標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

2014年05月

こんにちわ

今月は神社巡りも結構しました。

IMGP2608 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO400 17 mm AWB

地元にある氷川神社がたくさんあることにも驚きましたが、大宮の氷川神社が結構素敵だったのには驚きました。

IMGP2557 03 FISH-EYE 1/100s F5.6 ISO200 17 mm WB:Flash

池やモミジとのバランス、近場にある動物公園、連なる鳥居・・・


03 FISH-EYE 1/30s F5.6 ISO250 17 mm WB:Flash

けっこう中くらいのコンパクトさでまとまっていました。

IMGP2686 魔改造レンズD プラスアルファード 1/100s F9(8) ISO160 53 mm AWB

そしてその中にある公園にあったハンカチの木、結構素敵でした。

IMGP2645 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s ISO400 AWB

あ、後、近場にある氷川神社もダブル鳥居とかありましたね。
今回は片方だけのを。ハーフワールドの応用です。

IMGP2697 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO100 39 mm AWB 

Q7を手にしてから特に近場の場所を良く知れるようになりました。
まぁ、結婚するまで横浜住んでましたからね・・・。

 

こんにちわ

 今月はお花も咲き始めてきて世界が明るくなってきていましたよね。

ということで、昨日は田舎の方へ行った記録をまとめましたが、今度は都心の公園の記録である日比谷公園の方を。

IMGP2163 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm AWB 青抽出

日比谷公園の入口には有名な日比谷花壇があります。

入口からお花全開モードで 出迎えてくれるので気持ちがいいですよ。

IMGP2167 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 23 mm AWB

中に入れば緑の樹々やお花もあちこちにあり、広々としています。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO320 24 mm AWB

変な?噴水もあります。そういえば、この公園では02番をもっとよく使いたいという気持ちが強くありました。標準だからこそ画質もそれなりな02番。広角な部類だけど大味でもある02番。うーん、魔改造レンズB(REBOOT)が出来てしまったしな・・・そっちの方が手軽かも・・・明るいし・・・って気持ちとの葛藤が今になっても増えつつあります。明るい奴で作り直して欲しいな02番。

IMGP2244 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO320 69 mm WB:ShadeX-Process


そうそう、樹々といえば、今月は四葉のクローバーも見つけました。もっともコレは栃木での出来事ですが(笑)

IMGP3060 PENTAX-M 50mm 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

都心でこういうの見つけるのは至難の業だったろうからもの凄くラッキーなことでした。コレをQ7で撮れたことは自分に撮ってblogやってて良かったなぁ、に通じています。長く続けていなかったらこんな出来事に繋がらなかったと思うのです。


そうそう、この間モノクロでとりました斑入りのバラをカラー版で載せておきます。バラってなんかを観て心を和やかにしてくれるし奇麗で素敵ですよね。ということで!?
来月も頑張っていきたいです。

IMGP3135 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB

そういえば、もう、Q7を手にして11ヶ月にもなっていくんですよね・・・。

来月は手持ちのレンズの総おさらいもしていこうと思っています。
特にオールドレンズはゆっくり御託を語ることが無かったですしね(笑) 

ここんにちわ

今月もQ7と一緒に色々な所に行きました。

GWの最中から・・・

水田を駆け抜け・・・

IMGP2802

栃木県、奥日光。

IMGP2820 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO500 27 mm AWB

いろは坂を超えて中禅寺湖、三本松が既にない三本松公園、戦の後など全然ない(そういう意味ではない)戦場ヶ原。

IMGP2832 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO800 27 mm WB:ShadeX-Process

でもまぁ自然の感じられる場所という意味でのびのびリフレッシュしてこれた感じでした。


08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 27 mm AWB

若葉の季節ですから、樹々のある場所は気持ちがいいですよね


06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250 135 mm AWB

また、ものすごい量、数多くの鯉のぼりも観られましたし・・・。

IMGP2951 08 WIDE ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 19 mm AWB

東洋のナイアガラも観られました。

IMGP2997 08 WIDE ZOOM 1/125s F5.0 ISO200 24 mm AWB

おひねりおじさんの姿も面白かったです。

IMGP3076 PENTAX-M 50mm with KQ Adapter 1/100s F5.6 ISO100 230 mm AWB

こういった自然の広大な風景を撮るカメラとして軽量でAFの付いている08番はとても重宝しています。

こんにちわ

昨日から久しぶりにチャレンジした「魔改造レンズB 超広角スナップ C-160 5mm レンズ流用 (REBOOT)」のお話をしています。
今日は、それを使って近所をスナップしてきましたのでそのへんを。

IMGP3894 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/400s F2 ISO100 23 mm AWB

まずはお庭。いつものモミジです。
今回のは遠方は結構ソフトでピントが甘いのですが近距離はそこそこ像感があります。
また、四隅のクロップを初めから諦めている関係で像は流れており、ケラれてもいます。このケラレは前にも書きましたがレンズユニット自体で出来ているものなので余剰なフードのせいでもありません。

IMGP3906 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/1600s F2 ISO100 23 mm AWB ハードモノクローム

だから、まえの超広角スナップ板を作ったときには05番の情報を使って自動クロップを試みたりしたんですよね。

IMGP3908 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/1600s F0 ISO100 23 mm AWB
普通に取ってみたらこんな感じ。

IMGP3957 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/125s F2 ISO100 23 mm AWB ドラマティック銀残し

今回その辺をまったくやらないと決めて作りましたからシンプルな絵になります。

それをこの間作った新しいカスタム銀残しなどを使いながら撮影。近所の忘れ去られたような稲荷神社です。

IMGP3961 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/640s F2 ISO100 23 mm AWB ドラマティック銀残し

これはこれで面白いんじゃないかと思うのです。まぁ自己満足の世界ですからご了承を(笑)

IMGP3964 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/500s F2 ISO100 23 mm WB:ShadeX-Process

駄作かもしれないし、面白いものが出来た感じもするし。
光軸センサーみたいな中心を取れる装置があって、その中心に合わせてコンデジから取り出したレンズユニットをきっちり配置できるような装置か機材、持っていれば良いのでしょうが…。
古くて捨てられるようなコンデジもモットモット蘇らせることができるのにな、って思っています。

なにせ日本の先人が苦労して作ったレンズ構成ですもんね、
捨てられるのは悲しいことです。復活できるものなら復活させてあげた気持ちでいっぱいなんです。

こんにちわ
今日は久しぶりに魔改造レンズのお話を。

そもそもこの発想は、07番に満足できなくてなんとかしたいというところからスタートしました。個人的に07番は「写るんです」のようなスナップができるカバータイプレンズを期待してたんですけど・・・違いましたからね。

で、この一枚構成のレンズをみてて、これなら代わりに古いコンデジのレンズ入れたら面白いんじゃね?ってな思いつきから始まりました。
最初はうつるんですを分解してそのプラスティックなレンズを試してみたりしました。
当時08番がなくて04番も持ってませんでしたからね、広角好きのスナップ男としては是が非でもってところからのスタートでしたわ・・・。

