に向かっています。

IMGP1883
02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO100
#板橋宿の統合的な看板はいいですよね。店の種類ごとにキャラの絵が変わっています

IMGP1860
RICOH XR RIKENON ZOOM  1:4 70-150mm MACRO 1/800s F4 ISO125
#入り口付近にも居ました、このキャラ

IMGP1890
02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.2 ISO100
#ふとした脇に史跡
IMGP1891
02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 ハードモノクローム
#脇の小道になんかある

IMGP1892
02 STANDARD ZOOM 1/20s F2.8 ISO100 極彩
#なんだろう?

学生時代には、こういうのに興味が無かったのでまったく知りませんでした(笑)
何度も通った道だったんですけどね・・・。


IMGP1897
02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO500
#小さな空き地でも頑張る雑草の花

IMGP1887
02 STANDARD ZOOM 1/25s F4.5 ISO100 ハードモノクローム
#築40年以上の古い建物

IMGP1875
02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO100
#商店街の雰囲気 ハードモノクローム

IMGP1901
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO400
#商店街の途中にある「板橋」

そもそも「板橋」の名前の由来は本当に「道に出来た珍しい板の橋」というところからあるようです。

平安時代以前からかどうかは知りませんが、それくらい昔の時期に当時としては珍しい道の途中で川(石神井側)の上に架けられた平板の太鼓型の木橋があった場所というで、つまりは「あぁ、あの板の橋のところね」ってな感じからそのまま人々が集まっていく場所、宿と言われているようです。

長くなりましたので、続きはまた明日にでも。

こんにちわ。

今日は先日フらっと寄って来た懐かしい街、板橋の商店街のお話でも。

IMGP1869
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4 ISO100

日本橋から出発する中山道(なかせんどう:国道17号)の初めの寄り場所(宿)として、有名な板橋、東京23区の北の方にあります、板橋区役所付近にある板橋宿から始まる長い商店街(入り口の不動、仲宿商店街、本町商店街、坂町商店街といった複数の商店街が連結されている)付近を歩いてきました。

IMGP1866
02 STANDARD ZOOM 1/40s F4 ISO125 ハードモノクローム


ココ、実は懐かしいんです。私の学生時代の寄り場所でした。当時 板橋区役所前にあった牛丼+カレーの「スタミナカレー」を食べられるショップでは土曜日の部活動帰りは良く食べてたました。
残念ながらもう店は有りませんけどねえ・・・。

活気がありそうでないようで割と人もいる、今時の普通の商店街です。
昔はもう少し店も多かった気がします。自転車で良く走りました。もう20年以上も前のことです。

IMGP1873
02 STANDARD ZOOM 1/50s F4.5 ISO100

この商店街、スタート地点は「板橋区役所前」(都営三田線)を降りた道路の向かい側あたりから始まり、終点は同じ三田線の本蓮沼付近です。3駅に近いので結構長い。
さすが板橋宿とされていた場所です。

IMGP1880
02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100


当時の状況を物語るような看板や施設が少しだけあります。区役所の出張所みたいな施設も有りまして、そこでは詳しい資料が保存されているようです。

IMGP1882
02 STANDARD ZOOM 1/5s F3.5 ISO100
#室内でISO100は厳しく、手ぶれてますが、昔の地図をベースに解説してくれました



ボランティアの人のお話も聴けたりします。

商店街を歩くと、史跡がポツポツと点在しています。

IMGP1870
02 STANDARD ZOOM 1/15s F4.5 ISO100

IMGP1864
02 STANDARD ZOOM 1/800s F4 ISO500 青抽出
#史跡に残る銭湯?

スタート地点付近には昔ながらの銭湯も残っています。

歩き始めてしばらくは緩やかな下り坂になります。
川がある証拠でしょうか。道は石神井川に向かっています。

IMGP1883
02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO100
#板橋宿の統合的な看板はいいですよね。店の種類ごとにキャラの絵が変わっています

IMGP1860
RICOH XR RIKENON ZOOM  1:4 70-150mm MACRO 1/800s F4 ISO125
#入り口付近にも居ました、このキャラ

IMGP1890
02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.2 ISO100
#ふとした脇に史跡
IMGP1891
02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 ハードモノクローム
#脇の小道になんかある

IMGP1892
02 STANDARD ZOOM 1/20s F2.8 ISO100 極彩
#なんだろう?

