標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

タグ:花記録

こんにちわ

IMGP9086
PENTAX Q-S1 06 TELEPHOTO ZOOM: 1/320s F2.8 ISO100

花も咲き、小雨も降って若干散り出し、緑の芽も誕生し、ようやく春らしき景色がやってきた感じです。

というか、もうGWが視野に入る時期なんですね。そうなるとタケノコも目に入ってくるし、色々な季節のものが飛び込んできます。

私はというと春先にやってしまった体調崩しと花粉のダブルパンチでなかなか外に出られなく、カメラの出番も停まっております(笑)

IMGP9085
PENTAX Q-S! 06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F2.8 ISO100

それでも、と思って夜に出かけたり。

K-S1とかを手に入れて、明るいレンズや高感度なISOの絵を見慣れてくると、Qでは夜に向いてないなあ、と思うことが多くなってきました。
そろそろQは限界なのかなあ、と思っても見るのですが、FA77Limitedとかをアダプタで使ったりすると、それなりに良い絵になったりするので、やはり、レンズが今一歩なんだろうな、と思う反面、この大きさコンパクトさでは大口径な明るいやつを作るのは厳しいのかな、とも思ってしまったり。

今のQに足りないものってなんでしょうかね、明瞭強調のようなHDRな色でしょうか。もっと手ブレを防ぐ何かでしょうか。
明るいレンズや楽しくなるバリエーションなレンズ達でしょうか。
Qを持ってると思うんですよ。
やっぱり軽いのが一番。落としてもダメにならないレンズが一番。気軽に楽しめるカメラが一番楽しいって。
K-S1ですら、重かった。特にまともに使いたいと思うレンズが。

最近思うのは、やっぱりコンデジで良いのかな?って。
スタミナと、軽さ、コレにQのような魚眼や広角度合いを切り替えられて、かつ、ボカしも綺麗にできるカメラがあれば、それでいいのかなって。

私にとって、光学ファインダーはメガネの邪魔さや背の高く体が硬いって言うのもあり、アングルの制限が割とあるからあまり重要ではなく、むしろ今の世界を色を変えながら後から加工することなく手に入れられるiPhoneのようなスタイルが一番使い易かったりもします。

でも、iPhoneは、構えにくいし撮りにくいんですよね。
やっぱり最強のコンデジ探しがいるのかな。
QにF1.4スタートの16mm〜300mmくらいの便利ズームがあって、防塵防滴なら、普段はそれでいいのにな、って感じます。

そんな便利ズームと魚眼と、マクロを持ち歩く2000万画素ISO6400実用域なQがあれば、と、考えてたら、なんか、ソニーとかm4/3とかでもいい気がしてきたから、PENTAX からなんとかならんかな、って思う。
QでKのレンズをAFで使えるなら、それもありだね。さて、如何するかな、これから。

こんにちわ

随分と時間が空いてしまいました。年度末と体調崩しのダブルパンチでおでかけもままなりませんでした。
カメラ持って天気の良い日に出かけたい!

ということで、そんな弱った体でも自宅のにはでゆっくり咲いてくれる水仙。
こいつはすぐに下を向いてしまうのですが、まだまだ元気なうちに確保。

IMGP9046

何気なくうちの嫁が植えたんですけどね、意外にいいです。
春が来てくれる感じがしています。

今回は、アスペクト比を加工して保存しています。
アスペクト比って、結構面白いですよね。

写真の要らない部分を切り取って、かつ自分好みに変えられる。
そうそう、Q骨頂でも書きましたが、世の中にはたくさんのアスペクト比がありましたよね・・・。

asptbl


一覧表を「Q骨頂」から抜粋しました。
はい、1:1は正方形と書いてそれだけ、いやいや手抜きと言わないでください。
わかりやすい例を記載するのに正方形以外の例を浮かべなかったんですよ。正方形それだけで意味が通じるのかな、と。また変に古いものとか書いてもわからないだろうし・・・。

で、この正方形は面白いのですが、リアルの写真に印刷するときに不便。というか、3:2も4:3も何かしら不便なんですよね、この辺、カメラ業界よくわからない仕組みです。
後から出てきたサービスサイズがおかしいんでしょうかね。

プロ機にある3:2はなんか横長な気もするし、4:3はコンデジ採用、iPadとかでもお馴染みなんですけど、今のPCは3:2に向かって言ってるような気もするし・・・Surfaceとかそうですしね。

まぁ、何より、春が来ました。
うちの梅は今頃咲き始めています。ポツポツと。
少し遅いかな。この時期は桜がではじめる時期ですからね。

桜は川沿い、神社、公園、並木通りと日本にはあちこちありますよね。

IMGP9048

PENTAX Q-S1 06 TELEPHOTO ZOOM F4 1/500s 161mm ISO100

そして、イチゴは桜の終わりと同時に終わる季節を迎えます。
今年はあんまり食べられなかったんだけど、うちの花壇の片隅には、またちいさな花が。

冬で落ち込んだ気分や体調も、暖かい気分と一緒に飛ばして行きたいですよね〜
 そして、今年のQはどんな年になるのでしょうかね。
 

こんにちわ

もう12月に入り、さすがに紅葉も終わりかな?って思ってたけど、意外に地元、車で40分のところにギリギリ見頃な場所、平林寺というところがありましたので、そこに行ってきました。

Q7_P2592
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F8.0 ISO1600 1/30s 39 mm AWB ポスタリゼーション

とはいえ、境内のやつは結構枯れていて、周りの竹林とその付近の林が紅い感じを残している感じでギリギリって感じの場所です。そこを最近のお気に入りエフェクト「ポスタリゼーション」とかしてみました(笑)

Q7_P2579
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F8.0 ISO1600 1/100s 69 mm WB:Manual

ココには、実はK−S1側でとある1つのレンズを試してみたかったのでフラっと行ってきたってのがあるのですヨ。

Q7_P2572
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/160s 123 mm AWB

PENTAX Q7/Q-S1には、望遠側の200mmにF2.8通しの06 STANDARD ZOOM、広角側には解像する08 WIDE ZOOMがあるので、写真の解像度サイズ的には若干貧弱ですが、レンズ的には両側に良いものを持っていますので、どうしてなかなか、K−S1がなくても狙いはわりとこなせるんですよね。

しかしながら、標準距離域はK-S1に任せています。
中央の換算30mm-100mmくらいのところの01か02付近がチョい物足りないのがQです。
(まぁ06を超える200-400mmクラスのAF対応レンズも欲しいんですけど・・・)

また、01 STANDARD PRIMEも良いヨっていう人も結構多いと思うのですが、ワタクシ的には結構至近距離で地べた這った写真とか、マクロっぽいのとか、ポートレイト(blogには滅多にあげませんが)とか撮りたい奴なので、Qの01番だとあんまりボケを自由にできないので好きになれないというか。

FA77mm Limited のような、ハっとする感じが撮れないので、Qの標準域ではラーメン食べるときの簡単な記録用とかばっかり。
室内で撮影したいとき、Q7しか持ってきてない時に01番を「仕方なくつける」ことが多い。
まぁ、それはそれで重宝するんだけど素のままで「絵」にするのはあんまり使わなかったり。使うときは何かしらのエフェクト込か、魔改造アタッチして超接近マクロとして使ったりって感じになっています。

Q7_P2605
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO1600 1/60s 128 mm AWB

02なんか、汚い絵になること多くて、素の写真としてはほとんど使ってませんよ。モノクロばっかり。
あれ、ダメレンズだよねえ、ほんと。初代QやQ10までなら十分なのかもしれないけど。Q7やQ−S1で普通に撮るのには許せる度合いが今の時代のクオリティに合っていない。

本当は、こういった、室内物とかも結構好きでして情緒的に撮りたいのですが、こういうのって、明るいF2.8クラスのレンズか、ISOを3200クラスにしてもノイズが乗りにくいようなセットを用意しないと綺麗に撮れないんですよね。
だから、ちょいQには苦手。まぁ、iPhone6Plusで事足りるようになってきたから、それはそれは代用があるんですけどね。

〜ということで、Qをずっと使っていくのに一番欲しいのは、16-100mmくらいF2.8付近の明る〜いレンズです。

まぁ、その辺無理に考えずに、K-S1にソレを期待しているんですけど、実際に買ってみると、PENTAXにはどうにも「これ」っていう使い回しの良いベストな標準ズームレンズが見当たらない。

F2.8通しかF2.8-4ぐらいで16-100mmくらいまであれば理想なんですけど、さすがにキビシイようで・・・。最近ではDA16-85mmなんか、良さげなんだけど、まだ手を出す段階ではない気がする。もう少しサンプルとかみたい。なんか、暗そうだし。

一番はDA★16-50mmくらいが良いんだけど、アレ重いし50mmで短い。今使っているSIGMA17-50mmも結構良いんだけど、コレも短い。

本当は、Qの02 STANDARD ZOOMの領域がそのままグレードアップするようなものが欲しい。
そうすれば、本当にQでいいや、ってなる。


Q7_P2545
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO640 1/60s 39 mm AWB

まぁ、その辺はそのうち何か最適解が見つかるでしょう。Qになるのか、Kになるのか、それともαにマウント移行するか。

・・・さて、Q7で標準域は、02が嫌いなのでどうしても01頼り。
ただし、blog用の写真となると、意匠的な観点もあるので、もっぱらこういったキャラのアップです(笑)

Q7_P2623
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO250 1/100s 83 mm AWB

運がいいことに、今住んでいる埼玉は「ゆるキャラ」好きなようで、月に一度くらいは何処かでイベントしてる(笑)
・・・でもって、今回のスターは、新座市というよりは清瀬市のゆるキャラ、「にんにんくん」です。

いやはや、雑木林からくる新座の「ゾウキリン」っていうのもツッコミたい気分満載の名称ですけど、こっちの「にんにんくん」は公募から決まったようで、筋金入です。いやはや。

あ、頭に葉っぱがついているのに、切れて撮ってしまった(笑)
そうそう、葉っぱといえば、今回の紅葉で使った本気写真の話は、次の週末にでも。
そのうちにK−S1側でやりすかね。

こんにちわ

ここのところK-S1にハマりっぱなしですが、おでかけはQ7の方が楽しいのでやっぱりコッチ(笑)

湖の壮大な景色はやっぱり08番が似合う。気持ちいい風を気持ちいいレンズで撮るのは快感です。

IMGP8570 Q7:08 WIDE ZOOM F4.5 ISO200 1/500s 17 mm

Kマウントでお気に入りの広角がまだ見つかりません。単焦点もいいのですが、旅行にはズームが便利なんですよね。でもやっぱり16mmくらいのものから欲しい。なんか、こう指が動くのが少ない。タムロンのA16あたりが良いのかなぁ、って思うんですけど、重いのは欲しくないので、 そのうち出るらしい新16-85mmが出るまでは、やっぱりお出かけの基本はQ7がメインになるかなー(Q-S1は嫁さん)。

IMGP8676 Q7:08 WIDE ZOOM F5.0 ISO100 1/320s 24 mm

うーん、光が漏れてくるのがキレイ。夕方付近はこういう絵が撮れるから気持ちいいです。

IMGP8163 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F4.0 ISO200 1/250s 69 mm

なんというか小さな船が出ていて絵になります。
この時期は暑くもなく散策に最適です。もう少し時期が遅ければモミジも赤くなってきますよね。
でも、今が人が少なく、すいていて、いい時期なんですよね。

IMGP8036 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO640 1/25s 110 mm

今回は泊まりで遊びにいきましたので、夕方も朝方もお散歩ができました。
さて、・・・例によって朝方は青抽出で楽しむ時間です(笑)

IMGP8227 Q7:01 STANDARD PRIME F2.8 ISO200 1/125s 39 mm

今回は久しぶりに赤い色の抽出(といいながらオレンジですが)もスナップ。たまには違う色も趣があっていいですわー。

IMGP7836 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F3.5 ISO200 1/400s 207 mm

Qの絵、Q7やQ-S1なら結構奇麗だと思うんですよね。もちろん、十分な光が確保できないとキツイしノイズだらけになってしまうのですが、等倍で見ない、iPhoneなどのRetinaで見る、印刷は2Lまで、って限定していけば、夜景以外まったく困らない。1/1.7センサーでも十分楽しいと思うのです。

そして、K-S1と違って機能全部入り(笑)自分のカスタムも事前準備してすぐに呼び出せます。やっぱりコレが楽しい!

