標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

タグ:Q7

こんにちわ

あっという間に2月になっていて、しかも、もう中ごろになっています。
時がたつのは早いですね。

ところで、ここのところお出かけできていないのですが、この冬に海外に行ってきました。

IMGP2748

PENTAX Q-S1: 01 STANDARD PRIME F6.3 ISO125 1/60s 39 mm WB:CTE

日本から外に飛び出すと面白いですよね。
Q7_P3078
PENTAX Q-S1: 01 STANDARD PRIME F2.5 ISO100 1/125s 39 mm AWB

もちろん、一眼レフでも綺麗な写真が撮れるから楽しいのですが、気軽にヒョいっと出せるのがQの良いところ。いつもと違う景色が見えたら、即その時がシャッターチャンスですもんね。
乗り物の中で撮るときには01番が取り回しが楽ですし、明るいのでスピードも稼ぎやすくていいですよね。

そんな、飛行機からのショットです。

お正月にアップしているので見慣れているかもしれませんが、・・・飛行機から雪の街を上から見たり、川、草原を上から見たりするのは楽しいですよね。こういうところでも簡単にスナップできるのはQの手軽さならではです。

IMGP2975
PENTAX Q-S1: 08 WIDE ZOOM F5.0 ISO100 1/320s 25 mm AWB

さて、目的地についてからは08番で撮り続けていく感じでした。この色のノリが良いです。ローマとの相性が良いというか、壊れた橋付近を歩きながら、今後のQのことを考えてみたり。

IMGP2964
PENTAX Q-S1: 08 WIDE ZOOM F5.0 ISO100 1/125s 27 mm AWB

たぶん、次の新型はすぐに飛びつかないと思うんですけど、自分には何が欲しいか?ってQに対して考えています。EVFとかレンズとか、色々あるとは思うんですけど、やっぱり、1600万画素クラスの解像度と、もう少し綺麗に映る環境かなぁ、とは思いますね。レンズとかセンサーとか。
特に28mm-70mmまでの間が酷いのを何とかしてくれて解像度がもうチョイあれば十分遊べるカメラだと思うんですよ。

さて、そんなQの醍醐味を楽しむための一冊。
Q骨頂の目次(その1)はこんな感じです。

未だにepub3でうまくiTuneProductorを通し切れていなくて、iPad専用になっております。
epub2でも通せれば楽勝なんだけど、なんだか、いっぱい撥ねられるんよね・・・・。

スライド2

PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」販売

でも、既にお買い求めいただいているようで、誠にありがとうございます!

こんにちわ

世間では、クリスマスになるのかな、年末でてんやわんやな日が続いております。
皆さんはお体まわりは大丈夫でしょうか。

IMGP2601

PENTAX Q-S1 1/60s lens: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO100 + デジタルフィルターイロイロ


元気なまま、年を越していきたいと思います。

さて、なぜかQ7のシャッターボタンを押しても反応しない(フォーカス優先メニューにはしてないのに)という状態に見舞われ、かつ、電池を入れ替えてもすぐに日付を忘れるという事態に突入したQ7ちゃん。

今年の年末年始はQ-S1が活躍しそうです。

カラバリを自分で張替たってのもあり、愛着も一塩増し。まさに赤なQ-S1ですしね。

IMGP9248

本当はクリスマスまでに間に合えば、と思って用意していた制作過程、ちょっと間に合いそうになかったので、年明けてからの発表になりそうです。

IMGP9259

まぁ、こういうのより、もっとQ-S1を楽しく使うにはどうやればいい?
みたいなご相談もあるかと思いますが、その辺も何かの形でひとつ形にしようと思っていますので、その際には色々とよろしくお願いいたします。

まぁ、まずは、この年末年始にちょっと羽を伸ばしてきますので、その後にでも。

去年から、今年までココを見に来ていただいて本当にありがとうございます。
今は大体が1日600ビューぐらいで落ち着いています。

あんまり書いてないのに皆さんに応援してもらえてるようで、この感じはとても嬉しい限りです。
この場であって申し訳ないのですが「本当にありがとう!」と感謝の声をあげてみたいと思います。

おっと、持ち上げといてなんですが、ごめんなさい。残念ながら、年末年始の休みはPCを触っていられる時間まったくと言ってもいいほど持てないため、Q側のblog更新、今年はこれが最後になってしまいます。

また、来年もPENTAX Qを応援する何かをしていきたいと思っていますので、また、よろしくお願いいたします。
イチオウ、K-S1側の愚痴(笑)は、クリスマス越えにアップします。それで2014年内は終わりかな。

それでは、良いお年を。

こんにちわ。

今日は一日中08番と嫁さんと一緒にお出かけに行ってきました。
そんな中、ちょっと気になる点を見つけましたのでご報告です。

私は良く中央でのフォーカス、分割測光または中央測光でのモード「P」で撮ることが多いのですが08番はこのモードが得意ではないようです。

IMGP4407
08 WIDE ZOOM 1/250s F4 ISO100 [M:TAv] スポット測光

どうやら、スポットやセレクトでのピント合わせと測光などで撮ろうとすると全体的にアンダーな写真が多い気がします。
こういうものなのかな?と思って02番とかに変えると、思ったよりそれほどアンダー(暗め)にはならなかったり。

IMGP4394
08 WIDE ZOOM 1/640s F4 ISO100 Tv 極彩

気になって、マニュアルモードでTAvとかでもやってみたのですが同じ。

1点でのピント合わせの際の測光というかレベル合わせって、Q7では実は苦手なのかも?
って感じました。仕方ないので、TAvとかでさじ加減の良いシャッタースピードで調整しています。

コレ、なぜかピントの多点オート、またはダイヤル [AUTO] にすると結構良い感じの露出レベルになるというか・・・。

まぁ、自分がまだ良くQ7というカメラの特性を理解出来ていないからかもしれませんね。

とりあえず、もう3枚ほど、今日撮った絵をアップ。
気ままにスナップしてきました。

IMGP4216
08 WIDE ZOOM 1/50s F4 ISO100
#多肉

IMGP4188
08 WIDE ZOOM 1/160s F5 ISO100 極彩
#テトラ

IMGP3872
08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 ハードモノクローム
#漁船

今日は、千葉県の銚子漁港に行ってきました。
この辺の話は、また近いうちに。

ここのところ、08番特集していましたが、明日から、また08番だけじゃないレンズでの色々で再開したいと思います。もう少しお勉強が必要ですしね・・・。

 

こんにちわ。

今日は、この2日間に撮ったものを幾つかアップしてみます。

Q7のカメラのファームウェアも行いましたので、バンバン08番で撮り始めています。
(08番を使う人は、必ずアップデートしてから使うようにしましょう)

何も考えずに撮りましたので、まとまり付かないとは思いますが、まぁ、とりあえず。

IMGP3606
08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO100 青抽出
#秋葉原駅中央口付近 広角端 ディストーションOFF

IMGP3607
08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO100 青抽出
#広角端 ディストーションON


IMGP3637
08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 青抽出
#東陽町付近 広角端 ディストーションOFF

IMGP3638
08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 青抽出
#広角端 ディストーションON

以降のスナップは全部ディストーション(歪曲)補正のONです。

IMGP3784
08 WIDE ZOOM 1/40s F4 ISO320 [P] 極彩
#新三郷駅付近

IMGP3710
08 WIDE ZOOM 1/80s F4 ISO400 [P]
#うちの庭で前後ろボケ確認

IMGP3800
08 WIDE ZOOM 1/13s F3.7 ISO100 [P]
#IKEA新三郷

魔改造レンズやオールドレンズを色々触っていただけに、広角撮影時のマニュアル・ピント合わせ=写真のキメの良さについては結構苦しんだ思いがあります。

だから、AFである広角な08番についての奇麗な写り具合は無茶苦茶感動しています。
ほんのちょっとのピントの差で甘いボケボケ写真を大量生産してたところから開放され清々しい気持ちでいます。


IMGP3818
08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO1000 [P] 赤抽出

IMGP3822
08 WIDE ZOOM 1/5s F3.7 ISO1250 [P] クロスプロセス

IMGP3739
08 WIDE ZOOM 1/6400s F4 ISO1250 [Tv]
#三郷ららシティ前

IMGP3837
08 WIDE ZOOM 1/20s F3.7 ISO1250 [Tv]
#その中

IMGP3641
08 WIDE ZOOM 20s F4 ISO160 [M:TAv] 青抽出
#東陽町付近

色々シャッタースピードを変えたり色変化をさせたり、ディストーション(歪曲)補正をオンオフしてみたりしてみました。絞りはあんまり変わってないかもしれませんが、全部広角側に振り切った感じで撮ってみています。

【明るさ】
気持ち、02番より明るいのは普通に撮っていても分かります。だからスナップするときは08番側の方が楽しい。

【ボケ】
ボカしたい時は苦しいかもしれません。対象をかなり意識して前後にモノを置きながらピントを合わせにいかないとボケません。広角レンズですから当たり前ですね。 ボケコントロールとかやっても・・・・うーん、って感じです(笑) そのかわり、ピントが奥深くまで合いやすいのでスナップには最適です。

【人物スナップ】
人物を撮るのは望遠端で撮ることになると思います。 普通に撮ったら全身ばかりのポートレイト写真が基本になりますので、変化をつけるには相手にかなり近寄るスタイルになります。だから親密な相手にしか使えないと思います。 そんなときは迷わずレンズを交換。

【夜景】
結構いけます。もちろんシャッタースピードをかなり長めに撮る感じになりますので、手持ちではキツいかな?っていう感じですが、イルミなんかは少しTvのモードでスピードを1段か2段あげることで光の拡散も防ぎつつ撮影すれば良い感じに撮れてる気がします。
長時間露光すれば★星空もいけそうな気がしています。

【デジタルフィルター】
01番同様、色々遊んでも耐えてくれます。ただしISOを上げすぎちゃうとノイズが目立って奇麗にならない傾向がある気がしています。そういう意味ではF1.9の01番の方が遊ぶのに向いています。

【解像感】
これは、私には何とも説明しようがありません。プロの写真で判断してください。
個人的には気に入っています。


結構高価なレンズですし、作例をみてから買いたいな、って思っている人はプロのものやマスメディアのモノを見てからにした方が良いと思います。

感動が得られるか? という意味では FA77mm Limited を手に入れた時のような感動とは違う感動です。
私の場合、オールドレンズでのマニュアルはめんどくさいなぁ〜、魔改造で奇麗に写っている絵を得るって難しいなぁ、っていう広角撮影をする際のピント合わせを行うことそのものに苦しんでいましたので、そういった気持ちから開放されている要素が大きいかもしれません。
でも、もの凄く広い範囲をこのQ7という小さなカメラで起動も素早く簡単にスナップできるこの感じは今まで使っていたデジカメには無い素晴らしさです。

だから、広角好きな人でQの軽さや小ささが必須の人には間違いなくオススメできるレンズだと思います。
スナップ写真をQでやってるなら、尚のこと、持っていて08-02-06のトリオで切り替えて遊んだ方が気持ちいいと思います。ちなみに私の場合、02番よりつけっぱになりそうです。

まぁ、色々御託並べてみましたが、私の出せる写真は普通の人がちょっと操作をしてみた程度のレベルのものが精一杯ですので、どこまで参考になるかは・・・なんとも。なにせレンズ交換式なデジタル一眼カメラ暦4ヶ月のペーペーですから・・・。

そんな目で見てください。


<おまけ>

ディストーション(歪曲)をオフにして、デジタルフィルターの「フィッシュアイ」を使ったらどうなるか?

IMGP3630
08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO800 ディストーションOFF
#デジタルフィルター:フィッシュアイ 失敗例

あちゃー、という感じで、明らかに歪んでいるのが見てとれると思います。
広角レンズですので、対象にぐっと寄って魚眼風に使ってみたいとは思いましたが、03番の魚眼ほど奇麗で面白い絵は作れそうにありません。今日の初めの方にある歪曲補正なしの状態でも03番の魚眼レンズのような丸い絵になっていないのが判ると思います。
08番の場合、バスのロゴ文字が斜めになる程度ですから、よく見ないと歪んでないなーって感じですよね。

残念ながら魚眼で寄った絵が好きな人は、08番での代用は苦しく、03番での マニュアルフォーカスによる撮影が続くことになるかも・・・。

こんにちわ。

今日は08番を持って興奮を抱いたままお仕事へ・・・。

ということで、08番を使えたのは朝と夜だけですので、まだ全容を理解していませんが、その中での感想を。

まず、いつものレンズテストで使っている画像から。魔改造の記事を読んでくれた人にはおなじみの景色

IMGP3690
08 WIDE ZOOM 1/6s F3.7 ISO400 広角端
#おなじみのアキヨド

 魔改造の超広角スナップ版では、5mmのレンズをベースとしていました。今回の08番では3.8mmになりましたので、それよりも広い画角、102°が実現されています。
ですから、写せる範囲はかなり広いです。
上の写真は、秋葉原ヨドバシの入り口からちょっと離れた横断歩道先、JR中央改札出口付近から上を見上げて撮ったものです。
全体が映り込み、そのスケール感が圧倒的な魔力を放っています。

IMGP3691
08 WIDE ZOOM 1/4s F3.7 ISO400 広角端
#いつものJR秋葉原駅 天井の排気口オブジェ

で、いつも通り排気口オブジェを撮ってみたのですが、なんと端から端まで全部写ります。
すげえ・・・。

 IMGP3662
08 WIDE ZOOM 1/2s F3.7 ISO1250 広角端
#永代橋

日が暮れてしまっているので、魔改造で撮ったときと同じ場所、永代橋に行ってきました。
ここは会社から割と近いので帰りに寄りやすいんですよね。

手持ちでの撮影なので若干手ぶれてしまっているのですが、それでもその端正さが伝わります。

さて、もう少し帰りがけのスナップを、ひとまず。

IMGP3674
08 WIDE ZOOM 1.3s F6.3s ISO400 望遠端
IMGP3670
08 WIDE ZOOM 1s F4 ISO320 広角端

こちらの写真の撮影場所的には東京都・・・茅場町駅付近になります。道路沿いで、やっぱりコレも手持ちで撮影。それにしても、オートフォーカスのなせるわざとでも言いますか、このクオリティは圧巻です。

まぁ、そこらの高級コンデジレベルにようやく追いついた、といってしまえばそれまでですが、そこらの高級コンデジと違うのは、レンズを交換出来て用途に合わせて色々組み替えられる所ですからね、その差は大きいです。しかも01、02、06と他に3つもっていても軽い。コレは素晴らしいことです。
(まぁレンズだけでコンデジ買えるとかっていう話もありますが・・・苦笑)

また、先日動画でも御見せしていますが、08は割と飛び出ないようなレンズの長さではあります。
でも、これも私みたいに、なんとなくレンズを鉄(鞄のファスナーや鍵)にぶつけて傷つけたらどうしよう、とか、取り替える時にヒョいってポケットに入れるし手でも触るかもなぁ、ってなことを考えてしまうと、フードじゃだめなので、やっぱりプロテクタを付けてしまうことに。
私ビビりですし。更にちょっと出っ張ってる感もありますんで・・・。

でも、新たに買うのではなく、smc PENTAX-M 1.4 に付けていてた奴をこっちに転用しただけです。
同じだから嬉しい。


そうそう、08番を買ったら、カメラのファーム更新が必要です。

 → Q7・・・カメラのファームウェア更新データ 

にありますので ダウンロードして、SDカードのトップに置いてQ7のMENUからバージョンを選んでアップデートするのをお忘れなく。
 

こんにちわ。

ついに発売となりました!!
なに?なに?

あれですよ、あれ。ずっと憧れていたレンズ、08番!

早速入手してきましたよ。

 IMGP3566

とりあえず、実際の撮影サンプルがちゃんと出来るのは週末になると思います。
そこで、今回は、まず「開梱レポート」から公開です!

使用感とか色々あるんですが、とにかく、いいです、これ。
肌触りとか、ラバーグリップなズームリングは06番のような軽さではなく、でも固くなく滑らか。
気持ちいい。

では、とにかく、まずは、コレ。

 YouTube にアップした開梱レポートを公開 です!


