標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

タグ:TELEPHOTO

こんにちわ

IMGP9086
PENTAX Q-S1 06 TELEPHOTO ZOOM: 1/320s F2.8 ISO100

花も咲き、小雨も降って若干散り出し、緑の芽も誕生し、ようやく春らしき景色がやってきた感じです。

というか、もうGWが視野に入る時期なんですね。そうなるとタケノコも目に入ってくるし、色々な季節のものが飛び込んできます。

私はというと春先にやってしまった体調崩しと花粉のダブルパンチでなかなか外に出られなく、カメラの出番も停まっております(笑)

IMGP9085
PENTAX Q-S! 06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F2.8 ISO100

それでも、と思って夜に出かけたり。

K-S1とかを手に入れて、明るいレンズや高感度なISOの絵を見慣れてくると、Qでは夜に向いてないなあ、と思うことが多くなってきました。
そろそろQは限界なのかなあ、と思っても見るのですが、FA77Limitedとかをアダプタで使ったりすると、それなりに良い絵になったりするので、やはり、レンズが今一歩なんだろうな、と思う反面、この大きさコンパクトさでは大口径な明るいやつを作るのは厳しいのかな、とも思ってしまったり。

今のQに足りないものってなんでしょうかね、明瞭強調のようなHDRな色でしょうか。もっと手ブレを防ぐ何かでしょうか。
明るいレンズや楽しくなるバリエーションなレンズ達でしょうか。
Qを持ってると思うんですよ。
やっぱり軽いのが一番。落としてもダメにならないレンズが一番。気軽に楽しめるカメラが一番楽しいって。
K-S1ですら、重かった。特にまともに使いたいと思うレンズが。

最近思うのは、やっぱりコンデジで良いのかな?って。
スタミナと、軽さ、コレにQのような魚眼や広角度合いを切り替えられて、かつ、ボカしも綺麗にできるカメラがあれば、それでいいのかなって。

私にとって、光学ファインダーはメガネの邪魔さや背の高く体が硬いって言うのもあり、アングルの制限が割とあるからあまり重要ではなく、むしろ今の世界を色を変えながら後から加工することなく手に入れられるiPhoneのようなスタイルが一番使い易かったりもします。

でも、iPhoneは、構えにくいし撮りにくいんですよね。
やっぱり最強のコンデジ探しがいるのかな。
QにF1.4スタートの16mm〜300mmくらいの便利ズームがあって、防塵防滴なら、普段はそれでいいのにな、って感じます。

そんな便利ズームと魚眼と、マクロを持ち歩く2000万画素ISO6400実用域なQがあれば、と、考えてたら、なんか、ソニーとかm4/3とかでもいい気がしてきたから、PENTAX からなんとかならんかな、って思う。
QでKのレンズをAFで使えるなら、それもありだね。さて、如何するかな、これから。

こんにちわ

一昨日は、都心に雪が降ってきました。
初雪かな?正月にも降ったとか噂もあったので(出かけててわからんかった)、それかどうかはわかりませんでしたが、とにかく朝から降ってきました。

職場に着いたら大雨に変わっていましたね。
家に帰ってきて次の日の朝、庭を見るとまだ雪がうっすら残っている状態でした。

Q7_P9015
PENTAX Q7: 02 STANDARD ZOOM F4.5 ISO800 1/100s 67 mm AWB

こういう白い部分が多い時には、ホワイトバランスを合わせる作業より、露出そのもののコントロールが大切ですよね。

02か06を持ち出して、「AV±」ボタンを使って電子ダイヤルを左右に調整、適切な明るさを確保しないと良い感じに撮れません。
PENTAX Qでの露出コントロールは簡単さがいいですよね。押して左右に回すだけ。

Q7_P9019
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO160 1/160s 158 mm AWB

暗いの、明るいの。自由自在です。

Q7_P9018
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO250 1/160s 158 mm AWB +0.7EV

白い雪が混じってくると、サビ砂利も綺麗に映えてきます。
この時期だけは真っ白な枯山水よりもサビ砂利の枯山水の方が楽しい。

四季のある日本は楽しいです。

さて、この辺は現在iBookStoreで公開している「Q骨頂」にて、記載しております。

ドリル9

サンプル版でもこのページは見られますので、良かったら手に取ってみてください。

 
【ibook storeで公開中(現在はiPad版のみ)】

スライド1

PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」販売
 

こんにちわ

もう12月に入り、さすがに紅葉も終わりかな?って思ってたけど、意外に地元、車で40分のところにギリギリ見頃な場所、平林寺というところがありましたので、そこに行ってきました。

Q7_P2592
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F8.0 ISO1600 1/30s 39 mm AWB ポスタリゼーション

とはいえ、境内のやつは結構枯れていて、周りの竹林とその付近の林が紅い感じを残している感じでギリギリって感じの場所です。そこを最近のお気に入りエフェクト「ポスタリゼーション」とかしてみました(笑)

Q7_P2579
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F8.0 ISO1600 1/100s 69 mm WB:Manual

ココには、実はK−S1側でとある1つのレンズを試してみたかったのでフラっと行ってきたってのがあるのですヨ。

Q7_P2572
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/160s 123 mm AWB

PENTAX Q7/Q-S1には、望遠側の200mmにF2.8通しの06 STANDARD ZOOM、広角側には解像する08 WIDE ZOOMがあるので、写真の解像度サイズ的には若干貧弱ですが、レンズ的には両側に良いものを持っていますので、どうしてなかなか、K−S1がなくても狙いはわりとこなせるんですよね。

しかしながら、標準距離域はK-S1に任せています。
中央の換算30mm-100mmくらいのところの01か02付近がチョい物足りないのがQです。
(まぁ06を超える200-400mmクラスのAF対応レンズも欲しいんですけど・・・)

また、01 STANDARD PRIMEも良いヨっていう人も結構多いと思うのですが、ワタクシ的には結構至近距離で地べた這った写真とか、マクロっぽいのとか、ポートレイト(blogには滅多にあげませんが)とか撮りたい奴なので、Qの01番だとあんまりボケを自由にできないので好きになれないというか。

FA77mm Limited のような、ハっとする感じが撮れないので、Qの標準域ではラーメン食べるときの簡単な記録用とかばっかり。
室内で撮影したいとき、Q7しか持ってきてない時に01番を「仕方なくつける」ことが多い。
まぁ、それはそれで重宝するんだけど素のままで「絵」にするのはあんまり使わなかったり。使うときは何かしらのエフェクト込か、魔改造アタッチして超接近マクロとして使ったりって感じになっています。

Q7_P2605
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO1600 1/60s 128 mm AWB

02なんか、汚い絵になること多くて、素の写真としてはほとんど使ってませんよ。モノクロばっかり。
あれ、ダメレンズだよねえ、ほんと。初代QやQ10までなら十分なのかもしれないけど。Q7やQ−S1で普通に撮るのには許せる度合いが今の時代のクオリティに合っていない。

本当は、こういった、室内物とかも結構好きでして情緒的に撮りたいのですが、こういうのって、明るいF2.8クラスのレンズか、ISOを3200クラスにしてもノイズが乗りにくいようなセットを用意しないと綺麗に撮れないんですよね。
だから、ちょいQには苦手。まぁ、iPhone6Plusで事足りるようになってきたから、それはそれは代用があるんですけどね。

〜ということで、Qをずっと使っていくのに一番欲しいのは、16-100mmくらいF2.8付近の明る〜いレンズです。

まぁ、その辺無理に考えずに、K-S1にソレを期待しているんですけど、実際に買ってみると、PENTAXにはどうにも「これ」っていう使い回しの良いベストな標準ズームレンズが見当たらない。

F2.8通しかF2.8-4ぐらいで16-100mmくらいまであれば理想なんですけど、さすがにキビシイようで・・・。最近ではDA16-85mmなんか、良さげなんだけど、まだ手を出す段階ではない気がする。もう少しサンプルとかみたい。なんか、暗そうだし。

一番はDA★16-50mmくらいが良いんだけど、アレ重いし50mmで短い。今使っているSIGMA17-50mmも結構良いんだけど、コレも短い。

本当は、Qの02 STANDARD ZOOMの領域がそのままグレードアップするようなものが欲しい。
そうすれば、本当にQでいいや、ってなる。


Q7_P2545
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO640 1/60s 39 mm AWB

まぁ、その辺はそのうち何か最適解が見つかるでしょう。Qになるのか、Kになるのか、それともαにマウント移行するか。

・・・さて、Q7で標準域は、02が嫌いなのでどうしても01頼り。
ただし、blog用の写真となると、意匠的な観点もあるので、もっぱらこういったキャラのアップです(笑)

Q7_P2623
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO250 1/100s 83 mm AWB

運がいいことに、今住んでいる埼玉は「ゆるキャラ」好きなようで、月に一度くらいは何処かでイベントしてる(笑)
・・・でもって、今回のスターは、新座市というよりは清瀬市のゆるキャラ、「にんにんくん」です。

いやはや、雑木林からくる新座の「ゾウキリン」っていうのもツッコミたい気分満載の名称ですけど、こっちの「にんにんくん」は公募から決まったようで、筋金入です。いやはや。