IMGP8421 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/200s 103 mm

さて、ここまできたら、富士山を撮らなければ意味が無いですよね。今回は忍野八海(おしのはっかい)で撮影。良い場所です、ここ。
でも、残念ながら、まだ今の富士山には白い帽子が被っていなく、ちょい早かった・・・。


IMGP8617 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO125 1/200s 204 mm

まぁ、でも、チョウチョが良いショットをくれたので、これはこれで嬉しかったり。
Qでのお出かけは、いつでもサクッと写真が撮れるところが嬉しい。レンズのチェンジもすぐに出来ます。意外にもホルスターケースが活用できています。

IMGP8538 Q7:08 WIDE ZOOM F3.7 ISO100 1/200s 17 mm

さて、今回から試している今まで使っていなかったエフェクト、ポップチューン&ポスタリゼーションです。Qの良さはこの事前準備でクイックダイヤルに登録し、いつでも1秒で呼び出せるところです。Qの場合、RAWを保存して後から加工なんていう楽しみ方はしないで割り切ってJPEG一発勝負の方が経験を積めるし本当に楽しい。一発だから身に入ります。あぁ、自分の影が入ってる!次は気をつけよう、とか、考えながらカメラを撮っていく楽しみが倍増していきます。

あー、K-S1もコレが出来たら良いのに。


IMGP8539 Q7:08 WIDE ZOOM F4.5 ISO100 1/125s 17 mm

ポスタリゼーションは、このように派手な景色で分かりやすい構図、判りやすい対象のとき、コイツで撮るのは面白いです。ただ単にポスタリゼーションにするのではなく、キーを弄ったりして派手にするのがコツだと思うんです。このバージョンを撮って、普通のも撮って、色々変えて撮って、そんなこんな幾つも撮ってもRAWを一枚PCでいじくるよりも早い時間で終われる。つまり、その分家族と楽しめます。この素晴らしさは、Qを持っている人にしか判りませんよネ。

IMGP8530 Q7:08 WIDE ZOOM F5.0 ISO200 1/200s 25 mm

ちょっと面白みの無い看板のログハウス風の建物も、ポスタリゼーション効果で素敵な絵画に(笑)

自分の感性を試されるカメラかもしれません、が、しょせん見るのも自分な訳ですから、細かいことは気にしないでいいんです。どんどん撮って楽しむ、ダメなものも含めて楽しむ、これがQの楽しさです。

IMGP8513 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/320s 146 mm

・・・普通に撮るコスモスも素敵だとは思いますが、風に揺らいじゃうし、天気がよすぎるとアンダー気味に撮らないと変になるので結構難しい対象なんですよね、これ。
こういうのを、良いカメラで奇麗にとっていくのも楽しいかもしれないんですけど、後から見てもいつ撮ったものも同じようになっちゃってて、面白み半減。キレイなカメラだから、思い出に残るとは限りません。それを教えてくれるのもQ。

IMGP7822 Q7:01 STANDARD PRIME w/ 魔改造アタッチアップ F1.9 ISO400 1/15s 39 mm

うーん、でもでも、こうしてみると、やっぱり02番を使う機会は減っています。
ほとんど08番か06番。たまに01番ですね。最近01番は接写ばっかり(笑)

Qのダメなところは、02番が・・・。もうちょっと「きめ細かさ」みたいなのが欲しいんですよね。
08番のような・・・。プロ仕様の02番が出てくれるか、それとも09番のマクロをさっさと出してくれて、それで代用できるようになると面白そうなんですよね。
でも、09番マクロは06番と被りそうな予感。うーん・・・。こういうのは1200万画素の限界なんですかね。1600万画素くらいまであれば奇麗になるんでしょうか。いや、やっぱり02番は既に1/1.7センサーに耐えられない古い仕様なんじゃないかな、って思います。

 * * *

さて、今回は吉田うどんを食べて帰りました。まあ、うどんよりオプションの方が美味しかったのは内緒・・・ですヨ。

こんにちわ

今日は01を中心としたお花の話です。

IMGP4619 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

この1年ずっとQ7を使っていて・・・ほとんど毎日持っていましたよ・・・そして、これは本当に使える、と思った被写体があります。

Q7は「お花」を撮るのに非常に向いているカメラです。特に旅先とかたいそうなシーンではなく、普通に毎日持ち歩いてサクっととる花のスナップに向いています。

IMGP4626 01 STANDARD PRIME 1/640s F1.9 ISO200 39 mm AWB

01番、06番、そしてできれば08番があればとても良いと思います。正直この3つで十分。
まぁ、お楽しみに03番があってもいいかな?
この4本であれば夏は鞄に、冬はレンズをポケットに入れておくだけでいつでも何処でも簡単スナップ。

IMGP4624 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO200 39 mm AWB

何気ないシーンもサクッと撮れて花にとっては大切な「今」を残しておくことが出来ます。

コンデジやiPhoneでもいいんですけどね、なんか、レンズを変えながら、ボカしたり色を変えてみたり、仰いでみたり、一面に咲いているものを全て手中にしたり、魚眼でデフォルメしたり、と、とても楽しいです。

IMGP4596 01 STANDARD PRIME 1/200s F1.9 ISO200 39 mm AWB

Q10やQじゃ奇麗に撮れないことも多いので、Q7の方が良いです。
もう終わっちゃいましたけどカラーオーダー出来ていたのも良かったことの1つですよね。

自分好みの色のカメラで、毎日持ち歩けて愛着が持てるカメラで、自分の意図で見つけたものを撮る。
こんなスナップを楽しめる人にぴったりだと思うのです。

IMGP4621 01 STANDARD PRIME 1/125s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

もちろん、花だけでなくペットとかでもいいんでしょうけど、ちょっと動くものが苦手です。
暗いレンズだったり手ぶれが弱かったり、動きのあるものへのAF追従が遅めだったりするのもあって、イライラが出ちゃうかもしれません。

だから、植物のようなものがとても得意。もちろん、それを含めた風景、旅先の景色も得意です。

ライトに色んなものを撮って歩きたい、そんな人にはとても楽しいカメラだと思います。
私は、このQ7に出逢えて良かったと思っています。 


もうすぐ、野田で「ひまわり」を沢山撮って、毎日 Blog を初めて1年が経とうとしています。

今までの1年、3万枚くらいは撮ったんじゃないかな?って思います。一部は時間で連続シャッターしたのもあるから、実質2万5千くらいでしょうか。

IMGP4631 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#今年のも、もうすぐ咲きそう

明日からは少しこの1年を振り返ってみて、お気に入りの景色でも探してみたいと思います。 

こんにちわ

実は今日、Q7を購入してお外へ持ち出して撮影を初めたから日から1年を迎えました。時が経つのは早いですよね。去年の今日は晴れていましたが、例年通り、といいますか、関東では7月の上旬まではいつも「梅雨」の時期です。

ですが、もうそろそろ梅雨もおしまいになるかもしれませんので、ここいらで「あじさい」をまとめてみたいと思います。アジサイはQ7を買った直後に撮れなかった花だったのです。

さて、先ず始めに、残念ながらゆっくりと探せてなかったためもあってカタツムリとセットのところは撮れませんでした。 これは・・・どっかの植物園とかいけてれば撮れたのかな?

また来年にでも撮れたらいいな、っていう宿題になりました。


アジサイも色々な種類があるのですが、その辺はあまり良く知らないので、とりあえず道行く先々で撮れたものを載せていきます。

IMGP4603 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

まずはオーソドックスな感じの奴ですね。

IMGP4710 06 TELEPHOTO ZOOM 1/20s F2.8 ISO200 201 mm AWB

赤紫のものは遠くから見ると奇麗なんですけど、写真とかに記録して間近で見てしまうとあまり奇麗とは言えないものが多いです。

IMGP4722 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO200 112 mm AWB

対して、白い奴はとても奇麗です。
結構好きかも。

IMGP4613 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO250 39 mm AWB

紫の奴も濡れると結構奇麗なんですよね。

でも、やっぱり、このタイプが一番好き・・・かな。
IMGP4614 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

アジサイの中では異端児かもしれませんけど、この花の引き立て方が素晴らしい。



そうですね、Q7をいつも持ち歩いてるから、何気ないところで良いものに出くわせるし、そして記録は別な日の記録と合わさってストーリーが生まれる。

1回の記録ではなんてことのないものでも、連続していくことで繋がりのある写真にもなっていくっていうのは素敵ですよね。

こういうのって、鞄に入らないような大きなカメラだったり、高くて濡れて湿気ったらどうしよう、とナーバスになりすぎるようなカメラだと出来ないですよね。

なにせ、梅雨の時期でも持ち歩けちゃうんだから。
だから、軽くて小さいミニ一眼なカメラ、Q7を持ち歩くのは楽しいです。 
まぁ、この時期は01と06しか役に立てないこと多いですけどね(笑)
 

こんにちわ

七夕ですね、Q7の写真でも交えながら、この微妙なレンズ、06番のお話です。

コイツは難しい。これほどコメントの難しいレンズはありません。
結論から言うと、持っておいた方がベターなレンズだと思っております。

まぁ、まずは個人的な見解から。

IMGP4738

  1. とにかく造りがチャチい。持ったときの軽さといい、沈胴している状態から使うために伸ばすときのスカっていう感じ、ピントリングのスカスカってくる感覚、半年も使わないうちから電子マウントが時々認識しなくなる、など酷いものです。
  2. レンズ自体は素晴らしい。Qでこのボケが手に入るのか!っていうほど驚きのレンズです。若干色が出にくいシーン・滲みやすいシーンがありますが、それでもそれを補う驚きの絵が手に入ります。
  3. 200mmという距離は無茶苦茶短いです。望遠という気持ちで手にすると「足りない」と思うことの方が圧倒的に多い。
なんというか、難しいんです。レンズそのものは良いんだけど、その他がコストを無理に抑制してしまっていて片手落ちというか。
IMGP4729 06 TELEPHOTO ZOOM 1/25s F2.8 ISO200 207 mm AWB
特にこういった望遠もののレンズは「どこにピントを合わせるか」っていうことが大切な動きになります。ただ単にAFで狙って撮る、そんな動作だけなら〜それこそコンデジの望遠ズームで撮れば良いだけ、そんなものを一眼のカメラに求めているとは到底思えません。
IMGP4709 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO200 201 mm AWB
せっかく一眼を手にしているわけですから「前ボケ」「後ボケ」を意識しながらピントを撮るのが普通じゃないでしょうか。

時には望遠なんだけどかなり近いところを狙って撮りたい、手前にある細いものを撮り後ろをボカして浮き上がるような表現にしたいというとき、この06番のレンズのAFはひたすら迷います。
また、遠くのものでも明暗が解りにくい被写体になっているとき、同じようにこのAFはひたすら迷います。
IMGP4719 06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F2.8 ISO200 201 mm AWB #滲みが出ている

AFの精度が悪い、といってしまえばそれまでなのかもしれません。
でも、CPUだって苦手なシーンってあると思うのです。そこで PENTAX QだけでなくPENTAXのカメラには「必要なときだけAFをさせて後は指でピントを調整する」という便利な機能 Quick-Shift Focus System(QSF)という ものがあり、Q7にも搭載されています。

望遠でボケを自在に操るためにはこのQSFの機能が不可欠です。狙ったところに狙ったピントを持っていきたいのですが、Q7は液晶の精細さも無い上に、06番の造りがちゃっちいためにスカスカ、思い通りに動かすのに精神を使います。

というか、はじめAF後のピントリング調整を有効(これがQSF機能)にしていたため、06を付けた状態でQ7の筐体の向きを変えただけで拡大モードになる動作を見て「壊れている」と思ったくらいです。
実は勝手にQSFが動いてピント調整モード=拡大x4モードに変えられていた、という顛末。
これ、普通に欠陥品だと思うんですよ。
でも展示品とか色々見てもスカスカ具合おんなじ。普通に諦めましたね。


このピントリングのスカスカ具合がKマウントのピントリング並の適度な重さや微妙な指の動きをブラさずに忠実に残して応えるものだったら06番は間違いなく至宝のレンズだったでしょう。それをするのに後1万高くなるのであったら、それでも買いますよ、何せ今のの06番は、ただのコンデジ風のAF専門のズームレンズにしかなっていない状態です。
レンズ交換式だから、望遠を補うためだけに登場したAFのレンズ。それだけにしかみえません。今の姿が嘆かわしくてありません。

さて、ただの望遠域のAFレンズとして考えると、こいつは華をとるには最適なレンズです。
IMGP4712 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 201 mm AWB

とりわけ見つけた小さな華、ロープで区切られている空間に鎮座する花、そういた簡単に近寄れない花をピピっと焦点合わせてスナップしていく。
こういった用途にはこの06番は非常に向いています。
02番じゃちょっと寄切れないような少し大きな建物の一部を撮りたい場合にも、06は非常に活躍します。

01でも02でも撮れない「ちょっとだけ近づければいいのにな」という空間をBCモードなしでボカして撮ることの出来る「ピントは自動でお任せ出来る範囲のみに使うレンズ」、これが06番でしょう。
ふぅ、ちょっと長くなったので、続きは明日にしますか。
 

こんにちわ

ここのところ、偶然とかと出くわす機会が増えています。

前の四葉以降ですかね。

この間はシロツメクサを撮っていたら蝶が写っていました。
その前には田んぼの前を通り過ぎていたら白鷺ぽいのが羽を広げていました。

IMGP4597
01 STANDARD PRIME 1/500s F1.9 ISO200 39 mm AWB 
#今回は花に虫がいたり・・・

IMGP4270
06 TELEPHOTO ZOOM 1/13s F2.8 ISO500 199 mm AWB
#家の近くでガラス越しですがカラスが鳴いていたり・・・

