標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

タグ:01

こんにちわ

もう12月に入り、さすがに紅葉も終わりかな?って思ってたけど、意外に地元、車で40分のところにギリギリ見頃な場所、平林寺というところがありましたので、そこに行ってきました。

Q7_P2592
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F8.0 ISO1600 1/30s 39 mm AWB ポスタリゼーション

とはいえ、境内のやつは結構枯れていて、周りの竹林とその付近の林が紅い感じを残している感じでギリギリって感じの場所です。そこを最近のお気に入りエフェクト「ポスタリゼーション」とかしてみました(笑)

Q7_P2579
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F8.0 ISO1600 1/100s 69 mm WB:Manual

ココには、実はK−S1側でとある1つのレンズを試してみたかったのでフラっと行ってきたってのがあるのですヨ。

Q7_P2572
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/160s 123 mm AWB

PENTAX Q7/Q-S1には、望遠側の200mmにF2.8通しの06 STANDARD ZOOM、広角側には解像する08 WIDE ZOOMがあるので、写真の解像度サイズ的には若干貧弱ですが、レンズ的には両側に良いものを持っていますので、どうしてなかなか、K−S1がなくても狙いはわりとこなせるんですよね。

しかしながら、標準距離域はK-S1に任せています。
中央の換算30mm-100mmくらいのところの01か02付近がチョい物足りないのがQです。
(まぁ06を超える200-400mmクラスのAF対応レンズも欲しいんですけど・・・)

また、01 STANDARD PRIMEも良いヨっていう人も結構多いと思うのですが、ワタクシ的には結構至近距離で地べた這った写真とか、マクロっぽいのとか、ポートレイト(blogには滅多にあげませんが)とか撮りたい奴なので、Qの01番だとあんまりボケを自由にできないので好きになれないというか。

FA77mm Limited のような、ハっとする感じが撮れないので、Qの標準域ではラーメン食べるときの簡単な記録用とかばっかり。
室内で撮影したいとき、Q7しか持ってきてない時に01番を「仕方なくつける」ことが多い。
まぁ、それはそれで重宝するんだけど素のままで「絵」にするのはあんまり使わなかったり。使うときは何かしらのエフェクト込か、魔改造アタッチして超接近マクロとして使ったりって感じになっています。

Q7_P2605
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO1600 1/60s 128 mm AWB

02なんか、汚い絵になること多くて、素の写真としてはほとんど使ってませんよ。モノクロばっかり。
あれ、ダメレンズだよねえ、ほんと。初代QやQ10までなら十分なのかもしれないけど。Q7やQ−S1で普通に撮るのには許せる度合いが今の時代のクオリティに合っていない。

本当は、こういった、室内物とかも結構好きでして情緒的に撮りたいのですが、こういうのって、明るいF2.8クラスのレンズか、ISOを3200クラスにしてもノイズが乗りにくいようなセットを用意しないと綺麗に撮れないんですよね。
だから、ちょいQには苦手。まぁ、iPhone6Plusで事足りるようになってきたから、それはそれは代用があるんですけどね。

〜ということで、Qをずっと使っていくのに一番欲しいのは、16-100mmくらいF2.8付近の明る〜いレンズです。

まぁ、その辺無理に考えずに、K-S1にソレを期待しているんですけど、実際に買ってみると、PENTAXにはどうにも「これ」っていう使い回しの良いベストな標準ズームレンズが見当たらない。

F2.8通しかF2.8-4ぐらいで16-100mmくらいまであれば理想なんですけど、さすがにキビシイようで・・・。最近ではDA16-85mmなんか、良さげなんだけど、まだ手を出す段階ではない気がする。もう少しサンプルとかみたい。なんか、暗そうだし。

一番はDA★16-50mmくらいが良いんだけど、アレ重いし50mmで短い。今使っているSIGMA17-50mmも結構良いんだけど、コレも短い。

本当は、Qの02 STANDARD ZOOMの領域がそのままグレードアップするようなものが欲しい。
そうすれば、本当にQでいいや、ってなる。


Q7_P2545
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO640 1/60s 39 mm AWB

まぁ、その辺はそのうち何か最適解が見つかるでしょう。Qになるのか、Kになるのか、それともαにマウント移行するか。

・・・さて、Q7で標準域は、02が嫌いなのでどうしても01頼り。
ただし、blog用の写真となると、意匠的な観点もあるので、もっぱらこういったキャラのアップです(笑)

Q7_P2623
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO250 1/100s 83 mm AWB

運がいいことに、今住んでいる埼玉は「ゆるキャラ」好きなようで、月に一度くらいは何処かでイベントしてる(笑)
・・・でもって、今回のスターは、新座市というよりは清瀬市のゆるキャラ、「にんにんくん」です。

いやはや、雑木林からくる新座の「ゾウキリン」っていうのもツッコミたい気分満載の名称ですけど、こっちの「にんにんくん」は公募から決まったようで、筋金入です。いやはや。

あ、頭に葉っぱがついているのに、切れて撮ってしまった(笑)
そうそう、葉っぱといえば、今回の紅葉で使った本気写真の話は、次の週末にでも。
そのうちにK−S1側でやりすかね。

こんにちわ

気がつくとむっちゃ寒くなってきたりしていますよね。
もう12月に入ったわけで、さすがに冬へ突入した感じです。

もう葉っぱも落ちたり枯れたりしてて、紅葉っていう感じでもなくなってしまいました。

Qって、カバンに入れとけば思い立った時に使えるから便利ですよね。
でも、さすがに入れっぱなしで1週間くらい使わなかったら電池きれて時刻リセットされてました(笑)
前に使ったまま充電してなかったのも痛かったなー・・・。

まぁ、さすがにクイックダイヤルの設定は忘れていないので時刻くらいかな?
ホワイトバランスのカスタム1〜3も忘れてないので安心しました。

さて、本日のショット・・・


IMGP0068

PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO1600 1.3s 39 mm AWB

手で持って撮影したのでチョットぶれています。
まぁ、でも、そんなことは気にしない!

柿も葉が落ちて実だけの時期になってきていますよね。
なんというか、味的には他のフルーツには負けていると思うのですが、実のつきっぷりといい、最後まで諦めずにアピールする姿は素晴らしいと思っています。

自然はすごいですよね
 

こんにちわ

ここのところ、体調を崩したり、普段の生活でも時間がとりにくくなってて「書く」時間が取り難くなってきています。
そう思うと、よく去年はこんなペースの中でも続けていたなぁ、と自分でも感心してしまいます。

さて、K-S1のblog側でも書いていたんですが、この間は栃木県の山奥、那須の烏山にある国見峠っていうところに行ってきました。

Q7_P0009
PENTAX Q7 08 WIDEZOOM: F3.2 1/400s ISO200 AWB

国見峠って、実は日本各地にあるんですね、北海道から宮城、秋田、岐阜、三重、熊本、宮崎。
さっきWikiみてはじめて知りました(笑)

で、この辺は栃木のこの辺りに住んでいる人なら大抵は知っている、国見のみかん園の辺り。
というか同じ道を行き、最後のところで左にあるビジターセンターの辺りから見る景色です。

また、そこから近いところに見晴台みたいな、小高い丘というか山がありまして、そこ歩いて2~3分で展望台の場所まで行くことが出来ます。
Q7_P9992
PENTAX Q7 01 STANDARD PRIME: F1.9 1/50s ISO200 :ポスタリゼーション

ここは、今頃の時期から冬の間、「雲海」が見られるスポットとして、栃木側と群馬側で結構有名らしい。

朝の日が昇るかどうかの時間から、8時ぐらいまでのあったかくなる前の時間にしかみられません。
山道結構険しいので、慣れていない人は慎重に行くべきところです。まだ凍っていませんからあわてなければ普通にいける舗装道路でビジターセンターまで行くことが出来、そこに車を停めてすぐ見る場所があります。
Q7_P9988
PENTAX Q7 01 STANDARD PRIME: F1.9 1/125s ISO200

川と大気の温度差で生まれる「霧」形式の雲海なので、山登りをして頂上付近から見られる雲海とは違うのですが、これはこれで気持ちがよく、なにせ、ここには車でサクっと来られるところ、この手軽さに魅力があります。

今回は、親の家(自分はココで暮らしたことが無いので実家とは言えない)に一泊してから行っています。
ここで、K-S1のblog側でも出した猫とも逢いました。
Q7_P0034
PENTAX Q7 06 TELEPHOTO ZOOM: F2.5 1/400s ISO320

今年の秋は、思ったよりお出かけが出来てなくて、Q7の出番が減っています。
でも、K-S1買ったいまでも、手軽お気軽なのはQで、コレでいいな、って思えているのでメインはこちらです。

今年は後何回お出かけが出来るかどうか、ってところですが、文章は少なくてもいいので、また出来るだけ書いていけたらな、って思っています。

そして、また、カウンターが0000を超えました。4週目くらいになったのかな、1年半くらいで。

こんにちわ


既に葉の色が黄色を越えてきた時期、肌寒くなってきましたね。

こんな時期、おでかけしたいなぁ、と思っていたので、連休には雨にもかかわらず山のほうへ、前回よりも更に山の奥へと行ってきました。

場所は、奥只見、苗場、新潟って感じです。

Q7_P9785
Q7: 08 WIDE ZOOM F5.0 ISO200 1/125s 27 mm AWB 青抽出
#苗場プリンスホテル

そして、更には今回からスーパーなQの使い手として、2台同時運用を中心とした動きになっています。

Q-DOUBLE

Q7とQ-S1の2つを同時に使っていく運用です。
嫁さんが首に下げているときは、上のような感じです。

実は・・・K-S1を購入して特に感じてしまったのは、(コッソリな声ですが)K-S1よりQの方が楽しいってことです(笑)
このQの楽しさは、Kマウントなカメラでは未だ実現できない楽しみがたくさんあります。

確かに、撮れる絵としてのクオリティはKマウントレンズの方が上です。

Q7_P9788
Q7: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO200 1/50s 18 mm AWB ハードモノクローム
#ドラゴンドラ

しかしながら、Qには・・・例え2つ持っても無茶苦茶軽いという軽快さ、撮る瞬間にイメージを考えて絵を作る楽しみ、あちこちスナップして「要らないものを後から消す」という真逆の考え方でもファイル容量が負担にならない(Kなら10MB/枚、Qなら1.5MB)という利点。

この利点は大きいです。もちろん、無茶苦茶綺麗に残せるほうが良いに決まっています。
でも、そこは割り切りで考える発想を変えていくことが、実は旅行では一番大切なことなのかな?って思うわけです。

Q7_P9842
Q7: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO100 1/80s 21 mm AWB
作品的な写真で思い出の旅行を大切に残すスタイルにしたいのか、遊んでいる旅行を更にその時の瞬間の「勘」でプラスαして面白かった思い出の旅行として後からでも楽しめるものにするのか、その考え方の違いがQとKの間にはありそうです。

正直、まんまQと同じ運用が出来るKがあれば、それが一番楽しいかも。


Q7_P9861
Q7: 08 WIDE ZOOM F4.0 ISO200 1/80s 27 mm WB:CTE

それには、Qにあるクイックダイヤル、常にライブビューなスタイル、軽量ってのが重要で、正直、K-S1はスタイルが違うと思いました。

K-S1はファインダーを覗いて撮るのが楽しくなるカメラ。

私が求めるのは「その瞬間にどう撮れるのかが解るカメラ」。ちっちゃな覗き窓では残念ながらちょっと違いました。
正直、クイックダイヤルがついたK-01とかSONYのα7sみたいなカメラが一番かもしれません。

IMGP1366aa+
Q-S1: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO160 1/200s 207 mm WB:CTE 黄色抽出

K-S1はホワイトバランスに色温度が設定できたりKマウントレンズの綺麗なボケとか作りやすいので、カメラの楽しさは上なんですけど、スナップの楽しさは無いかな、って感じです。

そして、Qの良さは、その瞬間の感じたものをすぐにアートとして残せる良さです。

それを2台(いや、もしかしたら3台でもいいかも・・・)持ちで、実は楽しさがアップしました。

コッチは自分で首にかけて撮ってもらったものです。

KS1P2230

片方に08番をセット、もう片方に06番をセットするのが一番お気に入りスタイル。

暗くなりかけた時には08を01に変えたり、たまに魚眼にしたり、魔改造レンズにしたりします。

この複数持ちのメリット、一番は「速射」性です。レンズをガチャガチャするまでもなく広角も望遠も撮れる。

IMGP1441
Q-S1: 08 WIDE ZOOM F3.7 ISO1600 1/10s 22 mm WB:CTE 黄色抽出
#長作の丼ぶり待ち時間


K-S1なら便利ズームを頼るところです。それでいいじゃないか、と思うのですが、Qの2台持ちの場合はクイックダイヤルの4つ制限から解き放たれるという「重要な要素」が絡んできます。

Q7で青色抽出、Q-S1で黄色抽出を切り替えるってこともできますし、片方は「ハードモノクローム」、もう一方で「あでみやび」ってこともできます。
片方で「日陰」のホワイトバランス、もう一方で「CTE」なんてのもできます。

どっちで撮ったほうが今の場所で良かったか、というのを後から「消すだけ」で良いんです。
後からPhotoShopなんかを使って弄くるのも楽しいですけど、昔はそういう時間がありましたが、今はなかなか取りにくくなっているので、やっぱり撮って消すだけ、といった方が楽ちん。
撮った一枚一枚を編集加工しているのとは使える時間に差が出て大きいです。

しかも今回、2日間の旅行中、ほとんど雨の中でした。こういうときもサッと撮れるのは大きい。

IMGP1461
Q-S1: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/10s 81 mm WB:CTE

初日の午後に数時間、2日目の午前に3時間ほどだけが晴れていた時間です。

レンズを換えて特性に合わせて色々撮る、たしかにレンズ交換式の楽しみはそこにあるのですが、どのレンズがその時その場所で合うかは判りません。

だからレンズをいくつも、っていう話なんでしょうけど、カメラに振り回されるのも事実なんですよね。

ということで、Qなら複数もっても(Q7+Q-S1にそれぞれレンズ+レンズもう1本で1kg)、K-S1の本体につけたレンズ+もう1本(約1.5kg)よりも、圧倒的に軽い。

Q7_P9902
Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO400 1/8s 39 mm AWB

Qは複数買っても楽しいカメラです!

なんか、勢いで書いてるのでとりとめないけど、今日のところはこんな感じで。


こんにちわ

ここのところK-S1にハマりっぱなしですが、おでかけはQ7の方が楽しいのでやっぱりコッチ(笑)

湖の壮大な景色はやっぱり08番が似合う。気持ちいい風を気持ちいいレンズで撮るのは快感です。

IMGP8570 Q7:08 WIDE ZOOM F4.5 ISO200 1/500s 17 mm

Kマウントでお気に入りの広角がまだ見つかりません。単焦点もいいのですが、旅行にはズームが便利なんですよね。でもやっぱり16mmくらいのものから欲しい。なんか、こう指が動くのが少ない。タムロンのA16あたりが良いのかなぁ、って思うんですけど、重いのは欲しくないので、 そのうち出るらしい新16-85mmが出るまでは、やっぱりお出かけの基本はQ7がメインになるかなー(Q-S1は嫁さん)。

IMGP8676 Q7:08 WIDE ZOOM F5.0 ISO100 1/320s 24 mm

うーん、光が漏れてくるのがキレイ。夕方付近はこういう絵が撮れるから気持ちいいです。

IMGP8163 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F4.0 ISO200 1/250s 69 mm

なんというか小さな船が出ていて絵になります。
この時期は暑くもなく散策に最適です。もう少し時期が遅ければモミジも赤くなってきますよね。
でも、今が人が少なく、すいていて、いい時期なんですよね。

IMGP8036 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO640 1/25s 110 mm

今回は泊まりで遊びにいきましたので、夕方も朝方もお散歩ができました。
さて、・・・例によって朝方は青抽出で楽しむ時間です(笑)

IMGP8227 Q7:01 STANDARD PRIME F2.8 ISO200 1/125s 39 mm

今回は久しぶりに赤い色の抽出(といいながらオレンジですが)もスナップ。たまには違う色も趣があっていいですわー。

IMGP7836 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F3.5 ISO200 1/400s 207 mm

Qの絵、Q7やQ-S1なら結構奇麗だと思うんですよね。もちろん、十分な光が確保できないとキツイしノイズだらけになってしまうのですが、等倍で見ない、iPhoneなどのRetinaで見る、印刷は2Lまで、って限定していけば、夜景以外まったく困らない。1/1.7センサーでも十分楽しいと思うのです。

そして、K-S1と違って機能全部入り(笑)自分のカスタムも事前準備してすぐに呼び出せます。やっぱりコレが楽しい!