あ、頭に葉っぱがついているのに、切れて撮ってしまった(笑)
そうそう、葉っぱといえば、今回の紅葉で使った本気写真の話は、次の週末にでも。
そのうちにK−S1側でやりすかね。

こんにちわ

ここのところ、体調を崩したり、普段の生活でも時間がとりにくくなってて「書く」時間が取り難くなってきています。
そう思うと、よく去年はこんなペースの中でも続けていたなぁ、と自分でも感心してしまいます。

さて、K-S1のblog側でも書いていたんですが、この間は栃木県の山奥、那須の烏山にある国見峠っていうところに行ってきました。

Q7_P0009
PENTAX Q7 08 WIDEZOOM: F3.2 1/400s ISO200 AWB

国見峠って、実は日本各地にあるんですね、北海道から宮城、秋田、岐阜、三重、熊本、宮崎。
さっきWikiみてはじめて知りました(笑)

で、この辺は栃木のこの辺りに住んでいる人なら大抵は知っている、国見のみかん園の辺り。
というか同じ道を行き、最後のところで左にあるビジターセンターの辺りから見る景色です。

また、そこから近いところに見晴台みたいな、小高い丘というか山がありまして、そこ歩いて2~3分で展望台の場所まで行くことが出来ます。
Q7_P9992
PENTAX Q7 01 STANDARD PRIME: F1.9 1/50s ISO200 :ポスタリゼーション

ここは、今頃の時期から冬の間、「雲海」が見られるスポットとして、栃木側と群馬側で結構有名らしい。

朝の日が昇るかどうかの時間から、8時ぐらいまでのあったかくなる前の時間にしかみられません。
山道結構険しいので、慣れていない人は慎重に行くべきところです。まだ凍っていませんからあわてなければ普通にいける舗装道路でビジターセンターまで行くことが出来、そこに車を停めてすぐ見る場所があります。
Q7_P9988
PENTAX Q7 01 STANDARD PRIME: F1.9 1/125s ISO200

川と大気の温度差で生まれる「霧」形式の雲海なので、山登りをして頂上付近から見られる雲海とは違うのですが、これはこれで気持ちがよく、なにせ、ここには車でサクっと来られるところ、この手軽さに魅力があります。

今回は、親の家(自分はココで暮らしたことが無いので実家とは言えない)に一泊してから行っています。
ここで、K-S1のblog側でも出した猫とも逢いました。
Q7_P0034
PENTAX Q7 06 TELEPHOTO ZOOM: F2.5 1/400s ISO320

今年の秋は、思ったよりお出かけが出来てなくて、Q7の出番が減っています。
でも、K-S1買ったいまでも、手軽お気軽なのはQで、コレでいいな、って思えているのでメインはこちらです。

今年は後何回お出かけが出来るかどうか、ってところですが、文章は少なくてもいいので、また出来るだけ書いていけたらな、って思っています。

そして、また、カウンターが0000を超えました。4週目くらいになったのかな、1年半くらいで。

こんにちわ
久しぶりの更新となります。
お元気ですか?

なんか新しいQマウントのカメラ、Q-S1とかいうQ7の中身で洒落た外観のものが登場するようですね。

http://www.camera-pentax.jp/q-s1/#4070

パートナーを洗脳するいいチャンスかもしれませんね(笑)

 
一部で叫んでいる『ガワが初代Qのように高級感があって投げ売りのQ10の価格でないと買わないよ』っていう人達へのへの応えですよね、これ。
 
中身作り変えると開発費を載せないといけないしフルで金属ボディにすると価格で話にならないからもしかしたら10000台すら届かないかもしれない、という危険回避の折衷案。Q→Q10のときも同じ感じでしたから、Q-S1のプラ部分を変えたQ5がそのウチ出るかもしれません。

もうアキバのヨドバシとかには新しいQ-S1のサンプルカタログが(紐で繋がって)置いてありましたね、サンプルプリントとともに。
でも、持ち帰りとかの分はまだなさそうでした。

高感度にちょっとなってエフェクト増えただけで中身は変わってないポイですね。うーん。
ボディは消耗品と考える私でも、今回は〜ライムxブラックの設定も無いしなー、まずは様子見ですね。
本当に変わった所がないのか?MFのピーキング操作感とか。

ふう。



さて、最近は暑くて出かける気がしないのですが、それは、なんだか野良猫も同じようで。
 
この前に自宅でお風呂というか朝にシャワーを浴びようと思ったらくつろいでやがった。とっさにQ7を取り出して06番で撮ったらビビってる顔を激写しましたよ(笑)

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s 206mm F2.8 ISO2500 AWB

そういえば、猫のヒゲなる華?とかもあるんですね、初めて知りました。

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s 188mm F2.8 ISO100 AWB

彼岸花っぽい感じもしますが(笑)



さて、夏ですので、我が家はスイカを買ってみました。

06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s 122mm F.2.8 ISO10000 AWB

スイカ割とか棒を持ってきてやりたかったんですが、まあ、食べ物が無駄になるし、特に適当に割ると一番甘くて美味しい中央がズタズタになる可能性があるので諦め。

06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s 69mm F2.8 ISO6400 AWB


相変わらず何も考えずにオートで撮ろうとすると、明るめの 06番といえど、ISO値が無茶苦茶になります。正直いくら12800なISOができるといっても、実用的でなければ意味がない。

幅の制限を忘れちゃって撮りにいくと後で後悔するので1600を超えるような使い方すると画面で赤字になるとか、アラート出すとかできれば親切なのにな、って思います。
 

さて、このスイカ、昔、伊東家の食卓で出ていた種が少なくなる切り方でゆっくり食べています。
たまに食べると美味しいです。

というか、昔に比べ、スイカって甘くなった気がしませんか?
糖度計で測り忘れて食べちゃったんで、もうわからんのですが・・・。
 

こんにちわ

今日は01を中心としたお花の話です。

IMGP4619 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

この1年ずっとQ7を使っていて・・・ほとんど毎日持っていましたよ・・・そして、これは本当に使える、と思った被写体があります。

Q7は「お花」を撮るのに非常に向いているカメラです。特に旅先とかたいそうなシーンではなく、普通に毎日持ち歩いてサクっととる花のスナップに向いています。

IMGP4626 01 STANDARD PRIME 1/640s F1.9 ISO200 39 mm AWB

01番、06番、そしてできれば08番があればとても良いと思います。正直この3つで十分。
まぁ、お楽しみに03番があってもいいかな?
この4本であれば夏は鞄に、冬はレンズをポケットに入れておくだけでいつでも何処でも簡単スナップ。

IMGP4624 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO200 39 mm AWB

何気ないシーンもサクッと撮れて花にとっては大切な「今」を残しておくことが出来ます。

コンデジやiPhoneでもいいんですけどね、なんか、レンズを変えながら、ボカしたり色を変えてみたり、仰いでみたり、一面に咲いているものを全て手中にしたり、魚眼でデフォルメしたり、と、とても楽しいです。

IMGP4596 01 STANDARD PRIME 1/200s F1.9 ISO200 39 mm AWB

Q10やQじゃ奇麗に撮れないことも多いので、Q7の方が良いです。
もう終わっちゃいましたけどカラーオーダー出来ていたのも良かったことの1つですよね。

自分好みの色のカメラで、毎日持ち歩けて愛着が持てるカメラで、自分の意図で見つけたものを撮る。
こんなスナップを楽しめる人にぴったりだと思うのです。

IMGP4621 01 STANDARD PRIME 1/125s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

もちろん、花だけでなくペットとかでもいいんでしょうけど、ちょっと動くものが苦手です。
暗いレンズだったり手ぶれが弱かったり、動きのあるものへのAF追従が遅めだったりするのもあって、イライラが出ちゃうかもしれません。

だから、植物のようなものがとても得意。もちろん、それを含めた風景、旅先の景色も得意です。

ライトに色んなものを撮って歩きたい、そんな人にはとても楽しいカメラだと思います。
私は、このQ7に出逢えて良かったと思っています。 


もうすぐ、野田で「ひまわり」を沢山撮って、毎日 Blog を初めて1年が経とうとしています。

今までの1年、3万枚くらいは撮ったんじゃないかな?って思います。一部は時間で連続シャッターしたのもあるから、実質2万5千くらいでしょうか。

IMGP4631 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#今年のも、もうすぐ咲きそう

明日からは少しこの1年を振り返ってみて、お気に入りの景色でも探してみたいと思います。 

こんにちわ

実は今日、Q7を購入してお外へ持ち出して撮影を初めたから日から1年を迎えました。時が経つのは早いですよね。去年の今日は晴れていましたが、例年通り、といいますか、関東では7月の上旬まではいつも「梅雨」の時期です。

ですが、もうそろそろ梅雨もおしまいになるかもしれませんので、ここいらで「あじさい」をまとめてみたいと思います。アジサイはQ7を買った直後に撮れなかった花だったのです。

さて、先ず始めに、残念ながらゆっくりと探せてなかったためもあってカタツムリとセットのところは撮れませんでした。 これは・・・どっかの植物園とかいけてれば撮れたのかな?