  とりあえず駆け足で作ってアップしたこともあってか、動画の最後の方にある歪曲補正の奴、ゴメンなさい、カメラのファームウェアのアップする前に撮ったやつで作っちゃったので無視してくださいね〜。 というか、あんまりこだわらなければものの1時間かからずレポートムービーが作れるiMovieって、08 WIDE ZOOM 同様、凄いわ。

こんにちわ。

早いもので、もう11月も後半。後少しでクリスマスを嫌でも意識させられる時期になってしまいますね。というか、既にクリスマスカラーは始まっていますね。

そんな中、この間は鹿沼の方でやっていた新蕎麦祭りに行ってきてて、そういえば、その話してなかったな、と思い出して今書いています。

ええ、私、結構なほど、蕎麦が大好きだったり。
個人的には栃木の那須地方の霧が岳の手打ち蕎麦が大好きなんですけど、そうそう行けないので、この時期は近場で食してます。

今回は、Q7で初めて撮っていく蕎麦になります(笑)

IMGP2107
FA77mm Limited 1/200s F2 ISO100
#その日ぶった蕎麦を茹でて食べる、いいですよね、こういうの。
IMGP2106
FA77mm Limited 1/800s F4 ISO100
大きな鍋でたっぷりの湯で茹でるのが美味しいそばの秘訣だと思っています。今回はお祭りなのでテントの下で茹でていました。

IMGP2101
FA77mm Limited 1/640s F2 ISO100
#茹で上がるとこんな感じで、う〜ん、美味しそうです。

IMGP2141
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 3rd. 1/80s F4 ISO1000


もちろん、家で食べる分の生も持ち帰り、夜も蕎麦を食べました。でも、ちょっと違うのは、家でハンペンや茄子などの天ぷらを作って晩酌しつつ、食べていきましたよー。
ごちそうさまでした。
季節のものを食べていけるって贅沢な暮らし方だと思うんです。そういうのをこれからは写真で残していけるので、また、これも楽しい時間です。

こんにちわ
まだまだ購入後から3ヶ月以上も経つのに使いこなせていないヘッポコです。

気になっていた、CTEなる機能をコレから少し突っ込んでみたいと考えています。

そもそもコレってなんぞや?
てなところですけど、 正式名称は「Color Temperature Enhancement」の頭文字だそうで。
で、どこにそんな機能があるのか?というと、撮影時の十字メニュー下「WB」のボタンから呼び出せるようです。

 42
#「WB」(ホワイトバランス)メニュー

このホワイトバランスメニューの右の方に「CTE」、あ、ありましたね。
でも、そもそもWBって?

うーん、コレは、どうやら色温度を調整する機能のようです。
え?色温度って?

難しいことがいっぱい出てきますよね。
ざっくり簡単に噛み砕いていきますか。

まず、世の中を記録もしくは測りごとをする際、こと色に関しては「基準となるセット」みたいなのがあるようです。うーん、難しい、音符でいう諧調? 音楽でいうメトロノームとして初めに合わせるリズムのスピードみたいな感じ?

実際には、白熱蛍光管と電車とかで最近使われているLEDぽい室内の青っぽいライト、それから太陽の下の明るく黄色い感じ、古い電球のオレンジっぽい感じ、同じ光でもそれぞれ「照らされた時の色の見え方の基準」が変わっちゃいますよね。同じ白でも電球の下だとオレンジです。でも自分の目ではこれを白と認識したり。

こういう色の基準の変わり方を「色温度」という形で表しているようです。
なんとかケルビンとか8000Kの色温度とか聞いたことありますね、あれですか。

でも、似たようなのに「ガンマ」っていうのありますよね。あれは?
ガンマは色の「諧調の強さ・濃さ」を表現しているものだと考えます。ベースの紙の色味が「色温度」そこで塗られる絵の具の塗料の濃さが「ガンマ」と解釈しちゃえばよいかもしれません。 ガンマは数値が低いほど色が薄い感じになった気がします。
パソコンのディスプレイ設定とかをいじろうとすると出てくるあれですか。ようは基準の白をどうするかっていうことで、色々変わっちゃうってことかな。

で、その辺をオートでうまーくカメラが調整してくれるのが「AWB」 つまり、オート・ホワイト・バランス(Auto White Balance)の略で、Q7にはこのWBがプリントされているボタンから選ぶことができるようです。

オートじゃなくて明示的にこうしたい、って場合、Q7では「太陽光」「日陰」「曇天」「昼白色蛍光灯」「白熱灯」「フラッシュ」「CTE」「自作1〜3」から選べるようです。

この中にあるCTEてやつを使いこなしたい。
そんな気分なのです。


で、使いこなせるとどういうことが出来るようになるのか?
っていうと、どうやら2つの絵作りに貢献するようです。

  • 空のように微妙な色が連続するところで奇麗なグラデーションが得られやすい
  • 写したい主役の色と背景の色がクッキリしすぎるとき、背景側を対象の色に近づけてくれる(柔らかい色合いでかつ対象を引き立つ演出な色使いに変えてくれる)

まだまだうまく体で理解出来ていないのですが、台風後の空を普通のとCTEで撮ったものを横並びにしてみました。

PENTAX-Q_CTE

01 STANDARD PRIME F3.2 ISO100 
#左が「AWB 1/200s」右が「CTE 1/160s」/ MacBook上で横並びにしてキャプチャ

例によって空に写る雲が「鳳凰」に何となく見えたので撮影したんです。
 左の方は一見すると鮮やかなんですけど、右の方を良く見ると空の色調・グラデーションが少し誇張されて目で見る印象に近いイメージを表現してくれています。
って書いても難しいか、伝わりにくいですね。
簡単にいうと右の方が「鳳凰の形が判りやすい」といった方が良いのでしょうか。

空として、印刷すると鮮やかで奇麗な写真に見えるのは、たぶん左でAWBの奴です。でも撮りたかったのは「鳳凰の形に見える雲」なので、それに近い表現にしてくれるのがCTEモードだった、というべきでしょうか。
う〜ん、でも、空の青に雲が引きずられるのであれば鳳凰は青くなるはず(つまりAWBのような色になる)ので、なんか矛盾が。
でも、対象が雲なんだ、ということをQ7が私の気持ちを汲み取ってくれたんだとすれば、雲の色に「空が引きずられた」ので青の鮮やかさが消え、より雲の形が見えるようになったと言うべきなのでしょうか。
もしそうなら恐ろしく使えるモードです。

もっとも、私の場合、空に限っていえば「青抽出」っていう必殺技で撮っちゃうのでダイヤル切り替えるだけで使えるそればっかりになっていますが(笑)

でもCTEを巧く使えるようになれば、これからの紅葉の時期に背景が汚い灰色になって秋らしさがでてこない、全体的に赤くして欲しいんだ、ってときや、夕焼けの紫まじりの空を奇麗に撮りたいんだ!
っていう時に使っていけるらしいです。

幸いにもQ7では「記録した直後に再生モードにしてAv±ボタン」を押すことで「RAW+」つまり後でホワイトバランスを色々変更して確認できる保存の仕方で記録できるようですので、コレを使って色々試してみたいと思います。

ということで、続きは少し修行をしてからかな・・・。
 

こんにちわ。

この間の連休の日曜日に行って来た横浜ですが、この時期は素晴らしいフェスティバルシーズンなのですが、実はこの時期の山下公園は、臭いもスゴくフェスティバルなんで、苦手な人は注意です。

IMGP0830
02 STANDARD ZOOM 1/25s F5.0 ISO200
#たくさん実っている黄色いもの、コレがなにか判りますか?

ギンナン
#極彩写真版を「ドアップ」


そう、この時期、山下公園は「ギンナン」の真っ盛り。とてもスゴい異臭を放っています(笑)

食べると美味しいんですけどねぇ・・・。
rose

ちなみに、イチョウは東京都で、横浜市の花はバラですよ・・・。
お間違いなく。

さて、そんな時期の横浜ですが、今回は石川町駅から降りて元町商店街を通り、まずは外人墓地を散策。

IMGP0652
01 STANDARD PRIME 1/200s F3.2 ISO200
#JR石川町駅ホーム

IMGP0656
01 STANDARD ZOOM 1/125s F2.0 ISO200

この駅はシンプルですが、ホームの壁画といい、降りた後のステンドグラスぽい飾りといい、スタジアムのある関内駅に比べ地味ですが横浜に来ているぞっていう雰囲気のある駅です。

元町商店街がすぐ近くにあります。
昔はオシャレの発信地!?バッグのキタムラや4°C元町店とか色々有名な店がありますよね。
昔は横浜トラディショナルとかいって流行発信地だった気がします。こどもの頃はあこがれの街でもありました。
IMGP0676
01 STANDARD PRIME 1/125s F2.0 ISO200
#元町商店街のABCマート

あの派手な黄色看板に赤文字のABCマートですら、元町商店街ともなればこんなオシャレな外観になってしまいます。

この商店街は15歳頃に来たとき、黒いスヌーピーのパスケースを買いました。懐かしい街です。店は結構変わってしまいましたが、雰囲気が同じ感じです。こういうのっていいですよね。

IMGP0672
01 STANDARD ZOOM 1/160s F3.2 ISO200

ここの商店街の脇、横道もしくは終点付近の右横道の坂を上っていくと、外人墓地に辿り着けます。

IMGP0767
02 STANDARD ZOOM 1/80s  F3.2  ISO200 
#外人墓地

わりと広いんですよね、ここ。
横浜市に携わった人々が眠りについている場所です。
ここはランドマーク(タワー)とかも 見えるし、横浜を眺めて永眠できる良い場所です。

歴史のある街っていいですよね。

こんにちわ

今日もモノクロな世界な気分です。

相変わらずハードモノクロームで撮ると気分が引き締まります。

IMGP0964
01 STANDARD PRIME 0.4s F1.9 ISO320

IMGP0879
01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO100

レリーフやオブジェはどことなくクラシカルなイメージを出すのにピッタリな対象です。
本当はクイックダイヤルが8個くらい登録出来ると、①ハードモノ、②ソフトモノ、③青抽出、④セピア、⑤TOY、⑥さくらほのか、⑦極彩、⑧何もなし(ナチュラル)とか設定出来るんですけどね、いや、鮮やかとかクロスプロセスとかも使いたいから10個くらい欲しい(笑)


IMGP0730
04 TOY LENS WIDE 1/80s F7.1 ISO100

01番だけでなく、他のレンズでもモノクロは楽しいですよね。
広角なレンズを使えば大きな対象も絵作りに貢献してきます。

IMGP0776
02 STANDARD ZOOM 1/800s F3.2 ISO100

広角にしつつ、対象には寄る。これがダイナミックさを教えてくれます。

IMGP0682
01 STANDARD PRIME 1/80s F1.9 ISO200

でも、明るいレンズである01番で撮るハードモノクロームが一番はっきりと明暗を捉えてくれる気がしています。昼間の明るい所であればレンズを選ぶこと無く使えるのですが、モノクロのイメージが浮き出るのって日陰の場所が多いからですかね?

IMGP0933
02 STANDARD ZOOM 1/160s F4 ISO320

さて、今回の3連休のうち、2日は家でゴロゴロしていたんですが、うち1日はちょっと遠くでしたが懐かしの横浜に行ってきました。
横浜近辺は20代の頃住んでいて懐かしい場所です。
 
海と空が共存する場所、ここはとても素敵な場所です。
明日はちょっとだけ、その辺をQ7で撮ってたので紹介していきますね。 

こんにちわ。

今月は01番強化月間としてまして、出来る限りお外で使おうと思って持ち出しています。

それから、Q7を買ってしばらくぶりに一眼に手を出した、というよりは初心者な私が、まず良くスナップとして周りの景色で目にするようになったのは、お花です。でも巧く美しく撮れるならまだしも、微妙な感じばかりになっていて、一番悩ましいのも、この「お花」です。

今までお花にあまり興味が無かったからかもしれません。
撮る対象として分かりやすいのがお花なんですよね、ササっと撮りやすいというか。
でも、渾身のショットが出にくいのがお花なんです。だからつい色々撮ってみています。

IMGP0428
01 STANDARD PRIME 1/25s F1.9 ISO320

お花の写真の場合、花びらの向いている方向に空間を作ると良い、っていう感じなのは理解してきました。
でも、その空間、なんというか、空や背景との色のバランスを巧く合わせられないというか、コレ、難しいです。

IMGP0645
01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO120
 
お花の場合、更に気をつけるべきっていう点は、確か『しべ』(雄しべ、や雌しべ)にピントを合わせること、だった気がします。構図とピントの両方は結構気を配るようになってきたのですが、「全体の色バランス」の部分で、まだまだ修練が必要だなぁ、と感じています。

せっかくQ7は奇麗に撮れるのにスキルが追いついていかないって言うのはダメダメですよね。


IMGP0695
01 STANDARD PRIME 1/320s F3.2 ISO100

後、背景を上手くボカすっていうのも難しいです。あ、いや、確かに FA77 Limited とか PETAX-M 50mm F1.4 とかのオールドレンズを使うと簡単なのですが、01番を使うと、どうも欲しいイメージのボケ方にならないというか。

あ、そうか、本当はココでBCモード(ボケコントトロール)を駆使すれば良いのですかね・・・。
ハイ、ごめんなさい、あれ、ダイヤルの中で一番使わないんですよ・・・。
なんというか、撮るのに時間がかかるし、出来る絵が嘘くさいというか。コンデジ使っている時なら喜んで使っていたのかもしれないんですけど、なんか一眼でワザワザああいう処理するのもなんだかな、っていうのもあって・・・。

IMGP0831
02 STANDARD ZOOM 1/25s F8 ISO100

標準ズームな02番を使っている時も同じで、色バランスに悩みます。そもそもボカしたいけど、それ以前に「色」を操れていないので素敵な絵にならないっていうのが私の課題です。

IMGP1025
01 STANDARD PRIME 1/20s F7.1 ISO160

この写真のように花だらけの場所で奥行き感を出したいと思ってF値を上げ絞ってみても、黄色い花に対して奥の方が色が強くなってしまったりしてしまうんです。まぁ、そもそもコイツは黄色にピントが合っていないので問題外なのかもしれませんが、色の構図を撮るのに、傾きを優先するとシベが見えなくなり、シベ優先にすると背景がボケていなくて寂しかったり。

なんというか、難しくもどかしい・・・。

IMGP0811
04 TOY LENS WIDE 1/125s F7.1 ISO100

なんというか、他のTOYレンズで寄って撮る時はそんな風に感じたりしないのですが、普通のAFレンズで撮る時に、もの凄くバランスの物足りなさを感じます。

単純に望遠マクロレンズがあれば、もうちょっと良い絵になるんでしょうか。

ボケの形と色の明暗とカラーバランスの組み合わせ、この勉強をもう少ししないといけないですね。
う〜ん、単純に「反対色」と「グラデーション」を意識して一番端の色なんかを持ってくるようにすればいいのですかね?

例えば、青抽出とかしちゃえば、それなりにごまかして見られるような雰囲気が出てくる気もしてるので、色を浮かせるアイデアと技術が足りないだと思っています。

IMGP0765
02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.5 ISO640:青抽出


カメラによる絵作りって、難しいですね。
一生勉強ものです。

こんにちわ。

この間、ある公園みたいなところで何気なく歩いていたら、全然逃げないネコちゃんが居ましたので、コレは!と思い、さっそく06番を付けて撮ってみました。

IMGP0735
06 TELEPHOTO ZOOM 1/320s F2.8 ISO200

このネコちゃん、カメラ慣れしているのか、こっちに目線をくれるし、動かないしで・・・まるで俺を撮れと言わんばかりの状態でした。

IMGP0737
06 TELEPHOTO ZOOM 1/320s F2.8 ISO200

しかも何枚か撮っていたら起き上がってコッチ見てくるし(笑)

今まで私は野良猫について、あんまりキッチリ撮れたためしがないんですよね。
06番で撮れる範囲に近寄ることが出来ないというか、近寄って逃げられることばかりだったので。

しかし、今回のは愛嬌が良いのか、人を怖がらないっていうのか、慣れている感じでビくりともしません。

しまいには、撮ってて移動した後、もうちょっと日陰でまた寝に入るような感じでした。

IMGP0747
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1250
#日陰なのでISO上げています

寝ながらもコッチに目を向けてくれるというなんというタレント性。

例によって野良猫なので手で触らない、餌を上げないに徹していますが、それでもちょっと何か上げたくなる気がしたのでお辞儀だけしておきました(笑)


ネコや犬って、ほんと、撮りはじめると可愛いんでしょうけどね、今は全然やっていないです。
動物園とかで違う動物は撮ること結構あるんですけどね。
犬は飼い犬さんを引き止めてまで撮る気にはならないし、自分では何も飼って居ないので、撮れる可能性があるのは猫だけなんですけど、猫に庭を散々臭くされてからは疎遠でした。
難しいですね。
それから、猫視点でカメラとか取り付けて撮影とかもやってみたいです。 

・・・そういえば、ローカルTV番組で「猫侍」っていうのありますよね、あれ、まだ見ていないんですけどなんだか面白そうです。 

こんにちわ。

今日はついに手にしてしまった最後の砦、04番のお話です。

Q7とほぼ同時に7月に買ったのは01番、06番、03番でした。
そこから07番、現役しているKQアダプタで使うオールドレンズ達に手を出して、過去のフィルム時代のレンズに手を出し、魔改造のネタとして05番を手にし、最後にたどり着いたのが04番。

これ以上は無いのでRICOHさんには 「08番か09番」なるものをさっさと出してもらいたいものです(笑)
出てないものだから何とも言えないけど、次に出てくるのと、02番である STANDARD ZOOM 23-69mmや、この04や05番は結構被るような気もするので08番つけてたら04番使わない、ってなっちゃいそうな気もします。でも、MFばかりは考え物ですからそこは諦めで早く欲しいです。というか、マニュアルレンズの04と05の立ち位置はかなり微妙です。だから今まで手を出さなかったんですが・・・。