IMGP4678
02 STANDARD ZOOM  1/800s F5.0 ISO100 69 mm AWB
#空を撮ったらと鳥さんが中央に写っていたり・・・

IMGP4674

02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO250 33 mm AWB 
#水たまりを撮ろうとしたら青空が反射していました。

何気ない景色を撮るだけでも発見って言うのがありますよね。
それに偶然が重なると、なんだか嬉しい気持ちになれます。

写真って不思議ですよね。この偶然の世界を手元に呼び寄せることができるんですから。
 

こんにちわ

今日は個人的には大好きなトイレンズシリーズ、04番のお話です。
IMGP4707 04 TOY LENS WIDE 1/320s F7.1 ISO200 33 mm WB:Shade X-Process


このレンズ、あんまり触れていなかったかもしれません。それもそのはず、魔改造のネタとして手に入れた10月初頭、その後、2ヶ月くらいで08番が発売され、使いこなす前に08番に気持ちがいってしまいました。でも改めて触ってみると面白いです、こいつ・・・。

個人的にはTOY LENSの中で一番完成度が高いと思います。といいたいところですが、03、04、05は似たり寄ったりですね(笑)みんなカメラの勉強用で気休め(笑)

面白さで言えば03番の魚眼にはかなわないのですが、普通に使うレンズとして、このMFなレンズの04番はわりと万能です。
IMGP4700
04 TOY LENS WIDE 1/400s F7.1 ISO200 33 mm AWB
03までとはいわない、04番の広角度合いは 33mm 67°です。7〜8cmぐらいまで寄ることも出来ます。絞りはF7.1と結構暗め。日中にしかもISOを200ぐらいまで上げていかないと遊べないレンズです。

03や05と同様、一番端で無限遠にならない割り切った造りです。
IMGP4708 04 TOY LENS WIDE 1/320s F7.1 ISO200 33 mm AWB

この端で無限遠にならないのは品質を追求しなくて良い分、その操作性の観点でユーザーに不便を強いています。ただし、安いことが重要という人もいるのでソコは仕方の無いところです。

08でスッキリ、しゃっきりを味わってから戻ると、このレンズは「ピント遊びで使える・おもちゃ」です。

IMGP4704 04 TOY LENS WIDE 1/100s F7.1 ISO200 33 mm AWB

手元足元のものを撮影したり、上を見上げて撮影したり、物体をハーフワールドしてみたりと色々あそべ、やはり多少滲みも出てくるので「色変化」も使いながら遊ぶ感じになります。
03がキワモノだとすると、04はMF版の01や02のように使える幅広い万能型のレンズ。05番との違いは04は広角で広い世界を切り取れるのに対し、05は一点を望遠し見つめる感じになります。

IMGP4698 04 TOY LENS WIDE 1/40s F7.1 ISO200 33 mm AWB

自分のピントがキッチリ合ったときの感動、悔しさ、そういうのを引っ括めて「遊ぶ」おもちゃです。

レンズとしては結構広角なところから近くに寄っていけるところまで使えます。この寄れるっていうのは結構Qマウントレンズの中では珍しい部類です。

ただし、F7.1と、たぶん広角の絞り具合を意識した固定値がセットされており、F値変更ができないので無理を強いられる感じもあります。

だから光が確保出来る日中に遊ぶためのレンズになってしまいます(これもか・・・)。
まあ朝方くらいまで明るくなれば、そこそこ使えますし、雨の日でもどんよりとしていなければなんとかなります。

IMGP4697 04 TOY LENS WIDE 1/40s F7.1 ISO200 33 mm AWB

やっぱりシャッタースピードやISO、そういうのを覚えていくための「教育玩具」でしょうか。
でも、08番に手を出すのには勇気がいる、という人には楽しいレンズだと思います。
ちゃんと作れば08の価格です。そこをケチっていくには「ピント合わせる作業」「樽型の歪曲が出ても諦める」といった要素を自分でカバーする感じになります。

スナップ性も結構悪いです。F値が暗いため、シャッタースピードが落ちます。だから落ち着いて構えないと結構手ぶれします。
特に屈んで(腰を落として)近接する際には、プルプルな腕に気をつける必要があります。

IMGP4702
04 TOY LENS WIDE 1/80s F7.1 ISO200 33 mm WB:Shade X-Process

個人的には04番で撮るならコンナ感じ!?の構図ですかね。 中央ラインをうまく併せて遊ぶのが遠近感を出すついでにピントの狂いをごまかせるのです。

こんにちわ

今日もオールドレンズである、XR RIKENON 50mm F2.0 の話です。
この話でオールドレンズ話しは最後になります。

また新しいのを買わないとできませんから(笑)

さて、雨が振ったりやんだりなので、家の中から撮るだけ・・・。

IMGP4559 RICOH XR RIKENON 50mm F2 w/KQ Adapter 1/13s F16 ISO200 235 mm AWB
#そこらにあるチャリ

XR 70-150mm ZOOM F4もそうですし、こいつもそうなんですけど、リコーさんのレンズは味があって好きです。
こういうレンズを作っていたメーカーに託された新生のQはどうなるんでしょう?と考えるとワクワクしてきます。

IMGP4543 RICOH XR RIKENON 50mm F2 w/KQ Adapter 1/60s F2 ISO200 235 mm AWB
#庭先の花1(2線ボケが出かけている)

IMGP4542 RICOH XR RIKENON 50mm F2 w/KQ Adapter 1/60s F2 ISO200 235 mm AWB
#庭先の花2

さて、もうすぐ6月も終わりですね。

今年の梅雨は降ったり降らなかったりというか、ゲリラ的な感じが多いです。

こういうのって、カメラ泣かせです。撮りに行けない・・・。


そういや、Qマウントのレンズ、もうでないのかな?
新しいボディはどうなるのかな?

Q5なんだとしたら、9月5日までお預けなのかな?(笑)

こんにちわ

またもやオールドレンズのお話です。古いKマウントはコイツで最後かな。

リコーの XR RIKENON 50mm F2.0 です。重いし表面に「L」とか書いていないので前期型だと思いますが、薄くないので良くわからない(笑)

IMGP4569 のコピー

F2からスタートとなります。取っ付きやすさから言うとF2スタートはありです。

撮る機会ができるかな。。。

こんにちわ

この間に菖蒲を撮りに行ったときのことですが、鱗粉って難しいですよね。
きめ細かさって言うのもあるんですけど、汚く感じてしまう。

IMGP4515 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2000s F4 ISO400 230 mm WB-Shade:X-Process

生命の息づかいであると同時に、なりふり構っていられない命の姿でもあります。

ツボミを接写してみました。

IMGP4520 01 STANDARD PRIME + 魔改造アタッチアップ 1/125s F2.2 ISO200 39 mm AWB


今、PENTAX-Q7は、そのDNAを次の世代に受け継ぐのか、それともココで終わるのか。
交差点のように遥か彼方に、でもすぐそこに答えがある感じがします。

02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100 38 mm AWB

それは新しい命のツボミ?

IMGP1991 01 STANDARD PRIME 1/100s F2.2 ISO250 39 mm AWB

それとも 盤石な一枚岩のような芯のある継承?



どうなっちゃうんでしょうかね、これからのQシリーズって・・・。

 

こんにちわ

今日も昨日の続きで、古いレンズである、PENTAX-M 50mm F1.4 のお話です。

安い割に明るいレンズで、しっかりとしたリングを持っているので結構オススメ。KQアダプタ買ったら、これか、同じ奴の F1.7辺りの奴で遊ぶと良いって思います。

まぁ、しょせんマニュアルだから無理は出来ませんが、でも適当に撮って動いてるものなんかを見事に撮れたときは結構嬉しい気分を味わえます。

IMGP4496 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/500s F22 ISO100 230 mm AWB

明るいからボケが楽しめる、という考え方は捨てていく方が楽しい写真が撮れる気がしてきました。
やっぱり最初の頃は「背景をいかにボカすか!?」っていう心構えで撮っていきたいって思ってたんですけど、最近は何でもかんでもボケてしまうのは面白くないかなぁ、って感じてきています。

だって、なんでもかんでも背景をボカしちゃうと、どこでとった写真かどうかなんて、どうでもよくなってしまって何処で撮影しても似たようなものになってしまって楽しくないんですよ。
みんな似てきてしまったり、せっかくその土地土地で撮っているっていう記録が消えちゃって。

IMGP4510 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2000s F2 ISO400 230 mm AWB

特にオールドレンズは望遠傾向になっちゃうんで、その辺が顕著。
足場の問題で切り取る感じが多いですしね。

IMGP4499 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2500s F4 ISO100 230 mm AWB

まぁ、今回の菖蒲のように終わりかけの時期には切り取れるのは嬉しいんですけどね。

IMGP4498 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2500s F2 ISO100 230 mm AWB

最近は、更に明るくても、若干暗めに撮るのが好きになってきました。

背景でボケる、EVにマイナスを与えて全体的に・特に背景を暗くする、効果を与える、自分でなんでも出来るって面白いですよね。こういうのはコンデジでは出来るかもしれないけど「やらない」ですしね。

なんでもAUTOやなんでも「P」にして撮るのとは訳が違う。

そうですね、Q7の液晶は、この間知りましたけどもっともっと高精細に写るのに、快適なスピードのために精細さを犠牲にしてしまっていましたよね。
その辺が、もうすこし追いつく早さで奇麗に写してくれれば、もうちょっとMFで遊ぶのも面白いのになぁ、って思います。

でも、やっぱり、KQアダプタで遊ぶのは、Q7の良いところをごまかしているようで嫌かな。
01や02の写りよりも、もうちょっと良いタイプのレンズが出て、今のセンサーでも十分奇麗だな、って思えるレンズが欲しいですよね。軽くて小さい奴で・・・。
 

こんにちわ

レンズ沼月間というのもあり、手持ち・・・特にヤフオクとかで見つけて手に入れたものを中心にお話ししております。

今日は、FA77mm Limited よりも安価に手に入れられるのに大口径で明るいレンズ、PENTAX-M 50mm F1.4 を使ってきました。

このレンズ、絞り羽は8枚、F1.4-F22までそつなく使えるマニュアルレンズのなかでも結構使える部類何じゃないでしょうか。

調べると6群7枚、3−3構成で画角は46°。発売は1977だったようですね。

バルサム切れが多いらしいのですが、結構良品で手に入れました。
そういうのはありません。

M
#左側がPENTAX-M 50mm F1.4

めいいっぱい絞れば、わりと奇麗に撮れると感じます。3000円以内で手に入るレンズという意味では結構使えるレベルと感じます。

IMGP4491 PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/800s F22 ISO100 230 mm AWB ハードモノクローム

もちろん、KQアダプタとの連携のMFですから機動力は落ちます。


PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/500s F22 ISO100 230 mm AWB 青抽出

この写真のように、鳥さんをおいかけようものならキツい思いの連続です。
連射にしておけば良かったと思うから、動くものを撮るときはスロー連射でなんとかしていかねばなりません。


PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/1250s F9 ISO100 230 mm AWB 青抽出

まぁ、苦労してタイミング合わせるより、連射の方が良いですよ。この上の羽を広げているのなんか偶然。MFでやってるもんだから、無限遠にしてF22にして少し明るすぎてもえいやってたまたまですから。

あ、使う時には、レンズ側の絞りリングもフォーカスリングもしっかりしていますので、KQアダプタは「L」のモードでを推奨です。

ただし、絞りはF1.4だからといって、なめてかかると、 すぐに「2線ボケ」します。


#2線ボケした・・・開放しすぎた悪例
PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/2500s F2 ISO100 230 mm AWB


#もう少し絞ってそれなりになった例
PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/320s F5.6 ISO100 230 mm AWB

でも、奇麗に写るようになる、というのは考えものです。

今回のお花の例のように、きれいに写りすぎるとかえって汚い、という例もあります。
しいていえば、4K画質でみる芸能人みたいなものでしょうか(笑)
対象がよければいいのですが、そうでもないときには「無理して奇麗に撮る必要も無い」ってこともあります。
ようは、スナップ写真なんで、自分の記憶の補助に過ぎないのですから、楽しかった思い出、ああぁ、あの時ココに行って、あんなもんみたな、っていう記憶を呼び起こすトリガーにさえなればいいんですよ。
まぁ、どちらにせよ、マニュアルレンズってじっくり構えないと行けないから面倒なのは事実ですよね。

でも、安くていいレンズが手に入るとタマラナイ。これがレンズ沼の恐ろしいところなんですよね・・・。

こんにちわ オールドレンズの中でも、手にして良かったなぁ、と思っているレンズ、FA77mm Limited、RIKENON 70mm ZOOMに続く3つめとしては、やっぱり、Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm(3rd.)です。