IMGP1897
02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO500
#小さな空き地でも頑張る雑草の花

IMGP1887
02 STANDARD ZOOM 1/25s F4.5 ISO100 ハードモノクローム
#築40年以上の古い建物

IMGP1875
02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO100
#商店街の雰囲気 ハードモノクローム

IMGP1901
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO400
#商店街の途中にある「板橋」

そもそも「板橋」の名前の由来は本当に「道に出来た珍しい板の橋」というところからあるようです。

平安時代以前からかどうかは知りませんが、それくらい昔の時期に当時としては珍しい道の途中で川(石神井側)の上に架けられた平板の太鼓型の木橋があった場所というで、つまりは「あぁ、あの板の橋のところね」ってな感じからそのまま人々が集まっていく場所、宿と言われているようです。

長くなりましたので、続きはまた明日にでも。

こんにちわ。紅葉の季節です。
でも早いものですよね、Q7が出たのは夏、しかも初夏に近い所。もう冬が近づいてきています。

それに、ついに08 WIDE ZOOMが発表されましたね! 公式は、ここから
値段はかなりお高い。5万切るくらいでオンラインショップには提示されています。まあ、まだ一ヶ月も先になりますので実際の価格がどうなるのか分かりませんが、例え5万だとしてもスペックを考えたら安いのかもしれません。他だと7万コースのスペックです。
画像1


まあ、それはさておき、忙しくなる前に、サクッと秋の色を撮りにいってきました。
車を走らせ向かった先は埼玉県の秩父である三峯神社。

43
 03 Fish-Eye 1/320s F5.6 ISO200

紅葉していますよ!
50-2 のコピー
02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 赤抽出

いい感じです。まださほど寒くなく、でも色づいています。

17
smc PENTAX-M 1:1.4 50mm 1/3200s F8 ISO100 AWB

まぁ、間近でみちゃうと茶色とかも出てくるので少し遠巻きに見るのがいい感じですよね。
日本って素晴らしいですよね、3ヶ月単位で四季がやってきて、それぞれの色があるんですから、カメラ好きにはたまらないでしょうね。

ちなみに、まだCTEを使いこなせていなく、奇麗な赤の写真に至っていません。
いつになることやら。

32
02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 青抽出
#尊像があったんだけど、まぁ、私は勝っちゃってます

14
RICOH XR RIKENON ZOOM  1:4 70-150mm MACRO 望遠端 1/5000s F4 ISO100 極彩

山の向こうが ガスっていようがなんのその、Q7なら望遠+極彩で秋の色を捕まえられます(強引ですが)。
 こういう遊びが出来るのもQ7の良い所ですよね。極彩は何も色をオーバーに見せるだけでなく、空気遠近で弱まった色を強くする使い方にも応用出来ます。

25
02 STANDARD ZOOM 1/320s F4 ISO200
#眼下に広がる素晴らしい景色

う〜ん、奇麗ですね。ススキの金と赤と空の青。壁紙にしたくなります。

こんな素晴らしい景色を見ているとお腹がすくことも忘れますよ。
Q7って楽しい〜。

でも、ちゃっかり、食べる時は食べますけどね。

07
smc PENTAX-M 1:1.4 50mm 1/125s F5.6 ISO640


今回の紅葉に連れ出したのは、下記のレンズ達。
  1. 01 STANDARD PRIME
  2. 02 STANDARD ZOOM
  3. 03 Fish-Eye
  4. Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm
  5. RICOH XR RIKENON ZOOM  1:4 70-150mm MACRO
  6. smc PENTAX-M 1:1.4 50mm
他のマトモなサイズのカメラのレンズを本体に付けているのとは別に5本も持っていたら重くてやってられないです。
 Voigtlanderは小さいので、大きい奴はRIKENON ZOOMとPENTAX-M 50mmです。
あとは全部小さい。いいですよね、かさ張らないからダウンのポケットとかにヒョイって入れて持ち運べます。こういうのは素晴らしいです。
軽いからこそ、色々持っていける、だから楽しい。そして簡単に色を切り替えられる。