さて、04番の話に戻ります。

TOY LENSであるコイツは歪曲補正をしないんでしたよね。


IMGP0567
04 TOY LENS WIDE 1/250s F7.1 ISO100

例によって、秋葉原のヨドバシ前でテスト。周辺部分で歪んでます。ビルが曲がってますよね。まあ、これはこういうレンズということで味だと考えましょ(笑)
それと、これは仕方ないのかもしれませんが、F7.1固定の明るさのレンズなので暗く、日昼では問題ないのですが、曇ってくるとISO感度の数値を上げなくてはいけません。そう、だこらザラついた感じの写真を増産しがちです。ISOはできだけ1600以下で使うようにしないと綺麗になりませんのでかなり気を配る必要あります。と、言っても範囲を設定してグリーボタン押せば基準設定を一発でセットしてくれるので楽チンですけどね。

逆光についてはどうでしょうか。

IMGP0579
04 TOY LENS WIDE 1/400s F7.1 ISO100
#朝の太陽へ向けて極彩にて

まぁまぁ面白い絵になります。光の像、光芒のイメージが好きな人は逆光でも使っていけそうな気がします。

フィルターをかましながら遊ぶと楽しいですね。
なにせ、マニュアルですが、数m離れた距離だったら「Far」に振り切って使え広角スナップとして使っていけます。短い距離は4〜5cmまで寄れるのでその際にはピントを合わせて使うことになります。

 IMGP0583
04 TOY LENS WIDE 0.6s F7.1 ISO160

IMGP0585
04 TOY LENS WIDE 0.6s F7.1  ISO250
#塚田農場という居酒屋にて

室内ではISOを上げたり長いシャッタースピードにしたりと必然的に「落ち着いて撮る」ことになります。マクロっぽく使えるといっても、そこはF7.1固定のレンズなので、ISOを稼ぐかシャッタースピードでごまかすしか手段がありません。

0.6秒ってのは結構長いです。飲んでいる最中だとプルプルきます。連射にして数枚のうち1枚を選ぶくらいの気持ちにしないと駄目です。しかもピントもフォーカスピーキングx6倍状態にしてできるだけ赤い線が出るようにして撮ることになります。
つまり、この作業を行う時点で、室内のスナップには向かない、っていうことになります。

まぁ、全体的に使えそうで楽しいですよ。05と04どっちを買う?と言われたら、06番をよく使う人は広角な04番を、02番主体の人で06番を持っていない人は05番、ってな感じですかね。


個人的に欲しいのはQ7換算時点で77mmになり、FA 77mmLimitedを置換えられる小型のQマウントレンズ、それともう一つQ7換算で20〜33mmくらいになる広角ズームな、ともにAFのQマウントレンズです。
オールドフィルムレンズなら16mmとか5mmになるんですよね・・・。こんなクラスの良いレンズって良心的な価格で簡単には手に入りませんからねえ、QマウントのLimited あたりとして出してくれたら嬉しいですよね。  04番も05番も暗いのがネック。外で遊ぶ専門ですね。写りは悪くないと思ってますし、軽いので色で遊ぶ、または、マニュアルのピント合わせを愉しむ感じで手を出せば、新しいQの使い方となって遊べるレンズだと思います。

こんばんわ

結局なんだかいって、コンプリートになっちゃました。
買うつもり無かったのに、材料として05番を買ったがために、もう、えいやの世界で04番が手に。

IMGP0551
03 Fish-Eye

IMGP0543
04 TOY LENS WIDE

IMGP0546
05 TOY LENS TELEPHOTO

IMGP0548
魔改造レンズD 「プラスアルファード」(05番本体+07マウンタ+後玉)


そういえば、この魔改造レンズDの歪曲具合もチェックしてきました。

IMGP0538

IMGP0539

結構酷いですね(笑) 近くのものを撮っている分にはたいして気にならないんですけどね。
というか、04番、結構広角だし軽いしで、面白いじゃないですか。
早く手にするべきだったかなぁ〜

こんにちわ

今回の魔改造Dは、とても簡単で、バラけてしまった 魔改造C:type-2 に使っていた後玉+07の電子情報付マウンタ+超広角スナップを作った時にあまった05番の本体の言わば寄せ集め、プラスαの集合体です。

お姿はこんな感じになります。

Q7-Image


やはりうちのBlack&LimeカラーのQ7には、黒いレンズの方がしっくりきますね・・・。

さて、少しお外で撮ってきました。
撮影した日は、残念ながら雨でした。でも、このF8なレンズなんだけどマウンタ情報のおかげでF9になってしまっている問題がどうなるのか、という意味も含めると暗かった方がかえって特性を掴めて良かったかもしれません。

IMGP0476
#魔改造レンズD 1/5s F9(8) ISO160

やはり周辺で流れるような絵になっているようです。
04番を買ってないのでなんとも言えないのですが、広角にしたいだけだったら04番を買う方がクリアで良かったかもしれません。

あぁ、でも04番買わないで07番2個とか05番2個とか入手して改造しているくらいなら、04番も手に入れてしまうべきかなあ・・・(笑)

 
IMGP0484
#魔改造レンズD 1/13s F9(8) ISO160

IMGP0481
#魔改造レンズD 1/13s F9(8) ISO160

立ち位置は1mくらいのところですか、普通にフォーカスを合わせる感じも05番と同じです。
近場でなければ、もう Far 側に振り切ってスナップする感じです。

IMGP0492
#魔改造レンズD 1/13s F9(8) ISO160

 IMGP0486
#魔改造レンズD 1/13s F9(8) ISO160

やっぱりマニュアルレンズは難しい。オートフォーカスの01番を使うとキリッとした合焦する絵が得られるのですが、こいつのように手でピント合わせにいくと焦点がどこ行っているのか微妙な絵ばかりが出来てしまいます。

しきい値でピントを合わせるやり方そのものに、素人には無理があるんですよね・・・。
四角い枠と音で知らせてくれる方が100倍便利。


マニュアルでも同じようにしてくれれば良いのになぁ・・・。

ということで、こっちのほうが前の超広角スナップ版である魔改造A ver.3より軽いし奇麗なので、しばらくこれを使ってみてみます。 

こんにちわ

今回の魔改造は、とても簡単なシリーズ番です。
実は、前に作っていた 魔改造C:type-2 を落としてしまい、付けたパテなどがバラけてしまって同じような状態まで使えなくなってしまいました。

そこで、その後玉を再利用、かつ手持ちに残る07の電子情報付マウンタ、そして過去に超広角スナップを作った時にあまった05番の本体を組み合わせ、1つのレンズを作ることにしました。

画像1
#落として真っ二つになり、再生が困難なほどパテが剥がれてしまったC:type-2の現役写真

魔改造C:type-2 は 手前に物を置いて後ろをボカす専用のレンズで、type:1と同様に絞り羽を内蔵していました。しかしながらその扱いの難しさがあったので、どうしようかと思っていたからかもしれません。
気のゆるみが出たのでしょう。


さて、今回出来たのは言わば寄せ集め、プラスαの集合体です。
IMGP0464
#左が魔改造D プラスアルファード、右の銀色がオリジナルの05番

このレンズの特徴は、05番ベースであり、05番とほとんど変わらないところです。
だから敢えて黒くマジック塗りしておきました(笑)

で、どんな感じな絵になるか、っということで、まずは室内でテストです。

IMGP0449
#普通に05番で撮った場合

IMGP0448
# 魔改造Dで撮った場合


IMGP0450
#普通に05番で撮った場合

IMGP0451
#魔改造Dで撮った場合


うはは、ピンボケしまくりですね、液晶画面のみで判断したのもまずかったのかな・・・。
まぁいいや、もう一つ窓際で撮影。

IMGP0456
#05番で撮った場合 0.3s F8 ISO160

IMGP0457
#魔改造Dで撮った場合 1/5s F9(8) ISO160


普通の05番のレンズに凹レンズ一枚後ろに付けただけですが、若干広角になっているようですね。
周辺は少し流れているようです。07番のマウンタ情報が出ますので、まぁ似たような特性になるのも都合がいいのかな?

欠点はもとの05番はF8固定でしたが、07番はF9固定になりますのでそのあたりで光量コントロールが難しいかもしれません。というのも曇りの日の室内ということもありISO100では手ぶれしまくるスピードでしか撮れませんでした。

もう少し明るいお外で撮ってきますか。
続きは明日ということで。

 

こんにちわ。

今日はこの間ヤフオクで手に入れた 旭光学時代の smc PENTAX-M 1:1.4 50mm を K MountAdapter Q にてマウントしたやつの続きをいくつか撮ってきました。

 こいつはFA77mm Limited と並んでフィルムカメラ時代のレンズ。Q7で使うには「軽くない」「マニュアルのみ」「デカイ」の3拍子揃ったお遊び向けの要素たっぷりな奴です。

利点としては F1.4という明るさ。そして素敵なデザインってところですか。

 PENTAX-MF14-50mm
デメリットは明るすぎる所では紫の滲みが出やすいことです。またフードが無いとF1.4で撮影した時に色が飛んでいきます。

IMGP0110

PENTAX-M 50mm F1.4 w/ KQ Adapter 1/160s F8付近 ISO160

IMGP0123

PENTAX-M 50mm F1.4 w/ KQ Adapter 1/320s F8付近 ISO160

IMGP0112

PENTAX-M 50mm F1.4 w/ KQ Adapter 1/125s F4付近 ISO160

IMGP0117

PENTAX-M 50mm F1.4 w/ KQ Adapter 1/125s F8付近 ISO160


自宅の食堂のライトは蛍光灯ではないので黄色が被ってきちゃうんですが、その光下で撮影した料理は補正なくても美味しい感じが出ている?ように見えていたりします。

IMGP9736

#ポテトグラタン
PENTAX-M 50mm F1.4 w/ KQ Adapter 1/13s F2付近 ISO125 
 

スコっとしてキリリっとした像が無理だけど、どことなく優しい感じがしますよね、このレンズ。
 

こんにちわ。

PENTAX Q7の01 STANDARD PRIMEを更に活用するために思いついた新しい展開の魔改造、というべきでもないほど単純なクローズアップなアダプタを作ってみました。

01番だけでなく、全てのQマウントAFレンズに取り付けられるんですが、焦点が合わない問題に繋がりますので、結果的に使えるのは01番のみです。

IMGP0343
#左が今回の魔改造A: type-2 アタッチアップ。右が魔改造A:type-1の超絶接写版

今回の特徴は、01番に取り付けるだけで使える所です。つまりオートフォーカス対応となります。
それはつまり、前回作った魔改造A:type-1の超絶接写版では難しかった「小動物」の撮影が可能になることを意味しています。

動くものが撮れる接写レンズとなったわけです。

では、ちょっとお外で撮ってきた写真を載せてみます。

IMGP0087
01 STANDARD PRIME 魔改造アタッチアップ付  1.6s F8.0 ISO320
#カマちゃんのドアップ(昆虫嫌いの人ごめんなさい)

カマキリは結構動かない昆虫として有名?だと思いますが、ここまで寄って肌とかの質感が確認出来るなんて嬉しいです。暗めの所でも明るいレンズで長めの時間でも撮影可能、これがあれば Q7で昆虫写真家も目指せそうです(笑)


IMGP0306
01 STANDARD PRIME 魔改造アタッチアップ付  1/20s F1.9 ISO320
#ミントの花で蜜を採取中の、たぶん蜂を8cmくらいの距離で撮影

これぞAFの真骨頂。
ブンブンと動き回る奴をAFで連射した中の1枚。中央測光で追いかけてみました。

2cmにも満たない虫の羽まで奇麗・クッキリとした合焦が実現できています。
これをマニュアルでピント合わせて撮るのはかなり厳しいです。

前後左右に、3Dで高速に動き回る物体にマニュアルフォーカスなレンズを使ってピントを合わせられるのって、プロでも難しい部類じゃないかと想像します。
今回は、更にチョット危険を伴う蜂なので、下手に刺激をせずに素早くサクッと近づいて撮影です。
手を伸ばしてピピっと音を聞きながらカシャカシャしまくって撮る感じなわけで、そういう使い方ができるというのが今回出来上がった魔改造レンズのAF対応の威力です。

う~ん、Q7はレンズの幅が広がれば、もっともっと楽しくなるはずなんですけどね、もう少し盛り上げてくれるようにしてくれないかなぁ~。

新しい08番とか09番の情報もそろそろ欲しいですよね。
 

こんにちわ。

PENTAX Q7の一番星であり、性能も悪くないのにあまり使われない01番のSTANDARD PRIME。

本体とのカラーも揃えられるし、AFなのでもの凄く使い勝手も良いのですが、今一歩練られていないというか、PENTAXのオールドレンズや他のメーカーのカメラの標準的な単焦点レンズと比較しても遜色ないはずなんですが・・・。

ハイ。はっきりと自覚しています。これでは物足りない。

前にも書いていたと思うのですが、Q7にAFが機能するレンズが足りないんですよね。

数ある中の明るいレンズである01番、ということなら十二分な機能なんですけど、唯一の単焦点レンズの01番、後はマニュアルレンズでなんとかしてくれ、っていうのは、あまりにも酷いというか、単焦点レンズが充実しているイメージであるPENTAXらしくない、というか。

で、オールドレンズを使うにしても皆望遠になっちゃいますからね、使いにくいったらありゃしない。

と、いうことで、考えついたのが「魔改造」。
というか、ですね、これは誰にでも出来るレベルの改造でして、例のジャンクカメラを使っていくのは同じなんですけど、割と大きめな過去のデジカメのズーム部分の前玉(一番手前の凸レンズ)に40.5mmのリングを取り付けてしまってクローズアップレンズと同じように使えるようにしてしまえ、っていう考えです。

 IMGP0326

#少し傷のあるジャンクデジカメの前玉

IMGP0327

#裏側にプラモデルなどでよく使うようなパテを使って、リングを接着

SANYO Xactiのプロテクタが秋葉原のジャンクで大量に購入出来ます(1個100円)。私は秋葉原に行く用事があると帰りに立ち寄ってこのSANYO Xactiのプロテクタリングを何個か買って帰ります。
 これのカニメ穴をくるくるっと回せばただの40.5mmのリングが完成、それを前玉の裏側にパテで接着すれば、簡単に01番だけでなく40.5mmのレンズ全てに装着出来るクローズアップなレンズの完成です。

ジャンクデジカメ500円(送料800円ぐらいですが)に200円(1枚を接着2枚目は距離調節)リングに パテの代金で出来上がり。

まぁ、クローズアップのフィルタが1枚買えるか買えないかぐらいの金額で、ライカのレンズを装着できたりします。
まぁ、ほとんど好みの世界ですけど(笑)

装着すると、こんな感じ。
IMGP0334

#魔改造レンズA:type-2 超絶接写版 の新型、AF対応!

