標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

カテゴリ: お出かけ記録

こんにちわ

久しぶりにQ-S1を持ち歩いてウォーキングです。
今日は、大手町から六本木方面まで歩いています。

このエリアには大手町の高級そうなオフィスビルの街並みから、二重橋、桜田門、国会議事堂、そして久しぶりの神社めぐりができる日枝神社と続いています。

今日は、国会議事堂前まで。

何度も登場している東京駅。今回はフェードカラーで少し飛ばし気味に。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F4.5 1/200s ISO200

地下通路から三菱のビルを抜けるあたりも、なんとなくゴージャス感のあるエスカレーターです。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F4.0 1/40s ISO1600

お堀前の芝生エリアも長く続きます。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F5.0 1/320s ISO100 ポスタリゼーション

熱っされて肌も痛いですが、少し歩くと二重橋。なぜかアジア系の観光客がお員ですよね。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F5.0 1/250s ISO100

桜田門を抜けて六本木方面に少し歩くと見えてきました。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F5.0 1/320s ISO100

警備の方が沢山いらっしゃいます。
昔の学生の時には中を見学しましたっけか。

懐かしいです。

PENTAX Qは軽くて気楽に撮れていいですよね。08でばっかりの動きになってますが、本当に楽しいです、

まあ、正直いうと、ソロソロ、もっと綺麗な絵にしたいと思ってきたのも事実。
うーん、APS-CとかF2.8クラスの絵とか覚えちゃったしな、困ったものです。

こんにちわ

GWも終わりですね。皆さんはどうされていますでしょうか。
かくいう私は、体をゆっくりと復活させる日々です。どうにも睡眠不足が続いたためか、無気力病に近いものに・・・、あれですかね、世間でいう5月病とかなんとか(笑)

IMGP9097
PENTAX Q-S1 06:TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200

GWはどこに行っても混みますよね。今年は珍しく雨が少なかったのですが、家でゴロゴロが続いていました。庭の植物も気がついたら元気いっぱいでうずうずしている感じです。植物って生命感あふれてていいですよね。

そんな中、フラっと群馬の人気のある道の駅まで行ってきました。

IMGP9140
PENTAX Q-S1 08:WIDE ZOOM 1/400s F5.0 ISO200

まぁ、パンあり山賊焼きありで、楽しかったのですが、ふと緑を見ると、もう新緑の真っ最中。
あちこち黄緑で覆われています。

この時期は生命感がたっぷりで、風も清々しくお散歩にはもってこいですよね。

IMGP9155
PENTAX Q-S1 08:WIDE ZOOM 1/200s F5.0 ISO200

お花もまた元気に微笑んでくれているようです。
最近のお出かけには 06 と 08 しか持って行っていません。あ、たまに03 かな。
やはり持ち歩くのにはQが丁度良い大きさで、替えのレンズも少ない方が気楽でいいです。
でもね、正直言うと、F2.8クラスのレンズで30mm〜250mm レベルの全てをカバーしてくれて、FA77mmみたいな驚くようなボケも手に入る、そんなQが欲しいです。明るいのが欲しいのは朝方とか夕方でもちゃんと撮りたいから。そういう意味ではK-S1並みの解像度と高感度があれば解決なのかもしれません。
そうすれば、08とその驚異的ズームレンズの2本でほんと足りる。でかいのも幾つももっていくのもいらない。
K−S1もいいのですが、どうしてもレンズを2本くらい持つと重くかさばるんですよね。
何を贅沢なことを、とK3クラスの持ち歩きな方は言うでしょうけど、正直iPhoneでもいいと思っている私からすれば、そこまで本気に持ち歩きたくない・・・バッグすらない手ぶらの状態が好きなわけで・・・。っていうと、コンデジでいいやん、ってなるんですけどね、Qのクイックダイヤルが好きなわけで、これがあるコンデジなら、それでいいんですけどね(笑)


カメラに対してはそろそろ転換期かなぁ、と思っています。
Qもガンガン使うと、1年半で時計用の内蔵電池もダメになりますし、GPSのジオタグ埋め込みたくても受信とか面倒なんですよね。
K−3IIはチョット興味あるんだけど、重そうだし。

ま、この辺んは、また同じ話のループになるからやめときましょう。
iPhoneをポケットに挿したまま、AppleWatchで撮影指示とかできれば、それでいいかも、なんて思う私は、カメラ業界から嫌われるのかもしれません。

撮る行為自体は好きなんですけどね。写真転送とジオタグ、あとは気軽さですかね・・・。
カシオのいつでもBluetooth転送なカメラなんか、いいなぁと思っている今日この頃であります。

こんにちわ

もう12月に入り、さすがに紅葉も終わりかな?って思ってたけど、意外に地元、車で40分のところにギリギリ見頃な場所、平林寺というところがありましたので、そこに行ってきました。

Q7_P2592
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F8.0 ISO1600 1/30s 39 mm AWB ポスタリゼーション

とはいえ、境内のやつは結構枯れていて、周りの竹林とその付近の林が紅い感じを残している感じでギリギリって感じの場所です。そこを最近のお気に入りエフェクト「ポスタリゼーション」とかしてみました(笑)

Q7_P2579
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F8.0 ISO1600 1/100s 69 mm WB:Manual

ココには、実はK−S1側でとある1つのレンズを試してみたかったのでフラっと行ってきたってのがあるのですヨ。

Q7_P2572
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/160s 123 mm AWB

PENTAX Q7/Q-S1には、望遠側の200mmにF2.8通しの06 STANDARD ZOOM、広角側には解像する08 WIDE ZOOMがあるので、写真の解像度サイズ的には若干貧弱ですが、レンズ的には両側に良いものを持っていますので、どうしてなかなか、K−S1がなくても狙いはわりとこなせるんですよね。

しかしながら、標準距離域はK-S1に任せています。
中央の換算30mm-100mmくらいのところの01か02付近がチョい物足りないのがQです。
(まぁ06を超える200-400mmクラスのAF対応レンズも欲しいんですけど・・・)

また、01 STANDARD PRIMEも良いヨっていう人も結構多いと思うのですが、ワタクシ的には結構至近距離で地べた這った写真とか、マクロっぽいのとか、ポートレイト(blogには滅多にあげませんが)とか撮りたい奴なので、Qの01番だとあんまりボケを自由にできないので好きになれないというか。

FA77mm Limited のような、ハっとする感じが撮れないので、Qの標準域ではラーメン食べるときの簡単な記録用とかばっかり。
室内で撮影したいとき、Q7しか持ってきてない時に01番を「仕方なくつける」ことが多い。
まぁ、それはそれで重宝するんだけど素のままで「絵」にするのはあんまり使わなかったり。使うときは何かしらのエフェクト込か、魔改造アタッチして超接近マクロとして使ったりって感じになっています。

Q7_P2605
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO1600 1/60s 128 mm AWB

02なんか、汚い絵になること多くて、素の写真としてはほとんど使ってませんよ。モノクロばっかり。
あれ、ダメレンズだよねえ、ほんと。初代QやQ10までなら十分なのかもしれないけど。Q7やQ−S1で普通に撮るのには許せる度合いが今の時代のクオリティに合っていない。

本当は、こういった、室内物とかも結構好きでして情緒的に撮りたいのですが、こういうのって、明るいF2.8クラスのレンズか、ISOを3200クラスにしてもノイズが乗りにくいようなセットを用意しないと綺麗に撮れないんですよね。
だから、ちょいQには苦手。まぁ、iPhone6Plusで事足りるようになってきたから、それはそれは代用があるんですけどね。

〜ということで、Qをずっと使っていくのに一番欲しいのは、16-100mmくらいF2.8付近の明る〜いレンズです。

まぁ、その辺無理に考えずに、K-S1にソレを期待しているんですけど、実際に買ってみると、PENTAXにはどうにも「これ」っていう使い回しの良いベストな標準ズームレンズが見当たらない。

F2.8通しかF2.8-4ぐらいで16-100mmくらいまであれば理想なんですけど、さすがにキビシイようで・・・。最近ではDA16-85mmなんか、良さげなんだけど、まだ手を出す段階ではない気がする。もう少しサンプルとかみたい。なんか、暗そうだし。

一番はDA★16-50mmくらいが良いんだけど、アレ重いし50mmで短い。今使っているSIGMA17-50mmも結構良いんだけど、コレも短い。

本当は、Qの02 STANDARD ZOOMの領域がそのままグレードアップするようなものが欲しい。
そうすれば、本当にQでいいや、ってなる。


Q7_P2545
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO640 1/60s 39 mm AWB

まぁ、その辺はそのうち何か最適解が見つかるでしょう。Qになるのか、Kになるのか、それともαにマウント移行するか。

・・・さて、Q7で標準域は、02が嫌いなのでどうしても01頼り。
ただし、blog用の写真となると、意匠的な観点もあるので、もっぱらこういったキャラのアップです(笑)

Q7_P2623
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO250 1/100s 83 mm AWB

運がいいことに、今住んでいる埼玉は「ゆるキャラ」好きなようで、月に一度くらいは何処かでイベントしてる(笑)
・・・でもって、今回のスターは、新座市というよりは清瀬市のゆるキャラ、「にんにんくん」です。

いやはや、雑木林からくる新座の「ゾウキリン」っていうのもツッコミたい気分満載の名称ですけど、こっちの「にんにんくん」は公募から決まったようで、筋金入です。いやはや。

あ、頭に葉っぱがついているのに、切れて撮ってしまった(笑)
そうそう、葉っぱといえば、今回の紅葉で使った本気写真の話は、次の週末にでも。
そのうちにK−S1側でやりすかね。

こんにちわ

気がつくとむっちゃ寒くなってきたりしていますよね。
もう12月に入ったわけで、さすがに冬へ突入した感じです。

もう葉っぱも落ちたり枯れたりしてて、紅葉っていう感じでもなくなってしまいました。

Qって、カバンに入れとけば思い立った時に使えるから便利ですよね。
でも、さすがに入れっぱなしで1週間くらい使わなかったら電池きれて時刻リセットされてました(笑)
前に使ったまま充電してなかったのも痛かったなー・・・。

まぁ、さすがにクイックダイヤルの設定は忘れていないので時刻くらいかな?
ホワイトバランスのカスタム1〜3も忘れてないので安心しました。

さて、本日のショット・・・


IMGP0068

PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO1600 1.3s 39 mm AWB

手で持って撮影したのでチョットぶれています。
まぁ、でも、そんなことは気にしない!

柿も葉が落ちて実だけの時期になってきていますよね。
なんというか、味的には他のフルーツには負けていると思うのですが、実のつきっぷりといい、最後まで諦めずにアピールする姿は素晴らしいと思っています。

自然はすごいですよね
 

こんにちわ

ここのところ、体調を崩したり、普段の生活でも時間がとりにくくなってて「書く」時間が取り難くなってきています。
そう思うと、よく去年はこんなペースの中でも続けていたなぁ、と自分でも感心してしまいます。

さて、K-S1のblog側でも書いていたんですが、この間は栃木県の山奥、那須の烏山にある国見峠っていうところに行ってきました。

Q7_P0009
PENTAX Q7 08 WIDEZOOM: F3.2 1/400s ISO200 AWB

国見峠って、実は日本各地にあるんですね、北海道から宮城、秋田、岐阜、三重、熊本、宮崎。
さっきWikiみてはじめて知りました(笑)

で、この辺は栃木のこの辺りに住んでいる人なら大抵は知っている、国見のみかん園の辺り。
というか同じ道を行き、最後のところで左にあるビジターセンターの辺りから見る景色です。

また、そこから近いところに見晴台みたいな、小高い丘というか山がありまして、そこ歩いて2~3分で展望台の場所まで行くことが出来ます。
Q7_P9992
PENTAX Q7 01 STANDARD PRIME: F1.9 1/50s ISO200 :ポスタリゼーション

ここは、今頃の時期から冬の間、「雲海」が見られるスポットとして、栃木側と群馬側で結構有名らしい。

朝の日が昇るかどうかの時間から、8時ぐらいまでのあったかくなる前の時間にしかみられません。
山道結構険しいので、慣れていない人は慎重に行くべきところです。まだ凍っていませんからあわてなければ普通にいける舗装道路でビジターセンターまで行くことが出来、そこに車を停めてすぐ見る場所があります。
Q7_P9988
PENTAX Q7 01 STANDARD PRIME: F1.9 1/125s ISO200

川と大気の温度差で生まれる「霧」形式の雲海なので、山登りをして頂上付近から見られる雲海とは違うのですが、これはこれで気持ちがよく、なにせ、ここには車でサクっと来られるところ、この手軽さに魅力があります。

今回は、親の家(自分はココで暮らしたことが無いので実家とは言えない)に一泊してから行っています。
ここで、K-S1のblog側でも出した猫とも逢いました。
Q7_P0034
PENTAX Q7 06 TELEPHOTO ZOOM: F2.5 1/400s ISO320

今年の秋は、思ったよりお出かけが出来てなくて、Q7の出番が減っています。
でも、K-S1買ったいまでも、手軽お気軽なのはQで、コレでいいな、って思えているのでメインはこちらです。