Q7の魅力は 記録ではなく「愉しみながら撮る行為」ですよね。

結果が伴えば尚更嬉しい。
まるで料理に近いものがあります。
 

こんにちわ。

すっかり寒くなってきていて、お庭の紅葉も赤く変わりつつあります。
ということは、山の方はもっと!?

っていうことで、車を走らせてみました。

59
02 STANDARD ZOOM 1/30s F2.8 ISO200

向かう目的地は山の方ですが、川とか見てしまうとつい途中下車してシャッターを押したくなってしまうのは、すでにQ7にどっぷり浸かって4ヶ月目だからでしょうか(笑)

39
smc PENTAX-M 1:1.4 50mm 1/20s F22 ISO100

空を見上げると、なんだか神々しさを感じます。
これは期待できそうです。

29
02 STANDARD ZOOM 1/1250s F5 ISO200

足元を見てみると、赤い影が忍び寄っています。

20
smc PENTAX-M 1:1.4 50mm 1/200s F8 ISO400

ふと途中の公園にて休憩を取ると、既にイチョウが真っ黄色じゃないですか!

34
 VoigtlanderSUPER WIDE-HELIAR15㎜ 1/100s F5.6 ISO400

 00
02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.5 ISO1250

これは奇麗です。
まぁ、イチョウなので、例の匂いは漂っていますが・・・。

イチョウって、葉っぱの形も素敵だし、色も緑も黄色も鮮やかだし素晴らしい樹だと思うんです。
銀杏だって、美味しいですよね。

でも、匂いあり。神様って公平ですよね。
Q7は匂いを記録できないので、美味しい所だけ頂いちゃいます。
 

こんにちわ

先日のことですが、雨が降っていたんですが、無理矢理Q7を持ち出して お出かけしてきました。
その行き先は・・・。


川越、ではないのですが、まぁ、家から車で数十分のところにある畑。

毎年やっている芋掘りイベントに今年は初参加してきました。
俺らって、雨男雨女なんでしょうか(笑)

しかも雨天決行な奴だったので、普通の雨でも、もし台風が来ていても、そりゃぁ何だろうが御構い無しに結構するので足元は悲惨な状態でして、泥だらけビチャビチャな所での芋掘り敢行でした。

IMGP1212
魔改造レンズD プラスアルファード 1/100s F8(9) ISO125 トイ効果

でも、楽しかったですよ!?(笑)

足が泥濘んでいて、結構Q7落としそうでコワかったですが・・・。
一応、そんな中、どうなっても良いと思って持っていったのは魔改造D・プラスアルファードです。

IMGP1218
魔改造レンズD プラスアルファード 1/250s F8(9) ISO200 トイ効果


これは05番のレンズにジャンクデジカメの後玉を1枚かました奴でして、04と05番の間くらいの画角になる奴です。
周辺収差はひどく、そういう意味では07番の雰囲気も持つ奴ですが、イベントには向いているんじゃないかと勝手に思っていたり。
トイレンズの、効果を組み合わせたりするのがお気に入りです。

まぁ、今回はこの泥沼の雨の中、高価なAFレンズを付けて何かあったら間違いなく悔やむだろうな、っていう気持ちも有りましたから、俄然コレ一本での行動です。
何せリアルの泥沼に貴重なレンズを落とす訳には………はう。ボディよりレンズが資産です!


・・・ で、その収穫結果は、こんな感じです。

IMGP1238
魔改造レンズC: type-1 絞り羽内蔵版 1/13s F9(5.6付近) ISO2000

#室内なので明るめのC:type1も使って撮影

いやぁ、2m四方程度のスペースの割当でしたが、取れる採れる。
1ヶ月は喰いきれないで残りそうな量です。
本当は土に付けたままのほうが保存に向くんですけど、家の中に持ち込んでおきたいから洗っちゃいました。これは少し乾かしている所で、まだ濡れてる直後の状態。


さて、蒸かすだけじゃなく、何作りましょうかねぇ?