また来年にでも撮れたらいいな、っていう宿題になりました。


アジサイも色々な種類があるのですが、その辺はあまり良く知らないので、とりあえず道行く先々で撮れたものを載せていきます。

IMGP4603 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

まずはオーソドックスな感じの奴ですね。

IMGP4710 06 TELEPHOTO ZOOM 1/20s F2.8 ISO200 201 mm AWB

赤紫のものは遠くから見ると奇麗なんですけど、写真とかに記録して間近で見てしまうとあまり奇麗とは言えないものが多いです。

IMGP4722 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO200 112 mm AWB

対して、白い奴はとても奇麗です。
結構好きかも。

IMGP4613 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO250 39 mm AWB

紫の奴も濡れると結構奇麗なんですよね。

でも、やっぱり、このタイプが一番好き・・・かな。
IMGP4614 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

アジサイの中では異端児かもしれませんけど、この花の引き立て方が素晴らしい。



そうですね、Q7をいつも持ち歩いてるから、何気ないところで良いものに出くわせるし、そして記録は別な日の記録と合わさってストーリーが生まれる。

1回の記録ではなんてことのないものでも、連続していくことで繋がりのある写真にもなっていくっていうのは素敵ですよね。

こういうのって、鞄に入らないような大きなカメラだったり、高くて濡れて湿気ったらどうしよう、とナーバスになりすぎるようなカメラだと出来ないですよね。

なにせ、梅雨の時期でも持ち歩けちゃうんだから。
だから、軽くて小さいミニ一眼なカメラ、Q7を持ち歩くのは楽しいです。 
まぁ、この時期は01と06しか役に立てないこと多いですけどね(笑)
 

こんにちわ

06番のお話の続きとなります。

IMGP4728 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 205 mm AWB

なんとなく愚痴っぽさが出ておりますが、レンズ自体は素晴らしいレンズです。この安価な値段でここまでの写りが手に入る、これは最強のスナップ向けレンズであります。

なにせ全域でF2.8の撮影を可能とする明るさ、これは素晴らしいの一言です。こんな価格でこんな写りが撮れる、これはもう初めの取っ付きには十分過ぎる目玉商品です。

IMGP4715 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO200 201 mm AWB ハードモノクローム

色ので具合も無理が無く、「鮮やか」や「リバーサルフィルム」で撮るようにすることで問題の無い発色をします。
微妙な赤を表現出来ますからクロスプロセスなどを用いても奇麗に表現してくれます。

IMGP4726 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 207 mm WB:Shade X-Process

シャープさも個人的には納得のいくレベル。本当に「写り最高」な感じです。

IMGP4724 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 69 mm AWB ハードモノクローム
 
モノクロで撮りにいっても奇麗な絵が手に入りやすいです。
街中をハードモノクロームで撮り始めると色々な被写体が「撮って欲しい」といっているようにも聴こえてきます。

IMGP4727 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 207 mm AWB

それくらい、この06番には魔力があります。

若干色滲みも出やすい傾向があるので、そういうときにはクロスプロセスや色変化をかけて上げましょう。何も素直に撮るのだけが写真じゃないんです。そこは自由です。

IMGP4725 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 130 mm WB:Shade X-Process

06番はQSFが使い物にならないのですが、そのかわり大きな被写体や判りやすい被写体を選び望遠で少し遠目のものを部分的に撮ると簡単に「前ボケ」の写真が AF 操作で手に入りやすいです。

これは01番では出来ない芸当です。
ボケのある写真が欲しかったら、Q7の場合、AF対応なら06番しか選択肢がありません。

そういう意味でも手にすべきレンズだと思います。
MFに手を出したい普段からそれで撮影しても良い、という気持ちがある人は06番なんて買わなくてKQアダプタを買った方が応用がきき、かつ、06番よりも奇麗なボケが手に入ります。

うーん、難しいですね。
レンズ性能は良いのでもの凄く褒めたいし、もの凄くオススメしたいのですが。

01、02と共に06もこのままでは イカンと思うのです。

なんだか、こう考えると、いっそのこと4/3か1インチ向けのQマウントではない新しいマウントに切り替えちゃった方が今後のQのためになるんじゃないでしょうか、とも思います。それに合わせてレンズの造りはもう一段しっかりと作り込むため造り直しをして欲しい(価格が上がっても良いのでK3までは行きたくない人達向けの高級なQ)。

小さくて軽くて楽しく、上位機種と同じように色や写真への描画アプローチが楽しめる、というコンセプトはもの凄くよく、レンズとのセットで軽さ・バランスは素敵なのですけど、今ひとつ技術が追いついてないのか、性能に妥協しすぎてしまったか、安く作らないと上位機種に目をくれてくれないと判断されてダメだったのか、良くわからないけど、私にとって08番が出てなかったら今後も使いたいかどうか、もう分からない状態だったかもしれません。

あぁ、今後も使っていきますよ、Q7。

なにせ、トータルでQ7を超える軽量コンパクトで楽しい一眼なカメラは、私から見てまだどこにも存在していないと思いますから。これを超えられるのはまだ見ぬ新型だけかもしれません。

そして、なにより08番の存在。広角好きの私には、今のところこのQ7が唯一無二の存在です。
 

こんにちわ

七夕ですね、Q7の写真でも交えながら、この微妙なレンズ、06番のお話です。

コイツは難しい。これほどコメントの難しいレンズはありません。
結論から言うと、持っておいた方がベターなレンズだと思っております。

まぁ、まずは個人的な見解から。

IMGP4738

  1. とにかく造りがチャチい。持ったときの軽さといい、沈胴している状態から使うために伸ばすときのスカっていう感じ、ピントリングのスカスカってくる感覚、半年も使わないうちから電子マウントが時々認識しなくなる、など酷いものです。
  2. レンズ自体は素晴らしい。Qでこのボケが手に入るのか!っていうほど驚きのレンズです。若干色が出にくいシーン・滲みやすいシーンがありますが、それでもそれを補う驚きの絵が手に入ります。
  3. 200mmという距離は無茶苦茶短いです。望遠という気持ちで手にすると「足りない」と思うことの方が圧倒的に多い。
なんというか、難しいんです。レンズそのものは良いんだけど、その他がコストを無理に抑制してしまっていて片手落ちというか。
IMGP4729 06 TELEPHOTO ZOOM 1/25s F2.8 ISO200 207 mm AWB
特にこういった望遠もののレンズは「どこにピントを合わせるか」っていうことが大切な動きになります。ただ単にAFで狙って撮る、そんな動作だけなら〜それこそコンデジの望遠ズームで撮れば良いだけ、そんなものを一眼のカメラに求めているとは到底思えません。
IMGP4709 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO200 201 mm AWB
せっかく一眼を手にしているわけですから「前ボケ」「後ボケ」を意識しながらピントを撮るのが普通じゃないでしょうか。

時には望遠なんだけどかなり近いところを狙って撮りたい、手前にある細いものを撮り後ろをボカして浮き上がるような表現にしたいというとき、この06番のレンズのAFはひたすら迷います。
また、遠くのものでも明暗が解りにくい被写体になっているとき、同じようにこのAFはひたすら迷います。
IMGP4719 06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F2.8 ISO200 201 mm AWB #滲みが出ている

AFの精度が悪い、といってしまえばそれまでなのかもしれません。
でも、CPUだって苦手なシーンってあると思うのです。そこで PENTAX QだけでなくPENTAXのカメラには「必要なときだけAFをさせて後は指でピントを調整する」という便利な機能 Quick-Shift Focus System(QSF)という ものがあり、Q7にも搭載されています。

望遠でボケを自在に操るためにはこのQSFの機能が不可欠です。狙ったところに狙ったピントを持っていきたいのですが、Q7は液晶の精細さも無い上に、06番の造りがちゃっちいためにスカスカ、思い通りに動かすのに精神を使います。

というか、はじめAF後のピントリング調整を有効(これがQSF機能)にしていたため、06を付けた状態でQ7の筐体の向きを変えただけで拡大モードになる動作を見て「壊れている」と思ったくらいです。
実は勝手にQSFが動いてピント調整モード=拡大x4モードに変えられていた、という顛末。
これ、普通に欠陥品だと思うんですよ。
でも展示品とか色々見てもスカスカ具合おんなじ。普通に諦めましたね。


このピントリングのスカスカ具合がKマウントのピントリング並の適度な重さや微妙な指の動きをブラさずに忠実に残して応えるものだったら06番は間違いなく至宝のレンズだったでしょう。それをするのに後1万高くなるのであったら、それでも買いますよ、何せ今のの06番は、ただのコンデジ風のAF専門のズームレンズにしかなっていない状態です。
レンズ交換式だから、望遠を補うためだけに登場したAFのレンズ。それだけにしかみえません。今の姿が嘆かわしくてありません。

さて、ただの望遠域のAFレンズとして考えると、こいつは華をとるには最適なレンズです。
IMGP4712 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 201 mm AWB

