標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

タグ:イチゴ

こんにちわ

随分と時間が空いてしまいました。年度末と体調崩しのダブルパンチでおでかけもままなりませんでした。
カメラ持って天気の良い日に出かけたい!

ということで、そんな弱った体でも自宅のにはでゆっくり咲いてくれる水仙。
こいつはすぐに下を向いてしまうのですが、まだまだ元気なうちに確保。

IMGP9046

何気なくうちの嫁が植えたんですけどね、意外にいいです。
春が来てくれる感じがしています。

今回は、アスペクト比を加工して保存しています。
アスペクト比って、結構面白いですよね。

写真の要らない部分を切り取って、かつ自分好みに変えられる。
そうそう、Q骨頂でも書きましたが、世の中にはたくさんのアスペクト比がありましたよね・・・。

asptbl


一覧表を「Q骨頂」から抜粋しました。
はい、1:1は正方形と書いてそれだけ、いやいや手抜きと言わないでください。
わかりやすい例を記載するのに正方形以外の例を浮かべなかったんですよ。正方形それだけで意味が通じるのかな、と。また変に古いものとか書いてもわからないだろうし・・・。

で、この正方形は面白いのですが、リアルの写真に印刷するときに不便。というか、3:2も4:3も何かしら不便なんですよね、この辺、カメラ業界よくわからない仕組みです。
後から出てきたサービスサイズがおかしいんでしょうかね。

プロ機にある3:2はなんか横長な気もするし、4:3はコンデジ採用、iPadとかでもお馴染みなんですけど、今のPCは3:2に向かって言ってるような気もするし・・・Surfaceとかそうですしね。

まぁ、何より、春が来ました。
うちの梅は今頃咲き始めています。ポツポツと。
少し遅いかな。この時期は桜がではじめる時期ですからね。

桜は川沿い、神社、公園、並木通りと日本にはあちこちありますよね。

IMGP9048

PENTAX Q-S1 06 TELEPHOTO ZOOM F4 1/500s 161mm ISO100

そして、イチゴは桜の終わりと同時に終わる季節を迎えます。
今年はあんまり食べられなかったんだけど、うちの花壇の片隅には、またちいさな花が。

冬で落ち込んだ気分や体調も、暖かい気分と一緒に飛ばして行きたいですよね〜
 そして、今年のQはどんな年になるのでしょうかね。
 

こんにちわ

成人の日は、個人的にはイチゴの日なんですけど、なんとか法っていう休みが月曜日に移動する日になってから、中途半端で困ります。

IMGP3311
PENTAX Q-S1:01 STANDARD PRIME F1.9 ISO1600 1/60s 39 mm WB:電球色蛍光灯

やすみにゆっくりイチゴを食べる、というか、1/15でイイイチゴの日ができないじゃないですか!(笑)

さて、イチゴのような写真を撮るときに、もっとも注意していきたいのはホワイトバランスじゃやないかと思います。
うちは電球色ばかりのライトなので、実は自宅で写真を撮ろうと思うと綺麗に色が再現できません。「白」の基準がそもそも「真っ白」かどうか、すでに「色が付いている白」なのかをカメラに正しく教えてあげないと、綺麗な色うんぬん言う以前の問題ですしね。

そして、JPEG一発撮りで綺麗な色を目指したいとき、つまり、Qで最高の頂きを目指す「Q骨頂」という概念で極めたいとき(攻めたいとき)に一番欠かせないのが、やっぱりホワイトバランスをどう使うか、ってことだと思うんです。

結構ホワイトバランスって、オートで撮ってて「触らない」ようなボタンな気がしますが、ココを極めるのがQでの綺麗な写真への一歩だと思うのです。オートでも結構優秀なんですけど、こだわりたい1つの機能。

だから、「Q」というカメラで頂きを極めるための極意「Q骨頂」では、このホワイトバランスを攻略することが一番初めに必要なことなんじゃないかと思うわけです。

ということ?で、本年のQ骨頂のスタートは、この「栃木のとちおとめ」デラックスを頂きながら(食べながら:笑)このネタを使っていきたいと思います(笑)
このとちおとめデラックス、甘くて、完熟のものをイチゴ農家の人から直接手に入れてきました。