で、行き着いたのはズームのない古いタイプのコンデジの中でも最高に明るいF2クラスで広角なやつ、オリンパスC-160でした。数百円で手に入る良いコンデジで今はもうなきスマートメディアやXDカード時代ののやつですよ、懐かしい。

また、ここまで壊すコンデジ10数台。

魔改造レンズの実績自体は。超絶接写が2つ、絞りバネ内蔵が2つ。広角スナップ版が3つと出来て行ったのですが、絞りバネ版は1つダメにしました。

広角スナップ版は初めのやつを傷つけてしまいお釈迦に。ついで2つ目はコーティング剥がれと軸が正しくなくて微妙な状態に終わりました。

そうこうとしているうちに小さいオールドレンズや08番を入手してしまい、すっかり時間が経ってしまいました。

丁度世間?では「キカイダー」も何十年ぶりかに復活して「リブート」するようなので、私もやりかけで終わってなかった広角スナップの再作成に挑みました。

IMGP3879
01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO4000 39 mm AWB

これが、魔改造レンズB広角スナップ版 (REBOOT)です。

細かいことですが内側に歯車風のパーツもわざと中心からズラして貼りこんで機械ものぽくもしてみました。

IMGP3880
01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO4000 39 mm AWB

今回は、まあまあうまく行っています。他のと区別させるため、かつ、キカイダーへのリスペクトとして、赤をパーツに用いてます。

IMGP3884

厚さは01番とさほど差がありません。実は真ん中の銀のリング部分まででレンズ本体は成り立っていて、余計なものなく使用可能です。
だからこの半分くらいまでの厚さ、薄くして機動力を高めておくこともできるのですが、そのままではあの傷つきやすいレンズを保護するプロテクターが取り付けられないため、かつ、そのレンズが剥き出しになっているため周りの光を横から拾ってしまうのを防ぐために余剰な装飾にしてあります。但しそのおかげで前回のようにレンズに傷が付いたり不用意に触ってコーティングハゲになったりしないメリットも生まれていますからこれはこれかな、と。

IMGP3885 魔改造レンズB 超広角スナップ (REBOOT) 5mm 1/5000s F2 ISO100 23 mm AWB
試し撮りした感じがこんな感じです。

IMGP3886 08 WIDE ZOOM 1/160s F5.0 ISO100 23 mm AWB
同じ画角になる08番の5mmとの比較。完璧にピントが追い込めてなかったのもあり、少しソフトフォーカスです。そして恐らく若干左に寄ってるのか右側のピントが甘いです。

でもF2と言う明るさは結構良くて、08で苦手な室内やどんより日でもシャッタースピードが稼げるのが特徴です。
また、ISOを固定してしまえばマニュアルでも触るのはスピードのメーター合わせだけなので操作も楽チン。
これはこれでカスタムイメージと組み合わせて使うことを考えていけば面白く使えそうだと思っています。

こんにちわ。

この週末、久しぶりにカスタムイメージにチャレンジしました。
今回のテーマは2つ。1つ目はあまり使わなかった機能に焦点。2つ目は「青の可能性」。

まぁ、とりあえず(1)の銀残しについて、私なりに気に入ったかな?って思う絵を2つばかり掲載します。
IMGP3759 01 STANDARD PRIME 1/20s F1.9 ISO4000 39 mm WB:CTE
#銀残し+CTE G4B6+ポシタリゼーション+ファインシャープネス-3

銀残し+ポスタリゼーションでいきなり濃い組み合わせからです。銀残し・・・コイツは使えそうかなぁ?とは思ったものの、ポスタリゼーションみたいな大胆な絵にしないと色が落ち着かないという気がしてちょっと保存&ロックだけしてカードに残しました。

今回色々やってみて分かったのは、CTEの可能性です。銀残しを考えていく中で思ったことは『使いにくい』ということでした。たぶん、こういう渋い系の絵が好きな人も結構いるんではないかと思うんですけど、昔からSONYのカメラの「足りない彩度」に嫌気を感じていたこともあり、また元に戻るのか、というトラウマとでもいうんでしょうかね、さくらほのかも含めてこっちの系統、あんまり使わなかったんですよね。それをCTE選んだ後の±ボタンからの調整で可変できる可能性が解りました。

image

CTEってオートで調整してくれるから便利なんですけど、カスタムイメージと組み合わせることで自分の好きな色に近づける機能ももっているんですね、驚きました。

±ボタンを使って色空間の好きな位置に寄らせることが出来るようです。今回この辺も探れて新しい発見でした。カスタムイメージのリクエストが無ければまったく知らないままだったろうなぁ、コレ。

IMGP3773 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO3200 39 mm AWB
#銀残し+ドラマチックアート+ファインシャープネス-3 

次に上の写真はCTE調整ではなく、ポスタリゼーションではなく違うカスタム表現と組み合わせており、この写真の枠部分のように対象がアイテムとしてはっきりしているものを「強制的な陰影手法で浮かび上がらせる」よう狙って作っています。

上記の撮影対象はそれを今までの撮影写真中での「水の占める風景」3点のお気に入りをA4で印刷しお風呂場付近に貼ってある奴を上記組み合わせのカスタムバリエーションで撮影しています。
IMGP3895 魔改造レンズB (REBOOT) 1/400s F2 ISO100 23 mm AWB
#銀残し+ドラマチックアート+ファインシャープネス-3+マニュアルホワイトバランス

ドラマチックアートってやつが銀残しと相性が良さそうなのでこの組み合わせをお庭で試したものがコチラです。良い感じに仕上がっていると思います。たぶん古びれたオブジェとかを撮影すると良い感じになってくれると思います。やはり銀残しとドラマチックアートは相性がよさそう。
ということで、しばらくコレを使っていこうと思います。

また、ここで使った魔改造レンズB(REBOOT)は、08番が出る前に苦労していたオリンパス C-160 のレンズを使って作った奴をもう一度クロップありのまま作り直したものです。
これについてはまた別のときにでも。

もう一つのテーマである(2)青の再構築についてはこんな感じのものです。青を抽出するのではなく、さっきの応用で青色に『寄らせる』ことを考えて作ってみました。

IMGP3786 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO3200 39 mm WB:Manual
#マニュアルホワイトバランス+リバーサルフィルム+色抽出(青+水色)+ファインシャープネス+2

こいつを普通に撮ると下記のような感じです。

IMGP3787 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO2500 39 mm
(2)は青いものを更に青く、そうでないものもCTE調整機能の応用でオリジナルのホワイトバランス調整を組み合わせて「青に寄らせる」実現にしてみたものをベースに何回か繰り返して登録していったものです。<br /><br />
結果、青抽出は「既にある青だけを抜く」でしたが、今回のは「青くないものを青いものに寄らせてより青写真風にして撮る」を目指したものが実現できたと思っています。