IMGP8421 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/200s 103 mm

さて、ここまできたら、富士山を撮らなければ意味が無いですよね。今回は忍野八海(おしのはっかい)で撮影。良い場所です、ここ。
でも、残念ながら、まだ今の富士山には白い帽子が被っていなく、ちょい早かった・・・。


IMGP8617 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO125 1/200s 204 mm

まぁ、でも、チョウチョが良いショットをくれたので、これはこれで嬉しかったり。
Qでのお出かけは、いつでもサクッと写真が撮れるところが嬉しい。レンズのチェンジもすぐに出来ます。意外にもホルスターケースが活用できています。

IMGP8538 Q7:08 WIDE ZOOM F3.7 ISO100 1/200s 17 mm

さて、今回から試している今まで使っていなかったエフェクト、ポップチューン&ポスタリゼーションです。Qの良さはこの事前準備でクイックダイヤルに登録し、いつでも1秒で呼び出せるところです。Qの場合、RAWを保存して後から加工なんていう楽しみ方はしないで割り切ってJPEG一発勝負の方が経験を積めるし本当に楽しい。一発だから身に入ります。あぁ、自分の影が入ってる!次は気をつけよう、とか、考えながらカメラを撮っていく楽しみが倍増していきます。

あー、K-S1もコレが出来たら良いのに。


IMGP8539 Q7:08 WIDE ZOOM F4.5 ISO100 1/125s 17 mm

ポスタリゼーションは、このように派手な景色で分かりやすい構図、判りやすい対象のとき、コイツで撮るのは面白いです。ただ単にポスタリゼーションにするのではなく、キーを弄ったりして派手にするのがコツだと思うんです。このバージョンを撮って、普通のも撮って、色々変えて撮って、そんなこんな幾つも撮ってもRAWを一枚PCでいじくるよりも早い時間で終われる。つまり、その分家族と楽しめます。この素晴らしさは、Qを持っている人にしか判りませんよネ。

IMGP8530 Q7:08 WIDE ZOOM F5.0 ISO200 1/200s 25 mm

ちょっと面白みの無い看板のログハウス風の建物も、ポスタリゼーション効果で素敵な絵画に(笑)

自分の感性を試されるカメラかもしれません、が、しょせん見るのも自分な訳ですから、細かいことは気にしないでいいんです。どんどん撮って楽しむ、ダメなものも含めて楽しむ、これがQの楽しさです。

IMGP8513 Q7:06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/320s 146 mm

・・・普通に撮るコスモスも素敵だとは思いますが、風に揺らいじゃうし、天気がよすぎるとアンダー気味に撮らないと変になるので結構難しい対象なんですよね、これ。
こういうのを、良いカメラで奇麗にとっていくのも楽しいかもしれないんですけど、後から見てもいつ撮ったものも同じようになっちゃってて、面白み半減。キレイなカメラだから、思い出に残るとは限りません。それを教えてくれるのもQ。

IMGP7822 Q7:01 STANDARD PRIME w/ 魔改造アタッチアップ F1.9 ISO400 1/15s 39 mm

うーん、でもでも、こうしてみると、やっぱり02番を使う機会は減っています。
ほとんど08番か06番。たまに01番ですね。最近01番は接写ばっかり(笑)

Qのダメなところは、02番が・・・。もうちょっと「きめ細かさ」みたいなのが欲しいんですよね。
08番のような・・・。プロ仕様の02番が出てくれるか、それとも09番のマクロをさっさと出してくれて、それで代用できるようになると面白そうなんですよね。
でも、09番マクロは06番と被りそうな予感。うーん・・・。こういうのは1200万画素の限界なんですかね。1600万画素くらいまであれば奇麗になるんでしょうか。いや、やっぱり02番は既に1/1.7センサーに耐えられない古い仕様なんじゃないかな、って思います。

 * * *

さて、今回は吉田うどんを食べて帰りました。まあ、うどんよりオプションの方が美味しかったのは内緒・・・ですヨ。

( 8/27 最後に追記あり)


お盆も明け、通常モードに戻りつつあるこの頃、暑さはどうにもならん感じですね。
暑い!こう暑いと、汗に濡れない、体力を奪わないQ7の軽さはやっぱりすばらしいです。

今年はアチコチで蝉も見かけました。

セミって、鳴いてるとなかなか逃げませんよね(笑)

IMGP5251Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F4 ISO200 1/25s 161 mm AWB


さて、PENTAX Q を使っていて便利だなぁ、と思うのがクイックダイヤルです。
このクイックダイヤル、全面の左側にあるダイヤルなんですけど、・-1-2-3-4ってあって、ここにエフェクトを割り当てられて便利ですよね。
  私は現在、下記のセット。  

 1)あでみやび(または極彩)
 2)クロスプロセス(ランダム)
 3)ハードモノクローム
 4)青抽出
  IMGP5351PENTAX smc FA77mm Limited F4 ISO200 1/1250s 354 mm WB:CTE

IMGP5352PENTAX smc FA77mm Limited F4 ISO200 1/1250s 354 mm AWB 青抽出

IMGP5364PENTAX smc FA77mm Limited F4 ISO200 1/800s 354 mm WB:CTE

っていう感じでセットしたものを、標準レンズに限らずオールドレンズでもバンバン使ってます。
もちろん、RAW保存なんてやりません(笑)

皆さんどうしていますか?

IMGP5444

この間も書きましたが、4つじゃぁ足りないですよね? このダイヤル選択。

PENTAX Qシリーズならではのこの機能、もっと増えて無限に回せたらいいのに、とも思います。

10個ぐらい切り替えられると便利じゃないのかなぁと思うんですよ。

改めてこの機能、いろいろと他のカメラを比較しながら触っていると分かるんですが、これって、PENTAX Qのようなミラーレス機だからこそ相性の良い仕組みですよね。  

いいカメラだとRAW保存で後から加工して使う人が「それが当たり前」のように居ます。 またレンズが向けている「絵」の情報は「ファインダー」越しに見て確認するのが当たり前だったりします。  

でも、上位のカメラのファインダーみたいなこんなちっこい画面で色効果や最終の絵がどうなるなんてやらないですよね、普通。  なので必要ないんですよね。

大きめの画面でライブビューするのが基本だからこそイメージしやすくて愉しい。

だから、正直言って、Qの楽しさの一つをクイックダイヤルに見つけている人と、本気でカメラを撮る人の面白さって、カメラで遊ぶ時の姿勢というか感じ方が根本的に違うんじゃないかと思うのです。  

クイックダイヤルで今見ているシーンを「何で残すか」って考えるのは完全に感性。
もっというと「頭で考えるよりも早く指がダイヤルしてシャッターが切られる」っていう感覚です。  
今の世界を見て、あ、これはモノクロ、または青を載せた黒でメタル感も残したい。
あっ、あの実りをあでみやびで、CTEにして、あの鳥居で赤を・・・。  

と、絵を感性で描く感じがクイックダイヤルを使ったQでのスナップだと思います。
CADや製図をし後から色を着色する感じで絵を作り上げるようなのが、ファインダーで覗いてRAW保存し、LightRoomで現像っていう感じだと思うので、二つは使いたい心構えが別物で、カメラへの感覚が別物です。

つまり何を言いたいのかというと、毎日持ち歩いてスナップして残すのと本格的に製図して撮る行為を楽しむ人を同列にして同じ「エントリー」「初心者」という括りのカテゴリーでカメラボディを提供するって、実はなんか違う気がしています。

そして、そのことは、このPENTAX Qシリーズを使ってカメラの愉しさを覚えた人が、次のステップアップでどんなカメラを買いたいのか?

という答えにつながるはずの、その定義が、これ、いまメーカーは正しく提供できていないと感じます。
このQのシステムに魅力がある人は、後にどんなカメラにステップアップしたいと思うのでしょうか。  

1.高機能を簡単に使える(クイックダイヤルや高級機並みのUI、機能)
2.簡単に持ち歩ける(軽い・小さい)
3.ガチャガチャとレンズを変えて愉しめる
4.レンズ一式を揃えるのに高価過ぎない
5.  感性で絵作りができる道具というか相棒になりえる

このような願いを叶えた高級機って、今、存在しますかね?  特に5番。私は普通のカメラカメラした一眼レフ機は、なんか違う気がするんです。

だから、一眼レフ、レフのついたカメラに憧れを持つユーザーをQのターゲットにしているんだとしたら、その戦略は半分失敗だと思います。

手軽に感性で撮り愉しみたい女子カメユーザーみたいな人達のステップアップ機が上位に無いんですもん。

みんなメカメカしくて、重くて、手軽に持ち歩けない奴ばっかり。
相棒的に思えるデザインの機種が同じメーカーにないんですよね。 

IMGP5246Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm ISO125 1/100s 161 mm AWB
#ハーフANDシルエットで撮る、昇って脱皮の絵

ところでですね、Q7を一年以上使ってきてて思うのはレンズさえしっかりしていれば、今の1/1.7センサー採用のボディであってもソコソコ奇麗にとれる、ということです。この間もSTANDARDなレンズの上のレンズ欲しいってボヤきました。

イコール「だったら良いレンズが簡単に使えるボディ」もしくは「安い暗めのレンズであってもシャッタースピードを上げられるISO感度が高いボディがあれば・・・」といいのに、って答えでもあります。

私が望む、そこにあるのは、「できるだけボディのサイズやレンズを含めて可搬の際に重くならないまま」もうちょっと「シャッタースピードをなんとか稼ぐことができる」カメラが欲しいと思う気持ちです。
(細かいことを言うと長い速度方向にもですが)

 ***

競合他社では、最近はフルサイズがはやりです。高感度でフルサイズっていうと、現時点で一番の理想ボディはSONY α7Sですよね。

実はさっきのリストの要素があって望む答えに一番近い存在はFUJIFILMのXシリーズと、そしてSONYのα7sじゃないかと思えます。

理由は挙げた手軽に撮影できてシャッタースピードを早くでき、小さく軽いこと、であるという点です。

スナップ、感性で撮る、といった行為に一番重要な答えに辿り着くのには、実は「高感度耐性とノイズの少なさ」が一番の課題ですが、軽くパシャパシャするに軽いってのは結構意味があったりしますです。

もちろん見つけた絵を素早く手に入れられるシャッターを切り終わるまでのスピードも。

IMGP5305Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm ISO4000 1/6s 161 mm WB:CTE
#柴又の寅さんを送る灯火。Qの標準レンズでは厳しいのでオールドレンズを頼った。α7sであればもっと簡単かな?

  --- なぜ、高感度耐性とノイズが一番重要なことなのか?  

簡単な答えです。「少し暗めの安いレンズでもスピードを上げて使いこなせる」「イコールどんなシーンでもぶれにくい撮影できる」からです。

暗いレンズでも暗い場所でも「ISO」の数値さえ稼げればブレずに素早く撮影できます。それはつまり指が先に動く人の行動を阻害しないことに繋がります。

IMGP529808 WIDE ZOOM F5.6 ISO4000 1/125s 17 mm WB:CTE
#柴又駅近くのコインランドリー。Q7の手持ちではISO4000なのでノイジー。α7sならどうだったろう?

シャッター速度に制限が来ない、これって、実は一番カメラ初心者に優しい仕様になる話なんですよね。

あえて言うと、そういうカメラのボディがドンドン登場し、小さくて軽くノイズが目立たなくなったら「プロとアマの差が少なくなります」。
 
実はその世界はもうそこまで来ていて、一番近いところまで来ているのが、α7sです。

α7sは昼を夜にする、もっというとQ7だったら数十秒露光しないと得られない絵を1/100sで作れるカメラです。 
ぶれ易い1秒前後の撮影シーンが、もっともっと早いスピードで撮影できます。
すごいですよね。20万越えの価格だけあります。手ぶれ「さやうなら〜」、かもしれません。



Q7のステップアップにふさわしいのは、現時点で画質面でいうと、多分、Qのセンサーサイズをちょっとくらい変える程度では前よりいいカメラになった、とは感じられないでしょう。
α7sクラスまで変わらないと。 

これ、簡単にスナップできます。軽めで小さいです。Q7と同じ道のさらに先を走っている感じがしますよね。 

しかし、このα7s、高感度高画素でAF撮影を手軽に行うための、その「専用のEマウント」レンズがまだまだ少ないみたいです。
そして、Qのようにお気軽にいろいろな絵作りをするためには、(個人主観ですが)ボディの操作性がまだまだこなれてないというか悪い感じ(あくまでもPENTAX Q7比較。UIやクイックダイヤル面)。

輪をかけて私にはレンズ一本の価格が高すぎる。
と、まぁこのような点で、まだまだ踏み切れません。

FUJIFILMのXシリーズもレンズの高価さという意味では同じなので、踏み切れません。

って考えるとですね、フルサイズのセンサーなんていらないから、小さめのボディでISO感度をもう少しあげて、今よりもうちょいノイジーにならないKマウントカメラで妥協点なんかないかなぁ?ってなるんですよね。


PENTAXにはちょっと良いな、って思えるKマウントレンズがわりとあるんですよね。特にズームじゃないやつに。
これを活かせないというのはもったいないよね〜と。

と思ったところにQ-S1が発表されましたが、これ、感度も何も変わらずなので、ダメじゃん!

ココが戦略的に足り無いところだと思うのです。

うーん、俺にはK-3はデカイし、なんかゴツいK-50とかも、なんだかなあ〜、って思ってたら…。

なんと、ちょっとだけ高感度になっているK-S1シリーズなるものが出てきたじゃないですか。

20メガピクセル APS-Cセンサーで感度51200みたいですね。デザインも古いゴツゴツしたカメラカメラしていなくて個人的には好き。わけわからんLEDを持つ所なんか古い考えを吹き飛ばしてくれそうで楽しみです。


つまり、前置きが長かったですが(笑)
このK-S1というエントリー機の最新機らしい画像を見かけてワクワクしています。まぁ買うかどうかは不明。お金だして買ってblogできる余裕も怪しいですし。

  image

これでクイックダイヤルと同等の機能を持たせていてくれたら!

もし、はじめに搭載されていなくても、ファームウェアの更新で出来るレベルじゃないですか。

右上のダイヤルを回すたびにライブビュー液晶にカスタムイメージを適用した絵を表現し、シャッターを押すとそれでJPEG保存される、みたいな、クイックダイヤルを超えるクイックダイヤルの搭載。
あーなんとかならんかな〜。現行のK-30とかはコレがなくてワクワクしないんですよね。ステップアップ機になり得ない。

これをK-S1で実現してくれれば、高いISO感度でF5.6とかの少し暗めのレンズをカバーできるようになり、そしてKマウントの小さなサイズの機種としてQとうまい使い分けできればな、と思います。

超望遠や超広角はQ7で、
安価で明るめのレンズが揃う標準域とQが苦手な夜間撮影ではK-S1で、

ってなって、Kマウントアダプタで簡単にレンズも行き来でき!
面白いんですけど!


2014-08-23-14-40-35

ん?

なんか、下の方には私に対して「買え」と言わんばかりのカラーの設定がありますね。midnight blackですか。

コレ、私の思うQの上位機種になりえますかね!?

haimen

実は、この背面にあるEFFECTモードが怪しいんですよ。
コレがQのクイックダイヤルに相当するような機能になってくれないかなって、妄想してるんです。

だとしたら!!

8/27に追記

もしかしたらもしかするかもしれませんね!