今年は後何回お出かけが出来るかどうか、ってところですが、文章は少なくてもいいので、また出来るだけ書いていけたらな、って思っています。

そして、また、カウンターが0000を超えました。4週目くらいになったのかな、1年半くらいで。

こんにちわ


既に葉の色が黄色を越えてきた時期、肌寒くなってきましたね。

こんな時期、おでかけしたいなぁ、と思っていたので、連休には雨にもかかわらず山のほうへ、前回よりも更に山の奥へと行ってきました。

場所は、奥只見、苗場、新潟って感じです。

Q7_P9785
Q7: 08 WIDE ZOOM F5.0 ISO200 1/125s 27 mm AWB 青抽出
#苗場プリンスホテル

そして、更には今回からスーパーなQの使い手として、2台同時運用を中心とした動きになっています。

Q-DOUBLE

Q7とQ-S1の2つを同時に使っていく運用です。
嫁さんが首に下げているときは、上のような感じです。

実は・・・K-S1を購入して特に感じてしまったのは、(コッソリな声ですが)K-S1よりQの方が楽しいってことです(笑)
このQの楽しさは、Kマウントなカメラでは未だ実現できない楽しみがたくさんあります。

確かに、撮れる絵としてのクオリティはKマウントレンズの方が上です。

Q7_P9788
Q7: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO200 1/50s 18 mm AWB ハードモノクローム
#ドラゴンドラ

しかしながら、Qには・・・例え2つ持っても無茶苦茶軽いという軽快さ、撮る瞬間にイメージを考えて絵を作る楽しみ、あちこちスナップして「要らないものを後から消す」という真逆の考え方でもファイル容量が負担にならない(Kなら10MB/枚、Qなら1.5MB)という利点。

この利点は大きいです。もちろん、無茶苦茶綺麗に残せるほうが良いに決まっています。
でも、そこは割り切りで考える発想を変えていくことが、実は旅行では一番大切なことなのかな?って思うわけです。

Q7_P9842
Q7: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO100 1/80s 21 mm AWB
作品的な写真で思い出の旅行を大切に残すスタイルにしたいのか、遊んでいる旅行を更にその時の瞬間の「勘」でプラスαして面白かった思い出の旅行として後からでも楽しめるものにするのか、その考え方の違いがQとKの間にはありそうです。

正直、まんまQと同じ運用が出来るKがあれば、それが一番楽しいかも。


Q7_P9861
Q7: 08 WIDE ZOOM F4.0 ISO200 1/80s 27 mm WB:CTE

それには、Qにあるクイックダイヤル、常にライブビューなスタイル、軽量ってのが重要で、正直、K-S1はスタイルが違うと思いました。

K-S1はファインダーを覗いて撮るのが楽しくなるカメラ。

私が求めるのは「その瞬間にどう撮れるのかが解るカメラ」。ちっちゃな覗き窓では残念ながらちょっと違いました。
正直、クイックダイヤルがついたK-01とかSONYのα7sみたいなカメラが一番かもしれません。

IMGP1366aa+
Q-S1: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO160 1/200s 207 mm WB:CTE 黄色抽出

K-S1はホワイトバランスに色温度が設定できたりKマウントレンズの綺麗なボケとか作りやすいので、カメラの楽しさは上なんですけど、スナップの楽しさは無いかな、って感じです。

そして、Qの良さは、その瞬間の感じたものをすぐにアートとして残せる良さです。

それを2台(いや、もしかしたら3台でもいいかも・・・)持ちで、実は楽しさがアップしました。

コッチは自分で首にかけて撮ってもらったものです。

KS1P2230

片方に08番をセット、もう片方に06番をセットするのが一番お気に入りスタイル。

暗くなりかけた時には08を01に変えたり、たまに魚眼にしたり、魔改造レンズにしたりします。

この複数持ちのメリット、一番は「速射」性です。レンズをガチャガチャするまでもなく広角も望遠も撮れる。

IMGP1441
Q-S1: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO1600 1/10s 22 mm WB:CTE 黄色抽出
#長作の丼ぶり待ち時間


K-S1なら便利ズームを頼るところです。それでいいじゃないか、と思うのですが、Qの2台持ちの場合はクイックダイヤルの4つ制限から解き放たれるという「重要な要素」が絡んできます。

Q7で青色抽出、Q-S1で黄色抽出を切り替えるってこともできますし、片方は「ハードモノクローム」、もう一方で「あでみやび」ってこともできます。
片方で「日陰」のホワイトバランス、もう一方で「CTE」なんてのもできます。

どっちで撮ったほうが今の場所で良かったか、というのを後から「消すだけ」で良いんです。
後からPhotoShopなんかを使って弄くるのも楽しいですけど、昔はそういう時間がありましたが、今はなかなか取りにくくなっているので、やっぱり撮って消すだけ、といった方が楽ちん。
撮った一枚一枚を編集加工しているのとは使える時間に差が出て大きいです。

しかも今回、2日間の旅行中、ほとんど雨の中でした。こういうときもサッと撮れるのは大きい。

IMGP1461
Q-S1: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/10s 81 mm WB:CTE

初日の午後に数時間、2日目の午前に3時間ほどだけが晴れていた時間です。

レンズを換えて特性に合わせて色々撮る、たしかにレンズ交換式の楽しみはそこにあるのですが、どのレンズがその時その場所で合うかは判りません。

だからレンズをいくつも、っていう話なんでしょうけど、カメラに振り回されるのも事実なんですよね。

ということで、Qなら複数もっても(Q7+Q-S1にそれぞれレンズ+レンズもう1本で1kg)、K-S1の本体につけたレンズ+もう1本(約1.5kg)よりも、圧倒的に軽い。

Q7_P9902
Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO400 1/8s 39 mm AWB

Qは複数買っても楽しいカメラです!

なんか、勢いで書いてるのでとりとめないけど、今日のところはこんな感じで。


こんにちわ

ここのところK-S1にハマりっぱなしですが、おでかけはQ7の方が楽しいのでやっぱりコッチ(笑)

湖の壮大な景色はやっぱり08番が似合う。気持ちいい風を気持ちいいレンズで撮るのは快感です。

IMGP8570 Q7:08 WIDE ZOOM F4.5 ISO200 1/500s 17 mm

Kマウントでお気に入りの広角がまだ見つかりません。単焦点もいいのですが、旅行にはズームが便利なんですよね。でもやっぱり16mmくらいのものから欲しい。なんか、こう指が動くのが少ない。タムロンのA16あたりが良いのかなぁ、って思うんですけど、重いのは欲しくないので、 そのうち出るらしい新16-85mmが出るまでは、やっぱりお出かけの基本はQ7がメインになるかなー(Q-S1は嫁さん)。

IMGP8676 Q7:08 WIDE ZOOM F5.0 ISO100 1/320s 24 mm

うーん、光が漏れてくるのがキレイ。夕方付近はこういう絵が撮れるから気持ちいいです。

IMGP8163 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F4.0 ISO200 1/250s 69 mm

なんというか小さな船が出ていて絵になります。
この時期は暑くもなく散策に最適です。もう少し時期が遅ければモミジも赤くなってきますよね。
でも、今が人が少なく、すいていて、いい時期なんですよね。

IMGP8036 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO640 1/25s 110 mm

今回は泊まりで遊びにいきましたので、夕方も朝方もお散歩ができました。
さて、・・・例によって朝方は青抽出で楽しむ時間です(笑)

IMGP8227 Q7:01 STANDARD PRIME F2.8 ISO200 1/125s 39 mm

今回は久しぶりに赤い色の抽出(といいながらオレンジですが)もスナップ。たまには違う色も趣があっていいですわー。

IMGP7836 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F3.5 ISO200 1/400s 207 mm

Qの絵、Q7やQ-S1なら結構奇麗だと思うんですよね。もちろん、十分な光が確保できないとキツイしノイズだらけになってしまうのですが、等倍で見ない、iPhoneなどのRetinaで見る、印刷は2Lまで、って限定していけば、夜景以外まったく困らない。1/1.7センサーでも十分楽しいと思うのです。

そして、K-S1と違って機能全部入り(笑)自分のカスタムも事前準備してすぐに呼び出せます。やっぱりコレが楽しい!

IMGP8421 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/200s 103 mm

さて、ここまできたら、富士山を撮らなければ意味が無いですよね。今回は忍野八海(おしのはっかい)で撮影。良い場所です、ここ。
でも、残念ながら、まだ今の富士山には白い帽子が被っていなく、ちょい早かった・・・。


IMGP8617 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO125 1/200s 204 mm

まぁ、でも、チョウチョが良いショットをくれたので、これはこれで嬉しかったり。
Qでのお出かけは、いつでもサクッと写真が撮れるところが嬉しい。レンズのチェンジもすぐに出来ます。意外にもホルスターケースが活用できています。

IMGP8538 Q7:08 WIDE ZOOM F3.7 ISO100 1/200s 17 mm

さて、今回から試している今まで使っていなかったエフェクト、ポップチューン&ポスタリゼーションです。Qの良さはこの事前準備でクイックダイヤルに登録し、いつでも1秒で呼び出せるところです。Qの場合、RAWを保存して後から加工なんていう楽しみ方はしないで割り切ってJPEG一発勝負の方が経験を積めるし本当に楽しい。一発だから身に入ります。あぁ、自分の影が入ってる!次は気をつけよう、とか、考えながらカメラを撮っていく楽しみが倍増していきます。

あー、K-S1もコレが出来たら良いのに。


IMGP8539 Q7:08 WIDE ZOOM F4.5 ISO100 1/125s 17 mm

ポスタリゼーションは、このように派手な景色で分かりやすい構図、判りやすい対象のとき、コイツで撮るのは面白いです。ただ単にポスタリゼーションにするのではなく、キーを弄ったりして派手にするのがコツだと思うんです。このバージョンを撮って、普通のも撮って、色々変えて撮って、そんなこんな幾つも撮ってもRAWを一枚PCでいじくるよりも早い時間で終われる。つまり、その分家族と楽しめます。この素晴らしさは、Qを持っている人にしか判りませんよネ。

IMGP8530 Q7:08 WIDE ZOOM F5.0 ISO200 1/200s 25 mm

ちょっと面白みの無い看板のログハウス風の建物も、ポスタリゼーション効果で素敵な絵画に(笑)

自分の感性を試されるカメラかもしれません、が、しょせん見るのも自分な訳ですから、細かいことは気にしないでいいんです。どんどん撮って楽しむ、ダメなものも含めて楽しむ、これがQの楽しさです。

IMGP8513 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/320s 146 mm

・・・普通に撮るコスモスも素敵だとは思いますが、風に揺らいじゃうし、天気がよすぎるとアンダー気味に撮らないと変になるので結構難しい対象なんですよね、これ。
こういうのを、良いカメラで奇麗にとっていくのも楽しいかもしれないんですけど、後から見てもいつ撮ったものも同じようになっちゃってて、面白み半減。キレイなカメラだから、思い出に残るとは限りません。それを教えてくれるのもQ。

IMGP7822 Q7:01 STANDARD PRIME w/ 魔改造アタッチアップ F1.9 ISO400 1/15s 39 mm

うーん、でもでも、こうしてみると、やっぱり02番を使う機会は減っています。
ほとんど08番か06番。たまに01番ですね。最近01番は接写ばっかり(笑)

Qのダメなところは、02番が・・・。もうちょっと「きめ細かさ」みたいなのが欲しいんですよね。
08番のような・・・。プロ仕様の02番が出てくれるか、それとも09番のマクロをさっさと出してくれて、それで代用できるようになると面白そうなんですよね。
でも、09番マクロは06番と被りそうな予感。うーん・・・。こういうのは1200万画素の限界なんですかね。1600万画素くらいまであれば奇麗になるんでしょうか。いや、やっぱり02番は既に1/1.7センサーに耐えられない古い仕様なんじゃないかな、って思います。

 * * *

さて、今回は吉田うどんを食べて帰りました。まあ、うどんよりオプションの方が美味しかったのは内緒・・・ですヨ。

こんにちわ

お盆休みに突入しましたね、皆さんはどうされていますか? 

私はというと、取り敢えず気になっていたスーパームーンのこともありますが、先ずは新宿へと行ってきました。 

今日はあえてボケるというかピントがしっかりしない魔改造レンズで、かつ、アンティークぽく載せてみます。理由は多分わかるかな?

IMGP4953魔改造レンズ B (REBOOT) 1/25s 23mm F2 ISO200

歩いて行った先は都庁に近い、あの場所です。
新宿は昔に比べ、本当に綺麗になりましたよね。ゴチャゴチャした民家とか、もうあまり見かけない。

特に都庁側はホテルとか色々立ち並ぶし、NSビルだけでなく色々と楽しめるビルが増えました。

その中の一つ、割とシンプルな所、でもアクセスの良い立地にあるここ、今日の目的地はこのセンタービルです。

IMGP4957魔改造レンズ B (REBOOT) 1/5000s 23mm F2 ISO200

このビル、行き方は西口方面、ヨドバシカメラの更に奥、都庁方面に向かって直ぐにある、みずほ銀行のある建物で、近くには変な編み網な形のビルの学園の建物が有るので非常に分かりやすい。

IMGP4952魔改造レンズ B (REBOOT) 1/400s 23mm F2 ISO200

目的地まではもうすぐ。

IMGP4956魔改造レンズ B (REBOOT) 1/10s 23mm F2 ISO200  

ここの左奥の中庭的な階段を降り、地下の中二階的な高さの場所に今回の目的地があります。

そう、ここはPENTAX リコーのイメージングスクエア、簡単に言うとPENTAX カメラの東京ショールームなのです。

懐かしいです。去年の6月の終わりにQ7のカラーが観たくて来た以来なので約一年ちょっとぶり。 

もちろん、アレですよ、今月28日発売のアレ、触れる物があるかな?と思って来てみたんです。

…が、まだまだ、実機は置いてませんでした。QーS1。

これ、出していいのかな?

