標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

カテゴリ: レンズ

こんにちわ

久しぶりにQ-S1を持ち歩いてウォーキングです。
今日は、大手町から六本木方面まで歩いています。

このエリアには大手町の高級そうなオフィスビルの街並みから、二重橋、桜田門、国会議事堂、そして久しぶりの神社めぐりができる日枝神社と続いています。

今日は、国会議事堂前まで。

何度も登場している東京駅。今回はフェードカラーで少し飛ばし気味に。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F4.5 1/200s ISO200

地下通路から三菱のビルを抜けるあたりも、なんとなくゴージャス感のあるエスカレーターです。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F4.0 1/40s ISO1600

お堀前の芝生エリアも長く続きます。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F5.0 1/320s ISO100 ポスタリゼーション

熱っされて肌も痛いですが、少し歩くと二重橋。なぜかアジア系の観光客がお員ですよね。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F5.0 1/250s ISO100

桜田門を抜けて六本木方面に少し歩くと見えてきました。

image

PENTAX K-S1:08 WIDEZOOM F5.0 1/320s ISO100

警備の方が沢山いらっしゃいます。
昔の学生の時には中を見学しましたっけか。

懐かしいです。

PENTAX Qは軽くて気楽に撮れていいですよね。08でばっかりの動きになってますが、本当に楽しいです、

まあ、正直いうと、ソロソロ、もっと綺麗な絵にしたいと思ってきたのも事実。
うーん、APS-CとかF2.8クラスの絵とか覚えちゃったしな、困ったものです。

こんにちわ

もう12月に入り、さすがに紅葉も終わりかな?って思ってたけど、意外に地元、車で40分のところにギリギリ見頃な場所、平林寺というところがありましたので、そこに行ってきました。

Q7_P2592
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F8.0 ISO1600 1/30s 39 mm AWB ポスタリゼーション

とはいえ、境内のやつは結構枯れていて、周りの竹林とその付近の林が紅い感じを残している感じでギリギリって感じの場所です。そこを最近のお気に入りエフェクト「ポスタリゼーション」とかしてみました(笑)

Q7_P2579
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F8.0 ISO1600 1/100s 69 mm WB:Manual

ココには、実はK−S1側でとある1つのレンズを試してみたかったのでフラっと行ってきたってのがあるのですヨ。

Q7_P2572
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/160s 123 mm AWB

PENTAX Q7/Q-S1には、望遠側の200mmにF2.8通しの06 STANDARD ZOOM、広角側には解像する08 WIDE ZOOMがあるので、写真の解像度サイズ的には若干貧弱ですが、レンズ的には両側に良いものを持っていますので、どうしてなかなか、K−S1がなくても狙いはわりとこなせるんですよね。

しかしながら、標準距離域はK-S1に任せています。
中央の換算30mm-100mmくらいのところの01か02付近がチョい物足りないのがQです。
(まぁ06を超える200-400mmクラスのAF対応レンズも欲しいんですけど・・・)

また、01 STANDARD PRIMEも良いヨっていう人も結構多いと思うのですが、ワタクシ的には結構至近距離で地べた這った写真とか、マクロっぽいのとか、ポートレイト(blogには滅多にあげませんが)とか撮りたい奴なので、Qの01番だとあんまりボケを自由にできないので好きになれないというか。

FA77mm Limited のような、ハっとする感じが撮れないので、Qの標準域ではラーメン食べるときの簡単な記録用とかばっかり。
室内で撮影したいとき、Q7しか持ってきてない時に01番を「仕方なくつける」ことが多い。
まぁ、それはそれで重宝するんだけど素のままで「絵」にするのはあんまり使わなかったり。使うときは何かしらのエフェクト込か、魔改造アタッチして超接近マクロとして使ったりって感じになっています。

Q7_P2605
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO1600 1/60s 128 mm AWB

02なんか、汚い絵になること多くて、素の写真としてはほとんど使ってませんよ。モノクロばっかり。
あれ、ダメレンズだよねえ、ほんと。初代QやQ10までなら十分なのかもしれないけど。Q7やQ−S1で普通に撮るのには許せる度合いが今の時代のクオリティに合っていない。

本当は、こういった、室内物とかも結構好きでして情緒的に撮りたいのですが、こういうのって、明るいF2.8クラスのレンズか、ISOを3200クラスにしてもノイズが乗りにくいようなセットを用意しないと綺麗に撮れないんですよね。
だから、ちょいQには苦手。まぁ、iPhone6Plusで事足りるようになってきたから、それはそれは代用があるんですけどね。

〜ということで、Qをずっと使っていくのに一番欲しいのは、16-100mmくらいF2.8付近の明る〜いレンズです。

まぁ、その辺無理に考えずに、K-S1にソレを期待しているんですけど、実際に買ってみると、PENTAXにはどうにも「これ」っていう使い回しの良いベストな標準ズームレンズが見当たらない。

F2.8通しかF2.8-4ぐらいで16-100mmくらいまであれば理想なんですけど、さすがにキビシイようで・・・。最近ではDA16-85mmなんか、良さげなんだけど、まだ手を出す段階ではない気がする。もう少しサンプルとかみたい。なんか、暗そうだし。

一番はDA★16-50mmくらいが良いんだけど、アレ重いし50mmで短い。今使っているSIGMA17-50mmも結構良いんだけど、コレも短い。

本当は、Qの02 STANDARD ZOOMの領域がそのままグレードアップするようなものが欲しい。
そうすれば、本当にQでいいや、ってなる。


Q7_P2545
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO640 1/60s 39 mm AWB

まぁ、その辺はそのうち何か最適解が見つかるでしょう。Qになるのか、Kになるのか、それともαにマウント移行するか。

・・・さて、Q7で標準域は、02が嫌いなのでどうしても01頼り。
ただし、blog用の写真となると、意匠的な観点もあるので、もっぱらこういったキャラのアップです(笑)

Q7_P2623
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO250 1/100s 83 mm AWB

運がいいことに、今住んでいる埼玉は「ゆるキャラ」好きなようで、月に一度くらいは何処かでイベントしてる(笑)
・・・でもって、今回のスターは、新座市というよりは清瀬市のゆるキャラ、「にんにんくん」です。

いやはや、雑木林からくる新座の「ゾウキリン」っていうのもツッコミたい気分満載の名称ですけど、こっちの「にんにんくん」は公募から決まったようで、筋金入です。いやはや。

あ、頭に葉っぱがついているのに、切れて撮ってしまった(笑)
そうそう、葉っぱといえば、今回の紅葉で使った本気写真の話は、次の週末にでも。
そのうちにK−S1側でやりすかね。

こんにちわ

今回のQ-S1は色の配色がとても良く、オンラインのWEB限定のカラーも含めて全部外したくない色ばかりになっています。

そのためか、プロアマ問わず、モックを売ってくださいっていう話が結構あるらしいです。
確かに全部の色を揃えて飾りたいですものね。でもRICOHのプロカメラマンサポートの契約してても売ってくれないそうです(笑)残念。

IMGP7640 01 STANDARD PRIME/Q-S1 with 魔改造アタッチアップ F3.2 ISO100 1/160s 39 mm AWB

意外にも黄色、良いと思います。古いQで黄色のレンズ持っている人なんかにはいいんじゃないですかね?

IMGP7644 01 STANDARD PRIME/Q-S1 with 魔改造アタッチアップ F2.2 ISO100 1/125s 39 mm AWB

青も結構良い味出しています。すっきりとした青です。
まぁ個人的には紺とかのが欲しかったですが、黒や赤茶(バーガンディ)と被るからあえて明るくしたのかもしれません。

また、今回のモデルチェンジでは基本つまみというかダイヤル部分を金属にしただけで、残りはプラ部品らしいです。でも塗装色をこだわったみたいでパっと見た目は金属ぽい。これがなかなかいいです。
軽さと見た目を両立しています。グリップ部分まで金属にしてしまうと重くなるし、冬になると冷たくて滑りやすくなるのが難。今回は引っかけもあるしグローブをしたままでも安定するのではないでしょうか。

ガンメタが金属じゃないのに結構それっぽいんですよね。この感じが素敵。

IMGP7643 01 STANDARD PRIME/Q-S1 with 魔改造アタッチアップ F1.9 ISO200 1/60s 39 mm AWB

それから目玉色、だと思う、この赤茶色の皮部分色:バーガンディはベースのカラーを銀にしても白にしても黒にしても何の色にしても良く似合ってて結構オススメな色です。

後、この拡大アップを見てもらえればお判りになると思うのですが、どの色を選んでも合皮の質感は同じです。薄手のものを貼付けている感じ。

少しちゃっちいという気もしますがその分自分仕様へ張り替えることにも抵抗がなくいけるんじゃないかと思うので、色を選ぶ際に一番大切なのはベースカラーを何にするか、じゃないでしょうか。

IMGP7642 01 STANDARD PRIME/Q-S1 with 魔改造アタッチアップ F2.2 ISO100 1/100s 39 mm AWB

ピンクはこんな感じになります。白や金と組み合わせるのが王道かもしれませんけど、黒系も結構似合っているから恐ろしい。

ということで、なかなか店頭にいかないと判りにくい合皮部分やダイヤル部分にフォーカスをあてて撮ってみました。

ここまでアップして撮るには、01番だけでは無理でクローズアップフィルターにプラスαでもう一枚レンズを組み合わせたい感じです。

私の単純魔改造レンズ、01番の前につける奴の登場となっています。・・・こういう感じ。
image

こういうの無くても済む、100mmあたりのマクロなレンズが欲しいですよね、やっぱり。
寄りすぎるマクロだと十分な光が対象にまわらないと思うのでQのセンサーには不利。なので少し離れた距離から狙えて自分の姿で影を作らないで済む100mmあたりが最適だと思います。だから早く欲しいですよね。

その登場が待たれるマクロレンズがあって初めてAFレンズの全体的なラインナップが揃う訳ですしね。いつなのかな〜

( 8/27 最後に追記あり)


お盆も明け、通常モードに戻りつつあるこの頃、暑さはどうにもならん感じですね。
暑い!こう暑いと、汗に濡れない、体力を奪わないQ7の軽さはやっぱりすばらしいです。

今年はアチコチで蝉も見かけました。

セミって、鳴いてるとなかなか逃げませんよね(笑)

IMGP5251Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F4 ISO200 1/25s 161 mm AWB


さて、PENTAX Q を使っていて便利だなぁ、と思うのがクイックダイヤルです。
このクイックダイヤル、全面の左側にあるダイヤルなんですけど、・-1-2-3-4ってあって、ここにエフェクトを割り当てられて便利ですよね。
  私は現在、下記のセット。  

 1)あでみやび(または極彩)
 2)クロスプロセス(ランダム)
 3)ハードモノクローム
 4)青抽出
  IMGP5351PENTAX smc FA77mm Limited F4 ISO200 1/1250s 354 mm WB:CTE

IMGP5352PENTAX smc FA77mm Limited F4 ISO200 1/1250s 354 mm AWB 青抽出

IMGP5364PENTAX smc FA77mm Limited F4 ISO200 1/800s 354 mm WB:CTE

っていう感じでセットしたものを、標準レンズに限らずオールドレンズでもバンバン使ってます。
もちろん、RAW保存なんてやりません(笑)

皆さんどうしていますか?

IMGP5444

この間も書きましたが、4つじゃぁ足りないですよね? このダイヤル選択。

PENTAX Qシリーズならではのこの機能、もっと増えて無限に回せたらいいのに、とも思います。

10個ぐらい切り替えられると便利じゃないのかなぁと思うんですよ。

改めてこの機能、いろいろと他のカメラを比較しながら触っていると分かるんですが、これって、PENTAX Qのようなミラーレス機だからこそ相性の良い仕組みですよね。  

いいカメラだとRAW保存で後から加工して使う人が「それが当たり前」のように居ます。 またレンズが向けている「絵」の情報は「ファインダー」越しに見て確認するのが当たり前だったりします。  

でも、上位のカメラのファインダーみたいなこんなちっこい画面で色効果や最終の絵がどうなるなんてやらないですよね、普通。  なので必要ないんですよね。

大きめの画面でライブビューするのが基本だからこそイメージしやすくて愉しい。

だから、正直言って、Qの楽しさの一つをクイックダイヤルに見つけている人と、本気でカメラを撮る人の面白さって、カメラで遊ぶ時の姿勢というか感じ方が根本的に違うんじゃないかと思うのです。  

クイックダイヤルで今見ているシーンを「何で残すか」って考えるのは完全に感性。
もっというと「頭で考えるよりも早く指がダイヤルしてシャッターが切られる」っていう感覚です。  
今の世界を見て、あ、これはモノクロ、または青を載せた黒でメタル感も残したい。
あっ、あの実りをあでみやびで、CTEにして、あの鳥居で赤を・・・。  

と、絵を感性で描く感じがクイックダイヤルを使ったQでのスナップだと思います。
CADや製図をし後から色を着色する感じで絵を作り上げるようなのが、ファインダーで覗いてRAW保存し、LightRoomで現像っていう感じだと思うので、二つは使いたい心構えが別物で、カメラへの感覚が別物です。

つまり何を言いたいのかというと、毎日持ち歩いてスナップして残すのと本格的に製図して撮る行為を楽しむ人を同列にして同じ「エントリー」「初心者」という括りのカテゴリーでカメラボディを提供するって、実はなんか違う気がしています。

そして、そのことは、このPENTAX Qシリーズを使ってカメラの愉しさを覚えた人が、次のステップアップでどんなカメラを買いたいのか?

という答えにつながるはずの、その定義が、これ、いまメーカーは正しく提供できていないと感じます。
このQのシステムに魅力がある人は、後にどんなカメラにステップアップしたいと思うのでしょうか。  

1.高機能を簡単に使える(クイックダイヤルや高級機並みのUI、機能)
2.簡単に持ち歩ける(軽い・小さい)
3.ガチャガチャとレンズを変えて愉しめる
4.レンズ一式を揃えるのに高価過ぎない
5.  感性で絵作りができる道具というか相棒になりえる

このような願いを叶えた高級機って、今、存在しますかね?  特に5番。私は普通のカメラカメラした一眼レフ機は、なんか違う気がするんです。

だから、一眼レフ、レフのついたカメラに憧れを持つユーザーをQのターゲットにしているんだとしたら、その戦略は半分失敗だと思います。

手軽に感性で撮り愉しみたい女子カメユーザーみたいな人達のステップアップ機が上位に無いんですもん。

みんなメカメカしくて、重くて、手軽に持ち歩けない奴ばっかり。
相棒的に思えるデザインの機種が同じメーカーにないんですよね。 

IMGP5246Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm ISO125 1/100s 161 mm AWB
#ハーフANDシルエットで撮る、昇って脱皮の絵

ところでですね、Q7を一年以上使ってきてて思うのはレンズさえしっかりしていれば、今の1/1.7センサー採用のボディであってもソコソコ奇麗にとれる、ということです。この間もSTANDARDなレンズの上のレンズ欲しいってボヤきました。

イコール「だったら良いレンズが簡単に使えるボディ」もしくは「安い暗めのレンズであってもシャッタースピードを上げられるISO感度が高いボディがあれば・・・」といいのに、って答えでもあります。

私が望む、そこにあるのは、「できるだけボディのサイズやレンズを含めて可搬の際に重くならないまま」もうちょっと「シャッタースピードをなんとか稼ぐことができる」カメラが欲しいと思う気持ちです。
(細かいことを言うと長い速度方向にもですが)

 ***

競合他社では、最近はフルサイズがはやりです。高感度でフルサイズっていうと、現時点で一番の理想ボディはSONY α7Sですよね。

実はさっきのリストの要素があって望む答えに一番近い存在はFUJIFILMのXシリーズと、そしてSONYのα7sじゃないかと思えます。

理由は挙げた手軽に撮影できてシャッタースピードを早くでき、小さく軽いこと、であるという点です。

スナップ、感性で撮る、といった行為に一番重要な答えに辿り着くのには、実は「高感度耐性とノイズの少なさ」が一番の課題ですが、軽くパシャパシャするに軽いってのは結構意味があったりしますです。

もちろん見つけた絵を素早く手に入れられるシャッターを切り終わるまでのスピードも。

IMGP5305Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm ISO4000 1/6s 161 mm WB:CTE
#柴又の寅さんを送る灯火。Qの標準レンズでは厳しいのでオールドレンズを頼った。α7sであればもっと簡単かな?

  --- なぜ、高感度耐性とノイズが一番重要なことなのか?  

簡単な答えです。「少し暗めの安いレンズでもスピードを上げて使いこなせる」「イコールどんなシーンでもぶれにくい撮影できる」からです。

暗いレンズでも暗い場所でも「ISO」の数値さえ稼げればブレずに素早く撮影できます。それはつまり指が先に動く人の行動を阻害しないことに繋がります。

IMGP529808 WIDE ZOOM F5.6 ISO4000 1/125s 17 mm WB:CTE
#柴又駅近くのコインランドリー。Q7の手持ちではISO4000なのでノイジー。α7sならどうだったろう?

シャッター速度に制限が来ない、これって、実は一番カメラ初心者に優しい仕様になる話なんですよね。

あえて言うと、そういうカメラのボディがドンドン登場し、小さくて軽くノイズが目立たなくなったら「プロとアマの差が少なくなります」。
 
実はその世界はもうそこまで来ていて、一番近いところまで来ているのが、α7sです。

α7sは昼を夜にする、もっというとQ7だったら数十秒露光しないと得られない絵を1/100sで作れるカメラです。 
ぶれ易い1秒前後の撮影シーンが、もっともっと早いスピードで撮影できます。
すごいですよね。20万越えの価格だけあります。手ぶれ「さやうなら〜」、かもしれません。



Q7のステップアップにふさわしいのは、現時点で画質面でいうと、多分、Qのセンサーサイズをちょっとくらい変える程度では前よりいいカメラになった、とは感じられないでしょう。
α7sクラスまで変わらないと。 

これ、簡単にスナップできます。軽めで小さいです。Q7と同じ道のさらに先を走っている感じがしますよね。 

しかし、このα7s、高感度高画素でAF撮影を手軽に行うための、その「専用のEマウント」レンズがまだまだ少ないみたいです。
そして、Qのようにお気軽にいろいろな絵作りをするためには、(個人主観ですが)ボディの操作性がまだまだこなれてないというか悪い感じ(あくまでもPENTAX Q7比較。UIやクイックダイヤル面)。

輪をかけて私にはレンズ一本の価格が高すぎる。
と、まぁこのような点で、まだまだ踏み切れません。

FUJIFILMのXシリーズもレンズの高価さという意味では同じなので、踏み切れません。

って考えるとですね、フルサイズのセンサーなんていらないから、小さめのボディでISO感度をもう少しあげて、今よりもうちょいノイジーにならないKマウントカメラで妥協点なんかないかなぁ?ってなるんですよね。


PENTAXにはちょっと良いな、って思えるKマウントレンズがわりとあるんですよね。特にズームじゃないやつに。
これを活かせないというのはもったいないよね〜と。

と思ったところにQ-S1が発表されましたが、これ、感度も何も変わらずなので、ダメじゃん!