今回のジャンクは、パナソニック LUMIX DMC-FZ1を利用。
しかしながら、魔改造を作ろうとしていじっているうちに前玉にキズをつけてしまった残念なもので、でもちょっとしたクローズアップ作成のテストにはもってこいでした。
これ、簡単なので新しく作り直しはすぐにできそうです。

600x400-2013061800065


魔改造と呼ぶべきか迷うぐらい簡単な新レンズの誕生です。01番ベースなのでAF対応になります。ここが今までと違う。

焦点距離は、また近すぎなぐらいの4~5cmぐらいになっています。

ということで、これでお庭に出て撮ってきたいと思います。

続きはまた明日にでも。
 
 

こんにちわ。

今日はPENTAX Q7の一番星 01 STANDARD Primeを活かす一つのネタといいますか、前よりやっておきたいと思っていた「新しいもの見つけたよ」ブログを初めていきたいと思います。 

兼ねてよりお伝えしていましたが、01番が一番活かせる状況、それは室内撮影だと思っています。
もちろん、外で使ってもキリリっとした奇麗な絵が得られるんですけど、やっぱり中心は室内かな、と。

ということで、コレから見つけたものは01番で撮っていくことにします。
本日は、この辺から。

IMGP0424
01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO320
#カルビーじゃがりこ、サワークリーム

IMGP0425
01 STANDARD PRIME 1/20s F1.9 ISO320

IMGP0426
01 STANDARD PRIME 1/25s F1.9 ISO320

IMGP0427
01 STANDARD PRIME 1/20s F1.9 ISO320
#アサヒスーパードライプレミアム 金

昨日から室内の撮影はアンダー気味になってますねぇ、思ったより美味しくみえていない。
ま、気にしないでおきますか。コレから勉強してどうすればいいのか考えていきますわー。
んでは、今日はコレで晩酌とします(笑)

 

こんにちわ

昨日のことですが、ふとアキバヨドバシに寄ったら見たことの無い小冊子が置いてありました。
IMGP0417

01 STANDARD Prime 1/20s F1.9 ISO320
#『PENTAX Q7 やさしすぎるトリセツ』

そうですね、この小冊子に書いてあることは、1ヶ月前に録画してYouTubeでアップしなくては、なんて思っていたことだったので、嬉しい限りです。

PENTAX Q7を使う上での基本が分かりますよね。

オリンパスのPENとかもそうですが、カメラメーカーでこういうのを作って店頭に置いておき、興味を持った人が家で見直せるようにするっていうのは結構大切なことだと思います。

ということで、「うちの近くにそんなもの置いてありそうな店なんてネえよ!」ってな人のため?に、この中身を載せておきます。

近くの店で見つけて読んでみたい、ってな人は見ないようにして自分で確認してみてください。
当たり前のことですが、当たり前で知っているだろう、と思うことでも、初めてQシリーズを手に取る人、一眼をやってみたいなぁ、って思い始めた人には結構新しい情報だったりしますよね。



そうそう、ここを見てくれたデジタル一眼のビギナーさん、これは覚えておいてください。
PENTAX Q7は「一眼レフ」ではありません。「ミラーレス一眼」または「デジタル一眼」です。

ポイントは、『レフ』って言葉。反射板というか簡単に言うとカメラの中に鏡を備えていないレンズ交換式のデジタルカメラは、「レフ」っていう言葉付けません。

色々なブログ漁っていると、結構みるんですよね、一眼レフ買った~とQの写真載せている方。

この機会にちょっと違いの分かる人になっちゃいましょう~(笑)


では、興味のある方はつづきをどうぞ。



 続きを読む

こんにちわ

10月になりました。先月は気がつくと02番ばっかりの撮影でした。
月も変わり、10/01ということで、最近使用頻度が減って来ていた01番の出番を増やすことを考えています(笑)
今日は最近撮ったものでお話を。

IMGP9229 01 STANDARD ZOOM 1/80s F1.9 ISO100

このレンズは明るく(F1.9)てコンパクト(薄さ22mm)で、それでいて軽くAFも早い。本来ならQ7で最もスナップに適しているレンズです。

このレンズがなぜスナップの常用として私の中で使われないのか、というと、以下の理由からです。

  • あまり寄れない(最短焦点距離:39mm)
  • 少々高値なため結局プロテクタを付けてしまう=出っ張る
  • さほど広角でないため、結局自分が動いても撮れる範囲が限られてしまう(ズームに負ける)
なんというか、02番で事足りる範囲な上に02番の方が広角なため、結果的に使わなくなるんですよね。
だから、01番の役目はもっぱら「室内」。明るさがもう一歩足りない、でもISOを上げるとザラつきが~っという場面で活躍していきます。

そんなだからあんまり使わないレンズだったのですが、今日はお外に出して撮ってみました。
IMGP9223
01 STANDARD ZOOM 1/125s F3.2 ISO100

IMGP9218
01 STANDARD ZOOM 1/60s F1.9 ISO320

IMGP9221
01 STANDARD ZOOM 1/60s F1.9 ISO320

いつもの電波塔も近くの電柱ですらクッキリ・シャッキリ。普通のナチュラルモードで十分奇麗です。
小さな秋明菊などの花を撮っても十二分に奇麗です。
若干のボケも得られます。
Q7で良くなったセンサーの良さを一番引き出してくれそうな気がします。

IMGP8060
01 STANDARD ZOOM 1/15s F1.9 ISO2000
#少し焦げている感じですが、これがウマイ

家で料理とかを取るのにオートフォーカスで手軽に撮れる感じです。
まぁ、逆に絞りをうまく調整しにくいというか、いつも同じボケになりがちな傾向が出てしまいます。

でも、今Q7で使える唯一の単焦点でAFが使えるレンズです。これが重要。
だから、これを使いこなしたい人はクローズアップフィルタとかで組み合わせたりするのかな?

巧く使っていけるかどうかを試されている感じもします。でも何も考えずにドンドンと撮れるレンズでもあります。

こんにちわ。

今月は連休もあったりしたおかげで、Q7を持ち出して色々なところに行くことができました。




月初めにバルブ撮影テストに幹線道路へ。

image

02 STANDARD ZOOM 0.3s F4.5 ISO2000




多重露光の練習でした。
帰りがけに寄った品川駅のディスプレイだらけのエコじゃねぇだろ、の続きの話題もだしましたね。

また、新幹線の車窓からCTEによる雲をインターバル撮影したりしながら、京都に馳せて金と銀。


IMGP7668

02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 ハードモノクローム




金閣寺は池とのバランスが素晴らしかったです。

IMGP7505

02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 ハードモノクローム


銀閣寺はワビサビというか、いきなりドデーンという登場も凄いのですが、やはり細かいところにある枯山水的なアート、抜かりなし、ってなところにも感嘆し、心にくるものがありました。



そして、月の中頃には温泉地である草津へ。ドライブ。



IMGP8848

02 STANDARD ZOOM 1/200s F3.5 ISO250

近くにある穴地獄の温泉+苔という不思議な世界を拝むことが出来ました。かなり素敵な公園でしたよ。

IMGP8758

02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100

この公園ではシャッタースピードの練習として水の流れも勉強しました。



iPhone5でパノラマ撮影もしました。最もここにアップできる大きさではなく13MBくらいになったので小さくしたやつを載せます。

2013-09-14-B1




そして、草津の湯畑。


image

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO250

硫黄の臭いを感じつつマッタリ。


image

02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100 青抽出

水の色は不思議な鉱泉の雰囲気たっぷり。

そうそう、帰りがけには街の公園なんかにもよって一息つきました。なんか懐かしいような、でも新しいオブジェもありました。

IMGP9184

02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO160 青抽出






PENTAX Q7があるお陰で普通の一眼のレンズを持ち歩いてハアハアすることもなく、iPhoneやコンデジだけでは撮りにくかった絵を手にすることができるようになりました。



blogにはわずかな写真しかアップしていませんが、多分、買ってから今月までで撮りためた写真はここ3年分ぐらいと同じぐらいの量があるんじゃないでしょうか?(笑)

いくら連写やインターバル撮影したからといっても、約3ヶ月で連番が9000台に突入は早いです。ボケまくりで消したのももちろん沢山ありますけど。



長くなりましたので続きはまた明日にでも。

随分と涼しくなりましたよね。

こんにちわ。


もう、こうなって秋が来ると毎年恒例のアの匂いの季節。

そう、蕎麦です。

IMGP9156
02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100

パっと見た目は可愛いし、実も素敵な造形なのです。

また、食べても良し、身体にも良し、と良いコトダラケなんですけどね。


アップで撮ると、こんな感じ。
IMGP9159
07 魔改造 C 絞り内蔵版: type-1 1/80s F12付近 ISO400

IMGP9169
07 魔改造 C 絞り内蔵版:type-1 1/80s F12付近 ISO320

素敵ですよね。

で、今時の粉引は人でやらないです。風車ってのもありましたね、昔。今でも道の駅とかでやっていますね。

IMGP8969
02 STANDARD ZOOM 0.8s F3.2 ISO320

今では繁盛店であっても、こんな機械を通されちゃう訳です。

しかも、最近は2-8蕎麦とかじゃなくて、10割蕎麦が主流になっていたりします。
蕎麦を自分でぶった人はお判りになると思うんですが、10割(つまりそば粉100%)ですと、捏ねても捏ねてもボロボロと崩れてしまって茹でるまでに大変、湯の中でも崩れて大変、とナカナカ実現できなかったものです。
だから、小麦・・・うどん用中力粉みたいなのを2割入れたり、自家製ですと山芋(奮発すれば自然薯)を入れて作ったものです。

今や機械で上の方で練って、そのままモンブランのようにチューット落とすだけですからね。
これなら10割でも問題なくいけちゃいます。


さてさて、いつもなら出来上がりの写真となるところなのですが、今回は人物入りの写真ばかりだったので諦めです。

まぁ、来月にたくさん撮ることでしょう。
なにせ、食欲の秋到来ですから(笑)
 

こんにちわ。

今日はこの間ヤフオクで手に入れた 旭光学時代の smc PENTAX-M 1:1.4 50mm を K MountAdapter Q にてマウントしたやつの備忘録です。

IMGP9726
01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO3200 にて撮影 #左がsmc PENTAX-M 1:1.4 50mm で 右が FA77mm Limited

ヤフオクで3000円程度で入手したF1.4 50mm(左側)。238g、49mm径で絞り羽8枚でありF1.4~F22まで可能。6群7枚 (前3群3枚 絞り 後3群4枚)構成です。

1977年発売で、29,400円だったようです。当時の3万円は今の6~7万クラスでしょうか?全然わかりません(笑)でも標準レンズと言われるくらいのものですので、FA77mm Limitedほどの期待は出来ません。

それでもFA Limitedシリーズのような外観であることやQ7で使う「マニュアル前提」のレンズとしては興味深いと思って手を出してみました。
このレンズが出る前のSuper ‐Takumar時代からのレンズのクラスを比較調査をインターネットで漁ると、モノとしてはちょっと落ちているようですネ。

IMGP9734
smc PENTAX-M F4 50mm 1/25s F1.4 ISO125
#室内で撮影したイメージ

F1.4で撮影すればソコソコ。KQアダプタ側も開放に近い値を使うべきだと思います。被写体深度は浅く、Q7で使うとピント合わせがかなり難しいため、出来るだけ高い値のF値でセットして使うべきかもしれません。

IMGP9671
smc PENTAX-M F1.4 50mm 1/640s F22 ISO100


先日のゲートブリッジの写真ですが、こちらはPENTAX-M F1.4 50mmで撮影。絞って使うと少しだけキリリっとします。

こいつはQ7で使うと50mmx4.6倍?かな、だとしたら230mm扱い。06番よりちょっと遠いくらいの美味しい距離感になるのかなあ。

IMGP9666

#東京湾から東京側を青抽出

そこそこ良い感じではありますが、FA77mm Limited を知ってから使うと物足りなさを感じます。
それでも、50mmっていうことを考えれば、まぁまぁ使えると思っています。

16

#Q7に取り付けるとこんな感じ。

FA77mm Limited 同様、重いです。首から下げると下側を向いてしまいます。

解像感という意味ではQマウントの02番とか使った方がキリっとしてて素晴らしい絵を作ります。
マニュアルでのピント合わせとなりますので幾ら頑張っても風やほんのちょっとの具合で合焦しません。
まぁ、古いレンズを使うというのはそういうもんだ、的なお遊びですかね、やっぱり。

今回入手したレンズは前玉と後玉のそれぞれ一番外側だけを奇麗にしたら十分なくらい内側のカビがほぼ無しのものでした。だから分解も銘版部分のみしかしていないのでラッキーっていうのもあります。

でも F1.4付近で使うと白と黒の色の境(明るい所と暗い所境)に紫のフリンジが出ていましたので絞らないでF1.4のまま使うのは無理な気がします。明るいので結構期待したのですが、F4以降で使ってキリっと便利なレンズじゃないかな?って感じました。


まぁ、古いレンズとはいえ、Kマウントでそのまま使えるわけで、このKQアダプタがQ7の幅が広がって楽しいですよね。
 

こんにちわ。

今日はフラっと気になってた場所へ車を走らせて風が吹く東京の玄関先である、江東区若洲公園から歩いて数分の「東京ゲートブリッジ」っていうところに行ってきました。

IMGP9609
02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 
#ゲートブリッジとは?

もう少し晴天だったら嬉しかったのですが、あいにくの曇り。明るくなりすぎずに撮りやすい天気ではあるんですが、遠くのものを写す場合にはガスってしまうので残念な所ではあります。

まぁ、近くには野鳥の森公園とか羽田空港とかがありますので、また近いうちにくることもあると思います。

IMGP9587
smc DA18-270mm w/ K-MountAdapter Q 1/1250s F20付近/Open3 ISO125
#橋の全景はこんな感じ

トラス構造とかいうこの橋、説明書きにもあるのですが飛行機の邪魔をせず、かつ船も運行出来るような姿を目指したということもあり、実にシンプルで幾何学的な、でも素敵なデザインをしております。
この東京ゲートブリッジはそれほど派手な橋ではないのですが、東京湾から東京を一望出来るスポットとして、わりと最近に完成しました。
釣りのスポットとしても有名なんでしょうか。やたらと釣り人が居ます。
そういえばここを作っている最中に近くの会社で仕事してたんですよね。懐かしい。

IMGP9582
02 STANDARD ZOOM 1/320s F4.5 ISO125 
#エレベータを使って公園から登っていきます。

結構高さがあります。橋の下にある若洲公園から一気に上まで登っていけるエレベータがありますので、これを使って橋の上まで行きます。
展望室も一番上の階にありますが、別に面白くも何ともないのでスルーしていいでしょう。

IMGP9602
02 STANDARD ZOOM 1/2500s 4.0 ISO100
#橋の上を歩くとこんな感じ。結構スピードを出して車が来ます

大きな橋です。中央までかなり距離があります。その間、公園裏のゴルフ場や遠くにはスカイツリーとかも見えます。今日はガスっているので割愛。
IMGP9685
smc DA18-270mm w/ K-MountAdapter Q 1/25s ISO125
#望遠レンズとして、橋の上からデズニーランドの一部をフレーミング

IMGP9604
02 STANDARD ZOOM 1/320s F5.0 ISO100
#上を見上げると飛行機や水鳥が良く舞っています

オートフォーカスの望遠レンズがあれば・・・水鳥や飛行機も狙えると思います。ちょっとK Mount Adapter Qを付けた smc DA18-270mmとかも持っていってはいたものの、無理でした。
フォーカスを合わせる間に居なくなってしまいます(笑)

IMGP9610
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO100
#歩くこと10分程度、ようやく橋の中央まで来ました

ここから見える景色は結構色々見えているんですが、今回は一番広く撮れた 03番である魚眼で。

IMGP9613
03 Fish-Eye 1/400s F5.6 ISO100
#見てください、この絶景、東京一望です

スゴく広いです。素敵です。もうちょっと晴天だったら更に素敵だったかもしれません。
更に上から見ていると判るのですが、水面を魚がピャきピャきっと跳ねています。結構多いです。それを狙って水鳥も来ているのでしょう。釣り人も来ているのでしょう。入れ食いかもしれません。

また、日が落ちた後が素敵そうです。東京のビル(六本木ヒルズとかも)見えるようです。ここの公園に20時頃まで来るバスがあるので、夕方~夜の撮影で秋以降なら奇麗なショットが撮れるかもしれません。

IMGP9701
02 STANDARD ZOOM 1/2500s F4.0 ISO1600
#バス時刻表

今回はマイカーであるAQUAで来ましたが、バスで来て近くのバーベキュー公園でみんなでワイワイと肉を焼いて食べて飲んで、橋の上の風を浴びて帰るのも楽しそうです。
歩くと距離のある構造物に、公園も駅からかなり遠いですので、車の手段がないとキツイのがネックです。帰りのバスは駅までも4~50分近くかかりそうですから帰りの時間には注意が必要です。

でも、またPENTAX Q7を連れて、再度夜にチャレンジしたいポイントが増えました。

こんにちわ、今回の3連休は遠出をしないで地元でゆっくり、まったりしてました。
 
そのうちの一つが、先日の「田んぼアート」なんですが、その近くにある「さきたま古墳」にも行ってきました。

IMGP9522
02 STANDARD ZOOM 1/320s F3.2 ISO200

ここは小学生頃に社会科見学とかいう遠出プランで来たことがありますが、ほとんど覚えておりません。

前方後円墳とか丸墳とかが色々置いてある場所です。
まぁ、昔の人たちのお墓です。今の人たちのお墓としても使われていまして、一角に 現代墓地区画があります。

まぁ、何か整備した「建物」がアチコチにあるわけではなく、全体としては道として整備された広い空間と古墳(ただの登れる丘)がほとんどで、歴史にあまり興味が無いと???な場所です(笑)。

また、ここでは少し歩くと蓮池があったりします。カエルちゃんとかもいたりします。のどかですなぁ~。
IMGP9529
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200

この時期には、道ばたに彼岸花が咲きまくりです。
IMGP9534
06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F4.0 ISO200

IMGP9538
06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F8.0 ISO200

この彼岸花って随分と先進的というか変わった造りをしていますよね。
IMGP9540
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200
俺の咲く姿を見ろと、意気んでいるか、もしくは周りは邪魔だぜ、っていう声が聴こえてきそうな感じです。

さて、古墳そのものはこんな感じ。
IMGP9551
03 Fish-Eye 1/500s F5.6 ISO200

左側の緑の丘が「前方後円墳」のひとつ。右側の工事中のような茶色の丘も同様にひとつです。
また、この撮影した場所も 円墳のひとつ。日本最大らしいです。

IMGP9542
02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO200

登ってしまうと単なる丘。何か特別なものが見られる訳ではありません。また、この登る時の階段が手作り感タップリというか、なんというか、初めはゆるい段差なんですけど、どんどんと急になります。途中では狭くなってるし、コレ、ロープあるから助かってるけど歳をとったら来られないかも。危なすぎです。

で、苦労して上に登っても景色がいい、というだけですからね、運動にはなりますけど。
・・・しいていうなら、木の上にトンボが止まっている姿を確認しました。こんな高めのところの木にいるなんて、あんまり見たこと無い。周りが空になっちゃうのでシルエットで撮影。

IMGP9557
06 TELEPHOTO ZOOM 1/800s F4.0 ISO200

まぁ、のどかですね。
たまにはこんなアても無くフラっと立ち寄って写真を撮ったりするのんびりな時間もいいですよね。
風も吹いて暑くなくなって来たこれからは絶好のQ7日和になりますね。 

こんにちわ。

今日は埼玉県鴻巣市で行われている『田んぼアート』なるものを見てきました。
はてさて、400円の入場料を納めて展望台の上から見られるというアートはいったいどんなものでしょうか。

これは是非、Q7の目で見て記憶してもらわねば。

IMGP9463
02 STANDARD ZOOM 1/50s F2.8 ISO1000
#入場し、エレベータ前のPOP

IMGP9514
02 STANDARD ZOOM 1/320s F3.2 ISO200
 
#エレベータの途中から見える景色


結構高いところまで登ります。普通の田舎、といっちゃあ失礼かもしれませんがこんな所にコレだけ高い場所まで普通に登れるっていうものがポツンっとあるのが不思議です。

ちなみに、埼玉県鴻巣といえば、埼玉県の大人なら誰もが知っている!? 場所だと思われ「免許の更新センター」があり、ジャンボひな壇で有名な場所です。
また、近くには古墳の公園などがあります。

IMGP9486
 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100
 
#登りきるとこんな感じ。天気の状態が良ければ赤城山も富士山も見えるらしい

また、この展望台がある場所は「古代蓮の里」っていう公園で、7月ぐらいの時期にくれば蓮だらけ。その頃はQ7買った時期だったんでくれば良かったのですが、今回は時期を逃してしまいました。
でも、今回は今ならではの「田んぼアート」を見られるということで車でドライブ~ここに寄ってみました。

IMGP9482
01 STANDARD PRIME 1/125s F2.2 ISO100
#壁の写真を撮影

去年は「のぼうの城」にちなんだアートをやったらしいです。今年のは、どうでしょうか。

IMGP9473

06 TELEPHOTO ZOOM 1/320s F2.8 ISO100
#右の一部(蓮の絵)

なかなか、稲穂感があります。そう、この「田んぼアート」は全部の絵が実際の植物で描いたものです。古代米とかそういった色々な種類で描かれています。見頃は7月中旬~10月中旬までとのこと。

IMGP9496
02 STANDARD ZOOM 1/1250s F2.8 ISO500
#02番広角端で全景

なかなか奇麗です。結構な彩り、そして距離感が掴めるようモノサシも入れている所がイイです。
この広大な感じは、やっぱり魚眼でも収めたいですよね、ということで、03番でも撮ってみました。

IMGP9471
03 Fish-Eye 1/640s F5.6 ISO160
#これが鴻巣で行われている『田んぼアート』だ!