これも青抽出の代わりにダイヤル登録してみました。
さて、これからはどういう絵になっていくか楽しみです。

こんにちわ

今日もクロスプロセス多用する写真になってしまっていますが、昨日の続きで鴻巣の神社のお話になります。
実は最近、シャッフルなクロスプロセスも悪くないかな、って思ってきていまして、1つの設定で緑をブレイクできたり赤をブレイクできたりするので、被写体に合わせて数枚撮ればピッタリのイメージになること屢々。ははは。

さて、この神社はちょっとションボリな感じのする神社なのですが、それでもちょっと特徴がありまして、それは下記の2つ。
IMGP3464 08 WIDE ZOOM 1/40s F3.7 ISO640 22 mm WB:ShadeX-Process

こういったお守りの類い、多いですよね。ここは「コウノトリ」をモチーフにしているイメージのようです。願掛けにはいいかもしれないですね。

IMGP3465 08 WIDE ZOOM 1/40s F3.7 ISO1600 22 mm AWB

もう一つが、この樹。実は最近知ったのですが、こういったコブ付きの樹々っていうのは神木的に祭られているところって結構あるんですね。
で、ここの奴はなんというか、乳のみ的なやつです。


08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1000 27 mm AWB:X-Process

コレがあるからオスとメスのある双方の樹々をウリにしている感じなんですよね。

結構こういう組み合わせで自然?に出来ていた場所なら神聖な感じもします。
でも、これ、牛を知らないような近所の子?が、乳ではなくて男性の『もの』がイッパイ!!っていう感じで歓喜して騒いでましたよ!? あちゃ〜。


IMGP3473 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO500 126 mm AWB:X-Process

うん、確かに、なかなかどうして、近くまでアップさせると結構似てます(笑)。

IMGP3482 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO800 69 mm WB:ShadeX-Process

っていうか、ココ、うさんくささも結構ナカナカなものですよ・・・。由来からしてコジツケ・・・。国府から鴻にしちゃうなんて・・・。

IMGP3476 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO640 80 mm AWB

神木にある、縄だってすごい。なにせちょっと観には凄そうに見えるんですけどね・・・。

IMGP3475 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO250 80 mm AWB
近くで良ーく見ると、ビニール製!?

・・・うは・・・。確かに気持ち分かりますけどね・・・。うーん・・・(笑)

こんにちわ

今月はなぜか埼玉の神社に良く行ったわ・・・。
なんというか近場で別な目的に行った帰りに立ち寄れるというか、今まで気がつかなかったところに目を向けたというか、そんな感じです。

IMGP3484 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO400 69 mm AWB  ハードモノクローム

今日訪れたのは埼玉でも上の方にある「鴻巣」にある神社。


02 STANDARD ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 23 mm AWB  ハードモノクローム

コウノトリの、あれですわ。


02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO125 34 mm WB:ShadeX-Process

そこそこ立派です。


02 STANDARD ZOOM 1/80s F2.8 ISO100 23 mm WB:ShadeX-Process

なんというか、夫婦銀杏とか、そういうのあります。

両側にそびえ立つ銀杏、コレがそうです。

IMGP3478 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO200 36 mm AWB ハードモノクローム

そういう意味ではちょっと変わっていますよね、ココ。
IMGP3481 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO250 23 mm WB:ShadeX-Process

こんにちわ

今日は群馬県にある名勝、『ふきわれのたき』を撮ってきましたのでその写真を。

IMGP2990 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 27 mm AWB

ここ、「東洋のナイアガラ」ですよ(笑)

まぁ、広めのところに落ちる滝、というか水の落ちていく様は素敵でして、なんというかマイナスイオンをたっぷり浴びれるような気にしてくれる場所です。

IMGP3010 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F7.1 ISO100 123 mm AWB

水の景色なので、またシャッタースピードを変えながら撮ってみましたよ。

IMGP3002 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250 125 mm AWB

こういう滝のようなところは両方楽しいです。スピードを遅くして糸のように魅せるのも奇麗で素敵ですし、水しぶき感をたっぷり残すスピードの速い撮り方も圧巻です。

IMGP3029 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

小さいサイズでみるとちょっと迫力に欠けますが、この広い感じをどーんっと撮れる08番は 本当に頼もしいです。

IMGP3039 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 204 mm AWB

ただ、こういう場所、近づけば近づくほど「濡れる」ので、結構難しいですよね、撮るのって。

だから少し遠いところから撮る06番も結構使えます。
中途半端な距離がかえって活きてくる珍しい例かも(笑)


08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO200 17 mm AWB

大自然の消しきって面白いですよね。
小さな悩みなんてバカバカしくなる。
 

こんにちわ

5月も下旬になってきて、あちこちでは新緑が、若くて奇麗な黄緑の葉っぱが満開?になってきました。

IMGP2686 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

なんか、こういう色がたっぷりの季節って元気をもらえるようで嬉しいですよね。

IMGP3118 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1250 207 mm AWB

ところで、私の大好きなカエデ・モミジですが、この時期は奇麗な青で虫にもやられていない奇麗な形を魅せてくれる絶好の時期だったりします。

IMGP2669 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

だからQ7で見かける度に撮ってきましたよ。

IMGP2629 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.0 ISO100 39 mm AWB

モミジって不思議で、まず「紅」から始まるんですよね。まぁ、品種にも寄りますけどうちの庭のもそうですし、街にあるやつも大抵そうです。

IMGP3066 PENTAX-M 50mm w/ KQ Adapter 1/800s F0 ISO200 230 mm AWB

初めから赤くてずっとそのままの奴は置いておいて、葉先の紅から奇麗な若い緑に変わり、色が落ち着いて最後は黄色、深紅になって散っていく。

IMGP2616 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

日本を感じられる楽しい樹々ですよね。

今は初夏になりかけている感じで、春も超え始めた感じです。

IMGP2628 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

そうか、もうこのblogを毎日書くようになって10ヶ月になるんですね。
月日とは残酷なものです。

早すぎです。

こんにちわ。

今日はヒーローと会ってきました。

IMGP3092 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO1600 101 mm WB:ShadeX-Process

IMGP3091 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO800 86 mm WB:ShadeX-Process

いやはや、一応平成ライダーシリーズを認識していますが、コイツは・・・この人達はまったく知らないです。

まぁ、それもそのはず、どうもご当地ヒーローのようでして(笑)

今日は彫り物で有名?な栃木県鹿沼市の麻苧町屋台を見に来ています。

IMGP3088 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 204 mm WB:ShadeX-Process

この屋台、素敵ですよ。

IMGP3094 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO1600 69 mm WB:ShadeX-Process