今年はガマンできずに糖度計を使わずにたべちゃいましたが、相変わらず甘いです。いや、ほんと、練乳なんかかけなくても練乳を食べてるくらいの甘さですよ。

このイチゴ、ホワイトバランスを変えて撮ってみます。

IMGP3303
PENTAX Q-S1:01 STANDARD PRIME F1.9 ISO2500 1/50s 39 mm WB:電球色蛍光灯

IMGP3304
PENTAX Q-S1:01 STANDARD PRIME F1.9 ISO2500 1/40s 39 mm WB:白熱灯

IMGP3302
PENTAX Q-S1:01 STANDARD PRIME F1.9 ISO2500 1/50s 39 mm AWB(オート)


ね、白く撮れている時、黄色く撮れている時、微妙な加減が食べ物に与えるイメージに大きく貢献しているというか、印象がだいぶ違うって気がするでしょ?

もうすこし撮り比べてみますね。

IMGP3300
PENTAX Q-S1:01 STANDARD PRIME F1.9 ISO2500 1/25s 39 mm WB:白熱灯

IMGP3301
PENTAX Q-S1:01 STANDARD PRIME F1.9 ISO2500 1/40s 39 mm AWB(オート)

結構AWBのままでも綺麗だと思うのですが、白熱灯モードだったりCTEだったりと場合によって切り替えてベストなバランスを見つけないと、後から写真を見たときに「あれれ?」ってなっちゃったりします。

人間の目って、本当はオレンジに見えているものも「白」って認識したりするので、結構スゴイんですよね。

すごいといえば、今回のデラックスなとちおとめ、複数個が合体しています。
IMGP3310
PENTAX Q-S1:01 STANDARD PRIME F1.9 ISO2000 1/60s 39 mm WB:電球色蛍光灯

こんな感じ。どアップでは、こう。山が複数あるのがわかるかな?尖ったところが甘いわけですから、複数あるのはお得なのです!(笑)
IMGP3299
PENTAX Q-S1: 01 STANDARD PRIME(魔改造D付) F1.9 ISO2500 1/25s 39 mm WB:白熱灯
イチゴって、さきっちょが一番甘いんですよね。だから複数の先っちょを持つやつは、それだけ甘いイチゴだったりします。
先っちょの尖っている部分だけ半分食べて、残りには練乳をかけて食べる、なんてのもイイ食べ方だったりしますが、やっぱり一番美味しいのは、農家さんのところから買って、朝採りを食べるのが一番美味しいです。
イチゴは鮮度が一番です。そして、本物のイチゴ、昼間見た印象では、電球色と白熱灯の間くらいの赤さでした。なかなかQで色をキッチリ得るのは難しいのかもしれません。そういうのも有るので、ホワイトバランスはまず初めに気を配っていきたいところです。

こんにちわ。

ここのところ、Q7を持って「いろは坂」の向こうの景色を撮りに行っています。

IMGP2944 08 WIDE ZOOM 1/80s F5.0 ISO100 24 mm AWB

この辺りは、まだまだ冬景色。道もちょっと前に埼玉の山奥で観たときと同じように雪かきの跡があります。
さて、日光の先、いろは坂→中禅寺湖→竜頭の滝、ときたら、目的地である戦場ヶ原って決まっていますよね?