コッソリ撮っちゃったんですが、まぁ、宣伝にもなるからかたいことは言わないですよね?(苦笑)

IMGP4949魔改造レンズ B (REBOOT) 1/25s 23mm F2 ISO200

結構いい感じでした。個人的にはシルバー推しかな。Web限定のカラーは置いてませんでした。

また、あえて綺麗な奴は載せませんので直に見れるチャンスで観てみてください(笑)

外観だけのチェンジとはいえ、なかなかどうしてってな感じです。

で、PENTAX Q7持ちなら、その中身、気になってることありますよね?

そう、あれとあれ。

Q−S1新機能

先ずは、これ。アンティークとフェードカラー、印刷物での確認なのでようわからんのですが少し白くてチャコールポイ私の好きな感じがアンティークかな、対しフェードカラーは良く解らない(笑)

最近お気に入りの少し暗めの潰れかけてる奴の感じかなぁ?

どちらにせよクロスプロセス使わないで確実にあの色が使えるなら割とイイかも。
ファームアップでPENTAX Q7にも対応して欲しいかなあ、でも、そうすると本当にQ-S1 との違いがガワだけになるからしばらく無理かなあ…。
いや、それよりクイックダイヤル足りない!!

Q−S1諸元

カタログの諸元の所、気になった所に線を引いておきました。
まあ、本当にこうなのか、って確認が出来ました。

後少ししたら量販店でモックも見られると思いますけどいち早く確認してカラーオーダーし、発売日に欲しい!って人はここに来るとガラス越しですが見られます。
また、カタログも手に入ります。
ショールームの奥に行かないと置いてませんが。
お時間があれば、ここに遊びに行くのも面白いと思います。
綺麗な写真の個展観たいなのも見られます。

こういう所で個展開けるってイイなあ。


さて、Q7で何を撮りますか、の続きとなります。

今日は、2日前に書くと言っておきながら、ちょっと置き去りになった「街灯」のお話です。

カメラを使って撮る行為をするのなら、結局「何に使うか」にぶちあたるというお話を昨日しましたが、そのなかに「コレクション」っていうのがあったと思います。

カメラを趣味にするなら定点観測や、成長記録、スナップという形があると思うのですが、「みうらじゅん氏」とかがやってた「マンホールの写真」を収集していくのも遊び方の一つだと思います。

アチコチ行く機会が多い人、または都内などの人が多い場所に居る人なら「街灯」ていうのは面白いネタですよ。オススメです。

街灯は商店街の顔じゃないでしょうか。
あちこちで違うものがあります。知っていましたか? 特色があるんですよね。

では、そういう写真をズラーっと沢山載せていってみたいと思います。

IMGP1187 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.2 ISO100 39 mm AWB 

IMGP1913 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 69 mm AWB

IMGP1937 02 STANDARD ZOOM 1/160s F5.0 ISO100 52 mm AWB

IMGP1993 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.0 ISO100 50 mm AWB

IMGP2300 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 24 mm AWB 

IMGP2759 02 STANDARD ZOOM 1/20s F7.1 ISO6400 28 mm AWB

IMGP3065 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2500s ISO100 230 mm AWB

IMGP3359 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO100 24 mm WB:Shade X-Process

IMGP6778 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.2 ISO200 116 mm AWB

IMGP6969 06 TELEPHOTO ZOOM 1/320s F2.8 ISO100 163 mm AWB

IMGP7295 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO500 39 mm AWB

IMGP7342 02 STANDARD ZOOM 1/30s F4.0 ISO500 23 mm AWB

IMGP7369 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO250 122 mm AWB

IMGP7488 08 WIDE ZOOM 0.6s F3.7 ISO500 17 mm AWB

IMGP7574 01 STANDARD PRIME 1/80s F1.9 ISO200 39 mm AWB 

IMGP7590 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB

IMGP8303 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 57 mm AWB

IMGP8441 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800 143 mm AWB

IMGP8656 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/500s ISO200 354 mm WB:CTE

IMGP8677 08 WIDE ZOOM  1/80s F4.0 ISO100 18 mm WB:CTE

IMGP8688 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 37 mm WB:CTE

IMGP9409 08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 69 mm WB:Shade X-Process

IMGP9555 08 WIDE ZOOM 1/250s F5.0 ISO200 27 mm WB:Shade X-Process 

IMGQ0047 01 STANDARD PRIME 1/100s F2.5 ISO100 39 mm WB:CTE 

IMGQ0052 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB

いやぁ、本当に色々あります。こういう何かテーマを決めておいて、行き先で1枚1枚残しておいてコレクションとしておくと写真の趣味の幅も広がっていくんじゃないかなぁ、思います。 カメラ買ったけど撮るもの無いなんていう言葉を聞いたりしますが、もったいないですよね、ほんと。

Q7なら軽くてどこにでも持ち歩けるから可能性は無限だいなんですよ! 大きいのと違う、それはここに大きく差が出るんです。

こんにちわ

これで瓦巡りシリーズは最後です。

  IMGP118501 STANDARD PRIME 1/100s F2.8 ISO200 39 mm AWB

瓦は庶民の味方でした。

IMGP188802 STANDARD ZOOM 1/50s F4.0 ISO100 55 mm AWB

もちろん、それ相応の家にしか使われませんでしたが、銅葺の屋根なんかに比べるとピンキリで色んな瓦があったお陰で普通の家にもよく使われています。

IMGP1919Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/100s F0 ISO800 161 mm AWB

だからこそ、街中、特に古めの商店街なんかに行くと焼き杉の板張りとセットで使われている風情のある古民家調の屋根なんかは、もう、そこらにあって、これをハードモノクロームなんかで撮ると素敵なんですよね。



IMGP194002 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO200 43 mm AWB

また、青抽出したときのガンメタのテカリ具合とかも素敵だったり。しますが、標準のままとっても風情があったりします。

IMGP186402 STANDARD ZOOM 1/800s F4.0 ISO500 34 mm AWB

何気ない銭湯の屋根、でも「三州瓦」のように青く焼いたやつなんかなら、奇麗に色が抜けたりします。
こちらも「いぶし銀」の高い奴に負けず劣らずの高級品。素敵ですよね。

IMGP243702 STANDARD ZOOM 1/60s F8.0 ISO400 69 mm AWB

もっとも最近は「和風」な感じで作られる建物も多いので、復元された家とか、変に瓦だけを和にした家なんかではチグハグ感がありますが・・・。

IMGQ002202 STANDARD ZOOM 1/100s F2.8 ISO500 69 mm AWB
古い家は復元では味わえないなんともいえないバランス感が良いんですよね。


IMGP926902 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 69 mm AWB

まぁ、瓦って言うのはそういうのもひっくるめてQ7で見かけたらバンバン撮っていくのが楽しいのです。なにせデジカメなら撮り放題ですからね(笑)

IMGP928102 STANDARD ZOOM 1/50s F2.8 ISO125 28 mm AWB

でも、まあ、この漆喰+ガンメタ瓦の迫力は凄かったですね。
水戸で見たやつなんですけど、少し離れたときのかっこよさって言うのはたまらなかった。

カメラ買ったけど、何を撮れば良いのかわからない、って悩んだときの逸品、初心者のコレクションとして、瓦屋根はオススメです。
と、あと1つ、商店街ならではの「絵」っていうのありますので、個人的にはオススメしたいものがもう一つあります。 が、長くなったので、それは明日にでも。

こんにちわ

本日も瓦・・・についてです。

IMGP226801 STANDARD PRIME 1/800s F8.0 ISO3200 39 mm AWB 

瓦って言うのは、実は無機質なようで有機です。ん?

こけがついているか、人の作った温かみのあるやつと単純な量産か、文化財的な価値があればあるほど見え方も違って来ます。

IMGP2726魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO800 53 mm AWB

連なり方、飾り付け方、屋根自体の組み方、実に様々です。そしてまた木造の建築とよく色のバランスマッチしていて、見ているだけで侘び寂びが伝わって来てうっとりです。


IMGP347706 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO800 202 mm AWB

ただ、瓦って重いんですよね。

昔のような大黒柱があって、梁もたいそうなのを使って、支柱も太いのを使って、といった造りの家は、近年なかなか作ろうとと思っていても、建てるのは難しいですよね。 
多分使われ具合としては減る方に推移しているはずです。

IMGP882602 STANDARD ZOOM 1/100s F2.8 ISO160 69 mm WB:Shade X-Process

年季入った家でよく見かけるドアが開かない軋みの要因ってのほとんどは瓦の重みによるものといわれておりますよね。

先の大地震で崩れ落ちて修復する費用を感じてしまった処では、もう、従来までの重い尊厳のあるあのガンメタの大きいやつを載せる家は少なくなっているんじゃないでしょうか。

IMGP926608 WIDE ZOOM 1/320s F4.0 ISO100 23 mm AWB

ウチの屋根も禿げて割れるコロニアル系にはせずに瓦にしましたが、軽量な洋瓦にしましたし。

IMGP959902 STANDARD ZOOM 1/100s F2.8 ISO500 69 mm AWB 

瓦のいい処はモノクロームで撮っても極彩で撮っても、レトロに撮っても簡単に「さま」になる処ですかね?それでいて広角、遠近、デフォルメと簡単にバリエーションをつけられる被写体です。

IMGP973001 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO100 39 mm WB:Shade X-Process 

古い飾り部分が骨董とかで手に入ったら庭とかのオブジェとして配置もできます。こうなると間近でその造形の美しさが確認できます。

IMGP973901 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO125 39 mm AWB

IMGQ003108 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO640 27 mm AWB

また、庭を瓦で川のようにしたり、谷根千にあった壁をこんな風なイメージにするのも面白そう。

発想は無限大、撮り方も無限大。
こうでなければいけない、ということは全くないのだけど、並べて配置する時には瓦が持つカーブを活かして、その形状の不自由さを意識して組み立てる。

きちっと決まればずっと残していけるもの、まあ、適当に配置しても観るだけならソコソコ形になる。

これって、何だか写真の極意にも似ていませんか?
こじつけっぽいですけど(笑)


こんにちわ

Q7を手にして色々と遊びにいきました。
特にこの1年では「神社巡り」が多かったです。

IMGP2135

それはQ7を手にして初めて訪れた京都、伏見稲荷から始まっていますが、そもそも瓦を写真に残すようになったのは自分の庭に地震で倒壊した祖母の家の瓦を使って土留めの枯山水な庭を作ったことがきっかけです。

IMGP1926

こんな感じで庭の土留めにしております。もう側に置いた植物は繁殖が凄いです(笑)
和の庭を作る過程で金沢の、兼六園にいったり、京都の無鄰菴に訪れたりと色々見てるウチに日本の景色ってイイなあと感じるようになりまして、いつか近場の和の世界も色々見て見たいなって思ってました。

IMGP0465

有名な浅草や横浜中華街にも行きましたが、地元の和の世界も愉しいですよね。

IMGP0876

深川不動尊や根津神社。近所にある素敵な和の世界です。

IMGP1881

そして、欠かせない存在である瓦。

様々な「瓦」でも、日本は中国とかと違っていて「黒鉄色」いわゆるガンメタリックに見えるようなグレーが多いですよね。それが素晴らしい。


IMGP271201 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm WB:Shade X-Process

Q7を手にして気にするようになったからこそ気がついた埼玉に幾つもある氷川神社。そして、鴻巣神社。

地元の小さなところにも、銅だけでなく瓦がしっかりつかわれていて素敵です。

IMGP273703 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO800 17 mm AWB

こういったミニマムな世界も愉しいですよね。

IMGP346708 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO100 27 mm AWB


IMGP3590MiyazakiSONNETAR 25mm 1/250s F8 ISO100 115 mm AWB


また、色んな鬼瓦のバリエーションがありますよね。
 
被写体の対象としてじっくりやると結構いろんな種類があって面白いですよ。

こんにちわ。

水の有る風景は、これでいったん終わりになります。

IMGP7662
#金閣寺 
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 69 mm AWB X-Process

振り返りの写真は旅先の想い出に繋がります。


IMGP8980
#草津温泉
02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 23 mm AWB X-Process

青抽出にて温泉を撮る際に、エメラルドグリーンのような色を残すことで神秘的な池にも見えてきます。

実際はお湯の花と言うか、黄緑な液体だったんですけど、人間の記憶なんて曖昧なので写真で正しく色を残さなくても雰囲気、例えばこの場所で神秘のパワーをもらえたんだ、と言う記憶のほうを強く残して神秘の色で残しても違和感は感じなかったりするものです。

IMGP1482
#古河総合公園
02 STANDARD ZOOM F5.0 ISO100 23 mm AWB

また、モノクロも同じ。春の花を淡いピンクで残すのも大切なんですけど、この長閑な小川の雰囲気をカラーで残すより頭で着色させたほうが太陽の暖かさや風の気持ちよさも思い出とともに蘇ります。