とりわけ見つけた小さな華、ロープで区切られている空間に鎮座する花、そういた簡単に近寄れない花をピピっと焦点合わせてスナップしていく。
こういった用途にはこの06番は非常に向いています。
02番じゃちょっと寄切れないような少し大きな建物の一部を撮りたい場合にも、06は非常に活躍します。

01でも02でも撮れない「ちょっとだけ近づければいいのにな」という空間をBCモードなしでボカして撮ることの出来る「ピントは自動でお任せ出来る範囲のみに使うレンズ」、これが06番でしょう。
ふぅ、ちょっと長くなったので、続きは明日にしますか。
 

こんにちわ

今日は群馬県にある名勝、『ふきわれのたき』を撮ってきましたのでその写真を。

IMGP2990 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 27 mm AWB

ここ、「東洋のナイアガラ」ですよ(笑)

まぁ、広めのところに落ちる滝、というか水の落ちていく様は素敵でして、なんというかマイナスイオンをたっぷり浴びれるような気にしてくれる場所です。

IMGP3010 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F7.1 ISO100 123 mm AWB

水の景色なので、またシャッタースピードを変えながら撮ってみましたよ。

IMGP3002 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250 125 mm AWB

こういう滝のようなところは両方楽しいです。スピードを遅くして糸のように魅せるのも奇麗で素敵ですし、水しぶき感をたっぷり残すスピードの速い撮り方も圧巻です。

IMGP3029 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

小さいサイズでみるとちょっと迫力に欠けますが、この広い感じをどーんっと撮れる08番は 本当に頼もしいです。

IMGP3039 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 204 mm AWB

ただ、こういう場所、近づけば近づくほど「濡れる」ので、結構難しいですよね、撮るのって。

だから少し遠いところから撮る06番も結構使えます。
中途半端な距離がかえって活きてくる珍しい例かも(笑)


08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO200 17 mm AWB

大自然の消しきって面白いですよね。
小さな悩みなんてバカバカしくなる。
 

こんにちわ

5月も下旬になってきて、あちこちでは新緑が、若くて奇麗な黄緑の葉っぱが満開?になってきました。

IMGP2686 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

なんか、こういう色がたっぷりの季節って元気をもらえるようで嬉しいですよね。

IMGP3118 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1250 207 mm AWB

ところで、私の大好きなカエデ・モミジですが、この時期は奇麗な青で虫にもやられていない奇麗な形を魅せてくれる絶好の時期だったりします。

IMGP2669 魔改造D プラスアルファード 1/100s F9.0 ISO160 53 mm AWB

だからQ7で見かける度に撮ってきましたよ。

IMGP2629 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.0 ISO100 39 mm AWB

モミジって不思議で、まず「紅」から始まるんですよね。まぁ、品種にも寄りますけどうちの庭のもそうですし、街にあるやつも大抵そうです。

IMGP3066 PENTAX-M 50mm w/ KQ Adapter 1/800s F0 ISO200 230 mm AWB

初めから赤くてずっとそのままの奴は置いておいて、葉先の紅から奇麗な若い緑に変わり、色が落ち着いて最後は黄色、深紅になって散っていく。

IMGP2616 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

日本を感じられる楽しい樹々ですよね。

今は初夏になりかけている感じで、春も超え始めた感じです。

IMGP2628 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO100 39 mm WB:Flash

そうか、もうこのblogを毎日書くようになって10ヶ月になるんですね。
月日とは残酷なものです。

早すぎです。

こんにちわ。

今日はヒーローと会ってきました。

IMGP3092 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO1600 101 mm WB:ShadeX-Process

IMGP3091 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO800 86 mm WB:ShadeX-Process

いやはや、一応平成ライダーシリーズを認識していますが、コイツは・・・この人達はまったく知らないです。

まぁ、それもそのはず、どうもご当地ヒーローのようでして(笑)

今日は彫り物で有名?な栃木県鹿沼市の麻苧町屋台を見に来ています。

IMGP3088 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 204 mm WB:ShadeX-Process

この屋台、素敵ですよ。

IMGP3094 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO1600 69 mm WB:ShadeX-Process

彫り物の緻密さ、素晴らしいです。1台作るのに何ヶ月かけたんだろう?っていう感じです。

IMGP3086 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 202 mm WB:ShadeX-Process

日本って素晴らしいわ。

IMGP3093 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO1600 69 mm WB:ShadeX-Process

屋台の造りは圧巻です。

IMGP3089 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO800 94 mm WB:ShadeX-Process

そんな屋台、どうやら子供達にも人気のようで・・・。

IMGP3082 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

なんだかひょとこなおじさん達が屋台から飴やらお菓子やら、縁起物のおひねりとかを時々配っているようです。
こういうのなんかいいですよね。

それに混じって大人が時々「我が物顔」として手を伸ばし奪っていってるのがチラホラ。
なんか、切ないですわ、その行動。あんたらタバコ1箱買わなければ好きに喰えるだろうに。ふぅ。

こんにちわ

IMGP3131 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO320 189 mm AWB ハードモノクローム

5月と言えば、薔薇ですよね。
さすがの私もこれくらいはわかります。

IMGP3130 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO200 191 mm AWB ハードモノクローム

でも、薔薇って色々種類があるじゃないですか。

IMGP3129 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 191 mm AWB ハードモノクローム

その辺まではようわからん・・・・(笑)

IMGP3138 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB ハードモノクローム


今回、薔薇がたくさん咲いているところをフラっと立ち寄ったので、その写真をQ7でとってきました。

IMGP3136 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB ハードモノクローム

でも、敢えてモノクロ・・・。

なんか、いつも極彩とかクロスプロセスで花を撮るので、たまにはモノだけで撮ってみようかな?
って思ってやってみました。

薔薇のような造形が素敵で美しい花だからこそモノクロで撮っても奇麗なんでしょうね。

素敵ですよね。

ところで花を良く撮るのは06番なんですけどね、最近接点がおかしいのか時々認識されずマニュアル扱いになることがシバシバ。
クリーナーとかで拭くと少しは認識高まるかな?って思って何度かやってるんですけどね、変わらない。
IMGP3132 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 189 mm AWB ハードモノクローム

やっぱ安く作ったレンズはだめなんですかね?

どうもこの06番はあんまり良いイメージがしない。写りはいいのに、作りがチャチすぎて気持ち悪い。
Q7を購入するとき、オリンパスのPENと比べレンズの重さを含めてタダ単に小さくて軽いから、という理由で選び、結果良かったと思っていますが、造りまでこうしていかないとダメなんですかね、なんか、勿体ないです。そこまでコンデジ感覚にしなくてもいいんじゃないか、と思えるんですけどね。

04番とか05番とか安いトイレンズのバリエーションを増やして、ちゃんと写る奴は少しくらい高くても、長く持つように作ってくれないと困るなぁ。
安くても壊れやすくて買い替えなきゃいけないものばっかり作られるんだとしたら、結局無駄金になるんで大切に使えない。

個人的には安くて気軽に購入出来る1万前後までのレンズ路線とシッカリ作って長く使える路線の2系統を維持して欲しいなぁ、と。
まぁ、Q10までの感覚だと、トイレンズ風の売り方してたから仕方が無いのかもしれませんけどね、もう、そういう時代じゃないし。できれば選べる自由、残して欲しいなぁ・・・。

こんにちわ

もう5月も下旬になりそうで、花々も草木も生き生きしてきましたよね。

IMGP3153 06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F2.8 ISO1600 201 mm AWB


カメラ始めると決まってというかお約束な写真として、とりあえず草花を撮っちゃいたくなりますよね。

IMGP3151 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1000 194 mm AWB

ということで、ここのところのお出かけモードから一息ついて、 ちょっと近場で撮ってきたお花などを。

IMGP3150 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

本当は、これは何の花、この草木は何々と語れれば良いのでしょうが、残念ながら私にはその知識が足りません(笑)

IMGP3124 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO160 126 mm AWB

まぁ、下手に解説するより、気ままに撮って気ままにアップ。このスタイルを貫こうかな、と(笑)

IMGP3122 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200 126 mm AWB

でも、個人的にはシルエット的なアートになる方が結構好きだったり。

IMGP3111 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 146 mm AWB

だから、こんな奴を撮るのが好きだったりします。

あ、そうそう、今回チョットいいことが。

なにげに昔を思い出して土手っぽいところを見渡してみると、5分もしないうちに見つけられましたよ。

IMGP3061 PENTAX-M 50mm w/KQ ADAPTER LENS 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

4つ葉のクローバー。本物です。
なんか、歩いててフっとそういえば、って思い出して探してすぐに見つかったんで、これは呼ばれたのかもしれません(笑)

40年以上生きてきて、見つけたのはコレで4度目くらい。ちょっと暑い時に直ぐに押し花にしなかったので2日もしないうちにダメになっちゃいました。うーん失敗。
今度は土をもっと多く一緒にもらってこないとだめかな。

でもQ7で撮っておいて良かった!

