こんにちわ


既に葉の色が黄色を越えてきた時期、肌寒くなってきましたね。

こんな時期、おでかけしたいなぁ、と思っていたので、連休には雨にもかかわらず山のほうへ、前回よりも更に山の奥へと行ってきました。

場所は、奥只見、苗場、新潟って感じです。

Q7_P9785
Q7: 08 WIDE ZOOM F5.0 ISO200 1/125s 27 mm AWB 青抽出
#苗場プリンスホテル

そして、更には今回からスーパーなQの使い手として、2台同時運用を中心とした動きになっています。

Q-DOUBLE

Q7とQ-S1の2つを同時に使っていく運用です。
嫁さんが首に下げているときは、上のような感じです。

実は・・・K-S1を購入して特に感じてしまったのは、(コッソリな声ですが)K-S1よりQの方が楽しいってことです(笑)
このQの楽しさは、Kマウントなカメラでは未だ実現できない楽しみがたくさんあります。

確かに、撮れる絵としてのクオリティはKマウントレンズの方が上です。

Q7_P9788
Q7: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO200 1/50s 18 mm AWB ハードモノクローム
#ドラゴンドラ

しかしながら、Qには・・・例え2つ持っても無茶苦茶軽いという軽快さ、撮る瞬間にイメージを考えて絵を作る楽しみ、あちこちスナップして「要らないものを後から消す」という真逆の考え方でもファイル容量が負担にならない(Kなら10MB/枚、Qなら1.5MB)という利点。

この利点は大きいです。もちろん、無茶苦茶綺麗に残せるほうが良いに決まっています。
でも、そこは割り切りで考える発想を変えていくことが、実は旅行では一番大切なことなのかな?って思うわけです。

Q7_P9842
Q7: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO100 1/80s 21 mm AWB
作品的な写真で思い出の旅行を大切に残すスタイルにしたいのか、遊んでいる旅行を更にその時の瞬間の「勘」でプラスαして面白かった思い出の旅行として後からでも楽しめるものにするのか、その考え方の違いがQとKの間にはありそうです。

正直、まんまQと同じ運用が出来るKがあれば、それが一番楽しいかも。


Q7_P9861
Q7: 08 WIDE ZOOM F4.0 ISO200 1/80s 27 mm WB:CTE

それには、Qにあるクイックダイヤル、常にライブビューなスタイル、軽量ってのが重要で、正直、K-S1はスタイルが違うと思いました。

K-S1はファインダーを覗いて撮るのが楽しくなるカメラ。

私が求めるのは「その瞬間にどう撮れるのかが解るカメラ」。ちっちゃな覗き窓では残念ながらちょっと違いました。
正直、クイックダイヤルがついたK-01とかSONYのα7sみたいなカメラが一番かもしれません。

IMGP1366aa+
Q-S1: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO160 1/200s 207 mm WB:CTE 黄色抽出

K-S1はホワイトバランスに色温度が設定できたりKマウントレンズの綺麗なボケとか作りやすいので、カメラの楽しさは上なんですけど、スナップの楽しさは無いかな、って感じです。

そして、Qの良さは、その瞬間の感じたものをすぐにアートとして残せる良さです。

それを2台(いや、もしかしたら3台でもいいかも・・・)持ちで、実は楽しさがアップしました。

コッチは自分で首にかけて撮ってもらったものです。

KS1P2230

片方に08番をセット、もう片方に06番をセットするのが一番お気に入りスタイル。

暗くなりかけた時には08を01に変えたり、たまに魚眼にしたり、魔改造レンズにしたりします。

この複数持ちのメリット、一番は「速射」性です。レンズをガチャガチャするまでもなく広角も望遠も撮れる。

IMGP1441
Q-S1: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO1600 1/10s 22 mm WB:CTE 黄色抽出
#長作の丼ぶり待ち時間


K-S1なら便利ズームを頼るところです。それでいいじゃないか、と思うのですが、Qの2台持ちの場合はクイックダイヤルの4つ制限から解き放たれるという「重要な要素」が絡んできます。

Q7で青色抽出、Q-S1で黄色抽出を切り替えるってこともできますし、片方は「ハードモノクローム」、もう一方で「あでみやび」ってこともできます。
片方で「日陰」のホワイトバランス、もう一方で「CTE」なんてのもできます。

どっちで撮ったほうが今の場所で良かったか、というのを後から「消すだけ」で良いんです。
後からPhotoShopなんかを使って弄くるのも楽しいですけど、昔はそういう時間がありましたが、今はなかなか取りにくくなっているので、やっぱり撮って消すだけ、といった方が楽ちん。
撮った一枚一枚を編集加工しているのとは使える時間に差が出て大きいです。

しかも今回、2日間の旅行中、ほとんど雨の中でした。こういうときもサッと撮れるのは大きい。

IMGP1461
Q-S1: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/10s 81 mm WB:CTE

初日の午後に数時間、2日目の午前に3時間ほどだけが晴れていた時間です。

レンズを換えて特性に合わせて色々撮る、たしかにレンズ交換式の楽しみはそこにあるのですが、どのレンズがその時その場所で合うかは判りません。

だからレンズをいくつも、っていう話なんでしょうけど、カメラに振り回されるのも事実なんですよね。

ということで、Qなら複数もっても(Q7+Q-S1にそれぞれレンズ+レンズもう1本で1kg)、K-S1の本体につけたレンズ+もう1本(約1.5kg)よりも、圧倒的に軽い。

Q7_P9902
Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO400 1/8s 39 mm AWB

Qは複数買っても楽しいカメラです!

なんか、勢いで書いてるのでとりとめないけど、今日のところはこんな感じで。