クイックダイヤルの1アクションではないものの、4枚の壁を越えて選べそうな感じ。
コレは待ち望んでいたボディの登場かも!
今後PENTAX K-S1 関連記事はこっちになります 


こんにちわ

ここのところ大雨も多いということもありますし、少し昔の写真になりますが、水のある景色をいくつか載せてみたいと思います。

自分なりに「水」のある場所へのお出かけは結構多いと思っていて、海だったり山だったり、色々この1年間の中で行きました。

それなりにブレずに撮れたかな?って思うものを載せてみますが、水のある景色って結構難しかったんだな、っていうのが改めて振り返ると感じるところです。

まず、どこにピントを合わせ、どの色をメインにするか、これでガラリと変わっちゃうんですよね。
空の青さを撮ると水は暗くなったり、流れている水を「流した線」で撮ろうとすると手ぶれしたり。

なかなか興味深い被写体だったなと思います。

IMGP0900
#横浜の山下公園
03 FISH-EYE 1/1600s F5.6 ISO200 17 mm AWB

ここは03番の魚眼を水平に構えた際の気持ちよさを実感したところです。正直Q7で広角がこんなに面白く撮れるんだ、と感じた一瞬でした。

IMGP7167
#埼玉のとある公園
01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO200 39 mm AWB

なんてことのない水たまりな調整池の場所なのですが、その波の見え方が面白いんです。半分は澄み切っている感じ。風があったのかな?と今でも不思議に思います。

IMGP7484
#神戸港
08 WIDE ZOOM 0.4s F3.7 ISO500 17 mm AWB

夜景は難しいなぁと思う一瞬。神戸港はそれなりに地面に接地して撮ったはずなんですけど、微細な「揺れ」が邪魔してくれました。ほとんどブレブレのばっかり。かろうじて見られるものをチョイス。
夜の埠頭付近の難しさを痛感しました。

IMGP8726
#群馬の穴地獄・茶ツボミゴケ
01 STANDARD PRIME 1/13s F8.0 ISO125 39 mm AWB X-Process

対して温泉+コケ、という自然の素晴らしさを感じた場所。暖かいところにコケですから、不思議です。
流れる水、奇麗な苔、あぁ、このときに08番があったらな、と思いました。

IMGP3647
#勝どき橋の夜の顔
08 WIDE ZOOM 1/4s F4.0 ISO1250 27 mm AWB X-Process

08番を手にして意気揚々と会社帰りに撮りにいったのを覚えています。
勝どき橋から豊洲フロント方面にカメラを向けるとマンハッタンみたいな都会のビル景色が見えます。
しかし、ここも同じように「揺れる」んですよね。こっちは車の振動。

Q7は総じてISO感度がもう少し上がってもザラつかない写真が撮れるようになると使い勝手が良いのかもしれません。

いつも「どうやってシャッタースピードを稼ぐか」という課題に直面していました。
ISOも高く設定出来ますが、普通に考えて1600が限界。それ以上はザラザラで見れたものじゃない。
もちろん、そのざらつきを活かした撮り方も出来るんでしょうけど、腕でカバーできるほどの力量はなかなか得られなかったというのが実感です。
でも、1250くらいまでなら、イケます。だから結構スナップメインにすると楽しくて奇麗な写真が撮れました。普通に思い出を残す写真としては十二分な威力です。

こんにちわ

今日は01を中心としたお花の話です。

IMGP4619 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

この1年ずっとQ7を使っていて・・・ほとんど毎日持っていましたよ・・・そして、これは本当に使える、と思った被写体があります。

Q7は「お花」を撮るのに非常に向いているカメラです。特に旅先とかたいそうなシーンではなく、普通に毎日持ち歩いてサクっととる花のスナップに向いています。

IMGP4626 01 STANDARD PRIME 1/640s F1.9 ISO200 39 mm AWB

01番、06番、そしてできれば08番があればとても良いと思います。正直この3つで十分。
まぁ、お楽しみに03番があってもいいかな?
この4本であれば夏は鞄に、冬はレンズをポケットに入れておくだけでいつでも何処でも簡単スナップ。

IMGP4624 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO200 39 mm AWB

何気ないシーンもサクッと撮れて花にとっては大切な「今」を残しておくことが出来ます。

コンデジやiPhoneでもいいんですけどね、なんか、レンズを変えながら、ボカしたり色を変えてみたり、仰いでみたり、一面に咲いているものを全て手中にしたり、魚眼でデフォルメしたり、と、とても楽しいです。

IMGP4596 01 STANDARD PRIME 1/200s F1.9 ISO200 39 mm AWB

Q10やQじゃ奇麗に撮れないことも多いので、Q7の方が良いです。
もう終わっちゃいましたけどカラーオーダー出来ていたのも良かったことの1つですよね。

自分好みの色のカメラで、毎日持ち歩けて愛着が持てるカメラで、自分の意図で見つけたものを撮る。
こんなスナップを楽しめる人にぴったりだと思うのです。

IMGP4621 01 STANDARD PRIME 1/125s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

もちろん、花だけでなくペットとかでもいいんでしょうけど、ちょっと動くものが苦手です。
暗いレンズだったり手ぶれが弱かったり、動きのあるものへのAF追従が遅めだったりするのもあって、イライラが出ちゃうかもしれません。

だから、植物のようなものがとても得意。もちろん、それを含めた風景、旅先の景色も得意です。

ライトに色んなものを撮って歩きたい、そんな人にはとても楽しいカメラだと思います。
私は、このQ7に出逢えて良かったと思っています。 


もうすぐ、野田で「ひまわり」を沢山撮って、毎日 Blog を初めて1年が経とうとしています。

今までの1年、3万枚くらいは撮ったんじゃないかな?って思います。一部は時間で連続シャッターしたのもあるから、実質2万5千くらいでしょうか。

IMGP4631 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#今年のも、もうすぐ咲きそう

明日からは少しこの1年を振り返ってみて、お気に入りの景色でも探してみたいと思います。 

こんにちわ

実は今日、Q7を購入してお外へ持ち出して撮影を初めたから日から1年を迎えました。時が経つのは早いですよね。去年の今日は晴れていましたが、例年通り、といいますか、関東では7月の上旬まではいつも「梅雨」の時期です。

ですが、もうそろそろ梅雨もおしまいになるかもしれませんので、ここいらで「あじさい」をまとめてみたいと思います。アジサイはQ7を買った直後に撮れなかった花だったのです。

さて、先ず始めに、残念ながらゆっくりと探せてなかったためもあってカタツムリとセットのところは撮れませんでした。 これは・・・どっかの植物園とかいけてれば撮れたのかな?

また来年にでも撮れたらいいな、っていう宿題になりました。


アジサイも色々な種類があるのですが、その辺はあまり良く知らないので、とりあえず道行く先々で撮れたものを載せていきます。

IMGP4603 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

まずはオーソドックスな感じの奴ですね。

IMGP4710 06 TELEPHOTO ZOOM 1/20s F2.8 ISO200 201 mm AWB

赤紫のものは遠くから見ると奇麗なんですけど、写真とかに記録して間近で見てしまうとあまり奇麗とは言えないものが多いです。

IMGP4722 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO200 112 mm AWB

対して、白い奴はとても奇麗です。
結構好きかも。

IMGP4613 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO250 39 mm AWB

紫の奴も濡れると結構奇麗なんですよね。

でも、やっぱり、このタイプが一番好き・・・かな。
IMGP4614 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

アジサイの中では異端児かもしれませんけど、この花の引き立て方が素晴らしい。



そうですね、Q7をいつも持ち歩いてるから、何気ないところで良いものに出くわせるし、そして記録は別な日の記録と合わさってストーリーが生まれる。

1回の記録ではなんてことのないものでも、連続していくことで繋がりのある写真にもなっていくっていうのは素敵ですよね。

こういうのって、鞄に入らないような大きなカメラだったり、高くて濡れて湿気ったらどうしよう、とナーバスになりすぎるようなカメラだと出来ないですよね。

なにせ、梅雨の時期でも持ち歩けちゃうんだから。
だから、軽くて小さいミニ一眼なカメラ、Q7を持ち歩くのは楽しいです。 
まぁ、この時期は01と06しか役に立てないこと多いですけどね(笑)
 

こんにちわ

ついに7月になってしまいました。
時が経つというのは早く、残酷なものです。

さて、Q7購入からもうすぐ1年。
色々ありましたわ。

今月の初頭の写真は、標準レンズの中でよう使うものを中心にお話していければと思います。

まず今日は01 STANDARD PRIMEで撮ってきた写真をつらつら流していきたいと思います。

IMGP4575 01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO200 39 mm WB:Shade X-Process
#デパートを見上げて

IMGP4574 01 STANDARD PRIME 1/10s F1.9 ISO200 39 mm AWB
#デパートを遠くから眺めて

IMGP4541 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO200 39 mm AWB
#花壇の花


IMGP4529 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#曲にウットリしている犬


IMGP4524 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#土手の階段


とりわけ、あまり意味のない写真をつらつらっと並べてみました。

01 STANDARD PRIME の特徴は以下の通り。
  • カラーオーダーができる
  • いちおう明るいレンズ
  • オートフォーカスでそこそこ写る
  • コンパクトなので持ち運びやすい
  • 多少暗くても使いやすい

という感じです。1年近く使ってみて出した答えは「普通撮り用」。もっというと魔改造のクローズアップレンズとかと併用して使うための基礎レンズ。写りは決して良い方ではなく、でも携帯性が良く、カラー変化をかける加工の素材レンズとしてとても相性が良いレンズ、という結論です。

言い換えると、01と02のこの2つのレンズは基礎レンズで、QやQ10用につくられたAF版の基礎レンズ。
Qシリーズがおもちゃ、とか、コンパクトデジタルカメラ並み、と言われる最大の理由はこのスタンダードな2本の01番と02番のレンズの写りにあると思われます。

でも、決して悪い意味ではなく、ここからスタート、という意味で重要なレンズです。

このクオリティで十分と納得出来るかどうかで上のクラスのカメラに行くべきか判断できます。

奇麗に撮れるだけがカメラの遊び方ではない。そう思わしてくれる「何か」を備えています。

個人的には「リバーサルフィルム」や「ハードモノクローム」、「クロスプロセス」といったカスタムにチャレンジして自分好みの色を見つけるのがいいんじゃぁいかな?
って思います。

また、なんだかんだ言っても室内にはコレが無いと暗くてダメ、というシーンが多いため出かける時には忘れずに、な1本です。

Q7をベースとして考えると、やや低スペックな気がします。早くこれよりも少し高めだけどひと時代前の高級デジカメクラスな画質を提供して欲しいかな、と思います。

デジ一眼に憧れて使い始めた時に01番をベースにしてしまうと「BC」無しではほとんどボケない、思ったよりも明るくない、光の方向に向けるとフリンジが出るかオーバーで飛んだ絵になりやすい、とわりとがっかりすることが多いです。

しかしながら、動物へのポートレイト、花、色変化を与える街の景色はQシリーズの楽しさを教えてくれます。ちょっと写真メインな人には邪道かな?って思うのですが、Qの楽しさを教えてくれるレンズなので、これはこれで有りだと思います。

01でハードモノクロームや青抽出、クロスプロセスを撮ると、バッチリ思い通りのものが出やすいです。

そういう意味でQにとって不可欠なレンズ。値段なりな良いレンズです。

-0.3EV を多用した暗めの写真でリバーサルフィルムや鮮やかを組み合わせるのが個人的には好きかなぁ・・・。これは02番も同様ですが。 

こんにちわ

5月も下旬になってきて、あちこちでは新緑が、若くて奇麗な黄緑の葉っぱが満開?になってきました。

IMGP2686 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

なんか、こういう色がたっぷりの季節って元気をもらえるようで嬉しいですよね。

IMGP3118 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1250 207 mm AWB

ところで、私の大好きなカエデ・モミジですが、この時期は奇麗な青で虫にもやられていない奇麗な形を魅せてくれる絶好の時期だったりします。

IMGP2669 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

だからQ7で見かける度に撮ってきましたよ。

IMGP2629 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.0 ISO100 39 mm AWB

モミジって不思議で、まず「紅」から始まるんですよね。まぁ、品種にも寄りますけどうちの庭のもそうですし、街にあるやつも大抵そうです。

IMGP3066 PENTAX-M 50mm w/ KQ Adapter 1/800s F0 ISO200 230 mm AWB

初めから赤くてずっとそのままの奴は置いておいて、葉先の紅から奇麗な若い緑に変わり、色が落ち着いて最後は黄色、深紅になって散っていく。

IMGP2616 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

日本を感じられる楽しい樹々ですよね。

今は初夏になりかけている感じで、春も超え始めた感じです。

IMGP2628 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

そうか、もうこのblogを毎日書くようになって10ヶ月になるんですね。
月日とは残酷なものです。

早すぎです。

こんにちわ

さて、大宮にあります氷川神社ですが、今日は氷川神社でも違う氷川神社を撮ってきましたのでその写真を。

IMGP2694 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

実は埼玉には「氷川神社」というのが約200社あるようなんです。

ここはわりと家の近くにある氷川神社です。ここの特徴は・・・鳥居が二つ??

IMGP2701 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

いやいや、なぜでしょう、相撲の出来る小山が・・・。ここで色々なことがあるのを想像出来ます。・・・て、子供や相撲部屋の親方が出てくるわけではありませんよ!?

IMGP2716 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

入口にはこんなものも。

ささら獅子舞ってご存知ですか?

天狗と一緒に踊る?抱きかかえられ縁起を担ぐ子供達。 そういったイベントがあります。


IMGP2718 01 STANDARD PRIME 1/400s F3.2 ISO100 39 mm AWB

氷川神社って奥が深い。まぁ良くわからない神社グループ?とでもいいましょうかね・・・。

なんてコトの無い近所の廃墟みたいな公園なんですけどね・・・。

IMGP2719 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB 極彩

その証拠に、近くで鳥居を撮影するとこんな感じ。木の廃れ具合がよう分かる(笑)

IMGP2713 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

でも細部まで観ると結構しっかりしています。

IMGP2736 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO400 53 mm AWB

こういうところを観ていると結構楽しいです。派手な神社もいいですが、こういうローカルな感じもいいですよね。

IMGP2737 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO800 17 mm AWB

Q7と一緒の神社巡りは楽しいです。

こんにちわ。

氷川神社に隣接している大宮公園に来ています。 IMGP2692 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO200 53 mm AWB

そこにはちょっと珍しいものがあります。

IMGP2677 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO250 53 mm AWB

こいつではなくて・・・


03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO640 17 mm WB:Flash
こいつです。

もうちょっと大きくアップしましょうか。
IMGP2631 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

もう少し寄りましょうか。


01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO200 39 mm WB:Flash
更にアップ・・・。

IMGP2650 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.2 ISO200 39 mm WB:Flash

これ、ハンカチの木です。ここまで大きなものを観たことはありませんでした。
びっくりです。

普通に公園の一角にそびえ立ちます。そして、布のような花びらがフラフラと揺れています。
これだけ大きいと、「ハンカチ」と言いたくもなりますよね。

結構貴重なものですよね、ココまで大きいのはあんまりないらしく、日本に入ってきた当時からあるような木ぐらいなもののようです。

暖かくなると色々なものが観られて嬉しいですよね。若葉も黄緑で奇麗で楽しくなってきました。

こんにちわ


01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

この間から大宮の氷川神社を歩いています。

IMGP2581 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO320 53 mm AWB 極彩

ここには大きな池があって、そこには鯉もいれば亀もいます。

IMGP2549 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F5.6 ISO100 143 mm WB:ShadeX-Process

その池のはじっこに、その「亀」がいるんです。

IMGP2554 03 FISH-EYE 1/40s F5.6 ISO100 17 mm WB:Flash

結構、たくさん居て、かわいいかも(笑)

それほど遠くない場所にある氷川神社、結構大きくて素晴らしい神社です。
そういえば、鷲宮とかにも良い神社あるし、埼玉って結構神社に恵まれていますよね。

IMGP2608 03 FISH-EYE 1/640s F5.6 ISO400 17 mm AWB

広々として気持ちがよいです。

こんにちわ 埼玉県にあります大宮駅からすぐのところにある氷川神社に来ています。

IMGP2560 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm WB:Flash

今回久しぶりに登場させたレンズ、07番のベースに05番の胴体、そして中身にコンデジのレンズを1枚挟み込んだ特殊なやつで、07番の特性を遠距離にしたような奴です。



IMGP2596 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB

普通の01番も併用していきます。しかし相変わらず白く飛ぶ機会が増えています。日差しが強くなるとフードが必要なのかもしれません。



IMGP2600 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

しかし緑青が進んだ同葺の屋根などは、微妙な明るさや色合いを持っているので02番より01番、という選択になります。特に01番は明るめなので曇りの日でも使いやすく、また軽いのでQで撮りやすいのが特徴ですしね。

IMGP2599 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.2 ISO100 39 mm WB:Flash

白木の造りも01番なら奇麗に残ります。

IMGP2605 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm WB:Flash

しかし手とかではれきりやらないと、本当に01番は白くなっちゃいますね。

IMGP2589 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO800 53 mm WB:ShadeX-Process

今回久しぶりに持ち出した魔改造D、なかなか日の丸の構図的なものにピッタリです。
07番だと至近距離3mしない場所しか狙えませんがコイツを持ち出せば10m以上先でもOK。 ピントリングも存在しているので結構自由なのが楽しい。

やっぱり魔改造したレンズはクセが強くて面白いです。

こんにちわ

この間から「いろは坂」の向こうにある景色をQ7で撮っています。

しかしながら、高原での撮影は難しいです。
太陽の日の強さが中途半端というか強くて、オーバーで飛んでしまうような絵になったり空が白くなってしまうことが多いです。

いつもならめんどくさいのでTvかMのTAvにしちゃってごまかすのですが、EVも合わせていかないと奇麗に撮れなかったりします。

でも、めんどくさいから控えてない・・・(笑)

IMGP2897 01 STANDARD PRIME 1/4000s F1.9 ISO1250 39 mm AWB

で、中禅寺湖の先にあります、「竜頭の滝」っていうところまで来てしまいました。

ん〜なんというか、ここは食事どころって感じが凄くするのですが、その目の前に見えるのが竜の頭、滝は両ひげっていう場所のようです。

IMGP2874 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 203 mm AWB

ん〜、普通に滝をとってもそう見えないですよね。

IMGP2882 06 TELEPHOTO ZOOM 1/1250s F2.8 ISO800 120 mm AWB

だから、こんなときはTvモードでシャッタースピードをできるだけ落としてみましょうか。

IMGP2877 06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F8.0 ISO100 120 mm AWB

こんな感じの速度でどうかな?