こんにちわ

IMGP2378 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm AWB 赤抽出

三越は外観も凄いし中に入ってからも凄いのですが、屋上も凄いですね。

IMGP2414 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

IMGP2410 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 26 mm WB:Flash

屋上にあるチェルシーガーデン、ここ古くからあるようですが、結構いいです。

IMGP2426 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO1250 40 mm AWB 極彩

なんと、ビルの上なのに、鳥居が・・・。

IMGP2442 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO400 202 mm WB:Flash

どうしてなかなか、街中の屋上なのに素晴らしい広々としているし種類も豊富で素晴らしいショップです。いいなあ、ここ。

IMGP2429 02 STANDARD ZOOM 1/30s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

見守ってくれるオブジェも結構種類があってみていて飽きません。



IMGP2448 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO1000 90 mm WB:Flash

素敵な花を勝ってに撮らせてしまいました。もちろん、少しだけは買っていきましたから・・・(苦笑)

IMGP2455 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 180 mm WB:Flash

花が咲き始めてくると、春が来ている感じで楽しくなってきましたよね。

こんにちわ。

ここのところ、Q7を持って「いろは坂」の向こうの景色を撮りに行っています。

IMGP2944 08 WIDE ZOOM 1/80s F5.0 ISO100 24 mm AWB

この辺りは、まだまだ冬景色。道もちょっと前に埼玉の山奥で観たときと同じように雪かきの跡があります。
さて、日光の先、いろは坂→中禅寺湖→竜頭の滝、ときたら、目的地である戦場ヶ原って決まっていますよね?

IMGP2919 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 205 mm AWB


ここ、てっきり大昔の戦の跡、侍合戦の跡地かと思ったら、そうではなくて、大蛇と大ムカデ(それぞれ群馬側と栃木側の大きな山)の争った場所、とかいう結構適当な昔話で成り立った場所なんですね。

IMGP2906 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB


あわわって感じです。

それに・・・

もっと酷いのは、3本松っていう名前です。

IMGP2907 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB

てっきりですね、コレかな?と思ってジロジロ見つめたり記念撮影したりしてしまいましたよ。


#駐車場の脇にある看板と3本の木
08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 20 mm AWB

WiKi見直したら、三本松、とうの昔に無くなっているとかじゃないですか。
今じゃ只の茶屋の名前とか。酷いわ(笑)


まわり見渡しても、冬の延長なのか、枯れてる木々ばかり。


08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 23 mm AWB

まぁ、草っ原には松ぼっくりなんかが落ちていてのんびりした広々な公園と考えれば、お弁当とか持ってきてくつろげる場所なんでしょうけどね・・・。GWに渋滞しながら来るところという感じではないですね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 203 mm AWB

でもまぁ、Wikiみて気がついてびっくりしたこと1つ。

戦場ヶ原では山上げ栽培が行われていていて、栃木県で行われていた山上げ栽培の代表的なものに「イチゴ」があるんだそうな。従来、イチゴは初夏の果物で、その出荷時期は丁度今頃。 5月の果物だったんですね・・・。
そういや、帰りにいつもの農家さんのところでイチゴかっていきましたわ。

で、昔イチゴを戦場ヶ原で山上げ栽培し、クリスマスシーズン出せるようにした「日光いちご」ってのが重宝したらしいんです。
へーって感じ。こういうのがあって、今のイチゴ=冬〜初夏っていうイメージが定着しちゃったんでしょうかね。おそるべし栃木。

こんにちわ

この間から「いろは坂」の向こうにある景色をQ7で撮っています。

しかしながら、高原での撮影は難しいです。
太陽の日の強さが中途半端というか強くて、オーバーで飛んでしまうような絵になったり空が白くなってしまうことが多いです。

いつもならめんどくさいのでTvかMのTAvにしちゃってごまかすのですが、EVも合わせていかないと奇麗に撮れなかったりします。

でも、めんどくさいから控えてない・・・(笑)

IMGP2897 01 STANDARD PRIME 1/4000s F1.9 ISO1250 39 mm AWB

で、中禅寺湖の先にあります、「竜頭の滝」っていうところまで来てしまいました。

ん〜なんというか、ここは食事どころって感じが凄くするのですが、その目の前に見えるのが竜の頭、滝は両ひげっていう場所のようです。

IMGP2874 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 203 mm AWB

ん〜、普通に滝をとってもそう見えないですよね。

IMGP2882 06 TELEPHOTO ZOOM 1/1250s F2.8 ISO800 120 mm AWB

だから、こんなときはTvモードでシャッタースピードをできるだけ落としてみましょうか。

IMGP2877 06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F8.0 ISO100 120 mm AWB

こんな感じの速度でどうかな?

IMGP2893 01 STANDARD PRIME 1/6400s F1.9 ISO1600 39 mm AWB

コレを2本作れば、竜の髭っぽいとこが出来て、そうみえますかね??って、あれ、遠目に小さく撮れば早くてもそれなりに見える??
 

こんにちわ

GWはどこへお出かけでしたか?

今回、いろは坂の先、中禅寺湖に足を運んできました。
もちろん、Q7と一緒にです。

IMGP2829 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO800 25 mm WB:ShadeX-Process


春とはいえ、ここはまだ冬の終わりみたいな感じでした。
寒いですよね。

IMGP2834 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO400 27 mm AWB


だから草木もまだまだなんですよね。


08 WIDE ZOOM 1/640s F3.7 ISO500 17 mm AWB

寒々とした冬を見るような彩度の低い湖と樹々。
美しさはあれどどこか哀しげな湖。

IMGP2831 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO640 27 mm WB:ShadeX-Process

せっかくカップルが歩いているのに、なんだか寂しそうに感じるのはこの湖が人より美しいせいだから何でしょうか。
それにしても中禅寺湖ってのは日本百景の一つらしいですね。
まぁ全てを収めつもりは無いのですが、色々なところを撮れるというこの自分の境遇には感謝したいと思っています。

IMGP2853 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO320 89 mm AWB

良く見ると樹々が芽吹き始めています。

ここももうちょいで春が来そうですね。
 

こんにちわ

 

08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO1600 26 mm AWB 極彩

今日は空も明るく気持ちよかったので、奥日光、いろは坂を体験してきました。

IMGP2809 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO250 200 mm AWB

いろは坂っていうのは、山を登るクネクネ道です。そう、単純にそれだけで、それの急な曲がり角に「いろはにほへとちりぬる・・・」って文字が1つ1つ付いているって言うアイデアものな坂です(笑)

ちなみに、ここって、上りが「い〜ね」までで、残りの「〜ん」までは下り側にあります。気がつかなかったよ

IMGP2810 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 205 mm AWB

流石に適当なシャッタースピードでは看板を捕らえきれません。適当に速度遅くして車を走らせていると後ろから鳴らされちゃいますしね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO400 207 mm AWB

いろは坂を上から見るとこんな感じです。

クネクネと曲がっているのは負荷をかけずに登れるようにするためですけどね、こんなとこ、ようのぼったわ・・・昔の人って凄い。

IMGP2820 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO500 27 mm AWB

今はロープウェイでヒョいってもっと上に簡単に行けちゃうんですからね・・・。

IMGP2823 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO400 199 mm AWB

上の方は5月でも雪が残っています。だから舐めた服装で行くと、むっちゃくちゃ寒いですよ・・・。

こんにちわ

今日は5月5日、もうこんな時期になったんですね、早いです。
GWもそろそろ終わりになってきました。

IMGP2962 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO125 110 mm WB:ShadeX-Process

ちょっと車を走らせて山奥をドライブすると、田舎になればなるほど「鯉のぼり」の週間が残っています。

というか、町おこしみたいな感じでみんなの家の鯉のぼりをまとめて流そうっていう感じで大きく何匹も流しているところとか結構見かけます。

IMGP2965 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO100 79 mm WB:ShadeX-Process

こういうの圧巻で良いですよね。

IMGP2957
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO125 153 mm AWB

都内ではナカナカ観られませんし、場所も要りますから何匹も泳がせられないですからね。

こんにちわ

明日からはGWですね、ことしは前と違って飛び飛びなのでこの連休がメインのお休みですかね。

疲れを取るのには休むのが一番ですが、元気なものを観て自分の心に変化を与えるのも疲れを取る方法としてはアリなんではないかと思います。

こんな時期はQ7をもってお出かけ!
っていきたいところなんですが、GWですしね、混んじゃいますよね。

ってことで?
自分ちのお庭での話の続きにしました(笑)

IMGP2007
#庭の片隅で咲く山吹の花
06 TELEPHOTO ZOOM 1/5s F2.8 ISO250 200 mm AWB

もう、今の和の庭が出来て2年が過ぎました。
コレを作る前は適当に野菜を植えて適当に放置してたので、観た感じがもう酷かったんです。

IMGP20100705-06048
#初めはこんな状態。野良猫も飽きれる有様 w/ iPhone4


これじゃぁ、だめだ、草むしりもめんどくさい。
っていうことで、日本の色々な庭園・・・金沢の兼六園や京都の無鄰菴とかを参考にしたりして和の庭にしたのでした。

野菜作りスペースが少なくなる代わりに砂利での枯山水で手入れが楽というメリットがあります。

IMGP20120608-07809 #作っている途中・瓦は自分でセット w/ iPhone4

色々やったあげく出来たのがモノスゴクシンプルな庭(笑)
土留めには 栃木のバァちゃん家が地震で倒壊したときの黒鉄色の瓦を再利用し、塀を黒く塗り鉄平石とかで演出。砂利は色付きの錆び砂利、その中に苔で島を作っています。