なかなかスゴいと思います。
使われているのは、下記の品種。
 
日輪「白いかがやき」(彩のかがやきの変異種)
人物「ゆきあそび」(観賞用稲・利用のため青森県で育成)
水面「黄大黒」(古代稲で葉っぱも黄色)
葉・背景「彩のかがやき」(主食用稲、埼玉県奨励品種)
輪郭「紫905」(葉、茎など全体が黒紫、埼玉県)
頭・帯「べにあそび」(葉色に白や緑の縞が入り濃い紅色になる)
蓮の絵「蓮の花」(ピンクの長い芒)が特徴の観賞用稲

なかなか立派な出来具合ですよね!ほとんど埼玉の品種で作られている所もなかなかです。
まぁ、惜しいのはこの1点しか見られない所ですかね(笑)もう少し色々見てみたいです。

これ、全部活きた植物で水田に描いたものです。

田んぼアートっていうと、ついついUFO系のミステリーサークルとか思い出しちゃう年代ですが、今のアートはこういう奴なんですよね。

そういや、青森とかでもやってますよね、こういう取り組み。

 → 青森 田んぼアート wiki URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/田んぼアート

 抜粋するとこんな絵でしたね。こっちもいつかは行ってQ7で収めてみたいものです。

TANBOWART
 

こんにちわ
さて、今回もチャツボミ苔公園に戻り、そのときに実施した訓練、水の流れ編を操るためのシャッタースピードコントロールの話となります。

まずは水を止めてみます。
IMGP8684
FA77mm Limited 1/500s F8付近 ISO100 IMGP8687
FA77mm Limited 1/640s F8付近 ISO100 IMGP8694
02 STANDARD ZOOM 1/1250s F4.5 ISO1250

1/500秒でも結構止められます。驚き。感覚的に1/1000秒を超えないと止められないと思っていました。


今度は水を流してみます。
IMGP8768
02 STANDARD ZOOM 1/8s F8.0 ISO100

IMGP8652
FA77mm Limited 1/50s F8付近 ISO640

IMGP8760
02 STANDARD ZOOM 1/15s F8 ISO100

全体的に水の流れを糸のように流すには、1/15秒でも早く、それよりももっと遅くしなければならないようですね。1/8秒の最初の奴が一番マシ。糸のように奇麗になるのは場所場所にもよると思いますが、気分的には1/10秒未満くらいからって感じでしょうか。
でもこれ以上遅いと手持ちの撮影はかなり厳しいです。
今回は川の流れている場所にかなり寄って撮影していることもあり、全て手持ちなんですよ。三脚を使っていないんです。まぁ訓練ですしね(笑)

カメラをブラさず、水だけをブラす。これって結構難しい訓練です。
何枚も撮っていれば当たる写真もありますよってことで、今回は素人作戦の結果です。

今回勉強出来たのは、なんでもかんでも水を糸のように流してしまえば良いってわけではなくて、岩の見えているような場所では水の透明感を持たせるため若干水の流れを残した方が『涼しげで音が聞こえそう』ってことです。
今回の湧き出るような水の流れの場所では、1/50秒付近でそれが出来ていました。この感覚を覚えておきたいです。


で、その水の音が聴こえそうな中間のスピードで撮れた、もう少し面白いものが無いかな?って探したみたら、見つけたのは、コレ。
合わせ技のような、渾身のショット!
IMGP8666
 
FA77mm Limited 1/100s F20付近 ISO640

滝のように落ちて、かつ水しぶきも感じられるこの瞬間を捉えたのは、やっぱりFA77mm Limitedでした。う~ん、反則技だなぁ(笑)
なんだかこのレンズを使うとQマウントの全てを凌駕してしまいます。

こんな単焦点がQマウントにもスター★レンズやLimitedレンズとして誕生してくれればいいのになぁ。
このFA77mm Limited は望遠にさえならなければ最高のレンズ間違い無しです。絞ってキリリっとして開いてトロっとして、と素晴らしすぎ。

にしても、う~ん、PENTAX Q7でこんなのが撮れるなんて楽しい!
でも今回の収穫はFA77mm Limited だけではありません。
02 STANDARD ZOOMがアチコチで活躍しました。チャツボミを捉えた半分は02番。残り半分のうち6割がFA77mm Limited で意外に活躍できなかったのが01番。なんでだろ?

02番においては広角で、かつAF。時と場合に合わせてズームで絵を切り取れるコイツは、Q7+Qマウントで一番出来る子でして、今、私の一番のお気に入りです。

こんにちわ。チャツボミゴケだけではなく、今回は草津温泉にてゆったりと泊まってきました。

もちろん、PENTAX Q7を持ってです(笑)

IMGP8974
02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO250
#公衆浴場(ハードモノクローム)

IMGP9006
02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100
#極彩にて湯畑

IMGP8998
02 STANDARD ZOOM 1/125s F3.2 ISO200
#昔ながらの風景(ハードモノクローム)

IMGP8985
02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO200
#硫黄を感じるといったら青抽出

IMGP9009
02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO100
#実際はこんな色です

IMGP9024
02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO200
#ロマンチック街道と呼んでいるらしい、田舎道です


画像1
02 STANDARD ZOOM 1/125s F2.8 ISO160
#道に浮かび上がる瓦で出来たアート(青抽出)

この瓦、いったい何枚使ったんでしょうかね?湯畑の廻り全部これですよ。
スゴいですよね。

こんにちわ
今週は連休ということもあり、草津方面である、群馬県吾妻郡中之条の「穴地獄」と呼ばれるチャツボミ苔公園っていうところに行ってきました。

京都に行ったときもそうですけど、大人になってからは苔の魅力に取り憑かれております。
そんな中でも結構変わった苔、温泉と共に生活をする苔ということで話題!?の場所です。

車で関越道を通り、降りてからも1時間ほど走らせ、もうすぐのところです。

IMGP8573
魔改造B ver.3 1/1000 F8(2.8) ISO125
#近くの道の駅、水車

更に走らせ、目的地までは山道。それっぽい川のある場所までやってきました。

IMGP8605
魔改造B ver.3 1/800s F8(2.8) ISO 125
#車窓から

この公園は自然保護のため、受け付け場所で入園料を支払った後、しばらくロープで閉じられた道を自分でロープをあけて入園、そして自分でロープを元に戻して突き進む形となっています。
ある意味制限でもあり、保全でもあります。ずっとこうやって残して欲しいですね。

IMGP8612
魔改造B ver.3 1/640s F8(2.8) ISO125
#駐車場から歩くこと10分ぐらい

IMGP8632
06 TELEPHOTO ZOOM 1/1000s F2.8 ISO2000
#若干遠くに、目的地の端が見え始め

近くなってきました。これはもう我慢できないので、06番にチェンジして狙います。
流れる川の左奥のガケ側に、コケらしき緑がたくさん見えます!

IMGP8617
02 STANDARD ZOOM 1/800s F3.2 ISO2000
#沸き上がるような滝、そして岩を打つ水

近場まで来ている水を接写。水がとても奇麗です。ここでは苔を撮るだけでなく、水とシャッタースピードの関係の訓練も出来そうです。

これは頑張らないと。
IMGP8783
FA77mm Limited 1/320s F8ぐらい ISO500
#りんどう?
こういうのを撮る時にFA77mmは素晴らしい威力を発揮しますね。
Q7で使うと77x4.6倍の355mm付近になり、もの凄く足場を離れて使わないと撮れないレンズになってしまいますが、その素晴らしさはQマウントのどれも勝てません。

こういう感じの軽いレンズ作りたいなぁ・・・・(ボソっ)

さて、ようやく到着です。
さて、どんな苔なんでしょうか。ワクワクしてきました。
IMGP8774
02 STANDARD ZOOM 1/1250s F2.8 ISO1250 #念願の目的地

ついに目の前に!
温泉と苔が作る素晴らしい空間です。うわぁ~素敵だわ、ここ。
ということで、今日はこの辺で時間切れになってきたので、続きは明日。
この公園はそんなに大きくないのに何時間でも居たくなるくらい素敵な場所ですよ!

こんにちわ

この間の弾丸お昼旅行の続きです。
銀閣寺は大人になってから行くべき名所の1つですよね。
少年時代では金ぴかの金閣寺と比べるまでもなく、「銀色でない」銀閣寺が非常につまらない場所として感じていたものです。
今回は弾丸とはいえ、大人になってから銀閣寺に来るのは初めて。だから、かなり高揚しながらの突入です。

IMGP7470

02 STANDARD ZOOM 1/30s F4.0 ISO500
#正式名称は東山慈照寺

金閣寺も銀閣寺も入園料が必要です。
お金を払うとお札な切符がパンフレットとともに貰えますので、それを受け取り、かつ入場の際にはお札を見せて入ることになります。
また、銀閣寺そのものに行くまでには「銀閣寺道」というバス亭で降り、少し長めの参道を歩きます。
着いてマップを見た後、さらに門をくぐったら4mくらいの垣根の道を通ることになっています。
ここも素敵なんですが、垣根には人がたくさん居らっしゃったため割愛。

IMGP7466
02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO160
#入る前にマップで中身を確認。金閣寺と比べ見所は多く、こちらは舎利殿ではなく観音殿

マップとか他の場所でもそうなんですが、こういう水平を意識したい写真ってQ7の電子水準機能を使って『ちゃんと』撮りたいんですけど、人が多いとやっぱりだめですね。
前に人が居ないだけでもチャンスってやつですからね・・・。

はてさて、昔の思い出の場所、特に子供の頃に行った場所っていうのは、大人になってからどう見えるのでしょうか。
結論を言うと、再度行って観るべき価値ありって事を教えて貰えた形です。
当時気がつかなかったことがたくさん出てきます。

IMGP7476
02 STANDARD ZOOM 1/25s F7.1 ISO100
#入っていきなりの銀閣、この時期で若干紅葉あり

まぁ、まず驚きなのは小道を通って門をくぐるとイキナリ飛び出てくる訳ですよ、真横に銀閣が。
この迫力、たまらないです。

え!?そんな近くにあっていいの?っていう驚きがあります。
特に金閣のあの遠い池の向こうのイメージを先に知ってからくると尚のことびっくりです。
また、こちらにも鳳凰があります。平等院にもありますよね。
こちらの銀閣に祀られているものは、観音菩薩を守るという意味で置かれているようです。
また、銀色に塗られているわけではありませんがとてもメタルな感じもあり、奇麗です。

まだまだ、銀閣には見所がたくさんあります。
応仁の乱で焼失した浄土寺の跡地に出来たとされるこの場所、消失してかえってよかったんじゃん、とさえ思うほど見所があります。

今回のこちらの拝観では、運良く学生を案内するオジさんガイドがいらっしゃって、その話を横に聞きながら拝観していきました。
お得です(笑)

IMGP7475
 02 STANDARD ZOOM 1/25s F8.0 ISO100
#向月台という砂山。崩しては積み上げ崩しては積み上げの繰り返しで作られる。

これも凄く近い場所にあります。すぐそこにあります。
どでーんと迫力あります。
素晴らしい仕事ですよね、奇麗です。

IMGP7491
02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.0 ISO200
#花頭窓への道、といっても向月台のすぐ側の入口

そのオジさんガイドさんの身体がうっすら写っています。記念に(笑)パシャり。

この銀閣寺はさほど大きく無い場所に色々なものが詰め込まれています。オジさん(勝手にガイド)が場所場所で意味を説明してくれ、更に私の気分を盛り上げてくれラッキーであります。

さて、その中でも、この花頭窓はポイントであります。
IMGP7493

02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO200 ハードモノクローム
#花頭窓から見える景色とは!?

この蝋燭のような花のような窓、如何にも和風庭園といった形を引き立てる粋な窓です。
ここで佇んで一休み、これはたまらないです。
大人になったからかもしれませんが、ここで一休みしたくなります。
こどもの時にはこの窓の素晴らしさなんて判らなかったでしょうね、記憶に無いんですから。
こういった窓を作るにはそれなりの技術が無いと出来ないし、更にはその先に見える「もの」がどうなるかを計算し、かつそれを許容する庭の広さ、そしてその庭のデザインが無いと成り立ちません。

そう、ここからみる銀沙灘(ぎんしゃだん)がとても素敵です。
うっとりします。

今回の写真はカラーとモノクロ両方ありますが、モノクロ版を載せています。手前から覗く景色の先が逆に解らなくなるようちょっとオーバーぎみに飛ばし期待感を演出しています。

画像1
02 STANDARD ZOOM 1/320s F4.0 ISO100 ハードモノクローム / iPhone5再保存してからUP

(なんか、目が細かく奇麗すぎたのかオリジナルが4.7MBになっているためblogにアップ出来ないようでしたので、いったんiPhone5にFlickerから保存しなおしリサイズしてアップしています)。

こういう砂に線を書くっていう仕事は、自分で試すと解るんですが、真っすぐ奇麗に筋を入れるって結構年期のいる仕事です。また更に丘を奇麗に作っているところもあるわけで、まさに職人芸。

砂同然の小石ですよ、足場も考えながら描く訳ですから非常に難しい。素晴らしい技です。


ということで、銀閣寺は見所満載で、まだまだ素晴らしい場所がたくさんあります。

長くなってしまったので続きは明日で。

なんだか、気が付くとblogの1/3は魔改造についてになっていたりします(笑)
当初考えていたムービーと静止画+テキストっていう構想は崩れかけて・・・

まぁ、時と共になんとやら、ですかね。

さて、その魔改造レンズについて少し振り返ります。
誰も興味無いかもしれませんが、そもそもなんでこんなことをしているかって言うと、Qマウントのレンズが足りないからですよね。
普通なら7本で十分なのかもしれません。
でも、欲を言うとキリがないのがレンズ沼に足を突っ込んだ人の気持ちでして・・・。

普通なら「マウンタ+他のメーカのレンズ」か、KマウントのDA/DFA/FAのレンズに手を出していくのだと思うんですけど、Qマウント全体は安価でも、他のメーカーレンズとのアダプタだけで平均1.5万。レンズに至っては安いもので3万、まともなものはアダプタ込みで10万近いわけですよ。

一眼初心者が楽しそう、安価だし色々出来そう、と思って踏み込んだQシリーズの先には、1つ目の壁があって、その壁ってのは、次の壁に行く手前までの間の中で、一通り色々できるレンズが揃っているんですけど、撮りつづけると「何かが足りない」って感じるところです。

まぁ、自分の腕(技術)なんですけど、簡単に上がらないから「レンズに頼りたい」ってなるんですよね。
でも、7本で打ち止め。
メーカーの次のレンズロードマップを見るに、08番や09番といった魅力的なものが直近に出そうではありますが、その先はどうなるのでしょう?何も無いです。
他社はどうでしょう?動きが無いです。