彫り物の緻密さ、素晴らしいです。1台作るのに何ヶ月かけたんだろう?っていう感じです。

IMGP3086 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 202 mm WB:ShadeX-Process

日本って素晴らしいわ。

IMGP3093 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO1600 69 mm WB:ShadeX-Process

屋台の造りは圧巻です。

IMGP3089 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO800 94 mm WB:ShadeX-Process

そんな屋台、どうやら子供達にも人気のようで・・・。

IMGP3082 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

なんだかひょとこなおじさん達が屋台から飴やらお菓子やら、縁起物のおひねりとかを時々配っているようです。
こういうのなんかいいですよね。

それに混じって大人が時々「我が物顔」として手を伸ばし奪っていってるのがチラホラ。
なんか、切ないですわ、その行動。あんたらタバコ1箱買わなければ好きに喰えるだろうに。ふぅ。

こんにちわ

IMGP3131 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO320 189 mm AWB ハードモノクローム

5月と言えば、薔薇ですよね。
さすがの私もこれくらいはわかります。

IMGP3130 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO200 191 mm AWB ハードモノクローム

でも、薔薇って色々種類があるじゃないですか。

IMGP3129 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 191 mm AWB ハードモノクローム

その辺まではようわからん・・・・(笑)

IMGP3138 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB ハードモノクローム


今回、薔薇がたくさん咲いているところをフラっと立ち寄ったので、その写真をQ7でとってきました。

IMGP3136 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB ハードモノクローム

でも、敢えてモノクロ・・・。

なんか、いつも極彩とかクロスプロセスで花を撮るので、たまにはモノだけで撮ってみようかな?
って思ってやってみました。

薔薇のような造形が素敵で美しい花だからこそモノクロで撮っても奇麗なんでしょうね。

素敵ですよね。

ところで花を良く撮るのは06番なんですけどね、最近接点がおかしいのか時々認識されずマニュアル扱いになることがシバシバ。
クリーナーとかで拭くと少しは認識高まるかな?って思って何度かやってるんですけどね、変わらない。
IMGP3132 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 189 mm AWB ハードモノクローム

やっぱ安く作ったレンズはだめなんですかね?

どうもこの06番はあんまり良いイメージがしない。写りはいいのに、作りがチャチすぎて気持ち悪い。
Q7を購入するとき、オリンパスのPENと比べレンズの重さを含めてタダ単に小さくて軽いから、という理由で選び、結果良かったと思っていますが、造りまでこうしていかないとダメなんですかね、なんか、勿体ないです。そこまでコンデジ感覚にしなくてもいいんじゃないか、と思えるんですけどね。

04番とか05番とか安いトイレンズのバリエーションを増やして、ちゃんと写る奴は少しくらい高くても、長く持つように作ってくれないと困るなぁ。
安くても壊れやすくて買い替えなきゃいけないものばっかり作られるんだとしたら、結局無駄金になるんで大切に使えない。

個人的には安くて気軽に購入出来る1万前後までのレンズ路線とシッカリ作って長く使える路線の2系統を維持して欲しいなぁ、と。
まぁ、Q10までの感覚だと、トイレンズ風の売り方してたから仕方が無いのかもしれませんけどね、もう、そういう時代じゃないし。できれば選べる自由、残して欲しいなぁ・・・。

こんにちわ

もう5月も下旬になりそうで、花々も草木も生き生きしてきましたよね。

IMGP3153 06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F2.8 ISO1600 201 mm AWB


カメラ始めると決まってというかお約束な写真として、とりあえず草花を撮っちゃいたくなりますよね。

IMGP3151 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1000 194 mm AWB

ということで、ここのところのお出かけモードから一息ついて、 ちょっと近場で撮ってきたお花などを。

IMGP3150 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

本当は、これは何の花、この草木は何々と語れれば良いのでしょうが、残念ながら私にはその知識が足りません(笑)

IMGP3124 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO160 126 mm AWB

まぁ、下手に解説するより、気ままに撮って気ままにアップ。このスタイルを貫こうかな、と(笑)

IMGP3122 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200 126 mm AWB

でも、個人的にはシルエット的なアートになる方が結構好きだったり。

IMGP3111 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 146 mm AWB

だから、こんな奴を撮るのが好きだったりします。

あ、そうそう、今回チョットいいことが。

なにげに昔を思い出して土手っぽいところを見渡してみると、5分もしないうちに見つけられましたよ。

IMGP3061 PENTAX-M 50mm w/KQ ADAPTER LENS 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

4つ葉のクローバー。本物です。
なんか、歩いててフっとそういえば、って思い出して探してすぐに見つかったんで、これは呼ばれたのかもしれません(笑)

40年以上生きてきて、見つけたのはコレで4度目くらい。ちょっと暑い時に直ぐに押し花にしなかったので2日もしないうちにダメになっちゃいました。うーん失敗。
今度は土をもっと多く一緒にもらってこないとだめかな。

でもQ7で撮っておいて良かった!

こんにちわ

さて、大宮にあります氷川神社ですが、今日は氷川神社でも違う氷川神社を撮ってきましたのでその写真を。

IMGP2694 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

実は埼玉には「氷川神社」というのが約200社あるようなんです。

ここはわりと家の近くにある氷川神社です。ここの特徴は・・・鳥居が二つ??

IMGP2701 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

いやいや、なぜでしょう、相撲の出来る小山が・・・。ここで色々なことがあるのを想像出来ます。・・・て、子供や相撲部屋の親方が出てくるわけではありませんよ!?

IMGP2716 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

入口にはこんなものも。

ささら獅子舞ってご存知ですか?

天狗と一緒に踊る?抱きかかえられ縁起を担ぐ子供達。 そういったイベントがあります。


IMGP2718 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO100 39 mm AWB

氷川神社って奥が深い。まぁ良くわからない神社グループ?とでもいいましょうかね・・・。

なんてコトの無い近所の廃墟みたいな公園なんですけどね・・・。

IMGP2719 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB 極彩

その証拠に、近くで鳥居を撮影するとこんな感じ。木の廃れ具合がよう分かる(笑)

IMGP2713 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

でも細部まで観ると結構しっかりしています。

IMGP2736 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO400 53 mm AWB

こういうところを観ていると結構楽しいです。派手な神社もいいですが、こういうローカルな感じもいいですよね。

IMGP2737 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO800 17 mm AWB

Q7と一緒の神社巡りは楽しいです。

こんにちわ。

氷川神社に隣接している大宮公園に来ています。 IMGP2692 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO200 53 mm AWB

そこにはちょっと珍しいものがあります。

IMGP2677 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO250 53 mm AWB

こいつではなくて・・・


03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO640 17 mm WB:Flash
こいつです。

もうちょっと大きくアップしましょうか。
IMGP2631 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

もう少し寄りましょうか。


01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO200 39 mm WB:Flash
更にアップ・・・。