IMGP1246
魔改造レンズD プラスアルファード 1/40s F8(9) ISO1600 トイ効果


この魔改造レンズDは07番のような流れる周辺像を作るのにも関わらず、フォーカスの調整ができ、遠くのものを撮れるといった変わったレンズです。
07番の近場しかとれない憎たらしさを少し取っ払った感じとでも言いましょうか。

魔改造レンズA・B・Cそれぞれを作るのに使ったりして3個あった07番は全部違うレンズになっちゃってます(Dは05番ベース)。
Aはひっくり返しなので前玉をちゃんと使っていますが、残りの2つは前玉のキャップを全く使っていないし、あの変な効果のでるレンズは今手元に飾りしかない。だから・・・その雰囲気を持つ従兄弟の様な役目も担っているのがこの魔改造Dでもあります。

泥沼化したレンズですが、自分で愉しんでいる限り、それはそれで美味しいものです。え?(笑)
さて、今日もお芋を食べるとします!

今度の08番が手に入れば・・・・ 

魚眼である03 FISH-EYEから、02 STANDARD ZOOMまでのすっぽり空いている画角の処にピターっときてレンズの画角の展開がほぼ完成するんですよね。
03→[08]→02(01/04)→06(05)→KQ Adapter っていう具合に。ちなみにウチの沼の状態は……

広角側の方の、03の魚眼である換算16.5mmから始り、 
→08 WIDE ZOOM 換算17.5-27mm
 →魔改造A超広角スナップ 換算23mm 
  →02 STANDARD ZOOM 換算23-69mm 
   →04 TOYLENS WIDE 換算33mm
     (→室内・夜 01 STANDARD PRIME 換算39mm)
       ★←ココに50mm相当が無い・・・(02番が暗い)
    →Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 換算 69mm
     →魔改造Dプラスアルファード 換算83mm
      →魔改造C 絞り羽版 換算89mm
       →05 TOYLENS TELEPHOTO 換算94mm
        →06 TELEPHOTO ZOOM 換算 69-207mm
           (F2.8だから 100-135mmをカバー)
         →Carl Zeiss Jena Flektogon 3rd. 35mm 換算 161mm
          →PENTAX-M 50mm:1.4 換算230mm / RIKENON 50mm 1.2 
           →FA 77mm Limited: 換算354mm
            →RICOH XR RIKENON ZOOM 1:4 70-150mm 換算322-690mm
             →smc DA 18-270mm(換算82.8-望遠側1,242mm)
              + 超絶接写版 01番に魔改造Aでアタッチアップ。

てな感じで、今の揃い方が結構いい「沼」状態になってきています(笑)。
いや、やばい、これ以上はもう沼にハマりたくないんです。だって、ボディ何個買えるんだよ、って言うくらい浸かり過ぎですもの、これ。また死ぬ気で働かなきゃ。


ABESHIsLENS-ALLSTARS
うーん、でもでも気になっているのは、 ★の場所。50mmの席。
 
本来ポートレイト的に一番使うであろう、40-55mm前後の距離、ここに明るいレンズが無いんです。F1.4クラスの。
この先に予定している09番のTELEPHOTO MACROも100mmくらいの範囲だったはずなので、 むむむ、って感じです。
オールドレンズを漁るにしても、35mm換算の50ってのはブリントでは10-12mmのあたりの奴になるんで、そんなレンズはそうそう無いですからね、コンデジならたくさんありますから、今手に入れたいと思ったらジャンクデジカメから作るしか無いですね。困りモノです。

PENTAXのカメラは風景目的の利用者が多いとはいえ、オールドレンズのFAシリーズにはFA31/43/77mm Limitedといった銘レンズが揃っていて、それは「人物やペット撮りに最適で誰もが羨むレンズ」として非常にポイントが高いモノが存在しているわけです。
だから、普通に「ハイクオリティなLimitedなQマウントのレンズ」がぽっかり空いている50mm付近に来ても良いんじゃないかな?。