ココが戦略的に足り無いところだと思うのです。

うーん、俺にはK-3はデカイし、なんかゴツいK-50とかも、なんだかなあ〜、って思ってたら…。

なんと、ちょっとだけ高感度になっているK-S1シリーズなるものが出てきたじゃないですか。

20メガピクセル APS-Cセンサーで感度51200みたいですね。デザインも古いゴツゴツしたカメラカメラしていなくて個人的には好き。わけわからんLEDを持つ所なんか古い考えを吹き飛ばしてくれそうで楽しみです。


つまり、前置きが長かったですが(笑)
このK-S1というエントリー機の最新機らしい画像を見かけてワクワクしています。まぁ買うかどうかは不明。お金だして買ってblogできる余裕も怪しいですし。

  image

これでクイックダイヤルと同等の機能を持たせていてくれたら!

もし、はじめに搭載されていなくても、ファームウェアの更新で出来るレベルじゃないですか。

右上のダイヤルを回すたびにライブビュー液晶にカスタムイメージを適用した絵を表現し、シャッターを押すとそれでJPEG保存される、みたいな、クイックダイヤルを超えるクイックダイヤルの搭載。
あーなんとかならんかな〜。現行のK-30とかはコレがなくてワクワクしないんですよね。ステップアップ機になり得ない。

これをK-S1で実現してくれれば、高いISO感度でF5.6とかの少し暗めのレンズをカバーできるようになり、そしてKマウントの小さなサイズの機種としてQとうまい使い分けできればな、と思います。

超望遠や超広角はQ7で、
安価で明るめのレンズが揃う標準域とQが苦手な夜間撮影ではK-S1で、

ってなって、Kマウントアダプタで簡単にレンズも行き来でき!
面白いんですけど!


2014-08-23-14-40-35

ん?

なんか、下の方には私に対して「買え」と言わんばかりのカラーの設定がありますね。midnight blackですか。

コレ、私の思うQの上位機種になりえますかね!?

haimen

実は、この背面にあるEFFECTモードが怪しいんですよ。
コレがQのクイックダイヤルに相当するような機能になってくれないかなって、妄想してるんです。

だとしたら!!

8/27に追記

もしかしたらもしかするかもしれませんね!



クイックダイヤルの1アクションではないものの、4枚の壁を越えて選べそうな感じ。
コレは待ち望んでいたボディの登場かも!
今後PENTAX K-S1 関連記事はこっちになります 


こんにちわ。

今日でQ7のちょっと残念なところを話すのは最後になります。

結構前にも話したと思うのですが、Q7の製品として?なところ、これ、液晶のダメさってのがあります。
おさらいをしてみます。

  1. スピードを優先しているのか再生時に本来液晶が持つ解像度を使っていない
  2. 撮影(録画)時にも精細さが無い
  3. 日中で見えにくい
  4. 液晶そのものの問題ではないけれど、MF時にピントが合わせづらい
  5. 角度が変えられない、またはiPhoneなどへ飛ばせない
こんなところですかね。

1と2は同じ問題としますか。

そのサンプルです。

IMGP4819 08 WIDE ZOOM 1/100s F4 ISO250 230 mm AWB
#ピントが何処にあるか判らない

IMGP4820 08 WIDE ZOOM 1/100s F4 ISO200 230 mm AWB
#これも・・・


IMGP4823 08 WIDE ZOOM 1/100s F4 ISO125 230 mm AWB
#これも・・・

IMGP4821 08 WIDE ZOOM 1/100s F4 ISO200 230 mm AWB
#そしてこれも。今日の4枚は全滅。

上に出した写真4枚、ようやく梅雨もはれた感じなのでさっそくお外で撮ってきた道ばたに咲いていた直径20cmくらいある大きな花の写真です。

撮影距離は08番の25cmのギリギリのところで撮ったつもりでした。
液晶の写真では、キチっとピントが得られている気はしていたんです。 ピピって音もありましたしね。

でも、かがんで撮影していたからでしょうか。 実際はちょっと手前になったところでとっちゃったみたいです。

確かに足をつけて接地して、じっくり構えていないで撮りました。リモコンも使っていない手持ちなので自分が悪い、そう思います。

でも、やはり現実で使ったときは「見えにくい判りにくい」液晶は「その場では安心」しても「家で見るとガッカリ」に繋がっているのです。
液晶の見え方、UIの作り方がもうちょっとユーザー視点になって欲しいかなぁ、と思います。

例えば近づき過ぎで最短撮影距離よりも近い場合、音を鳴らす、文字を出す。

例えばスピード優先で液晶を展開しているのなら、グリーンボタンで高精細モードに切り替えられるようにする。

例えばx4x6モードを使わなくても絵の「どこにピントがあるか」をAFと同じように「四角□枠」をマッピングする(しきい値の色変化だけじゃMF時にどこでピッタリなのか判りにくい)。

なんというか、他のメーカーの一眼デジカメを触ったこと無いから言いたい放題かもしれませんが、よくこんな中途半端なUIで今までピントを合わせていたのかと思うとプロってすげぇ、って思う反面、そんなところプロのために残さなくてもいい(使いにくいままにしておく必要なんて無い)のに、って思います。

日本って、肝心な使う側の面倒な部分を省いてあげるの発想について、どんな家電でも「根本的に楽になる」ものをナカナカ搭載しませんよね。小手先の便利で終わってしまうっていうか。

だから、iPhone みたいなのに駆逐されていくんです。

日々細かい UI の見直しを切磋琢磨し少しでも使いやすくしていこう、という姿勢感が足りない。
目に見える投資効果と何も考えない上の人が「ぱっと見て判る」部分だけを通してきている今の日本のビジネツリーも悪いんでしょう。

どうも最近思うんです。日本の製品、詰めが甘い。というか、良いところまでやったら、そこからが大変な9割やって残りの1割が大変、っていうアレ、残りの1割やらないで放棄して近隣の国に技術奪われて取られてしまっている。そんな気がします。

もし、Qシリーズがここで終わるなら、もうそれそのものです。
何を追求して、Qはどこへ向かうのか。

私はQマウントというレンズ資産を持ってしまいました。
そんなユーザーに対する応えを、何かしらの形で応えてくれることを期待して、これからもQ7を使っていきたいです。

こんにちわ

いつもだと夜中には書き終えているのですが、今回は朝方に書いています。 

さて、毎日持ち歩けるとっても楽しいカメラであるPENTAX Q7ですが、08のように良いレンズを使ったとしても越えられない壁があります。

それは、高いISO値による「ざらつき」。

カメラの記録は、

 シャッタースピード ←関連→ 絞り値(F)←関連→ ISO値 ←関連→ シャッタースピード

という三角関係があります。手ぶれを抑えたり物体を静止させて撮るためにはシャッターのスピードを早くしたい。
だとしたら、F値を低く設定、またはISO値を高くする必要があります。
レンズが暗めでF値が4以下とかにできないレンズの場合、環境が暗めの場所・・・とくに室内など・・・では、ISO値を高くしなければレンズの限界を補えないわけです。

IMGP4783 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO10000 27 mm AWB
#左のコンクリ柱のノイズは大きい

ところが、ISO値はある意味「暗視ゴーグル」みたいなもので、暗いところで感度を高めると目にはよく見えていないホコリの光の反射やデジタルでは「同じ色」と判別しにくい「ノイズ」のようなものが沢山混じってきます。
人間の目でも、実は見えているのかもしれません。脳が意識させないようにしているだけで。

そこでノイズキャンセルっていう機能が必要になるんですけど、これは遣り過ぎると「塗り絵」みたいになります。そりゃあ、近くの色で補完補色しあっていけば当然の結果ですよね。

つまり、暗視に強いカメラはノイズキャンセルのアルゴリズムと、その解析ロジックにマッチしているISO感度が必要になります。

残念ながら、こういった機能は高級機に力を注がれます。そりゃぁ、開発に時間がかかりますもんね。
IMGP4807 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO2000 27 mm AWB

Q7では過去の研究結果の美味しいところだけを導入していると思われるのですが、その力は少し不足です。
感覚的にはQやQ10のアルゴリズムでISO値を高く設定出来るように無理にしたようなチグハグ感があります。
だから、せっかくISO12800まで設定出来るのに実際には2000以上だすような使い方で「ざら」ついてきます。


ただし、コンデジとかでも見受けられるのですが、「ざらつき」が無ければ良いというものでもありません。感度を高めた時に絶対に付きまとう「ノイズ」は、今のハードの限界です。
いや、たぶん、一生無理な課題なのかも知れません。

写真を見る「目」=「アルゴリズムを通した脳への映像化」がコンピュータ処理で完璧に出来るようになるのはまだまだ先のような気がします。

だとしたら、ノイズがある方がいいか、塗り絵が良いか、の2択のような気がします。
もちろん、アルゴリズムでちょうど良い塩梅が可能になれば最高です。
IMGP4784 08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 20 mm AWB
#暗いところが塗り絵になりかけている

ISO値が高くなって周辺あちこちにノイズが細かくあるとき、少ない時、写真そのものの解像度が高い時、低い時(作成画像のドット数が少ない)、やっぱりアルゴリズムはそれぞれに併せて出来上がるものだと思います。

今回Q7はセンサーサイズがアップし、ISO値も高くなりましたが、実用域が1600であるとすると、その先は「ノイズ」があるまま下手に弄らない素直な描写になるカーブを選択したのかもしれません。
言い換えればセンサーサイズが大きくなった分、ノイズも拾いやすくなりましたがその部分のアルゴリズムは高級機ほど開発に時間をかけられたわけではないのかもしれません。 

IMGP4782 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO500 23 mm AWB

まぁ、カメラの本質として考えれば、ISO なんて 500まででしっかり絵が出来れば問題ないでしょう。
フィルム時代にISO1600のフィルムがありましたか?といわれると、店頭では見たこと無かった気がします。
だから、2000を超えていくような使い方は「出来る」機能で「使える」機能ではない、と思ってもいいのかもしれません。

それでも、やっぱりQマウントのナノ一眼は「暗め」のレンズが多いのであります。
だから真価を発揮するためにはもう少し高いISO値で安定するような「なにか」が必要なんじゃないかと思います。
今の解像度のままセンサーサイズを大きくし、それに合わせたロジック。
または、明るいレンズ。
IMGP4785 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO3200 23 mm AWB

結論を言うと、Q7は室内や暗い場所が苦手です。
活かすためにキチッと作られたAFレンズが足りない。

そして、輪をかけて明暗の強い場所での「バランス感」が圧倒的に弱い。
暗所から空を見上げるようなシーンでは、明るい方が滲むか、もしくは08番で顕著なのですが「片方の色が飛ぶ」。
明るく白い方が飛ぶ場合もあり、暗い方が真っ黒で何を撮ったのかも判らなくなる。

IMGP4781 08 WIDE ZOOM 1/160s F5.0 ISO100 24 mm AWB
#暗部は表現しきれていない

実は良いレンズであるはずの08番は、Q7では上手く扱えていない、そんな気がしているのは私だけでしょうか。

やっぱり、ISO値と明暗のバランス周りが弱い。だから割り切って使うのが良い「おでかけスナップ」のカメラと思われてしまっているような気がしてなりません。

ハードモノクロームばっかりで撮れば無敵カメラのような気がしますけどね(笑)

こんにちわ

今日は水辺のある風景でも活躍していた08番 超広角なレンズ、08 WIDE ZOOM の お話です。

  IMGP4768
#大型トラック用のセルフ洗車機、結構でかい
08 WIDE ZOOM1/500s F4.5 ISO200 18 mm AWB

IMGP4743
#これがうちの08番。PLフィルタが常時着いてて、デカイレンズ保護に気を使ってます
PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/15s F4 ISO200 230 mm AWB

うちはカバン、とりわけファスナーで開け閉めするカバンを通勤で使っている関係で、レンズを金属のギザギザにこすらないよう、06や02のように大きめの前玉レンズのやつには保護プロテクターがわりにフィルタなどがついています。



08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 21 mm AWB

橋の上とかで広角レンズを使うと大王様のような気分で世界を残せます。
特に都会の幅広な道路であれば有るほど切り取った感が大きいです。


08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm WB:Shade X-Process 

また、低い位置から撮るのも面白いですよね。
精細な写りのする08番は高いところから撮っても低いところから撮っても手前の物体のリアルさと遠くの物体の薄らぐ感じで、でも遠近ボケしてないとても素直な絵が生まれます。

IMGP4766 08 WIDE ZOOM 1/160s F5.0 ISO200 27 mm AWB

若干逆光は色の出方が悪かったり、どの被写体を撮るかのやり方で色のバランスが撮りにくいのが欠点です。


08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO200 18 mm WB:CTE

ビルの下から撮る絵は一番簡単でスケール感が残せる簡単な構図ですよね。

その際には空をどうするか、を気を配ると色の対比があって面白くなります。

これは08でも02でも同んなじです。

08番が持つ広角とAF精度、色加工の手軽さ、しっかりした作り、これは確かに他のレンズと比べて高いのですが、こんな面白いオモチャはあんまり無いですよね。

こんにちわ

今日は01を中心としたお花の話です。

IMGP4619 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

この1年ずっとQ7を使っていて・・・ほとんど毎日持っていましたよ・・・そして、これは本当に使える、と思った被写体があります。

Q7は「お花」を撮るのに非常に向いているカメラです。特に旅先とかたいそうなシーンではなく、普通に毎日持ち歩いてサクっととる花のスナップに向いています。

IMGP4626 01 STANDARD PRIME 1/640s F1.9 ISO200 39 mm AWB

01番、06番、そしてできれば08番があればとても良いと思います。正直この3つで十分。
まぁ、お楽しみに03番があってもいいかな?
この4本であれば夏は鞄に、冬はレンズをポケットに入れておくだけでいつでも何処でも簡単スナップ。

IMGP4624 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO200 39 mm AWB

何気ないシーンもサクッと撮れて花にとっては大切な「今」を残しておくことが出来ます。

コンデジやiPhoneでもいいんですけどね、なんか、レンズを変えながら、ボカしたり色を変えてみたり、仰いでみたり、一面に咲いているものを全て手中にしたり、魚眼でデフォルメしたり、と、とても楽しいです。

IMGP4596 01 STANDARD PRIME 1/200s F1.9 ISO200 39 mm AWB

Q10やQじゃ奇麗に撮れないことも多いので、Q7の方が良いです。
もう終わっちゃいましたけどカラーオーダー出来ていたのも良かったことの1つですよね。

自分好みの色のカメラで、毎日持ち歩けて愛着が持てるカメラで、自分の意図で見つけたものを撮る。
こんなスナップを楽しめる人にぴったりだと思うのです。

IMGP4621 01 STANDARD PRIME 1/125s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

もちろん、花だけでなくペットとかでもいいんでしょうけど、ちょっと動くものが苦手です。
暗いレンズだったり手ぶれが弱かったり、動きのあるものへのAF追従が遅めだったりするのもあって、イライラが出ちゃうかもしれません。

だから、植物のようなものがとても得意。もちろん、それを含めた風景、旅先の景色も得意です。

ライトに色んなものを撮って歩きたい、そんな人にはとても楽しいカメラだと思います。
私は、このQ7に出逢えて良かったと思っています。 


もうすぐ、野田で「ひまわり」を沢山撮って、毎日 Blog を初めて1年が経とうとしています。

今までの1年、3万枚くらいは撮ったんじゃないかな?って思います。一部は時間で連続シャッターしたのもあるから、実質2万5千くらいでしょうか。

IMGP4631 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#今年のも、もうすぐ咲きそう

明日からは少しこの1年を振り返ってみて、お気に入りの景色でも探してみたいと思います。 

こんにちわ

06番のお話の続きとなります。

IMGP4728 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 205 mm AWB

なんとなく愚痴っぽさが出ておりますが、レンズ自体は素晴らしいレンズです。この安価な値段でここまでの写りが手に入る、これは最強のスナップ向けレンズであります。

なにせ全域でF2.8の撮影を可能とする明るさ、これは素晴らしいの一言です。こんな価格でこんな写りが撮れる、これはもう初めの取っ付きには十分過ぎる目玉商品です。

IMGP4715 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO200 201 mm AWB ハードモノクローム

色ので具合も無理が無く、「鮮やか」や「リバーサルフィルム」で撮るようにすることで問題の無い発色をします。
微妙な赤を表現出来ますからクロスプロセスなどを用いても奇麗に表現してくれます。

IMGP4726 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 207 mm WB:Shade X-Process

シャープさも個人的には納得のいくレベル。本当に「写り最高」な感じです。

IMGP4724 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 69 mm AWB ハードモノクローム
 
モノクロで撮りにいっても奇麗な絵が手に入りやすいです。
街中をハードモノクロームで撮り始めると色々な被写体が「撮って欲しい」といっているようにも聴こえてきます。

IMGP4727 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 207 mm AWB

それくらい、この06番には魔力があります。

若干色滲みも出やすい傾向があるので、そういうときにはクロスプロセスや色変化をかけて上げましょう。何も素直に撮るのだけが写真じゃないんです。そこは自由です。

IMGP4725 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 130 mm WB:Shade X-Process

06番はQSFが使い物にならないのですが、そのかわり大きな被写体や判りやすい被写体を選び望遠で少し遠目のものを部分的に撮ると簡単に「前ボケ」の写真が AF 操作で手に入りやすいです。

これは01番では出来ない芸当です。
ボケのある写真が欲しかったら、Q7の場合、AF対応なら06番しか選択肢がありません。

そういう意味でも手にすべきレンズだと思います。
MFに手を出したい普段からそれで撮影しても良い、という気持ちがある人は06番なんて買わなくてKQアダプタを買った方が応用がきき、かつ、06番よりも奇麗なボケが手に入ります。

うーん、難しいですね。
レンズ性能は良いのでもの凄く褒めたいし、もの凄くオススメしたいのですが。

01、02と共に06もこのままでは イカンと思うのです。

なんだか、こう考えると、いっそのこと4/3か1インチ向けのQマウントではない新しいマウントに切り替えちゃった方が今後のQのためになるんじゃないでしょうか、とも思います。それに合わせてレンズの造りはもう一段しっかりと作り込むため造り直しをして欲しい(価格が上がっても良いのでK3までは行きたくない人達向けの高級なQ)。