IMGP2650 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

これ、ハンカチの木です。ここまで大きなものを観たことはありませんでした。
びっくりです。

普通に公園の一角にそびえ立ちます。そして、布のような花びらがフラフラと揺れています。
これだけ大きいと、「ハンカチ」と言いたくもなりますよね。

結構貴重なものですよね、ココまで大きいのはあんまりないらしく、日本に入ってきた当時からあるような木ぐらいなもののようです。

暖かくなると色々なものが観られて嬉しいですよね。若葉も黄緑で奇麗で楽しくなってきました。

こんにちわ


01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

この間から大宮の氷川神社を歩いています。

IMGP2581 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO320 53 mm AWB 極彩

ここには大きな池があって、そこには鯉もいれば亀もいます。

IMGP2549 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F5.6 ISO100 143 mm WB:ShadeX-Process

その池のはじっこに、その「亀」がいるんです。

IMGP2554 03 FISH-EYE 1/40s F5.6 ISO100 17 mm WB:Flash

結構、たくさん居て、かわいいかも(笑)

それほど遠くない場所にある氷川神社、結構大きくて素晴らしい神社です。
そういえば、鷲宮とかにも良い神社あるし、埼玉って結構神社に恵まれていますよね。

IMGP2608 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO400 17 mm AWB

広々として気持ちがよいです。

こんにちわ 埼玉県にあります大宮駅からすぐのところにある氷川神社に来ています。

IMGP2560 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm WB:Flash

今回久しぶりに登場させたレンズ、07番のベースに05番の胴体、そして中身にコンデジのレンズを1枚挟み込んだ特殊なやつで、07番の特性を遠距離にしたような奴です。



IMGP2596 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB

普通の01番も併用していきます。しかし相変わらず白く飛ぶ機会が増えています。日差しが強くなるとフードが必要なのかもしれません。



IMGP2600 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

しかし緑青が進んだ同葺の屋根などは、微妙な明るさや色合いを持っているので02番より01番、という選択になります。特に01番は明るめなので曇りの日でも使いやすく、また軽いのでQで撮りやすいのが特徴ですしね。

IMGP2599 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.2 ISO100 39 mm WB:Flash

白木の造りも01番なら奇麗に残ります。

IMGP2605 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm WB:Flash

しかし手とかではれきりやらないと、本当に01番は白くなっちゃいますね。

IMGP2589 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO800 53 mm WB:ShadeX-Process

今回久しぶりに持ち出した魔改造D、なかなか日の丸の構図的なものにピッタリです。
07番だと至近距離3mしない場所しか狙えませんがコイツを持ち出せば10m以上先でもOK。 ピントリングも存在しているので結構自由なのが楽しい。

やっぱり魔改造したレンズはクセが強くて面白いです。

こんにちわ

今日は家に近いところにある「氷川神社」まで行ってきました。

IMGP2538 03 FISH-EYE 1/100s F5.6 ISO200 17 mm AWB 極彩

ここはとにかく広い・・・。
公園としても有名ですもんね、大宮公園って。

IMGP2540 03 FISH-EYE 1/60s F5.6 ISO200 17 mm WB:Flash 極彩

参道も長く、ここに辿り着くまでも時間かかるのですが、境内に入ってからも広いです。


IMGP2542 03 FISH-EYE 1/30s F5.6 ISO200 17 mm WB:Flash 極彩

お、ここにも鳥居を重ねてる感じが。
実は結構ポピュラーなやり方なんでしょうかね?

こういうのって京都の伏見稲荷だけだと思ってたのに根津の乙女神社といい、ココといい、結構あるもんですね。


IMGP2548 03 FISH-EYE 1/160s F5.6 ISO200 17 mm WB:ShadeX-Process

池もあって、鯉もいれば亀!?もいます。
ちょっと意外な空間ですよ。


IMGP2609 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO1000 17 mm AWB 極彩

久しぶりに魚眼レンズだけで撮ってみましたが、結構難しいですよね。
ピント合わせっていうのもあるんですが、少し暗めなので明るいところを探すんですが、明るいところは紫の滲みも出やすいので使いどころがなかなか・・・。

でもって神社系のものは極彩で奇麗な朱色撮りたくなるので、それが更に目立つ。

まぁ、スナップ感覚でカシャカシャやるんじゃなくてもう少しじっくり撮れば解決するのかもしれません。
まだまだ勉強しなくちゃなぁ・・・。 

こんにちわ

IMGP2378 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm AWB 赤抽出

三越は外観も凄いし中に入ってからも凄いのですが、屋上も凄いですね。

IMGP2414 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

IMGP2410 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 26 mm WB:Flash

屋上にあるチェルシーガーデン、ここ古くからあるようですが、結構いいです。

IMGP2426 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO1250 40 mm AWB 極彩

なんと、ビルの上なのに、鳥居が・・・。

IMGP2442 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO400 202 mm WB:Flash

どうしてなかなか、街中の屋上なのに素晴らしい広々としているし種類も豊富で素晴らしいショップです。いいなあ、ここ。

IMGP2429 02 STANDARD ZOOM 1/30s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

見守ってくれるオブジェも結構種類があってみていて飽きません。



IMGP2448 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO1000 90 mm WB:Flash

素敵な花を勝ってに撮らせてしまいました。もちろん、少しだけは買っていきましたから・・・(苦笑)

IMGP2455 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 180 mm WB:Flash

花が咲き始めてくると、春が来ている感じで楽しくなってきましたよね。

こんにちわ 日比谷方面・銀座付近から少し歩くと三越に辿り着きます

今回はそのルートを歩いてみます。

IMGP2357 02 STANDARD ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 23 mm AWB

和風のお店を通り越し街中へ繰り出します。

IMGP2359 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO400 23 mm AWB

今風のオフィスビルが立ち並ぶエリアを歩いていくことになります。

IMGP2365 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO200 37 mm AWB

そして広い大通り。きっと平日はもの凄い人や車が行き交っているんでしょうね。

IMGP2368 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO500 37 mm AWB

街中は凄いですね、消費税が上がっている今でもこんな安い値段で飲み物を提供しているなんて・・・。 50円ですよ(笑)

IMGP2382 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO640 36 mm WB:ShadeX-Process

三越の近くに来ると街の雰囲気も厳かな感じが増えて一変します。

IMGP2389 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO640 25 mm AWB

三越は構えからして凄いですね。造りが違います。素晴らしい。

IMGP2403 02 STANDARD ZOOM 0.5s F4.5 ISO320 69 mm AWB

なんというか、入口も凄い・・・。っていうか、これ、中身凄すぎますよ。ライトがかっこよかったんで、ちょっと効果だしてみました。02番はこの遊びができますよね。

IMGP2407 02 STANDARD ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 25 mm WB:Flash

中にあるコレ初めて見ました。作り込み凄いですね〜。

こんにちわ

ここのところ自然のあるような郊外の場所に行っていましたが、この間からの銀座周辺を歩く続きに戻したいと思います。あ、もちろん、この間のMARUMIのPLフィルターを付けっぱなしです。

IMGP2273 02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100 47 mm AWB 

空の色の冴えなさはあんまり変わらないのですが、建物やオブジェの色が引き締まってきたように感じます。ここのところはあまり持ち歩かなくなってきていた「標準」的なレンズである02番、もう少し出番が増えるかなぁ?