FLCT35mm

6羽の絞り形状はアスタリスク(*)のような奇麗な光の演出を作ってくれますし、料理などを取ると柔らかくて暖かみのある写りをしてくれますし、操作もしやすい。
FLCT35mm2 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F22 ISO250 161 mm AWB(再掲)

IMGP4455 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/640s F4 ISO100 161 mm AWB

花を撮っても奇麗です。

IMGP4462 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/250s F4 ISO100 161 mm AWB ドラマチック銀残し

ただし、ちゃんとした形で入手していないので、本来ならいいマウントがあるはずなんですが、安いプラクティカBマウントなんてものに手を出したのが失敗。
キャノン用のアダプタ→そっからQへのアダプタと2ステップでの取付なためか、それとももともとそうなのか、もう今となっては定かではないのですが、遠目の写真を撮るのは苦手なようです。

IMGP4467 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/200s F22 ISO100 161 mm WB-Shade:X-Process

絞りを22にして無限遠にしてもスッキリしません。
近接用にしかなっていないのがもったいないだけではなく、近場でも少し離れるだけで、なんとなく「背景が奇麗ではない」写真になってしまいます。・・。

コレはカメラ(マウント)のせいでしょうね、きっと。

IMGP4456 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm w/PlacticaB Adapter 1/1250s F4 ISO100 161 mm AWB

こんにちわ

まだまだ使いこなせてない感がたっぷりの、この宮崎光学 SONNETAR 25mm F1.1 for Q マウントなオールドレンズですが、なかなかどうして、ピシっとイメージと合わせて決まると快感が得られます。

ピントがもの凄くシビアなのでマゾ仕様なレンズではありますが・・・。
今回はとりあえず、花・草木を撮ってきましたので、その辺を。

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO500AWB__IMGP4414 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/8000s F4 ISO500 115 mm AWB

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO500AWB__IMGP4421 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/8000s F2.x ISO500 115 mm AWB

運良く虫がうろちょろっとしてくれています。

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO500AWB__IMGP4439 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/400s F11 ISO500 115 mm AWB

日中で日陰が得意になるレンズっていうのは不思議なレンズです(笑)
まぁ、ISOを下げとけよ、っていうツッコミは無しです。敢えて色々やってみたわけですから。

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO500AWB__IMGP4418 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/8000s F1.1 ISO500 115 mm AWB

いいですよね、このボケ方。こういうのが02とかでも撮れるといいんですけどねえ・・・。

60_MiyazakiSONNETAR_25mmISO100WBShadeX-Process__IMGP4451 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/320s F1.1 ISO100 115 mm WB-Shade:X-Process

虫は葉っぱを喰い散らかすので、この後取り除いちゃいました(笑)

こんにちわ。

IMGP3267 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO250 27 mm AWB

ちょっと前に撮った写真になりますが、雨が続いていて気分的に憂鬱なので気分変えて今日は都会のビルにあるバラの花々の話でも。

IMGP3268 08 WIDE ZOOM 1/80s F3.7 ISO100 22 mm AWB

前に日比谷公園に行った時、ついでに近くのとある人材派遣会社のビルを覆い尽くしているバラを観てきました。

なんというか、凄く圧巻でしたよ。

IMGP3277 08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO200 17 mm AWB

本当はこういうときこそオールドレンズで奇麗な花などを撮りたかったのですが、あいにく当日は重いレンズを持ち合わせていなかったので太陽の光に苦戦しながらもなんとか撮ってきました。

IMGP3300 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 23 mm AWB

こんな感じでビル一面が薔薇に覆われております。すごいなぁ、これ。

IMGP3278 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB
 
真下から見るとこんな感じです。

IMGP3302 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO1000 27 mm AWB
 
更に、下の方は薔薇だけじゃないところがいいです。

IMGP3299 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 23 mm AWB

日比谷・・・東京駅・・・銀座の周りはKITTEもそうですが、色々とあって面白いですよね。


こんにちわ

 今月はお花も咲き始めてきて世界が明るくなってきていましたよね。

ということで、昨日は田舎の方へ行った記録をまとめましたが、今度は都心の公園の記録である日比谷公園の方を。

IMGP2163 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm AWB 青抽出

日比谷公園の入口には有名な日比谷花壇があります。

入口からお花全開モードで 出迎えてくれるので気持ちがいいですよ。

IMGP2167 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 23 mm AWB

中に入れば緑の樹々やお花もあちこちにあり、広々としています。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO320 24 mm AWB

変な?噴水もあります。そういえば、この公園では02番をもっとよく使いたいという気持ちが強くありました。標準だからこそ画質もそれなりな02番。広角な部類だけど大味でもある02番。うーん、魔改造レンズB(REBOOT)が出来てしまったしな・・・そっちの方が手軽かも・・・明るいし・・・って気持ちとの葛藤が今になっても増えつつあります。明るい奴で作り直して欲しいな02番。

IMGP2244 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO320 69 mm WB:ShadeX-Process


そうそう、樹々といえば、今月は四葉のクローバーも見つけました。もっともコレは栃木での出来事ですが(笑)

IMGP3060 PENTAX-M 50mm 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

都心でこういうの見つけるのは至難の業だったろうからもの凄くラッキーなことでした。コレをQ7で撮れたことは自分に撮ってblogやってて良かったなぁ、に通じています。長く続けていなかったらこんな出来事に繋がらなかったと思うのです。


そうそう、この間モノクロでとりました斑入りのバラをカラー版で載せておきます。バラってなんかを観て心を和やかにしてくれるし奇麗で素敵ですよね。ということで!?
来月も頑張っていきたいです。

IMGP3135 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB

そういえば、もう、Q7を手にして11ヶ月にもなっていくんですよね・・・。

来月は手持ちのレンズの総おさらいもしていこうと思っています。
特にオールドレンズはゆっくり御託を語ることが無かったですしね(笑) 

こんにちわ

5月も下旬になってきて、あちこちでは新緑が、若くて奇麗な黄緑の葉っぱが満開?になってきました。

IMGP2686 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

なんか、こういう色がたっぷりの季節って元気をもらえるようで嬉しいですよね。

IMGP3118 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1250 207 mm AWB

ところで、私の大好きなカエデ・モミジですが、この時期は奇麗な青で虫にもやられていない奇麗な形を魅せてくれる絶好の時期だったりします。

IMGP2669 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

だからQ7で見かける度に撮ってきましたよ。

IMGP2629 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.0 ISO100 39 mm AWB

モミジって不思議で、まず「紅」から始まるんですよね。まぁ、品種にも寄りますけどうちの庭のもそうですし、街にあるやつも大抵そうです。

IMGP3066 PENTAX-M 50mm w/ KQ Adapter 1/800s F0 ISO200 230 mm AWB

初めから赤くてずっとそのままの奴は置いておいて、葉先の紅から奇麗な若い緑に変わり、色が落ち着いて最後は黄色、深紅になって散っていく。

IMGP2616 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

日本を感じられる楽しい樹々ですよね。

今は初夏になりかけている感じで、春も超え始めた感じです。

IMGP2628 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

そうか、もうこのblogを毎日書くようになって10ヶ月になるんですね。
月日とは残酷なものです。

早すぎです。

こんにちわ

IMGP3131 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO320 189 mm AWB ハードモノクローム

5月と言えば、薔薇ですよね。
さすがの私もこれくらいはわかります。

IMGP3130 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO200 191 mm AWB ハードモノクローム

でも、薔薇って色々種類があるじゃないですか。

IMGP3129 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 191 mm AWB ハードモノクローム

その辺まではようわからん・・・・(笑)

IMGP3138 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB ハードモノクローム


今回、薔薇がたくさん咲いているところをフラっと立ち寄ったので、その写真をQ7でとってきました。

IMGP3136 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB ハードモノクローム

でも、敢えてモノクロ・・・。

なんか、いつも極彩とかクロスプロセスで花を撮るので、たまにはモノだけで撮ってみようかな?
って思ってやってみました。

薔薇のような造形が素敵で美しい花だからこそモノクロで撮っても奇麗なんでしょうね。

素敵ですよね。

ところで花を良く撮るのは06番なんですけどね、最近接点がおかしいのか時々認識されずマニュアル扱いになることがシバシバ。
クリーナーとかで拭くと少しは認識高まるかな?って思って何度かやってるんですけどね、変わらない。
IMGP3132 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 189 mm AWB ハードモノクローム

やっぱ安く作ったレンズはだめなんですかね?

どうもこの06番はあんまり良いイメージがしない。写りはいいのに、作りがチャチすぎて気持ち悪い。
Q7を購入するとき、オリンパスのPENと比べレンズの重さを含めてタダ単に小さくて軽いから、という理由で選び、結果良かったと思っていますが、造りまでこうしていかないとダメなんですかね、なんか、勿体ないです。そこまでコンデジ感覚にしなくてもいいんじゃないか、と思えるんですけどね。

04番とか05番とか安いトイレンズのバリエーションを増やして、ちゃんと写る奴は少しくらい高くても、長く持つように作ってくれないと困るなぁ。
安くても壊れやすくて買い替えなきゃいけないものばっかり作られるんだとしたら、結局無駄金になるんで大切に使えない。

個人的には安くて気軽に購入出来る1万前後までのレンズ路線とシッカリ作って長く使える路線の2系統を維持して欲しいなぁ、と。
まぁ、Q10までの感覚だと、トイレンズ風の売り方してたから仕方が無いのかもしれませんけどね、もう、そういう時代じゃないし。できれば選べる自由、残して欲しいなぁ・・・。

こんにちわ

もう5月も下旬になりそうで、花々も草木も生き生きしてきましたよね。

IMGP3153 06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F2.8 ISO1600 201 mm AWB


カメラ始めると決まってというかお約束な写真として、とりあえず草花を撮っちゃいたくなりますよね。

IMGP3151 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1000 194 mm AWB

ということで、ここのところのお出かけモードから一息ついて、 ちょっと近場で撮ってきたお花などを。

IMGP3150 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

本当は、これは何の花、この草木は何々と語れれば良いのでしょうが、残念ながら私にはその知識が足りません(笑)

IMGP3124 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO160 126 mm AWB

まぁ、下手に解説するより、気ままに撮って気ままにアップ。このスタイルを貫こうかな、と(笑)

IMGP3122 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200 126 mm AWB

でも、個人的にはシルエット的なアートになる方が結構好きだったり。

IMGP3111 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 146 mm AWB

だから、こんな奴を撮るのが好きだったりします。

あ、そうそう、今回チョットいいことが。

なにげに昔を思い出して土手っぽいところを見渡してみると、5分もしないうちに見つけられましたよ。

IMGP3061 PENTAX-M 50mm w/KQ ADAPTER LENS 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

4つ葉のクローバー。本物です。
なんか、歩いててフっとそういえば、って思い出して探してすぐに見つかったんで、これは呼ばれたのかもしれません(笑)

40年以上生きてきて、見つけたのはコレで4度目くらい。ちょっと暑い時に直ぐに押し花にしなかったので2日もしないうちにダメになっちゃいました。うーん失敗。
今度は土をもっと多く一緒にもらってこないとだめかな。

でもQ7で撮っておいて良かった!