そんな思いでKマウントアダプターQを購入し、DA28-270とかFA77Limitedを奮発して買ってはみましたが、重いし小回り効かない。それになんでも望遠になるので使い方が難しい。マニュアルなのでピンぼけ大漁。

初心者にとっつきやすくて楽しく、軽くて素晴らしい反面、実は奥が浅いのがQシリーズな気がしています。
でも、今後フルサイズが主流になれば、m3/4は消えそう。2極化ということを考えるとQのような小さい一眼ってのは残っていくと思うんです。
でかくてゴツいのなんて持って歩けないですよね。レンズ1+カメラ1の組み合わせならまだしも、レンズ4+1なんてQシリーズでないとムリ。

そんなだから、無いなら作るか、になってしまった訳です。



さて、魔改造について、一応系統を考えています。

 ■Aはクローズアップ系
 ・・・顕微鏡を覗くような超絶接写、1つ完成(07番のレンズひっくり返し+α)。

 ■Bは広角スナップ系
 ・・・2回失敗、1つ無理やり完成。ジャンクデジカメユニット利用。

 ■Cはわりと近距離の焦点なマクロ利用(絞り付き)
 ・・・2つ完成。ジャンクデジカメや古いレンズ、絞りパーツを組み合わせ作成。

DSC01941

#左からA、カメラに付いてるB、C:type-1、C:type-2

今のところ、この3つの定義で4本のレンズが作られています。
とは言いつつも、本当はたった1本の「手軽に撮れる明るいレンズで超広角なスナップが撮れるマウントキャップレンズ」が欲しい、というところから初まったんです。
その思いからスタートしたはずの魔改造レンズシリーズは、難産な「B:広角版」を生み出す過程で色々と派生してAやCが産まれてきました。


  1. 07番を分解して、適当なクローズアップレンズを挟んでみたり後玉の後に置いたりしたら「なんか出来そう」と思いつく
  2. ジャンクなコンパクトデジカメの部品を流用し、明るいレンズを入手することを思いつく

  3. 色々分解したジャンクなコンデジのレンズ1枚を利用したら、なんか面白いものが出来た(最初の魔改造レンズ105mm版)

  4. 暗く像が流れすぎで面白みに欠けるが、これはイケる、って思い、その後、色々な組み合わせを試すことに。そうしていたら07版をひっくり返してクローズアップレンズを後ろに付けるだけで「A」が出来ることを発見。A:超絶接写版の誕生。ここで魔改造の楽しさに目覚める。
    ・・・単純に凸+凸の組み合わせなので調べたら割とポピュラーな発想だったみたい。フィールドテスト合格。但し本当にくっつけるくらい近づかないとピントが合わない課題がAには残っています。

  5. 本来欲しかった105mm版作成の過程で、裸のレンズは扱いが難しいことを学ぶ。レンズを構成するユニット、そのプラ部品を保持したままパテでマウンタに貼り合わせ組み上げることを思いつく。

  6. 07番のマウンタと OLYMPUS C-160(1台目)のユニットで初めの「B」が一旦出来上がる。この際、ケチって105mm番をバラして作成したため、105mm版はこの世から消える。超広角スナップ版B ver.1は、外でのテストへ。

  7. 外でのテストで、ピントも色も非常にうまくいき、これは!と思って8/29に一旦完成としたが、我に返り改めて写真を見るとあまりにもケラレが多く、これに気になってしまい再度調整することに。

  8. ケラレを直すため、フランジバックと軸の向き調整を行っている際に気を抜き、前玉に大きくキズを入れ B ver.1をお釈迦(><) にしてしまう。
    この07番マウンタは違う次の魔改造~C type:1へ転用。

  9. やり直したく、ヤフオクを漁ると、同じC-160ではなくC-150があったので、それを入手。そして、それが来る間に秋葉原のジャンク屋で物色していたら、魔改造 C:type-1の絞り内蔵版の構想を思いつく。

  10. 過去にバラした7台ぐらいのコンデジ(FUJI/OLYMPUS/Panasonic/SANYO/PENTAX Optio)のレンズを適当にFUJINAR引き伸ばしレンズに組み合わせてたら、思いのほか「写りそう」ってな感じの「絞り内蔵版」が構想どおり偶然出来上がる。これが魔改造レンズ C:type-1の誕生の瞬間。記念に銀のフードを付けたらそれらしくかっこいい。
    ただし、かなり絞らないとボケまくりだし、焦点距離20cmあたりのみという変てこりんなもの。

  11. OLYMPUS C-150 が届いたので再作成。この際にケラレを自動で取る手法として05番の電子情報が使えるんじゃないかと気が付く。ベースを05番として購入し「B ver.2」を再作成開始。

  12. 05番の電子情報によるケラレ部分のトリミング自動化はうまくいったものの、ジャンクコンデジ側のレンズユニットが、コンデジC-150の製品型番がC-160と1つ違うだけなのにQ7のセンサーに合う位置が見つけられず断念、ver.2は再度分解。パテ盛したマウンタを分解し取り出す過程でC-150レンズユニットはお釈迦に。05のマウンタは次で再利用。

  13. C-160の再入手に手間取る。しかし、その間にまたジャンク屋でsmc TAKUMARとかを入手。しかしこのレンズを掃除分解するつもりでいたが落として強い衝撃を受けていたものらしく、前玉固定部分と名盤は復帰不能へ。そこでこのレンズ部品を流用できないかとC:type-2、もう少し遠い位置を狙える絞り内蔵版に取り掛かる。

  14. 運よく、それっぽいもの完成。絞り内蔵版 C:type-2の誕生。こちらは区別するために黒いフードを付ける。ただし色々作っていた過程で電子情報を壊した07番のマウンタを利用しているため、取り付け時には焦点距離を求められるし、F値は--となってしまう。

  15. 再度 C-160(2台目)が入手できたので、超広角スナップ B:Ver.3として再度取り掛かる。

  16. 超広角スナップ B Ver.3 が誕生。難産だった当初の目的のものが一旦出来上がる。難しい。一度やった8/29の状態ピント状態までもっていきたいが、そこまでやると05番でも取りきれないケラレとなることが判り、その一歩手前で留めることに。
    ケラレが少しになった反面、ピントが甘い。またそれを更に拡大保存するためか、若干眠い。しかし、ここは諦めSTOP。魔改造 B ver.3の完成。



「A」は近すぎる焦点距離が課題でした。この反省点を踏まえ「C」の時に対象との距離も確保しつつ、絞りで後ろをボカせ、シャッタースピードも稼げるという形になったのが「C」。きっとこの延長が今後の完成域の魔改造になるのではないかと思います。

少し詰め切れなかった広角スナップの「B」については、一旦終わり、type-2として再出発するかどうするかは悩みます。

IMGP8536
05 魔改造B ver.3 1/320s F8(2.8) ISO200



正直、マウントキャップな広角スナップレンズが欲しいですよね。
付けっぱなしにできて、理想は3倍ぐらいズームできそうな12-36とかいう感じで以降無限遠な感じのもの。Q7に足りないのは広角でオートフォーカスなレンズと06番を超える望遠位置で望遠マクロとしても使えるものです。08番と09番がその需要を満たしてくれればいいのですが・・・。

ってことで、ここのところ集中してやっていた魔改造レンズ(自作Qマウントレンズ)は、A:接写を1つ、B:広角を1つ、C:絞り内蔵マクロを2つという結果です。

こんなことで遊べるPENTAX Q7の購入は、私にとって趣味のターニングポイントを形成したかもしれません(笑)

こんにちわ。今日も難産の魔改造レンズB「超広角スナップ」の再挑戦、その続きです。
さて、待望のお外での撮影です。

朝一番でテストしてきましたので、その結果を踏まえて色々チェック。

IMGP8440

05 魔改造B ver.3 超広角 1/2500s F8(2.8) ISO400
#いつもの電波塔

これを使って描写におけるシャープさとピントの具合と画角を確認。

 ○:2本同時に写せる広角さ

 △:やはりソフトで完全にピントが合って
   ないというか焦点が無限遠でもF2.8
   ベースのレンズなので収差か合焦
   範囲の狭さで遠くとレンズ周囲が
   滲んでしまっている。

IMGP8537

05 魔改造B ver.3 超広角 1/50s F8(2.8) ISO200
#秋葉原駅構内、中央口の広場から総武線のあるホーム側を
見上げたところ。換気口と思われる不思議なオブジェ。

ここは室内のライトによる光崩れが容易に把握できるので良く使わしてもらってる。この広い空間をまとめてしまえる広角さ・包容力は素晴らしい。
一方でライトの光に敏感で若干アンダー気味に露出を持たないと全部白く飛んでしまう。

ちなみに、02番の広角端だとこうなる。
IMGP8539

02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO1600

ほぼ同じぐらいの画角を得られている。02番はQ7で使いやすいズームレンズだが、コレをつけるとポケットにQ7を入れらないため、魔改造レンズはポイント高い。
02番と比較すると一目瞭然でピントの甘さと対光具合が把握できる。
あちこちのライトに出る光の拡散の酷さは絞り羽取り去ってしまった影響もあるやもしれない。

 ×:強い光に弱い

また、今回は作成過程でレンズ表面のコーティングも剥がれてしまっいた。このことも強い光に対するフィルタが無くなっているわけで、乱反射も起こっているように感じる。

IMGP8462

05 魔改造B ver.3 超広角 1/2500s F8(2.8) ISO400
#秋葉原駅中央口 外 ビル方向

ここでは像全体について、歪曲状況や軸ブレ、青色のグラデーションの出方が判りやすい。私のお気に入りの撮影スポット。
今回の魔改造レンズの出来は、周囲や遠景において像の流れがひどく現れるが、07番の流れに比べれば問題ないレベル。

 △:軸がぶれているのか、ケラレの大きさ
   が均等ではない
   但しこの調整は手作業で非常に
   難しい。諦めなところである。


IMGP8551

05 魔改造B ver.3 1/3200s F8(2.8) ISO200
#秋葉原ヨドバシカメラ

秋葉原駅前に佇むヨドバシアキバは、レンズの広角具合、各メーカーの看板文字へのピント具合、自然のお空の明るさと人口ライトの光量が混在し、テスト場所としてはバランス良いスポットである。
また、ついでにマウンタのネタを入手できる(笑)

昼もそうだが、特に夜になって撮影すると、赤や青といった様々な色もあり、下手な標準カラーチャートなどに良くある何色もの塗りつぶしの四角絵を置いて確認するよりも、より実践での確認がしやすい。
また、印刷物はCMYKの色範囲までしか取れないが、ここならRGBの色乗り具合も確認できる。
実際には朝昼で切り分ける必要が有るが機材の手間が無く通勤の行き帰りで使えるので重宝している。

ここも02番での広角端で撮影するとこうなる。
IMGP8540

02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO200

立ち位置を人の朝の動きに合わせて若干移動してしまったため写真ではかなり差が出たが、魔改造は02番の広角よりちょっと狭いぐらいである。


IMGP8467

05 魔改造B ver.3 超広角 1/800s F8(2.8) ISO200
#アキバヨドバシのドアップ

朝でないと撮りにくいショット。ピント位置と奥行きの感じを見て取るに、3階あたり(15m付近?)にあるヨドの文字から先でボケが始まっている。
スナップとはいえ、今回無限遠の焦点には出来なかったようだ。

 △:フランジバックの調整が足りない
  (センサーから遠い位置)ため
   ピントが甘い

今回はマウンタの端ギリギリでレンズユニットが固定されている。おそらくあと0.2mm程度センサーに近づける必要があるような気しており、そのためにピントが甘い(この辺の感覚は05番とかのフォーカスリング合わせで20度くらい追加で廻す必要があるくらい、とでも言えばいいだろうか)。
後チョイ、なのは認識しているが、パテが固まってしまったのとこれ以上飛び出させてセンサーにぶつかるかもという危険、ケラレが増えること、そういったことを考慮すると、怖くて出来ない。

IMGP8469

05 魔改造B ver.3 超広角 1/3200s F8(2.8) ISO200
#秋葉原駅外 昭和通口で中央線が入線するところ

 ○:明るいレンズのため、シャッター
   スピードが稼げる

05番のマウンタの電子情報を使って自動トリミングさせEXIFも自動記録させている訳だが、実際には OLYMPUS C-160 のレンズユニット。しかも絞りに関わりそうな羽らしき紙の板を取っ払ってしまった素のF2.8クラスレンズである。

光源や拡散の対策がされていないので、当然露出オーバー傾向になるものの、シャッタースピードを高速にできるのは他のマニュアルTOYレンズでは出来ないこと。

また、マニュアルでありながらもISOを低めの200~500ぐらいまでに予め固定しておけば、たった1つのダイヤル・・・スピードのみを調整するだけで済む。
「写るんです」ほどワンタッチとはいかないものの、ワンダイヤルで光の量、すなわち露出をイジれるのは非常に楽チンでスナップに向いている。
特にハードモノクロームを使うときには暗所としたい黒くする部分をダイヤルの調整で決めやすく楽しく簡単に撮れる。これはPENTAXのカメラシリーズに昔からあるHyperProgam TV(マニュアルモードにしてISOを固定してスピードでコントロールする HyperTVモード)があるおかげ。
これが好きでPENTAXが良いという私のような人も、きっとたくさん居るはず。

IMGP8558

05 魔改造B ver.3 超広角 1/4000s F8(2.8) ISO200
#都下の団地街


テスト結果:概ね良好、ただし
      調整はもう辞めることにする

 * * *

ピントの甘さ、周辺の像の流れ、光の拡散具合等、まだまだ詰めるべきところはあったのですが、全体的には、これはこれで、ありかな?という結論で、一旦OKとします。というか、これ以上の調整を辞めます。

・・・これ以上レンズユニットをセンサー側の奥に押し込むのが怖いってのもあります。直接中が見えなく判りにくいので、下手してセンサーをキズつけてしまうんじゃないのか、っていう怖さでいっぱいです。

本当は8/29の版の段階では今よりギリギリなところまで押し込んでいたこともあり、大丈夫だとは思うんです。
しかしながら、あの時と違って今はもうパテも硬直しているため、かなり強く押さないと動きません。だから色々な意味で怖い。

あぁ、本当に 8/29にお釈迦にしてしまった初期のやつを初めから05番で作っていたら・・・。っていうこのことが悔やまれます。今あらためてこの時の写真のピントを見ると、とてもキレイすぎて泣けてきます。

IMGP6351

#8/29 VER.1時の秋葉原駅 中央口の外のビル。

ケラレが多いけど奇麗なのを選ぶか、ピントが甘く若干気持ち悪いけどケラレが極小な方を選ぶか。
悩ましいですよね。

つまり、今搭載しているQ7の1/1.7形センサーは、古いデジカメにとっては非常に大きいってことですね。
まぁそれであっても、m4/3とかのデジカメに比べたら、昔のデジカメのレンズを流用しやすい「よりコンデジに近い一眼」なはずで、こういう遊びができるのは・・・やるなら今でしよ?(笑)

ってことで、日々新しい発見が出来るPENTAX Q7は楽しい!ってことですかね。
かなり特殊な遊び方ですけど(笑)

ひとまず、魔改造B 超広角スナップの作成は終わりとします。

こんにちわ。

魔改造レンズ「超広角スナップ」版の再制作の続きです。

さて、室内で撮影テストはどうでしょうか。


IMGP8395
05 魔改造 B Ver.3  1/60s f/8(2.8)  ISO400
#05 TOY LENS TELEPHOTO自動クロップ補正あり

魔改造C3_クロップ前
05 魔改造 B Ver.3  1/60s f/8(2.8)  ISO400
#05 TOY LENS TELEPHOTO / RAW+で保存しMac上でJPEG保存しなおしたもの


上と下で、ケラレの具合が比較出来ると思います。
自動クロップ(05番と見せかけて自動トリミングさせて保存させた場合)は、元の画像から400x3000ピクセルになるようケラレを排除する形の拡大を若干行って保存されていると思われます。
ですので、像のピントが更に甘々になり、かなりソフトな絵になっていくのは仕方が無いですね。
その辺はケラレがあるのとどっちを取るかの選択ですし。
今回は自動トリミング優先です。


これ、夜に作業し、室内では奇麗に撮れていたと思って次の日お外の日昼の光を浴びながら撮影すると、周辺の流れが右に寄っていたり上を向いていたりと、結構中心になっておらず泣くことが多いです。
この収差、滲みを調べるのは凄まじく難しく、あ、後でこう直したいな、と思った時には既にパテが固まっている、という苦しみを味わうことになります。

だから、同じように制作するなら出来るだけ日曜など「朝から昼間にかけて」取りかかるが良いと思います。
IMGP8518

なんだか近い距離で撮影するとボケボケな感じなので、怪しい気もしますが・・・・

ということで、お外でのテストはどうなることやら・・・。 続きは明日にまとめてどかっといきます。
 

こんにちわ。

魔改造レンズ「超広角スナップ」版ですが、難しいですね。
前回、OLYMPUS C-150を使ったらうまくいかなかった、というお話でした。
そして、その時は05番が自動トリミング処理をしてくれるので、ケラレ対策に使えそうということまで判明していました。