さて、皇居の近く、銀座・日比谷、その辺りを歩きます。

IMGP2275 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO100 32 mm AWB

どちらかというと銀座のメイン通りへ歩いてみます。

IMGP2281 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO1000 69 mm AWB ハードモノクローム

それにしても有楽町・銀座・日比谷・東京、新橋、みんなこんな近くにあります。不思議なエリアですよね・・・。

IMGP2280 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO100 40 mm AWB 青抽出

なんというか、都会でもこの辺りっていうのは洗練されているというか、奇麗ですよね。

高層ビルが立ち並ぶだけでなく、アートに近いものがあるというか。

IMGP2289 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO1250 57 mm AWB

どんどんと街の中心へ移動しています。

都会ほど青抽出が似合う、そういうコトを思い出します。

IMGP2305 02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO100 29 mm AWB 青抽出

なんというか、自然の世界では空が結構飛んじゃってることが多い曇りの日ですが、街中で空に向けずに撮ると奇麗な発色をしますよね。

私の写真はかなりの割合でリバーサルフィルムの設定で撮っているのですが、デフォルトって鮮やかでしたっけ、そっちだとどうなるんでしょうかね・・・。

IMGP2308 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO100 28 mm AWB 青抽出

そういやこのビルの壁、素敵ですよね。

壁が工夫されていて、もこもこ膨らんでいるように見えるんです。
素敵ですね。

真下から見るとこんな感じ。

IMGP2311 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 44 mm AWB ハードモノクローム

建造物って素敵ですよね。

こんにちわ

先日に日比谷公園のお話をしていましたが、その続きをしたいと思います。
今回の写真から、02番はMARUMI のEXUSを必着状態にしています。

IMGP2175 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm AWB

日比谷公園は有楽町や東京から歩いていける距離にあります。

IMGP2180 02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100 24 mm WB:ShadeX-Process

その中は、結構広く都会にある贅沢な広場というか、懐かしい感じがする公園です。でも、ここが昔は陸軍の傭兵訓練場として使われていた広場の跡地だって言うことをご存知ですか?

IMGP2199 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO125 41 mm AWB 青抽出

でもまぁ、それは遥か昔の話。今の形の公園になってから、もう100年以上の歴史があります。

IMGP2247 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO640 40 mm WB:ShadeX-Process

公園の中にはイチョウ、梅、ハナミズキ、薔薇、松などたくさんの樹々があります。


02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO200 23 mm AWB 極彩

また、花壇もたくさんあり、花々もいっぱい植えられています。また、それらがちゃんと札付きで植樹されていますので何がどんな木なのかすぐに分かります。

IMGP2207 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 26 mm AWB

普通に街の中ですよ、ビルの合間です。不思議ですよね、こういう空間がちゃんと大切にされているんです。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO320 26 mm WB:ShadeX-Process

日比谷公園は街中にあるのんびりとした昔ながらの公園のような感じですよね。

IMGP2255 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO1000 69 mm AWB ハードモノクローム

水のある景色もあります。


02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 24 mm AWB

水面に映る景色って素敵ですよね。

こんにちわ。

ここのところ、Q7を持って「いろは坂」の向こうの景色を撮りに行っています。

IMGP2944 08 WIDE ZOOM 1/80s F5.0 ISO100 24 mm AWB

この辺りは、まだまだ冬景色。道もちょっと前に埼玉の山奥で観たときと同じように雪かきの跡があります。
さて、日光の先、いろは坂→中禅寺湖→竜頭の滝、ときたら、目的地である戦場ヶ原って決まっていますよね?

IMGP2919 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 205 mm AWB


ここ、てっきり大昔の戦の跡、侍合戦の跡地かと思ったら、そうではなくて、大蛇と大ムカデ(それぞれ群馬側と栃木側の大きな山)の争った場所、とかいう結構適当な昔話で成り立った場所なんですね。

IMGP2906 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB


あわわって感じです。

それに・・・

もっと酷いのは、3本松っていう名前です。

IMGP2907 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB

てっきりですね、コレかな?と思ってジロジロ見つめたり記念撮影したりしてしまいましたよ。


#駐車場の脇にある看板と3本の木
08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 20 mm AWB

WiKi見直したら、三本松、とうの昔に無くなっているとかじゃないですか。
今じゃ只の茶屋の名前とか。酷いわ(笑)


まわり見渡しても、冬の延長なのか、枯れてる木々ばかり。


08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 23 mm AWB

まぁ、草っ原には松ぼっくりなんかが落ちていてのんびりした広々な公園と考えれば、お弁当とか持ってきてくつろげる場所なんでしょうけどね・・・。GWに渋滞しながら来るところという感じではないですね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 203 mm AWB

でもまぁ、Wikiみて気がついてびっくりしたこと1つ。

戦場ヶ原では山上げ栽培が行われていていて、栃木県で行われていた山上げ栽培の代表的なものに「イチゴ」があるんだそうな。従来、イチゴは初夏の果物で、その出荷時期は丁度今頃。 5月の果物だったんですね・・・。
そういや、帰りにいつもの農家さんのところでイチゴかっていきましたわ。

で、昔イチゴを戦場ヶ原で山上げ栽培し、クリスマスシーズン出せるようにした「日光いちご」ってのが重宝したらしいんです。
へーって感じ。こういうのがあって、今のイチゴ=冬〜初夏っていうイメージが定着しちゃったんでしょうかね。おそるべし栃木。

こんにちわ

この間から「いろは坂」の向こうにある景色をQ7で撮っています。

しかしながら、高原での撮影は難しいです。
太陽の日の強さが中途半端というか強くて、オーバーで飛んでしまうような絵になったり空が白くなってしまうことが多いです。

いつもならめんどくさいのでTvかMのTAvにしちゃってごまかすのですが、EVも合わせていかないと奇麗に撮れなかったりします。

でも、めんどくさいから控えてない・・・(笑)

IMGP2897 01 STANDARD PRIME 1/4000s F1.9 ISO1250 39 mm AWB

で、中禅寺湖の先にあります、「竜頭の滝」っていうところまで来てしまいました。

ん〜なんというか、ここは食事どころって感じが凄くするのですが、その目の前に見えるのが竜の頭、滝は両ひげっていう場所のようです。

IMGP2874 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 203 mm AWB

ん〜、普通に滝をとってもそう見えないですよね。

IMGP2882 06 TELEPHOTO ZOOM 1/1250s F2.8 ISO800 120 mm AWB

だから、こんなときはTvモードでシャッタースピードをできるだけ落としてみましょうか。

IMGP2877 06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F8.0 ISO100 120 mm AWB

こんな感じの速度でどうかな?