IMGP2893 01 STANDARD PRIME 1/6400s F1.9 ISO1600 39 mm AWB

コレを2本作れば、竜の髭っぽいとこが出来て、そうみえますかね??って、あれ、遠目に小さく撮れば早くてもそれなりに見える??
 

こんにちわ

明日からはGWですね、ことしは前と違って飛び飛びなのでこの連休がメインのお休みですかね。

疲れを取るのには休むのが一番ですが、元気なものを観て自分の心に変化を与えるのも疲れを取る方法としてはアリなんではないかと思います。

こんな時期はQ7をもってお出かけ!
っていきたいところなんですが、GWですしね、混んじゃいますよね。

ってことで?
自分ちのお庭での話の続きにしました(笑)

IMGP2007
#庭の片隅で咲く山吹の花
06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F2.8 ISO250 200 mm AWB

もう、今の和の庭が出来て2年が過ぎました。
コレを作る前は適当に野菜を植えて適当に放置してたので、観た感じがもう酷かったんです。

IMGP20100705-06048
#初めはこんな状態。野良猫も飽きれる有様 w/ iPhone4


これじゃぁ、だめだ、草むしりもめんどくさい。
っていうことで、日本の色々な庭園・・・金沢の兼六園や京都の無鄰菴とかを参考にしたりして和の庭にしたのでした。

野菜作りスペースが少なくなる代わりに砂利での枯山水で手入れが楽というメリットがあります。

IMGP20120608-07809 #作っている途中・瓦は自分でセット w/ iPhone4

色々やったあげく出来たのがモノスゴクシンプルな庭(笑)
土留めには 栃木のバァちゃん家が地震で倒壊したときの黒鉄色の瓦を再利用し、塀を黒く塗り鉄平石とかで演出。砂利は色付きの錆び砂利、その中に苔で島を作っています。

自宅同様、自分でデザイン、それを庭師さんにお願いして形に。
和の庭っていうのは一回やっちゃうとアレコレ直しが効かないのが欠点ですが、シンプルが故に心落ち着きます。

女性向きではないですね、花壇とか畑とか色々遊べないですからね。
別にそういうコーナーを設けておかないとダメなのが自宅庭での和の課題です。


IMGP20121117-08634
iPhone 4 1/120s F2.8 ISO100

で、出来上がりから2年、奇麗な紅葉を魅せてくれたり、枯れた後に芽が出たりと繰り返してくれている我が家のモミジ。台風とか色々あって一部では木の皮部分がめくれてきていますが、まだまだ元気です。

IMGP1827 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO125 39 mm AWB

うちわカエデの一種で、葉の大きさが結構デカいので少し離れて見るとちょうど良い感じです。

IMGP2012 06 TELEPHOTO ZOOM 1/4s F2.8 ISO250 199 mm AWB

大きくなってきていて・・・

IMGP2096 01 STANDARD PRIME 1/640s F3.2 ISO200 39 mm AWB

それが、今年も芽吹いてきていて元気に育っています。

IMGP2522 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/100s F4.5 ISO125 69 mm AWB

こういうのって嬉しいです。

今年も頑張ろうっと。 

こんにちわ

もうすっかり春を通り越し、5月です。

我が家のモミジ、去年はイラガやカミキリムシに色々やられて大変でしたが、植物というか自然の力って凄いですよね。

そんな大変な目にあったモミジ🍁ですが、今年はなんと足元に小さな小さな芽が・・・。

IMGP1826
#写真の中央のちっちゃくて可愛い明るい緑の「八」の芽のコレ
01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO800 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版

いつもなら気がつかなかった中央のスギゴケの間にピョこっと出ている八の字の芽、モミジの子孫ですよ(笑)

こやつ、やるな。自分の危機を感じたからなのでしょうか。すごいです。

いやあ、正直、家の庭を「和」の庭にしてから2年立ちましたが、・・・今まで気がつかなかったわ。
今回、去年のダメージの後なので特にこうなったのか、それがあったからこそ目が向いたんでしょうか。
まぁ、こういう小さなものを発見するのは嫁さんでしたので、さも自分が発見したような書き方をすると文句を言われそうですが・・・(笑)。

でも、ほんと、いつもなら気がつかずに雑草扱いで抜いててたかもしれないので、今回はお得感があります。


#八の字から十字になってきた
06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO1600 204 mm AWB ストロボ

数日後に見直すと、もう芽がモミジの姿になりかけてきました。
今回、それを追って撮ってみました。

IMGP2099 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版

おお、モミジらしくなってきました。


周りをみてみると、別のところの苔の間にも同じように芽が出てきているのが!

IMGP2101 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB w/ 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 ストロボ

うーん、素晴らしいですよね。

そうそう、コレらは久々に登場している魔改造レンズを使ってみています。
01 STANDARD PRIME に 魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 (アタッチアップ) を取り付けて撮っています。

まぁ、普通ならクローズアップレンズで撮る、とかですかね。私はレンズ遊びしてますから、こんなお遊びレンズを付け、・・・しかも01番に取り付けるやつなので、AF対応・ストロボとも相性の良くこういう撮影に向いています。オールドレンズではMFになるので夜間とかしゃがんで小さいものを撮影する(体全体がプルプルしてしまう姿勢での撮影)に向いていないんですよね。

このアタッチアップは古いデジカメの先頭部分に40.5mmのリングを付けて簡単にセットできるようにしたものです。詳しくは『超絶接写版 』のタグでも追ってみてください(笑)

本当はQマウントレンズに、性能の良いAFマクロレンズ欲しいですよね、やっぱり。


さて、いまうちの庭では、他にも芽吹いているレモン、こいつは鉢で管理していますが、これも元気になってきました。

IMGP2521 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/125s F4.5 ISO100 69 mm AWB

また、同じく和の庭に植えていて、モミジと横にセットで植えていて、この間に剪定してるのにも関わらず、いや、剪定したから元気が集中できるようになったのか、この椿である「白の侘助」も若葉が出てきましたよ。今回はコレを久々のVoigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mmを使って撮ってみました。

IMGP2524 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/100s 4.5 ISO200 69 mm WB:Flash

小さめの大きさのこのレンズ、電子シャッター併用での撮影になります。F4.5からスタートなので、やっぱり日中の明るい時に使うのが良い感じです。でも滲むことも多いのでまだ巧く使いこなせていない感じです。勉強が必要ですね、まだまだ。

お外は・・・春の花の時期が若葉の時期へと移り変わってきています。

この時期は花粉症も少しだけ落ち着きだすし、風は気持ちいいですし、元気をもらえる時期ですよね。

こんにちわ。

今日はいつもと違って技術的なネタを披露したいと思います。

今までずっと撮り続けてきたblogにはレンズ情報をできるだけ付与していました。
今日は、この話です。

今回ガラスの先に仕舞われている神輿。これを撮ったものが以下のものですが・・・。

08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1999
#ファイル名:08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1999.JPG
08 WIDE ZOOM 1/10s F4.0 ISO250 25 mm AWB

両方とも極彩で撮っています。もうひとつ、少し広角範囲を変えたやつ・・・

08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP2000
#ファイル名:08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP2000.JPG
08 WIDE ZOOM 1/15s F4.0 ISO250 27 mm AWB

と2枚を敢えてファイル名付きで書いてみます。

今日は、この『レンズ情報』のお話。

私はWindows7のVAIOとMacBook Pro Retinaの両刀使いではあるのですが、普段写真を触っているのはMacBook Pro の方です。
まぁ、その辺は写真が奇麗に見えるから、っていうのが一番の理由ですが、余計なことをやらなくて、でも、複雑なこともやらせやすいっていうのがあります。

その一つが、コレ、Exif Toolの活用です。
まぁ、検索すれば、『ExifToolで出来ることの紹介』といったご参考になるblogさんのページがありますので、詳しいことはそっちでもご参考にください。

簡単に言いますと、このツールはマウス操作とは無縁の面倒なツールです。なんというか、昔パソコンおたくがキーボード叩いてうんたら、っていうことをしているプログラマ向けなツールです。

でも、やれることが凄い。写真に埋め込まれているISO情報やレンズ情報を抜いてきたりGPS情報なんかを操れたりします。
で、私はターミナルを開いてコマンドちょいっと使って、レンズ情報を写真から抜いてきてテキストファイルに書き出したり、必要な時にはファイル名を直接書き換える準備をしたりしています。

例えば、ファイル名を修正するためのファイルを作るには、下記みたいに処理します。

    exiftool -LensModel -ExposureTime -Fnumber -ISO -FocalLengthIn35mmFormat -WhiteBalance -CrossProcess -csv *.JPG | awk -F"," -f /usr/local/bin/ffexif.awk > Exif.txt



これはexiftoolというコマンドを実行し、その際にレンズモデルとF値、ISOや距離、ホワイトバランス、クロスプロセス効果等を抜き取って、「awk」というUNIXでよく使われる文字整形ツールを通してExif.txtっていうファイルに書き込んでくださいっていう処理をしています。

そして、そのawkというツールでは、 ffexif.awk というファイルに書かれている処理を実行してくださいっていう指示をしています。

その指示内容は、下記みたいな感じになります。

    { printf "mv "$1" '";
    if ($6=="690 mm") { printf "99_XR_ZOOM70-150mmMACRO" } else {
    ; if ($6=="77 mm") { printf "99_FA77mmLmt" } else {
    ; if ($6=="354 mm") { printf "99_FA77mmLmt" } else {
    ; if ($6=="35 mm") { printf "99_Flektogon35mm" } else {
    ; if ($6=="15 mm") { printf "99_Voigtlander15mm" } else {
    ; if ($6=="50 mm") { printf "99_PENTAX50mm" } else {
    ; if ($6=="161 mm" && $4=="0") { printf "99_Flektogon35mm" } else { printf $2; }}}}}}

    };

    printf "_ISO"$5"_";
    if ($7=="Auto" ) { printf "AWB" } else { if ($7=="Shade") { printf "WB-Shade" } else { if ($7=="Color Temperature Enhancement") { printf "WB-CTE" } else { printf "WB-";printf gsub(" ","",$7); } } };
    if ($8!="Off" ) { printf "X-Process"};
    print "_"$1"'";}


まぁ、単純に言うと情報をファイル名として変換するための文章にしているんですね。MacOSでのターミナルコマンド「mv」ってのはMS-DOSでいう「ren」みたいに使えるもので、ファイル名を変えますよっていう奴です。元のフィアル名をレンズ情報+ファイル名にします、っていう行をたくさん作っておく小さなプログラムみたいなものです。

一度にファイル名の変換までしてしまうと、間違って入力した時に取り返しがつきませんから、いったんテキストファイルとして書いて、使う時にコピペ、もしくはchmod +xによるバッチファイル化して使うようにしています。

実際にできあがる内容は、下記みたいになります。

mv  01 STANDARD PRIME_ISO250_AWB_IMGP1964.JPG  '01 STANDARD PRIME_ISO250_AWB_01 STANDARD PRIME_ISO250_AWB_IMGP1964.JPG' 
 
って、ちょっと難しい話でしたかな。

WindowsでもMacOSでも、写真の中に埋め込まれているEXIF情報を取り出してくれるものはいっぱいあります。そういうの使うのが手っ取り早いとは思うんです。

でも、私がなんでこうしているかっていうと、そのawkファイルの処理に特徴があります。そう、お気づきですか?
実はQ7で撮る写真、オールドレンズをKQアダプタ経由で使って写真を撮るとレンズ情報はなんと「空っぽ」なんです。

だから、ここを工夫して、写真を撮る時に「このレンズを使うときは必ずこの焦点距離をセットする」という手法でレンズ名を残すようにしているのです。そう、Qに取り付けた時に選べる、数値入力出来るアレ、です。
PENTAX smc FA77 Limitedなんかを使う時、77か354mmにしてQ7に覚えさせ、それで撮影。F値は残りませんので自分でメモしておくか、後から勘でやります。このとき02番のようなズーム範囲があるのと被りにくいようにしておくのがポイントです。

で、レンズが固定した焦点距離が77mmのとき、このファイルのレンズ名を『 if ($6=="77 mm") { printf "99_FA77mmLmt" } 』っていう風に自動置換えさせちゃうのです。コレが便利。この$6っていうのは6番目に距離情報がくるように指定したからなのと、99って先頭に入れているのは03や08番のレンズよりも後にファイル名を並ぶようにしたいから。

さて、その応用で、こういうコマンドを自作します。

  exiftool -gpslatituderef=n -gpslongituderef=e -gpslatitude=$1 -gpslongitude=$2 *.JPG

これを viなどを利用してテキストファイルとして「gpsfk」とか適当な名前で どこかに保存し(root で/usr/local/bin とかへ)、chmod +x とかやって実行形式のバッチにします。

なにを言っているのか分からない人はふーんって聞いててください(笑)
予めgoogle mapで緯度の数値をコピって、ターミナルで「gpsfk と打ってペーストし」ペースト中の緯度の区切り文字に使われているカンマをスペースにしてリターンすれば、そのフォルダの中身のGPS埋め込み情報を一気に探した地図の場所に変えることが出来ます。

実は、これ、Eye-Fi で初めにやろうとして出来なくて、最後に ShutterSnitch でやっていたことの代わりです。

あれの場合、iPhoneへ転送しなければ行けなかったので、撮影終了後にバッテリスタミナを喰うWi-Fi通信でちんたらまって転送する必要がありました。
今度の場合、普通の高速なSDカードを利用して撮影し、家に帰ってからMacBookPro上にコピった後に一気にGPS処理ができるようになりました。

さて、こんなコアな使い方をしていますけどね、こういうのってメーカーでツールとか出してくれればもっといいんですよね。
なぜかっていうと、カスタムイメージとか色パターンとか、そういうのを情報しらべて探るのめんどくさいですよ(笑)

一応、『PENTAX レンズTAG情報ページ』に色々載っているんですけど、探る時間が無くて・・・。

だからこういう感じで距離情報やどこかにオールドレンズの情報やF値を含めて埋め込ませておいて後から変換、みたいなことができるアプリが純正で出てくれると凄く管理が楽になるし助かるなぁ、って思います。

え?Adobe LightRoom使えば良いじゃんって?うーん、確かにあれ使えばレンズ情報簡単にわかるんですけどね、そのお金はレンズにまわしたいんですよね、プロじゃないしJPEG撮って出しの運用ですしね(笑)

こんにちわ。

そうそう、この間の富岡八幡宮でのお話に戻ってしまいますが、ちょっと気分的に同じレンズでどう写るかやってみました。

といっても、ISOは揃えてないし、色々条件を揃えるとかめんどくさいので同じ位置で付け替えてガチャガチャってやってみただけなんですけど、そこそこ面白い結果が。

01 STANDARD PRIME_ISO250_AWB_IMGP1964 01 STANDARD PRIME 1/40s F5.0 ISO250 39 mm AWB

こいつも02と同じように標準と名のつくレンズ。そういえばQってカスタムイメージが「鮮やか」を使うケースが多いと思うんですけど、ナチュラルで撮ると本当に「彩度が足りない」ソニーセンサーっぽさが浮き出るんでしたよね。

02 STANDARD ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1961 02 STANDARD ZOOM 1/40s F5.0 ISO250 23 mm AWB

でも、それはてっきりセンサーの性なのかな?って思っていましたけど、よく考えたら画像エンジンとかは別物なんだしそういうのってメーカーでチューン出来るんだからセンサーの特性関係ないんですよね。
だとしたら、Qで見えるこの彩度の足りない感じは普通にとってしまうとこうなるレンズの特性だったのかもしれません。それを、言い方が悪いかもしれないけど「絵作り」的な要素で補っていたのかな?