自宅同様、自分でデザイン、それを庭師さんにお願いして形に。
和の庭っていうのは一回やっちゃうとアレコレ直しが効かないのが欠点ですが、シンプルが故に心落ち着きます。

女性向きではないですね、花壇とか畑とか色々遊べないですからね。
別にそういうコーナーを設けておかないとダメなのが自宅庭での和の課題です。


IMGP20121117-08634
iPhone 4 1/120s F2.8 ISO100

で、出来上がりから2年、奇麗な紅葉を魅せてくれたり、枯れた後に芽が出たりと繰り返してくれている我が家のモミジ。台風とか色々あって一部では木の皮部分がめくれてきていますが、まだまだ元気です。

IMGP1827 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO125 39 mm AWB

うちわカエデの一種で、葉の大きさが結構デカいので少し離れて見るとちょうど良い感じです。

IMGP2012 06 TELEPHOTO ZOOM 1/4s F2.8 ISO250 199 mm AWB

大きくなってきていて・・・

IMGP2096 01 STANDARD PRIME 1/640s F3.2 ISO200 39 mm AWB

それが、今年も芽吹いてきていて元気に育っています。

IMGP2522 Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15㎜ 1/100s F4.5 ISO125 69 mm AWB

こういうのって嬉しいです。

今年も頑張ろうっと。 

こんにちわ

浜離宮を後にして、都会を川昇りをしてみました。

IMGP0256 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 23 mm WB:CTE


ちょっと悪い意味、うーんと、違うボケがでちゃってますが、まぁ、ここから川昇りがスタートです。

IMGP0278 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F3.2 ISO100 69 mm WB:ShadeX-Process


Q7が持つクロスプロセスのランダムの効果は、カラーブレイクというかある一定の色だけを残す感じで壊してくれる効果があります。

IMGP0281 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO125 69 mm AWB ハードモノクローム


しかしながら、コレがピタっとしたイメージになるときって結構少ないんですよね。だから、私はクロスプロセスで撮るシーンの結構多くの場面でモノクロームも残すようにしています。

IMGP0299 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F3.2 ISO100 202 mm AWB ハードモノクローム


でも今回の川昇りのシーンのように、青紫で奇麗に為せたときや、この下にある東京都のイチョウマークがあるシーンで奇麗な色が出ると嬉しいです。

IMGP0315 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO200 69 mm WB:ShadeX-Process


水門を横目に、コレから浅草方面に向かって昇っていきます。
この船、ただ浅草行くだけっていう感じなのですが、普段は通れない、でも良く通る道の下をくぐるので結構面白かったりします。

IMGP0328 08 WIDE ZOOM 1/640s F3.7 ISO160 21 mm WB:CTE


随分前に青抽出で撮った、あの橋『勝どき橋』の下をくぐれます。コレは無茶苦茶に楽しい瞬間です。なにせ、Q7で夜に撮りにきたあの橋を、今度は下から眺められるんです。

IMGP0352 08 WIDE ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 17 mm AWB 極彩


Q7と共に東京を巡っているのを久々に実感しました。
お散歩楽しい(笑)そして、気軽に持ち歩けるQ7は最高!

こんにちわ

この間から浜離宮庭園に来ていますが、ここは浜辺に出来た埋め立て地の場所だけあって、海が間近にある広場です。

IMGP0231 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.5 ISO100 87 mm WB:CTE


そういえば、どうして海に松っていうのが 良くあるんですかね、不思議な感じです。


01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE
背景にビルが見え、海とも繋がる広場って都会では珍しいですよね。


01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 青抽出

松と青空がとても気持ちよく、風が強いときでもあまり揺れない松はカメラで撮る人に取っては嬉しいですね。

IMGP0236 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 青抽出

でも、あまり写真を撮っているような人が海辺では見かけません。どっちかというとカップルとかがベンチや土手っぽい小高い場所で座り込んでいるのを良く見かけます。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.5 ISO100 69 mm WB:CTE

さて、海に出てきたことですし、このまま違う場所に移動していきたいと思います。

IMGP0268
06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F5.0 ISO100 92 mm WB:CTE

ここ、浜離宮は桟橋もあって、ここから違う桟橋に移動することも出来るんですよね。

ここを後にして、これからは川を上っていきたいと思います。

こんにちわ

今日はQ7を使ってからカレコレ9ヶ月以上立ちましたので、高性能レンズと言われるオートフォーカス対応レンズ+03番の魚眼を含めて再度 PENTAX Q マウントの標準レンズ群の雑感を桜の写真等を出しながら書き連ねてみたいと思います。

■01 STANDARD PRIME 58° 39mm F1.9
01 STANDARD PRIME_ISO100_AWB_IMGP0131 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.5 ISO100 39 mm AWB




  • 街・風景・色変化含む
     総合的なスナップ
  • 1対1の人物の撮影
  • テーブルフォト(料理)
  • 室内撮影
  • 雨・雪の日
  • とにかくそのF値の良さ、明るさから色々なところで使えて、しかも小さくて軽く、本体と色を合わせられるという全ての外観面でQの良さを引き出してくれるレンズです。
    02、06を持っていたら、次は03か01で決まりでしょう。01から入った人は、03、06または08が良いと思います。

    室内の撮影では光量が足りなくF値の明るさかISOを上げる必要性を求められます。
    そういう意味で02番のままでは「ぶれる」「暗い」「ザラザラする」というQの使いにくい面や不満をすぐに解消してくれるレンズです。
    カメラの知識を勉強しなくても、もうちょっと奇麗な写真が撮れないのかな?Qじゃダメなのかな?って思う前に、まず01番を手にしてみると良いと思います。色を変えられるフィルタやBCモード、AVやTVモードに限らずSCNモードも含めて「あ、Qの楽しさってコレなんだ」という気持ちに出逢えます。
    単焦点なので使いにくいかな?と思うこともあるかもしれません。でも、本来カメラって自分が動くのが基本で、そうしないと「動き」が出ないんだな、っていう基本が分かります。勉強したいなら、01番は絶対に必要です。


    ■02 STANDARD ZOOM 87-35° 23-69mm F2.8-F4.5
    02 STANDARD ZOOM_ISO250_AWB_IMGP1513 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO250 47 mm AWB




  • 人物ポートレイト
  • 街並の「雰囲気」の撮影
  • 親しいペット(明るい場所)
  • 旅行の御供
  • 普段使い
  • さて、いわゆるこのレンズは「標準」を極めるためのものと表現するのが良いのでしょう。
    本体とセットで手に入れることが多いであろうこのレンズ。Q7以外のQやQ10では正直「ダメレンズ」だと思えます。
    ダメ、と言える理由は(1)セットでないと色が選べない (2)Q7以外では微妙な画角 (3)写りがシャッキリとしない。
    でも、Q7で使う時限定で結構いけます。まず、画角がちょうど良く結構広角な範囲で撮れます。Q7の標準的なレンズとして最も色々なケースに対応出来る初心者向きのレンズです。
    ズームセットで02番+Q7の組み合わせを最初に買う人が多いでしょう。最初のレンズとして少し広い世界の切り取りが出来、iPhoneやコンパクトデジカメのようにズームでサクサク写真が撮れる。
    仲間うちで撮るときも難しくなく「手でズーム」できる軽快な楽しさを楽しめるレンズです。
    手でズームできるので、光遊び・・・シャッタースピードをTvモードにしたり夜景の時に1秒のうちの0.5秒は動かさず、残りでズームしよう!と動かせば漫画の集中線みたいな絵も出来たりします。
    まず色々なカメラの遊び方をこれ1本で試せるという意味で貴重なレンズです。
    微妙な距離感で写したくないものをコントロールしやすく、Qで遊ぶならまずコレ、的な存在で、でも、全ての土台、基礎、これが一番下というレンズでもあります。Qをメインにしたいなら02番をいかに切り替えて他のものを使っていくか、が鍵になっていく全てのレンズのベースです。