  IMGP4505
#袖ヶ浦
08 WIDE ZOOM 1/250s F5.0 ISO200 27 mm AWB X-Process

カラーで逆光を残すのもQ7の楽しみの一つではないでしょうか。
普通の光学ファインダーでは直視できない構図を液晶でイメージして撮りに行く、ってことが出来るわけで、小さく軽い分自分の動きと合わせて低い位置から撮ったり背伸びして撮ったりと自在です。


Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/200s F11 ISO200 161 mm AWB

キラキラ感は6枚羽が好き。

やっぱり、スナップや想い出に貢献するカメラってのは、自分も動けてカメラに振り回されないで遊べ、でも、瞬間を狙えるもの、つまりは小さくて軽いが一番だったりします。

コンデジ感覚で軽く持ち歩けるPENTAX Q7は愉しいカメラです。

こんにちわ

ここのところ大雨も多いということもありますし、少し昔の写真になりますが、水のある景色をいくつか載せてみたいと思います。

自分なりに「水」のある場所へのお出かけは結構多いと思っていて、海だったり山だったり、色々この1年間の中で行きました。

それなりにブレずに撮れたかな?って思うものを載せてみますが、水のある景色って結構難しかったんだな、っていうのが改めて振り返ると感じるところです。

まず、どこにピントを合わせ、どの色をメインにするか、これでガラリと変わっちゃうんですよね。
空の青さを撮ると水は暗くなったり、流れている水を「流した線」で撮ろうとすると手ぶれしたり。

なかなか興味深い被写体だったなと思います。

IMGP0900
#横浜の山下公園
03 FISH-EYE 1/1600s F5.6 ISO200 17 mm AWB

ここは03番の魚眼を水平に構えた際の気持ちよさを実感したところです。正直Q7で広角がこんなに面白く撮れるんだ、と感じた一瞬でした。

IMGP7167
#埼玉のとある公園
01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO200 39 mm AWB

なんてことのない水たまりな調整池の場所なのですが、その波の見え方が面白いんです。半分は澄み切っている感じ。風があったのかな?と今でも不思議に思います。

IMGP7484
#神戸港
08 WIDE ZOOM 0.4s F3.7 ISO500 17 mm AWB

夜景は難しいなぁと思う一瞬。神戸港はそれなりに地面に接地して撮ったはずなんですけど、微細な「揺れ」が邪魔してくれました。ほとんどブレブレのばっかり。かろうじて見られるものをチョイス。
夜の埠頭付近の難しさを痛感しました。

IMGP8726
#群馬の穴地獄・茶ツボミゴケ
01 STANDARD PRIME 1/13s F8.0 ISO125 39 mm AWB X-Process

対して温泉+コケ、という自然の素晴らしさを感じた場所。暖かいところにコケですから、不思議です。
流れる水、奇麗な苔、あぁ、このときに08番があったらな、と思いました。

IMGP3647
#勝どき橋の夜の顔
08 WIDE ZOOM 1/4s F4.0 ISO1250 27 mm AWB X-Process

08番を手にして意気揚々と会社帰りに撮りにいったのを覚えています。
勝どき橋から豊洲フロント方面にカメラを向けるとマンハッタンみたいな都会のビル景色が見えます。
しかし、ここも同じように「揺れる」んですよね。こっちは車の振動。

Q7は総じてISO感度がもう少し上がってもザラつかない写真が撮れるようになると使い勝手が良いのかもしれません。

いつも「どうやってシャッタースピードを稼ぐか」という課題に直面していました。
ISOも高く設定出来ますが、普通に考えて1600が限界。それ以上はザラザラで見れたものじゃない。
もちろん、そのざらつきを活かした撮り方も出来るんでしょうけど、腕でカバーできるほどの力量はなかなか得られなかったというのが実感です。
でも、1250くらいまでなら、イケます。だから結構スナップメインにすると楽しくて奇麗な写真が撮れました。普通に思い出を残す写真としては十二分な威力です。

こんにちわ

実は今日、Q7を購入してお外へ持ち出して撮影を初めたから日から1年を迎えました。時が経つのは早いですよね。去年の今日は晴れていましたが、例年通り、といいますか、関東では7月の上旬まではいつも「梅雨」の時期です。

ですが、もうそろそろ梅雨もおしまいになるかもしれませんので、ここいらで「あじさい」をまとめてみたいと思います。アジサイはQ7を買った直後に撮れなかった花だったのです。

さて、先ず始めに、残念ながらゆっくりと探せてなかったためもあってカタツムリとセットのところは撮れませんでした。 これは・・・どっかの植物園とかいけてれば撮れたのかな?

また来年にでも撮れたらいいな、っていう宿題になりました。


アジサイも色々な種類があるのですが、その辺はあまり良く知らないので、とりあえず道行く先々で撮れたものを載せていきます。

IMGP4603 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

まずはオーソドックスな感じの奴ですね。

IMGP4710 06 TELEPHOTO ZOOM 1/20s F2.8 ISO200 201 mm AWB

赤紫のものは遠くから見ると奇麗なんですけど、写真とかに記録して間近で見てしまうとあまり奇麗とは言えないものが多いです。

IMGP4722 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO200 112 mm AWB

対して、白い奴はとても奇麗です。
結構好きかも。

IMGP4613 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO250 39 mm AWB

紫の奴も濡れると結構奇麗なんですよね。

でも、やっぱり、このタイプが一番好き・・・かな。
IMGP4614 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

アジサイの中では異端児かもしれませんけど、この花の引き立て方が素晴らしい。



そうですね、Q7をいつも持ち歩いてるから、何気ないところで良いものに出くわせるし、そして記録は別な日の記録と合わさってストーリーが生まれる。

1回の記録ではなんてことのないものでも、連続していくことで繋がりのある写真にもなっていくっていうのは素敵ですよね。

こういうのって、鞄に入らないような大きなカメラだったり、高くて濡れて湿気ったらどうしよう、とナーバスになりすぎるようなカメラだと出来ないですよね。

なにせ、梅雨の時期でも持ち歩けちゃうんだから。
だから、軽くて小さいミニ一眼なカメラ、Q7を持ち歩くのは楽しいです。 
まぁ、この時期は01と06しか役に立てないこと多いですけどね(笑)
 

こんにちわ

さいたま市浦和区にある「調神社」っていうところの話の続きです。
IMGP3618 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO2500 17 mm AWB ハードモノクローム

Q7を手にしてから色々な神社巡りをしましたが、それぞれ特徴があって面白いですよね。

このウサギがいるツキ神社もシャレが効いてますよね。

IMGP3599 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/1000s F4 ISO100 115 mm AWB

狛犬のかわりがウサギだったり、普通なら鳥居で構える入口には石柱しか無い。

IMGP3662 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/50s F11 ISO100 115 mm AWB

なんとも型破りな神社です。

そういえば、外には変なコブがある木がありましたね。

なんだか変な感じです。雰囲気もなんだか違って見えてきます。
2014-05-24-11-13-30 08 WIDE ZOOM 1/50s F3.7 ISO200 17 mm AWB 極彩

まぁ、せっかくここに来たのもありますし、このウサギ見た後には浦和での食べ物で有名な「ウナギ」を食べて帰りました(笑)
 

こんにちわ

昨日、smc DA18-270mm で月にチャレンジしましたが、今回はお出かけ・・・神社巡りです。幸いにも割と家の近くです。

IMGP3610 08 WIDE ZOOM 1/13s F5.0 ISO100 19 mm WB:Shade X-Process

この場所は埼玉県浦和市(現さいたま市浦和区)になります。

ここは不思議な神社であり、名前を調神社(つきじんじゃ)と言います。
ツキは月ではなく貢ぎの方らしい。うーん(笑)でもマークにはしっかり月。

IMGP3656 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/40s F4 ISO100 115 mm AWB

名前がツキ、というだけでなくお守りしているのは なんとうさぎ!
狛犬の代わりにウサギがいます。月だから、ウサギ、って言うのは日本人の美徳ですかね(笑)

IMGP3596 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/100s F4 ISO100 115 mm AWB

だからかウサギ好きの名所にもなっているようです。兎を神使とみなしてしまった結果、兎信仰にまで発展してしまったようですね。
2014-05-24-11-10-55

08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO250 17 mm WB:Shade X-Process

しかもここなぜか鳥居も持ってないんですよね。
なんだか不思議な感覚ですよこれ。 そういえば月を運の良善の決め事であるツキ、としてガンをかけに来る方もいらっしゃるようです。

こんにちわ

もう6月の中旬です。

去年の今頃、Q7の発表があったんですよね。

その時はまだコノQ7を買うなんて視野に入れてませんでした。
ただ、Q10では二の足を踏んでいましたが興味があったのは確かで、その際に候補としてありかなぁ、ぐらいに思っていたのは事実です。

確か去年の今頃オリンパスのショールームに出かけて試して触ってましたからね(笑)

それが、ここまでどっぷりになるなんて、思いもしませんでしたよ・・・。

さて、この休日は、また那須の方へと足を運んできました。

IMGP4308


そして、偶然ですが、蛍のシーズン真っ盛りだったようで。
蛍って、月が出ると消えてっちゃうし、夜遅くなると消えるし、光がたくさん舞っている時期は短いしで結構タイミングがシビアな観察対象なのですが、偶然チャンスがめぐってきたので撮ってきました。

でも、写真じゃ、分かりにくいので、久々にムービーにしてみました。

簡単なものですし、夜の真っ暗なところを奇麗に撮るって難しいですよね。
街灯も無い、周りは水辺、田んぼ、草むら。落っこちたらアウト、そんなところに蛍は生息します。
しかも今回はオールドレンズの撮影写真を増やすつもりだったのでAFレンズを1本も持たずに出かけてたりしたもんだから、超絶接写も逃すという失態(笑)

まぁ、お出かけの記念、自分の日記的にサクっと Youtubeにアップしておきましたので、ご興味のある方はどうぞ。
レンズは、初め魔改造B:REBOOTでしたが、広角→対象は小さい→まっくらで何がなんだか判らない、ってなことで、宮崎さんところの SONNETAR 25mm F1.1 に変更、MFだし、ピント合わせにクセあるし、真っ暗なのでピント合わすことも無理(笑)
 
ということで、敢えてピンボケのふわっっとした感じの光をヒトダマ風に撮影してみました。


Miyazaki SONNETAR 25mm F1.1  ISO500 F1.4 

蛍の光・・・か。

あと1ヶ月もすれば予定の1年です。楽しい時というのは早いものですね。 

こんにちわ

この間フラッとキリンを撮ってきました。

場所は都心。
いつもの動物園ではなく・・・

IMGP3349 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO500 200 mm AWB ハーフワールド 青抽出


こっちの麒麟です。

二本橋に佇むコイツ、なんというか、結構造りがすごくて格好が良いですよね。

それだけでなく、日照がカメラ泣かせです。
半分に強い光、半分は「陰」になるんです・・・。
でも、今回はうまくその状況を利用して、左はモノクロ、右は青抽出みたいに見える不思議な絵が撮れたと思います(笑)

IMGP3343 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO640 27 mm AWB ハードモノクローム


今回、モノクロまたはクロスプロセスの淡い系で撮ってみました。

ちょっと離れたところから撮ると、こんな感じ。

IMGP3336 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO640 25 mm WB:Shade X-Process


まともな色で撮るとこんな感じです。

IMGP3332 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO200 25 mm AWB


この辺りは普通に歩いていると面白いオブジェとか、結構あります。
なんでしょうね、昔流行ったんですかね?こういうの。

IMGP3316 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO250 27 mm AWB ハードモノクローム
 
まだまだ知らない街の風景がたくさんあります。

そういえば、この時に前に違うコンデジで使っていたいつもと違うSDカードを突っ込んで撮影したんです。
その際にたまたま前違う機種で撮った写真が再生時に出たんですが、ビックリしたのはこの液晶モニタ、意外に精細に写せるんですね。普段のQ7での見え方より細いところまで見えました。
元のJPEGも当然画素が多いやつだから当たり前といえば当たり前なんですが、1枚の再生表示速度がかなりもたついてたので、もしかしたらQのモニタ表示って軽快さを重視してワザと間引いたボヤけ画像にしてるんじゃ・・・。

こんにちわ

最近、埼玉のイベント的なところに行って観ると、必ず居るのがユルーいキャラクター、略してゆるキャラです。

おひおひ、もう、増え過ぎだろう、と思うのです。
そういえば、先週どっかの漫画でも書かれてましたね(笑)

今日はここのところ文字が多かったので、キャッチしたゆるキャラ写真でもどーんと載せてみます。
でも、埼玉近辺に住んでいないと知らないものばかりかもしれませんね?