って感じます。そう、明るい光に煽られてる感じが強いんですよね。
Qでフードを好む人が多いって言う話も、こう考えるとまんざらでもない気がします。


03 FISH-EYE_ISO1600_AWB_IMGP1972 03 FISH-EYE 1/1600s F5.0 ISO1600 17 mm AWB

拡大すると実は少しピンボケしているこの03番の絵、意外にもTOY LENSとしては優秀な写りだなぁ、と感じます。手元の真横に近いところまで移り込んでくれるし、色も標準のレンズと比べて悪くありません。

04 TOY LENS WIDE_ISO1600_AWB_IMGP1969 04 TOY LENS WIDE 1/640s F5.0 ISO1600 33 mm AWB

そして、この04番。これも01番と比べて、結構いい感じで撮れます。
01番より安いのに、01番より寄れて普通に使えば広角にとれるんです。美味しいですね。
ただし、4〜5段ぐらい「暗い」レンズなのでシャッタースピードが稼げません。自立する三脚みたいな状態にして、2sタイマーで撮る、っていう気持ちぐらいで臨まないと巧くいかないことが多いです。
手持ちするなら01番にかないませんね、やっぱり。

08 WIDE ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1963

08 WIDE ZOOM 1/30s F5.0 ISO250 27 mm AWB

そして、08番。あぁ、今日は他の持ってこなかったのでここまでです。
同じものでも色々なレンズの味があって楽しいです。
そして、全体的に言えるのは、明るい方に向けて撮る分にはさほど差がつかないっていうことでしょうか。

こういう撮り方をすると、04番も02番も同じようで明るい昼の日ならどんなレンズ使ってもおんなじかも知れませんね。特に04と08は、値段が10倍近く違ってくる可能性もあるのに、同じような構図で撮って10倍の差があるか?っていうとそうでもありません。

面白いですよね。こういうのって。でも、もちろん、ISOに思いっきりの違いはあります。TOY系の03と04が同じようなイメージになるのにISOが高くなっているところがポイント。うーん、マジックですよね。

こんにちわ

今日は歓送迎会があり、東陽町で吞んできました。

そうそう、勤務先の近くであります門前仲町には、あの 『東京十社』のうちの1つ、富岡八幡宮があります。

IMGP1937 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 17 mm AWB

入口はこんな感じです。

IMGP1925 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO100 18 mm AWB 極彩

つい先日に昼間の明るい時間帯にQ7とお散歩してきた写真がありますので今日はそのお話でも。

降りる駅としては、東西線の門前仲町駅、木場・東陽町と茅場町との間の駅ですが、これ、もうほとんど千葉よりの場所に位置しています。

IMGP1859 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO800 68 mm WB:Shade


門前仲町には、深川不動と富岡八幡宮の2つがあります。
今回訪れている富岡八幡宮は、駅から少し離れたところにあります。

IMGP1998 08 WIDE ZOOM 1/320s F4.5 ISO250 25 mm WB:ShadeX-Process


近くでとるとこんな感じの立派な建物が構えております。

IMGP1987 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO250 39 mm WB:ShadeX-Process

なんというか、古き良き神社にはパワーがあるような気がしますよね。
特に昼間の晴れた時に訪れているので、尚のこと気持ちがよかったです。

IMGP1933 08 WIDE ZOOM 1/125s F5.0 ISO200 27 mm AWB


境内の景色も美しく、ゴミがほとんどありません。さすがしっかりしているところは違います。

IMGP1974 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO250 39 mm WB:ShadeX-Process

IMGP1982 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.2 ISO250 39 mm AWB

当日は、結婚式が行われていたようで、花嫁さんがチョロチョロ歩いておりました。 こういうところで式をあげるのも、なかなか良いもんですよね。

こんにちわ

この間から浜離宮庭園に来ていますが、ここは浜辺に出来た埋め立て地の場所だけあって、海が間近にある広場です。

IMGP0231 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.5 ISO100 87 mm WB:CTE


そういえば、どうして海に松っていうのが 良くあるんですかね、不思議な感じです。


01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE
背景にビルが見え、海とも繋がる広場って都会では珍しいですよね。


01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 青抽出

松と青空がとても気持ちよく、風が強いときでもあまり揺れない松はカメラで撮る人に取っては嬉しいですね。

IMGP0236 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 青抽出

でも、あまり写真を撮っているような人が海辺では見かけません。どっちかというとカップルとかがベンチや土手っぽい小高い場所で座り込んでいるのを良く見かけます。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.5 ISO100 69 mm WB:CTE

さて、海に出てきたことですし、このまま違う場所に移動していきたいと思います。

IMGP0268
06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F5.0 ISO100 92 mm WB:CTE

ここ、浜離宮は桟橋もあって、ここから違う桟橋に移動することも出来るんですよね。

ここを後にして、これからは川を上っていきたいと思います。

こんにちわ

今日はQ7を使ってからカレコレ9ヶ月以上立ちましたので、高性能レンズと言われるオートフォーカス対応レンズ+03番の魚眼を含めて再度 PENTAX Q マウントの標準レンズ群の雑感を桜の写真等を出しながら書き連ねてみたいと思います。

■01 STANDARD PRIME 58° 39mm F1.9
01 STANDARD PRIME_ISO100_AWB_IMGP0131 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.5 ISO100 39 mm AWB




  • 街・風景・色変化含む
     総合的なスナップ
  • 1対1の人物の撮影
  • テーブルフォト(料理)
  • 室内撮影
  • 雨・雪の日
  • とにかくそのF値の良さ、明るさから色々なところで使えて、しかも小さくて軽く、本体と色を合わせられるという全ての外観面でQの良さを引き出してくれるレンズです。
    02、06を持っていたら、次は03か01で決まりでしょう。01から入った人は、03、06または08が良いと思います。

    室内の撮影では光量が足りなくF値の明るさかISOを上げる必要性を求められます。
    そういう意味で02番のままでは「ぶれる」「暗い」「ザラザラする」というQの使いにくい面や不満をすぐに解消してくれるレンズです。
    カメラの知識を勉強しなくても、もうちょっと奇麗な写真が撮れないのかな?Qじゃダメなのかな?って思う前に、まず01番を手にしてみると良いと思います。色を変えられるフィルタやBCモード、AVやTVモードに限らずSCNモードも含めて「あ、Qの楽しさってコレなんだ」という気持ちに出逢えます。
    単焦点なので使いにくいかな?と思うこともあるかもしれません。でも、本来カメラって自分が動くのが基本で、そうしないと「動き」が出ないんだな、っていう基本が分かります。勉強したいなら、01番は絶対に必要です。


    ■02 STANDARD ZOOM 87-35° 23-69mm F2.8-F4.5
    02 STANDARD ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1513 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO250 47 mm AWB




  • 人物ポートレイト
  • 街並の「雰囲気」の撮影
  • 親しいペット(明るい場所)
  • 旅行の御供
  • 普段使い
  • さて、いわゆるこのレンズは「標準」を極めるためのものと表現するのが良いのでしょう。
    本体とセットで手に入れることが多いであろうこのレンズ。Q7以外のQやQ10では正直「ダメレンズ」だと思えます。
    ダメ、と言える理由は(1)セットでないと色が選べない (2)Q7以外では微妙な画角 (3)写りがシャッキリとしない。
    でも、Q7で使う時限定で結構いけます。まず、画角がちょうど良く結構広角な範囲で撮れます。Q7の標準的なレンズとして最も色々なケースに対応出来る初心者向きのレンズです。
    ズームセットで02番+Q7の組み合わせを最初に買う人が多いでしょう。最初のレンズとして少し広い世界の切り取りが出来、iPhoneやコンパクトデジカメのようにズームでサクサク写真が撮れる。
    仲間うちで撮るときも難しくなく「手でズーム」できる軽快な楽しさを楽しめるレンズです。
    手でズームできるので、光遊び・・・シャッタースピードをTvモードにしたり夜景の時に1秒のうちの0.5秒は動かさず、残りでズームしよう!と動かせば漫画の集中線みたいな絵も出来たりします。
    まず色々なカメラの遊び方をこれ1本で試せるという意味で貴重なレンズです。
    微妙な距離感で写したくないものをコントロールしやすく、Qで遊ぶならまずコレ、的な存在で、でも、全ての土台、基礎、これが一番下というレンズでもあります。Qをメインにしたいなら02番をいかに切り替えて他のものを使っていくか、が鍵になっていく全てのレンズのベースです。


    ■03 FISH-EYE 173° 16.5mm F5.6
    03 FISH-EYE_ISO1600_WB-CTE_IMGP0541 03 FISH-EYE 1/500s F5.6 ISO1600 17 mm WB:CTE




  • ペット・動物撮り
  • 広い観光地
  • オブジェ
  • 小物撮り
  • マニュアルの練習
  • いわゆる魚眼レンズっていう奴でして、結構クセがあります。魚眼の特徴は(1)広角・・・つまり広い世界を撮れる、(2)鼻を強調したペットのような写真が撮れるっていう処に面白みがあります。
    本来こういったレンズは高価で今のコンパクトデジカメでは機械的な演算で実現して安くあげているものがほとんどですが、Qマウントレンズでは「オートフォーカスに非対応」な割り切った造り方をしているために安価に手に入れられます。
    だから(3)マニュアルモードの練習材料になったりします。TAvってなんですか?絞りってなんですか?ピントってどう合わせると面白い絵になりますか?っていうカメラの基本を覚えられて、楽しい絵が生まれていく「カメラを好きになりたい」人に持ってこいのレンズです。
    また、iPhoneのようなパノラマ写真を撮る機能はQ7にありません。だから広い世界を撮りたければ「広角」のレンズが必要にもなります。03番、04番、08番が広角な世界を撮るレンズです。08番がオートフォーカス対応、04番がマニュアルで安価モデル、そして03番は魚眼でもあり広角でもあるレンズです。この特徴はいつもの写真のサイズに世界の全部を強引に収めるためのレンズといって過言ではないでしょう。そう、目の前の景色を無理矢理詰め込んでしまうのです。
    歪んで撮らない方法は結構簡単で、グリッドラインを液晶に出して水平垂直を意識して真っ正面から撮るだけです。そうすれば、超広角なレンズとしても使えます。簡単ですから、さぁ練習してみましょう。端の方では多少歪みますが、この広大な画角には、きっと可能性を感じるはずです。
    03番は意識して正面・中央・水平垂直で使い、わざと近づいて斜めにしてデフォルメして撮る、自分の向きと立ち位置で色々変化する、ずっと使える楽しいレンズです。


    ■06 TELEPHOTO ZOOM 35-12° 69-207mm F2.8
    06 TELEPHOTO ZOOM_ISO200_AWB_IMGP0105 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 199 mm AWB




  • 人物(切取・ボカし)
  • 奥行感を出したい風景
  • 小さめの花・草木
  • 動きの鈍い鳥、乗り物
  • さほど遠くない3〜5m
  • ちょい望遠したい、ボケの奇麗な写真を撮りたい、そういう需要に一番応えてくれる、というより今のところ唯一無二なレンズです。しかし距離がやや短め。
    これ以上遠くのものを奇麗にボカして撮るにはKQアダプタを使ってオールドレンズに手を出すしか道はありませんので、そういう意味で手にいれても損はしないレンズです。
    ただし作りはちゃちく、本来望遠として小さな対象にピントを奇麗に合わせるために存在しているクイックシフトフォーカスの良さを自分で殺しているというお馬鹿なレンズでもあります。 おかげで、近すぎて撮れない、遠くて撮れないの両方のジレンマを常に感じさせてくれます(笑)

    個人的には小さめな花をオートフォーカスで撮る時にはコレ一択です。無理すれば01番でもいけますが、遠景ボケは06番でないと奇麗になりません。
    また、割り切って遠くの景色を撮ってみましょう。遠くの景色を「要らないゴミ」を排除して撮れるレンズでもあります。ハードで切り取れるレンズなんです。
    被写体を撮る位置や向きを自分で動いて撮りたい主役の裏に隠れるように撮ることができれば、無人の奇麗な背景も気楽に撮れます。このレンズはそういう撮り方にも向いています。


    ■08 WIDE ZOOM 102〜77° 17.5-27mm F3.7-4
    08 WIDE ZOOM_ISO800_AWB_IMGP0535 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO800 27 mm AWB




  • 大自然的風景・満開
  • ビル・商業施設
  • 大きめの花
  • 遊園地・大勢の人
  • 目の前の空間
  • 文字看板のメモ撮り
  • とにかく広角、そして遠くまでボケずにスッキリしている気持ちの良いレンズ。リバーサルフィルムや雅といった微妙な色の濃さを載せると唯一無二な世界を撮ることが可能です。
    一番真価を発揮するのは目の前の景色を全て収めたいって思う時。もしあなたが03番の広角面での楽しさを味わっていて、でもマニュアルじゃなければ良いのになぁって思うことが一度でも感じたことがあるならば、08番は入手すべきです。
    建物のスケール感や巨大なオブジェ、目の前の海岸、満開の桜や菜の花。この広角レンズの有無でQ7の価値観が変わります。これあれば、むしろスッキリしない02番に変える機会が減っていきます。
    望遠側はマニュアルのオールドレンズで楽しめるアダプタがあります。
    でも広角側は08番が無ければ撮れません。

    大きな施設が増えた現代、施設も人物も一緒に撮りたいっていうときや、素早くスナップしていきたい、っていう需要に今最も応えてくれるレンズはコレ一択です。
    少し高めではありますが、スナップ好きで軽快なQの良さを感じているならば是非お勧めしたいレンズです。なにせ予め電源を入れて首からQをぶら下げていれば、たった1秒で眼前の世界は貴方のものになります。



    ■08 と 02 は 結局 サーキュラーPL フィルタを付けて運用・・・


    FL_08 WIDE ZOOM_ISO100_AWB_IMGP0112 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 17 mm AWB 極彩

    PLフィルタを付けた場合の08番は、リバーサルフィルムで撮るような色のノリの良い、でも、細部までスキっとした写真になることが多いです。
    特に空や水辺の色に奇麗なグラデーションがかかり、A4プリントのときなどにも惚れ惚れするような色のノリが出てきます。

    ただし、少し現実の色を印象的な色へと変化させるため、嘘くさい色になりがちでもあります。
    好みの問題がありますので、どちらがベストか?は何とも言えません。

    上位の反射低減タイプを手に入れられればガラス越しの撮影などで、上部に腕を置いて光を抑えることでノリのよりメタル感も含めた絵を撮ることも可能になっていきます。

    FL02_IMGP2390 02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO640 29 mm AWB

    02番とPLフィルタの相性も良いようです。メタルものや空の色のノリが良くなります。
    しかしながら、02番の弱点である遠い距離の明るい空についてはPLフィルタを使っても解消されません。むしろ色が強くなることで空自体がオーバー気味になったり紫の滲みが目立つかもしれません。
    02番はQ7で使いやすい画角として重宝しますが、そのレンズの表現力はあまり良いとは言えないかもしれません。
    どんな撮り方をしても、なんとなく遠方がスッキリしないんです。そしてAVの絞り優先を使っても思ったよりボケません。
    ボケに関しては01番と同じでAVモードにしてF値を抑えながら、でも分かりやすいボケを作りたい時にはBCモードを必要とするのが02番です。

    さて、全体的な感想を言うと・・・。

    PENTAX Qシリーズがコンデジ画質、と言われてしまうようなケースがQ7を使っていても感じます。
    これは(1)そもそもQやQ10が使われているケースが多く、センサーが本当にコンデジレベルであること。(2)01番と02番のレンズの解像力や遠方のスッキリさが足りないこと。(3)08番のように「良いレンズが高い」と言われて敬遠されてしまっていること。

    このような背景ではないかと思います。

    PENTAX Qはサブで持ち歩くカメラと思う人が結構居るようですが、私から言わせると、こんなにも軽快で使いたい時に素早く使えてガチャガチャとレンズを目的別に切り替えられ、簡単に、でも、奥深く使える愛着の持てるカメラは未だにどこにも無いと思います。

    小さいのは他のメーカーからも出ています。画質が良いだけのものならもちろん他にもあります。
    でも、愛着が持てる・・・例えば自分仕様のカラーオーダーが出来る、例えばカスタムボタンで自分仕様の色がダイヤル1つで切り替えて呼び出せる、例えば安いマニュアルレンズから少し値は張るけど「しっかりしたレンズ」まで幅広いバリエーションが選べつつある。

    そう、バリエーションが広いのが良いんです。だから楽しい。
    08番、確かに安いと買いやすいですが、安い06番の作りはチープで不甲斐ないです。
    セットで買える02番は画角は良いけれど、使って行くうちにスッキリしない画像に不満が出ます。

    色々試したければオートフォーカス対応を諦めることで4,000〜1万円の価格帯で広角な04番もちょい望遠な05番もあります。

    PENTAX Q は、これからレンズと本体がどう進化していくかが鍵のような気がします。特に06と02のイライラを解消してくれるレンズの存在、GPSを書き込めない本体の問題。

    本体はしばらく消耗品だと思いますから意欲的に改善していって欲しいです。
    で、レンズは\消耗品ではダメだと思います。安くて面白いレンズ、そこそこ使える02番のようなレンズもあれば、08番のように手が出しにくいけど出したら満足度の高いレンズ、その両面で支えることが必要です。07みたいな遊びも良いですが、割り切りの手法も本来の目的が達成出来ていなければ意味がありません。

    でも、今のところ、SONYやPanasonicのミラーレスより「使いやすい」「自分に合わせて選べるレンズ」というアドバンテージがあるんですから、このまま色々試みて、維持拡大してくれることを望みます。レンズの幅は、もっともっとあっていいんじゃないかと思います。在庫リスクがコワいなら、3Dプリンタによる受注生産でもいいですよ?(笑)

    Qがこの先あるかどうか。きっと今年の後半からもう一度見直される時期が来るんだと思います。
    良い方向に行ってくれると嬉しいです。軽くて使いやすくて愛着が持てるっていうのは魅力なんですから。