小さくて軽くて楽しく、上位機種と同じように色や写真への描画アプローチが楽しめる、というコンセプトはもの凄くよく、レンズとのセットで軽さ・バランスは素敵なのですけど、今ひとつ技術が追いついてないのか、性能に妥協しすぎてしまったか、安く作らないと上位機種に目をくれてくれないと判断されてダメだったのか、良くわからないけど、私にとって08番が出てなかったら今後も使いたいかどうか、もう分からない状態だったかもしれません。

あぁ、今後も使っていきますよ、Q7。

なにせ、トータルでQ7を超える軽量コンパクトで楽しい一眼なカメラは、私から見てまだどこにも存在していないと思いますから。これを超えられるのはまだ見ぬ新型だけかもしれません。

そして、なにより08番の存在。広角好きの私には、今のところこのQ7が唯一無二の存在です。
 

こんにちわ

七夕ですね、Q7の写真でも交えながら、この微妙なレンズ、06番のお話です。

コイツは難しい。これほどコメントの難しいレンズはありません。
結論から言うと、持っておいた方がベターなレンズだと思っております。

まぁ、まずは個人的な見解から。

IMGP4738

  1. とにかく造りがチャチい。持ったときの軽さといい、沈胴している状態から使うために伸ばすときのスカっていう感じ、ピントリングのスカスカってくる感覚、半年も使わないうちから電子マウントが時々認識しなくなる、など酷いものです。
  2. レンズ自体は素晴らしい。Qでこのボケが手に入るのか!っていうほど驚きのレンズです。若干色が出にくいシーン・滲みやすいシーンがありますが、それでもそれを補う驚きの絵が手に入ります。
  3. 200mmという距離は無茶苦茶短いです。望遠という気持ちで手にすると「足りない」と思うことの方が圧倒的に多い。
なんというか、難しいんです。レンズそのものは良いんだけど、その他がコストを無理に抑制してしまっていて片手落ちというか。
IMGP4729 06 TELEPHOTO ZOOM 1/25s F2.8 ISO200 207 mm AWB
特にこういった望遠もののレンズは「どこにピントを合わせるか」っていうことが大切な動きになります。ただ単にAFで狙って撮る、そんな動作だけなら〜それこそコンデジの望遠ズームで撮れば良いだけ、そんなものを一眼のカメラに求めているとは到底思えません。
IMGP4709 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO200 201 mm AWB
せっかく一眼を手にしているわけですから「前ボケ」「後ボケ」を意識しながらピントを撮るのが普通じゃないでしょうか。

時には望遠なんだけどかなり近いところを狙って撮りたい、手前にある細いものを撮り後ろをボカして浮き上がるような表現にしたいというとき、この06番のレンズのAFはひたすら迷います。
また、遠くのものでも明暗が解りにくい被写体になっているとき、同じようにこのAFはひたすら迷います。
IMGP4719 06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F2.8 ISO200 201 mm AWB #滲みが出ている

AFの精度が悪い、といってしまえばそれまでなのかもしれません。
でも、CPUだって苦手なシーンってあると思うのです。そこで PENTAX QだけでなくPENTAXのカメラには「必要なときだけAFをさせて後は指でピントを調整する」という便利な機能 Quick-Shift Focus System(QSF)という ものがあり、Q7にも搭載されています。

望遠でボケを自在に操るためにはこのQSFの機能が不可欠です。狙ったところに狙ったピントを持っていきたいのですが、Q7は液晶の精細さも無い上に、06番の造りがちゃっちいためにスカスカ、思い通りに動かすのに精神を使います。

というか、はじめAF後のピントリング調整を有効(これがQSF機能)にしていたため、06を付けた状態でQ7の筐体の向きを変えただけで拡大モードになる動作を見て「壊れている」と思ったくらいです。
実は勝手にQSFが動いてピント調整モード=拡大x4モードに変えられていた、という顛末。
これ、普通に欠陥品だと思うんですよ。
でも展示品とか色々見てもスカスカ具合おんなじ。普通に諦めましたね。


このピントリングのスカスカ具合がKマウントのピントリング並の適度な重さや微妙な指の動きをブラさずに忠実に残して応えるものだったら06番は間違いなく至宝のレンズだったでしょう。それをするのに後1万高くなるのであったら、それでも買いますよ、何せ今のの06番は、ただのコンデジ風のAF専門のズームレンズにしかなっていない状態です。
レンズ交換式だから、望遠を補うためだけに登場したAFのレンズ。それだけにしかみえません。今の姿が嘆かわしくてありません。

さて、ただの望遠域のAFレンズとして考えると、こいつは華をとるには最適なレンズです。
IMGP4712 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 201 mm AWB

とりわけ見つけた小さな華、ロープで区切られている空間に鎮座する花、そういた簡単に近寄れない花をピピっと焦点合わせてスナップしていく。
こういった用途にはこの06番は非常に向いています。
02番じゃちょっと寄切れないような少し大きな建物の一部を撮りたい場合にも、06は非常に活躍します。

01でも02でも撮れない「ちょっとだけ近づければいいのにな」という空間をBCモードなしでボカして撮ることの出来る「ピントは自動でお任せ出来る範囲のみに使うレンズ」、これが06番でしょう。
ふぅ、ちょっと長くなったので、続きは明日にしますか。
 

こんにちわ

今日は個人的には大好きなトイレンズシリーズ、04番のお話です。
IMGP4707 04 TOY LENS WIDE 1/320s F7.1 ISO200 33 mm WB:Shade X-Process


このレンズ、あんまり触れていなかったかもしれません。それもそのはず、魔改造のネタとして手に入れた10月初頭、その後、2ヶ月くらいで08番が発売され、使いこなす前に08番に気持ちがいってしまいました。でも改めて触ってみると面白いです、こいつ・・・。

個人的にはTOY LENSの中で一番完成度が高いと思います。といいたいところですが、03、04、05は似たり寄ったりですね(笑)みんなカメラの勉強用で気休め(笑)

面白さで言えば03番の魚眼にはかなわないのですが、普通に使うレンズとして、このMFなレンズの04番はわりと万能です。
IMGP4700
04 TOY LENS WIDE 1/400s F7.1 ISO200 33 mm AWB
03までとはいわない、04番の広角度合いは 33mm 67°です。7〜8cmぐらいまで寄ることも出来ます。絞りはF7.1と結構暗め。日中にしかもISOを200ぐらいまで上げていかないと遊べないレンズです。

03や05と同様、一番端で無限遠にならない割り切った造りです。
IMGP4708 04 TOY LENS WIDE 1/320s F7.1 ISO200 33 mm AWB

この端で無限遠にならないのは品質を追求しなくて良い分、その操作性の観点でユーザーに不便を強いています。ただし、安いことが重要という人もいるのでソコは仕方の無いところです。

08でスッキリ、しゃっきりを味わってから戻ると、このレンズは「ピント遊びで使える・おもちゃ」です。

IMGP4704 04 TOY LENS WIDE 1/100s F7.1 ISO200 33 mm AWB

手元足元のものを撮影したり、上を見上げて撮影したり、物体をハーフワールドしてみたりと色々あそべ、やはり多少滲みも出てくるので「色変化」も使いながら遊ぶ感じになります。
03がキワモノだとすると、04はMF版の01や02のように使える幅広い万能型のレンズ。05番との違いは04は広角で広い世界を切り取れるのに対し、05は一点を望遠し見つめる感じになります。

IMGP4698 04 TOY LENS WIDE 1/40s F7.1 ISO200 33 mm AWB

自分のピントがキッチリ合ったときの感動、悔しさ、そういうのを引っ括めて「遊ぶ」おもちゃです。

レンズとしては結構広角なところから近くに寄っていけるところまで使えます。この寄れるっていうのは結構Qマウントレンズの中では珍しい部類です。

ただし、F7.1と、たぶん広角の絞り具合を意識した固定値がセットされており、F値変更ができないので無理を強いられる感じもあります。

だから光が確保出来る日中に遊ぶためのレンズになってしまいます(これもか・・・)。
まあ朝方くらいまで明るくなれば、そこそこ使えますし、雨の日でもどんよりとしていなければなんとかなります。

IMGP4697 04 TOY LENS WIDE 1/40s F7.1 ISO200 33 mm AWB

やっぱりシャッタースピードやISO、そういうのを覚えていくための「教育玩具」でしょうか。
でも、08番に手を出すのには勇気がいる、という人には楽しいレンズだと思います。
ちゃんと作れば08の価格です。そこをケチっていくには「ピント合わせる作業」「樽型の歪曲が出ても諦める」といった要素を自分でカバーする感じになります。

スナップ性も結構悪いです。F値が暗いため、シャッタースピードが落ちます。だから落ち着いて構えないと結構手ぶれします。
特に屈んで(腰を落として)近接する際には、プルプルな腕に気をつける必要があります。

IMGP4702
04 TOY LENS WIDE 1/80s F7.1 ISO200 33 mm WB:Shade X-Process

個人的には04番で撮るならコンナ感じ!?の構図ですかね。 中央ラインをうまく併せて遊ぶのが遠近感を出すついでにピントの狂いをごまかせるのです。

こんにちわ

03 FISH-EYE というレンズは極端すぎて面白いですよね。

特に中央の線をベースにして見える絵をどうフレーミングするかで絵が全然別なものになってしまう、これが本当に1つのレンズで簡単に変わるから凄いです。

IMGP4660 03 FISH-EYE 1/500s F5.6 ISO200 17 mm AWB  ハードモノクローム

ほぼ中央ラインに地平線を合わせれば普通に広角なレンズとして使え、広い世界を取り込めます。

青空なんかを真上に向けて撮ればくるっと360°近い景色が入ってくるような錯覚も得られます。

IMGP4663 03 FISH-EYE 1/3200s F5.6 ISO200 17 mm AWB

また、同じ地平線を撮る撮り方でも手前に道があれば真っすぐな道が意図して曲がっているような絵にもなります。

IMGP4661 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO200 17 mm AWB

魚眼で賽の目になっているようなラインがある場所を撮るときは180°、45°、90°、この何かに合わせて、かつ30°か60°のラインが生まれるポイントを見つけるとスッキリとしてて、でも、デフォルメもされるような不思議な世界が生み出せます。

所詮レンズは平方根の賜物だからでしょうか?
不思議な物理法則がありそうです。

IMGP4664 03 FISH-EYE 1/1000s F5.6 ISO200 17 mm WB:Shade X-Process

03 FISH-EYE レンズは、標準で撮ると結構その絵は滲んでいたり、色が薄かったり、モヤっとしていたりとすることが非常に多いです。

海を撮る時にはリバーサルにしておき、風景なら色抽出、街中ならハードモノクローム、クロスプロセスを併用したりとして色変化を仕掛けるのがベターなレンズです。

F5.6という暗さは日中の日差しがある時には全く問題ないのですが、少し暗くなりかけるとキツく、色破綻したりピントを合わせる「線」を見つけられなくなったりしてきます。
そんなときは単純にISOを上げていけば良いのですが、これがまた、難しい。ISO400を超えるとノイジーになってきますので魚眼で遊べるのは朝〜昼間〜3時頃までの晴れた日だけ、のようなイメージが強いです。

もしくは屋内でライティングがしっかりとれている時にペット、などでしょうか。

動物園なんかでデフォルメしたような写真を撮るなら光を確保できるときに実行しないと簡単にシャッタースピードが0.5秒前後ぐらいになります。
そうなると相手が動いていたらアウト。ブレブレの写真量産です。

PENTAX Qというカメラは、Q7ですら、ブレブレの写真が生まれやすいカメラだと思います。
コンパクトデジカメの方が高いISOに合わせたノイズリダイレクションが奇麗に働き多少塗り絵みたいな絵になりがちですが、ブレた写真は出来にくいです。

そういう技術はあまり強く搭載されていない・・・今時の手ぶれとしてはあまりにも貧弱なSR 機構なこともあってか・・・何かしらにつけ「すぐにブレた」写真が残ります。

レンズが暗いから?高ISO値によるざらつきが酷いから?小さいことによる素早く取り出した勢いの強さから?・・・とにかく手持ちならシャッタースピードが1/100を確保出来なければ「ブレ」る写真が出やすいという気持ちを常に意識させられます。
 
これが写真とカメラの関係の勉強になって良い面でありますが、素人的には使いにくい面でもあります。
できるだけISO100で、できるだけ1/100秒以上の早さで、できるだけ意図したフレーミングで、と考え始めるとキリがなく、時を切り取るチャンスを逃してしまいます。

カメラって難しいですよね。 

こんにちわ

7月ももう3日経ってしまいましたね。

今日は、Qシリーズならではの遊び、魚眼レンズである03 FISH-EYEのお話でも。

このレンズ、01や02と違ってMF扱いのくせ者です。
しかしながら、レンズ交換式の最も楽しい部分を提供してくれる大切なお供です。

まず、魚眼は簡単に言うと超広角なレンズ180°以上を収めてしまう恐ろしいレンズです。

それ故に、この写真のように、自分の「指」を入れてしまう危険があります。

IMGP4657 03 FISH-EYE 1/1000s F5.6 ISO200 17 mm AWB

この広々とした世界観を楽しむために2つ覚えたいこと。

 1. 水平を合わせる撮り方とわざとズラしてデフォルメする撮り方を覚えよう
 2. 制限を覚えよう

1は簡単、水平線や建物を撮る際に、中央のグリッドラインにキッチリ合わせて撮れば08番いらずの超広角のレンズです。

また、超接近してナナメから煽れば楽しい世界が待っています。よく犬の鼻をアップしているやつなんかはコレですよね。

IMGP4693 03 FISH-EYE 1/13s F4.5 ISO200 17 mm AWB

IMGP4689 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.0 ISO1600 39 mm AWB
#AF対応の01とはまったく画角も雰囲気も撮り方も変わります

2のポイントは、2秒までしか撮れないこと、F5.6と少し暗いこと、一番端っこが無限遠「ではない」ってこと。こんなところですかね。

MFレンズなので、当然「ピント合わせ」が必要なんです。近くに寄ればそれなりピントリングを回し、遠くを撮りたい場合には逆方向へ一気に回す。でも、一番端っこからちょっとだけ手前で無限遠のピントが合う、そういう仕様を覚えることが重要です。

まぁこの辺はキッチリ追い込んで製品のクオリティを求めた出荷の形にすると、その人件費や不良在庫の問題で、今の格安な値段で提供出来なくなってしまうのでしょうから「逃げ技」と「遊び心」の絶妙な加減ですよね。
面白いです。

余裕がある方は、03番を2つ程 買ってきて片方を無限遠の位置で接着し固定しちゃって使うってのもありかもしれません(笑)

正直、この03番があったお陰でQシリーズのカメラは「楽しい」と思った人は多いんではないかと思います。
高いカメラでやるには数万円のレンズになりますから・・・。それを手頃な価格で「レンズが交換出来る 」っていう楽しさを与えてくれたQは一眼の楽しさは「これなんだ」なっていう、ことを教えてくれます
目的に合わせてガチャガチャとレンズを入れ替える仕草は一方で面倒ではありますが、一方で「自分の意志」が介在しているわけで、このアートな工夫がちょっと入ってくるだけで楽しさが変わるんですよね。
なんでも自分仕様にできるのは楽しいんです。それを味わえる03番はもの凄い逸品です。

03番を手にしたら、まず大空を撮ってみましょう。

全世界で共通に撮れる景色で、その日その日しか撮れない大切な対象です。
暑いときは日陰(木陰)の場所から撮ると遊びやすいです。
その大空の広大な空間がねじ曲がって記録される様は、まさに圧巻。Qって楽しい〜っていう気持ちがすぐにわかります。

IMGP4662 03 FISH-EYE 1/2000s F5.6 ISO200 17 mm AWB

しかもクロスプロセスとか色でも簡単に遊べるんだからたまりませんよね!

IMGP4665 03 FISH-EYE 1/1600s F5.6 ISO200 17 mm WB:Shade X-Process

こんにちわ

本日は02番であります、標準ズームです。

Q7で割と広角にも撮れるし、標準で欲しい領域・・・35mm-50mm付近をそつなくこなす範囲は万能です。

まずは、この写真から。

IMGP4644
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 28 mm AWB

PLフィルターを通していても、このような感じです。

普通に、眠い。色の発色は悪く、まぁ、こんなもんかなあ、と思ってしまえる画質というか、色ののり方です。
これはこれで良いのですが、個人的には昔のデジカメ(SONY WX10)とかの方がよっぽど奇麗だったんじゃないかなぁ、と思ってしまう感じです。
そこで次の写真。コレが答え。
IMGP4645
02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.0 ISO320 27 mm AWB [HDR]

少々寝ぼけたところは同じように残るのですが、色のメリハリ感が断然違います。
上の普通に撮る状態のイメージは、・・・そうですね、この02番の3倍のズーム域やフレーミングの自由度を鑑みるとレンズ交換式になっている分便利なのですが、コレをメインに据えて写真を撮っていきたい、というような気持ちが湧いてくるかというと、ちょっとなれません。iPhoneと変わらないじゃんっていう感じになってしまいます。

そこで、撮影のタイムラグは生まれてしまいますが、iPhoneでデフォルトになっているHDRを使っていく改善手法を考え使ってみたのが後の写真です。
01番の時には、リバーサルフィルム&少し暗めを狙うというやり方を考えましたが、まぁ、コレは手っ取り早いのですが、劇的には変わりません。

そこで、それプラス、SCNモードの「HDR」を使っていきます。色んな一眼的な要素をキッパリあきらめることにはなりますが、この答えによる結果のイメージなら、うん、いいな、と思えてきます。
注意としては晴れた日にやらないと、シャッタースピードが稼げず、ぶれて更に眠くなる傾向がでます。

さほど変わらないじゃん、と思えますが、空はより青く、陰はより陰らしくなり色がスッキリしていると思います。少し偽色になりかけているとこもありますが、初めより気持ちいい青空が印象に残ります。

実際にこの後、雲はどんよりして大雨に変わっていくのですが、その直前の奇麗な青空が残せた、という意味で、HDRの方がより記憶に貢献してくれます。


ただ残念なのは、こういう色の強いイメージで残したいのにも関わらず、・・・これを青抽出で撮ってみたいのですが・・・その空と雲をHDRで撮ることはQ7では出来きません。
「カスタムイメージ適用中にはSCNモードのHDRは反映されない」のです。

これはガックリです。

うーん、昨日の01番もそうですが、02番もやっぱりQやQ10をベースに作られたあくまでも標準レンズ。
というか、最低ラインのレンズ。

このままではチョット頼りないのです。


IMGP4671
02 STANDARD ZOOM 1/640s F4.0 ISO200 39 mm AWB 青抽出

カスタムイメージには適用できないのがネックです。
つまり、01番と同様、色変化を楽しむか、オートでHDRを使うかの2択を迫られるレンズです。

Qの楽しさを味わえる一方、素直な写真の奇麗さはオート、つまりPモードすら使えない「ただのレンズ交換式なコンデジ」になってしまう哀しいレンズです。

しかし、まぁ、そこを割り切って使えばレンズがちゃがちゃ出来て楽しいのです。
この楽しさを中心にして、モノクロや色変化を楽しむ、これがQの醍醐味なんじゃないでしょうか。

決して01や02に画質や奇麗さを求めず、すぐにサっと撮れる、ここを中心に考えていくのがQ7の楽しさです。

IMGP4654

02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 56 mm AWB ハードモノクローム


色が飛ぶことをあえて利用し、かつ、日光の強さも見方にして派手な影絵にして写真を残す、こんな使い方で楽しめるのも02番の遊びかた。

そうですね、やっぱり個人的には次世代のために01と02は作り直しして欲しいです。
まぁ、08メインにしちゃうから、どっちでもいいといえばいいのですが、そうであれば、換算40mm-80mmクラスの写りの良いしっかり作られたプライムレンズが登場してくれればいいのにな、って思います。 

ここ2日間、少しネガティブな書き方になっています。
Q7を使って1年近く、楽しいい一方で改善していかねばユーザーはこの先について来ませんよ、という意味で書いています。
当然K3に行って欲しい裏はあるのでしょう。でも軽く小さくないから嫌です。いきません。
そういう人達はどこにいくのでしょう?