IMGP3438 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F5.0 ISO200 69 mm AWB
#埼玉のキャラ:コバトン

IMGP3439 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F5.0 ISO320 69 mm AWB
#埼玉県行田市のキャラ:こぜにちゃん

IMGP3442 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F5.0 ISO250 69 mm AWB
#同じく行田市のフラべぇ

IMGP3440 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F5.0 ISO200 70 mm AWB
#埼玉県鴻巣市のキャラ:ひなちゃん

IMGP3441 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F5.0 ISO200 69 mm AWB
#群馬県のキャラ:ぐんまちゃん (後ろ姿ですみません:笑)

IMGP3444 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F5.0 ISO125 69 mm AWB
#埼玉県深谷市のキャラ:ふっかちゃん

IMGP3445 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F5.0 ISO400 85 mm AWB
#埼玉県桶川市のキャラ:オケちゃん

IMGP3551 08 WIDE ZOOM 1/100s F5.0 ISO100 27 mm WB:Shade X-Process
#岐阜県多治見市のキャラ:うながっぱ(鰻祭りで出張中)

IMGP3553 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 27 mm WB:Shade X-Process
#埼玉県さいたま市浦和のキャラ:浦和うなこちゃん

IMGP3552 08 WIDE ZOOM 1/125s F5.0 ISO100 27 mm WB:Shade X-Process
#埼玉県さいたま市のキャラ:つなが竜ヌゥ(浦和の鰻祭りの特別帽子被り版)

IMGP3694 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO1000 39 mm AWB
#埼玉県(旧)菖蒲町(現 久喜市)のキャラ:しょうぶパン鬼ー(ぱんきー)

IMGP3693 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO3200 39 mm AWB
#埼玉県久喜市の本キャラ:来久(ライク)ちゃん

IMGP3695 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO2000 39 mm AWB
#埼玉県上尾市のキャラ:アッピー

いやぁ、多すぎでしょう(笑)

でも、近くの埼玉県羽生では 世界ゆるキャラさみっと、なるイベントとかもあるらしいので、今度はコレクション的に狙ってみようかな・・・。

こんにちわ。

IMGP3267 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO250 27 mm AWB

ちょっと前に撮った写真になりますが、雨が続いていて気分的に憂鬱なので気分変えて今日は都会のビルにあるバラの花々の話でも。

IMGP3268 08 WIDE ZOOM 1/80s F3.7 ISO100 22 mm AWB

前に日比谷公園に行った時、ついでに近くのとある人材派遣会社のビルを覆い尽くしているバラを観てきました。

なんというか、凄く圧巻でしたよ。

IMGP3277 08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO200 17 mm AWB

本当はこういうときこそオールドレンズで奇麗な花などを撮りたかったのですが、あいにく当日は重いレンズを持ち合わせていなかったので太陽の光に苦戦しながらもなんとか撮ってきました。

IMGP3300 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 23 mm AWB

こんな感じでビル一面が薔薇に覆われております。すごいなぁ、これ。

IMGP3278 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB
 
真下から見るとこんな感じです。

IMGP3302 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO1000 27 mm AWB
 
更に、下の方は薔薇だけじゃないところがいいです。

IMGP3299 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 23 mm AWB

日比谷・・・東京駅・・・銀座の周りはKITTEもそうですが、色々とあって面白いですよね。


こんにちわ

久しぶりの東京駅、しかも昼間に来るとテンションが上がります。

さて、昨日からKITTEにインしていますが、その屋上庭園に来ています。

その屋上から見える景色が凄い!!

東京駅が一望なんですよ。この上から見る迫力が凄いです。
こういう時、08番持ってて良かったーってなる瞬間ですよね。


08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 20 mm AWB

東京駅をまるっとおさめられるこの嬉しさ。

あまりにも嬉しいので、ノーマル、極彩、青抽出と3回シャッター押しちゃいます(笑)

 IMGP3238 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 17 mm AWB 極彩


IMGP3242 08 WIDE ZOOM 1/100s F5.0 ISO200 27 mm AWB青抽出

KITTEは、実は中が結構凄かったり。

普通の商業施設っぽいんですけどね・・・。

IMGP3248 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO500 17 mm AWB

ココです。
IMGP3255 08 WIDE ZOOM 1/6s F3.7 ISO1600 17 mm AWB

なんというか、スミソニアン博物館を連想させるようなもの凄いコレクション
「 InterMediaTheque 」 ってのが凄いんです。このインターメディアテク、東京大学と一部京都大学の品も揃っている、骨格標本や、博物的な標本というか模型、人の内部構造から鳥、昆虫、魚や恐竜っぽいのまで、とにかくもの凄い数、貴重な品揃えが展示されている場所があるんです。KITTEの中に!

特に鳥類の剥製コーナーなんかは圧巻。よくここまで・・・、と思うものばかりです。そういう貴重な品揃えのものを、昔、集配作業エリアだったところを使いながらうまく展示しています。

とにかく素晴らしい数々。写真NGなのでQ7で撮れなかったのが残念ですが、東京来たら、目に焼き付けておくべき場所の1つではないでしょうか。ココ。

こういうのワクワクしますよね、今の子供達は簡単に無料で観られるだから羨ましいです。
月曜お休みらしいので、行くときは注意です(笑)

こんにちわ

昨日から久しぶりの東京駅、KITTEへの道の写真になっています。

ここのところの東京駅の開発は凄まじいですよね。
グランルーフもそうですし、その周りの開発もどんどん進んでいます。

IMGP3212 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm AWB

入口のKITTE の文字・・ IIIII<I E TITITE という感じでしょうか、真っすぐの棒にうっすら横棒が見えてて、いいなぁ、こういう遊び心。・・・・。って、さて、KITTEにインしていきますよー

IMGP3214 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO1250 17 mm AWB

東京中央郵便局。まぁ、窓口なだけなんですけどね。
郵便局と行ったら木場の方にある新東京郵便局とかの方を思い出しちゃいますが、今回は東京駅。

IMGP3217 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1600 27 mm AWB

ここにある窓口も普通に使えます。
そして、ココにしかないお土産もあるようです。

IMGP3219 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO1250 27 mm WB:ShadeX-Process

昔の局長はどんな思い出東京駅を部屋から観ていたんでしょうかね。
そんな気分も味わえる局長部屋なるところもありましたよ。

さて、上の方に行くと、屋上庭園のような場所もあります。


08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 18 mm AWB

結構オシャレです。というか、それだけでなく、上を見上げるとオフィス階がまだまだ続いてる!

IMGP3246 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 18 mm AWB
 
残念ながら立ち入りは出来ませんでしたが、更に高いところまであります。
霞みますよ、この高さ。

で、で、

その眼前には・・・・(つづく)
 

こんにちわ

今日は久しぶりに東京駅に来ています。


08 WIDE ZOOM 1/20s F3.7 ISO1600 17 mm AWB

あの青抽出を初めてメインで使った場所、という意味で思い出深い場所です。

IMGP3205 08 WIDE ZOOM 1/20s F3.7 ISO1600 17 mm AWB 青抽出


今日は、そんな東京駅に久しぶりに来ています。

IMGP3206 08 WIDE ZOOM 1/5s F3.7 ISO1600 17 mm AWB

改札を抜けて・・・

IMGP3207 08 WIDE ZOOM 1/20s F4.0 ISO1600 26 mm AWB

今回の目的地は・・・


ココです。KITTE。 
IMGP3209 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm AWB

ようやく来れました。
 
なんというか、結構デカイですよね!ここ!

こんにちわ

今月は神社巡りも結構しました。

IMGP2608 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO400 17 mm AWB

地元にある氷川神社がたくさんあることにも驚きましたが、大宮の氷川神社が結構素敵だったのには驚きました。

IMGP2557 03 FISH-EYE 1/100s F5.6 ISO200 17 mm WB:Flash

池やモミジとのバランス、近場にある動物公園、連なる鳥居・・・


03 FISH-EYE 1/30s F5.6 ISO250 17 mm WB:Flash

けっこう中くらいのコンパクトさでまとまっていました。

IMGP2686 魔改造レンズD プラスアルファード 1/100s F9(8) ISO160 53 mm AWB

そしてその中にある公園にあったハンカチの木、結構素敵でした。

IMGP2645 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s ISO400 AWB

あ、後、近場にある氷川神社もダブル鳥居とかありましたね。
今回は片方だけのを。ハーフワールドの応用です。

IMGP2697 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO100 39 mm AWB 

Q7を手にしてから特に近場の場所を良く知れるようになりました。
まぁ、結婚するまで横浜住んでましたからね・・・。

 

こんにちわ

 今月はお花も咲き始めてきて世界が明るくなってきていましたよね。

ということで、昨日は田舎の方へ行った記録をまとめましたが、今度は都心の公園の記録である日比谷公園の方を。

IMGP2163 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm AWB 青抽出

日比谷公園の入口には有名な日比谷花壇があります。

入口からお花全開モードで 出迎えてくれるので気持ちがいいですよ。

IMGP2167 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 23 mm AWB

中に入れば緑の樹々やお花もあちこちにあり、広々としています。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO320 24 mm AWB

変な?噴水もあります。そういえば、この公園では02番をもっとよく使いたいという気持ちが強くありました。標準だからこそ画質もそれなりな02番。広角な部類だけど大味でもある02番。うーん、魔改造レンズB(REBOOT)が出来てしまったしな・・・そっちの方が手軽かも・・・明るいし・・・って気持ちとの葛藤が今になっても増えつつあります。明るい奴で作り直して欲しいな02番。

IMGP2244 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO320 69 mm WB:ShadeX-Process


そうそう、樹々といえば、今月は四葉のクローバーも見つけました。もっともコレは栃木での出来事ですが(笑)

IMGP3060 PENTAX-M 50mm 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

都心でこういうの見つけるのは至難の業だったろうからもの凄くラッキーなことでした。コレをQ7で撮れたことは自分に撮ってblogやってて良かったなぁ、に通じています。長く続けていなかったらこんな出来事に繋がらなかったと思うのです。


そうそう、この間モノクロでとりました斑入りのバラをカラー版で載せておきます。バラってなんかを観て心を和やかにしてくれるし奇麗で素敵ですよね。ということで!?
来月も頑張っていきたいです。

IMGP3135 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB

そういえば、もう、Q7を手にして11ヶ月にもなっていくんですよね・・・。

来月は手持ちのレンズの総おさらいもしていこうと思っています。
特にオールドレンズはゆっくり御託を語ることが無かったですしね(笑) 

ここんにちわ

今月もQ7と一緒に色々な所に行きました。

GWの最中から・・・

水田を駆け抜け・・・

IMGP2802

栃木県、奥日光。

IMGP2820 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO500 27 mm AWB

いろは坂を超えて中禅寺湖、三本松が既にない三本松公園、戦の後など全然ない(そういう意味ではない)戦場ヶ原。

IMGP2832 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO800 27 mm WB:ShadeX-Process

でもまぁ自然の感じられる場所という意味でのびのびリフレッシュしてこれた感じでした。


08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 27 mm AWB

若葉の季節ですから、樹々のある場所は気持ちがいいですよね


06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250 135 mm AWB

また、ものすごい量、数多くの鯉のぼりも観られましたし・・・。

IMGP2951 08 WIDE ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 19 mm AWB

東洋のナイアガラも観られました。

IMGP2997 08 WIDE ZOOM 1/125s F5.0 ISO200 24 mm AWB

おひねりおじさんの姿も面白かったです。

IMGP3076 PENTAX-M 50mm with KQ Adapter 1/100s F5.6 ISO100 230 mm AWB

こういった自然の広大な風景を撮るカメラとして軽量でAFの付いている08番はとても重宝しています。

こんにちわ

今日もクロスプロセス多用する写真になってしまっていますが、昨日の続きで鴻巣の神社のお話になります。
実は最近、シャッフルなクロスプロセスも悪くないかな、って思ってきていまして、1つの設定で緑をブレイクできたり赤をブレイクできたりするので、被写体に合わせて数枚撮ればピッタリのイメージになること屢々。ははは。

さて、この神社はちょっとションボリな感じのする神社なのですが、それでもちょっと特徴がありまして、それは下記の2つ。
IMGP3464 08 WIDE ZOOM 1/40s F3.7 ISO640 22 mm WB:ShadeX-Process

こういったお守りの類い、多いですよね。ここは「コウノトリ」をモチーフにしているイメージのようです。願掛けにはいいかもしれないですね。

IMGP3465 08 WIDE ZOOM 1/40s F3.7 ISO1600 22 mm AWB

もう一つが、この樹。実は最近知ったのですが、こういったコブ付きの樹々っていうのは神木的に祭られているところって結構あるんですね。
で、ここの奴はなんというか、乳のみ的なやつです。


08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1000 27 mm AWB:X-Process

コレがあるからオスとメスのある双方の樹々をウリにしている感じなんですよね。

結構こういう組み合わせで自然?に出来ていた場所なら神聖な感じもします。
でも、これ、牛を知らないような近所の子?が、乳ではなくて男性の『もの』がイッパイ!!っていう感じで歓喜して騒いでましたよ!? あちゃ〜。


IMGP3473 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO500 126 mm AWB:X-Process

うん、確かに、なかなかどうして、近くまでアップさせると結構似てます(笑)。

IMGP3482 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO800 69 mm WB:ShadeX-Process

っていうか、ココ、うさんくささも結構ナカナカなものですよ・・・。由来からしてコジツケ・・・。国府から鴻にしちゃうなんて・・・。

IMGP3476 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO640 80 mm AWB

神木にある、縄だってすごい。なにせちょっと観には凄そうに見えるんですけどね・・・。

IMGP3475 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO250 80 mm AWB
近くで良ーく見ると、ビニール製!?