さて、ようやく再度C-160を手に入れましたので、再々チャレンジです。
C-160 は超広角な単焦点コンデジです。

CamediaC-160Sample
CAMEDIA C-160 1/169s f/2.8 ISO50 / トリミング

ちょっとトリミングしちゃいますが、こんなイメージで撮影像でして、かなりキリリとした良いコンデジだったと思います。解像度や色遊び等、今のセンサーに置き換えられたら面白かったと思うのです。

何も無ければ、人知れずゴミ捨て場でクラッシュされこの世から消えていたでしょう。
今回、このカメラのF2.8 33mmなレンズユニットを再利用です。

といっても、手作りですしセンサーの大きさもあるのでここまでキリっとした絵を作るのは無理そうです。

まぁ、まずは行程からいきます。
IMGP7774

バラす前の本体と07 MOUNT SHIELD。今回は07番じゃなくて既に分解済みの05番を使っていますので、サイズの参考としての横置きです。

これをバラしていきます。
IMGP7775
3枚に開かなくてもレンズユニットがお目見えします。

IMGP7776
この部分が超広角を撮ってくれるレンズユニット。OLYMPUSの単焦点コンデジはこういった形でレンズ部分がプラでユニット化されているので流用しやすいのが特徴です。
また、ネジも比較的少なく、中身の製品作りとしては結構優秀だと思います。
(PENTAX のOptioとかネジだらけでしたからね・・・)

IMGP7779
レンズユニットの中身にはシャッターを形成する紙とシボリ切換用の紙が間に挟まっていますので、ネジを緩めて真っ二つにし、取り出します。
このとき小さなスプリングとか色々出てきますが、全部捨てちゃうので気にしないでバラします。

IMGP7781
レンズユニットはネジ3本で前玉と後玉に分かれます。
私はやってから気がついて後悔していますが、前玉のレンズに使われているコーティングは非常にもろく、すぐに剥げていきますので気をつけてください。アルコールとかで簡単に剥がれます。

さて、これをマウンタに取り付けるのですが、ここが非常にアナログです(笑)

TOYLENS等の電子情報のある後ろ側だけを使い、プラモデルとかで使うパテを利用して固定しにいきます(ーー;


もっといい方法があるかとは思うんですけど、色々試してこれが一番作りやすかった。

但し、一見簡単そうに見えるこのやり方、実はイバラの道です。

パテである程度どの辺りの位置にくればピントが合いそうかを目安としておき、中央にするのもフランジバック9.2mmにするのも手探りです。アナログなんです。手先で調整です。

IMGP7871
固まる前にやらないといけません。パテを触った手でレンズを触ろうものなら即洗濯です。レンズを奇麗にしてやり直しです。
大型TVの液晶などに文字を表示し、少し離れたところからピントを合わせつつ中央ドンピシャのところを見つけにいきます。

今回出来上がった魔改造Bver.3は、やはりレンズユニットの向きがQ7のセンサーの中心から若干ズレています。
また、ピントも甘いです。もとのC-160のキリっとした感じが出ません。
これはケラレの量を最小限にしたいと考えて位置を決めたので、フランジバックが9.2mmの正確な距離ではなく、おそらくそれ以上の距離となっているためと思われます。

まぁ、センサーサイズの違いもあるので、そういうの引っ括めて魔改造レンズの制作は「うまくいけば儲けもの」的な感じで、結構運に左右されます。
ここが宝探しみたいなもので楽しいのですがネ・・・。

長くなったので、室内テストの話とかは明日にでも。

こんにちわ。

今日はここのところ撮った中でも街、というよりは住宅街を感じさせるものを載せていきます。
PENTAX Q7は軽いのが魅力。つまりどこにいくときも持っているため、どこでも撮れる。

それはつまり「絵」として面白いなって感じたものをすぐさま収められるという素晴らしさがあるんですよね。

IMGP6874
05 TOY LENS TELEPHOTO 1/1250s F8.0 ISO320

例えばこんな公園の片隅のような風景もハードモノクロームにしてしまえば思い出の写真みたいになります。

IMGP6846
05 TOYLENS TELEPHOTO 1/640 F8.0 ISO200 

何気ない道路標識だって、フィルタをかけたりハードモノクロームの効果をあてるだけで昭和の香りを出すことができますしね。

 IMGP7460
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO200

旅の思い出を盛り上げる貢献も担ってくれます。

ハードモノクローム写真の楽しさは、わざとアンダーな露出にしたりオーバーにしたりして白く飛ばしたりといった色の濃淡の加減をシャッタースピードだけで簡単に作りやすいところ。もちろんこの時は出来るだけISOを下げて固定にしておいて遊びます。
モノクロっていうと、普通なら「白と黒」の同じような写真だらけの世界になってしまいがちですが、光の取り込み方で、白黒が何色もの濃淡を作り出してくれます。
だからスピードと露出の関係を学びつつ絵の変化を頭で、と言うより身体で覚えていけるので、あ、この明るさならこういう色に変換していこう、といった事が容易に学べますよね。

ということで、私の クイックダイヤルは、①極彩、②ハードモノクローム、③オリジナルモノクローム、④青抽出といって、極彩以外はモノクロばっかりですよ(笑) モノクロ系を登録しておくといつでもサクっと切り替えられて便利ですし、勉強中の身にはもってこいです。
 

最近気になっているものがあります。

それは電波塔。なんか郊外で暮らしているせいか、車で移動すると必ずついてまわるのがコレなんです。

IMGP6736
06 TELEPHOTO ZOOM 1/3200s F2.8 ISO3200 ハードモノクローム

普段何気なくやり過ごし、ほとんど意識してみることのないこの電塔なのですが、あらためて見ると細部までメカメカしく素敵だったりします。
そういやJOJOでも鉄塔に住む男とか居ましたね。なんだかそういう魔力もあるのかな?(笑)

 IMGP6740
06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F3.5 ISO100 青抽出

もっと面白いのがNTT施設内にある奴。これって、なんか、場所場所によって形が違う気がするんですよね。

IMGP7787
02 STANDARD ZOOM 1/250s F5.0 ISO100
#円形の電塔

こういうのって決まった種類あるんですかね、これを集めるだけで一つのジャンルに繋がってタモリ倶楽部とかに出て行けそうな気がしますよね。
 

こんばんわ。

また見てしまいました、あんまりだなぁ、というアレ。

ついついQ7に絵を入れてしまう私も私ですが・・・・(笑)

 IMGP7041
01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO2000

青抽出しちゃってますが、お判りでしょうか。

ハイ、アレです。
ちなみにカラーにするとこんな感じです
IMGP7039
01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO2000

お気づきでしょうか。この無駄なディスプレイの数。こんなにある必要がどこにあるのでしょう。
日本はおかしいと思います。こんなディスプレイの数、遊びでやってるんじゃない常設ですからね。

しかも、たくさんの人が集まる場所での広告は価値があるみたいな表現してて恥ずかしいです。

品川駅の外観は素敵なんですけどね。
IMGP7031

手持ちなんでぶれちゃってますが素敵なんですよね。駅の外からカッコいい、と思って中に入ると、あのディスプレイだらけの通路になるわけです。

正直がっかりで、げんなりですよ。
 
前にアップしていますが、広告とはいえ、駅からエコとか言っているんですからお笑いですよね。
IMGP3095
 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 カスタム抽出「青」(再掲)


あぁ、他の駅の電気の無駄遣いも全部収録したろうかな(笑) 

本日は雨模様。台風とかもそうですが、こういった日が続くと写真を撮りたいという気持ちばかりが焦っちゃってダメですね。

DSC01938

ってことで、先ほどお庭で魔改造で一番初めに出来上がったA超絶接写版をサクッと取り付けて、お庭にゴーです。

草木、というか普段なら見逃してしまうような雑草だって、たまに目を向けて撮るのも、新しい発見があって捨てがたいです。
IMGP7848
07 MOUNT SHIELD 魔改造A 0.4s F9 ISO400


1cmも満たない花のシベを撮ってみたり
IMGP7821
07 MOUNT SHIELD 魔改造A 1/25s F9 ISO1250


多肉植物の葉先を撮ってみたり、あらためてじっくり観ると楽しい世界が広がります。
IMGP7856
07 MOUNT SHIELD 魔改造A 0.3s F9 ISO400


IMGP7827
07 MOUNT SHIELD 魔改造A 0.8s F9 ISO800




昆虫写真家気分で撮影とか楽しそうだよなぁ〜。
苔の隙間とかって、奇麗に光っていますよね。その間とかをくぐり抜けるってどんな気持ちなんでしょうか。胸が踊ります。

IMGP7561

07 MOUNT SHIELD 魔改造C: type-2 1/80s 絞りリング値14 ISO500
#こいつは超絶接写版じゃなくて絞り版の2の方です

こんにちわ、今日は前回チラッと書いた『絞り羽内蔵版』である魔改造レンズCのもう一つ、 type2の方です。

こちらもC:type1と同様、FUJINARの引き伸ばしレンズの絞り羽を使いました。
このレンズ、Q7に対する大きさが手頃なんですわ。
そして、今回使ったレンズは今迄の100円とか200円のジャンクデジカメより少々リッチで、PanasonicのDMC-FZ1 ジャンク(800円)の後玉にsmc TAKUMAR 1:3.5 (1500円) の中玉です。
このへんてこりんな組み合わせで例によって07 MOUNT SHIELDをベースに作成しました。

画像1

DMC-FZ1

画像1

smc TAKUMAR 1:3.5

ジャンクデジカメとはいいながらPanasonicのヤツはライカのレンズですかね、これ。
それと中玉を抜きとったこのsmc TAKUMAR 1:3.5は、どうやらかなり強い衝撃、たぶん高めのとこから落とした奴のようで銘板を外すのにも一苦労でした。

分解にあたりゴムキャップやそれ相当の輪っかのヤツでウンウンと意気んでもダメ、最後には5-56でシューっとスプレーしつつマイナスドライバーの先で銘板の刻印に引っ掛けあちこち変形と傷をつけながらこじ開けるというかなり無理しての分解でした。
本来こういった古いレンズは慎重に分解、掃除して元に戻してマウンタで楽しむべきものですが、今回は前玉復元不能な分解でして、もう無理と判断しバラで部品扱い、他と組み合わせ流用の形となりました。

絞り内容はこんな感じの五角形。円では無いですが昔のものなので作りは丈夫そうです。

画像1


にしても絞りを指でコントロール出来るっていう、これがたまらないですわ。
完成状態はこれ。
画像1


こちらにはプラのフードをつけています。当初70cm位のところの焦点でレンズを配置しておりましたが、花草木を撮るのに少し遠く像のフレーミングがやりにくいと感じましたので背景のイメージを切り取りやすい気持ち近くになるよう後玉を調整。
まぁ、少しピントが甘くなるものの25cm辺りで合焦している感じが出来ました。

取り敢えず室内で撮影テストを繰り返してますが、少しソフトな感じです。クリアな像はこの組み合わせでは無理みたい。


そして絞り4に近い値は像が溶けて壊れてますので実際にボケとしては役に立ちません。
でも絞り内蔵版はシャッタースピードを稼ぐ役割を担っています。

あいにくの雨とか時間切れで日中写真が用意出来てなく、こいつについての続きは週末を挟まないと無理みたいです。

取り敢えず、移動中の室内で試し撮り。

先ずは、type:1 の方から。
画像3

07 MOUNT SHEILD 魔改造 C:type-1 1/50s リングF7設定 ISO250

これと同じものをtype:2に変えて撮影。
画像2

07 MOUNT SHEILD 魔改造 C:type-2 1/125s リングF4.5設定 ISO400

絞り環の数値を変更してもう一枚。
画像1

07 MOUNT SHEILD 魔改造 C:type-2 0.3s リングF16設定 ISO320


場所は7号車の1番E。電源が欲しい時に欠かせない場所です。
type:1は20cm付近でしかピントが合わない代わりに結構明るく、スピードを稼げます。
対してtype:2については何回か後玉の調整をしましたが、ピントについては無理があるのか25cm辺りで一番まともでその内容も割とソフトです。
そこからほぼ無限遠に近く変わりません。全体的にtype:1に比べて暗いレンズとなっております。
そして、強い光に弱い傾向が出ているのでもしかしたらコレも中心がきちっと取れてないかもしれません。

うーん、魔改造レンズについてはフランジバック9.2mmにあわせてピントをセットするために大きなモニタで確認できる良い方法もそろそろ考えなくてはいけない時期かもしれません。
Q7の液晶頼って合わせていくのは辛いや。

しかしながら、Q7のHDMIは再生時のみの出力となっていますのでホットシューモニタの類いが素直に使えません。

まぁ、取り敢えず、この続きはお外で色々と試してからにします。

なんか、こう暑くなったり涼しくなったり雨が続いたりと落ち着かない時期ですね。
こんな時にはペンギンさんでも観て心落ち着けたいです。

ってことで、幾つか撮ったやつを。

IMGP4214

02 STANDARD ZOOM 1/4000s F4.5 ISO8000

ペンギンさんって、いつ時でもよくわからない方向をじっと見つめていますよね。
まあ、メシの時間はみんな向く方同じですけど、そうでない時ってなに考えてるんでしょうかね?


IMGP3836

FA77mm Limited 1/125s F16 ISO640
#一緒だったり

IMGP3848

FA77mm Limited 1/200s F8 ISO400
#バラバラだったり

IMGP3822

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO3200
#正反対を向いてたり

何が何だかわかりません。

でも、そんな無邪気でのほほんっとしたところが良いんでしょうね。何かいろんな事忘れて時間がゆっくり流れていきます。

最近寝不足で、そのままだと危ないよ!君!

IMGP4227

02 STANDARD ZOOM 1/4000s F4.5 ISO1600
#ゴメンナサイ。って謝ってるようにも見える?

PENTAX Q7で撮る動くものって楽しいわー

こんにちわ。

Bulb撮影って面白いですよね。

夕暮れ時から夜にかけては 01 STANDARD PRIME を使って青抽出するのに最高の時間なのですが、今回はそれを更に踏み込んでもう少し暗くなる頃を狙って長時間露光写真にチャレンジしてみました。

IMGP7012
01 STANDARD PRIME 15s F8 ISO 400 
#青抽出

なかなか難しいです。車の光が左上に延びてるのと道路沿いに真っすぐ明るく走っているんですけど、もう少し派手にやらないと判りにくいですね。

どういう構図でやればもっと面白くなるのか練習する必要ありですね、これは。
そして、色というか明るさ。これも難しい。ある程度までは液晶画面でその適正の明るさを教えてくれるんですけど、夜になりかけの時間帯は光がなくなるのが早いため、ちょうど良い発色にするタイミングも難しいです。

IMGP6987

01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO1250 
#周りはすっかり夜になってきました。シルエットが美しくなる時間です。

ってBulbを試していると直ぐに夜になってしまったので、今度は光のアートで遊んでみます。
遊び場所は、こんな交差点です。広いほど面白いはず。

IMGP7019
01 STANDARD PRIME 8s F8 ISO800 
#夜になった道路

この時間になると交差点は色とりどりの光を放っていますので、これは長時間露光でアートする格好の材料です。明るいレンズでなければ遊べないので今日は 01 STANDARD PRIME ばっかりです。

IMGP7021
 01 STANDARD PRIME 8s F8 ISO1600
#ここでシャッタースピードを遅くして、カメラを動かしてみると、上記のような写真になります。
 これはレンズを中心にQ7を手で持ち替えながら、でもレンズの高さ位置は変えずにぐるっと回して描いてみました。

IMGP7020
01 STANDARD PRIME 8s F8 ISO1250
#ちょっとアートに鳳凰を描いてみました。



え? ・・・ははは、そうです。偶然です(笑)
鳳凰とか孔雀の絵を狙って描けたらスゴいですよね。 たぶん、それで飯食えるような気がします(笑)。 でもまあ、少しアートを意識して十字架を書くようにしてQ7を動かしたのは事実です。

そういえば、昔の話ですが、暗闇でペンライトをナゾって光のアートを愉しもう!っていう特集を何かの雑誌でみました。随分前のことなので何に載ってたかとかは思い出せませんが。
つまり、それぐらいポピュラーで長時間露光は遊べるってことですね。

そしてマニュアル撮影はまだまだ奥が深く、光の線を描いて遊ぶだではなく、光量を考えて時間を使えば夜に撮影した景色も昼間とは言わないまでも朝方みたいに明るく撮ることができるから不思議です。

IMGP7015
01 STANDARD PRIME 15s F8 ISO1600



夜になっても持ち歩いて遊べるカメラ、それがQ7ですよね。 軽いから仕事帰りでもサクっとカメラ遊びに出かけられます。
 

こんにちわ。

ここのところ、超広角スナップ版の「B」が難産ですが、少し毛色を変えた「C」も同時着手中です。
今のところ2本ほど、お遊び的に作られているこの魔改造レンズは「絞り羽」を内蔵します。
IMGP5962