こんにちわ。

氷川神社に隣接している大宮公園に来ています。 IMGP2692 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO200 53 mm AWB

そこにはちょっと珍しいものがあります。

IMGP2677 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO250 53 mm AWB

こいつではなくて・・・


03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO640 17 mm WB:Flash
こいつです。

もうちょっと大きくアップしましょうか。
IMGP2631 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

もう少し寄りましょうか。


01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO200 39 mm WB:Flash
更にアップ・・・。

IMGP2650 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

これ、ハンカチの木です。ここまで大きなものを観たことはありませんでした。
びっくりです。

普通に公園の一角にそびえ立ちます。そして、布のような花びらがフラフラと揺れています。
これだけ大きいと、「ハンカチ」と言いたくもなりますよね。

結構貴重なものですよね、ココまで大きいのはあんまりないらしく、日本に入ってきた当時からあるような木ぐらいなもののようです。

暖かくなると色々なものが観られて嬉しいですよね。若葉も黄緑で奇麗で楽しくなってきました。

こんにちわ

IMGP2378 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm AWB 赤抽出

三越は外観も凄いし中に入ってからも凄いのですが、屋上も凄いですね。

IMGP2414 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

IMGP2410 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 26 mm WB:Flash

屋上にあるチェルシーガーデン、ここ古くからあるようですが、結構いいです。

IMGP2426 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO1250 40 mm AWB 極彩

なんと、ビルの上なのに、鳥居が・・・。

IMGP2442 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO400 202 mm WB:Flash

どうしてなかなか、街中の屋上なのに素晴らしい広々としているし種類も豊富で素晴らしいショップです。いいなあ、ここ。

IMGP2429 02 STANDARD ZOOM 1/30s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

見守ってくれるオブジェも結構種類があってみていて飽きません。



IMGP2448 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO1000 90 mm WB:Flash

素敵な花を勝ってに撮らせてしまいました。もちろん、少しだけは買っていきましたから・・・(苦笑)

IMGP2455 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 180 mm WB:Flash

花が咲き始めてくると、春が来ている感じで楽しくなってきましたよね。

こんにちわ

明日からはGWですね、ことしは前と違って飛び飛びなのでこの連休がメインのお休みですかね。

疲れを取るのには休むのが一番ですが、元気なものを観て自分の心に変化を与えるのも疲れを取る方法としてはアリなんではないかと思います。

こんな時期はQ7をもってお出かけ!
っていきたいところなんですが、GWですしね、混んじゃいますよね。

ってことで?
自分ちのお庭での話の続きにしました(笑)

IMGP2007
#庭の片隅で咲く山吹の花
06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F2.8 ISO250 200 mm AWB

もう、今の和の庭が出来て2年が過ぎました。
コレを作る前は適当に野菜を植えて適当に放置してたので、観た感じがもう酷かったんです。

IMGP20100705-06048
#初めはこんな状態。野良猫も飽きれる有様 w/ iPhone4


これじゃぁ、だめだ、草むしりもめんどくさい。
っていうことで、日本の色々な庭園・・・金沢の兼六園や京都の無鄰菴とかを参考にしたりして和の庭にしたのでした。

野菜作りスペースが少なくなる代わりに砂利での枯山水で手入れが楽というメリットがあります。

IMGP20120608-07809 #作っている途中・瓦は自分でセット w/ iPhone4

色々やったあげく出来たのがモノスゴクシンプルな庭(笑)
土留めには 栃木のバァちゃん家が地震で倒壊したときの黒鉄色の瓦を再利用し、塀を黒く塗り鉄平石とかで演出。砂利は色付きの錆び砂利、その中に苔で島を作っています。

自宅同様、自分でデザイン、それを庭師さんにお願いして形に。
和の庭っていうのは一回やっちゃうとアレコレ直しが効かないのが欠点ですが、シンプルが故に心落ち着きます。

女性向きではないですね、花壇とか畑とか色々遊べないですからね。
別にそういうコーナーを設けておかないとダメなのが自宅庭での和の課題です。


IMGP20121117-08634
iPhone 4 1/120s F2.8 ISO100

で、出来上がりから2年、奇麗な紅葉を魅せてくれたり、枯れた後に芽が出たりと繰り返してくれている我が家のモミジ。台風とか色々あって一部では木の皮部分がめくれてきていますが、まだまだ元気です。

IMGP1827 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO125 39 mm AWB

うちわカエデの一種で、葉の大きさが結構デカいので少し離れて見るとちょうど良い感じです。

IMGP2012 06 TELEPHOTO ZOOM 1/4s F2.8 ISO250 199 mm AWB

大きくなってきていて・・・

IMGP2096 01 STANDARD PRIME 1/640s F3.2 ISO200 39 mm AWB

それが、今年も芽吹いてきていて元気に育っています。

IMGP2522 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/100s F4.5 ISO125 69 mm AWB

こういうのって嬉しいです。

今年も頑張ろうっと。 

こんにちわ

もうすっかり春を通り越し、5月です。

我が家のモミジ、去年はイラガやカミキリムシに色々やられて大変でしたが、植物というか自然の力って凄いですよね。

そんな大変な目にあったモミジ🍁ですが、今年はなんと足元に小さな小さな芽が・・・。

IMGP1826
#写真の中央のちっちゃくて可愛い明るい緑の「八」の芽のコレ
01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO800 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版

いつもなら気がつかなかった中央のスギゴケの間にピョこっと出ている八の字の芽、モミジの子孫ですよ(笑)

こやつ、やるな。自分の危機を感じたからなのでしょうか。すごいです。

いやあ、正直、家の庭を「和」の庭にしてから2年立ちましたが、・・・今まで気がつかなかったわ。
今回、去年のダメージの後なので特にこうなったのか、それがあったからこそ目が向いたんでしょうか。
まぁ、こういう小さなものを発見するのは嫁さんでしたので、さも自分が発見したような書き方をすると文句を言われそうですが・・・(笑)。

でも、ほんと、いつもなら気がつかずに雑草扱いで抜いててたかもしれないので、今回はお得感があります。


#八の字から十字になってきた
06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO1600 204 mm AWB ストロボ

数日後に見直すと、もう芽がモミジの姿になりかけてきました。
今回、それを追って撮ってみました。

IMGP2099 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版

おお、モミジらしくなってきました。


周りをみてみると、別のところの苔の間にも同じように芽が出てきているのが!

IMGP2101 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 ストロボ

うーん、素晴らしいですよね。

そうそう、コレらは久々に登場している魔改造レンズを使ってみています。
01 STANDARD PRIME に 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 (アタッチアップ) を取り付けて撮っています。

まぁ、普通ならクローズアップレンズで撮る、とかですかね。私はレンズ遊びしてますから、こんなお遊びレンズを付け、・・・しかも01番に取り付けるやつなので、AF対応・ストロボとも相性の良くこういう撮影に向いています。オールドレンズではMFになるので夜間とかしゃがんで小さいものを撮影する(体全体がプルプルしてしまう姿勢での撮影)に向いていないんですよね。

このアタッチアップは古いデジカメの先頭部分に40.5mmのリングを付けて簡単にセットできるようにしたものです。詳しくは『超絶接写版 』のタグでも追ってみてください(笑)

本当はQマウントレンズに、性能の良いAFマクロレンズ欲しいですよね、やっぱり。


さて、いまうちの庭では、他にも芽吹いているレモン、こいつは鉢で管理していますが、これも元気になってきました。

IMGP2521 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/125s F4.5 ISO100 69 mm AWB

また、同じく和の庭に植えていて、モミジと横にセットで植えていて、この間に剪定してるのにも関わらず、いや、剪定したから元気が集中できるようになったのか、この椿である「白の侘助」も若葉が出てきましたよ。今回はコレを久々のVoigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mmを使って撮ってみました。

IMGP2524 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/100s 4.5 ISO200 69 mm WB:Flash

小さめの大きさのこのレンズ、電子シャッター併用での撮影になります。F4.5からスタートなので、やっぱり日中の明るい時に使うのが良い感じです。でも滲むことも多いのでまだ巧く使いこなせていない感じです。勉強が必要ですね、まだまだ。

お外は・・・春の花の時期が若葉の時期へと移り変わってきています。

この時期は花粉症も少しだけ落ち着きだすし、風は気持ちいいですし、元気をもらえる時期ですよね。

こんにちわ

今日はGWに突入している人も居るんでしょうかね?
私はというと、今年は暦通りですし、体調の衰えもあってかおそらく家にこもりそう。

まぁ、近場ぐらいは車で移動してみたいと思います。

さて、今月は色々行きました。

まずは、つい最近の話ですが、深川不動尊と富岡八幡宮。そういえば、富岡八幡宮には・・・なぜだか伊能忠相がいらっしゃいます。

IMGP1929 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO800 27 mm AWB


深川メシと一緒の絵が撮れるのはココだけかもしれません(笑)
 
IMGP1927 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 27 mm AWB

次に都内にある同じ東京十社である根津神社。

IMGP9563 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO500 17 mm WB:ShadeX-Process

乙女稲荷は京都の伏見を思わせるような写真スポットでもありましたね。

IMGP0465 02 STANDARD ZOOM 1/500s F3.5 ISO1600 46 mm WB:ShadeX-Process

和の延長である浅草も浜離宮と共に歩きました。

IMGP0458 08 WIDE ZOOM 1/500s F4.0 ISO320 27 mm WB:CTE

川を昇ってスカイツリーと黄色いアレを観たのは浜離宮庭園からの船の旅でした。

IMGP0217 08 WIDE ZOOM 1/50s F3.7 ISO100 17 mm WB:CTE

都内も面白いですよね。

さて、今月は都内だけでなく茨城や埼玉の公園にもいきました。

まずは桜や梅の続きで訪れた古河総合公園。桃の名所でしたね。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F7.1 ISO250 23 mm AWB

緑と樹々が素晴らしい広々とした公園でした。


08 WIDE ZOOM 1/100s F5.0 ISO100 23 mm AWB

IMGP1761 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

さいたまの権現堂公園も素敵でしたね。

春満開って言うワードはこのためにあるんじゃないかと思う色の組み合わせです。
菜の花と桜の組み合わせ、青空。

IMGP0891 08 WIDE ZOOM 1/1250s F4.0 ISO640 25 mm WB:CTE

強風が凄く、シャッタースピードとの闘いでした(笑)
こういうときは動画で撮る方が簡単ですよね。

冬が終わり生き生きとしてくる自然の世界をQ7と共に観て歩けるのはとても嬉しいことです。
毎年どこかにカメラを持って出かけてした。

でも、今年はQ7でガチャガチャやりながら色々な春を観て来れました。
もう、暖かくなってきて、「暑い」を感じる日々が出ましたもんね。

IMGP1421 02 STANDARD ZOOM 1/250s F5.6 ISO250 67 mm WB:CTE

コイツも元気な姿で登場です。さて、5月ですよ、もうすぐ。

こんにちわ

今年は例年になく、桜だらけの写真。Q7があるおかげですかね。

自宅の前のお家で、そうとう奇麗なしだれ桜も咲いているのですが、今回はそれを載せることすらためらうような桜をあちこちで見てきました。

昨日は02番ばっかりの写真でしたが、最近は02番より06と08が中心。添え物的に01番がある感じで、どんどん02番の出番が消えてきています。

08番の写りが好みすぎてたまらんのですよ(笑)

IMGP0100
06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 207 mm AWB 

正直、梅の方が好きなので毎年おでかけは花粉症が本格的になる前ぐらいに梅をみまくるのですが、今年は桜ばっかり。


08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

ある意味人生の中で自ら桜を観に行く回数が一番多かった年かも知れません。

いや、小さい頃住んでいた場所の目の前が桜並木でしてね、良く掃除の手伝いをさせらたんですよね、散った後で泥だらけになったやつを(笑)


#松をバックにすると和が映えます
01 STANDARD PRIME 1/1000s F1.9 ISO200 39 mm AWB

だから桜って面倒なイメージしか残っていなくて・・・。でも人様のところで奇麗に咲いているのを観るだけには気持ちがいいもんです。

IMGP0125
01 STANDARD PRIME 1/1000s F2.8 ISO100 39 mm AWB 

って、あれ?この感覚、前に猫でも書いたような。まいっか、都合よくても。

IMGP0083
08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO100 17 mm AWB

て、そうそう、この桜は都会にあるオアシス、『浜離宮』の桜です。
広い土地の一角にある広い公園。そして、その片隅にある桜です。

ビルや松を背景として一緒に撮れる貴重な公園です。

今年の桜はココのもので御終いとしておきますか。 

こんにちわ

茨城県にあります、古河総合公園でのお話のラストとなります。



08 WIDE ZOOM 1/200s F5.0 ISO100 23 mm AWB
この長閑な公園、川とのバランスも美しいし、桃は奇麗だし、桜も咲いていて、本当に素晴らしい公園です。


02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO160 67 mm AWB 赤抽出

そうそう、ここでは普通の公園には、あまり見かけないとあるものが・・・

IMGP1510

#桜の向こうに見えるアレは・・・
02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.5 ISO250 69 mm AWB



#もしかして茶畑?・・
02 STANDARD ZOOM 1/50s F7.1 ISO250 34 mm AWB

うは、なんと、ここはお茶も育てられているんですね。


02 STANDARD ZOOM 1/60s F7.1 ISO200 46 mm AWB

21世紀になってから始められたらしい、このお茶畑。
時期がくれば茶摘み体験もできるそうです。
ほほ〜。

どうやら新茶手もみ実演とかそのお茶も入手できたりというのもあるそうです。
まぁ、それよりも、お茶娘による茶摘みデモがあるらしいです・・・、ってまた◎娘!?(笑)

時期はGWが終わった直後の頃とのこと。面白そうですね。

IMGP1508
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 66 mm AWB

にしても、う〜ん、そうか、もうそういう時期なんですね。  

こんにちわ

4月は桜や桃といった小さで可憐な花がたくさん咲きますよね。

でも、もうあちこち散り出してきていて、写真の中だけになってきています。

zIMGP1475 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F22 ISO640 161 mm AWB 極彩


さて、うちにもある「思いのまま」という品種のように「2色」咲く花を良く『源平咲き分け』と呼んでいますが、これってもの凄くお得ですよね。

2IMGP1661 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F11 ISO250 161 mm AWB


この紅白の2色でなんで源平先っていうのかというと、源氏=白、平氏=紅の旗を使っていたことによるものです。
桃や桜、椿などで良く見受けられます。
意外なことに、基本的には「紅」の部分的な色素異常(先天性色素欠乏症:いわゆるアルビノ)のようなモノ、と言われております。有名なホワイトライオンみたいに。

1IMGP1688 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/1000s F4 ISO500 161 mm AWB