せっかく増えたファンは、できれば大切にしてもらえたら、と思います。
安かろう悪かろうで引きつけても、そういう人達はもっと安くて良いものがでたら簡単に離れます。

PENTAXが好きだから、というユーザーに幅広く「何か」の答えを出して欲しいと思います。
何も反応無いのもダメ。 

難しいとは思いますが、頑張ってもらえたら、と思います。
個人的には、もうこれ以上別なマウントのカメラは持ちたくない。そうなるくらいならiPhoneで十分。

こんにちわ

ついに7月になってしまいました。
時が経つというのは早く、残酷なものです。

さて、Q7購入からもうすぐ1年。
色々ありましたわ。

今月の初頭の写真は、標準レンズの中でよう使うものを中心にお話していければと思います。

まず今日は01 STANDARD PRIMEで撮ってきた写真をつらつら流していきたいと思います。

IMGP4575 01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO200 39 mm WB:Shade X-Process
#デパートを見上げて

IMGP4574 01 STANDARD PRIME 1/10s F1.9 ISO200 39 mm AWB
#デパートを遠くから眺めて

IMGP4541 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO200 39 mm AWB
#花壇の花


IMGP4529 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#曲にウットリしている犬


IMGP4524 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#土手の階段


とりわけ、あまり意味のない写真をつらつらっと並べてみました。

01 STANDARD PRIME の特徴は以下の通り。
  • カラーオーダーができる
  • いちおう明るいレンズ
  • オートフォーカスでそこそこ写る
  • コンパクトなので持ち運びやすい
  • 多少暗くても使いやすい

という感じです。1年近く使ってみて出した答えは「普通撮り用」。もっというと魔改造のクローズアップレンズとかと併用して使うための基礎レンズ。写りは決して良い方ではなく、でも携帯性が良く、カラー変化をかける加工の素材レンズとしてとても相性が良いレンズ、という結論です。

言い換えると、01と02のこの2つのレンズは基礎レンズで、QやQ10用につくられたAF版の基礎レンズ。
Qシリーズがおもちゃ、とか、コンパクトデジタルカメラ並み、と言われる最大の理由はこのスタンダードな2本の01番と02番のレンズの写りにあると思われます。

でも、決して悪い意味ではなく、ここからスタート、という意味で重要なレンズです。

このクオリティで十分と納得出来るかどうかで上のクラスのカメラに行くべきか判断できます。

奇麗に撮れるだけがカメラの遊び方ではない。そう思わしてくれる「何か」を備えています。

個人的には「リバーサルフィルム」や「ハードモノクローム」、「クロスプロセス」といったカスタムにチャレンジして自分好みの色を見つけるのがいいんじゃぁいかな?
って思います。

また、なんだかんだ言っても室内にはコレが無いと暗くてダメ、というシーンが多いため出かける時には忘れずに、な1本です。

Q7をベースとして考えると、やや低スペックな気がします。早くこれよりも少し高めだけどひと時代前の高級デジカメクラスな画質を提供して欲しいかな、と思います。

デジ一眼に憧れて使い始めた時に01番をベースにしてしまうと「BC」無しではほとんどボケない、思ったよりも明るくない、光の方向に向けるとフリンジが出るかオーバーで飛んだ絵になりやすい、とわりとがっかりすることが多いです。

しかしながら、動物へのポートレイト、花、色変化を与える街の景色はQシリーズの楽しさを教えてくれます。ちょっと写真メインな人には邪道かな?って思うのですが、Qの楽しさを教えてくれるレンズなので、これはこれで有りだと思います。

01でハードモノクロームや青抽出、クロスプロセスを撮ると、バッチリ思い通りのものが出やすいです。

そういう意味でQにとって不可欠なレンズ。値段なりな良いレンズです。

-0.3EV を多用した暗めの写真でリバーサルフィルムや鮮やかを組み合わせるのが個人的には好きかなぁ・・・。これは02番も同様ですが。 

こんにちわ

ようやっと土曜日ですね、最近は雨ばかりでなかなか「おでかけ」が捗りません。

さて、今月はレンズ沼月間、ということで、色々なオールドレンズをお話ししてきました。
先日で最後にしようと思ったのですが、1つだけ、ちょっと書いておきたいレンズがあります。

Q7で遊ぶために Adapter for Q Mount 、通称KQアダプターを手に入れたときに同時に購入した smc DA 18-270mm っていうやつの話です。

IMGP4588
#一番広角の状態(18mm: Q7時 83mm)

IMGP4589
#一番望遠の状態(270mm: Q7時 1242mm)

そもそもこのレンズ、なんで手にしてみたかったかというと、単純に1000mm超えの世界を試してみたかったから、に尽きます。

購入してすぐに作ったムービーの最後に月にチャレンジしましたよね。

何も考えずにとにかくやってみたかった、それ1点でした。
なにせ、望遠レンズを買うって言ったらフィルム時代で30万とかそういう世界しか覚えていません。
それがQ7と合わせれば7万のレンズで可能!っていう情報を得て、こんな凄いことは無い!って思ってほぼQ7と同時に購入しましたからね。今思えばどうせMFなんだからヤフオクで300mmを超えるようなやつを買っておけばよいだけでしたわ。

まぁパソコンに例えるなら昔はNEC98シリーズ50万、いまや4万っていうのと同じぐらいのショック度合いで、でもどうせその程度でいいなら中古で昔のでも同じじゃん、ってやつですかね。

IMGP4587
#KQアダプタだけの状態とフード外した状態の比較。真ん中はXR RIKENON 50mm F2

あ、そうそう、こいつは今でも現行品のKマウントレンズなので、オールドレンズにも属さないやつです。
中身はタムロン製らしいです。

で、コレは今年の4月14日に撮った写真。

IMGP2079-0404 smc PENTAX DA18-270mm w/ KQ Adapter 1/1600s F5.6 ISO1600 1242 mm AWB

あんまり腕は進歩してないです(笑)

このレンズをQ7で使う際には絞り環が表にないので、KQアダプタのL側ではなく、OPEN側にしKQアダプタで絞りを調整することになります。

こいつが、またやっかいで、ただでさえ重くて長くて持ちにくいのに、さらにフォーカスもズームも絞りも全部手動。
月を撮ろうとすると、ある程度の広角状態で中心に入れる→ズーム、ピント合わせ位置合わせってなるのですが、月も地球の自転で動くの早い。1分もすれば位置調整が必要な感じです。

また、1242mm程度では画面いっぱいにはならず、トリミングが必要になります。上の写真は無加工。
だから、月を撮るには350mmクラスのレンズ(しかもできればズーム)が欲しいなぁ、ってなります。
へたれなので、ズームが無いと位置合わせが出来ませんしね(笑)

他の絵作りのイメージは、というと・・・。

サクっと手持ちで自宅の窓から撮れる風景を撮ってみました。こんな感じです。

IMGP4590-100 smc PENTAX DA18-270mm w/ KQ Adapter 1/80s F5.6 ISO200 460 mm AWB
#100mm程度の距離

IMGP4592 smc PENTAX DA18-270mm w/ KQ Adapter 1/40s F5.6 ISO200 460 mm AWB
#270mm望遠側(1)

風が強かったのもあり、被写体がブレててピントを合わせるのが・・・・(涙)

IMGP4591 smc PENTAX DA18-270mm w/ KQ Adapter 1/50s F5.6 ISO200 460 mm AWB
#270mm望遠側(2)

違うところに向けて撮るとこんな感じです。

もともとタムロン製品の方の絵をインターネットで色々みてから買うと決めていたので色自体は好みの系統なのですが、いかんせん、遠いものへのピント合わせがこんなにも大変だとは知りませんでした。

100mm×4.6=460mmの世界ぐらいまでなら気合いと根性でいけそうな気もしますが、1000mm超えてくると少しの風の揺らぎ、自分自身の僅かな震え、遠くのものを撮る際には空気遠近によるモヤ、そういった課題が幾つも襲ってきます。

三脚使って撮るのが前提だろう、と思うのは解るのですが、スナップメインの私がドテーンっと構えて何かを撮るなんていうのは稀。
そして、さらには「色」よりも「解像力・シャープさ」を重視すべきで、そういう傾向のレンズを選ぶべきだったかな、と痛感しております。

このDA18-270mmというレンズは、Kマウントなカメラ・・・例えばK−3とか、そういう機種でAFを使いながら色々撮る、ということ前提なレンズであったと感じており、MFでは使いこなせないというのが私の結論です。

ましてや、Q7では重い、長い、持ち歩くと疲れる、と悪いことばかり。レンズの善し悪しよりも先に、Qシリーズのカメラには向いていないっていう感じです。

ということで、AF対応アダプタが出るか上位のカメラを買うまで封印ぎみ。

そうですねぇ、QもKも、たとえばSONYのEも 同時に使えるトリプルマウント可能なカメラとかでたらいいですよね、PENTAXの操作感で。しかも3つともアダプタレスで使えるような小さくて軽いカメラ。
そんな夢のようなカメラが出たら、将来も楽しいでしょうね・・・。

こんにちわ

今日もオールドレンズである、XR RIKENON 50mm F2.0 の話です。
この話でオールドレンズ話しは最後になります。

また新しいのを買わないとできませんから(笑)

さて、雨が振ったりやんだりなので、家の中から撮るだけ・・・。

IMGP4559 RICOH XR RIKENON 50mm F2 w/KQ Adapter 1/13s F16 ISO200 235 mm AWB
#そこらにあるチャリ

XR 70-150mm ZOOM F4もそうですし、こいつもそうなんですけど、リコーさんのレンズは味があって好きです。
こういうレンズを作っていたメーカーに託された新生のQはどうなるんでしょう?と考えるとワクワクしてきます。

IMGP4543 RICOH XR RIKENON 50mm F2 w/KQ Adapter 1/60s F2 ISO200 235 mm AWB
#庭先の花1(2線ボケが出かけている)

IMGP4542 RICOH XR RIKENON 50mm F2 w/KQ Adapter 1/60s F2 ISO200 235 mm AWB
#庭先の花2

さて、もうすぐ6月も終わりですね。

今年の梅雨は降ったり降らなかったりというか、ゲリラ的な感じが多いです。

こういうのって、カメラ泣かせです。撮りに行けない・・・。


そういや、Qマウントのレンズ、もうでないのかな?
新しいボディはどうなるのかな?

Q5なんだとしたら、9月5日までお預けなのかな?(笑)

こんにちわ。

オールドレンズの、というよりレンズ沼どっぷりな月間ということで、 XR RIKENON 50mm F2.0 についてお話をしています。



フレクトゴンと同じように、私の好きな6枚羽を持ちます。他のレンズと同じく、適度な重さと適度なスムーズ感のあるリングで扱いやすく、しかも安価で手に入れやすいので遊ぶにはもってこいのやつです。

IMGP4573
和製ズミクロンとか言われているくらいなんだから、リコーさんのお得意のこういうのをQマウントに持ち込んで欲しいですよね。

わりと絞って使うレンズじゃないかなぁ、って思います。

こんにちわ

またもやオールドレンズのお話です。古いKマウントはコイツで最後かな。

リコーの XR RIKENON 50mm F2.0 です。重いし表面に「L」とか書いていないので前期型だと思いますが、薄くないので良くわからない(笑)

IMGP4569 のコピー

F2からスタートとなります。取っ付きやすさから言うとF2スタートはありです。

撮る機会ができるかな。。。

こんにちわ

今日も昨日の続きで、古いレンズである、PENTAX-M 50mm F1.4 のお話です。

安い割に明るいレンズで、しっかりとしたリングを持っているので結構オススメ。KQアダプタ買ったら、これか、同じ奴の F1.7辺りの奴で遊ぶと良いって思います。

まぁ、しょせんマニュアルだから無理は出来ませんが、でも適当に撮って動いてるものなんかを見事に撮れたときは結構嬉しい気分を味わえます。

IMGP4496 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/500s F22 ISO100 230 mm AWB

明るいからボケが楽しめる、という考え方は捨てていく方が楽しい写真が撮れる気がしてきました。
やっぱり最初の頃は「背景をいかにボカすか!?」っていう心構えで撮っていきたいって思ってたんですけど、最近は何でもかんでもボケてしまうのは面白くないかなぁ、って感じてきています。

だって、なんでもかんでも背景をボカしちゃうと、どこでとった写真かどうかなんて、どうでもよくなってしまって何処で撮影しても似たようなものになってしまって楽しくないんですよ。
みんな似てきてしまったり、せっかくその土地土地で撮っているっていう記録が消えちゃって。

IMGP4510 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2000s F2 ISO400 230 mm AWB

特にオールドレンズは望遠傾向になっちゃうんで、その辺が顕著。
足場の問題で切り取る感じが多いですしね。

IMGP4499 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2500s F4 ISO100 230 mm AWB

まぁ、今回の菖蒲のように終わりかけの時期には切り取れるのは嬉しいんですけどね。

IMGP4498 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2500s F2 ISO100 230 mm AWB

最近は、更に明るくても、若干暗めに撮るのが好きになってきました。

背景でボケる、EVにマイナスを与えて全体的に・特に背景を暗くする、効果を与える、自分でなんでも出来るって面白いですよね。こういうのはコンデジでは出来るかもしれないけど「やらない」ですしね。

なんでもAUTOやなんでも「P」にして撮るのとは訳が違う。

そうですね、Q7の液晶は、この間知りましたけどもっともっと高精細に写るのに、快適なスピードのために精細さを犠牲にしてしまっていましたよね。
その辺が、もうすこし追いつく早さで奇麗に写してくれれば、もうちょっとMFで遊ぶのも面白いのになぁ、って思います。

でも、やっぱり、KQアダプタで遊ぶのは、Q7の良いところをごまかしているようで嫌かな。
01や02の写りよりも、もうちょっと良いタイプのレンズが出て、今のセンサーでも十分奇麗だな、って思えるレンズが欲しいですよね。軽くて小さい奴で・・・。
 

こんにちわ

レンズ沼月間というのもあり、手持ち・・・特にヤフオクとかで見つけて手に入れたものを中心にお話ししております。

今日は、FA77mm Limited よりも安価に手に入れられるのに大口径で明るいレンズ、PENTAX-M 50mm F1.4 を使ってきました。

このレンズ、絞り羽は8枚、F1.4-F22までそつなく使えるマニュアルレンズのなかでも結構使える部類何じゃないでしょうか。

調べると6群7枚、3−3構成で画角は46°。発売は1977だったようですね。

バルサム切れが多いらしいのですが、結構良品で手に入れました。
そういうのはありません。

M
#左側がPENTAX-M 50mm F1.4

めいいっぱい絞れば、わりと奇麗に撮れると感じます。3000円以内で手に入るレンズという意味では結構使えるレベルと感じます。

IMGP4491 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/800s F22 ISO100 230 mm AWB ハードモノクローム

もちろん、KQアダプタとの連携のMFですから機動力は落ちます。


PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/500s F22 ISO100 230 mm AWB 青抽出

この写真のように、鳥さんをおいかけようものならキツい思いの連続です。
連射にしておけば良かったと思うから、動くものを撮るときはスロー連射でなんとかしていかねばなりません。


PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/1250s F9 ISO100 230 mm AWB 青抽出

まぁ、苦労してタイミング合わせるより、連射の方が良いですよ。この上の羽を広げているのなんか偶然。MFでやってるもんだから、無限遠にしてF22にして少し明るすぎてもえいやってたまたまですから。

あ、使う時には、レンズ側の絞りリングもフォーカスリングもしっかりしていますので、KQアダプタは「L」のモードでを推奨です。

ただし、絞りはF1.4だからといって、なめてかかると、 すぐに「2線ボケ」します。


#2線ボケした・・・開放しすぎた悪例
PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2500s F2 ISO100 230 mm AWB


#もう少し絞ってそれなりになった例
PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/320s F5.6 ISO100 230 mm AWB

でも、奇麗に写るようになる、というのは考えものです。

今回のお花の例のように、きれいに写りすぎるとかえって汚い、という例もあります。
しいていえば、4K画質でみる芸能人みたいなものでしょうか(笑)
対象がよければいいのですが、そうでもないときには「無理して奇麗に撮る必要も無い」ってこともあります。
ようは、スナップ写真なんで、自分の記憶の補助に過ぎないのですから、楽しかった思い出、ああぁ、あの時ココに行って、あんなもんみたな、っていう記憶を呼び起こすトリガーにさえなればいいんですよ。
まぁ、どちらにせよ、マニュアルレンズってじっくり構えないと行けないから面倒なのは事実ですよね。

でも、安くていいレンズが手に入るとタマラナイ。これがレンズ沼の恐ろしいところなんですよね・・・。

こんにちわ オールドレンズの中でも、手にして良かったなぁ、と思っているレンズ、FA77mm Limited、RIKENON 70mm ZOOMに続く3つめとしては、やっぱり、Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm(3rd.)です。

FLCT35mm

6羽の絞り形状はアスタリスク(*)のような奇麗な光の演出を作ってくれますし、料理などを取ると柔らかくて暖かみのある写りをしてくれますし、操作もしやすい。
FLCT35mm2 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F22 ISO250 161 mm AWB(再掲)

IMGP4455 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/640s F4 ISO100 161 mm AWB

花を撮っても奇麗です。

IMGP4462 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/250s F4 ISO100 161 mm AWB ドラマチック銀残し