まぁ、変則技的に、Qシリーズの面白さを引き出すために、スライドレバーでレンズ交換なしに41-55-77mmにチェンジできるレンズ見たいなお遊びレンズであってもいいかも。てか、無理か、そんな構造。

どちらにせよ、どんなフルサイズのミラーレスが出てきても、Qのコンパクトさと、そして、重要なのな大きさにマッチしていて、装着した時のスタイルバランスが素敵なQマウントのレンズ群を完成して頂き、センサーサイズだけでは語れない使いやすくコンパクトで楽しいカメラっていうジャンルであり続けてくれたら嬉しいですし、コレからもそうなることを願っております。


あ、そうそう、マニュアルフォーカス時のピーキングで音だしたり、緑枠とか出せないもんですかね?オールドレンズ使ってる時やトイレンズで遊んでる時、それだけでも結構違ってやりやすくなると思うんですよねえ。 

昨日の続きで、Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ をライカLマウント(スクリュー/M39形式)のアダプタを用いて装着したQ7の話です。

私のブラック&ライムのQ7に装着すると、こんな感じになります。少し色の統一感が無さげな感じです。

43Voct

Q用のマウントアダプタを介して取り付けます。安い奴で十分なのですが、安いだけあって正面が合わずプリントされているメモリも小さいフードも真上に来ません(笑)
まあスクリューなマウンタですから、この辺は諦めですかね。

また、フードは内蔵されるわけではなく、カバーを付け忘れると結構大きな凸レンズが全面にあるので手で触れてしまったり、傷がつきそうでコワいです。

さて、お外でダリアを撮ってきましたので、それを少し。まぁ、例によってヘッポコではありますが・・・。

42
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ - 1/100s F5.6 ISO125

48
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ - 1/800s F5.6 ISO100

02
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ - 1/200s F5.6 ISO100

こんな感じです。02番は強制的にボカした絵になりますが、Voigtlander の場合はF5.6付近でもあんまりそれを感じさせません。
色のノリも良い感じがしています。鮮やかだけどアッサリで発色が良いというか、なかなか、いい感じだと思っています。
ちなみに、比較写真撮れるような場所でも無い所での撮影だったうえに三脚がないため、別な画像での02 STANDARD ZOOMの写真ですが、像の出方の参考としてのっけておきます。
画像1

02 STANDARD ZOOM 1/125s F6.3 ISO400

少し印象操作な感が否めませんが、02番の方がボケ具合が絞り値に正直で、でも色出方は控えめというか、そんな感じです。まあ、コレが色々遊べる土台になってくれていて02番の良い所ですし、楽しいんですけどね(笑)

Voigtlanderについては、もうちょっと色々試してから、またそのうち載せてみます。

こんにちわ。

08番のレンズの情報が出始めていますね。というかオフィシャルでコッソリ出しておくなんて反則ですよ(笑)
まあ、一旦消えたみたいですが、PENTAX Qを持っているユーザーを引き止めた効果は絶大です。さて、その一瞬出てたときの情報は以下。

08 WIDE ZOOMの仕様:
  • 35mm換算 : 17.5~27mm
  • F値 : F3.7-4.0
  • 質量 : 75g

うんうん、これこれ、いいですよね。写るんですの画角が30mm前後ぐらいですので、それよりも若干広角より。つまりワイドに撮れる。
02番が23-69mmで、03番が16.5mmで、04番が33mmですから、ちょうど良い範囲をカバーする広角スナップレンズじゃぁないですか。これがあれば常時付けて究極のお散歩カメラの完成になります。

おさらい的に書き直すと、魚眼(歪まない程度かな?)までいかないけどかなり近い所から始まり02番の広角側をカバーし、写るんですと同じ画角寄りなところまでで、でも04番の画角を侵食しないギリの所までの写りでAF対応!