    こんにちわ

    昨日に引き続き、都会にある緑の広場、浜離宮のスナップですが、今日は久しぶりに都会に出ているのでその街並から。

    IMGP0069 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO400 39 mm AWB 


    駅を出て街を歩きます。

    IMGP0070 01 STANDARD PRIME 1/200s F3.2 ISO100 39 mm AWB 

    大阪と違った感じですね、やっぱり。

    と、いきなり、超高層ビル街に突入です。
    この辺が、如何にも東京。

    IMGP0071 08 WIDE ZOOM 1/100s F5.0 ISO200 23 mm AWB 

    下から見上げるともの凄い迫力です。

    IMGP0074 08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO200 17 mm AWB

    少し歩くだけで、浜離宮に着くのですが変な回り道とかされることもあるのでGoogleマップはいるかもしれません。
    こっちからだと横断歩道渡れねえ、とか(笑)

    IMGP0085 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

    まあ、お堀のような処までくれば、そこはもう目的地です。

    IMGP0086 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO200 17 mm AWB

    周りを見渡すとビルばっかり。そんな処にある広場って言う感覚が近いかな?ここのイメージは。

    こんにちわ

    今年は例年になく、桜だらけの写真。Q7があるおかげですかね。

    自宅の前のお家で、そうとう奇麗なしだれ桜も咲いているのですが、今回はそれを載せることすらためらうような桜をあちこちで見てきました。

    昨日は02番ばっかりの写真でしたが、最近は02番より06と08が中心。添え物的に01番がある感じで、どんどん02番の出番が消えてきています。

    08番の写りが好みすぎてたまらんのですよ(笑)

    IMGP0100
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 207 mm AWB 

    正直、梅の方が好きなので毎年おでかけは花粉症が本格的になる前ぐらいに梅をみまくるのですが、今年は桜ばっかり。


    08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

    ある意味人生の中で自ら桜を観に行く回数が一番多かった年かも知れません。

    いや、小さい頃住んでいた場所の目の前が桜並木でしてね、良く掃除の手伝いをさせらたんですよね、散った後で泥だらけになったやつを(笑)


    #松をバックにすると和が映えます
    01 STANDARD PRIME 1/1000s F1.9 ISO200 39 mm AWB

    だから桜って面倒なイメージしか残っていなくて・・・。でも人様のところで奇麗に咲いているのを観るだけには気持ちがいいもんです。

    IMGP0125
    01 STANDARD PRIME 1/1000s F2.8 ISO100 39 mm AWB 

    って、あれ?この感覚、前に猫でも書いたような。まいっか、都合よくても。

    IMGP0083
    08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO100 17 mm AWB

    て、そうそう、この桜は都会にあるオアシス、『浜離宮』の桜です。
    広い土地の一角にある広い公園。そして、その片隅にある桜です。

    ビルや松を背景として一緒に撮れる貴重な公園です。

    今年の桜はココのもので御終いとしておきますか。 

    こんにちわ

    桃の名所でもある古河総合公園に来ています。


    08 WIDE ZOOM 1/30s F4.0 ISO800 24 mm AWB

    ここのところ、「花」を中心に撮っていますが・・・

    IMGP1761 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

    久々の人物像のショットになります・・・。

    IMGP1579 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO400 25 mm AWB

    あともう一人・・・

    IMGP1578 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO640 27 mm AWB

    う〜ん、最近って、電車にも萌えキャラ、何に付けても萌えキャラ、みたいな感じですよね。

    でもまぁコレで地域が活性化していくっていうことならとても良い方向だと思います。
    今は何でも良いので流動していってほしい時期ですよね。

    そうそう、ゆるキャラみたいなのも居るんですね。
    最近の流行は何でも取り入れていて、ある意味スゴイなぁ、と思います。

    IMGP1589 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO100 56 mm AWB
    このキャラ、頭に雪の結晶が付いているところがポイントなんですよね。

    自分が住んでいる地域でも、これくらい貪欲になれればいいのにと思います。


    01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

    茨城は自然や学術といった様々なものがあっていいですよね。
    う〜ん、世界は残酷です。
     

    こんにちわ

    今月は割と雨が少ない関東の空模様、そして天気が良い日が続いているため、例年になく「桜」を観に行っています。

    今日はある埼玉県の土手沿いの桜を見ている景色のお話をと思ったのですがそれは後日に廻すとしてなんだか逃げない猫に遭遇したのでその写真でも載せたいと思います。

    aIMGP0754 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F4.0 ISO100 206 mm WB:CTE 雅

    この猫、逃げない理由は後に分かりましたが、実はもう少し土手を歩いた先の東屋辺りで誰かに餌付けされていた家族の一員だったようです。そっくりな猫・2匹が毛布と餌と共に佇んでおりました。おそらく兄弟でしょう。

    bIMGP0752 06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F4.0 ISO100 183 mm WB:CTE 雅

    そりゃぁ、もう、もの凄く餌付けされているようでして、なんというか、逃げるどころか・・・むしろネコの方から私に少し近寄ってきましたからね、ビックリです。

    cIMGP0742 01 STANDARD PRIME 1/800s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 雅

    でも、まぁ、それなりに野良なんでしょうか、警戒した目つきが定着しています。
    飼い猫とは根本的にそういうところが違いますよね。

    dIMGP0747 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 雅

    まぁ、それでも06番の範囲内や01番の範囲内でこれだけ近くで撮れたのは初めて。もしかしたら自分で飼わないし餌付けもしない私にとっては最初で最後の距離感かもしれません。

    eIMGP0755 06 TELEPHOTO ZOOM 1/1250s F4.0 ISO100 161 mm WB:CTE 雅

    桜の花びらを見つめるように、目の前で毛繕いまでする始末。あぁ。

    近くを通り過ぎた他のカメラマンさんもパシャパシャと撮っています。
    ですので、ある程度撮れたから、もうあまり構わずその場をお譲りしておきました。

    個人的には野良を世話するのはNGだと考えています。

    IMGP0766
    #東屋で餌付けされ、住処(箱)まで与えられている猫(B)
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO320 204 mm WB:CTE 雅

    IMGP0767
    #近くにいた違うネコ(C)
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 204 mm WB:CTE 雅

    だから毛布みたいな寝床をお年寄りなどが休む休憩場所に「住処を与える」ように置き、さらにカリカリみたいなものをあげていく人達には遺憾を覚えます。

    IMGP0768#東屋にいたネコ(B) 住処にいた子に近づいたら上記の草むらに逃げました
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO320 203 mm WB:CTE 雅

    命尊しとは感じますが、人様の家に忍び込んだり、そこでの排泄、病気などの面倒も見れないくせに「可愛がると言う美味しいところ」だけを提供し楽しんでる人達は嫌いです。野良を定期的に可愛がるというのはそう言うズルさを持ちます。

    住民が面倒を見てるケースも稀にありますが、こうして同じ顔のような猫が3匹もいて放置されているということは増えないように対処している地域猫ではないとも感じます。だから、美味しい処だけゲーム感覚で遊んでる人達の結果だとも思えてなりません。


    うーん、やっぱり嫌ですね。こういう感じ。
    自分ではペットの面倒ができないないタイプでして、だから人の事を言える立場ではないのかもしれませんが、野良を世話した人はココが休憩場所で、その場所が浮浪者が居座るよりもはるかに汚く人が落ち着く場所からかけ離れてる有様になっている事に気がついていないのでしょうか。

    私自身は動物を撮影する場所のそのほとんどが「誰かによって世話がされている場所」で見受けられる動物が中心での撮影です。

    まぁ、今まで数回野良の猫を撮ってみましたが、それは見かけた猫をかなり離れるところからストーカーのように狙っただけでした。でも、それは餌だけを与えている人達と同じ快楽だけ追った結果なのかもしれません。

    少なくても今の自分では面倒が見切れないので猫などを飼える人間ではありませんから、どうしてもそう感じてしまいます。

    今回こういうのを見てしまったので「見かけたものを撮る」というスタンスはもしかしたら変わらないかもしれませんが、基本野良猫に近寄ってまで撮るのはもう辞めようかなと思っています。

    だからこそ、今回このQ7でこれだけの至近距離で「猫」を撮れるのは結構貴重で、有り難いことなのかもしれません。誰かが餌付けしてくれていたお陰でこういう記録がとれるのですから。

    でも、今後はどうでしょうかね・・・。自分自身に憤りを感じます

    まぁ、そういうのを置いておいて、撮れた写真をあらためて見てみると、その毛並みとか、表情とか、顔の傷とか、うん、細かいところまでQ7って結構奇麗に撮れるもんですね。
    素直に感激です。

    こんにちわ。

    またまたハードモノクロームのお話です。

    色々と撮って行く過程で、例えば半分を一つのテーマで埋め尽くす『ハーフワールド』とか構図というものや被写体というものを考えて撮るということを何度か試してきたわけですが、こういうのはモノクロの写真ほど意識する必要がある、というのが判ってきました。

    判りやすい例で言うと、下記の2つみたいな感じ。

    IMGP7433
    #テーマとなるオブジェを中心に色の明暗を半分に分ける
    01 STANDARD PRIME 1/10s F1.9 ISO100 39 mm AWB ハードモノクローム

    IMGP8726
    #駅のホームの天井を全体の半分で埋める
    02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO200 23 mm WB:CTE 青抽出


    白と黒の世界だからこそ、ダイナミックさが必要となるんじゃないかと思います。
    グラデーションの与え方、白い部分の広さと黒い部分で引き締める位置。

    ビルを撮るときも、そんなことを意識していくと楽しい気がしています。

    IMGP8750
    #大阪の街・ビル
    01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

    IMGP7576
    #商店街を異空間にする天井のライトがSF風に感じられる
    01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO400 39 mm AWB ハードモノクローム

    ふとしたものでも、ライトの明るさ=白い部分になるわけですから、それに奥行き感を与えてみたり、空部分を真っ白にしてビルの反射の奇麗さをグラデーションで表してみたりすると面白かったりするんですよね。

    また、何気ない庭のような景色でも・・・

    IMGP6676
    #ボケを使って奥行き感をプラス
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200 69 mm AWB ハードモノクローム


    グラデーションをボケで生み出せば、奥行き感と光の柔らかさが出てきて楽しいです。

    モノクロームで遊ぶのはスイッチ一つ0.2秒で出来ます。
    だからこそ、浮いた時間で 光の配置具合、引き締める場所の位置、何を浮き彫りにしていきたいか?
    と考える方にパワーを使って楽しんで行けるのがQ7のメリットを活かせる遊び方なんじゃないかなって思います。
     

    こんにちわ

    ちょっと先月の話のつづき、やねせんの延長になってしまうのですが、結構いい神社があったので、そのご紹介。

     IMGP9610 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB 極彩

    まぁ、有名で・・・、そう、過去に訪れたことのある埼玉県鷲宮町の鷲宮神社(らき☆すた聖地)と並んで有名な場所で、今では東京だけでまとまった『東京十社』の1つとして有名な場所です。

      1. 根津神社(文京区根津) ← コレ
      2. 港区芝大門の芝大神宮
      3. 神田明神
      4. 日枝神社(永田町の山王権現)
      5. 亀戸天神社
      6. 白山神社(文京区白山)
      7. 品川神社(北品川稲荷社)
      8. 富岡八幡宮(門前仲町)
      9. 王子神社(北区王子)
      10. 赤坂氷川神社
    という有名な場所のようです。


    結構荘厳で素敵なところです。

    IMGP9636 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO1250 105 mm AWB 極彩

    極彩で写すその姿は梅の花びらもあいまってビビットではあるものの、美しさ極まりないです。

    IMGP9599 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO500 69 mm AWB 極彩

    今回極彩で写した金はまるで黄金の光を放っているような美しさで記録されました。

    IMGP9631 03 FISH-EYE 1/1250s F5.6 ISO1250 17 mm WB:ShadeX-Process
    クロスプロセスで撮ってみても素晴らしい感じです。いやぁ、ここまで感動するところは、都内でも数少ないのではないでしょうか。

    IMGP9682 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 23 mm AWB

    そういう意味でも、やはり10杜の中の1つだけあります。
    また、ここはツツジも映えそうな感じですし、また来たいかなぁ、とも思っています。

    IMGP9705 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO100 39 mm AWB 極彩

    し、しかも、こ、これは!
    京都の伏見稲荷を思わせるあれじゃないですか・・・
     

    こんにちわ。3月は、大阪のアベのハルカスのオープンにも駆け込んでました。

    IMGP8622
    08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm WB:CTE

    阿部のエリアも面白くなってきましたね。
    この大きなビル、これからどう発展して行くのでしょうかね?楽しみです。

    IMGP8635
    08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 17 mm WB:CTE

    難波エリアから、新世界エリアまでの流れができてますます大阪が楽しくなってくれると嬉しいです。

    IMGP8802
    01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO320 39 mm WB:ShadeX-Process




    そして、大阪ではない『いばらきーな、茨城県』にも足を運び、水戸の偕楽園の梅酒祭りも堪能して来ました。いろんな梅酒が見れ、かつ、梅も堪能できる贅沢なひと時でした。

    IMGP9358
    02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO100 36 mm AWB

    梅はツボミ状態が可愛いので大好きです。咲きかけが特に気持ちいい。

    IMGP8905
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO100 119 mm WB:CTE

    湖面への反射とかも見ていて気持ちいいですよね。


    06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO100 207 mm WB:CTE

    谷根千や大阪の商店街もイイですが、広々としている処もイイです。Q7を持ってあちこち行くのは楽しい!

    IMGP8881
    PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/800s F5.6 ISO100 354 mm WB:CTE

    こんにちわ

    今週は「やねせん」・・・谷中、根津、千駄木 の3エリア付近をうろちょろした写真を載せています。

    活気のある商店街が多くを占めているエリアですが、少し外れたところを歩くと昔ながらの風景だったり、寺神社が多く存在している場所でもあります。

    IMGQ0055 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO320 39 mm WB:ShadeX-Process

    平坦な街並、っていうわけでもなく、所々に坂の存在があります。
    階段で一気に段差を詰めちゃうところもあればジワジワっとくる坂で歩かされる感じもあります。

    こんなとき、一眼レフ機を持って、かつレンズを数本持っていたら疲れちゃいます。
    その点、Q7はスナップ感に長けています。

    IMGQ0046 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO100 39 mm WB:CTE


    首からぶら下げていれば、僅か一秒で記録まで持って行けます。
    疲れもきません。

    ふと夕暮れにさしかかってお店のランプが付いたっていう瞬間をサクっと撮ることも簡単です。

    IMGQ0048 01 STANDARD PRIME 1/200s F3.2 ISO200 39 mm AWB

    軽い、小さいってのは正義っていうのをどこかで見た台詞ではありますが、本当にその通りだと思います。小旅行とはいえ、ただでさえ携帯電話だの傘だのと荷物はかさ張りますもんね。

    IMGQ0051 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB

    灯りが雰囲気を更に盛り上げてくれます・・・。
    こういう世界観を大切にしているのは素敵ですよね。

    IMGQ0054 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO400 39 mm WB:ShadeX-Process

    おっと、古い文化財的なあれも見ておかねば・・・


    IMGQ002808 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO250 19 mm AWB 
    #築地塀に光が差し込む時間帯

    瓦と土を交互に積み重ねて出来たこの土塀は、もうかれこれ200年の刻を見てきたようです。
    築地(つきじ)の塀と書きますが「ついじべい」と読みます。

    谷中という街のシンボル?的な存在でもあるようです。
    こういうのがあるから、外国の方も住みたいとか思うんですかね?