IMGP2919 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 205 mm AWB


ここ、てっきり大昔の戦の跡、侍合戦の跡地かと思ったら、そうではなくて、大蛇と大ムカデ(それぞれ群馬側と栃木側の大きな山)の争った場所、とかいう結構適当な昔話で成り立った場所なんですね。

IMGP2906 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB


あわわって感じです。

それに・・・

もっと酷いのは、3本松っていう名前です。

IMGP2907 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB

てっきりですね、コレかな?と思ってジロジロ見つめたり記念撮影したりしてしまいましたよ。


#駐車場の脇にある看板と3本の木
08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 20 mm AWB

WiKi見直したら、三本松、とうの昔に無くなっているとかじゃないですか。
今じゃ只の茶屋の名前とか。酷いわ(笑)


まわり見渡しても、冬の延長なのか、枯れてる木々ばかり。


08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 23 mm AWB

まぁ、草っ原には松ぼっくりなんかが落ちていてのんびりした広々な公園と考えれば、お弁当とか持ってきてくつろげる場所なんでしょうけどね・・・。GWに渋滞しながら来るところという感じではないですね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 203 mm AWB

でもまぁ、Wikiみて気がついてびっくりしたこと1つ。

戦場ヶ原では山上げ栽培が行われていていて、栃木県で行われていた山上げ栽培の代表的なものに「イチゴ」があるんだそうな。従来、イチゴは初夏の果物で、その出荷時期は丁度今頃。 5月の果物だったんですね・・・。
そういや、帰りにいつもの農家さんのところでイチゴかっていきましたわ。

で、昔イチゴを戦場ヶ原で山上げ栽培し、クリスマスシーズン出せるようにした「日光いちご」ってのが重宝したらしいんです。
へーって感じ。こういうのがあって、今のイチゴ=冬〜初夏っていうイメージが定着しちゃったんでしょうかね。おそるべし栃木。

こんにちわ。
この時期に食べたくなるもの、ハマグリとかもいいんですが、やっぱり大好きなイチゴ。
農家さんが割と近くに居るのでぶらり寄ってしまったりします。

IMGP8464 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO400 205 mm AWB
#モスシェイクに載せてみた

イチゴって、ホント、素敵な意匠ですよね。
見ていて惚れ惚れします。

IMGP8456 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 204 mm AWB

IMGP8458 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO500 205 mm AWB

花も身も可愛い。ああそういえばイチゴの食べる部分はミではないんデシタッケ?

IMGP8460 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 200 mm AWB

農家さんに朝イチに行くと美味しいのを丁寧に詰めてくれます。こんな時幸せですわ。 IMGP8461 06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F2.8 ISO800 198 mm AWB

埼玉のイチゴは、あきひめ、やよいひめ、ってのが主流です。とち乙女と比べアッサリな味。 好みは分かれるけど、これはこれで美味しいですよね。

こんにちわ。
ITIGO15
今日は、22日ですよね。

ということは、カレンダー上に 「15」(イチゴ)が乗っている日です。

そう、ということで、毎月22日は苺ショートの日のようです。

そこで、苺ショートを作って食べましたよ!


IMGP6864 01 STANDARD PRIME 1/10s F1.9 ISO500 39 mm AWB BC

ショートケーキというか、クリームもののケーキって、作るのが難しいですよね。
なんというか、スポンジに塗るクリームは奇麗に塗れないし、塗れても市販のように美しく落ち着かない、というか。


IMGP6857 01 STANDARD PRIME 1/10s F1.9 ISO500 39 mm AWB 

ホールの状態だと、その素人っぽさが滲み出てきます(笑)
写真の前にそのモデルがボケてちゃ話になりません・・・。が、まぁ、味が良ければ家で作るケーキですから、その辺は大目に見ていくのが一番です。

なんでもそうだと思うのですが、キッチリハッキリこうしていくっていうのは難しいものです。
そりゃぁ、決めたこと、守りたいこと、キッチリハッキリやっていければ良いと思うのですが、例えば写真は相手が何になるかも判りませんし、同じものを撮っていても、その時の明るさ・光量なんては常に同じとは限りません。

向きだって、いつも同じ所に三脚を置いていても、風や地震の影響などで微妙に違う可能性もあります。

だから、初めから「違って当たり前」「いつもと違うのは当たり前」と思って、それをどうしたら「いつも通り」にできるかを考えることが大切なんじゃないかと思います。



IMGP6869 01 STANDARD PRIME 1/8s F1.9 ISO500 39 mm AWB

まぁ、考えても上手くいかないコトだらけですしね、そんなときはお酒でも吞んでスッキリしましょう。
自分では気がつかないうちに人を不愉快にさせてるときだってあるかもしれません。