・・・うは・・・。確かに気持ち分かりますけどね・・・。うーん・・・(笑)

こんにちわ

今月はなぜか埼玉の神社に良く行ったわ・・・。
なんというか近場で別な目的に行った帰りに立ち寄れるというか、今まで気がつかなかったところに目を向けたというか、そんな感じです。

IMGP3484 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO400 69 mm AWB  ハードモノクローム

今日訪れたのは埼玉でも上の方にある「鴻巣」にある神社。


02 STANDARD ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 23 mm AWB  ハードモノクローム

コウノトリの、あれですわ。


02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO125 34 mm WB:ShadeX-Process

そこそこ立派です。


02 STANDARD ZOOM 1/80s F2.8 ISO100 23 mm WB:ShadeX-Process

なんというか、夫婦銀杏とか、そういうのあります。

両側にそびえ立つ銀杏、コレがそうです。

IMGP3478 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO200 36 mm AWB ハードモノクローム

そういう意味ではちょっと変わっていますよね、ココ。
IMGP3481 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO250 23 mm WB:ShadeX-Process

こんにちわ

今日は群馬県にある名勝、『ふきわれのたき』を撮ってきましたのでその写真を。

IMGP2990 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 27 mm AWB

ここ、「東洋のナイアガラ」ですよ(笑)

まぁ、広めのところに落ちる滝、というか水の落ちていく様は素敵でして、なんというかマイナスイオンをたっぷり浴びれるような気にしてくれる場所です。

IMGP3010 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F7.1 ISO100 123 mm AWB

水の景色なので、またシャッタースピードを変えながら撮ってみましたよ。

IMGP3002 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250 125 mm AWB

こういう滝のようなところは両方楽しいです。スピードを遅くして糸のように魅せるのも奇麗で素敵ですし、水しぶき感をたっぷり残すスピードの速い撮り方も圧巻です。

IMGP3029 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

小さいサイズでみるとちょっと迫力に欠けますが、この広い感じをどーんっと撮れる08番は 本当に頼もしいです。

IMGP3039 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 204 mm AWB

ただ、こういう場所、近づけば近づくほど「濡れる」ので、結構難しいですよね、撮るのって。

だから少し遠いところから撮る06番も結構使えます。
中途半端な距離がかえって活きてくる珍しい例かも(笑)


08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO200 17 mm AWB

大自然の消しきって面白いですよね。
小さな悩みなんてバカバカしくなる。
 

こんにちわ。

今日はヒーローと会ってきました。

IMGP3092 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO1600 101 mm WB:ShadeX-Process

IMGP3091 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO800 86 mm WB:ShadeX-Process

いやはや、一応平成ライダーシリーズを認識していますが、コイツは・・・この人達はまったく知らないです。

まぁ、それもそのはず、どうもご当地ヒーローのようでして(笑)

今日は彫り物で有名?な栃木県鹿沼市の麻苧町屋台を見に来ています。

IMGP3088 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 204 mm WB:ShadeX-Process

この屋台、素敵ですよ。

IMGP3094 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO1600 69 mm WB:ShadeX-Process

彫り物の緻密さ、素晴らしいです。1台作るのに何ヶ月かけたんだろう?っていう感じです。

IMGP3086 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 202 mm WB:ShadeX-Process

日本って素晴らしいわ。

IMGP3093 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO1600 69 mm WB:ShadeX-Process

屋台の造りは圧巻です。

IMGP3089 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO800 94 mm WB:ShadeX-Process

そんな屋台、どうやら子供達にも人気のようで・・・。

IMGP3082 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

なんだかひょとこなおじさん達が屋台から飴やらお菓子やら、縁起物のおひねりとかを時々配っているようです。
こういうのなんかいいですよね。

それに混じって大人が時々「我が物顔」として手を伸ばし奪っていってるのがチラホラ。
なんか、切ないですわ、その行動。あんたらタバコ1箱買わなければ好きに喰えるだろうに。ふぅ。

こんにちわ

もう5月も下旬になりそうで、花々も草木も生き生きしてきましたよね。

IMGP3153 06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F2.8 ISO1600 201 mm AWB


カメラ始めると決まってというかお約束な写真として、とりあえず草花を撮っちゃいたくなりますよね。

IMGP3151 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1000 194 mm AWB

ということで、ここのところのお出かけモードから一息ついて、 ちょっと近場で撮ってきたお花などを。

IMGP3150 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

本当は、これは何の花、この草木は何々と語れれば良いのでしょうが、残念ながら私にはその知識が足りません(笑)

IMGP3124 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO160 126 mm AWB

まぁ、下手に解説するより、気ままに撮って気ままにアップ。このスタイルを貫こうかな、と(笑)

IMGP3122 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200 126 mm AWB

でも、個人的にはシルエット的なアートになる方が結構好きだったり。

IMGP3111 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 146 mm AWB

だから、こんな奴を撮るのが好きだったりします。

あ、そうそう、今回チョットいいことが。

なにげに昔を思い出して土手っぽいところを見渡してみると、5分もしないうちに見つけられましたよ。

IMGP3061 PENTAX-M 50mm w/KQ ADAPTER LENS 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

4つ葉のクローバー。本物です。
なんか、歩いててフっとそういえば、って思い出して探してすぐに見つかったんで、これは呼ばれたのかもしれません(笑)

40年以上生きてきて、見つけたのはコレで4度目くらい。ちょっと暑い時に直ぐに押し花にしなかったので2日もしないうちにダメになっちゃいました。うーん失敗。
今度は土をもっと多く一緒にもらってこないとだめかな。

でもQ7で撮っておいて良かった!

こんにちわ

さて、大宮にあります氷川神社ですが、今日は氷川神社でも違う氷川神社を撮ってきましたのでその写真を。

IMGP2694 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

実は埼玉には「氷川神社」というのが約200社あるようなんです。

ここはわりと家の近くにある氷川神社です。ここの特徴は・・・鳥居が二つ??

IMGP2701 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

いやいや、なぜでしょう、相撲の出来る小山が・・・。ここで色々なことがあるのを想像出来ます。・・・て、子供や相撲部屋の親方が出てくるわけではありませんよ!?

IMGP2716 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

入口にはこんなものも。

ささら獅子舞ってご存知ですか?

天狗と一緒に踊る?抱きかかえられ縁起を担ぐ子供達。 そういったイベントがあります。


IMGP2718 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO100 39 mm AWB

氷川神社って奥が深い。まぁ良くわからない神社グループ?とでもいいましょうかね・・・。

なんてコトの無い近所の廃墟みたいな公園なんですけどね・・・。

IMGP2719 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB 極彩

その証拠に、近くで鳥居を撮影するとこんな感じ。木の廃れ具合がよう分かる(笑)

IMGP2713 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

でも細部まで観ると結構しっかりしています。

IMGP2736 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO400 53 mm AWB

こういうところを観ていると結構楽しいです。派手な神社もいいですが、こういうローカルな感じもいいですよね。

IMGP2737 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO800 17 mm AWB

Q7と一緒の神社巡りは楽しいです。

こんにちわ。

氷川神社に隣接している大宮公園に来ています。 IMGP2692 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO200 53 mm AWB

そこにはちょっと珍しいものがあります。

IMGP2677 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO250 53 mm AWB

こいつではなくて・・・


03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO640 17 mm WB:Flash
こいつです。

もうちょっと大きくアップしましょうか。
IMGP2631 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

もう少し寄りましょうか。


01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO200 39 mm WB:Flash
更にアップ・・・。

IMGP2650 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

これ、ハンカチの木です。ここまで大きなものを観たことはありませんでした。
びっくりです。

普通に公園の一角にそびえ立ちます。そして、布のような花びらがフラフラと揺れています。
これだけ大きいと、「ハンカチ」と言いたくもなりますよね。

結構貴重なものですよね、ココまで大きいのはあんまりないらしく、日本に入ってきた当時からあるような木ぐらいなもののようです。

暖かくなると色々なものが観られて嬉しいですよね。若葉も黄緑で奇麗で楽しくなってきました。

こんにちわ


01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

この間から大宮の氷川神社を歩いています。

IMGP2581 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO320 53 mm AWB 極彩

ここには大きな池があって、そこには鯉もいれば亀もいます。

IMGP2549 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F5.6 ISO100 143 mm WB:ShadeX-Process

その池のはじっこに、その「亀」がいるんです。

IMGP2554 03 FISH-EYE 1/40s F5.6 ISO100 17 mm WB:Flash

結構、たくさん居て、かわいいかも(笑)

それほど遠くない場所にある氷川神社、結構大きくて素晴らしい神社です。
そういえば、鷲宮とかにも良い神社あるし、埼玉って結構神社に恵まれていますよね。

IMGP2608 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO400 17 mm AWB

広々として気持ちがよいです。

こんにちわ 埼玉県にあります大宮駅からすぐのところにある氷川神社に来ています。

IMGP2560 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm WB:Flash

今回久しぶりに登場させたレンズ、07番のベースに05番の胴体、そして中身にコンデジのレンズを1枚挟み込んだ特殊なやつで、07番の特性を遠距離にしたような奴です。



IMGP2596 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB

普通の01番も併用していきます。しかし相変わらず白く飛ぶ機会が増えています。日差しが強くなるとフードが必要なのかもしれません。



IMGP2600 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

しかし緑青が進んだ同葺の屋根などは、微妙な明るさや色合いを持っているので02番より01番、という選択になります。特に01番は明るめなので曇りの日でも使いやすく、また軽いのでQで撮りやすいのが特徴ですしね。

IMGP2599 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.2 ISO100 39 mm WB:Flash

白木の造りも01番なら奇麗に残ります。

IMGP2605 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm WB:Flash

しかし手とかではれきりやらないと、本当に01番は白くなっちゃいますね。

IMGP2589 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO800 53 mm WB:ShadeX-Process

今回久しぶりに持ち出した魔改造D、なかなか日の丸の構図的なものにピッタリです。
07番だと至近距離3mしない場所しか狙えませんがコイツを持ち出せば10m以上先でもOK。 ピントリングも存在しているので結構自由なのが楽しい。

やっぱり魔改造したレンズはクセが強くて面白いです。

こんにちわ

今日は家に近いところにある「氷川神社」まで行ってきました。

IMGP2538 03 FISH-EYE 1/100s F5.6 ISO200 17 mm AWB 極彩

ここはとにかく広い・・・。
公園としても有名ですもんね、大宮公園って。

IMGP2540 03 FISH-EYE 1/60s F5.6 ISO200 17 mm WB:Flash 極彩

参道も長く、ここに辿り着くまでも時間かかるのですが、境内に入ってからも広いです。


IMGP2542 03 FISH-EYE 1/30s F5.6 ISO200 17 mm WB:Flash 極彩

お、ここにも鳥居を重ねてる感じが。
実は結構ポピュラーなやり方なんでしょうかね?

こういうのって京都の伏見稲荷だけだと思ってたのに根津の乙女神社といい、ココといい、結構あるもんですね。


IMGP2548 03 FISH-EYE 1/160s F5.6 ISO200 17 mm WB:ShadeX-Process

池もあって、鯉もいれば亀!?もいます。
ちょっと意外な空間ですよ。


IMGP2609 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO1000 17 mm AWB 極彩

久しぶりに魚眼レンズだけで撮ってみましたが、結構難しいですよね。
ピント合わせっていうのもあるんですが、少し暗めなので明るいところを探すんですが、明るいところは紫の滲みも出やすいので使いどころがなかなか・・・。

でもって神社系のものは極彩で奇麗な朱色撮りたくなるので、それが更に目立つ。

まぁ、スナップ感覚でカシャカシャやるんじゃなくてもう少しじっくり撮れば解決するのかもしれません。
まだまだ勉強しなくちゃなぁ・・・。 

こんにちわ

IMGP2378 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm AWB 赤抽出

三越は外観も凄いし中に入ってからも凄いのですが、屋上も凄いですね。

IMGP2414 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

IMGP2410 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 26 mm WB:Flash

屋上にあるチェルシーガーデン、ここ古くからあるようですが、結構いいです。

IMGP2426 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO1250 40 mm AWB 極彩

なんと、ビルの上なのに、鳥居が・・・。

IMGP2442 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO400 202 mm WB:Flash

どうしてなかなか、街中の屋上なのに素晴らしい広々としているし種類も豊富で素晴らしいショップです。いいなあ、ここ。

IMGP2429 02 STANDARD ZOOM 1/30s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

見守ってくれるオブジェも結構種類があってみていて飽きません。



IMGP2448 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO1000 90 mm WB:Flash

素敵な花を勝ってに撮らせてしまいました。もちろん、少しだけは買っていきましたから・・・(苦笑)

IMGP2455 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 180 mm WB:Flash

花が咲き始めてくると、春が来ている感じで楽しくなってきましたよね。

こんにちわ 日比谷方面・銀座付近から少し歩くと三越に辿り着きます

今回はそのルートを歩いてみます。

IMGP2357 02 STANDARD ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 23 mm AWB

和風のお店を通り越し街中へ繰り出します。

IMGP2359 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO400 23 mm AWB

今風のオフィスビルが立ち並ぶエリアを歩いていくことになります。

IMGP2365 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO200 37 mm AWB

そして広い大通り。きっと平日はもの凄い人や車が行き交っているんでしょうね。

IMGP2368 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO500 37 mm AWB

街中は凄いですね、消費税が上がっている今でもこんな安い値段で飲み物を提供しているなんて・・・。 50円ですよ(笑)

IMGP2382 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO640 36 mm WB:ShadeX-Process

三越の近くに来ると街の雰囲気も厳かな感じが増えて一変します。

IMGP2389 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO640 25 mm AWB

三越は構えからして凄いですね。造りが違います。素晴らしい。

IMGP2403 02 STANDARD ZOOM 0.5s F4.5 ISO320 69 mm AWB

なんというか、入口も凄い・・・。っていうか、これ、中身凄すぎますよ。ライトがかっこよかったんで、ちょっと効果だしてみました。02番はこの遊びができますよね。

IMGP2407 02 STANDARD ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 25 mm WB:Flash

中にあるコレ初めて見ました。作り込み凄いですね〜。

こんにちわ

ここのところ自然のあるような郊外の場所に行っていましたが、この間からの銀座周辺を歩く続きに戻したいと思います。あ、もちろん、この間のMARUMIのPLフィルターを付けっぱなしです。

IMGP2273 02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100 47 mm AWB 

空の色の冴えなさはあんまり変わらないのですが、建物やオブジェの色が引き締まってきたように感じます。ここのところはあまり持ち歩かなくなってきていた「標準」的なレンズである02番、もう少し出番が増えるかなぁ?