     

    こんにちわ

    IMGP9529 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO320 17 mm WB:ShadeX-Process

    都会の中にある、昔ながらの風景を「ちょっとだけ」味わえるかも?知れない場所、それが『やねせん』です。
    杉板のような家屋もあり、活気のある商店街もあり、寺神社が今も残る街です。

    IMGP9553 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO250 27 mm WB:ShadeX-Process

    学校も雰囲気をあわせるかのような外観で出来ています。
    日本の商業圏の家屋では黄色や赤といった様々な近い色の壁だったり派手でライトたっぷりな看板などが立ち並ぶことが多く、なんというか、良い悪い両面でのアジア感っていうのがどこにでもあるのですが、ここは割とそういうのが少なめで、それもあってか観光客がとても多い街です。

    IMGP9726 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

    まぁ、それでも、写真やら暖簾やらといったアイテムが派手さを強調してしまうんですけどね・・・。

    IMGP9551 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO400 17 mm WB:ShadeX-Process

    IMGQ0019 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO640 102 mm AWB
    #めずらしく葵の紋所も発見

    こういう家屋って見ていると素敵だな、って思うんですけど、焼いた杉の板は触れると真っ黒な粉が付くし、中は寒かったりで、今の時代に合っていないんですよね。

    IMGQ0022 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO500 69 mm AWB

    だから、維持してくれるっていうのは、もうそれだけでありがたいことだと思っています。

    こんにちわ。

    都内でのお話へとシフトします。

    IMGP9520 01 STANDARD PRIME 1/80s F1.9 ISO200 39 mm AWB

    この間、古い街並が残る商店街近辺のエリア、東京の台東区付近、JRの駅で言うと日暮里付近にあります、通称ヤネセンっていうエリアをぶらっとしてきました。

    IMGP9521 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm AWB

    日暮里駅(京浜東北線か山手線)を降りて左側になります。

    まぁ、ヤネセンは、谷中+根津+千駄木の頭文字をとって「やねせん」って呼ぶエリアなんですけど、空襲でも助かったとか震災でも平気だったとか、色々言われていて、まぁ、一部は旧き江戸を思わせるような神社・寺の残るエリアであり、都内でも『活きている』商店街エリアとして活発な場所として大変貴重なエリアです。

    IMGP9523 08 WIDE ZOOM 1/25s F4.0 ISO1250 24 mm AWB

    区画で言うと写真の地図みたいなあたりです。

    場所的には、地下鉄の千駄木駅とかの付近でもあります。
    日暮里から少し歩くと千駄木駅に行けます。

    IMGP9557 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO200 26 mm WB:ShadeX-Process

    その途中に商店街が幾つか連結しており、まぁ、コロッケとか買い食いしながら散歩するエリアだったりします。

    IMGP9524 08 WIDE ZOOM 1/40s F3.7 ISO800 22 mm AWB

    結構観光客も多い場所で、都内では特徴があるエリアですから知らない人は一度くらい見てみると面白いと思います。ということで、今日からは「谷・根・千」と呼ばれるエリアの散策して行きたいと思います。

    IMGP9548 08 WIDE ZOOM 1/25s F4.0 ISO1250 24 mm WB:ShadeX-Process
    さて、どんな商店街と出逢えますかね・・・。

    こんにちわ

    もうすぐ春が来ている感じがしますよね。

    IMGP8661 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/125s F4 ISO100 354 mm WB:CTE

    梅が咲くと、もう他の花もつられて咲いてくるように感じます。実も黒かったですし。

    IMGP7164 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.2 ISO100 39 mm AWB

    ついこの間まではこんな紅葉が残るだけでも嬉しい状態の、どちらかというと茶色だけだったのが・・・

    IMGP7156 01 STANDARD PRIME 1/100s F2.2 ISO100 39 mm AWB

    もう、大きな兆しが見えてきています!

    IMGP9731 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO320 39 mm AWB

    IMGP9715 01 STANDARD PRIME 1/200s F3.2 ISO100 39 mm AWB

    そうですよね、もうすぐ4月ですもんね!

    桜も近づいてきていますよね。

    お散歩するには、まだ花粉が多くてキツいかもしれませんかね?

    こんにちわ。

    私が良く撮る色の感じは、(1)青抽出、(2)クロスプロセス(レトロ調)ですが・・・。
    ハードモノクロームも結構好きだったりします。

    IMGP8267 01 STANDARD PRIME 0.3s F1.9 ISO800 39 mm AWB


    Q7のメリットとしてダイヤル1つで雰囲気のある、というか絶対にハマっちゃう高濃度なモノクロ写真が撮れる・・・簡単に何も考えずに撮れるっていうのがあります。

    ダイヤルを回すだけで違うイメージが簡単に撮れる、コレって他のカメラにはあまり見かけないもの凄く楽しい要素です。

    IMGP8770 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO500 23 mm AWB


    普通のコンデジだけでなく、一般的なメーカーのカメラだとメニュー画面から**を選んで、**という効果を決定して、それから撮影、とやらなきゃけませんよね。
    コレってもの凄くインスピレーションを阻害しています。というか、何気ない景色でもモノクロニしたとたんにドラマが見えてきそうなものっていっぱいあるんですよね。

    IMGP6020 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1600 27 mm AWB

    Q7なら1秒で切り替えられるんですよね。凄くいいですよね、コレ。
    気楽に撮れるっていうのが好きです。だから、逆に言うとハードモノクロ、青抽出、極彩と選んだ残り一つはランダムなクロスプロセスを充ててありますが、桜ほのかとか、別なエフェクトの出番が無いというか。
    使ってみたいとは思うんですけど、スナップ中心に撮るからいちいち呼び出したり戻したりするのが面倒なんですよね。

    IMGP5057 08 WIDE ZOOM 1/6s F3.7 ISO800 18 mm AWBX-Process


    だから、本当は、クイックダイヤルにセットしている内容をセーブしたりロードしたりといった切り替えが出来るともっと楽しくなるじゃないかと思います。SDカードとかに保存したりiPhoneなどへ転送したりして色調整ができるとかあるともっともっと楽しくなると思います。
    そういうアップデートとかあると嬉しいな。

    そういや、FLUCARD出たみたいですけどQ7で使った人居ないんですかね?使えるなら買ってみたいんですが。まぁ、今高速な32GBの奴入れちゃってるので需要は低そうではありますが・・・。
     

    こんにちわ

    ここのところ梅のお話しバッカリしていましたけど、昨日近くの店で面白いものを見つけたのでちょっくらそのお話を。

    まぁ、そもそもは、いろはすの温州みかん味が好きなので、このでっかい奴をたまに買い出しに行くんです。

    で、そこで見つけたんですけどね、コレ。

     まずは、豆乳なのに「コーラ」!!

    IMGP9456 01 STANDARD PRIME 0.5s F1.9 ISO200 39 mm AWB


    うへ、まじですかっていう味ですよ(笑)

    そして、もう一つ見つけた変な奴。九州の方からやってきた奴らしいんですけど・・・

    IMGP9461 08 WIDE ZOOM 0.6s F4.0 ISO1250 27 mm AWB


    この黒くて長ーいの、茄子ですよ!茄子!

    スーパー長なすっていう名前で売られていました。す、すげぇ・・・。

    いや、茄子を育てた人なら判ると思うんです。普通に植木や畑でも1mにも満たないような樹木サイズになってたりするのが普通の茄子じゃないですか。

    でも、こいつ、2リッタークラスのペットボトルよりデカいんです。ひええ・・・。
    08番を使わないと撮れません(笑)

    育てるのも大変だろうに・・・。


    まぁ、これも味は、ふむふむ、っていう感じでそっちの驚きはあんまりないんですけどね(笑)

    世の中まだまだ知らないことが多いです。もっともっとQ7で記録して行かないと。
     

    こんにちわ

    梅っていうのは体の近くで咲いているし、大樹もあれば植木レベルまであって色々身近に感じられる花です。

    IMGP8915 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/640s F2 ISO100 354 mm WB:CTE


    香りも良いですし、実は食べたり飲み物への応用が出来たりと日本人で良かったと思えるしでとても良いですよね。

    これから春がくるんだな、っていうイメージもあってか、見ているととても和みます。

    IMGP9001 02 STANDARD ZOOM 1/125s F6.3 ISO200 64 mm WB:Flash


    Q7で梅を撮る際、一番気にすることはレンズを何にするか、です。

    これで梅をどう撮れるかが8割決まってしまいます。
    残念ながら、魚眼は向いていないような気がします。四方八方に咲き乱れるため、広がり感はただ歪んでしまうだけですし、花弁などをアップにしたくても小さすぎてデフォルメできません。

    色々試した結果、01か06がバランス良さそうです。
    満開に近くまわりにも多めに咲いているシーンなら02や08も活きてきます。。ツボミが多い段階ではただの点になってしまって奇麗な感じがしないので広角のものは場所を選びます。

    IMGP9213 01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO200 39 mm WB:Flash

    そして、残念ながら、一番奇麗に撮れそうなのはKQアダプタを使ってKマウントのマニュアルレンズを使う方が梅らしい可憐さが残る絵になってしまいます。
     
    このことから、景色に向いているPENTAXのカメラの一端だとしても、Q7では切り取るような写真を撮るのが今の時点では苦手なのかもしれないと思えてきます。

    06番が一番有力候補なのですが、前からも話している通り若干『届かない』んですよね。
    おそらく350mm付近に届くレンズが無いとダメなんじゃないかと思います。

    まぁ、自分は180cm程度の人間だから尚のこと思うのかもしれませんし、やはり背景が奇麗にボケてくれることが重要な要素だからかも知れません。梅の場合、背景は似たような色の枝だったり、似た色の花があったりするわけですから、やっぱり奥行き感が出るかでないかで良い写真になれるかどうかが決まってしまう気がするからです。

    IMGP8894 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/3200s F2 ISO200 354 mm WB:CTE
     
    だから、FA77mmが持つQ7で350mm付近となる距離感が一番好きだったりします。

    人物を撮ったりするのには拡大し過ぎちゃってて使い物にならないんですけど、花を撮るのに非常にちょうど良いんですよね。

    こういうレンズがQマウントにも欲しいなぁ。

    こんにちわ。

    この時期は大好きな梅ということで、似たような写真が続くかもしれません。

    で、今は偕楽園の続きとなります。

    IMGP9183 01 STANDARD PRIME 1/100s F2.2 ISO200 39 mm WB:Flash

    梅というのは紅もあり白もあり、中間のピンクもあれば、赤の濃い紅もあり、緑がかった白もあります。 同じようで色々違います。
    紅白の名前の付け方は大抵枝を割ったときの色。

    また、枝も良く見ると赤いものだったりと色々を奥が深いです。

    そして、Q7で実は意外にも満開に合うレンズは01番じゃないかとも思います。
    あまりボケない、でもBCモードとも相性が良いし、そこそこボケてもくれる。近距離の花をキッチリ映し出しつつ残りは良い意味でいい加減な感じで絵にしてくれる。

    曇りも夜でも使えるし、個人的には08>01>06>03>02ってな感じで3本選ぶなら必ず持って行きたいレンズでもあったりします。

    IMGP9086 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/160s F4 ISO200 354 mm WB:ShadeX-Process

    同じように白と赤を混ぜてとっても、Q7の場合ではエフェクトをクロスプロセスとか使って撮ると、また味のある色の絵になって楽しいですよね。

    IMGP9087 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/100s F4 ISO200 354 mm WB:Flash

    それから、白い奴に限っては、モノクロにしても美しさが出ます。こういう時にも01番が結構力を発揮してくれます。明るいレンズっていうのはそれだけで武器です。

    IMGP9198 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.5 ISO200 39 mm WB:Flash

    そうなると、青空を意識して青抽出しても奇麗になったりします。

    IMGP8978 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.5 ISO100 183 mm WB:Color Temperature Enhancement (CTE)

    今年の梅は今までで一番奇麗な絵になったかもしれません。
    スマフォとかではやっぱり梅の良さが上手く撮れないんですよね。その点、Q7には CTE という強い見方があります。青空を青すぎずに花を良い印象に持って行ってくれる。まぁ青抽出じゃちょっと判りにくいんですけど、微妙な色合いが PENTAX のカメラは得意というか、なんというか絵作りが巧いんですよね。

    また、同じ梅でもPhotoShopを使わずに色々と変化に飛んだイメージで撮れるっていうのも面白いです。

    Q7を手にしたら当たり前になっちゃましたが、簡単に色々な絵の雰囲気を作れて撮れるっていうようなこんな色変化は、昔は結構めんどくさかったんですよね・・・。
    あ、でも、もうすこしエフェクトを登録出来るダイヤル欲しいですよね(笑)

    こんにちわ。

    もうすっかり梅が咲く時期ですよね。

    この間は 地元の梅を撮りましたが、大阪では天満宮の梅を撮ってきました。
    IMGP8807 01 STANDARD PRIME 1/10s F2.8 ISO640 39 mm WB:CTE 青抽出


    天満宮は通天閣のあるところからは少し離れており、どちらかというと梅田やなんばよりになります。
     
    IMGP8797 01 STANDARD PRIME 1/20s F1.9 ISO640 39 mm WB:ShadeX-Process


    また、大阪では有名な場所で、三大祭りの1つにもなっていたような。

    そして有形文化財である 梅花殿 もある場所として知られており、まぁ、梅といったらここを見ておかねば、っていうようなところです。

    でも、まぁ、もの凄く咲き乱れて沢山あるような梅林とは違う感じです。

    IMGP8800 01 STANDARD PRIME 1/20s F1.9 ISO640 39 mm WB:ShadeX-Process

    どことなく遥か昔の人達がお酒を飲みながら感謝の意を持ってお参りし、仲間うちでわいわいやっていたような、なんとなく長閑な雰囲気も持っています。

    IMGP8787 02 STANDARD ZOOM 1/8s F2.8 ISO640 23 mm WB:CTE

    白梅も紅梅もバランスよく配置されており、なんというか、絵になるというか。
    とても奇麗な場所です。

    でも屋台とかもあったりするのでタイミングを間違えると梅の匂いなんてのはまったくしなかったり(笑)

    IMGP8798 01 STANDARD PRIME 1/20s F1.9 ISO640 39 mm WB:ShadeX-Process

    私は毎年どこかしらの梅を観に行っているんですが、今年はQ7を持っているので色々撮れそうです。

    ちょっとしばらくは梅の景色ばっかりになってしまうかもしれません(笑)

    ただ、大阪での滞在は短い時間でしたので、明日からは違う景色でお話ししたいと思います。

     

    こんにちわ。

    時期はもの凄く早いのですが、イオン幕張の中には、な、なんと桜が咲いております。


    01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm AWB

    もの凄いです。既に少し散り始め、緑が出始めています。
    大木を持ち込んだわけではなく、簡単に言うと大きな生け花のような仕組みのようです。


    06 TELEPHOTO ZOOM 1/20s F2.8 ISO800 69 mm WB:Color Temperature Enhancement

    根元の壁にはハート形のシールにサインペンなどで「願い事」を記載して貼るイベント参加形式のものになっているようでした。

    IMGP8525 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800 206 mm WB:Color Temperature Enhancement

    うーん、実はこれから梅をたっぷり記録しにいこうかと画策していたのですが、先に桜を撮ることになるとは。季節感が・・・(笑)

    IMGP8509 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 203 mm WB:Tungsten

    でも、まぁ、奇麗なものを見れるって言うのは嬉しいものです。

    IMGP8530 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800 69 mm WB:Color Temperature Enhancement

    幕張はとても人工的な感じのする街ですけど、こういうのがあるとホっとします。

    人間ってすごいなあ・・・。


    こんにちわ

    イオン幕張を探索した話の続きです。

    今回、ちょっと嬉しかったのは大好きなブランド、「Desigual」が入っていました!

    IMGP8512 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO640 39 mm WB:Tungsten

    IT's not the same...というキャッチと共に初めて私が見た店は軽井沢のショップでした。
    なんというか派手なんだけど色のバランスもよく、また手作りっぽさが残る感じの複合パターンデザインがツボにハマったんですよね。

    IMGP8546 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    まぁ、それでもイオン幕張店は時代の流れなのか、ファミリーに受け入れられやすくするためか、安めのアイテムは機械化されちゃってる感がたっぷり。

    Desigualっぽさがある奴は奥の方の少し高めのものしかありません。

    IMGP8547 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO400 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    まぁ、値札を見るとDesigualとしてはかなり良心的なんじゃないかな?っていう価格ではありますが、認識してもらうためとはいえ、うーん、これなら軽井沢とか別な店にいって見た方が良いかなって感じ。

    イオンさん、ちょと無理しちゃっている感じでアンマッチかもしれません。これ。

    IMGP8553 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO640 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    他にもサマンサタバタとか、金色のグローブとか、ショップを色々みていると面白いのがそこそこあります。

    IMGP8542 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO640 69 mm WB:Color Temperature Enhancement  青抽出

    また、食品サンプル屋さんも、自分で買うのは別として、見ていて楽しいディスプレイが並んでいます。


    01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm WB:Tungsten
    #食品サンプルが・・・

    実際にはありえそうにない、鰻の蒲焼きを載せたトーストなんてのもあります。

    IMGP8516 01 STANDARD PRIME 1/25s F1.9 ISO800 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    リアルだけど食べたくない・・・。なぜだろう?美味しそうではあるんですけどね(笑)
     

    こんにちわ。

    この間、噂のイオン幕張店に行ってきましたよ。

    ここはイオンが新しく提唱した「体験型」のショッピングモール。何かしらに参加できるショップが多めにある作りなのが特徴です。

    まぁ、現実はそれほど参加出来て楽しーって感じはしません。それもそのはず、どちらかというとキッズ向けが多いんです。

    IMGP8469 08 WIDE ZOOM 1/40s F3.7 ISO125 21 mm AWB

    でも、まぁ東映ワールドとかあるので仮面ライダーなどのようなキャラがあったり、お菓子の体験ショップ、ピザの体験ショップとかありますから、ファミリーでお出かけすればそれなりには楽しめそうではあります。

    IMGP8489 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO320 39 mm AWB

    IMGP8492 01 STANDARD PRIME 1/80s F1.9 ISO200 39 mm AWB

    まあ、あれですわ、カルビーのショップとかは東京駅だったか何処かだかにもある奴に似ています。でも地元にこういうのがあって気軽に子供に体験させてあげられる事が出来るってイイですよね。

    IMGP8548 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO500 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    そうそう、横浜中華街にある中華系の服を販売しているショップ、チャイハネも出店していますね。
    しかもそのカフェも併設です。

    そういう意味では普通の郊外型のイオン系大型ショップに比べると珍しい店が多いです。

    IMGP8504 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO500 39 mm AWB


    IMGP8503 01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO800 39 mm AWB
    #チャイハネカフェ


    それと、ゴミ箱も POP です。

    IMGP8494 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm AWB
    #ゴミ箱?