IMGP2893 01 STANDARD PRIME 1/6400s F1.9 ISO1600 39 mm AWB

コレを2本作れば、竜の髭っぽいとこが出来て、そうみえますかね??って、あれ、遠目に小さく撮れば早くてもそれなりに見える??
 

こんにちわ

GWはどこへお出かけでしたか?

今回、いろは坂の先、中禅寺湖に足を運んできました。
もちろん、Q7と一緒にです。

IMGP2829 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO800 25 mm WB:ShadeX-Process


春とはいえ、ここはまだ冬の終わりみたいな感じでした。
寒いですよね。

IMGP2834 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO400 27 mm AWB


だから草木もまだまだなんですよね。


08 WIDE ZOOM 1/640s F3.7 ISO500 17 mm AWB

寒々とした冬を見るような彩度の低い湖と樹々。
美しさはあれどどこか哀しげな湖。

IMGP2831 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO640 27 mm WB:ShadeX-Process

せっかくカップルが歩いているのに、なんだか寂しそうに感じるのはこの湖が人より美しいせいだから何でしょうか。
それにしても中禅寺湖ってのは日本百景の一つらしいですね。
まぁ全てを収めつもりは無いのですが、色々なところを撮れるというこの自分の境遇には感謝したいと思っています。

IMGP2853 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO320 89 mm AWB

良く見ると樹々が芽吹き始めています。

ここももうちょいで春が来そうですね。
 

こんにちわ

 

08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO1600 26 mm AWB 極彩

今日は空も明るく気持ちよかったので、奥日光、いろは坂を体験してきました。

IMGP2809 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO250 200 mm AWB

いろは坂っていうのは、山を登るクネクネ道です。そう、単純にそれだけで、それの急な曲がり角に「いろはにほへとちりぬる・・・」って文字が1つ1つ付いているって言うアイデアものな坂です(笑)

ちなみに、ここって、上りが「い〜ね」までで、残りの「〜ん」までは下り側にあります。気がつかなかったよ

IMGP2810 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 205 mm AWB

流石に適当なシャッタースピードでは看板を捕らえきれません。適当に速度遅くして車を走らせていると後ろから鳴らされちゃいますしね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO400 207 mm AWB

いろは坂を上から見るとこんな感じです。

クネクネと曲がっているのは負荷をかけずに登れるようにするためですけどね、こんなとこ、ようのぼったわ・・・昔の人って凄い。

IMGP2820 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO500 27 mm AWB

今はロープウェイでヒョいってもっと上に簡単に行けちゃうんですからね・・・。

IMGP2823 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO400 199 mm AWB

上の方は5月でも雪が残っています。だから舐めた服装で行くと、むっちゃくちゃ寒いですよ・・・。

こんにちわ

今日は5月5日、もうこんな時期になったんですね、早いです。
GWもそろそろ終わりになってきました。

IMGP2962 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO125 110 mm WB:ShadeX-Process

ちょっと車を走らせて山奥をドライブすると、田舎になればなるほど「鯉のぼり」の週間が残っています。

というか、町おこしみたいな感じでみんなの家の鯉のぼりをまとめて流そうっていう感じで大きく何匹も流しているところとか結構見かけます。

IMGP2965 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO100 79 mm WB:ShadeX-Process

こういうの圧巻で良いですよね。

IMGP2957
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO125 153 mm AWB

都内ではナカナカ観られませんし、場所も要りますから何匹も泳がせられないですからね。

こんにちわ

今日は、ふらりとJR有楽町で降りて日比谷方面へ向かっています。

IMGP2115 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.0 ISO100 23 mm AWB ハードモノクローム

有楽町という駅は不思議です。

IMGP2125 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO500 40 mm WB:ShadeX-Process

東京駅からすぐ側にあり、行き過ぎると新橋となり、降りて左に行くと銀座です。
IMGP2122

02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO160 60 mm AWB ハードモノクローム

右側をちょい歩くと日比谷になります。

IMGP2127 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO200 23 mm AWB  青抽出

東京って狭いよな、っていうことを実感する駅だったりします。

IMGP2128 02 STANDARD ZOOM 1/320s F4.5 ISO1250 69 mm AWB

今回、ウォーキングというほど歩いていないのですが、有楽町駅から日比谷付近、場所の目的地は帝国ホテルと宝塚のあるストリートです。

この辺りは高層的なビルもあり、でも駅の線路は古いレンガもあり、と青抽出をしてみると結構気持ちのよいエリアだったりします。 

IMGP2136 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100 23 mm AWB  青抽出

今回、購入したMARUMIのPLフィルタを付けながら02番でここを歩いてみました。

IMGP2142 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO250 69 mm AWB 青抽出

この辺りはコレくらいにしてもう少し先、都心にある広い公園にまで向かって歩いてみますかね・・・。
 

こんにちわ

GWに突入ですね。
私もようやく休みモードになりました。

さて、この前に標準画質の02番がなんとかして「もうちょい」だけ良い感じにならないかと考えて2種類のPLフィルターに手を出してみました。

PL Filterの差


左がMARUMIの EXUS で右がHAKUBAのPENTAX Qシリーズ01または02用のサーキュラーPLです。

値段の差は4倍近くあり、高いのはMARUMIの方です。
以前、08用にもうちょい良いのを買った記憶がありますが、今回はどうしようと考えて2つ買ったのですが・・・。はい、片方、魔改造 超絶接写を作った時に使った奴と同じで「分厚い」ものです。
すっかり忘れてました。安さでモノを買っちゃうと、それなりなのがレンズ業界ですよね。

PLFilterの違い2

パッケージをスキャンしてみました。それぞれに書いてあることはこれをご覧ください。

で、肝心の写りは・・・

まず、一回目、適当にHAKUBAの方で撮ったら、まぁ酷い。

HAKUBA_IMGP2149
#虹模様が・・・コレは・・・
01 STANDARD PRIME 1/125s F2.2 ISO100 39 mm AWB

もちろん、フィルタを廻してこうならないような位置を見つけて使うことが前提の品物なんですけどね、MARUMIの高い方はそんなことしなくても普通に写っていくので差は結構あるなぁ、というのがファーストインプレッション。

気を取り直して、2枚撮影。これはMARUMIの方を使ってみて、付けたときと付けなかったときの違いを比べてみました。

IMGP2194 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 23 mm AWB

ともういっこ。

IMGP2195 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO200 24 mm AWB

違いが分かりますか?