そんな気持ちで常に自問できれば、明るく楽しい毎日が過ごせると思っています。

人間、起きて動いている時間が16時間だとしたら、そのうち何時間を「楽しく」過ごせるか?
こういうの大切だと思っています。
積算していけば、1時間でも多く楽しい時間を過ごせて1時間でも多くニコニコして過ごせれば、振り返って楽しかった日々だな、って思えてくるもんじゃないでしょうか。

そんな日がたくさんあるといいな、って思って、家でケーキを作って大好きな家族と過ごせれば、どんなことでも面白く見えてきますよね!? 

ということで、これからも楽しい気分でQ7を使って写真を撮り続けていきたいと思います。 

こんにちわ。

日光方面、那須の辺りを含めると、あっちにいは色々ありますよね。

前に・・・夏頃だったかな、金谷ホテルとか東照宮の話をしたと思います。
同じ頃、那須のどうぶつ王国の時の「羽」の話もしました。バードショートとか素敵でしたし。

 で、つい先頃には猫侍の聖地、江戸村の話ですよね。

その江戸村のちょっと先にある「はないちもんめ」という所では、先の「とちおとめ」の試食があるベコニア園&いちご狩りとか楽しめる場所もあります。
IMGP6604 01 STANDARD PRIME 1/200s F3.2 ISO200 39 mm

そっち方面に行っててお花にも興味があれば寄ってみたら面白いかもしれません。

08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO200 17 mm クロスプロセス

今の時期はちょっと外れているので苺の試食はできるけど、お花の方は温室で観るだけです。

今回、このお休みで嫁さんと、うちの母と一緒にドライブがてら行ってきました。
IMGP6615
08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO500 27 mm

 で、そこではベコニアだけでなく、ダリアや胡蝶蘭みたいなものもあります。

IMGP6619
08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO500 27 mm

お花のプールがなかなか素敵でした。

IMGP6634 01 STANDARD PRIME 1/100s F5.6 ISO200 39 mm
垂れ下がっているので、上に向かってストロボとか使う必要もあります。

そうそう、良くわからない花が垂れ下がっていたので、コレは?と花に詳しい母に尋ねたら・・・

IMGP6644 01 STANDARD PRIME 1/125s F1.9 ISO200 39 mm BC

「フクシア」ってあっさり応えてくれました。
へぇ〜。変な感じでぶら下がっている、随分変わったイメージの感じがします。 自然って凄いなあぁ・・・。

調べるとアカバナ科の花で日本では温室花っぽいです。



 江戸村にいっちゃうと朝から晩までいちゃいますが、そこから足を伸ばすと美味しいお蕎麦屋さんとか、こういうの、色々ありますよね。
・・・もったいないですよね、こんなにイッパイ楽しめるのに。

人間とは、本当に罪作りです。

そうそう、イチゴの試食といっても、先日のとちおとめデラックスじゃなく普通の奴です。
まぁ、これも結構美味しいですけど、もしデラックスが欲しい場合には、こういうメジャーなところではなく、道の駅とか農家さんの温室でやってる「苺直売所」というようなところに行かないと手に入らないかもしれません。

(インターネットでも買えますけどね、帝国ホテルとか使っているくらいだから・・・。でもお値段は送料込で3倍以上になりますから・・・覚悟してください(笑))

こんにちわ。

今日は正真正銘のイチゴの日です(笑)

ということで、大好きな「とちおとめ」のお話です。
 IMGP6724 08 WIDE ZOOM 1/13s F4.0 ISO500 24 mm

とちおとめは、他のイチゴとちょっと変わったイチゴです。変わったと言えば、紅ほっぺもそうですね。
紅ほっぺは「全身が紅く先端もヘタ側・・・葉っぱ側も平均して糖度が高い」品種の苺です。