この古河総合公園には、その中でも結構珍しい「斑入り」のタイプの奴が植えてあります。
初めて見た時、感動です。こんなのもあるんだぁ、って感じ。

IMGP1690 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/1000s F4 ISO500 161 mm AWB

川もキラキラ光って奇麗です。オールドレンズなどで絞りを調節するとキラキラ光る星のような写真も撮れてきますので、日光がたっぷり照らされる日を狙って行くと面白いです。


Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F22 ISO250 161 mm AWB
#フレクトゴンの6枚羽のこの出方が大好きでたまらないですわ

こんにちわ

桃の名所でもある古河総合公園に来ています。


08 WIDE ZOOM 1/30s F4.0 ISO800 24 mm AWB

ここのところ、「花」を中心に撮っていますが・・・

IMGP1761 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

久々の人物像のショットになります・・・。

IMGP1579 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO400 25 mm AWB

あともう一人・・・

IMGP1578 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO640 27 mm AWB

う〜ん、最近って、電車にも萌えキャラ、何に付けても萌えキャラ、みたいな感じですよね。

でもまぁコレで地域が活性化していくっていうことならとても良い方向だと思います。
今は何でも良いので流動していってほしい時期ですよね。

そうそう、ゆるキャラみたいなのも居るんですね。
最近の流行は何でも取り入れていて、ある意味スゴイなぁ、と思います。

IMGP1589 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO100 56 mm AWB
このキャラ、頭に雪の結晶が付いているところがポイントなんですよね。

自分が住んでいる地域でも、これくらい貪欲になれればいいのにと思います。


01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

茨城は自然や学術といった様々なものがあっていいですよね。
う〜ん、世界は残酷です。
 

こんにちわ

昨日と同じ公園、茨城県の古河総合公園に来ています。

IMGP1574 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO800 27 mm AWB


さて、今日の対象物はコレです。

IMGP1591 02 STANDARD ZOOM 1/200s F6.3 ISO400 69 mm AWB
 
桜の用で、色が強く、八重桜のようで密集した花の付き方をするコレは、『桃』です。

IMGP1631 02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.5 ISO200 69 mm AWB

古河と桃の関係・・・、そんなに美しい歴史があるわけではなく、単純に暖をともすための薪を調達するためにうってつけだったからなようです。

IMGP1600 02 STANDARD ZOOM 1/100s F7.1 ISO160 69 mm AWB

まぁ、そんなのはさておき、桃も奇麗ですよね。
この公園では、花桃祭りと行って昔からの商業スポットとなっているようです。
IMGP1625 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 69 mm AWB

そのためか、もちろん、屋台あります。匂いもあります。でも、まぁ、公園自体がもの凄く広いので鑑賞するのにあんまり邪魔になりませんでした。こういうのはいいですよね。

IMGP1645 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F8 ISO400 161 mm WB:ShadeX-Process

桃はとにかく梅みたいに上に向かって枝が伸びるのに、八重桜みたいな濃い色が多く、密集している感じで花が咲きますので、桜よりは見応えがあります。

IMGP1616 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO160 67 mm AWB

もちろん、白い奴もピンクの奴も、源平といって「2色咲き」のやつもあったりします。 桃は・・・食べる方も美味しいですし、枝は薪になり、というと、良いコトだらけかも知れません。

今回、02番でできるだけ「ボケ」を作ろうとAEモードを出来るだけ使ってみました。

出来ている部分と、出来損ないで全体が甘くなってしまったもの、色々出来てしまいました。02番でボケは難しいですね・・・。

こんにちわ

もう4月は芽吹いてきたってのもあるんですが、桜とか花ものばっかりになってきていて、また同じの? っていう声も聴こえてきそうなんですが、これほど桜や梅などの花木を観に行く年はそうそうないので続けて行きます(笑)

IMGP1401
02 STANDARD ZOOM 1/320s F5.6 ISO200 23 mm AWB
#橋の飾り枠の隙間からのぞく桜

さて、この写真のように、この間までは埼玉でしたが、今度はその上の県にまで足を伸ばしました。
茨城県古河市にある総合公園っていうところにお出かけしてきた記録となります。

関東平野の中心的な場所ですが、埼玉県と群馬県と茨城県が鬩ぎあっている付近になりますので、古河って何県?って悩んでグーグル先生に聞いてしまうような場所にあります。

で、この間までの権現堂公園も有名な場所ですが、今回の古賀の総合公園も結構有名な公園です。

特徴として、花木的な派手さもありますが、個人的には公園の端っこに近い場所にある川と土手と柳があるエリアが気持ちいいです。

まぁ、奇麗な場所なんです。同じ桜でもチョット今までとは違ってくるので、今日はそれをいくつか写真を載せます。

まずは似たようなものを2つ。


08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 22 mm AWB 極彩 リバーサルフィルム+PL/FT


08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 17 mm AWB リバーサルフィルム+PL/FT

なんというか、一言で言うと『XPの壁紙的な美しさがある』といいましょうか。
そして、ここのように、草原的なところにある1本の奇麗な木を撮りきるのに、08番の良さがもの凄く出てくるんです。

こういう絵が撮れると、ああ、このレンズ買って良かったって思います。

また、PLフィルターを付けているのもありますが、逆光気味に撮っても素敵な感じです。


08 WIDE ZOOM 1/320s F4.5 ISO200 17 mm AWB 極彩  リバーサルフィルム+PL/FT

やはりここでも多くのカメラマンが見かけられます。
みんな知ってるんだなぁ、良いスポットなところを。

しかも、ここでは結構珍しいと思うのですが、桜のバックに竹林があります。
土手+桜+竹林っていう組み合わせで手軽に楽しめるのはココならではです。


08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO100 26 mm AWB 極彩 リバーサルフィルム+PL/FT
#桜+竹林

ここ素敵だな、本当に。自分ちの庭がこんなだったら良いなぁ、と思っちゃってうっとりです。

そうそう、もう一つ、「柳」を中心した美しさもあります。

IMGP1459
08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 22 mm AWB リバーサルフィルム+PL/FT
#風に流れる柳

こういうのがスパっと撮りきれる08番は、本当に頼もしく、いつもセットしておきたくなるレンズ。
少々高いですが、コンデジ時代では味わえない感覚です。コレ。

まぁ、等倍でみちゃうとですね、多少は粗が見えます。こればっかりはしゃあないんじゃないかと。
風に揺れないで撮るのも難しいですしね。
 

こんにちわ。

以前訪れた水仙の咲く場所、埼玉県幸手市の公園に来ています。
 
IMGP1016
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO125 125 mm WB:CTE 

有名な権現堂公園の側にある川の向こう岸に渡り、小さな小さな公園の桜に見とれています。

今回PENTAX Q7で色々とチャレンジしましたが、風の強さとそれに揺られる桜を表現するのには、やっぱり動画が一番だと感じました。

IMGP1041
08 WIDE ZOOM 1/100s F5.0 ISO100 18 mm WB:CTE

そしてフォーカスをコントロールしながらTV映像のように手前や奥の桜のグラデーションに徐々にピントを動かしながら撮るっていうのにはオールドレンズが一番適している感じがします。

 

今回は Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm を 特殊な Adapter とともに装着、CTEモードでリバーサルフィルム状態にして PENTAX Q7 にて動画を撮影してみました。

1分程度のものとして短く準備してみました。

それにしても、桜の絵っていうのは Q7で撮った写真を iMovie上でアニメ調にしても奇麗ですし、Q7を静止画だけに使うのはもったいないですよね。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F4.0 ISO100 69 mm WB:CTE
#ムービーに使った絵は、このように見事なグラデーションが映える桜です

今後はちょっとしたお出かけ記録もムービーにしていきたいと思いました。iMovieなら1時間ぐらいで出来ちゃいますしね。便利で楽しい世の中になったものです。 

で、スピードアップなんてしていない状態の風に揺らめく姿が確認出来ると思います。

今回権現堂公園での撮影はこんな感じの強風で行いました。

動きを止めたい、だからシャッタースピードを上げる必要があります。すると光が足りなくなります。
オールドレンズの場合ならF値を思いっきりあげればなんとかなりますが、標準レンズだと明るさが足りません。

だからISOを100-640くらいまでの範囲に上げて撮るようにする必要がありました。
風の日はカメラマン泣かせですよね〜。 

こんにちわ。

IMGP1389 08 WIDE ZOOM 1/800s F3.7 ISO640 20 mm WB:CTE


埼玉県幸手市にある権現堂公園に来ていますが、本体の「菜の花+桜」の方はさておき、個人的にはその反対側、調整池の向こう岸にある小さな公園がとってもお気に入りだったりします。


08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 23 mm WB:CTE
ここは川向こうで、どちらかというと、あの「染めQ」で有名な染色会社の近くにある公園です。

とても落ち着く東屋、子供も大人もちょっと楽しめる遊具なんかもありますが、なんといっても、八重桜の色の濃さとソメイヨシノのグラデーションが楽しめる素敵なスポットです。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.2 ISO100 198 mm WB:CTE
色のバリエーションがあると面白いですよね。

そして、背景の川の青い色がまた素敵なんですよ。

IMGP1026 08 WIDE ZOOM 1/60s F5.0 ISO100 17 mm WB:CTE

川岸はこんな感じです。

川沿いを歩いても楽しいです。

IMGP1058 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.5 ISO100 203 mm WB:CTE

桜は菜の花とセットにしても良いですし、土手の緑でも奇麗ですし、枝垂のドバーっていうのも楽しいし、川向こうの桜を見ても良いし、桜の向こうに川を置いても素敵です。

昔の人が桜をどんどんと植えていった気持ちがわかります。4月のこの時期だけのためですが、見応えがありますもんね。

それにしても今回のスポットは川があるせいか、今回の桜スポットは風が強いです。

写真ではわかりにくいのが残念。

 

こんにちわ

埼玉県幸手にあります、権現堂公園に行ってきました。今日は、そのメインとなる場所の記録です。 ここはちょいと検索すれば必ず出てくる「菜の花」と「桜」が同時に楽しめる花見の名所です。

IMGP0836 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/3200s F4 ISO500 161 mm WB:CTE

桜の花びらと菜の花の黄色のコントラストがあるだけでなく・・・

IMGP0984 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO100 27 mm WB:CTE

どうです、この青空、気持ちよすぎです。

IMGP0888 08 WIDE ZOOM 1/4000s F4.0 ISO640 25 mm WB:CTE リバーサルフィルム+PL/FLT

思わず魚眼でも撮ってみました。

IMGP0804 03 FISH-EYE 1/1250s F5.6 ISO320 17 mm WB:CTE

まぁ、普通に撮った方が奇麗ですが、余興です(笑)

IMGP0894 08 WIDE ZOOM 1/1250s F4.0 ISO640 26 mm WB:CTE リバーサルフィルム+PL/FLT

どこを撮っても一面の菜の花と桜がセットになってくる場所で、裏側の土手ですら菜の花があったりして、緑と組み合わせるなら「裏」、小道なら「土手の上」、一面の菜の花なら「川沿い」、川とセットなら「向こう岸から」、と素晴らしい景色を場所場所によって変化をだしながら撮れるところです。

IMGP0923 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.2 ISO100 200 mm WB:CTE

桜の背景には自然と黄色ばかりになっていきます(笑)
でも反対側の日陰に面する土手の方では、草木があって色の変化も楽しめますのでイイ場所です、ココ。

IMGP1000 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 204 mm WB:CTE

さすが花の名所なだけあって、人の数が凄いです。

IMGP1020 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.5 ISO100 202 mm WB:CTE

カメラマンがものすごく多い・・・というか、朝早くから来る人たちの9割はカメラ持参組ですね・・・。朝の8時ごろでコレでしたからね・・・。

みんなパワーあって凄いなぁ(笑)


#少し離れて全景を撮るとこんな感じです。
08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 26 mm WB:CTE

ところで、今日の写真、そのほとんどが「高速シャッター&ISO高め」なものが多いことにお気づきでしょうか。
そう、実は、もの凄い強風だったんです。だから絵を止める必要がありました。そのため、1枚目の菜の花の形も若干不自然で強風に煽られて変形しています。

・・・残念ながら、写真では「風の強さ」はナカナカ残しにくいのが現状です。

もちろん、大きな花びらや布などを使えば表現出来ますが、やはりそういうのは「動くもの」でなければ訴求力が足りないと感じます。

こういうところにスナップ写真の限界と工夫が必要になってきますよね。
まだまだ上手くいっているとは言えなく、本来はEVの調整も行ってアンダーぎみにならないように気をつけなければならないと思っています。

まぁ、あとから自動レベル補正かけるほうが楽ちんですけどね。 

こんにちわ

昨日に引き続き、というか、今月はおそらく桜を中心とした写真がしばらく続くと思われます。
なにせ、どこに行くにしても桜・・・八重のものも含めて咲いてますし、そういう時期ですからね・・・。

で、埼玉県のとある川沿いの公園に来ておりまして、その川と桜のバランスが気持ちいいところなのでその続きです。

IMGP0682 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/4000s F5.6 ISO100 161 mm WB:CTE