    奇麗な状態を保って末永く良い店として残ると良いですよね。
    幕張のほうって会社は沢山あって結構いい住宅街って感じがしてます。

    うちは田舎なので少し羨ましいですわ。
    まぁ、今の自分の住んでいる街も好きなので移りたいとかそういう話までにはならないですけど・・・(笑) 

    豆腐・ぷりん?


    ちょっと不思議なものを発見。

    あのザク豆腐を作ったとこですが、プリン味、ココア味、バナナ味とかいう変なフレーバー豆腐を作っているようです。

    IMGP8579 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm WB:Manual

    市販プリンといったら横に出るモノ無し、と勝手に思っているMEITOのシンプルな味のプリンのやつを横に添えて比較です(笑)

    IMGP8580 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO640 39 mm WB:Manual
    #左MEITO 右は豆腐

    うん、見た目には豆腐?という感じにはなります。というか、こういう黄色い食品を撮るのって難しいですね、ホワイトバランスをどう撮れば良いのか、アンダーオーバーどういじれば雰囲気が出るのか良くわからないです。
    しかも、うちのライトって蛍光管の白と電球色の黄色が2つあるので、ちゃんとしたボックスとかないとダメかも(笑)
    ってことで、もう、気にしない路線で行ってみます。

    IMGP8581 01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO800 39 mm WB:Manual

    でも、食べてみると・・・・うん・・・・。

    IMGP8582 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO800 39 mm WB:Manual

    カルメラを移植してみると、写真的には結構行けそうなんですけど、やっぱり豆腐ですわ、コレ(笑)

    IMGP8583 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO800 39 mm WB:Manual

    バナナ風味の方が、なんとなく食べれる。こっちは味は普通の豆腐のままで匂いがバナナになっている感じです。

    うーん、おやつやお菓子の気分になって食べるとしても、ちょっと2度目は無いかな・・・。

    こんにちわ

    ついに今月ももう終わりです。

    IMGP8168 04 TOY LENS WIDE 1/200s F7.1 ISO100 33 mm AWB


    今月は大雪もあり、オリンピックもあり、一番動ける時に神戸に行ったりとしていたため、実は平日のQ7稼働がとても少なかった 月でもあります。

    IMGP8226 04 TOY LENS WIDE 1/6s F7.1 ISO800 33 mm AWB


    そんな中、フラっと平日に出かけた街、懐かしかった池袋。

    IMGP8046 01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm WB:Manual


    大戸屋発祥、有名で小さい頃からお世話になった、サンシャイン、ハンズ、ビックカメラ。
    新しくなったメトロポリタン側、劇場側。

    IMGP8242 01 STANDARD PRIME 1/8s F1.9 ISO800 39 mm AWB ハードモノクローム


    日本の街はどんどん生まれ変わっています。良い意味でも悪い意味でも。

    IMGP8235 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm クロスプロセス
    #待ち合わせで有名な「いけふくろう」は宣伝部長に・・・


    実は、今月の終わりにもう一カ所埼玉の土地へのドライブとして行ってきたところもあったんですが、ちょっとアップをまとめきれなかったので来月での紹介になります。

    それは明日にでも。
     

    こんにちわ。

    もう2月も終わりに近いです。早いものですね。

    しかし、今月はそれほど出かけられませんでした。
    それも、あの大雪、凄かったです。

    IMGP7178 01 STANDARD PRIME 1/8s F1.9 ISO500 39 mm AWB

    家の周りもそうですし、お出かけした途中でも新幹線が停まるくらいでした。
    全国的にキてましたよね。

    IMGP7225 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO500 32 mm AWB

    その雪を突き抜けるように移動した先は「神戸」。

    IMGP7335 08 WIDE ZOOM 1/8s F3.7 ISO100 17 mm クロスプロセス

    主に商店街と異人街を中心に動いていましたが、なかなか素敵な街でした。

    IMGP7372 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO100 69 mm AWB
    #ガス灯なんかも素敵な雰囲気で美しいです。

    IMGP7758 02 STANDARD ZOOM 1/1250s F5.0 ISO640 43 mm AWB

    電車からの景色も素敵ですし、異人館の中から観る神戸の景色もいい感じでした。

    IMGP7931 08 WIDE ZOOM 1/200s F3.7 ISO100 19 mm AWB

    また来たいですね。今度は芦屋方面とか明石焼の方にも足を運んでみたいです。

    こんにちわ。

    ここのところ、気がつくと良く撮っちゃうのがハーフワールド系とシルエット系です。

    ハーフワールドっていうのは構図の中の半分を1つの物体か色で覆い、残りの部分で世界を表現する感じです。

    IMGP7152 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO320 39 mm AWB


    だから、こんなような、オブジェが中央にしめているような絵を意味するわけでもありません。
    これはただ単にオブジェの持つ雰囲気を撮っただけ。

    ハーフワールドは、敢えて画面の潰す世界です。

    IMGP8050 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.0 ISO200 39 mm AWB

    どちらかというとシルエトと組み合わせる感じが楽しいです。

    IMGP6708 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 26 mm AWB
     
    IMGP7300 01 STANDARD PRIME 1/80s F1.9 ISO100 39 mm WB:日陰

    また、半分として潰す側のほうの意外性や珍しさを区合わせるイメージがあっても面白いですかね?

    IMGP7695 02 TANDARD ZOOM 1/1250s F5.0 ISO640 AWB

    うん、なんか、世間で言われているような良い写真っていう奴は、人の顔の黄金比率とかと同じで何かしらの定義がありそうですよね。 ちょっと色々チェックしてみます。 色々分かったら、またここでお伝えしたいと思います。

    こんにちわ

    久しぶりの池袋、その続きです。

    IMGP8232 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO800 39 mm AWB クロスプロセス

    とにかく懐かしい土地を、そして場所を巡っています。

    IMGP8227 04 TOY LENS WIDE 1/13s F7.1 ISO800 33 mm AWB


    この間はメトロポリタン側、劇場がある方を歩きましたが、また再度サンシャイン側のお話です。

    IMGP8238 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm AWB


    池袋といえば、ビックカメラ発祥です。現在の本店は駅左側に出来ている奇麗な建物ですが、昔はサンシャイン通りの入口付近にありました。

    IMGP8247 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO250 39 mm AWB


    元本店の場所は今はアウトレット店になっちゃっています。
    いやぁ、懐かしい。ドラクエ2の時に並びましたよ、とてつもなく長い行列で。

    そして、駅からビックカメラ元本店までの道のりの細い道、ここには懐かしい「大戸屋」の本店があったところ付近の通りになります。

    IMGP8245 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO800 39 mm AWB


    現在は元有った場所は違う店になっており、その向かい側の角に店が建っています。

    そして、サンシャインと共に小さい時には遊びにいった「アニメイト」。ここも池袋発祥ですよね。
    当時はここに来ないとアニメ関連グッズなんて手に入りませんでした。

    IMGP8261 01 STANDARD PRIME 1/6s F1.9 ISO800 39 mm AWB

    そういうのを扱っているというだけで、たまにしか買わないのに何故か行く度に店に行ったものです。ここも当時の場所ではなくリニューアルしたビルになってしまっています。やっぱり30年も時が経つと街も変わってしまいますね。

    サンシャインの中の噴水広場で芸能人をみたりするのも楽しかったですし、店をふらふらするのも、東急ハンズに行って色々みてるのも楽しかったあの頃の記憶が蘇ります。

    たまに来ると面白いですよね、やっぱり。
     

    こんにちわ

    懐かしさたっぷりの街、池袋です。
    IMGP8195 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO640 39 mm AWB ハードモノクローム
    山手線で行くのが普通ですかね。線路脇はまだ雪がチラホラしています。


    IMGP8259 01 STANDARD PRIME 0.4s F1.9 ISO800 39 mm AWB 青抽出
    #サンシャイン60

    そういえば、東は西武で西東部、高くそびえるサンシャイン♪っていう歌ありましたよね。 

    で、その両方が写せる場所を発見。

    IMGP8206 04 TOY LENS WIDE 1/60s F7.1 ISO800 33 mm AWB
    #少しピンボケってますが、左西武、右東武

    JR池袋駅メトロポリタン側出口です。もっと駅ホームの橋上で窓からの絵になってしまいます。
    しかしながら、ここから両方が撮れ観られるってのは結構面白い発見です。つまりコレは南に向いているってことですよね。そういう意味でも面白い。
    ・・・というか、JRでメトロポリタンのビルに直結している出口があったなんて知りませんでした。

    IMGP8216 04 TOY LENS WIDE 1/15s F7.1 ISO800 33 mm AWB
    メトロポリタン側出口を外に出るとESOLA、プラザ、劇場とその前の広場、と色々あります。
    昔の汚いイメージとごっちゃになっている側の街です。ここから更にもっと歩くとOIOIとか立教大学とかあります。駅前だけを観ていると結構奇麗になってきたもんです。


    IMGP8213 04 TOY LENS WIDE 1/8s F7.1 ISO800 33 mm AWB 青抽出

    そして、池袋の東武側出口付近にある建物にはデザイン的に素敵パーツが多いところです。暗くなってなければもっと撮りたかったな・・・。

    今日は、そのうちの駅付近のスナップを。夜になりかけなので青抽出しなくても青いですが・・・。

    こんにちわ。

    神戸ばっかりになってきたので、ちょっと懐かしい街、池袋のお話でも。
    contents_middle_image01

    東京豊島区、山手線の左上に位置する池袋、 新宿と東京を一直線に結ぶのが中央線なら、池袋と新宿を結ぶのは埼京線です。

    この埼京線、昔は「赤羽線」っていう名前の時代がありまして、当時東京都の真北にある「赤羽」という駅と池袋までをつなぐ線路でした。
    その当時から赤羽に住んでいた私にとって、池袋は遊び場でして、まぁ、でも自転車で20分ぐらいで行けてしまうので無理に電車に乗ってまで行くことも少なかったんですが、当時自分の駅の名前の電車が無くなって今住んでいる「埼玉」の頭1文字とった名前になってしまうというショックは大きかったものです(笑)

    いまでは、埼玉の大宮から横浜まで「湘南新宿ライン」ってのも出来てるし、随分とアクセスよくなりましたよね。

    IMGP8282 01 STANDARD PRIME 0.8s F1.9 ISO100 39 mm クロスプロセス

    で、その池袋、本日はサンシャイン60がある西武側方向にあるきます。

    IMGP8280 01 STANDARD PRIME 1/5s F1.9 ISO100 39 mm クロスプロセス

    昔、池袋ウエストゲートパークっていうドラマがありまして、流行りましたよね。
    残念ながら、それとは反対側になります。東は西武で西にあるのが東武ですからね・・・。
    で、その頭文字 IWGP って、なんとなく、この池袋ショッピングパーク「ISP」を連想してつくってるんじゃないかな?って思う、感じではあります(笑)コじつけですよね

    で、そこから混雑した歩道を歩いていくと高くそびえるサンシャイン60ビルが見えてきます。

    IMGP8249 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO800 39 mm クロスプロセス


    メイン歩道となる「サンシャイン60通り」なるところをつっきり、その道の終点にある東急ハンズの横の地下道を通るか、もしくは大きな交差点の横断歩道で向こう岸に渡ることでサンシャイン60に辿り着くことになります・・・が、その横にあるはずのアレが・・・。


    ・・・ここにあったはずの、トヨタ・アムラックスが!!!

    IMGP8258 01 STANDARD PRIME 1/5s F1.9 ISO800 39 mm AWB


    なんと残念なことに、23年間続いていたのに閉館しておりました。どうやら去年の12月までの営業だったようです。
    行けば良かった・・・。

    とても懐かしかったです。製図体験や色々な車の中を実際に確認したりと色々なものがありました。

    まぁ、今時は郊外型施設(イオン系とかセブン&アイ系などに代表されるもの)に行けば、トヨタ店もトヨペット店もネッツ店もみんなまとめて存在とかしてるので、それらをまわれば全車体験できますからね、もうアムラックスのような統合施設は都会の真ん中に要らない時代なのかも知れません。
    お台場とかにもMEGA WEBとかいう施設がありましたよね。試乗もできるやつ。だからもうお役目終了だったのかもしれませんね。手狭でしたし。

    IMGP8255 01 STANDARD PRIME 1/5s F1.9 ISO800 39 mm AWB 青抽出


    そういえばどこかの鉄道会社の人も言っていたような気がしますが、『街は生き物』っていう感覚が、今なんとなく心に染入った気がします・・・。

    こんにちわ

    大雪の次の日は、なんと朝から大雨でした。

    こんな日に、なぜか朝一番で歯医者の予約・・・トホホ。

    IMGP8169 04 TOY LENS WIDE 1/50s F7.1 ISO200 33 mm AWB


    ということで、車も出せない状態。屋根があるのに吹雪で雪が積もってるだけでなく・・・

    IMGP8158 04 TOY LENS WIDE 1/160s F7.1 ISO100 33 mm AWB
     
    家の前の道がこんな状態で雪に覆われてますからね・・・。これじゃぁ、車で15分のところにある歯医者まで行けません。

    雪も水たまりと混じって最悪な感じに・・・。

    IMGP8166 04 TOY LENS WIDE 1/320s F7.1 ISO100 33 mm AWB


    なんというか、この歯医者とても良い歯医者なんですが、隣の駅なんですよね。そして駅からも距離が結構ある。ということで朝からこの大雨の中ビショビショになりながら自駅まで歩き、面倒だからタクシーでもと思ったらもの凄い行列。しかも10分まっても 1台も来ない。アチャー。

    IMGP8142 04 TOY LENS WIDE 1/80s F7.1 ISO200 33 mm AWB ハードモノクローム

    そりゃぁそうですよね、チェーンとか履いてないと危険ですし、そんなまでして動こうとする車なんて少ないですよね。普段は雪降らないし、土日で人も少ないだろうし、年に1〜2回のために備えたりしませんよね。 ましてやタクシー使いたい人の行き先なんてのは「歩くのも大変な場所」まで行かされるんでしょうしね・・・。

    ということで、歩く→自駅→遅れ気味の電車待って隣駅へ→ひたすら歩く→ビショビショで着く→もう貸し切り状態(笑)→また駅までひたすら歩く(足の指の感覚消える)→また待って自駅へ→ひたすら歩いて帰る(いつも10分のこの区間距離が25分かかる・・・)。

    この風も強い大雨だってのがクセものです。・・・車とか危ないんだわ。道も滑るし。車で15分かからないところにある歯医者に、今朝は移動だけで2時間以上かけてしまった・・・アホや。行くの辞めておけば良かったが、次の予約は3月になりそうだし、自分の予定と合わないと4月になってまう。

    ということで諦めて歩きだしました。・・・その足元は20cmくらい積もっている雪道、それが雨に濡れて、なんというか大きな水たまりの中を歩く感じが続きました。なんというか膝下まで水がある川を歩いているような感じで寒いは冷たいわでキツい。

    で・・・今日はこんな風の強い日に、とても力になってくれた、今回の傘も紹介します。

    IMGP8165 04 TOY LENS WIDE 1/200s F7.1 ISO100 33 mm AWB


    コレ、絵の部分が「プラスチック」なんですよ。だから急な突風で煽られても簡単にポキっって折れません。
    結構いいーですよ!?オススメ。


    さて、この大雨&雪道の中にQ7を持ち出すバカですが、今回持ち歩いたレンズはシンプルな作りで安定した広角を実現してくれる04番です。

    一度パンフォーカスぎみなところにレンズのマニュアルフォーカスのピントリングの位置を合わせたら後はバンバン押すだけ。こんな日にもってこいです。レンズの作りもプラスチックなので多少濡れても平気。まぁ今回みたいにレンズに水滴着くと拭き取るのめんどくさいですが。敢えて息で吹き飛ばし、その時の曇った感じを使ってソフトフォーカスぽくなる演出効果もいいんじゃないかな?(笑)

    IMGP8162 04 TOY LENS WIDE 1/80s F7.1 ISO200 33 mm AWB 極彩

    まぁ、マメにピントリングみないと微妙にボケたりするんですけどね、そこはご愛嬌。


    あ、そうそう、今年の嫁チョコはケーキでした
    IMGP8177 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm
    #ガトーショコラ

    これも・・・雪景色を彷彿とさせるイメージ(笑)。
    まさに大雪の2月を記憶させてくれました。味も手作り感があまりなくて良好でした。ごちそうさまです。

    このページのトップヘ