これは良いですよね、私の場合、まず08番が付けっぱなしになり風景をメインで流し、夜か室内になれば01番にチェンジ。
日昼の相手を撮りたい時には02番にして、望遠が欲しい時には06番にチェンジ。それでも足りない時にはオールドレンズの登場っていう感じでほぼ完成されるじゃぁないですか!09番は個人的にまだ無くても困ってないし、何よりPENTAX Qシリーズの魅力を伝えるのに真っ先に欲しかったレンズじゃないですか。
今まで無かったのが何でか不思議なくらい。

いいですね、いつでしょ?来週前半発表ですかね?
たまりませんね・・・。


*  *  *

が、実は、その裏で待ちきれなくて1つ手に入れていたレンズがありました。
今日はその話。

フォクトレンダーのスーパーワイドヘリアー 15mm F4.5っていうやつでして、1999年2月に日本のコシナが引き取って販売してます。マウントは ライカ・Lマウント(スクリュー)で、偶数絞りである6群8枚で30cmから撮影出来ます。

56

Q7では69mm換算になりますので、02番の望遠側とほぼ同じ画角になりです。

こんな感じです。
42

Q7にはライカL(M39)スクリュー形式のマウントアダプタを介して取り付けます。中国製で十分なのですが、私が手にしたのは安いだけあって正面というか真上が合わず絞りメモリが上に来ません(笑)まあスクリューなマウンタですから、この辺は諦めですかね。

では、室内で撮影。

47
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ - 1/50s F5.6 ISO400

とりあえず、結構寄れます。

まぁ02番使えばいいんじゃないの?って感じではありますが、換算70mm位の変わったレンズが欲しかったんですよね。それはなんていうか、お遊びといいますか、もう沼の住人になっている感じですので・・・。いや、実はSONYのフルサイズαに惹かれててその時にも使えたら広角として活きるな的な発想だったんです。すみません。08番の情報で気持ちは吹っ飛びました(笑)

ちょっと明日はお外で撮ってきた感じも載せてみます。
結構お花とると、02番とは違う味が出てきますよ。 

こんにちわ

昨日は新しいものが秋葉原に2つありました。

ひとつはiPad Air。朝から並んでましたよ。
私は通勤途中なのでサラ〜っと眺めつつ通り過ぎました。
写真も撮ろうと思ったけど、顔とか避けるの面倒だったのでパス。
帰りに寄って触ってみましたけど少し薄くなったぐらいの感じですが、持つと軽い。私が持っている大きなiPadは初代ですから、むっちゃ軽く感じました。miniの軽さであの大きさっていうのは素晴らしいです。
でも、高ぇ。



・・・そして、もう一つは、我らがPENTAXの新しい星、K-3 です。

 IMGP1398
01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO1250

ちょっと触った感想としては、スゴイ、っていう一言です。Qと比べるとデカい。
重さもQに比べたらダメですが、それでもDAレンズ1つ付けているのに結構軽い。

まぁ、使い勝っては、というと、私の場合ぱっと見た目では、Qのミラーレスである液晶中心の操作でなんでもやることに慣れているためか、あの小っこいファインダーを覗くのめんどくさいです。
ちょっとメニュー操作した感じでは常時液晶にライブビューするやり方が分からなかったので、覗く格好でしか試せませんでした。できるのかな?まぁいいや。

それにしても、久々にファインダーに目を持っていって構えて撮るっていう仕草には感動を覚えます。
如何にもカメラ撮ってますって感じです。

でも、目が悪くてメガネな私は液晶で操作する方が見やすくて分かりやすいからいいや(と納得させてQに目を向けます・・・笑)

にしても、K−3、AFも早いし、記録も早い。
それでいて、Qと似ているメニュー、ダイヤルの位置や内容は若干違えど迷わずに使える。
MENUからは、アストロレーサーの認識をさせるオプションとかもありましたから、GPSの記録も可能。
FLU CARDも出ればiPhoneからのコントロールも可能になる、まして、近々広角ズームもでるっていうんだからたまらないです。

