こんにちわ

IMGP9086
PENTAX Q-S1 06 TELEPHOTO ZOOM: 1/320s F2.8 ISO100

花も咲き、小雨も降って若干散り出し、緑の芽も誕生し、ようやく春らしき景色がやってきた感じです。

というか、もうGWが視野に入る時期なんですね。そうなるとタケノコも目に入ってくるし、色々な季節のものが飛び込んできます。

私はというと春先にやってしまった体調崩しと花粉のダブルパンチでなかなか外に出られなく、カメラの出番も停まっております(笑)

IMGP9085
PENTAX Q-S! 06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F2.8 ISO100

それでも、と思って夜に出かけたり。

K-S1とかを手に入れて、明るいレンズや高感度なISOの絵を見慣れてくると、Qでは夜に向いてないなあ、と思うことが多くなってきました。
そろそろQは限界なのかなあ、と思っても見るのですが、FA77Limitedとかをアダプタで使ったりすると、それなりに良い絵になったりするので、やはり、レンズが今一歩なんだろうな、と思う反面、この大きさコンパクトさでは大口径な明るいやつを作るのは厳しいのかな、とも思ってしまったり。

今のQに足りないものってなんでしょうかね、明瞭強調のようなHDRな色でしょうか。もっと手ブレを防ぐ何かでしょうか。
明るいレンズや楽しくなるバリエーションなレンズ達でしょうか。
Qを持ってると思うんですよ。
やっぱり軽いのが一番。落としてもダメにならないレンズが一番。気軽に楽しめるカメラが一番楽しいって。
K-S1ですら、重かった。特にまともに使いたいと思うレンズが。

最近思うのは、やっぱりコンデジで良いのかな?って。
スタミナと、軽さ、コレにQのような魚眼や広角度合いを切り替えられて、かつ、ボカしも綺麗にできるカメラがあれば、それでいいのかなって。

私にとって、光学ファインダーはメガネの邪魔さや背の高く体が硬いって言うのもあり、アングルの制限が割とあるからあまり重要ではなく、むしろ今の世界を色を変えながら後から加工することなく手に入れられるiPhoneのようなスタイルが一番使い易かったりもします。

でも、iPhoneは、構えにくいし撮りにくいんですよね。
やっぱり最強のコンデジ探しがいるのかな。
QにF1.4スタートの16mm〜300mmくらいの便利ズームがあって、防塵防滴なら、普段はそれでいいのにな、って感じます。

そんな便利ズームと魚眼と、マクロを持ち歩く2000万画素ISO6400実用域なQがあれば、と、考えてたら、なんか、ソニーとかm4/3とかでもいい気がしてきたから、PENTAX からなんとかならんかな、って思う。
QでKのレンズをAFで使えるなら、それもありだね。さて、如何するかな、これから。