ただし、ちゃんとした形で入手していないので、本来ならいいマウントがあるはずなんですが、安いプラクティカBマウントなんてものに手を出したのが失敗。
キャノン用のアダプタ→そっからQへのアダプタと2ステップでの取付なためか、それとももともとそうなのか、もう今となっては定かではないのですが、遠目の写真を撮るのは苦手なようです。

IMGP4467 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/200s F22 ISO100 161 mm WB-Shade:X-Process

絞りを22にして無限遠にしてもスッキリしません。
近接用にしかなっていないのがもったいないだけではなく、近場でも少し離れるだけで、なんとなく「背景が奇麗ではない」写真になってしまいます。・・。

コレはカメラ(マウント)のせいでしょうね、きっと。

IMGP4456 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/1250s F4 ISO100 161 mm AWB

こんにちわ

まだまだ使いこなせてない感がたっぷりの、この宮崎光学 SONNETAR 25mm F1.1 for Q マウントなオールドレンズですが、なかなかどうして、ピシっとイメージと合わせて決まると快感が得られます。

ピントがもの凄くシビアなのでマゾ仕様なレンズではありますが・・・。
今回はとりあえず、花・草木を撮ってきましたので、その辺を。

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO500AWB__IMGP4414 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/8000s F4 ISO500 115 mm AWB

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO500AWB__IMGP4421 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/8000s F2.x ISO500 115 mm AWB

運良く虫がうろちょろっとしてくれています。

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO500AWB__IMGP4439 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/400s F11 ISO500 115 mm AWB

日中で日陰が得意になるレンズっていうのは不思議なレンズです(笑)
まぁ、ISOを下げとけよ、っていうツッコミは無しです。敢えて色々やってみたわけですから。

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO500AWB__IMGP4418 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/8000s F1.1 ISO500 115 mm AWB

いいですよね、このボケ方。こういうのが02とかでも撮れるといいんですけどねえ・・・。

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO100WBShadeX-Process__IMGP4451 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/320s F1.1 ISO100 115 mm WB-Shade:X-Process

虫は葉っぱを喰い散らかすので、この後取り除いちゃいました(笑)

こんにちわ

レンズ沼月刊としていくつかのオールドレンズのお話をしておりますが、今回でVoigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mmのお話は終わりとなります。

33_MaKaizoB(REBOOT)ISO500AWB__IMGP4376 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/200s F5.6 ISO500 69 mm AWB

今回、少し画像が粗くなるのを承知でISO500で撮りまくりました。
正直、せっかく角までスキっとするレンズなのにISO100にしないのは勿体ないとは思いましたが、モノクロームを撮影する時にスピードで暗くしたり明るくしたりをコントロールしたりするという手法を撮りたかったため、まぁ、レンズが少し暗めのF値だということもあって、敢えてISO500にしていきました。

33_MaKaizoB(REBOOT)ISO500AWB__IMGP4375 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/40s F5.6 ISO500 69 mm AWB

実は同じ時間に魔改造B:REBOOTや宮崎さんのゾンネタール25mmなんかも撮ってた関係で、距離の記録が結構めちゃくちゃ。
初めに選ぶ焦点距離については手抜くと他のレンズで撮ったときの情報まで間違ってしまうからメンドクサイですよね。
こういうの、シャッター押す前にF値とかmmとか再調整出来たらいいんですけどね。

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4359 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/320s F5.6 ISO500 69 mm AWB

望遠や足りないレンズはMFのレンズで遊んでね、という突き放し方を推奨するカメラのくせに、マニュアル撮影への配慮が足りないのはイケてないですよね。こういうUI はどんどん改善していって欲しいものです。以下は私の要望。

・ピントがどこで合っているか、ピーキング程度では判りにくい(音も使ったら?)
・F値を都度教えてセットする仕組みが欲しい(F0写真ばっかりになっちゃう)
・この距離数ならこのレンズ名、とセットにして覚えさせて写真に自動反映して欲しい
・願わくばAF対応のアダプタが欲しい。しかも軽量で・・・

欲を言えばきりがないですがね、声を上げることも必要ですよね。UI ってそうやって良くなっていくもんだと思いますし。
まぁ、ソフトで対応出来るようなところならメーカー側としても頑張って欲しいなぁ、と思うところです。
でなければ、というか、そういうの改善されてくる新型機ならQ5でもQ3でも新しいのは欲しい。同じセンサーなら2台持ちして素早くスナップですよ・・・(笑)

でも、ガワだけなら、たとえ金属ボディになっても、私は1年待ちかな。

こんにちわ

昨日から、 オールドレンズ扱いの「Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm」のお話をしています。

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4357 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/400s F11 ISO500 69 mm AWB ハードモノクローム

素で広角のレンズをスナップとして使うのですが、彩度が薄いということもあって、普通に撮るよりもモノクロームで撮ったり効果を与えて撮る方が好きだったりします。スキッとした爽やかさ!?のあるレンズです。

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4328 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/50s F11 ISO500 69 mm AWB ハードモノクローム

もしくは、リバーサルフィルムにしてしまうとか。

Q7で一番相性の良いと思われるのは「鮮やか」。鮮やかは少し嘘くさくなる色傾向がある気がするので、どうせそうするならリバーサルフィルムにしてもっと強めてしまえっていうのが私の好みなのですが、こと、Voigtlander のコイツに関しては鮮やかで撮る方がバランスが良い気がしています。

ということで、この間の土曜日に栃木で食べた蕎麦の写真でも(笑)

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4317 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/30s F4.5 ISO500 69 mm AWB

蕎麦、好きなんですよねぇ。

今回は霧が岳蕎麦です。
シンプルで実に美味しい。天ぷらが多いので、2人で1つくらいで十分です。

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4315 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/30s F4.5 ISO500 69 mm AWB

大盛りでも軽くペロリですよ(笑)

また準備してもらわなきゃ・・・
56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4319
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/30s F5.6 ISO500 69 mm AWB 

 

こんにちわ

今月はレンズ沼月刊ということもありますので、今日からは小型軽量で昨年11月に入手したこのレンズ、 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm のお話を。

Voigtlander と書いてフォクトレンダーと言います。
15mmということで、普通なら広角の部類のレンズになりますが、Q7換算では69mmですので、一般的な部類のスナップレンズ扱い。

ライカL(M39)スクリュー形式のマウントで入手しましたので、M39を繋げられるアダプタが必要となります。
私の手に入れたものは180°精度の悪い奴。

IMGP4308

こんな感じの奴です。

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4352 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/160s F4.5 ISO500 69 mm AWB
 
めいいっぱいボカした状態で、これくらい(床)。
よほど距離感を上手くつかんでいかないとキツいです。


というより、F4.5スタートなのでさほどボケません。というか、そもそも広角レンズなのでそういうのを期待しても無理があるって言うもの。

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4361 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/160s F4.5 ISO500 69 mm AWB ドラマチック 銀残し

その代わり、結構面白い写りをします。というか、素直な写りと言いうべきな感じです。

どちらかというと、02番のモヤっとした感じを取ったようなそんな感じです。

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4341 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/6s F4.5 ISO500 69 mm AWB ハードモノクローム

色は薄め。Q7で鮮やかの写真にしても、こんな感じで彩度が落ちます。

56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4323 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/400s F4.5 ISO500 69 mm AWB

まぁ、それでも、色々なレンズがあるから楽しいと思うんですよね。

思ったのは、宮崎さんのソンネタールは明るいけど日中の日差しの強いところでは明るすぎて使えない(シャッタースピード限界まで振り切っても白く飛んでしまう)ところがありますが、コチラは そういうことがありません。その点では万能に使えるレンズです。

Q7は明る過ぎるF値は、もしかしたら使い切れないのかもしれません。
F4.5の一番開放のあたりで普通に使う感じでちょうど良いのかもしれませんね。


56_Voigtlander_SUPER_WIDE-HELIAR_15mmISO500AWB__IMGP4380 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm 1/500s F11 ISO500 69 mm AWB

暗くなると弱くなりますが、夕方少し超えたくらいまでなら結構奇麗な発色だと思います。

こんにちわ

もう6月の中旬です。

去年の今頃、Q7の発表があったんですよね。

その時はまだコノQ7を買うなんて視野に入れてませんでした。
ただ、Q10では二の足を踏んでいましたが興味があったのは確かで、その際に候補としてありかなぁ、ぐらいに思っていたのは事実です。

確か去年の今頃オリンパスのショールームに出かけて試して触ってましたからね(笑)

それが、ここまでどっぷりになるなんて、思いもしませんでしたよ・・・。

さて、この休日は、また那須の方へと足を運んできました。

IMGP4308


そして、偶然ですが、蛍のシーズン真っ盛りだったようで。
蛍って、月が出ると消えてっちゃうし、夜遅くなると消えるし、光がたくさん舞っている時期は短いしで結構タイミングがシビアな観察対象なのですが、偶然チャンスがめぐってきたので撮ってきました。

でも、写真じゃ、分かりにくいので、久々にムービーにしてみました。

簡単なものですし、夜の真っ暗なところを奇麗に撮るって難しいですよね。
街灯も無い、周りは水辺、田んぼ、草むら。落っこちたらアウト、そんなところに蛍は生息します。
しかも今回はオールドレンズの撮影写真を増やすつもりだったのでAFレンズを1本も持たずに出かけてたりしたもんだから、超絶接写も逃すという失態(笑)

まぁ、お出かけの記念、自分の日記的にサクっと Youtubeにアップしておきましたので、ご興味のある方はどうぞ。
レンズは、初め魔改造B:REBOOTでしたが、広角→対象は小さい→まっくらで何がなんだか判らない、ってなことで、宮崎さんところの SONNETAR 25mm F1.1 に変更、MFだし、ピント合わせにクセあるし、真っ暗なのでピント合わすことも無理(笑)
 
ということで、敢えてピンボケのふわっっとした感じの光をヒトダマ風に撮影してみました。


Miyazaki SONNETAR 25mm F1.1  ISO500 F1.4 

蛍の光・・・か。

あと1ヶ月もすれば予定の1年です。楽しい時というのは早いものですね。 

こんにちわ

この間フラッとキリンを撮ってきました。

場所は都心。
いつもの動物園ではなく・・・

IMGP3349 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO500 200 mm AWB ハーフワールド 青抽出


こっちの麒麟です。

二本橋に佇むコイツ、なんというか、結構造りがすごくて格好が良いですよね。

それだけでなく、日照がカメラ泣かせです。
半分に強い光、半分は「陰」になるんです・・・。
でも、今回はうまくその状況を利用して、左はモノクロ、右は青抽出みたいに見える不思議な絵が撮れたと思います(笑)

IMGP3343 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO640 27 mm AWB ハードモノクローム


今回、モノクロまたはクロスプロセスの淡い系で撮ってみました。

ちょっと離れたところから撮ると、こんな感じ。

IMGP3336 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO640 25 mm WB:Shade X-Process


まともな色で撮るとこんな感じです。

IMGP3332 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO200 25 mm AWB


この辺りは普通に歩いていると面白いオブジェとか、結構あります。
なんでしょうね、昔流行ったんですかね?こういうの。

IMGP3316 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO250 27 mm AWB ハードモノクローム
 
まだまだ知らない街の風景がたくさんあります。

そういえば、この時に前に違うコンデジで使っていたいつもと違うSDカードを突っ込んで撮影したんです。
その際にたまたま前違う機種で撮った写真が再生時に出たんですが、ビックリしたのはこの液晶モニタ、意外に精細に写せるんですね。普段のQ7での見え方より細いところまで見えました。
元のJPEGも当然画素が多いやつだから当たり前といえば当たり前なんですが、1枚の再生表示速度がかなりもたついてたので、もしかしたらQのモニタ表示って軽快さを重視してワザと間引いたボヤけ画像にしてるんじゃ・・・。

こんにちわ

なんというか、レンズ月刊ということで、とっておきな宮崎光学 SONNETAR 25mm のお話をしていますが、こんな感じでオールドレンズのお話を、特にQマウントのサードパーティレンズについて集中的にやるのはこれが最初で最後なんじゃないかな?
って思うところもさえもあります。なにせ市場が・・・ユーザーの声が・・・ってなところもありますからね・・・。

まぁ、御託は後にして、まずは、自宅で撮った使い終わったバスタオルから(笑)
IMGP3529 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/30s F1.1 ISO100 115 mm AWB

次にお外で葉っぱでも。
IMGP3646 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/60s F4 ISO100 115 mm AWB

そして、ケーキサンプル・・・。
IMGP3722 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/100s F4 ISO100 115 mm AWB

次にはお得意の青抽出で。
IMGP3569
もう一度葉っぱ・・・プラス・・・亀!?。
IMGP3635

なかなかいい感じです。

初めのタオル以外は全部F4で撮りましたが、やはり場面によってはもっと絞ったりシャッタースピードを上げていかないとダメっぽい感じです。
明るいレンズですけど、むしろ少し暗く撮るくらいのイメージをもって使った方がイメージに近くなりやすい感じがします。フリンジというか縁が白くなりやすいんですよね。


ところで、ここからは少しボヤき。

数日前にも書きましたが、Qの市場はコアなユーザーが居るにもかかわらず小さいです。

楽しく遊べるカメラということで盛り上がっているような気もするんですけど、そのQにフルサイズのコンパクトミラーレスと肩を並べて欲しいと思う気持ちが重なってくると変になります。

そもそもそういうのが欲しい人は20万クラスへどうぞ、って感じだと思うのですが、難しいですよね。
で、こういったサードパーティのレンズ、もっと変わったのとか出て欲しいですけど、4〜5万で高い!とか言われちゃうと、大量生産するわけにもいかないし、材料調達の問題もあるだろうし、よほどの大きな会社でないと2万とか3万円より下でなんて提供なんて出来ないと思うんですよね。



だから、この4万前後の値段で宮崎光学さんが SONNETAR 25mm として F1.1のレンズを出しているのは素晴らしいと感じます。
と同時にQ10やQ7と続けているにも関わらずサードパーティのレンズが盛り上がっていないっていう事実も真摯に受け止める必要があります。
だから、こういったサードパーティのレンズを真剣に集中的にお話し出来るのは最初で最後なんじゃないかと思うわけです。

うーん、例えば3万円で何千個売れば材料費や人件費、その他設備費をペイできるところに辿り着けるのでしょうか。それだけの市場がQにあるんでしょうか?

サードパーティで良いレンズを出していく時に、値段が高いのは理由があります。
型作ってポイポイ量産できるようなモノを作るのは結構勇気が要ります。例えばたった2枚のレンズであるメガネを想像してみてください。安くなったとしても1万円くらいですよね。
4群○枚、なんていう構成でレンズを組めば、それだけで数倍。普通に2万で作るのって結構シビアなのが想像付くんじゃないかな?って思うのです。

私はデジカメでないときに一眼レフカメラというものを知ったのでレンズにはお金がかかるもの、という感覚があります。自分でメガネも良く買いますしね。ZoffとかZINとかで気に入るフレームがなかなか見つからないので、レンズ加工が高いところで買うことになり、やっぱりそれなりの値段になっちゃいます。でも気に入ったフレームに入れたレンズだから、長く使えます。

レンズ交換式カメラってそういうものじゃないですかね?気に入るものを探して長く使うって感じ。

そう考えてみると、Qマウントのレンズシステムって、凄いなぁって思うんですよ。センサーをフルサイズ並にしちゃうと、そのセンサーに必要なレンズの半径も大きくなるわけで、そうなると材料費もF値じゃないですが2乗倍になる可能性もあります。大口径の明るいレンズや屈折が良い広角のレンズを作るには良い材料、精度の高い加工が必要です。フルサイズのレンズが高いのは当たり前です。

Qマウントの、少し贅沢を言えないセンサーサイズのカメラだからこそ、色々なレンズがわりと安価で手に入る、そういう恩恵があると思っています。02が微妙な写りになるのも、06の造りがチャッちいのも、それなりの理由がある、って思います。

08の値段が、って思うならば、マニュアルの04番でいいじゃないですか。04番も面白いですよ。
フレームやレンズへのオプション加工、薄く軽くしたい、ブルーライト加工したい、そういったことを望めば、そういった性能を欲しがらなければ1万円かからずメガネは買えます。同じことじゃないですかね?