    ■03 FISH-EYE 173° 16.5mm F5.6
    03 FISH-EYE_ISO1600_WB-CTE_IMGP0541 03 FISH-EYE 1/500s F5.6 ISO1600 17 mm WB:CTE




  • ペット・動物撮り
  • 広い観光地
  • オブジェ
  • 小物撮り
  • マニュアルの練習
  • いわゆる魚眼レンズっていう奴でして、結構クセがあります。魚眼の特徴は(1)広角・・・つまり広い世界を撮れる、(2)鼻を強調したペットのような写真が撮れるっていう処に面白みがあります。
    本来こういったレンズは高価で今のコンパクトデジカメでは機械的な演算で実現して安くあげているものがほとんどですが、Qマウントレンズでは「オートフォーカスに非対応」な割り切った造り方をしているために安価に手に入れられます。
    だから(3)マニュアルモードの練習材料になったりします。TAvってなんですか?絞りってなんですか?ピントってどう合わせると面白い絵になりますか?っていうカメラの基本を覚えられて、楽しい絵が生まれていく「カメラを好きになりたい」人に持ってこいのレンズです。
    また、iPhoneのようなパノラマ写真を撮る機能はQ7にありません。だから広い世界を撮りたければ「広角」のレンズが必要にもなります。03番、04番、08番が広角な世界を撮るレンズです。08番がオートフォーカス対応、04番がマニュアルで安価モデル、そして03番は魚眼でもあり広角でもあるレンズです。この特徴はいつもの写真のサイズに世界の全部を強引に収めるためのレンズといって過言ではないでしょう。そう、目の前の景色を無理矢理詰め込んでしまうのです。
    歪んで撮らない方法は結構簡単で、グリッドラインを液晶に出して水平垂直を意識して真っ正面から撮るだけです。そうすれば、超広角なレンズとしても使えます。簡単ですから、さぁ練習してみましょう。端の方では多少歪みますが、この広大な画角には、きっと可能性を感じるはずです。
    03番は意識して正面・中央・水平垂直で使い、わざと近づいて斜めにしてデフォルメして撮る、自分の向きと立ち位置で色々変化する、ずっと使える楽しいレンズです。


    ■06 TELEPHOTO ZOOM 35-12° 69-207mm F2.8
    06 TELEPHOTO ZOOM_ISO200_AWB_IMGP0105 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 199 mm AWB




  • 人物(切取・ボカし)
  • 奥行感を出したい風景
  • 小さめの花・草木
  • 動きの鈍い鳥、乗り物
  • さほど遠くない3〜5m
  • ちょい望遠したい、ボケの奇麗な写真を撮りたい、そういう需要に一番応えてくれる、というより今のところ唯一無二なレンズです。しかし距離がやや短め。
    これ以上遠くのものを奇麗にボカして撮るにはKQアダプタを使ってオールドレンズに手を出すしか道はありませんので、そういう意味で手にいれても損はしないレンズです。
    ただし作りはちゃちく、本来望遠として小さな対象にピントを奇麗に合わせるために存在しているクイックシフトフォーカスの良さを自分で殺しているというお馬鹿なレンズでもあります。 おかげで、近すぎて撮れない、遠くて撮れないの両方のジレンマを常に感じさせてくれます(笑)

    個人的には小さめな花をオートフォーカスで撮る時にはコレ一択です。無理すれば01番でもいけますが、遠景ボケは06番でないと奇麗になりません。
    また、割り切って遠くの景色を撮ってみましょう。遠くの景色を「要らないゴミ」を排除して撮れるレンズでもあります。ハードで切り取れるレンズなんです。
    被写体を撮る位置や向きを自分で動いて撮りたい主役の裏に隠れるように撮ることができれば、無人の奇麗な背景も気楽に撮れます。このレンズはそういう撮り方にも向いています。


    ■08 WIDE ZOOM 102〜77° 17.5-27mm F3.7-4
    08 WIDE ZOOM_ISO800_AWB_IMGP0535 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO800 27 mm AWB




  • 大自然的風景・満開
  • ビル・商業施設
  • 大きめの花
  • 遊園地・大勢の人
  • 目の前の空間
  • 文字看板のメモ撮り
  • とにかく広角、そして遠くまでボケずにスッキリしている気持ちの良いレンズ。リバーサルフィルムや雅といった微妙な色の濃さを載せると唯一無二な世界を撮ることが可能です。
    一番真価を発揮するのは目の前の景色を全て収めたいって思う時。もしあなたが03番の広角面での楽しさを味わっていて、でもマニュアルじゃなければ良いのになぁって思うことが一度でも感じたことがあるならば、08番は入手すべきです。
    建物のスケール感や巨大なオブジェ、目の前の海岸、満開の桜や菜の花。この広角レンズの有無でQ7の価値観が変わります。これあれば、むしろスッキリしない02番に変える機会が減っていきます。
    望遠側はマニュアルのオールドレンズで楽しめるアダプタがあります。
    でも広角側は08番が無ければ撮れません。

    大きな施設が増えた現代、施設も人物も一緒に撮りたいっていうときや、素早くスナップしていきたい、っていう需要に今最も応えてくれるレンズはコレ一択です。
    少し高めではありますが、スナップ好きで軽快なQの良さを感じているならば是非お勧めしたいレンズです。なにせ予め電源を入れて首からQをぶら下げていれば、たった1秒で眼前の世界は貴方のものになります。



    ■08 と 02 は 結局 サーキュラーPL フィルタを付けて運用・・・


    FL_08 WIDE ZOOM_ISO100_AWB_IMGP0112 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 17 mm AWB 極彩

    PLフィルタを付けた場合の08番は、リバーサルフィルムで撮るような色のノリの良い、でも、細部までスキっとした写真になることが多いです。
    特に空や水辺の色に奇麗なグラデーションがかかり、A4プリントのときなどにも惚れ惚れするような色のノリが出てきます。

    ただし、少し現実の色を印象的な色へと変化させるため、嘘くさい色になりがちでもあります。
    好みの問題がありますので、どちらがベストか?は何とも言えません。

    上位の反射低減タイプを手に入れられればガラス越しの撮影などで、上部に腕を置いて光を抑えることでノリのよりメタル感も含めた絵を撮ることも可能になっていきます。

    FL02_IMGP2390 02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO640 29 mm AWB

    02番とPLフィルタの相性も良いようです。メタルものや空の色のノリが良くなります。
    しかしながら、02番の弱点である遠い距離の明るい空についてはPLフィルタを使っても解消されません。むしろ色が強くなることで空自体がオーバー気味になったり紫の滲みが目立つかもしれません。
    02番はQ7で使いやすい画角として重宝しますが、そのレンズの表現力はあまり良いとは言えないかもしれません。
    どんな撮り方をしても、なんとなく遠方がスッキリしないんです。そしてAVの絞り優先を使っても思ったよりボケません。
    ボケに関しては01番と同じでAVモードにしてF値を抑えながら、でも分かりやすいボケを作りたい時にはBCモードを必要とするのが02番です。

    さて、全体的な感想を言うと・・・。

    PENTAX Qシリーズがコンデジ画質、と言われてしまうようなケースがQ7を使っていても感じます。
    これは(1)そもそもQやQ10が使われているケースが多く、センサーが本当にコンデジレベルであること。(2)01番と02番のレンズの解像力や遠方のスッキリさが足りないこと。(3)08番のように「良いレンズが高い」と言われて敬遠されてしまっていること。

    このような背景ではないかと思います。

    PENTAX Qはサブで持ち歩くカメラと思う人が結構居るようですが、私から言わせると、こんなにも軽快で使いたい時に素早く使えてガチャガチャとレンズを目的別に切り替えられ、簡単に、でも、奥深く使える愛着の持てるカメラは未だにどこにも無いと思います。

    小さいのは他のメーカーからも出ています。画質が良いだけのものならもちろん他にもあります。
    でも、愛着が持てる・・・例えば自分仕様のカラーオーダーが出来る、例えばカスタムボタンで自分仕様の色がダイヤル1つで切り替えて呼び出せる、例えば安いマニュアルレンズから少し値は張るけど「しっかりしたレンズ」まで幅広いバリエーションが選べつつある。

    そう、バリエーションが広いのが良いんです。だから楽しい。
    08番、確かに安いと買いやすいですが、安い06番の作りはチープで不甲斐ないです。
    セットで買える02番は画角は良いけれど、使って行くうちにスッキリしない画像に不満が出ます。

    色々試したければオートフォーカス対応を諦めることで4,000〜1万円の価格帯で広角な04番もちょい望遠な05番もあります。

    PENTAX Q は、これからレンズと本体がどう進化していくかが鍵のような気がします。特に06と02のイライラを解消してくれるレンズの存在、GPSを書き込めない本体の問題。

    本体はしばらく消耗品だと思いますから意欲的に改善していって欲しいです。
    で、レンズは\消耗品ではダメだと思います。安くて面白いレンズ、そこそこ使える02番のようなレンズもあれば、08番のように手が出しにくいけど出したら満足度の高いレンズ、その両面で支えることが必要です。07みたいな遊びも良いですが、割り切りの手法も本来の目的が達成出来ていなければ意味がありません。

    でも、今のところ、SONYやPanasonicのミラーレスより「使いやすい」「自分に合わせて選べるレンズ」というアドバンテージがあるんですから、このまま色々試みて、維持拡大してくれることを望みます。レンズの幅は、もっともっとあっていいんじゃないかと思います。在庫リスクがコワいなら、3Dプリンタによる受注生産でもいいですよ?(笑)

    Qがこの先あるかどうか。きっと今年の後半からもう一度見直される時期が来るんだと思います。
    良い方向に行ってくれると嬉しいです。軽くて使いやすくて愛着が持てるっていうのは魅力なんですから。