さて、皇居の近く、銀座・日比谷、その辺りを歩きます。

IMGP2275 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO100 32 mm AWB

どちらかというと銀座のメイン通りへ歩いてみます。

IMGP2281 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO1000 69 mm AWB ハードモノクローム

それにしても有楽町・銀座・日比谷・東京、新橋、みんなこんな近くにあります。不思議なエリアですよね・・・。

IMGP2280 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO100 40 mm AWB 青抽出

なんというか、都会でもこの辺りっていうのは洗練されているというか、奇麗ですよね。

高層ビルが立ち並ぶだけでなく、アートに近いものがあるというか。

IMGP2289 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO1250 57 mm AWB

どんどんと街の中心へ移動しています。

都会ほど青抽出が似合う、そういうコトを思い出します。

IMGP2305 02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO100 29 mm AWB 青抽出

なんというか、自然の世界では空が結構飛んじゃってることが多い曇りの日ですが、街中で空に向けずに撮ると奇麗な発色をしますよね。

私の写真はかなりの割合でリバーサルフィルムの設定で撮っているのですが、デフォルトって鮮やかでしたっけ、そっちだとどうなるんでしょうかね・・・。

IMGP2308 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO100 28 mm AWB 青抽出

そういやこのビルの壁、素敵ですよね。

壁が工夫されていて、もこもこ膨らんでいるように見えるんです。
素敵ですね。

真下から見るとこんな感じ。

IMGP2311 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 44 mm AWB ハードモノクローム

建造物って素敵ですよね。

こんにちわ

先日に日比谷公園のお話をしていましたが、その続きをしたいと思います。
今回の写真から、02番はMARUMI のEXUSを必着状態にしています。

IMGP2175 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm AWB

日比谷公園は有楽町や東京から歩いていける距離にあります。

IMGP2180 02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100 24 mm WB:ShadeX-Process

その中は、結構広く都会にある贅沢な広場というか、懐かしい感じがする公園です。でも、ここが昔は陸軍の傭兵訓練場として使われていた広場の跡地だって言うことをご存知ですか?

IMGP2199 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO125 41 mm AWB 青抽出

でもまぁ、それは遥か昔の話。今の形の公園になってから、もう100年以上の歴史があります。

IMGP2247 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO640 40 mm WB:ShadeX-Process

公園の中にはイチョウ、梅、ハナミズキ、薔薇、松などたくさんの樹々があります。


02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO200 23 mm AWB 極彩

また、花壇もたくさんあり、花々もいっぱい植えられています。また、それらがちゃんと札付きで植樹されていますので何がどんな木なのかすぐに分かります。

IMGP2207 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 26 mm AWB

普通に街の中ですよ、ビルの合間です。不思議ですよね、こういう空間がちゃんと大切にされているんです。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO320 26 mm WB:ShadeX-Process

日比谷公園は街中にあるのんびりとした昔ながらの公園のような感じですよね。

IMGP2255 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO1000 69 mm AWB ハードモノクローム

水のある景色もあります。


02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 24 mm AWB

水面に映る景色って素敵ですよね。

こんにちわ。

ここのところ、Q7を持って「いろは坂」の向こうの景色を撮りに行っています。

IMGP2944 08 WIDE ZOOM 1/80s F5.0 ISO100 24 mm AWB

この辺りは、まだまだ冬景色。道もちょっと前に埼玉の山奥で観たときと同じように雪かきの跡があります。
さて、日光の先、いろは坂→中禅寺湖→竜頭の滝、ときたら、目的地である戦場ヶ原って決まっていますよね?

IMGP2919 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 205 mm AWB


ここ、てっきり大昔の戦の跡、侍合戦の跡地かと思ったら、そうではなくて、大蛇と大ムカデ(それぞれ群馬側と栃木側の大きな山)の争った場所、とかいう結構適当な昔話で成り立った場所なんですね。

IMGP2906 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB


あわわって感じです。

それに・・・

もっと酷いのは、3本松っていう名前です。

IMGP2907 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB

てっきりですね、コレかな?と思ってジロジロ見つめたり記念撮影したりしてしまいましたよ。


#駐車場の脇にある看板と3本の木
08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 20 mm AWB

WiKi見直したら、三本松、とうの昔に無くなっているとかじゃないですか。
今じゃ只の茶屋の名前とか。酷いわ(笑)


まわり見渡しても、冬の延長なのか、枯れてる木々ばかり。


08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 23 mm AWB

まぁ、草っ原には松ぼっくりなんかが落ちていてのんびりした広々な公園と考えれば、お弁当とか持ってきてくつろげる場所なんでしょうけどね・・・。GWに渋滞しながら来るところという感じではないですね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 203 mm AWB

でもまぁ、Wikiみて気がついてびっくりしたこと1つ。

戦場ヶ原では山上げ栽培が行われていていて、栃木県で行われていた山上げ栽培の代表的なものに「イチゴ」があるんだそうな。従来、イチゴは初夏の果物で、その出荷時期は丁度今頃。 5月の果物だったんですね・・・。
そういや、帰りにいつもの農家さんのところでイチゴかっていきましたわ。

で、昔イチゴを戦場ヶ原で山上げ栽培し、クリスマスシーズン出せるようにした「日光いちご」ってのが重宝したらしいんです。
へーって感じ。こういうのがあって、今のイチゴ=冬〜初夏っていうイメージが定着しちゃったんでしょうかね。おそるべし栃木。

こんにちわ

この間から「いろは坂」の向こうにある景色をQ7で撮っています。

しかしながら、高原での撮影は難しいです。
太陽の日の強さが中途半端というか強くて、オーバーで飛んでしまうような絵になったり空が白くなってしまうことが多いです。

いつもならめんどくさいのでTvかMのTAvにしちゃってごまかすのですが、EVも合わせていかないと奇麗に撮れなかったりします。

でも、めんどくさいから控えてない・・・(笑)

IMGP2897 01 STANDARD PRIME 1/4000s F1.9 ISO1250 39 mm AWB

で、中禅寺湖の先にあります、「竜頭の滝」っていうところまで来てしまいました。

ん〜なんというか、ここは食事どころって感じが凄くするのですが、その目の前に見えるのが竜の頭、滝は両ひげっていう場所のようです。

IMGP2874 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 203 mm AWB

ん〜、普通に滝をとってもそう見えないですよね。

IMGP2882 06 TELEPHOTO ZOOM 1/1250s F2.8 ISO800 120 mm AWB

だから、こんなときはTvモードでシャッタースピードをできるだけ落としてみましょうか。

IMGP2877 06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F8.0 ISO100 120 mm AWB

こんな感じの速度でどうかな?

IMGP2893 01 STANDARD PRIME 1/6400s F1.9 ISO1600 39 mm AWB

コレを2本作れば、竜の髭っぽいとこが出来て、そうみえますかね??って、あれ、遠目に小さく撮れば早くてもそれなりに見える??
 

こんにちわ

GWはどこへお出かけでしたか?

今回、いろは坂の先、中禅寺湖に足を運んできました。
もちろん、Q7と一緒にです。

IMGP2829 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO800 25 mm WB:ShadeX-Process


春とはいえ、ここはまだ冬の終わりみたいな感じでした。
寒いですよね。

IMGP2834 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO400 27 mm AWB


だから草木もまだまだなんですよね。


08 WIDE ZOOM 1/640s F3.7 ISO500 17 mm AWB

寒々とした冬を見るような彩度の低い湖と樹々。
美しさはあれどどこか哀しげな湖。

IMGP2831 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO640 27 mm WB:ShadeX-Process

せっかくカップルが歩いているのに、なんだか寂しそうに感じるのはこの湖が人より美しいせいだから何でしょうか。
それにしても中禅寺湖ってのは日本百景の一つらしいですね。
まぁ全てを収めつもりは無いのですが、色々なところを撮れるというこの自分の境遇には感謝したいと思っています。

IMGP2853 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO320 89 mm AWB

良く見ると樹々が芽吹き始めています。

ここももうちょいで春が来そうですね。
 

こんにちわ

 

08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO1600 26 mm AWB 極彩

今日は空も明るく気持ちよかったので、奥日光、いろは坂を体験してきました。

IMGP2809 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO250 200 mm AWB

いろは坂っていうのは、山を登るクネクネ道です。そう、単純にそれだけで、それの急な曲がり角に「いろはにほへとちりぬる・・・」って文字が1つ1つ付いているって言うアイデアものな坂です(笑)

ちなみに、ここって、上りが「い〜ね」までで、残りの「〜ん」までは下り側にあります。気がつかなかったよ

IMGP2810 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 205 mm AWB

流石に適当なシャッタースピードでは看板を捕らえきれません。適当に速度遅くして車を走らせていると後ろから鳴らされちゃいますしね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO400 207 mm AWB

いろは坂を上から見るとこんな感じです。

クネクネと曲がっているのは負荷をかけずに登れるようにするためですけどね、こんなとこ、ようのぼったわ・・・昔の人って凄い。

IMGP2820 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO500 27 mm AWB

今はロープウェイでヒョいってもっと上に簡単に行けちゃうんですからね・・・。

IMGP2823 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO400 199 mm AWB

上の方は5月でも雪が残っています。だから舐めた服装で行くと、むっちゃくちゃ寒いですよ・・・。

こんにちわ

今日は5月5日、もうこんな時期になったんですね、早いです。
GWもそろそろ終わりになってきました。

IMGP2962 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO125 110 mm WB:ShadeX-Process

ちょっと車を走らせて山奥をドライブすると、田舎になればなるほど「鯉のぼり」の週間が残っています。

というか、町おこしみたいな感じでみんなの家の鯉のぼりをまとめて流そうっていう感じで大きく何匹も流しているところとか結構見かけます。

IMGP2965 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO100 79 mm WB:ShadeX-Process

こういうの圧巻で良いですよね。

IMGP2957
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO125 153 mm AWB

都内ではナカナカ観られませんし、場所も要りますから何匹も泳がせられないですからね。

こんにちわ

今日は、ふらりとJR有楽町で降りて日比谷方面へ向かっています。

IMGP2115 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.0 ISO100 23 mm AWB ハードモノクローム

有楽町という駅は不思議です。

IMGP2125 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO500 40 mm WB:ShadeX-Process

東京駅からすぐ側にあり、行き過ぎると新橋となり、降りて左に行くと銀座です。
IMGP2122

02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO160 60 mm AWB ハードモノクローム

右側をちょい歩くと日比谷になります。

IMGP2127 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO200 23 mm AWB  青抽出

東京って狭いよな、っていうことを実感する駅だったりします。

IMGP2128 02 STANDARD ZOOM 1/320s F4.5 ISO1250 69 mm AWB

今回、ウォーキングというほど歩いていないのですが、有楽町駅から日比谷付近、場所の目的地は帝国ホテルと宝塚のあるストリートです。

この辺りは高層的なビルもあり、でも駅の線路は古いレンガもあり、と青抽出をしてみると結構気持ちのよいエリアだったりします。 

IMGP2136 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100 23 mm AWB  青抽出

今回、購入したMARUMIのPLフィルタを付けながら02番でここを歩いてみました。

IMGP2142 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO250 69 mm AWB 青抽出

この辺りはコレくらいにしてもう少し先、都心にある広い公園にまで向かって歩いてみますかね・・・。
 

こんにちわ

今日はGWに突入している人も居るんでしょうかね?
私はというと、今年は暦通りですし、体調の衰えもあってかおそらく家にこもりそう。

まぁ、近場ぐらいは車で移動してみたいと思います。

さて、今月は色々行きました。

まずは、つい最近の話ですが、深川不動尊と富岡八幡宮。そういえば、富岡八幡宮には・・・なぜだか伊能忠相がいらっしゃいます。

IMGP1929 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO800 27 mm AWB


深川メシと一緒の絵が撮れるのはココだけかもしれません(笑)
 