スゴいですね、こういう感覚。
いいですわ。

ちなみに、近くにSONYのα7も置いてあったので触ってきました。
あ、あれはいいわ・・・。Q買ってなくてあれ見てたら買うわ。
でも、操作性は?なとこチョコチョコありましたから、Q知ってからだとどうだろうな、って感じです。
でも、あの小ささにバリアングル液晶もってたり、フルサイズのセンサーってスゴいですよね。

まぁ、でもでも、Qは、そろそろ08番が登場するという噂もありますので、それに期待。
軽いし簡単で楽しい操作ができるQ7で当分いいです。Q7Proとかいって、インターバル露出とか防塵防滴なもうちょっと良い感じのでたら危ないですけど(笑)
でもライムXブラックのカラーがお気に入りだし、そういう意味でも手放せないですね、愛着湧いてます。毎日持っているのもあるし。


さて、そんな中、秋葉ではひっそり消えようとしているカレーショップがあるということで、それも見に行ってきました。

 IMGP1406
01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800

IMGP1405
01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO800

マンモスカレー。秋葉原で結構古くからあるカレー屋さんです。まぁ、名前のごとく「無茶苦茶大きい大盛りカレー」が出てくるだけで、味は・・・って感じな記憶。
正直、覚えていないんですよね、前に一度行った気がするんですが、もう、結構前だった気がするので。


でも、まあぁ、秋葉原って結構カレーショップが多いんですよね。

そのマンモスカレーの近くを少しうろつくだけで、数軒。

IMGP1401
01 STANDARD PRIME 1/5 F1.9 ISO800
#アルバ

IMGP1402
01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO800
#ベンガル

IMGP1403
01 STANDARD PRIME 1/20s F1.9 ISO800
#ラホール

IMGP1413
01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO250
#ゴーゴーカレー

近辺にこれだけあるにも関わらず、店の真横で繁盛している「野郎ラーメン」でもこんな新メニューが。

IMGP1407
01 STANDARD PRIME 1/5s F1.9 ISO800

ラーメンにまでカレーって・・・。
これじゃぁ、大盛りだけをウリにしていくっていうのだと厳しいでしょうね。

そういや、この辺は大盛り料理多いですよね。
まぁ、その辺は今度にでも。
 

こんにちわ

01強化月間も終わりましたが、今日は1がたくさんある日です。そこで、今までどこかで記録しようと思って放置していたレンズのファームウェアアップデートの話をしたいと思います。

ファームウェアアップデートに必要なファイルは、リコーイメージング・レンズアップデートのページ からファイルを入手出来ます。
 
手順は下記の通り。
  1. ファイルを入手(fwlq101.binとかfwlq102.binです。101が01番用)
  2. ダウンロードして入手したファイルをSDカードの直下へコピー(フォルダの中では無い)
  3. Q7にカードを戻し、MENUのバージョンを選択53
  4. レンズのアップデートファイルを01番や02番のファイルいくつも同時に入れてOKです。自動で01番のファイルが選択されます。たぶんいくつものバージョンを入れておくと複数の選択ができるのかな?その際にはどっちを使うのか選択する画面が出るので、それを選択。53
  5. あとは「スタート」を選ぶだけ。21
  6. 1分以内の待ち時間でアップデートが行われます。30
  7. COMPLETE の文字が出た後、数秒で電源が自動的に切れます。これで終わりですが、再度電源を入れた時にバージョンを確認しておきましょう。

ちなみに、使っている写真は既にバージョンを上げた後に撮影したので、1.01と表示されています。
このアップデート内容は「全般的な動作安定性を向上しました」ってことなので、AFまわりの反応でしょうか。まぁ、やらなくてもいいのでしょうし、やっても変わらないかもしれません。

ちなみに、アップデート前と後で、サバ缶を使って撮影してみましたが、正直変化は判りませんでした。
 
IMGP0629

01 STANDARD PRIME 0.6s F8 ISO100 アップデート後
#とても美味しい 酒粕味のサバ味噌缶
自分でもフォーカスの精度とかがどう変わったのかも判らない。なので、前後の写真は割愛(笑)


まぁ、気休めですが、合わせて02番もやっておきましょうかね。
 

このページのトップヘ