でもまぁ・・・安くてちゃっちくてもよいはずのトイレンズにバリエーションが少ないことに関してはメーカーの姿勢として納得いっていませんけどね、ははは(笑)
楽しく遊ぶには、やっぱりレンズバリエーションやカスタムイメージのような機能、そしてMF撮影への配慮をもっともっとやって欲しい。
そういうのなら、出きるんじゃないかなぁ、と思うんですよね。 

こんにちわ

昨日から 宮崎光学 の SONNETAR 25mm F1.1 for Q マウントのレンズにおけるファーストインプレッションみたいなのをやっています。

まぁ、これ、F1.1 ということで、まず関心を持つのはやっぱりボケ具合なんじゃないでしょうか。

今の段階でどこまで表現できるか腕が未熟なので分かりませんが少し載っけてみます。

IMGP4300 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/1000s F11 ISO500 115 mm AWB
#まずは絞れるところまで絞った奴

IMGP4301 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/100s F4 ISO500 115 mm AWB
#次に一番いい状態と思われるところ(F4)

IMGP4299 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/6400s F1.1 ISO500 115 mm AWB
#MAXまで開放した状態(F1.1)

なんということでしょう(笑)

F11の段階で、すでに背景にボケがあります。まぁ、当たり前かな、オールドレンズ的な観点からいうと、後ろまでカチっとクキっとするには、やっぱり最低でもF16くらい、できればF22くらいまで絞れないとダメな感覚がありますので、F11でおわっちゃうから広角のようなスキっとした絵を求めるのは無理があるんじゃないかと思います。
だからオールドレンズを手にするときはできればF22まで絞れる奴を探しちゃうんですよね。

F4の段階は結構奇麗でいいですよね。F1.1までいくと対象をキッチリ考えて撮らないと、ほんの1cmレベルの中で深度の深い浅いが生まれてしまうぐらいの感じでかえって難しいと感じました。

また、明るすぎるので若干スピードを早めて気持ち左にメーターを残すぐらいの方がいいんじゃないかとも思います。手ぶれ抑えることもできますしね。

でも、こんな感じでFA77mm Limitedのような溶ける感じのボケを作れて小さいレンズっていうのは新鮮です。魔改造レンズ Cの絞り版をちゃんと作った感じのイメージになるため、個人的にはスゴイ!っていう気持ちが大きいです。

さすが、Qにとっての幻のレンズ。1/150本の1つです。

続いてはちょっとした室内での具合のテスト。

IMGP3739 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/125s F2ぐらい ISO100 115 mm AWB

IMGP3741 Miyazaki SONNETAR 25mm 0.5s F11 ISO100 115 mm AWB

だいたいどれくらいの距離でボケの距離感があるか、ライトのボケの丸がどうなるかを確認してみました。出口の灯りが絞り開放したとき側のF2くらいのあたりでこんな感じに見えます。

絞った方は暗い廊下だったこともあり、スピード少し手ぶれしてますね、流石に小数点1桁になるとキツい。手すりにあてて撮ってみたのですが腕はまだまだですね(笑)

こんにちわ

今月はレンズ沼月刊ということでお話をしておりますが、そのメインイベントとでも言いましょうか、随分前から欲しいなぁ、と思っていたレンズ、ついに入手が出来ましたのでそのお話です。

IMGP3768 01 STANDARD PRIME 1/13s F1.9 ISO4000 39 mm AWB

レンズ名は、「宮崎光学 SONNETAR 25mm F1.1」です。

このゾンネタール 25mm F1.1 は、レンズの造りとしてはゾナー型といわれるタイプでして、その辺の知識はおいといて、とにかくF1.1を実現するための大きな前玉レンズを備えています。

中身は4群5枚で結構良い素材を使って画角18°、Q7装着時115mmを実現するとても明るい、でも、操作はマニュアルとなるレンズです。

IMGP3769 01 STANDARD PRIME 1/10s F1.9 ISO4000 39 mm AWB

へっぽこ写真なのでしっかり見えるかどうか判りにくいのですが、12枚の絞り羽を持っていまして、奇麗な円形を持ちます。
6角や8角じゃないので、ネオンとか撮った時に星形の形にはなりませんが、ボカしたときには奇麗な丸い形が出てくるのを期待していきたいです。

ちょっと使った感じでは、補足として頂いた紙面に記載されているように花・草木を撮る際には2〜3mぐらいの距離で、それ以外はできるだけ放した5m近い距離で撮影すると良い感じになりそうです。

IMGP3709 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/100s F4 ISO3200 115 mm AWB
#周りがおっさんばかりなので泣きたくもなる

今回、ケーキなどのサンプルを色々展示するイベントに持ち込んで撮影してみました。

MFのレンズ、そして、既に販売が終了しているレンズでして、2012年の1月頃に出回った宮崎光学さん製品で、150本くらいしか生産されなかったようです。
ですから、うちのblogのジャンル的にはオールドレンズ扱いになります。

IMGP3724 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/125s F4 ISO100 115 mm AWB
#室内撮影でライティングめちゃくちゃにも関わらず飴細工の透明感や艶が出ていて奇麗

使う感覚は、Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ のようにQシリーズにマッチした大きさの小さめのレンズですから液晶を観ながらフォーカスを撮りに行く感じまでは似ていますが、ピント合わせは全然感覚が違います。
Voigtlander は絞りもピントも操作がやりやすく、すぐに焦点を掴みやすいんですけど、SONNETARは絞りを「先に固定して」液晶を見ながらピントを指一本だけで合わせる、そんな感覚です。
(カチカチカチっと動く絞りリング、無段階ヌルーっと動くピントリングという一般的な一眼のレンズの動きをする Voigtlanderに対し、絞りとピントのリングが近く、勢いよく動かすと絞りリングもブレてしまう感じ。だからピントつまみがあったりするんですが・・・)

IMGP4303 06 TELEPHOTO ZOOM 1/13s F2.8 ISO500 201 mm AWB

リングはピントの方だけをちゃんと回せるように「ピントつまみなるもの・・・下側にポッチというか出っぱり」があって、それを操作して回すようにして、フォーカスを得る感じになります。
リングを回して合わせる感覚に慣れている身としては、指一本でピントを掴みにいくようになりますので、結構慣れるまでには時間が必要です。

まだまだ使いこなせていないです。これ。

こんにちわ。

今月はレンズ月刊です(笑)

といっても、あいにく雨が続いております。梅雨になってしまっているのでどうしようもないですね。

さて、先日は魔改造レンズ達をご紹介しましたが、今回は全体的な話から。

ABESHIsLENS2014-ALLSTARS


iPadやPCからこのblogを観て頂けている方々はおなじみのタイトル画像に使われている今のレンズ達です。
いやぁ、Q7を買ってから随分溜め込みました。レンズ沼にどっぷりってやつですかね、ははは(笑)

一番高価だったのはFA77mm Limitedで、Q7と08番を除いたら金額の半分はそれですかね、やっぱり。
マニュアルレンズというかオールドレンズは1本数千円レベルにもみたないのがほとんど。

ちょっと高めだったのはフレクトゴン(Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm)とフォクトレンダー(Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜)でしょうか。 でも両方とも普通の奴より曰く付き的なものを入手していますからちょっと安めではあります。
 FA77mm Limited
  > smc DA18-270mm
   > 08 WIDEZOOM
    > Flektogon + P/B.Adapter
     > Q7本体
       > Voigtlander + Adapter
       > 01 STANDARD PRIME
        > 06 TELEPHOTO ZOOM
         > RIKENON XR ZOOM
          > その他

っていうところでしょうか。

08番が高いのはQマウントカメラのメーカー標準レンズの中での話としてであり、あの広角具合と奇麗さを考えると同じPENTAXの中のKマウントレンズからみても、他のメーカーの広角レンズの価格からみても破格だなぁ、と感じていましたが、世間の見え方はQ7というソモソモコストパフォーマンスに優れたカメラ本体の値段の位置づけが「当たり前」的に思えるから、それよりも高いのはなんぞや、という感覚なのかもしれません。

なにせ一般的にはレンズはカメラ本体のオプションという考え方が普通ですからね。
カメラにどっぷり、というよりレンズ沼にハマった人から見える世界では『カメラ本体はレンズのオプション・消耗品』として見えてくるから不思議です。
このズレはずっと交わることの無い接点なのかも知れません。

そうだとしたら、仕方が無いでしょうね。だとしたらQ7という格安のカメラを据え置きして、今後のカメラは高価になるかもしれませんよね。特に1インチセンサーやフルサイズとか載ってくれば、10万超えていってもおかしくないですしね。

20万弱のK−3とかに手を出していたら、SONYのフルサイズのαとかに手を出していったら、もっとちゃんとしたFlektogonなんかのレンズよりも上の奴に手を出していくことになり、その出費は10倍以上にまで膨らんでいたかもしれません。
まともなライカレンズやツァイスのレンズって、20万とか30万とか平気でしますからね、上には上の世界があるわけで、このスモールな世界で満足出来たのは運が良かったと思えます。

レンズだけじゃないですよね、例えばSDカード。Eye-Fiのしょぼさから最終的には高速なSDカードに行きましたが、それでも型落ちモデルの良い奴で十分高速と感じられて留まれたし、三脚やフードへの気持ちも抑えられたし、他にもゾロゾロと欲しくなる周辺アクセサリへの気持ちも普通の一眼レフ機と比べたら抑えられたし低コストで遊んで来れました。

小さくて良いものが安くなるのは時間がかかります。
あのWindowsだって、結局Surface Pro3という形で夢の機器が登場出来ましたが、そこに至るまでにはVAIOは別会社にいったり他のPCメーカーは競争に疲れていったりしています。
こんなこと、PowerMac出たての頃、日本ではZAURUS電子手帳であれこれ、なんて言ってた頃に想像出来たでしょうか。

たぶん、これからのミラーレスも含むデジ一眼は同じようになるんでしょうね。 

また、今回一部で「高いから売れない」と評価されているような08番が、本当に「市場からは高いから買えない」と判断されているとしたら、これからお話しする宮崎光学のSONNENTARのようなレンズは2度と市場には出て来れないでしょう。なにせ08番と同クラス、いいやMFなレンズであることを考えるとお高い価格になるようなレンズですから・・・。

b7dc61c2



・・・ サードパーティが参加しにくい土壌が出来上がってしまう。私的にはそっちが一番哀しい。
iPhoneなんかを観て判るように、CLIEやZAURUSの市場が大きくならなかった要因の1つには、サードパーティが参加しにくい土壌だったというのが大きくあります。

1社で頑張っても限界ってのがあるんです。

そして、それは、結果的にQシリーズの開拓した市場は最後に海外のメーカーの安かろうな機種(でも量がある、世界規模である)に浸食され・・・日本メーカーでは最後に太刀打ち出来ない・・・・存在出来ない世界に到達します。
それこそPCと同じ道ですよね、そんな道を歩むと想像してしまえます。

良いレンズ、それに合わせて楽しい世界を皆で作れていければ、長くたのしめるシリーズになれる可能性をQマウントのカメラにはあるんですけどね。
でも、まぁ、今なら、まだ、Qマウントをすっぱり諦めてEマウントやKマウントにいっても気持ちはなんとかなるかもしれないな・・・。

PENTAXの操作で遊べるならば。 

こんにちわ

Q7を購入したのは今から11ヶ月ほど前の7月7日です。 発売日そのものは7月6日でしたよね。

私はちょっと悩んでからカラーオーダーをしたために1日ほど入手が遅れました。
まぁ、Q7なだけに、7月7日に手に入れてラッキーな777であったのは、その後の遊び方を暗示していたのかもしれません。このカメラに出逢えて良かったと思っています。

さて、最初に手にしたのは01番と07番でした。そこで終わっていれば良かったものの、06番てどんな写りなんだろう?03番て・・・KQアダプター使ったら・・・ヤフオクで売ってる古いKマウントは・・・高いけど評判のFA Limitedシリーズは・・・と、どんどんレンズ沼にハマっていきました。

まぁ、コレはコレで面白い経験でした。

なにせ1992年、そうですね、もう20年以上前に初めて一眼レフなカメラ PENTAX Z1 を触ってカメラの楽しさを知ったときに味わった・・・あの時に出来なかった悔しさを今味わえたのですから。
このQ7に出逢えて本当に良かったと思います。

そして、魔改造レンズ。コレは、この22年の中で自分の辿った道への振り返りだったのかもしれません。
ただフィルム代金のことを考えずに撮れることの嬉しさから始まったデジカメへの思いは、より明るい、より奇麗、よりズームで、より高画質・高解像度、より暗所に強い、よりボケみが、最後にはより「普通じゃない画角(広角・パノラマ・3D)、と発展していきました。

そして、結局はデジカメってのは今も昔も未だに発展途上。簡単に言うと消耗品としての気持ちが強かったところに「本質としてカメラは、たくさんの人の知恵が詰まったレンズという財産」を自分のイメージ感と掛け合わせて楽しむ遊び、というところへ辿り着きました。

古いコンパクトデジカメのレンズもその財産です。だからこそ、なんとか使えないものか。一部を流用する形でも良いから自分でもそこに関われないか、と思って無意識的に遊び始めたのが『魔改造レンズ』という答えだったのかもしれません。

22年前にその答えに一端に結びついていたら、もしかしたら今の職も違っていたでしょうね。

でも、これはこれ、結果色んな意味で良かったんだと思うんです。
Q7というターニングポイントが出来たわけですし。

IMGP4279
#手元に残った魔改造レンズ達(カメラのモック脇のレンズは比較用01番)


と、前置きが非常に長くなりましたが、この11ヶ月の中で手にしたものを紐解いていくようにお話ししている今月ですが、オールドレンズだけでなく魔改造レンズ達で、ココまで手元に残ったものを雑感的に残していければと思います。


【07 MOUNT SHIELD 魔改造『105mm版』】・・・お釈迦
IMGP5497
初めて思いついたバージョン、最初は写ルンですのレンズから始まり、古いコンデジのレンズを流用するところまで辿り着いたバージョン。後に更に追求することになり解体へ。

【魔改造レンズ A type #01】超絶接写版
IMGP4273
07番のレンズひっくり返し技で生まれた無茶苦茶接写することで近接撮影を可能にしたもの。被写体との距離5mm〜1cm程度で撮影するため非常に使いにくいが新たな世界を切り開く。

【魔改造レンズ type A #02】超絶接写 アタッチアップ
IMGP4276

先の接写の距離感の失敗を解消し、AFに対応させるための言わば「古いデジカメの前玉を使ったクローズアップレンズ」。写真のように01番に取り付けることでAFも効き、普通のクローズアップレンズよりも拡大されるため、これで接写においては解決された完成品。



【魔改造レンズ B type #01】B弐: 超広角スナップ(105mm版改)・・・レンズ傷&分解によりお釈迦
STYLE
広角レンズ08番が登場する前に広角を手に入れたくて始まったもの。写りは結構よかったが四隅のケラレやもうちょいピントを追い込むために色々やっててレンズそのものをキズものにしてお釈迦となる。

【魔改造レンズ B type #02】超広角スナップ(第2版)
IMGP4278
前回作成した際の反省から無理にピントを追い込まない替わりに05番の電子情報を用いて四隅のケラレを少なく自動クロップしてもらう発想で作成したもの。ケラれの問題は解決したものの、自動クロップの動き(切り取って拡大して帳尻合わせ)もあり、全体的に甘くぬるい絵になったので結局は失敗作。

【魔改造レンズ B type #03】超広角スナップ(第3版: REBOOT)
IMGP4272
四隅のケラれは「味」として残し再チャレンジしたもの。結果そこそこ出来上がるが、若干傾きがあり100%のピント精度に至っていない「風味」が残る。この時点では08というAF対応の広角レンズもあるため、風味を敢えて残してTOYレンズ扱いで遊べるものとして完成。


【魔改造レンズ C type #01】絞り内蔵版
IMGP4275
明るいレンズを使いたいという欲求は近接ものを撮影するのに向いて入るがレンズの無限遠のフォーカスをしっかりする上では「絞れること」が重要という観点に気がつき、ならば古いレンズの絞り羽を流用して作成したらどうかという形でチャレンジしたものの、前後の動きを再現できなくて一定の近場距離のみでしか使えないというもの。写りは奇麗だが遠景もダメ、近すぎるのもダメ、と、使いにくいため今はほとんど使われていない。

【魔改造レンズ C type #02】絞り内蔵版 2・・・レンズ落下により耐久落ち破損、お釈迦
画像1
先の絞り羽版の改良を試みて、前後に動かせるように、等の実験も試みたがその実験過程でポッキリ筒部分が再生不能になり、お釈迦へ。このレンズの続きは小さな絞り羽ユニットがなかなか手に入らないため、現在お蔵入りの方向性。


【魔改造レンズ D type #01】プラスアルファード
IMGP4274
幾つかの過程で余った部品(05番のレンズ、情報を壊した07番のマウント)を流用し、何かのコンデジの後玉を1枚追加して生まれたもの。写りは07番のようなイメージで、でもピント合わせが多少できて焦点距離も長めのもの。結果的に07番より使い勝手の良い07番になったので、これはこれで完成。

***



もしかしたら、まだこのような魔改造レンズへのチャレンジは続くかもしれません。

またその時が来たらご紹介してみたいとは思います。
こういうのを簡単に作れる時代は、きっとくると思います。

3DプリンタでQマウントの設計や「モデリング」も現実に作れてしまう、っていう時代になってきましたしね。 

IMGP4291
#薄さ高さ (左上は比較用の06番、上中央はQ7のモック、右上はC:type#01、中央左は超絶接写A:type#01、その下である左下は接写完成計のアタッチアップ。、中央はB:type#02でピント甘い奴、その下にある赤い奴はB:type#03 REBOOT、中央右はD:プラスアルファード)



作るのも面白いんですけどね、レンズ情報埋め込めたり F値をセットできたり、焦点距離も入れられたりといった「電子情報」が結構重要ですよね。
レンズを何度も交換していると、マニュアルのものを付けた際に何で撮ったか後から判らなくなるんですよね。
何か良い方法を、と考えたあげく、結論は 焦点距離=レンズ番号扱い(小数点でF値目印)にするのがベターかな、と。例えば 30mmはフレクトゴンとし、F11値使うなら 30.1mmと初めに入力、みたいに(F4なら30.4等)。

なにかメーカー側で良い工夫があればいいのですけどね・・・。

こんにちわ

この間出来上がった魔改造レンズB超広角スナップ(REBOOT)の試し撮り、続いています。


魔改造レンズB超広角スナップ(REBOOT)5mm 1/400s F2 ISO100 23 mm AWB

このレンズ、コンデジのレンズを無理矢理使えるようにしたやつですが、その取付の悪さというか自作っぽさが尾を引いて、近めの距離でレンズの中心「じゃない」ところにピントが合う、という不完全燃焼なレンズなんです。

33_MaKaizoB(REBOOT)ISO100AWB__IMGP4145 魔改造レンズB超広角スナップ(REBOOT) 5mm 1/640s F2 ISO100 23 mm AWB

しかしながら、特に縦持ちのときにそのピントのズレと四隅のケラレが合わさって意外性な絵がが出てくるという面白さが残るので、レンズの傾きやズレは直さずにそのままを楽しんでいます。

33_MaKaizoB(REBOOT)ISO100AWB__IMGP4062 魔改造レンズB超広角スナップ(REBOOT)5mm 1/320s F2 ISO100 23 mm AWB ドラマチック銀残し

こうして考えるとQマウントカメラっていうのは遊び心を残したいカメラかな?
っていう気持ちを感じています。トイっぽさのレンズもあり、キチっとくるレンズもあり、どちらにも面白さを与える効果を載せられる。色んなイメージを膨らませて自由に撮る。奇麗でなければ、という発想さえも必要なく自分で楽しく遊ぶためのカメラ。

33_MaKaizoB(REBOOT)ISO100AWB__IMGP4047 魔改造レンズB超広角スナップ(REBOOT) 5mm 1/1000s F2 ISO100 23 mm AWB

あぁ、そうですね、07番は既に分解したために今はもう手元にないんですけども、そういった07番のような癖の強いレンズがもっと多く出るべきなんでしょうね。キチっとしたレンズのバリエーション、遊んで「なんじゃこりゃ」っていうレンズのバリエーション、この両方が満たされる尖ったカメラであれば良かったんじゃないのかなって思います。

33_MaKaizoB(REBOOT)ISO100AWB__IMGP4063 魔改造レンズB超広角スナップ(REBOOT)5mm 1/320s F2 ISO100 23 mm AWB

たぶん、Q、またはQ10までは「遊ぶための」カメラ、そんな感じだったのかもしれません。
Q7という少しまともな写真が撮れるようになってしまったが故に「標準レンズ」は奇麗に写らない。
トイレンズとして本当に「トイ」なのは03と07しかない。
きれいに写せるレンズは06と08しかない、っていう落ち着かない状態になってしまったのかもしれません。ちなみに01は奇麗に写せるようで微妙な感じが少し残っていますのでいったん除外。06レベルに近いところまではいっている感じがするけれど08レベルではない、そんな感じがします。

奇麗に写したいという欲求と、遊びに使えれば良いじゃん、というトイ要素の両方を持ってしまったがために期待される悩み、これが今後にシリーズとして残るのか、それとも一新するのか、どうなるのか楽しみではあります。