対してとちおとめは「先端に特化して強烈な甘さがあって、素晴らしい香りがある」苺です。

IMGP6741 08 WIDE ZOOM 0.8s F4.0 ISO500 27 mm

この苺は女峰をイジった改良品種です。
生まれたのは1996年頃ということなので、わりとつい最近みたいですね。

そして、同じ農業試験場から「夏でも美味しい」苺である「なつおとめ」なるものまでが準備中とのこと。自然界の掟に逆らった人間はどこまで罪作りなことをするんでしょうかね。

でも、まぁ、美味しいから良いんです。

IMGP6746 Carl Zeiss Jena Flektogon 1/20s F4 ISO500 317 mm

今年食べた、とちおとめデラックスなるやつ、美味しいですね、前の時と同じように農家から直接手に入れてきていますが、これ、先端の糖度が18度近くもあります。
ここまでくると、練乳とか付けて食べるのがもったいない、というか、付けなくても無茶苦茶甘いです。

って、なんで糖度計をもっているかなんて聞かないで(笑)
趣味ですよ趣味・・・。


こんにちわ。

昨日は1月5日、イチゴでもあり、今日1月6日は色の日でもあり、そして ケーキの日でもあったようです。ということで、今月は何回かイチゴの話が出ると思います。

なにせ、一番好きな食べ物なんですよね、イチゴ。小さい頃に「ひいおばあちゃん」が育てた美味しいイチゴを食べたときの記憶から脱却出来ないんですわ(笑)

IMGP6266 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 27 mm
#3種類詰め合わせ・イチゴ工房(K)

もっとも、 本当の「苺の日」はイイイチゴ、としての語呂合わせで、かつ豊作を祈願するために1月15日です。
また、ちょっとネタ的なのですが、 毎月「いちごショートの日」があります。それは毎22日。
なんでも、上に苺(15日)が乗っかっているカレンダー日だからだそうです。

かなりこじつけっぽいですよね。

ところで、イチゴといえばマイフェイバリットな農家さんが栃木にあって毎年そこのを食べているのですが、今年の正月は家でのんびりが多かったので、お出かけしてません。
ということで、今年は先ず地元埼玉のイチゴ農家さんを少しまわってみました。

IMGP6277 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO200 25 mm
#イチゴ農園(F)さん

美味しい所もイマイチな所もありますが、品種それぞれ、栽培方法それぞれでベストな時期もあるでしょうから今回はあんまり「どこがどう」というのは書きません。
ただ言えるのは、やっぱりいつもの栃木の方が若干好みかな?て言うくらいです。栃木のとちおとめの強烈な甘さに慣れちゃってるんですかね、やっぱり。イチゴって色々な種類ありますから、それぞれの味が楽しめていいと思います。だからどこかどうとかはなし(笑) 

IMGP6273 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 27 mm
#イチゴ工房(H)さん

うちの近くは、わりとイチゴ狩りをやっているところがあるんですけど、イチゴ狩りは食べきれないのでその農家さんに朝顔を出してその日のイチゴを買ってきます。だいたいどこでも「家で食べるためのやつ」といえば、600円前後で1パックのやつがあります。

IMGP6283 08 WIDE ZOOM 1/13s F4.0 ISO500 25 mm
#Fさんところのイチゴ

ほとんどの農家さんでは、その日に採ったものを出してくれますが、うちの周りでは「ちょっとまっててね」といって摘みにいってくれるところが多いです。
嬉しいですね。

イチゴは鮮度が命。糖度は日が経つにつれ落ちていきます。
まぁ、だからといって、本当に摘みたてが美味しいかは農家さんにもよるんですけど・・・。

ということで、ほとんど何も付けずにパクパクしちゃったので、慌ててシフォンケーキの上にクリームをのっけて写真も撮ってみたり。

もちろん、クリームなんか無くても美味しいんですけど、更に美味しいってやつです(笑)

IMGP6299 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/Adapter 1/100s F4 ISO250
#農家(O)さんとこのやつ

正直、イチゴ農家を巡って美味しくて好みになるところのを探すって、大人の遊び方だなぁ、なんて思います。
贅沢すぎですよね、やっぱり。
 

このページのトップヘ