02番という元がそもそもアレなレンズだからどっちもどっちなんですけどね。

MARUMI-FitMINE
#一長一短の結果

こんな感じです。

あ、MARUMIとHAKUBAの違いはコレ以上やりません。ごめんなさい。そこまで勇気無いです(笑)
もう、個人的にあっちは06番にでも付けたり付けなかったりで遊ぶ感じです。

そもそも個人的には分厚くなる時点で02番に付けることは無し、っていう感じでした。ははは。

付けた方と付けない方、どっちがいいんでしょうかね。

もうわからないから、しばらくこのまま使います。
たぶん、ただでさえ暗めのレンズが半段くらいさらに暗くなるんでしょうけど、もういいわそのままにしてみますって感じでコレからしばらく長期的な運用をしてみます。
 

こんにちわ

明日からはGWですね、ことしは前と違って飛び飛びなのでこの連休がメインのお休みですかね。

疲れを取るのには休むのが一番ですが、元気なものを観て自分の心に変化を与えるのも疲れを取る方法としてはアリなんではないかと思います。

こんな時期はQ7をもってお出かけ!
っていきたいところなんですが、GWですしね、混んじゃいますよね。

ってことで?
自分ちのお庭での話の続きにしました(笑)

IMGP2007
#庭の片隅で咲く山吹の花
06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F2.8 ISO250 200 mm AWB

もう、今の和の庭が出来て2年が過ぎました。
コレを作る前は適当に野菜を植えて適当に放置してたので、観た感じがもう酷かったんです。

IMGP20100705-06048
#初めはこんな状態。野良猫も飽きれる有様 w/ iPhone4


これじゃぁ、だめだ、草むしりもめんどくさい。
っていうことで、日本の色々な庭園・・・金沢の兼六園や京都の無鄰菴とかを参考にしたりして和の庭にしたのでした。

野菜作りスペースが少なくなる代わりに砂利での枯山水で手入れが楽というメリットがあります。

IMGP20120608-07809 #作っている途中・瓦は自分でセット w/ iPhone4

色々やったあげく出来たのがモノスゴクシンプルな庭(笑)
土留めには 栃木のバァちゃん家が地震で倒壊したときの黒鉄色の瓦を再利用し、塀を黒く塗り鉄平石とかで演出。砂利は色付きの錆び砂利、その中に苔で島を作っています。

自宅同様、自分でデザイン、それを庭師さんにお願いして形に。
和の庭っていうのは一回やっちゃうとアレコレ直しが効かないのが欠点ですが、シンプルが故に心落ち着きます。

女性向きではないですね、花壇とか畑とか色々遊べないですからね。
別にそういうコーナーを設けておかないとダメなのが自宅庭での和の課題です。


IMGP20121117-08634
iPhone 4 1/120s F2.8 ISO100

で、出来上がりから2年、奇麗な紅葉を魅せてくれたり、枯れた後に芽が出たりと繰り返してくれている我が家のモミジ。台風とか色々あって一部では木の皮部分がめくれてきていますが、まだまだ元気です。

IMGP1827 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO125 39 mm AWB

うちわカエデの一種で、葉の大きさが結構デカいので少し離れて見るとちょうど良い感じです。

IMGP2012 06 TELEPHOTO ZOOM 1/4s F2.8 ISO250 199 mm AWB

大きくなってきていて・・・

IMGP2096 01 STANDARD PRIME 1/640s F3.2 ISO200 39 mm AWB

それが、今年も芽吹いてきていて元気に育っています。

IMGP2522 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/100s F4.5 ISO125 69 mm AWB

こういうのって嬉しいです。

今年も頑張ろうっと。 

こんにちわ

もうすっかり春を通り越し、5月です。

我が家のモミジ、去年はイラガやカミキリムシに色々やられて大変でしたが、植物というか自然の力って凄いですよね。

そんな大変な目にあったモミジ🍁ですが、今年はなんと足元に小さな小さな芽が・・・。

IMGP1826
#写真の中央のちっちゃくて可愛い明るい緑の「八」の芽のコレ
01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO800 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版

いつもなら気がつかなかった中央のスギゴケの間にピョこっと出ている八の字の芽、モミジの子孫ですよ(笑)

こやつ、やるな。自分の危機を感じたからなのでしょうか。すごいです。

いやあ、正直、家の庭を「和」の庭にしてから2年立ちましたが、・・・今まで気がつかなかったわ。
今回、去年のダメージの後なので特にこうなったのか、それがあったからこそ目が向いたんでしょうか。
まぁ、こういう小さなものを発見するのは嫁さんでしたので、さも自分が発見したような書き方をすると文句を言われそうですが・・・(笑)。

でも、ほんと、いつもなら気がつかずに雑草扱いで抜いててたかもしれないので、今回はお得感があります。


#八の字から十字になってきた
06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO1600 204 mm AWB ストロボ

数日後に見直すと、もう芽がモミジの姿になりかけてきました。
今回、それを追って撮ってみました。

IMGP2099 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版

おお、モミジらしくなってきました。


周りをみてみると、別のところの苔の間にも同じように芽が出てきているのが!

IMGP2101 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 ストロボ

うーん、素晴らしいですよね。

そうそう、コレらは久々に登場している魔改造レンズを使ってみています。
01 STANDARD PRIME に 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 (アタッチアップ) を取り付けて撮っています。

まぁ、普通ならクローズアップレンズで撮る、とかですかね。私はレンズ遊びしてますから、こんなお遊びレンズを付け、・・・しかも01番に取り付けるやつなので、AF対応・ストロボとも相性の良くこういう撮影に向いています。オールドレンズではMFになるので夜間とかしゃがんで小さいものを撮影する(体全体がプルプルしてしまう姿勢での撮影)に向いていないんですよね。

このアタッチアップは古いデジカメの先頭部分に40.5mmのリングを付けて簡単にセットできるようにしたものです。詳しくは『超絶接写版 』のタグでも追ってみてください(笑)

本当はQマウントレンズに、性能の良いAFマクロレンズ欲しいですよね、やっぱり。


さて、いまうちの庭では、他にも芽吹いているレモン、こいつは鉢で管理していますが、これも元気になってきました。

IMGP2521 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/125s F4.5 ISO100 69 mm AWB

また、同じく和の庭に植えていて、モミジと横にセットで植えていて、この間に剪定してるのにも関わらず、いや、剪定したから元気が集中できるようになったのか、この椿である「白の侘助」も若葉が出てきましたよ。今回はコレを久々のVoigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mmを使って撮ってみました。

IMGP2524 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/100s 4.5 ISO200 69 mm WB:Flash

小さめの大きさのこのレンズ、電子シャッター併用での撮影になります。F4.5からスタートなので、やっぱり日中の明るい時に使うのが良い感じです。でも滲むことも多いのでまだ巧く使いこなせていない感じです。勉強が必要ですね、まだまだ。

お外は・・・春の花の時期が若葉の時期へと移り変わってきています。

この時期は花粉症も少しだけ落ち着きだすし、風は気持ちいいですし、元気をもらえる時期ですよね。

このページのトップヘ