そうですね、Qマウントも使えて、でもKマウントレンズもAFで使える、そんな欲張りなカメラが1インチセンサーで出てきたら面白いかもしれませんね。
トイとキッチリ、双方を追求したやつってことで。

こんにちわ

今日は、一番大好きなレンズのお話を。

といっても、あんまり良い写真が無いんですよね。
過去に出した奴から引っ張ろうかと思ったんですけど、そういうの無しに、まぁ、自分の実力の無さをさらけ出すのもありかな、と思ってこの間他のレンズと一緒に撮った奴から。

51_PENTAXsmcFA77mMLimited_IMGP4254 01 STANDARD PRIME 1/6s F1.9 ISO500 39 mm AWB

このPENTAX FA77mm Limited というレンズ、知る人ぞ知るとあるお方がペンタックスに挑戦的なふっかけで作らせた、とも言われている至宝のレンズのうちの1つだそうで。

お値段もお高い、っていうのは前にもお話しした通り。
これKQアダプタとセットの一つでQ7が4つ買えちゃう・・・かもしれないっていう感じの値段です。


その力たるものは、もの凄く、絞りを開放していけば背景は溶ける、という表現がふさわしく、強めに絞ればスキっとしていくという、ああぁ、ペンタックスはいいな、って思うレンズのうちの1つです。

51_PENTAXsmcFA77mMLimited_IMGP4252 01 STANDARD PRIME 0.4s F1.9 ISO500 39 mm AWB

この良いな、って思う系統の作らせたらしいシリーズ、って、他には FA31mm、FA43mmとあるらしいのですが、31mm=約152・・・06番の範囲、43mm=約198mm・・・これも06番の範囲、っていうことで、いくら凄いレンズでも06番でカバーできる範囲のものを敢えて買う必要も無いだろう、ということで、77mm=354mmという距離を選択しました。

51_PENTAXsmcFA77mMLimited_IMGP4253 01 STANDARD PRIME 0.5s F1.9 ISO500 39 mm AWB

このレンズ、最大のF1.8あたりで使うと、明るすぎるのか、良く紫のフチ(パープルフリンジ)が出ます。ドンピシャにハマる被写体の場合にはそれくらい開放した状態でとってもいいんですけど、普段はF4〜F5.6ぐらいに絞って使うと安定する感じです。あ、でもそれでも2線ボケでるときありますから、F11くらいに絞っていくことも重要です。ちょっとくらいならKQがわを回すのもアリです。



まぁ、このレンズが小さくなってQマウント化したらいいなぁ、といつも思っています。

マニュアルレンズとして扱うわけですが、ピントの調整もとてもやりやすく、リングがぶれたりスカスカってことなんてまったく無いし、基本はKQアダプター側を「L」でレンズ側で絞るのですが、逆にレンズ絞りを「A」にしてKQ側で羽をいじる、なんてこともできたりします。逆にKQアダプタを少しメモリ移動させておくと、それ以上のレンズ側の絞りを回しても途中で止まるというか、まぁ、KQアダプタってよくできてます。これ、AF駆動したらもっといいのに(笑)

オールドレンズでのコツ、といいますか、撮影気をつけていることは下記。
  • とにかくじっくり長く手をあげて構えない。疲れてプルプルしてくる。
  • ピントをあわせる対象を「葉脈」や「木目」など線として認識しやすいものをできるだけ利用する
  • 明るいからといってF値を低く(開放)にしすぎない
  • Qとの重さのバランスからいってレンズに重心があるのでQを持つよりレンズを持つようにする
っていう感じでしょうかね。ピントの山はx6とかにしてキッチリあわせて時間を撮るよりも、微妙にピントを変えながら数枚撮っておく方が後々イイ!って思う写真が撮れることの方が多いです。

51_PENTAXsmcFA77mMLimited_KQAdapterISO100AWB__IMGP4083 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/125s F4 ISO100 354 mm AWB

Qの小さな液晶でそもそもピントをあわせること自体が難しいですからね。
前にも書きましたけど、MFのピント合わせのピーキングっていうやつ、あれ無いよりましですけどわかりにくいですよね。せめてピピっって音が鳴ってくれればいいのになぁ。

ということで、このレンズの話へ。

こいつは354mmって簡単に言うけど70cmの最短距離どころか撮りたい被写体をフレーミングするには、自分から5〜6mは少なくても離れないとキチッと撮れないレンズでもあります。

だから、人物撮るのにはかなり難しいです。えぇ、本来人物を撮ると奇麗に写るレンズなのに、それが難しいレンズです(笑)

個人的には人ごみというか大勢の方が居るところで結構使えます。離れた位置から一点集中です(笑)
Qにはこれくらいの望遠率があるAF対応レンズがあるべきですよね。

他のレンズでもそうですが、望遠な奴ほどプルプルする腕の揺れを排除したいわけですよ。
SRなんて効かないから(笑)

51_PENTAXsmcFA77mMLimited_KQAdapterISO100AWB__IMGP4132 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/250s F4 ISO100 354 mm AWB

AFで瞬間的にサクっとピントあわせて望遠が撮れるようになったら嬉しいんだけどなぁ。
でも、まあ望遠ほどピントを自動であわせるのが難しいでしょうね。

まぁ金銭的に余裕があればオススメです。
他のQマウントレンズと比べて全然違うって判るレンズですよ。まぁ、本日の写真はイケてないのばっかりなので説得力は無いかもしれませんがね(笑)
良いレンズでもちゃんとした腕がないとこんなものです。

こんにちわ

久しぶりの東京駅、しかも昼間に来るとテンションが上がります。

さて、昨日からKITTEにインしていますが、その屋上庭園に来ています。

その屋上から見える景色が凄い!!

東京駅が一望なんですよ。この上から見る迫力が凄いです。
こういう時、08番持ってて良かったーってなる瞬間ですよね。


08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 20 mm AWB

東京駅をまるっとおさめられるこの嬉しさ。

あまりにも嬉しいので、ノーマル、極彩、青抽出と3回シャッター押しちゃいます(笑)

 IMGP3238 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 17 mm AWB 極彩


IMGP3242 08 WIDE ZOOM 1/100s F5.0 ISO200 27 mm AWB青抽出

KITTEは、実は中が結構凄かったり。

普通の商業施設っぽいんですけどね・・・。

IMGP3248 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO500 17 mm AWB

ココです。
IMGP3255 08 WIDE ZOOM 1/6s F3.7 ISO1600 17 mm AWB

なんというか、スミソニアン博物館を連想させるようなもの凄いコレクション
「 InterMediaTheque 」 ってのが凄いんです。このインターメディアテク、東京大学と一部京都大学の品も揃っている、骨格標本や、博物的な標本というか模型、人の内部構造から鳥、昆虫、魚や恐竜っぽいのまで、とにかくもの凄い数、貴重な品揃えが展示されている場所があるんです。KITTEの中に!

特に鳥類の剥製コーナーなんかは圧巻。よくここまで・・・、と思うものばかりです。そういう貴重な品揃えのものを、昔、集配作業エリアだったところを使いながらうまく展示しています。

とにかく素晴らしい数々。写真NGなのでQ7で撮れなかったのが残念ですが、東京来たら、目に焼き付けておくべき場所の1つではないでしょうか。ココ。

こういうのワクワクしますよね、今の子供達は簡単に無料で観られるだから羨ましいです。
月曜お休みらしいので、行くときは注意です(笑)

こんにちわ

昨日から久しぶりの東京駅、KITTEへの道の写真になっています。

ここのところの東京駅の開発は凄まじいですよね。
グランルーフもそうですし、その周りの開発もどんどん進んでいます。

IMGP3212 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm AWB

入口のKITTE の文字・・ IIIII<I E TITITE という感じでしょうか、真っすぐの棒にうっすら横棒が見えてて、いいなぁ、こういう遊び心。・・・・。って、さて、KITTEにインしていきますよー

IMGP3214 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO1250 17 mm AWB

東京中央郵便局。まぁ、窓口なだけなんですけどね。
郵便局と行ったら木場の方にある新東京郵便局とかの方を思い出しちゃいますが、今回は東京駅。

IMGP3217 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1600 27 mm AWB

ここにある窓口も普通に使えます。
そして、ココにしかないお土産もあるようです。

IMGP3219 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO1250 27 mm WB:ShadeX-Process

昔の局長はどんな思い出東京駅を部屋から観ていたんでしょうかね。
そんな気分も味わえる局長部屋なるところもありましたよ。

さて、上の方に行くと、屋上庭園のような場所もあります。


08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 18 mm AWB

結構オシャレです。というか、それだけでなく、上を見上げるとオフィス階がまだまだ続いてる!

IMGP3246 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 18 mm AWB
 
残念ながら立ち入りは出来ませんでしたが、更に高いところまであります。
霞みますよ、この高さ。

で、で、

その眼前には・・・・(つづく)
 

こんにちわ

今回はオールドレンズの中でも結構楽しいレンズ、RICHO XR RIKENON ZOOM 70-150mm F4 とKQアダプターについて。

まずコレから書く内容は素人目線ですので、評価出来る人から見たら何言ってんだっていう意見じゃないかな、って思います。だから適当に聞いてください。
しかも、何ヶ月か使ってみましたけど、性能を十分に引き出したわけでもないですしね。
さて、まずはQ7に付けたときの姿から。こんな感じです。
55_RICOHXR_RIKENONZOOMIMGP4235 01 STANDARD PRIME 1/8s F1.9 ISO500 39 mm AWB

外した状態は、こんな感じ。

絞りは4−22、MACRO/70mm - 150mmで、Q7は4.6倍なので 322 - 690mm クラスとなり、06番を遥かに超える領域の象が捕れるレンズとなります。

55_RICOHXR_RIKENONZOOMIMGP4237 01 STANDARD PRIME 1/5s F1.9 ISO500 39 mm AWB

で、レンズの絞りはこんな感じです。

55_RICOHXR_RIKENONZOOMIMGP4238 01 STANDARD PRIME 1/4s F1.9 ISO500 39 mm AWB

また、MACROモードを備えています。まぁ、これ、結構離れての撮影で距離が結構要るので、プルプルになります(笑) でも虫とかは逃げないので巧くやれば使えるのかもしれません。

でも、MFですからね、ピント合わせしている間に蝶とか逃げます(笑)


XR RIKENON ZOOM 70-150mm:85 MACRO w/ KQ Adapter 1/800s F4 ISO100 391 mm AWB

コレ見て解るように、KQアダプターをちゃんと操作しないと「2線ボケ」とかいう2重のリングのようなボケがでます。

KQアダプター、正式にはK MOUNT ADAPTER FOR Q でしたっけか、コイツは「0(OPEN)〜 L 」までありますが、OPEN は絞りを開放させるものです。アダプタ側でレンズの絞りリングを開放状態にしてくれます。対してLは閉じる側、って感じですが、その前の数字「8」が一番絞っている状態で、Lはレンズの絞りリングに連動して動くモードです。

わかりにくいですよね、コレ。

例えば、レンズ側に絞り操作ができるリングがあれば、L(たぶんlensのL)にしておきます。そうするとレンズ側の絞り環がそのまま利用出来ます。

逆に0にしたりすると、強制的にレンズ側の絞りを開けっ放しにできます。



RICOH XR RIKENON ZOOM 70-150mm:85 MACRO w/ KQ Adapter 1/125s F4 ISO100 391 mm AWB

なんだLだけ使ってれば良いじゃん、って思うのですが、レンズによってはコレが機能しないやつもあるんですよね。今回ウチにあるのXR RIKENON 70-150mm もそれの1つ。時々ちゃんと動くんですが、まあ、中古ですからね、そこは諦め。だからこそKQアダプター側で絞りを調整出来るのは大きな意味があります。


RICOH XR RIKENON ZOOM 70-150mm:85 MACRO w/ KQ Adapter 1/1000s F4 ISO100 391 mm AWB
さて、このレンズ、自分的なお気に入り度としては、結構お気に入り度の高いレンズです。
というか、ズーム出来てマクロ持っているようなレンズだったら、何でも良かったのかもしれません。少なくても購入動機はそうでした。

特徴として(1)そんなに高くなく中古で手に入る。
(2)ズームができるからピントというか対象を見つけやすい。そして操作している感覚が楽しい。
(3)結構素直な描写をしてくれる。02のレンズなんかより奇麗に写っていると思っています。(4)ズームってことを考えるとF4はかなり明るいと思っています。

デメリットは、KQアダプタを巧く使わないと2線ボケが出まくりなところと、大きくて重いってところです。そういう意味ではQの機動性が無くなります。まぁ長距離欲しいときは機動性は初めから諦めてますしね・・・。

MFですから動くものは向いていないのはQでは仕方の無いことです。ここはQマウントカメラの残念な点。オートフォーカスできるレンズ、そこに500mmクラスのバリエーションがない。届きそうで届かない中途半端な06番で終わってしまってるところが残念で仕方が無い。

まぁ、そこはKQでMFにして遊んでください、欲しければK−3とか買ってステップアップしてください、っていうことかもしれませんが、軽いからいい、っていうところが無くなってしまいますからね。

軽いから持ち歩くのが楽しいんです。画質はこの程度で十分。レンズを複数持ち歩いてもさほど重くないっていうのが重要。
まあ、今AFでの代替えが無いので、長距離でズームできるMFなオールドレンズの中ではコイツが一番好き。初めに手に入れたMF扱いレンズであるsmc PENTAX DA18-270がまったく使わなくなるくらい気に入っています。

RICOH XR RIKENON ZOOM 70-150mm:85 MACRO w/ KQ Adapter 1/160s F4 ISO100 391 mm AWB

カメラは結局のところレンズですよね。センサーとかエンジンとか、確かにそれも重要な要素ですけど、最後は結局レンズ。
レンズにお金を注ぎ込める人は好きなだけ好きな世界にハマればいいと思うのです。
そうですね、そう言う意味ではソニーのフルサイズEマウントが充実したときに、Qの立ち位置がどうなっているかでしょうね。だから、まだまだ今しばらくはこいつQ7で遊ぶのが楽しいです。12MBくらいのファイルサイズってのも、これくらいがバンバン撮れてMacBookのSSDを圧迫しなくていいしね。だから、次のモデル関係なく、欲しいのは遊べるレンズです。まあ、GPSとかありますけどね。

今の私の場合のオールドレンズは、長距離のRIKENON 70-150mm、料理やあたたかみが欲しいときはフレクトゴン35mm、絶対的に奇麗にとりたいときにはFA77mm Limited、っていう具合で使い分けています。

でも、この3本持って移動するの、すげえ重い。いや、2本でもキツイ。だからこれに加えてフルサイズの重いカメラなんて持ち歩く気になれない結論。ごめんなさい、K-3とか魅力有って良さそうなんですけどもらっても使わないと思う。
操作性というかUIも好みで、色もいい、カスタムでRAW要らず、後から時間を取られることもない、こう言うのひっくるめて、Q7はバランスイイです。

ふぅ、今日は久々にゆっくり出来たお休みなので長くなってしまったかな。

こんにちわ

6月になりましたね。

衣替えの季節が始まります。ということでココのところ08番が多く標準レンズを多用していましたけど、6月は06番を超える焦点距離が多いオールドレンズ、それと魔改造レンズを使っていきたいと思います。

まぁ、とはいえ、標準レンズも結構出てくるとは思います。なにせオールドレンズはMF(マニュアルフォーカス)なので、1枚撮るのに酷いときは2分くらいかかりますからね、ピント合わせに。
そういうことを考えるとネタになるほど集めるのには時間がかかります。

だからその間はオートフォーカス対応の標準レンズとかが活躍しますです(笑)

IMGP3880 01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO4000 39 mm AWB CROP-RETOUCHED

さて、この間出来上がったばかりの魔改造レンズB(REBOOT)超広角スナップ版を再作成したやつの話を今日も。

このレンズ、オリンパスのC-160というF2でズーム無しのコンデジのレンズユニットを奪ってきたやつなんですけど、ユニットそのものの取付がビミョーに傾いているようで(笑)

色々撮りましたが、特性が2つ。

 (1)遠景はほとんどボケるが近い50cmくらいの場所まではわりとしっかり撮れる。
 (2)ピントが合う位置が左側にナナメに存在し、それいがいはボケ、
    更に四隅はケラレ&ボケがあるのでカスタムイメージ要らず・・・(笑)

市販だったら使い物にならないレベルです。でも、コレ、トイレンズ扱いで使うと結構便利です。
特に縦持ちにしてモノクロとかのカスタムを施した時最高!

まずは近場の駅から。左の電車は割と見えるんですけどね・・・。

IMGP4186 魔改造レンズB 超広角スナップ(REBOOT) (REBOOT) 5mm 1/80s F2 ISO100 23 mm AWB

だから、ちょっとそれを利用して撮りたい対象を左側に配置してみます(笑)

IMGP4189 魔改造レンズB 超広角スナップ(REBOOT) (REBOOT) 5mm 1/80s F2 ISO100 23 mm AWB

普通じゃ作れないような部分的に(しかも中心じゃないところに)ピントが合うんですよ(笑)
この凄さ、わかるかなー、PhotoShopやiPhoneアプリなくして遊べるんですよ、楽しいです。

そして、F2クラスの明るさなので暗くなってきたり室内でも使える。うーん、楽しい(笑) 
ということで?

いつものチェックの奴もやってきています。

IMGP4051 魔改造レンズB 超広角スナップ(REBOOT) (REBOOT) 5mm 1/13s F2 ISO100 23 mm AWB

秋葉原駅構内のパイプ。奥から手前まで写る広角具合なのは同じみ。なにせ同じレンズユニットの3度目の挑戦ですからね・・・。

中央口出たところのビル。左のビルにのみピントが合っています。うは。

IMGP4054 魔改造レンズB 超広角スナップ(REBOOT) (REBOOT) 5mm 1/3200s F2 ISO100 23 mm AWB

アキバヨドバシを上に向いて(青の世界type2:青写真風)。左の文字は読めるのに右側はボケちゃってます。

IMGP4057 魔改造レンズB 超広角スナップ(REBOOT) (REBOOT) 5mm 1/500s F2 ISO100 23 mm WB:Manual 青写真風

更に応用して、ハードモノクローム&ハーフワールド。コレですよ、このレンズの醍醐味。
なんというかハーフワールドと相性が良すぎで楽しい!