普通に川の対岸沿いにも咲いています。この公園、幸手にあります権現堂公園という結構有名なところだったりします。

今回は川向こうの駐車場に停めたため、すこし川沿いをウォーキングしながらのお出かけとなりました。

IMGP0773 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F4.0 ISO100 69 mm WB:CTE

だから昨日のようなネコちゃんがいたりするようなところにも出くわしたわけです。

IMGP0711 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/4000s F4 ISO100 161 mm WB:CTE

ここは、川+調整池のあるところです。結構この池が広い。
それに後日したいと思いますが、その関係なのか、もの凄く「風」が強く、カメラ撮り泣かせな場所でもあります。

IMGP0774 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO200 27 mm WB:CTE

調整池の橋部分はこんな感じです。

IMGP0776 08 WIDE ZOOM 1/200s F5.0 ISO100 27 mm WB:ShadeX-Process

IMGP0708 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/4000s F4 ISO100 161 mm WB:CTE

土手に出てしまえば桜の間を歩くような小道にもなります。

ここ、実は前にも水仙を撮りにきた場所だったりします。
その水仙がある側の駐車場から来た場合には、この小道に先に出くわします。反対側から来るとさっきの池の方から来る形になります。


08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 19 mm AWB 極彩

ここでも素晴らしい桜。おそらくこの日が満開でギリギリだったかもしれません。

こんにちわ

今月は割と雨が少ない関東の空模様、そして天気が良い日が続いているため、例年になく「桜」を観に行っています。

今日はある埼玉県の土手沿いの桜を見ている景色のお話をと思ったのですがそれは後日に廻すとしてなんだか逃げない猫に遭遇したのでその写真でも載せたいと思います。

aIMGP0754 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F4.0 ISO100 206 mm WB:CTE 雅

この猫、逃げない理由は後に分かりましたが、実はもう少し土手を歩いた先の東屋辺りで誰かに餌付けされていた家族の一員だったようです。そっくりな猫・2匹が毛布と餌と共に佇んでおりました。おそらく兄弟でしょう。

bIMGP0752 06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F4.0 ISO100 183 mm WB:CTE 雅

そりゃぁ、もう、もの凄く餌付けされているようでして、なんというか、逃げるどころか・・・むしろネコの方から私に少し近寄ってきましたからね、ビックリです。

cIMGP0742 01 STANDARD PRIME 1/800s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 雅

でも、まぁ、それなりに野良なんでしょうか、警戒した目つきが定着しています。
飼い猫とは根本的にそういうところが違いますよね。

dIMGP0747 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 雅

まぁ、それでも06番の範囲内や01番の範囲内でこれだけ近くで撮れたのは初めて。もしかしたら自分で飼わないし餌付けもしない私にとっては最初で最後の距離感かもしれません。

eIMGP0755 06 TELEPHOTO ZOOM 1/1250s F4.0 ISO100 161 mm WB:CTE 雅

桜の花びらを見つめるように、目の前で毛繕いまでする始末。あぁ。

近くを通り過ぎた他のカメラマンさんもパシャパシャと撮っています。
ですので、ある程度撮れたから、もうあまり構わずその場をお譲りしておきました。

個人的には野良を世話するのはNGだと考えています。

IMGP0766
#東屋で餌付けされ、住処(箱)まで与えられている猫(B)
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO320 204 mm WB:CTE 雅

IMGP0767
#近くにいた違うネコ(C)
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 204 mm WB:CTE 雅

だから毛布みたいな寝床をお年寄りなどが休む休憩場所に「住処を与える」ように置き、さらにカリカリみたいなものをあげていく人達には遺憾を覚えます。

IMGP0768#東屋にいたネコ(B) 住処にいた子に近づいたら上記の草むらに逃げました
06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO320 203 mm WB:CTE 雅

命尊しとは感じますが、人様の家に忍び込んだり、そこでの排泄、病気などの面倒も見れないくせに「可愛がると言う美味しいところ」だけを提供し楽しんでる人達は嫌いです。野良を定期的に可愛がるというのはそう言うズルさを持ちます。

住民が面倒を見てるケースも稀にありますが、こうして同じ顔のような猫が3匹もいて放置されているということは増えないように対処している地域猫ではないとも感じます。だから、美味しい処だけゲーム感覚で遊んでる人達の結果だとも思えてなりません。


うーん、やっぱり嫌ですね。こういう感じ。
自分ではペットの面倒ができないないタイプでして、だから人の事を言える立場ではないのかもしれませんが、野良を世話した人はココが休憩場所で、その場所が浮浪者が居座るよりもはるかに汚く人が落ち着く場所からかけ離れてる有様になっている事に気がついていないのでしょうか。

私自身は動物を撮影する場所のそのほとんどが「誰かによって世話がされている場所」で見受けられる動物が中心での撮影です。

まぁ、今まで数回野良の猫を撮ってみましたが、それは見かけた猫をかなり離れるところからストーカーのように狙っただけでした。でも、それは餌だけを与えている人達と同じ快楽だけ追った結果なのかもしれません。

少なくても今の自分では面倒が見切れないので猫などを飼える人間ではありませんから、どうしてもそう感じてしまいます。

今回こういうのを見てしまったので「見かけたものを撮る」というスタンスはもしかしたら変わらないかもしれませんが、基本野良猫に近寄ってまで撮るのはもう辞めようかなと思っています。

だからこそ、今回このQ7でこれだけの至近距離で「猫」を撮れるのは結構貴重で、有り難いことなのかもしれません。誰かが餌付けしてくれていたお陰でこういう記録がとれるのですから。

でも、今後はどうでしょうかね・・・。自分自身に憤りを感じます

まぁ、そういうのを置いておいて、撮れた写真をあらためて見てみると、その毛並みとか、表情とか、顔の傷とか、うん、細かいところまでQ7って結構奇麗に撮れるもんですね。
素直に感激です。

こんにちわ

家の近所である埼玉県さいたま市岩槻区の城址公園に桜を撮りに行った続きのお話です。

IMGP0615
06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F3.5 ISO100 202 mm WB:ShadeX-Process  

さくらは色が微妙だし、風が吹けばすぐに揺れちゃうしで、意外に撮るのが難しいですよね。
普通に撮るよりクロスプロセスで記録した方がよっぽど「味」が出やすいというか。

うん、逃げではありますけどね(笑)

IMGP0577
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F8 ISO640 161 mm WB:CTE

今回、オールドレンズであります、Flektogon(れふくとごん)を持ち出したのは、そんな淡い奴をなんとか見ているイメージに近い形で残せないかと思った気持ちがあります。


IMGP0541
03 FISH-EYE 1/500s F5.6 ISO1600 17 mm WB:CTE

TOYLENSシリーズのもので空を多めに撮ってしまうと、曇りの朝の空なのにも関わらず、紫の滲みが出てしまいます。
でも、まぁ、その滲みですら、CTEモードにしてしまうとなんというか、味のあるイメージになってくれてごまかせるから不思議です。


08 WIDE ZOOM 1/100s F3.7 ISO200 22 mm WB:CTE

そうそう、このこの城址公園にある桜は、まぁ、もともと武家の時代から続くからなのでしょうか、もの凄く、というかとても大きな高さ・スケール感のある桜がたくさん存在しています。
上の方を見上げるものばかり。

けっこう感動ものです。ここまで高い位置から包まれる感じはなかなかありません。

IMGP0627
06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F5.0 ISO100 199 mm WB:CTE

そして、空を見上げるようにしていると、その枝や樹々の合間に飛び交う鳥さんも沢山いることがわかります。

うーん、今回は長いレンズを持ってこなかったので、かろうじて撮れたのはシルエットでだけでした。
というか、まぁ、そもそもマニュアルで飛んでいる鳥を撮るなんて・・・無理ですよ(笑)


IMGP0565
08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1000 23 mm WB:CTE  

埼玉県岩槻にある「お囃子公園」とも呼ばれる、この城址公園は桜を見るポイントとして結構いい場所だと思います。

まぁ、結婚するまでは住んだことの無かった この さいたま市ですが、梅といい、桜といい、モミジやイチョウもそうですが、古きよさを感じられる樹々が結構沢山あって、そういう意味でQ7で見られるスポットが多くて嬉しい限りです。

こんにちわ

そろそろ梅も終わり、桜が咲く頃ですよね。
と言うことで、先ずは近所のお囃子公園に桜を求めてお散歩して来ました。

IMGP0503
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F8 ISO1600 161 mm WB:CTE

七分くらい咲いてる感じでしたね。

今回、この淡い感じのお花である桜を撮るのは メインとしてCarl Zeiss Jena Flektogon35mmを持ち出しました。

IMGP0506
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/80s F2.4 ISO1600 161 mm WB:CTE

主にテーブルフォト中心に使っていましたが、外の使い方としては、時々2線ボケが出てしまうので 色々絞りを変えて合わせていかなければなりません。
でも、こんな雨上がりの水滴が付いたような桜を撮るにはぴったりなレンズだと思って持ち出しました。

いいレンズですよね、これ。

IMGP0585
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/640s F4 ISO200 161 mm WB:CTE
#2線ボケ風な失敗例

外だとバンバン撮っている最中にメモ取るのが面倒なため、あまり持ち出したくなかったんですが、まあ、こういう曇りの朝で撮るのはやっぱりCarl Zeiss Jena FlektogonでCTEかなあ、と思いまして(笑)

IMGP0558
06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO640 117 mm WB:CTE

というか、ほのかでない桜を撮っても、ほのかな色合いの桜になっちまったですね。
IMGP0520
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO640 151 mm AWB

まぁ、エイプリルな初日と言うことで(笑)

こんにちわ。3月は、大阪のアベのハルカスのオープンにも駆け込んでました。

IMGP8622
08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm WB:CTE

阿部のエリアも面白くなってきましたね。
この大きなビル、これからどう発展して行くのでしょうかね?楽しみです。

IMGP8635
08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 17 mm WB:CTE

難波エリアから、新世界エリアまでの流れができてますます大阪が楽しくなってくれると嬉しいです。

IMGP8802
01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO320 39 mm WB:ShadeX-Process




そして、大阪ではない『いばらきーな、茨城県』にも足を運び、水戸の偕楽園の梅酒祭りも堪能して来ました。いろんな梅酒が見れ、かつ、梅も堪能できる贅沢なひと時でした。

IMGP9358
02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO100 36 mm AWB

梅はツボミ状態が可愛いので大好きです。咲きかけが特に気持ちいい。

IMGP8905
06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO100 119 mm WB:CTE

湖面への反射とかも見ていて気持ちいいですよね。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO100 207 mm WB:CTE

谷根千や大阪の商店街もイイですが、広々としている処もイイです。Q7を持ってあちこち行くのは楽しい!

IMGP8881
PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/800s F5.6 ISO100 354 mm WB:CTE

こんにちわ。

もうすぐ 3月も終わりじゃないですか。

ちょっと梅の花を見たくなったし恋しくなったので、やねせんの話を後回しにし、もう一度「梅」の写真にしていきたいと思います。

というか、梅ってなんというか似たような写真になってしまうことが多いですから、せっかくQ7があるんだし色々変化させて撮ってみたらどうかな?ということで少し撮り方を変えてみます。


#逆光ショット
PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/160s F8 ISO200 354 mm WB: CTE


IMGP8917
#基本的なボケの奥行き感
PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/800s F4 ISO100 354 mm AWB
うん、やっぱりこのレンズは自分的にはお気に入りな写真が確実に撮れる感じがしますね。K3とか本格的なカメラを使ってみたいと思う動機に十分な説得力があります。

IMGP8918
#クロスプロセス効果で色褪せて
PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/1000s F4 ISO100 354 mm WB:ShadeX-Process
でも、まあ、要らないんです。重くて持ち歩けないから(笑)

IMGP8969
#奥まで魅せて(魚眼)
03 FISH-EYE 1/500s F5.6 ISO200 17 mm WB: CTE
また、魚眼も少しチープではあるものの気軽に楽しめるのもQ7の良いところですしね。03番も軽いから持って行きやすいです。

IMGP8982
 #記憶の奥底、クロスプロセスと奥行き感
06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 205 mm WB:ShadeX-Process
  IMGP8903 #逆光2(花と重ねて)
08 WIDE ZOOM 1/800s F5.0 ISO200 23 mm WB: CTE

もう少し、レンズが色々あると楽しいのになあ、って思います。

また時間が取れたら魔改造をやりたいかな。

こんにちわ

もうすぐ春が来ている感じがしますよね。

IMGP8661 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/125s F4 ISO100 354 mm WB:CTE

梅が咲くと、もう他の花もつられて咲いてくるように感じます。実も黒かったですし。

IMGP7164 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.2 ISO100 39 mm AWB

ついこの間まではこんな紅葉が残るだけでも嬉しい状態の、どちらかというと茶色だけだったのが・・・

IMGP7156 01 STANDARD PRIME 1/100s F2.2 ISO100 39 mm AWB

もう、大きな兆しが見えてきています!