IMGP1927 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 27 mm AWB

次に都内にある同じ東京十社である根津神社。

IMGP9563 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO500 17 mm WB:ShadeX-Process

乙女稲荷は京都の伏見を思わせるような写真スポットでもありましたね。

IMGP0465 02 STANDARD ZOOM 1/500s F3.5 ISO1600 46 mm WB:ShadeX-Process

和の延長である浅草も浜離宮と共に歩きました。

IMGP0458 08 WIDE ZOOM 1/500s F4.0 ISO320 27 mm WB:CTE

川を昇ってスカイツリーと黄色いアレを観たのは浜離宮庭園からの船の旅でした。

IMGP0217 08 WIDE ZOOM 1/50s F3.7 ISO100 17 mm WB:CTE

都内も面白いですよね。

さて、今月は都内だけでなく茨城や埼玉の公園にもいきました。

まずは桜や梅の続きで訪れた古河総合公園。桃の名所でしたね。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F7.1 ISO250 23 mm AWB

緑と樹々が素晴らしい広々とした公園でした。


08 WIDE ZOOM 1/100s F5.0 ISO100 23 mm AWB

IMGP1761 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

さいたまの権現堂公園も素敵でしたね。

春満開って言うワードはこのためにあるんじゃないかと思う色の組み合わせです。
菜の花と桜の組み合わせ、青空。

IMGP0891 08 WIDE ZOOM 1/1250s F4.0 ISO640 25 mm WB:CTE

強風が凄く、シャッタースピードとの闘いでした(笑)
こういうときは動画で撮る方が簡単ですよね。

冬が終わり生き生きとしてくる自然の世界をQ7と共に観て歩けるのはとても嬉しいことです。
毎年どこかにカメラを持って出かけてした。

でも、今年はQ7でガチャガチャやりながら色々な春を観て来れました。
もう、暖かくなってきて、「暑い」を感じる日々が出ましたもんね。

IMGP1421 02 STANDARD ZOOM 1/250s F5.6 ISO250 67 mm WB:CTE

コイツも元気な姿で登場です。さて、5月ですよ、もうすぐ。

こんにちわ。

今日はいつもと違って技術的なネタを披露したいと思います。

今までずっと撮り続けてきたblogにはレンズ情報をできるだけ付与していました。
今日は、この話です。

今回ガラスの先に仕舞われている神輿。これを撮ったものが以下のものですが・・・。

08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1999
#ファイル名:08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1999.JPG
08 WIDE ZOOM 1/10s F4.0 ISO250 25 mm AWB

両方とも極彩で撮っています。もうひとつ、少し広角範囲を変えたやつ・・・

08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP2000
#ファイル名:08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP2000.JPG
08 WIDE ZOOM 1/15s F4.0 ISO250 27 mm AWB

と2枚を敢えてファイル名付きで書いてみます。

今日は、この『レンズ情報』のお話。

私はWindows7のVAIOとMacBook Pro Retinaの両刀使いではあるのですが、普段写真を触っているのはMacBook Pro の方です。
まぁ、その辺は写真が奇麗に見えるから、っていうのが一番の理由ですが、余計なことをやらなくて、でも、複雑なこともやらせやすいっていうのがあります。

その一つが、コレ、Exif Toolの活用です。
まぁ、検索すれば、『ExifToolで出来ることの紹介』といったご参考になるblogさんのページがありますので、詳しいことはそっちでもご参考にください。

簡単に言いますと、このツールはマウス操作とは無縁の面倒なツールです。なんというか、昔パソコンおたくがキーボード叩いてうんたら、っていうことをしているプログラマ向けなツールです。

でも、やれることが凄い。写真に埋め込まれているISO情報やレンズ情報を抜いてきたりGPS情報なんかを操れたりします。
で、私はターミナルを開いてコマンドちょいっと使って、レンズ情報を写真から抜いてきてテキストファイルに書き出したり、必要な時にはファイル名を直接書き換える準備をしたりしています。

例えば、ファイル名を修正するためのファイルを作るには、下記みたいに処理します。

    exiftool -LensModel -ExposureTime -Fnumber -ISO -FocalLengthIn35mmFormat -WhiteBalance -CrossProcess -csv *.JPG | awk -F"," -f /usr/local/bin/ffexif.awk > Exif.txt



これはexiftoolというコマンドを実行し、その際にレンズモデルとF値、ISOや距離、ホワイトバランス、クロスプロセス効果等を抜き取って、「awk」というUNIXでよく使われる文字整形ツールを通してExif.txtっていうファイルに書き込んでくださいっていう処理をしています。

そして、そのawkというツールでは、 ffexif.awk というファイルに書かれている処理を実行してくださいっていう指示をしています。

その指示内容は、下記みたいな感じになります。

    { printf "mv "$1" '";
    if ($6=="690 mm") { printf "99_XR_ZOOM70-150mmMACRO" } else {
    ; if ($6=="77 mm") { printf "99_FA77mmLmt" } else {
    ; if ($6=="354 mm") { printf "99_FA77mmLmt" } else {
    ; if ($6=="35 mm") { printf "99_Flektogon35mm" } else {
    ; if ($6=="15 mm") { printf "99_Voigtlander15mm" } else {
    ; if ($6=="50 mm") { printf "99_PENTAX50mm" } else {
    ; if ($6=="161 mm" && $4=="0") { printf "99_Flektogon35mm" } else { printf $2; }}}}}}

    };

    printf "_ISO"$5"_";
    if ($7=="Auto" ) { printf "AWB" } else { if ($7=="Shade") { printf "WB-Shade" } else { if ($7=="Color Temperature Enhancement") { printf "WB-CTE" } else { printf "WB-";printf gsub(" ","",$7); } } };
    if ($8!="Off" ) { printf "X-Process"};
    print "_"$1"'";}


まぁ、単純に言うと情報をファイル名として変換するための文章にしているんですね。MacOSでのターミナルコマンド「mv」ってのはMS-DOSでいう「ren」みたいに使えるもので、ファイル名を変えますよっていう奴です。元のフィアル名をレンズ情報+ファイル名にします、っていう行をたくさん作っておく小さなプログラムみたいなものです。

一度にファイル名の変換までしてしまうと、間違って入力した時に取り返しがつきませんから、いったんテキストファイルとして書いて、使う時にコピペ、もしくはchmod +xによるバッチファイル化して使うようにしています。

実際にできあがる内容は、下記みたいになります。

mv  01 STANDARD PRIME_ISO250_AWB_IMGP1964.JPG  '01 STANDARD PRIME_ISO250_AWB_01 STANDARD PRIME_ISO250_AWB_IMGP1964.JPG' 
 
って、ちょっと難しい話でしたかな。

WindowsでもMacOSでも、写真の中に埋め込まれているEXIF情報を取り出してくれるものはいっぱいあります。そういうの使うのが手っ取り早いとは思うんです。

でも、私がなんでこうしているかっていうと、そのawkファイルの処理に特徴があります。そう、お気づきですか?
実はQ7で撮る写真、オールドレンズをKQアダプタ経由で使って写真を撮るとレンズ情報はなんと「空っぽ」なんです。

だから、ここを工夫して、写真を撮る時に「このレンズを使うときは必ずこの焦点距離をセットする」という手法でレンズ名を残すようにしているのです。そう、Qに取り付けた時に選べる、数値入力出来るアレ、です。
PENTAX smc FA77 Limitedなんかを使う時、77か354mmにしてQ7に覚えさせ、それで撮影。F値は残りませんので自分でメモしておくか、後から勘でやります。このとき02番のようなズーム範囲があるのと被りにくいようにしておくのがポイントです。

で、レンズが固定した焦点距離が77mmのとき、このファイルのレンズ名を『 if ($6=="77 mm") { printf "99_FA77mmLmt" } 』っていう風に自動置換えさせちゃうのです。コレが便利。この$6っていうのは6番目に距離情報がくるように指定したからなのと、99って先頭に入れているのは03や08番のレンズよりも後にファイル名を並ぶようにしたいから。

さて、その応用で、こういうコマンドを自作します。

  exiftool -gpslatituderef=n -gpslongituderef=e -gpslatitude=$1 -gpslongitude=$2 *.JPG

これを viなどを利用してテキストファイルとして「gpsfk」とか適当な名前で どこかに保存し(root で/usr/local/bin とかへ)、chmod +x とかやって実行形式のバッチにします。

なにを言っているのか分からない人はふーんって聞いててください(笑)
予めgoogle mapで緯度の数値をコピって、ターミナルで「gpsfk と打ってペーストし」ペースト中の緯度の区切り文字に使われているカンマをスペースにしてリターンすれば、そのフォルダの中身のGPS埋め込み情報を一気に探した地図の場所に変えることが出来ます。

実は、これ、Eye-Fi で初めにやろうとして出来なくて、最後に ShutterSnitch でやっていたことの代わりです。

あれの場合、iPhoneへ転送しなければ行けなかったので、撮影終了後にバッテリスタミナを喰うWi-Fi通信でちんたらまって転送する必要がありました。
今度の場合、普通の高速なSDカードを利用して撮影し、家に帰ってからMacBookPro上にコピった後に一気にGPS処理ができるようになりました。

さて、こんなコアな使い方をしていますけどね、こういうのってメーカーでツールとか出してくれればもっといいんですよね。
なぜかっていうと、カスタムイメージとか色パターンとか、そういうのを情報しらべて探るのめんどくさいですよ(笑)

一応、『PENTAX レンズTAG情報ページ』に色々載っているんですけど、探る時間が無くて・・・。

だからこういう感じで距離情報やどこかにオールドレンズの情報やF値を含めて埋め込ませておいて後から変換、みたいなことができるアプリが純正で出てくれると凄く管理が楽になるし助かるなぁ、って思います。

え?Adobe LightRoom使えば良いじゃんって?うーん、確かにあれ使えばレンズ情報簡単にわかるんですけどね、そのお金はレンズにまわしたいんですよね、プロじゃないしJPEG撮って出しの運用ですしね(笑)

こんにちわ。

そうそう、この間の富岡八幡宮でのお話に戻ってしまいますが、ちょっと気分的に同じレンズでどう写るかやってみました。

といっても、ISOは揃えてないし、色々条件を揃えるとかめんどくさいので同じ位置で付け替えてガチャガチャってやってみただけなんですけど、そこそこ面白い結果が。

01 STANDARD PRIME_ISO250_AWB_IMGP1964 01 STANDARD PRIME 1/40s F5.0 ISO250 39 mm AWB

こいつも02と同じように標準と名のつくレンズ。そういえばQってカスタムイメージが「鮮やか」を使うケースが多いと思うんですけど、ナチュラルで撮ると本当に「彩度が足りない」ソニーセンサーっぽさが浮き出るんでしたよね。

02 STANDARD ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1961 02 STANDARD ZOOM 1/40s F5.0 ISO250 23 mm AWB

でも、それはてっきりセンサーの性なのかな?って思っていましたけど、よく考えたら画像エンジンとかは別物なんだしそういうのってメーカーでチューン出来るんだからセンサーの特性関係ないんですよね。
だとしたら、Qで見えるこの彩度の足りない感じは普通にとってしまうとこうなるレンズの特性だったのかもしれません。それを、言い方が悪いかもしれないけど「絵作り」的な要素で補っていたのかな?

って感じます。そう、明るい光に煽られてる感じが強いんですよね。
Qでフードを好む人が多いって言う話も、こう考えるとまんざらでもない気がします。


03 FISH-EYE_ISO1600_AWB_IMGP1972 03 FISH-EYE 1/1600s F5.0 ISO1600 17 mm AWB

拡大すると実は少しピンボケしているこの03番の絵、意外にもTOY LENSとしては優秀な写りだなぁ、と感じます。手元の真横に近いところまで移り込んでくれるし、色も標準のレンズと比べて悪くありません。

04 TOY LENS WIDE_ISO1600_AWB_IMGP1969 04 TOY LENS WIDE 1/640s F5.0 ISO1600 33 mm AWB

そして、この04番。これも01番と比べて、結構いい感じで撮れます。
01番より安いのに、01番より寄れて普通に使えば広角にとれるんです。美味しいですね。
ただし、4〜5段ぐらい「暗い」レンズなのでシャッタースピードが稼げません。自立する三脚みたいな状態にして、2sタイマーで撮る、っていう気持ちぐらいで臨まないと巧くいかないことが多いです。
手持ちするなら01番にかないませんね、やっぱり。

08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1963

08 WIDE ZOOM 1/30s F5.0 ISO250 27 mm AWB

そして、08番。あぁ、今日は他の持ってこなかったのでここまでです。
同じものでも色々なレンズの味があって楽しいです。
そして、全体的に言えるのは、明るい方に向けて撮る分にはさほど差がつかないっていうことでしょうか。

こういう撮り方をすると、04番も02番も同じようで明るい昼の日ならどんなレンズ使ってもおんなじかも知れませんね。特に04と08は、値段が10倍近く違ってくる可能性もあるのに、同じような構図で撮って10倍の差があるか?っていうとそうでもありません。

面白いですよね。こういうのって。でも、もちろん、ISOに思いっきりの違いはあります。TOY系の03と04が同じようなイメージになるのにISOが高くなっているところがポイント。うーん、マジックですよね。

このページのトップヘ