元になっているのはコレ。FUJINAR-E の引き延ばしレンズ。

奇麗な5角形の絞り羽です。ジャンク屋で絞りを流用出来そうな小さめの奴ないかな?って思って探してきたもので、でも調べるとレンズの凹凸は使えそうにない感じでしたので部品として使っております。
これに色んなデジカメジャンクから入手した凹レンズと凸レンズを内側に放り込んで強制的に接着しました。

typeC1_F22-5

鏡胴は真鍮?鉄?アルミ?良くわかりませんが金属で出来ていますので結構重いです。
また、雰囲気を出すためにメタルフードを付けています。

絞り羽内蔵版である魔改造レンズ「C:type1」はだいたい22cmのところで合焦点・・・・、というか実はコレ、その付近でしかピントが合いません(笑)

もう一つ同じように引き伸ばしレンズで作った『C:type2』は、約70cmのところでピントが合います。それ以降の距離についても似ていて、絞りをおもいっきり絞っている時はそこそこ遠くも見える、そんな感じです。

C:type2の方はまだまだ調整中で、魔改造Cとして絞りを搭載した2つ、type:1 と type:2 の大きな違いは焦点距離です。
また、超広角スナップのBと違い、超絶接写と同じ07 MOUNT SHEILD LENSベースでのマウンタで作られており、作成過程の写真がありません、とほほ。

では、C:type1の絵を中心的に載せます。
IMGP6110

 07 MOUNT SHIELD 魔改造C:type 1  1/8s F9(16) ISO800
#銀座でのエヴァンゲリオン展にあった人間サイズの模型
 

IMGP6057
 
07 MOUNT SHIELD 魔改造C:type 1  1/1250s F9(22) ISO800
#絞り22値。拡大してもらうと認識できますが、この時は網戸がボケずに写っています。

文字サイズIMGP6055

07 MOUNT SHIELD 魔改造C:type 1  1/1250s F9(5) ISO800
#絞り5値の状態、網戸の像が飛んでいます。ボケ方が違うので判ってもらえると思います。

こちらはショーケースの模型を取った奴。
IMGP6115

07 MOUNT SHIELD 魔改造C:type 1  1/13s F9(20) ISO800 。



まぁ、こんな感じで一応それっぽく形に?なってるの部類です。 

こんにちわ。

魔改造レンズですが、どうにもうまくいきそうなのにいかないですね。
諦めて普通に普通のレンズを買うことをお勧めしますよ(笑)

さて、今回うまくできた!と思っていたのですが、またもや失敗です。
結論からいうと、元になったOLYMPUS C-150とC-160にはもの凄い違いがあった、ということです。

 初めに07番のマウンタで作ったC-160 のレンズは、F2.8 33mm
 後から05番のマウンタで作ったC-150の レンズは、F.28 38mm

だったんですわー。あちゃー、広角の度合いというか焦点距離が違うやん。
前と同じと思ってパテとかの付け方考えずにやっちまったわ、うーん、どうりでテスト撮影でキリっとしない以上に流れる感じもするし、なんか、こう思ったより広角でないと感じていたのはトリミングのせいではなかったみたい。

フィールドテストとしてだだっ広い公園で撮影してきた絵がおかしいのもそのせいで、多分何処か、もっとシビアにやらんといけんとこ見逃したんですね、これ。

このガワだけまともで失敗感たっぷりの絵を載せます。

IMGP6854
05 魔改造 B Ver.3  1/500s f/2.8 ISO500 
#像が想定以上に流れていてクリアでない

IMGP6883
05 魔改造 B Ver.3  1/2500s F2.8 ISO100 


IMGP6884
05 魔改造 B Ver.3  1/2500s f/2.5 ISO100 
 #極彩をあててみるも、なんとなく色が飛びまくり


うー、これじゃつかいものにならない。ということで、これ再度やり直し決定。トホホ。 でも、まあ、05番による自動トリミングは巧く言ってて、端っこに少し出る程度になりましたのでこの方向でまたやってみますか。
 

こんにちわ。

今日は良い報告と残念な報告の2つがあります。

前回まで作っていた 07 MOUNT SHIELD LENS を OLYMPUS C-160のレンズユニットを使って超広角スナップレンズを作るという方向性は巧くいっていたものの、ちょっとした馬鹿なこと、ペンチとカッター使い方を失敗して、オシャカにしてしまいました。

レンズには鉄の引っ掻き後が付き、07のマウンタ側の配線を断線させてしまったのか、Q7に取り付けたときに07と自動認識をしなくなり、距離を聞いてくるようになってしまいました。
あ〜、残念です。

ふう、こういうのは仕方ないですよね。
ちょいと気を抜いたのがいけませんでした。

でも、まぁ、良いところまでいったのが分かりましたので、ダメになったマウンタでは別なものを作るとして、この超広角スナップを再作成、再チャレンジです。

ってことで、ヤフオクで、今度は同じOLYMPUS C-150を入手しました。レンズは全く同じもの。

ってことで、
まぁ、まずは出来上がり写真がコレ。

2013-09-01T00-33-39_0
 
ちょっと新HDレンズ群をイメージして赤いラインを入れたり、スクリュー的な全面スタイルにしたりとデザイン性もUPさせました(笑)

『魔改造レンズB-Ver.3 超広角スナップ』の誕生です。

取りあえず、今お試し調整中です。
そして、今回思いついたことがありますのでそれを導入しています。

今まで作っていた魔改造レンズB弐超広角スナップの欠点は、「ケラレ」部分が多すぎる、という点でした。
そこでこれを解消するのに2つの方向性を検討。

(1)レンズそのものをもっと良いものを探してみる
(2)毎回トリミングする運用を考える

まず、レンズそのものを変えるとなると、単焦点のカメラで1/1.7以上のセンサーを搭載したジャンクのコンデジが無いと、イメージサークルの大きさに満たなく同じ現象に繋がる可能性があります。
っていうと、最近発売されているような機種が必要となるのですが、それは安く手に入りそうに無いのでダメという方向にしました。

そして(2)で、しかもトリミングを自動でなんとかさせられないかと考えました。
そこで新しい試み、というか思い出した言葉がありまして・・・。
ようはQ10→Q7 にセンサーが大きくなったときに各メディアが報じていた「TOY LENSは自動的にQ7に合うよう調整される」って言葉です。

これ、結局RAWで保存したものとJPEGで保存したときとで画像が違う、クロップされている、というかケラレてる部分を除外する形でトリミングしてJPEG保存してくれている、ってことですよね。

どれくらいトリミングされているのか、色々漁ってでてきた推定値は下記の通り。
  •  03 Fish-Eye は  2mmのトリミング 
  •  04 TOYLENS WIDE は 3mm のトリミング
  •  05 TOYLENS TELEPHOTO  は 10.4mmのトリミング
どこだったか忘れたんですが、「TOY LENS」「クロップ」とかで探して出てきたサイト上のQ10とQ7の焦点距離と4.6倍のサイズ感と実際の差異とか距離の違いとかの数値を持っきて計算しただけなので間違っているかもしれないし、そもそも「何に対して考えるmmの数値なのか」っていうのがよくわかっていませんが、ようは、TOY LENSシリーズをQ7で使うときには自動でトリミングされ、かつ画像サイズは同じだから引き延ばし処理がされてるわけで、TOYLENS全体的に「もやっとしている」のは画像エンジンによる拡大処理ある、と。

つまり、TOY LENSの電子情報があれば、自動トリミングされる。ただしその代償で少しピントが飛んでソフトな絵になるってことですね。

今回の魔改造B-Ver.3 では、自動トリミング処理をしてもらいたいので、この中で一番値の大きな05 TOY LENS TELEPHOTOを使って作成することにしました。これでケラレているところを少しでも排除出来そう。だからタイトルから07 MOUNT SHIELD の文字を取っています(笑)

今回の作業では、分解写真とかの過程も撮りましたが、ちょっと今日はもう書いている時間が無いので、続きは明日にします。

こんにちわ。

今月フラっとQマウント達を持ち歩いて撮った記録の中のうち、思い出に貢献している写真をいくつか載っけてみます。

IMGP2850
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO100
#有楽町駅高架下から


IMGP6102
02 STANDARD ZOOM 1/1250s F4.5 ISO800
#銀座・・・有楽町駅を出てすぐのところで青抽出

IMGP6108
02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.2 ISO800
#エヴァンゲリオン展なるところにて。無茶苦茶混んでました

IMGP6134
01 STANDARD PRIME 1/40s ISO800
#SONYビルで展示していたアクアリウムはとても奇麗でした

IMGP2876
FA77mm Limited 1/400s F2.0 ISO1600
#そうそう銀座と言えば月初めにジオラマコレクションにも行きました

IMGP6112
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO800
#それの記憶もあってか、レモンなんたら・・・という有名なカメラ店の窓から撮った銀座の道路の姿がやけに「ジオラマ風」に見えました



IMGP3097

06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F3.5 ISO3200
#モノクロと言えば、高い位置から撮ると素敵です。越中島付近の陸橋上から ハードモノクローム

IMGP3131
06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800
#ここまで歩くと越中島ではなく豊洲付近(極彩にて)

IMGP3178
06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F2.8 ISO640
#芝浦工大付近のマンションのライティングが奇麗でしたので青抽出


PENTAX Q7を持って毎日出かけています。
今までちゃんと周りを見ていなかったんでしょうか。
カメラを持って出歩くと、もう一つのパラレルワールドを観ているように知らなかった世界を観ることが出来て嬉しいです。
 

こんにちわ。

今日はこの8月で撮った中でのお気に入りをいくつか。

今回は中旬ごろに行った那須どうぶつ王国(動物園)の前後の時のもので、栃木ですから、日光の方へもブラりしてきました。

IMGP4089
06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO160
#ガンを飛ばしつつも、すこし寂しそうなネコ

IMGP4095
06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1600
#もう貫禄出てます。コワイです、このネコ

IMGP512902 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO4000 オリジナルモノクローム
#日光金谷ホテルの一室 なんとなく古い作りですね

IMGP5260
02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO800
#東照宮入口あたりで青抽出。緑青が映えます。錆びた銅って素敵

IMGP5219
02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO1000
#東照宮入口2 石鳥居を青抽出。石なのに鉄ぽくて素敵

IMGP5229
06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO1000
#カラーでも負けません。金色が素敵です

IMGP5289
06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F3.5 ISO3200
#霧降高原というか滝に行くまでの道。前回載せたコケのやつをハードモノクロームにて


IMGP5291
02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO5000
#でも、まぁやっぱり苔は奇麗にビッシリが素敵です。こういうのを家の庭に欲しい(笑)



いやぁ、PENTAX Q7は楽しいです、ほんと。
 8月は本当にQ7一色でしたヨ!
 

こんにちわ。前回のつづきで、07番の魔改造「B」超広角スナップの話です。 いいところまで来ていますのでいったん中締め。多分後0.コンマ数ミリ程センサーに近づけないとキチッとしたピントにならないのですがまあ、ここで軽くお外で実験です。

魔改造B弐 の特徴は下記の通りです。

 ・厚みは07オリジナル(改造前)と03番Fish-Eyeの間です。
 ・撮れる画角左右範囲はたぶん、85~89°くらい、02番より若干広いです
 ・四隅にケラレが発生します
 ・元になったOLYMPUS CAMEDIA C-160の特性であるF2.8を引き継いでいるはずです

では屋外にて撮影してきましたので、その絵を幾つか。

IMGP6351
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/2500s ISO100
#秋葉原駅を出たところ、早朝。月も小さげながら中央やや左にちゃんと像をなして写っています


IMGP6364
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1s ISO200
#夜にさしかかった永代橋。19時でもう日は落ちていますが、十分撮れています

IMGP6371
03 Fish-Eye F5.6 2s ISO1000
#ボケちゃってますが、同じところでカメラの向きを変え
 03Fish-Eyeで撮影。魚眼は07 魔改造B弐 と違い水面が歪んで弧の字を描いています。 

IMGP6405
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/25s ISO1000
#確かに橋のライトは眩しいですが、一応夜でFLASH無しです。なかなかの描写です。
 上の写真で遠方に写る水色の眩しい光を発する橋が『永代橋』。その橋上の歩道から。

IMGP6343
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/2000s ISO160
#また戻って早朝のヨドバシ秋葉原。全体が写せる超広角です

今回の『07 魔改造B弐 超広角スナップレンズ』は、もとのユニットを素で使う形でした。そして、絞り羽もなにも無しにストレートにセンサーと連携しています。
そのベースとなったC-160のレンズ性能はF2.8と凄まじく、06 TELEPHOTO ZOOMと同じ明るさです。
日中の光のあるときならばISO値100のままシャッタースピードを1/2500秒とか1/5000秒にすることが平気で出せます。
ISO1250まで持ち上げて良いとすれば、少しくらい暗くなったり曇りになったとしても、1/50秒くらい余裕で設定でき、シャッタースピードによる手ぶれも防げる形です。
しかも周りが暗くなってもなんのその。肉眼では見えにくい夜の雲まで描写してしまいます。

あぁ、だからコンパクトデジカメで手ぶれしにくかった訳だ。昔からシャッタースピードが速い状態で撮れていた訳ですね。
上の早朝のなんかISO160で1/2000秒ですよ(MF 「M」のTAvモードで速度とISOのバランスを取りながら赤色字にならいように撮影です)。

IMGP6432
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/50s ISO400
#すっかり夜のヨドバシ秋葉原。暗くなっても奇麗に撮れています


F2.8の超広角なC-160のレンズは素晴らしいです。残念ながらコンパクトデジカメとしては3流扱いでしたが、レンズだけ取れば良いものは眠っている、という証明でもあります。
うん、古いデジカメを新しい技術でサルベージ。最近は何でも捨てるのが美徳になっているようですが、日本人の知恵や遺産、大いな成果を簡単に捨てしまっていいのでしょうか、もったいないと思う気持ちが残ります。
こういう形でも一部の部品だけでもいいから、何かしら残していけないものですかね。
液晶なんかは、なんか、こう、もっと再利用したいですよね。


IMGP6441
07 魔改造B弐 LENS F9(2.8) 1/25s ISO100
#JR秋葉原駅中央改札内です。この広い空間をしっかり捕らえています



今回感じたことは、センサーとレンズのマウントの距離(フランジバック?)が近く、コンデジと大差ない大きさのセンサー規模で生まれてきたナノ一眼だからこそ、過去と同じ環境を生み出しやすかったのではないでしょうか。
Q7の隠れた才能が光った瞬間です。
今後コンパクトデジカメは単焦点の高級版が増えると聞きます。そうなったらその数年後には、またレンズを残していくことができるかもしれません。



・・・にしても、ここまでレンズを復活させられてしまうと、自分でPCからUSB経由でマウントの電子情報を書き替えたい、っていう気持ちになってきます。

もちろん無理ですが、07番などのプラマウンタを流用するメリットは、KQアダプタと違って取り付ければ入力値を求められずに即使え、重くかさ張らないならないところにあります。
01とかと違ってプラスチックな部品なので接着剤で加工もできる利点?もあります。

ここにレンズ情報を与えられる「チップ」さえあれば、撮った写真にダイレクトにEXIF情報として埋込できます。そういうのが出来たら嬉しいですよね。
今のF9.0という07番のそのままの値であるダミー値じゃなく、本来のレンズのF2.8とかをEXIFには書いてあげたいです。

うん、やっぱりこのカメラは楽しい。
レンズの自作って面白い。こんなことができるのもPENTAX Q7のおかげです。 
 

この間の羽についてのブログでも書きましたが、先日 那須の方の動物園に行ってきました。

一番の目的はバードショーではなく、実はカビバラの赤ちゃん。とっても可愛かったですよ~。
小さいやつと触れ合えるなんてナカナカ体験できないですしね、朝から頑張って東北道を走らせ行ってきました。

さて、今回のQ7の撮影は、01番以外のレンズ達でパシャり。
もちろん、何かあった時の予備で使うSONYのコンデジW10は今でも健在です。


IMGP4045
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F8 ISO1000
#暑かったので水に浸ってる大人のカピバラさん(温泉風)

IMGP4360
03 Fish-Eye 1/30s F5.6 ISO320
#もっとくれくれ、って感じの赤ちゃん。君に全部はあげないよ

DSC01897
SONY WX10 1/50s F2.4 ISO100
#手前の毛並みにピント(笑)違うんだけどなぁ、焦ってるとこういう時あります

IMGP4416
01 STANDARD PRIME 1/500s F1.9 ISO800
#喉の下を猫のようにゴロゴロしてあげると喜ぶようです。オヤジの指でもうっとりしてくれました

IMGP4935
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO2000
#ベイベーズの小ささがわかるかな? おやつの時間に階段の上から
 
IMGP4067
03 Fish-Eye 1/3250s F5.6 ISO640
#成体だとこれくらいの大きさ。ネズミなのに結構デカいですよね

う~ん、いいですねえ。
PENTAX Q7とレンズ達を持ち歩くと、ついつい動物を魚眼で撮ってしまう癖がついています。
楽しいですよね、Q7。

このページのトップヘ