IMGP9731 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO320 39 mm AWB

IMGP9715 01 STANDARD PRIME 1/200s F3.2 ISO100 39 mm AWB

そうですよね、もうすぐ4月ですもんね!

桜も近づいてきていますよね。

お散歩するには、まだ花粉が多くてキツいかもしれませんかね?

こんにちわ

今日もハードモノクロームのお話になります。

ハードモノクロームはダイヤル登録することで一瞬で「世界」を作れてしまう恐ろしい魔力をもっていることを何度かお話ししておりますが、その中でも「中央」「暗め」に撮ったときが一番世界観を写してくれているような気がしてなりません。

IMGP7958 08 WIDE ZOOM 1/4s F3.7 ISO800 19 mm AWB


なんというか、舞台で暗転した直後にスポットライトをあてられたような、そんな写真が撮れるとハっとしてしまいそうになります。
動いていないのに、お芝居で動いていたんじゃないかと錯覚するような形相も撮れますし・・・

IMGP7671 02 STANDARD ZOOM 1/30s F3.5 ISO640 43 mm AWB
 
階段の途中にあるシャンデリアも「不思議な空中物」になります。
 
そして、単純な花にもドラマが生まれるかもしれません。

IMGP9496 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F4.0 ISO100 191 mm AWB

どこで咲いていたんだろう?
どんな花だったんだろう?

これを持っていた人は誰だったんだろう?

IMGP9488 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO100 155 mm AWB


そんなことを想像しながら見る写真は「流せばふ〜ん」って気軽に流せちゃうものですが、色々な想像がでいると楽しいです。

IMGP4592 08 WIDE ZOOM 1/2500s F5.6 ISO200 17 mm AWB

逆光に向けても面白いですよね。

この景色はどこの高台で撮った奴だったのだろう?

今はまだ覚えています。

数年後、見返した時に思い出せるでしょうか。そんな瞬間をたくさんモノクロで残しておけば、なんてコトの無い思い出も良き日の思い出として微笑ましい日々の懐かしさを呼んでくれるかもしれません。

モノクロは後々に振り返るために必要なキーワードを連想させる魔力を持っていると思っています。
 

こんにちわ

偕楽園のある水戸には、車を置いて色々歩きました。

IMGP9416 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO200 69 mm AWB ハードモノクローム


駅にある水戸黄門の銅像とかはポピュラーですから割愛して、少し歩いたところにある弘道館付近も素敵な場所です。

IMGP8981 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.2 ISO100 135 mm WB:CTE


その近くには少し変わった像があちこちにあったりします。

IMGP9392 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO100 23 mm AWB
 
でも、時々目つきの悪い奴がいたりして・・・・

コイツ、どんな本を読んでいるのかな?っと思って接写してみると・・・

IMGP9393 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100 25 mm AWB


白紙じゃん(笑)

こいつはフリだけして近くの梅でも見ていたんでしょうかねぇ・・・・。

IMGP8902 06 TELEPHOTO ZOOM 1/320s F2.8 ISO100 126 mm WB:CTE
 

この間から梅を偕楽園に観に行った話を続けていますが・・・

IMGP9290 02 STANDARD ZOOM 1/640s F3.2 ISO100 37 mm AWB


この日は梅酒大会があった日でした。

IMGP9040 02 STANDARD ZOOM 1/15s F3.5 ISO200 40 mm WB:Flash


1位の 黄門賞は「百年梅酒プレミアム」のようでした。
まぁ百年梅酒は有名だから、しかたないのかなぁ?

個人的には、第3位の格さん賞に入選した奈良県の「どろっと梅酒(株)北岡本店」は美味しくて自分も投票した奴でした。結構嬉しい。

他にも美味しい梅酒が沢山あり、当日は180種類くらい試飲出来ました。

あ、結構遅くの終了1時間くらい前のインでしたが・・・。

IMGP9053 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm WB:ShadeX-Process


今回は「ファストパス」で行きましたので並ばず突入出来ました(笑)
遠くからの参加ですから、結構こういうのって重要ですわー。

梅の楽しみ方は、見るだけじゃなくてこういうのも面白いです。入選した「ゆず」タイプや「いちご」タイプは個人的には梅の香りとかが消えちゃうので美味しいけど自分的に論外かなーと思っていたのですが、意外にそうでもないんですね。不思議。

IMGP9051 02 STANDARD ZOOM 1/50s F4.5 ISO200 69 mm WB:ShadeX-Process


まぁ、また来年も行きたいなぁ・・・。

 ちなみに、梅酒大会2014の結果詳細はコチラ 

 

こんにちわ

梅っていうのは体の近くで咲いているし、大樹もあれば植木レベルまであって色々身近に感じられる花です。

IMGP8915 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/640s F2 ISO100 354 mm WB:CTE


香りも良いですし、実は食べたり飲み物への応用が出来たりと日本人で良かったと思えるしでとても良いですよね。

これから春がくるんだな、っていうイメージもあってか、見ているととても和みます。

IMGP9001 02 STANDARD ZOOM 1/125s F6.3 ISO200 64 mm WB:Flash


Q7で梅を撮る際、一番気にすることはレンズを何にするか、です。

これで梅をどう撮れるかが8割決まってしまいます。
残念ながら、魚眼は向いていないような気がします。四方八方に咲き乱れるため、広がり感はただ歪んでしまうだけですし、花弁などをアップにしたくても小さすぎてデフォルメできません。

色々試した結果、01か06がバランス良さそうです。
満開に近くまわりにも多めに咲いているシーンなら02や08も活きてきます。。ツボミが多い段階ではただの点になってしまって奇麗な感じがしないので広角のものは場所を選びます。

IMGP9213 01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO200 39 mm WB:Flash

そして、残念ながら、一番奇麗に撮れそうなのはKQアダプタを使ってKマウントのマニュアルレンズを使う方が梅らしい可憐さが残る絵になってしまいます。
 
このことから、景色に向いているPENTAXのカメラの一端だとしても、Q7では切り取るような写真を撮るのが今の時点では苦手なのかもしれないと思えてきます。

06番が一番有力候補なのですが、前からも話している通り若干『届かない』んですよね。
おそらく350mm付近に届くレンズが無いとダメなんじゃないかと思います。

まぁ、自分は180cm程度の人間だから尚のこと思うのかもしれませんし、やはり背景が奇麗にボケてくれることが重要な要素だからかも知れません。梅の場合、背景は似たような色の枝だったり、似た色の花があったりするわけですから、やっぱり奥行き感が出るかでないかで良い写真になれるかどうかが決まってしまう気がするからです。

IMGP8894 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/3200s F2 ISO200 354 mm WB:CTE
 
だから、FA77mmが持つQ7で350mm付近となる距離感が一番好きだったりします。

人物を撮ったりするのには拡大し過ぎちゃってて使い物にならないんですけど、花を撮るのに非常にちょうど良いんですよね。

こういうレンズがQマウントにも欲しいなぁ。

こんにちわ。

この時期は大好きな梅ということで、似たような写真が続くかもしれません。

で、今は偕楽園の続きとなります。

IMGP9183 01 STANDARD PRIME 1/100s F2.2 ISO200 39 mm WB:Flash

梅というのは紅もあり白もあり、中間のピンクもあれば、赤の濃い紅もあり、緑がかった白もあります。 同じようで色々違います。
紅白の名前の付け方は大抵枝を割ったときの色。

また、枝も良く見ると赤いものだったりと色々を奥が深いです。

そして、Q7で実は意外にも満開に合うレンズは01番じゃないかとも思います。
あまりボケない、でもBCモードとも相性が良いし、そこそこボケてもくれる。近距離の花をキッチリ映し出しつつ残りは良い意味でいい加減な感じで絵にしてくれる。

曇りも夜でも使えるし、個人的には08>01>06>03>02ってな感じで3本選ぶなら必ず持って行きたいレンズでもあったりします。

IMGP9086 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/160s F4 ISO200 354 mm WB:ShadeX-Process

同じように白と赤を混ぜてとっても、Q7の場合ではエフェクトをクロスプロセスとか使って撮ると、また味のある色の絵になって楽しいですよね。

IMGP9087 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/100s F4 ISO200 354 mm WB:Flash

それから、白い奴に限っては、モノクロにしても美しさが出ます。こういう時にも01番が結構力を発揮してくれます。明るいレンズっていうのはそれだけで武器です。

IMGP9198 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.5 ISO200 39 mm WB:Flash

そうなると、青空を意識して青抽出しても奇麗になったりします。

IMGP8978 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.5 ISO100 183 mm WB:Color Temperature Enhancement (CTE)

今年の梅は今までで一番奇麗な絵になったかもしれません。
スマフォとかではやっぱり梅の良さが上手く撮れないんですよね。その点、Q7には CTE という強い見方があります。青空を青すぎずに花を良い印象に持って行ってくれる。まぁ青抽出じゃちょっと判りにくいんですけど、微妙な色合いが PENTAX のカメラは得意というか、なんというか絵作りが巧いんですよね。

また、同じ梅でもPhotoShopを使わずに色々と変化に飛んだイメージで撮れるっていうのも面白いです。

Q7を手にしたら当たり前になっちゃましたが、簡単に色々な絵の雰囲気を作れて撮れるっていうようなこんな色変化は、昔は結構めんどくさかったんですよね・・・。
あ、でも、もうすこしエフェクトを登録出来るダイヤル欲しいですよね(笑)

こんにちわ。

梅を撮りに行ってきたお話をしばらく続けたいと思います。


PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/100s F8 ISO400 354 mm WB:CTE

今回の場所は水戸、偕楽園です。

偕楽園はなんというか、陰から陽に向かって通じて行くのが正式なルートとかいうらしいので今回は好文亭の表門から入りました。


PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/20s F8 ISO640 354 mm WB:CTE

まぁ、びっくり。梅どころではなく、竹林が広がっているではないですか。


08 WIDE ZOOM 1/8s F3.7 ISO640 21 mm WB:CTE

それにしても京都なんかにも負けないくらい奇麗な竹林です。


08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO640 21 mm WB:CTE

そうこうしているうちに梅の咲いている場所へ着いたので、早速ですが、今回はQマウントレンズからでは無くQ7にはバズーカ近い大きなサイズとなるFA77mm Limitedレンズから使ってみました。

非常に明るいレンズでマニュアルでの操作も小気味よいヤツです。
これは本当にQ7の写りなんだろうか?と錯覚するくらい奇麗な撮れ方をしてくれます。
センサーの良さを実感出来るレンズです。

IMGP8907 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/640s F2 ISO200 354 mm WB:CTE


今回はCTEで、しかもリバーサルフィルムモードにしたままどんどんと撮って行くことにしました。

IMGP8919 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/800s F2 ISO100 354 mm WB:CTE

F値についてはうろ覚えなのできっとコレくらいだったはず、と思って書いています。距離感もあったため、F5.6-F2の間の数値は結構間違ってるかもしれません。

まぁ、その辺はご愛嬌ってことで・・・(笑)

こんにちわ。

時期はもの凄く早いのですが、イオン幕張の中には、な、なんと桜が咲いております。


01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm AWB

もの凄いです。既に少し散り始め、緑が出始めています。
大木を持ち込んだわけではなく、簡単に言うと大きな生け花のような仕組みのようです。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/20s F2.8 ISO800 69 mm WB:Color Temperature Enhancement

根元の壁にはハート形のシールにサインペンなどで「願い事」を記載して貼るイベント参加形式のものになっているようでした。

IMGP8525 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800 206 mm WB:Color Temperature Enhancement

うーん、実はこれから梅をたっぷり記録しにいこうかと画策していたのですが、先に桜を撮ることになるとは。季節感が・・・(笑)

IMGP8509 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 203 mm WB:Tungsten

でも、まぁ、奇麗なものを見れるって言うのは嬉しいものです。

IMGP8530 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800 69 mm WB:Color Temperature Enhancement

幕張はとても人工的な感じのする街ですけど、こういうのがあるとホっとします。

人間ってすごいなあ・・・。


こんにちわ。
この時期に食べたくなるもの、ハマグリとかもいいんですが、やっぱり大好きなイチゴ。
農家さんが割と近くに居るのでぶらり寄ってしまったりします。

IMGP8464 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO400 205 mm AWB
#モスシェイクに載せてみた

イチゴって、ホント、素敵な意匠ですよね。
見ていて惚れ惚れします。

IMGP8456 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 204 mm AWB

IMGP8458 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO500 205 mm AWB

花も身も可愛い。ああそういえばイチゴの食べる部分はミではないんデシタッケ?

IMGP8460 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 200 mm AWB

農家さんに朝イチに行くと美味しいのを丁寧に詰めてくれます。こんな時幸せですわ。 IMGP8461 06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F2.8 ISO800 198 mm AWB

埼玉のイチゴは、あきひめ、やよいひめ、ってのが主流です。とち乙女と比べアッサリな味。 好みは分かれるけど、これはこれで美味しいですよね。

このページのトップヘ