IMGP4197 魔改造レンズB 超広角スナップ(REBOOT) (REBOOT) 5mm 1/6s F2 ISO100 23 mm AWB ハードモノクローム

Q7って無限の可能性ありますよね。奇麗に写すだけが写真じゃないよね、やっぱり。 
色んな楽しみ方があっていいと思うのです。
 

ここんにちわ

今月もQ7と一緒に色々な所に行きました。

GWの最中から・・・

水田を駆け抜け・・・

IMGP2802

栃木県、奥日光。

IMGP2820 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO500 27 mm AWB

いろは坂を超えて中禅寺湖、三本松が既にない三本松公園、戦の後など全然ない(そういう意味ではない)戦場ヶ原。

IMGP2832 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO800 27 mm WB:ShadeX-Process

でもまぁ自然の感じられる場所という意味でのびのびリフレッシュしてこれた感じでした。


08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 27 mm AWB

若葉の季節ですから、樹々のある場所は気持ちがいいですよね


06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250 135 mm AWB

また、ものすごい量、数多くの鯉のぼりも観られましたし・・・。

IMGP2951 08 WIDE ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 19 mm AWB

東洋のナイアガラも観られました。

IMGP2997 08 WIDE ZOOM 1/125s F5.0 ISO200 24 mm AWB

おひねりおじさんの姿も面白かったです。

IMGP3076 PENTAX-M 50mm with KQ Adapter 1/100s F5.6 ISO100 230 mm AWB

こういった自然の広大な風景を撮るカメラとして軽量でAFの付いている08番はとても重宝しています。

こんにちわ

昨日から久しぶりにチャレンジした「魔改造レンズB 超広角スナップ C-160 5mm レンズ流用 (REBOOT)」のお話をしています。
今日は、それを使って近所をスナップしてきましたのでそのへんを。

IMGP3894 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/400s F2 ISO100 23 mm AWB

まずはお庭。いつものモミジです。
今回のは遠方は結構ソフトでピントが甘いのですが近距離はそこそこ像感があります。
また、四隅のクロップを初めから諦めている関係で像は流れており、ケラれてもいます。このケラレは前にも書きましたがレンズユニット自体で出来ているものなので余剰なフードのせいでもありません。

IMGP3906 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/1600s F2 ISO100 23 mm AWB ハードモノクローム

だから、まえの超広角スナップ板を作ったときには05番の情報を使って自動クロップを試みたりしたんですよね。

IMGP3908 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/1600s F0 ISO100 23 mm AWB
普通に取ってみたらこんな感じ。

IMGP3957 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/125s F2 ISO100 23 mm AWB ドラマティック銀残し

今回その辺をまったくやらないと決めて作りましたからシンプルな絵になります。

それをこの間作った新しいカスタム銀残しなどを使いながら撮影。近所の忘れ去られたような稲荷神社です。

IMGP3961 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/640s F2 ISO100 23 mm AWB ドラマティック銀残し

これはこれで面白いんじゃないかと思うのです。まぁ自己満足の世界ですからご了承を(笑)

IMGP3964 魔改造レンズB (REBOOT) 5mm 1/500s F2 ISO100 23 mm WB:ShadeX-Process

駄作かもしれないし、面白いものが出来た感じもするし。
光軸センサーみたいな中心を取れる装置があって、その中心に合わせてコンデジから取り出したレンズユニットをきっちり配置できるような装置か機材、持っていれば良いのでしょうが…。
古くて捨てられるようなコンデジもモットモット蘇らせることができるのにな、って思っています。

なにせ日本の先人が苦労して作ったレンズ構成ですもんね、
捨てられるのは悲しいことです。復活できるものなら復活させてあげた気持ちでいっぱいなんです。

こんにちわ
今日は久しぶりに魔改造レンズのお話を。

そもそもこの発想は、07番に満足できなくてなんとかしたいというところからスタートしました。個人的に07番は「写るんです」のようなスナップができるカバータイプレンズを期待してたんですけど・・・違いましたからね。

で、この一枚構成のレンズをみてて、これなら代わりに古いコンデジのレンズ入れたら面白いんじゃね?ってな思いつきから始まりました。
最初はうつるんですを分解してそのプラスティックなレンズを試してみたりしました。
当時08番がなくて04番も持ってませんでしたからね、広角好きのスナップ男としては是が非でもってところからのスタートでしたわ・・・。

で、行き着いたのはズームのない古いタイプのコンデジの中でも最高に明るいF2クラスで広角なやつ、オリンパスC-160でした。数百円で手に入る良いコンデジで今はもうなきスマートメディアやXDカード時代ののやつですよ、懐かしい。

また、ここまで壊すコンデジ10数台。

魔改造レンズの実績自体は。超絶接写が2つ、絞りバネ内蔵が2つ。広角スナップ版が3つと出来て行ったのですが、絞りバネ版は1つダメにしました。

広角スナップ版は初めのやつを傷つけてしまいお釈迦に。ついで2つ目はコーティング剥がれと軸が正しくなくて微妙な状態に終わりました。

そうこうとしているうちに小さいオールドレンズや08番を入手してしまい、すっかり時間が経ってしまいました。

丁度世間?では「キカイダー」も何十年ぶりかに復活して「リブート」するようなので、私もやりかけで終わってなかった広角スナップの再作成に挑みました。

IMGP3879
01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO4000 39 mm AWB

これが、魔改造レンズB広角スナップ版 (REBOOT)です。

細かいことですが内側に歯車風のパーツもわざと中心からズラして貼りこんで機械ものぽくもしてみました。

IMGP3880
01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO4000 39 mm AWB

今回は、まあまあうまく行っています。他のと区別させるため、かつ、キカイダーへのリスペクトとして、赤をパーツに用いてます。

IMGP3884

厚さは01番とさほど差がありません。実は真ん中の銀のリング部分まででレンズ本体は成り立っていて、余計なものなく使用可能です。
だからこの半分くらいまでの厚さ、薄くして機動力を高めておくこともできるのですが、そのままではあの傷つきやすいレンズを保護するプロテクターが取り付けられないため、かつ、そのレンズが剥き出しになっているため周りの光を横から拾ってしまうのを防ぐために余剰な装飾にしてあります。但しそのおかげで前回のようにレンズに傷が付いたり不用意に触ってコーティングハゲになったりしないメリットも生まれていますからこれはこれかな、と。

IMGP3885 魔改造レンズB 超広角スナップ (REBOOT) 5mm 1/5000s F2 ISO100 23 mm AWB
試し撮りした感じがこんな感じです。

IMGP3886 08 WIDE ZOOM 1/160s F5.0 ISO100 23 mm AWB
同じ画角になる08番の5mmとの比較。完璧にピントが追い込めてなかったのもあり、少しソフトフォーカスです。そして恐らく若干左に寄ってるのか右側のピントが甘いです。

でもF2と言う明るさは結構良くて、08で苦手な室内やどんより日でもシャッタースピードが稼げるのが特徴です。
また、ISOを固定してしまえばマニュアルでも触るのはスピードのメーター合わせだけなので操作も楽チン。
これはこれでカスタムイメージと組み合わせて使うことを考えていけば面白く使えそうだと思っています。

こんにちわ

5月も下旬になってきて、あちこちでは新緑が、若くて奇麗な黄緑の葉っぱが満開?になってきました。

IMGP2686 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

なんか、こういう色がたっぷりの季節って元気をもらえるようで嬉しいですよね。

IMGP3118 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1250 207 mm AWB

ところで、私の大好きなカエデ・モミジですが、この時期は奇麗な青で虫にもやられていない奇麗な形を魅せてくれる絶好の時期だったりします。

IMGP2669 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

だからQ7で見かける度に撮ってきましたよ。

IMGP2629 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.0 ISO100 39 mm AWB

モミジって不思議で、まず「紅」から始まるんですよね。まぁ、品種にも寄りますけどうちの庭のもそうですし、街にあるやつも大抵そうです。

IMGP3066 PENTAX-M 50mm w/ KQ Adapter 1/800s F0 ISO200 230 mm AWB

初めから赤くてずっとそのままの奴は置いておいて、葉先の紅から奇麗な若い緑に変わり、色が落ち着いて最後は黄色、深紅になって散っていく。

IMGP2616 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

日本を感じられる楽しい樹々ですよね。

今は初夏になりかけている感じで、春も超え始めた感じです。

IMGP2628 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

そうか、もうこのblogを毎日書くようになって10ヶ月になるんですね。
月日とは残酷なものです。

早すぎです。

こんにちわ

さて、大宮にあります氷川神社ですが、今日は氷川神社でも違う氷川神社を撮ってきましたのでその写真を。

IMGP2694 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

実は埼玉には「氷川神社」というのが約200社あるようなんです。

ここはわりと家の近くにある氷川神社です。ここの特徴は・・・鳥居が二つ??

IMGP2701 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

いやいや、なぜでしょう、相撲の出来る小山が・・・。ここで色々なことがあるのを想像出来ます。・・・て、子供や相撲部屋の親方が出てくるわけではありませんよ!?

IMGP2716 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

入口にはこんなものも。

ささら獅子舞ってご存知ですか?

天狗と一緒に踊る?抱きかかえられ縁起を担ぐ子供達。 そういったイベントがあります。


IMGP2718 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO100 39 mm AWB

氷川神社って奥が深い。まぁ良くわからない神社グループ?とでもいいましょうかね・・・。

なんてコトの無い近所の廃墟みたいな公園なんですけどね・・・。

IMGP2719 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB 極彩

その証拠に、近くで鳥居を撮影するとこんな感じ。木の廃れ具合がよう分かる(笑)

IMGP2713 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

でも細部まで観ると結構しっかりしています。

IMGP2736 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO400 53 mm AWB

こういうところを観ていると結構楽しいです。派手な神社もいいですが、こういうローカルな感じもいいですよね。

IMGP2737 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO800 17 mm AWB

Q7と一緒の神社巡りは楽しいです。

こんにちわ。

氷川神社に隣接している大宮公園に来ています。 IMGP2692 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO200 53 mm AWB

そこにはちょっと珍しいものがあります。

IMGP2677 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO250 53 mm AWB

こいつではなくて・・・


03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO640 17 mm WB:Flash
こいつです。

もうちょっと大きくアップしましょうか。
IMGP2631 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

もう少し寄りましょうか。


01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO200 39 mm WB:Flash
更にアップ・・・。

IMGP2650 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

これ、ハンカチの木です。ここまで大きなものを観たことはありませんでした。
びっくりです。

普通に公園の一角にそびえ立ちます。そして、布のような花びらがフラフラと揺れています。
これだけ大きいと、「ハンカチ」と言いたくもなりますよね。

結構貴重なものですよね、ココまで大きいのはあんまりないらしく、日本に入ってきた当時からあるような木ぐらいなもののようです。

暖かくなると色々なものが観られて嬉しいですよね。若葉も黄緑で奇麗で楽しくなってきました。

こんにちわ


01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

この間から大宮の氷川神社を歩いています。

IMGP2581 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO320 53 mm AWB 極彩

ここには大きな池があって、そこには鯉もいれば亀もいます。

IMGP2549 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F5.6 ISO100 143 mm WB:ShadeX-Process

その池のはじっこに、その「亀」がいるんです。

IMGP2554 03 FISH-EYE 1/40s F5.6 ISO100 17 mm WB:Flash

結構、たくさん居て、かわいいかも(笑)

それほど遠くない場所にある氷川神社、結構大きくて素晴らしい神社です。
そういえば、鷲宮とかにも良い神社あるし、埼玉って結構神社に恵まれていますよね。

IMGP2608 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO400 17 mm AWB

広々として気持ちがよいです。

こんにちわ 埼玉県にあります大宮駅からすぐのところにある氷川神社に来ています。

IMGP2560 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm WB:Flash

今回久しぶりに登場させたレンズ、07番のベースに05番の胴体、そして中身にコンデジのレンズを1枚挟み込んだ特殊なやつで、07番の特性を遠距離にしたような奴です。



IMGP2596 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB

普通の01番も併用していきます。しかし相変わらず白く飛ぶ機会が増えています。日差しが強くなるとフードが必要なのかもしれません。



IMGP2600 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

しかし緑青が進んだ同葺の屋根などは、微妙な明るさや色合いを持っているので02番より01番、という選択になります。特に01番は明るめなので曇りの日でも使いやすく、また軽いのでQで撮りやすいのが特徴ですしね。

IMGP2599 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.2 ISO100 39 mm WB:Flash

白木の造りも01番なら奇麗に残ります。

IMGP2605 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm WB:Flash

しかし手とかではれきりやらないと、本当に01番は白くなっちゃいますね。

IMGP2589 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO800 53 mm WB:ShadeX-Process

今回久しぶりに持ち出した魔改造D、なかなか日の丸の構図的なものにピッタリです。
07番だと至近距離3mしない場所しか狙えませんがコイツを持ち出せば10m以上先でもOK。 ピントリングも存在しているので結構自由なのが楽しい。

やっぱり魔改造したレンズはクセが強くて面白いです。

こんにちわ

今日は家に近いところにある「氷川神社」まで行ってきました。

IMGP2538 03 FISH-EYE 1/100s F5.6 ISO200 17 mm AWB 極彩

ここはとにかく広い・・・。
公園としても有名ですもんね、大宮公園って。

IMGP2540 03 FISH-EYE 1/60s F5.6 ISO200 17 mm WB:Flash 極彩

参道も長く、ここに辿り着くまでも時間かかるのですが、境内に入ってからも広いです。


IMGP2542 03 FISH-EYE 1/30s F5.6 ISO200 17 mm WB:Flash 極彩

お、ここにも鳥居を重ねてる感じが。
実は結構ポピュラーなやり方なんでしょうかね?

こういうのって京都の伏見稲荷だけだと思ってたのに根津の乙女神社といい、ココといい、結構あるもんですね。


IMGP2548 03 FISH-EYE 1/160s F5.6 ISO200 17 mm WB:ShadeX-Process

池もあって、鯉もいれば亀!?もいます。
ちょっと意外な空間ですよ。


IMGP2609 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO1000 17 mm AWB 極彩

久しぶりに魚眼レンズだけで撮ってみましたが、結構難しいですよね。
ピント合わせっていうのもあるんですが、少し暗めなので明るいところを探すんですが、明るいところは紫の滲みも出やすいので使いどころがなかなか・・・。

でもって神社系のものは極彩で奇麗な朱色撮りたくなるので、それが更に目立つ。

まぁ、スナップ感覚でカシャカシャやるんじゃなくてもう少しじっくり撮れば解決するのかもしれません。
まだまだ勉強しなくちゃなぁ・・・。 

こんにちわ

今日は、ふらりとJR有楽町で降りて日比谷方面へ向かっています。

IMGP2115 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.0 ISO100 23 mm AWB ハードモノクローム

有楽町という駅は不思議です。

IMGP2125 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO500 40 mm WB:ShadeX-Process

東京駅からすぐ側にあり、行き過ぎると新橋となり、降りて左に行くと銀座です。
IMGP2122

02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO160 60 mm AWB ハードモノクローム

右側をちょい歩くと日比谷になります。

IMGP2127 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO200 23 mm AWB  青抽出

東京って狭いよな、っていうことを実感する駅だったりします。

IMGP2128 02 STANDARD ZOOM 1/320s F4.5 ISO1250 69 mm AWB

今回、ウォーキングというほど歩いていないのですが、有楽町駅から日比谷付近、場所の目的地は帝国ホテルと宝塚のあるストリートです。

この辺りは高層的なビルもあり、でも駅の線路は古いレンガもあり、と青抽出をしてみると結構気持ちのよいエリアだったりします。 

IMGP2136 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100 23 mm AWB  青抽出

今回、購入したMARUMIのPLフィルタを付けながら02番でここを歩いてみました。

IMGP2142 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO250 69 mm AWB 青抽出

この辺りはコレくらいにしてもう少し先、都心にある広い公園にまで向かって歩いてみますかね・・・。
 

こんにちわ

もうすっかり春を通り越し、5月です。

我が家のモミジ、去年はイラガやカミキリムシに色々やられて大変でしたが、植物というか自然の力って凄いですよね。

そんな大変な目にあったモミジ🍁ですが、今年はなんと足元に小さな小さな芽が・・・。

IMGP1826
#写真の中央のちっちゃくて可愛い明るい緑の「八」の芽のコレ
01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO800 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版

いつもなら気がつかなかった中央のスギゴケの間にピョこっと出ている八の字の芽、モミジの子孫ですよ(笑)

こやつ、やるな。自分の危機を感じたからなのでしょうか。すごいです。

いやあ、正直、家の庭を「和」の庭にしてから2年立ちましたが、・・・今まで気がつかなかったわ。
今回、去年のダメージの後なので特にこうなったのか、それがあったからこそ目が向いたんでしょうか。
まぁ、こういう小さなものを発見するのは嫁さんでしたので、さも自分が発見したような書き方をすると文句を言われそうですが・・・(笑)。

でも、ほんと、いつもなら気がつかずに雑草扱いで抜いててたかもしれないので、今回はお得感があります。


#八の字から十字になってきた
06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO1600 204 mm AWB ストロボ

数日後に見直すと、もう芽がモミジの姿になりかけてきました。
今回、それを追って撮ってみました。

IMGP2099 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版

おお、モミジらしくなってきました。


周りをみてみると、別のところの苔の間にも同じように芽が出てきているのが!

IMGP2101 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 ストロボ

うーん、素晴らしいですよね。

そうそう、コレらは久々に登場している魔改造レンズを使ってみています。
01 STANDARD PRIME に 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 (アタッチアップ) を取り付けて撮っています。

まぁ、普通ならクローズアップレンズで撮る、とかですかね。私はレンズ遊びしてますから、こんなお遊びレンズを付け、・・・しかも01番に取り付けるやつなので、AF対応・ストロボとも相性の良くこういう撮影に向いています。オールドレンズではMFになるので夜間とかしゃがんで小さいものを撮影する(体全体がプルプルしてしまう姿勢での撮影)に向いていないんですよね。

このアタッチアップは古いデジカメの先頭部分に40.5mmのリングを付けて簡単にセットできるようにしたものです。詳しくは『超絶接写版 』のタグでも追ってみてください(笑)

本当はQマウントレンズに、性能の良いAFマクロレンズ欲しいですよね、やっぱり。


さて、いまうちの庭では、他にも芽吹いているレモン、こいつは鉢で管理していますが、これも元気になってきました。

IMGP2521 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/125s F4.5 ISO100 69 mm AWB

また、同じく和の庭に植えていて、モミジと横にセットで植えていて、この間に剪定してるのにも関わらず、いや、剪定したから元気が集中できるようになったのか、この椿である「白の侘助」も若葉が出てきましたよ。今回はコレを久々のVoigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mmを使って撮ってみました。

IMGP2524 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/100s 4.5 ISO200 69 mm WB:Flash

小さめの大きさのこのレンズ、電子シャッター併用での撮影になります。F4.5からスタートなので、やっぱり日中の明るい時に使うのが良い感じです。でも滲むことも多いのでまだ巧く使いこなせていない感じです。勉強が必要ですね、まだまだ。

お外は・・・春の花の時期が若葉の時期へと移り変わってきています。

この時期は花粉症も少しだけ落ち着きだすし、風は気持ちいいですし、元気をもらえる時期ですよね。

このページのトップヘ