    こんにちわ

    IMGP0112 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 17 mm AWB 極彩


    今日も浜離宮庭園の写真ですが、昨日と違って色が付いた水辺の写真を中心にアップして行きます。

    IMGP0202 08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO100 17 mm WB:CTE

    IMGP0184 02 STANDARD ZOOM 1/1000s F2.8 ISO400 23 mm WB:CTE

    ビルの前にある水たまりのような空間。何とも言えない不思議な感覚です。

    IMGP0211 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 17 mm WB:CTE 極彩

    緑のある部分と水辺の空間。後ろのビルも相まって、都会のオアシスみたいに見えてきます。


    08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO200 17 mm WB:CTE

    水鳥も悠々自適な感じがします。

    06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 204 mm WB:CTE

    写真での見え方って不思議で、なんかチョット違うかなぁ、って思っても切り取った世界で観ると結構よく見えてきたり。そういう意味でカメラって不思議ですよね。

    個人的には08番の広く撮れる世界観が非常に気持ちよくて愛用してしまうのですが、よくよく考えると「う〜ん」って思うような場所の写真ほど02番とか06番とかを多用する方が後で見返した時に『良き思い出』となってくれるような気がします。

    それでも、最近は02番の写りがなんとなく気に入らないんです。
    滲んでる気がするというか、奇麗じゃないというか。

    う〜ん、気のせいだと思うけど、一番使い勝手の良い範囲のレンズの写りに満足出来なくなるとキツイですよね、やっぱり。うーん・・・。今度02番用にPLフィルターとか買ってみようかな〜。

    こんにちわ

    今年は例年になく、桜だらけの写真。Q7があるおかげですかね。

    自宅の前のお家で、そうとう奇麗なしだれ桜も咲いているのですが、今回はそれを載せることすらためらうような桜をあちこちで見てきました。

    昨日は02番ばっかりの写真でしたが、最近は02番より06と08が中心。添え物的に01番がある感じで、どんどん02番の出番が消えてきています。

    08番の写りが好みすぎてたまらんのですよ(笑)

    IMGP0100
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 207 mm AWB 

    正直、梅の方が好きなので毎年おでかけは花粉症が本格的になる前ぐらいに梅をみまくるのですが、今年は桜ばっかり。


    08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

    ある意味人生の中で自ら桜を観に行く回数が一番多かった年かも知れません。

    いや、小さい頃住んでいた場所の目の前が桜並木でしてね、良く掃除の手伝いをさせらたんですよね、散った後で泥だらけになったやつを(笑)


    #松をバックにすると和が映えます
    01 STANDARD PRIME 1/1000s F1.9 ISO200 39 mm AWB

    だから桜って面倒なイメージしか残っていなくて・・・。でも人様のところで奇麗に咲いているのを観るだけには気持ちがいいもんです。

    IMGP0125
    01 STANDARD PRIME 1/1000s F2.8 ISO100 39 mm AWB 

    って、あれ?この感覚、前に猫でも書いたような。まいっか、都合よくても。

    IMGP0083
    08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO100 17 mm AWB

    て、そうそう、この桜は都会にあるオアシス、『浜離宮』の桜です。
    広い土地の一角にある広い公園。そして、その片隅にある桜です。

    ビルや松を背景として一緒に撮れる貴重な公園です。

    今年の桜はココのもので御終いとしておきますか。 

    こんにちわ。

    IMGP1389 08 WIDE ZOOM 1/800s F3.7 ISO640 20 mm WB:CTE


    埼玉県幸手市にある権現堂公園に来ていますが、本体の「菜の花+桜」の方はさておき、個人的にはその反対側、調整池の向こう岸にある小さな公園がとってもお気に入りだったりします。


    08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 23 mm WB:CTE
    ここは川向こうで、どちらかというと、あの「染めQ」で有名な染色会社の近くにある公園です。

    とても落ち着く東屋、子供も大人もちょっと楽しめる遊具なんかもありますが、なんといっても、八重桜の色の濃さとソメイヨシノのグラデーションが楽しめる素敵なスポットです。


    06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.2 ISO100 198 mm WB:CTE
    色のバリエーションがあると面白いですよね。

    そして、背景の川の青い色がまた素敵なんですよ。

    IMGP1026 08 WIDE ZOOM 1/60s F5.0 ISO100 17 mm WB:CTE

    川岸はこんな感じです。

    川沿いを歩いても楽しいです。

    IMGP1058 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.5 ISO100 203 mm WB:CTE

    桜は菜の花とセットにしても良いですし、土手の緑でも奇麗ですし、枝垂のドバーっていうのも楽しいし、川向こうの桜を見ても良いし、桜の向こうに川を置いても素敵です。

    昔の人が桜をどんどんと植えていった気持ちがわかります。4月のこの時期だけのためですが、見応えがありますもんね。

    それにしても今回のスポットは川があるせいか、今回の桜スポットは風が強いです。

    写真ではわかりにくいのが残念。

     

    こんにちわ

    埼玉県幸手にあります、権現堂公園に行ってきました。今日は、そのメインとなる場所の記録です。 ここはちょいと検索すれば必ず出てくる「菜の花」と「桜」が同時に楽しめる花見の名所です。

    IMGP0836 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/3200s F4 ISO500 161 mm WB:CTE

    桜の花びらと菜の花の黄色のコントラストがあるだけでなく・・・

    IMGP0984 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO100 27 mm WB:CTE

    どうです、この青空、気持ちよすぎです。

    IMGP0888 08 WIDE ZOOM 1/4000s F4.0 ISO640 25 mm WB:CTE リバーサルフィルム+PL/FLT

    思わず魚眼でも撮ってみました。

    IMGP0804 03 FISH-EYE 1/1250s F5.6 ISO320 17 mm WB:CTE

    まぁ、普通に撮った方が奇麗ですが、余興です(笑)

    IMGP0894 08 WIDE ZOOM 1/1250s F4.0 ISO640 26 mm WB:CTE リバーサルフィルム+PL/FLT

    どこを撮っても一面の菜の花と桜がセットになってくる場所で、裏側の土手ですら菜の花があったりして、緑と組み合わせるなら「裏」、小道なら「土手の上」、一面の菜の花なら「川沿い」、川とセットなら「向こう岸から」、と素晴らしい景色を場所場所によって変化をだしながら撮れるところです。

    IMGP0923 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.2 ISO100 200 mm WB:CTE

    桜の背景には自然と黄色ばかりになっていきます(笑)
    でも反対側の日陰に面する土手の方では、草木があって色の変化も楽しめますのでイイ場所です、ココ。

    IMGP1000 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 204 mm WB:CTE

    さすが花の名所なだけあって、人の数が凄いです。

    IMGP1020 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.5 ISO100 202 mm WB:CTE

    カメラマンがものすごく多い・・・というか、朝早くから来る人たちの9割はカメラ持参組ですね・・・。朝の8時ごろでコレでしたからね・・・。

    みんなパワーあって凄いなぁ(笑)


    #少し離れて全景を撮るとこんな感じです。
    08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 26 mm WB:CTE

    ところで、今日の写真、そのほとんどが「高速シャッター&ISO高め」なものが多いことにお気づきでしょうか。
    そう、実は、もの凄い強風だったんです。だから絵を止める必要がありました。そのため、1枚目の菜の花の形も若干不自然で強風に煽られて変形しています。

    ・・・残念ながら、写真では「風の強さ」はナカナカ残しにくいのが現状です。

    もちろん、大きな花びらや布などを使えば表現出来ますが、やはりそういうのは「動くもの」でなければ訴求力が足りないと感じます。

    こういうところにスナップ写真の限界と工夫が必要になってきますよね。
    まだまだ上手くいっているとは言えなく、本来はEVの調整も行ってアンダーぎみにならないように気をつけなければならないと思っています。

    まぁ、あとから自動レベル補正かけるほうが楽ちんですけどね。 

    こんにちわ

    昨日に引き続き、というか、今月はおそらく桜を中心とした写真がしばらく続くと思われます。
    なにせ、どこに行くにしても桜・・・八重のものも含めて咲いてますし、そういう時期ですからね・・・。

    で、埼玉県のとある川沿いの公園に来ておりまして、その川と桜のバランスが気持ちいいところなのでその続きです。

    IMGP0682 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/4000s F5.6 ISO100 161 mm WB:CTE

    普通に川の対岸沿いにも咲いています。この公園、幸手にあります権現堂公園という結構有名なところだったりします。

    今回は川向こうの駐車場に停めたため、すこし川沿いをウォーキングしながらのお出かけとなりました。

    IMGP0773 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F4.0 ISO100 69 mm WB:CTE

    だから昨日のようなネコちゃんがいたりするようなところにも出くわしたわけです。

    IMGP0711 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/4000s F4 ISO100 161 mm WB:CTE

    ここは、川+調整池のあるところです。結構この池が広い。
    それに後日したいと思いますが、その関係なのか、もの凄く「風」が強く、カメラ撮り泣かせな場所でもあります。

    IMGP0774 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO200 27 mm WB:CTE

    調整池の橋部分はこんな感じです。

    IMGP0776 08 WIDE ZOOM 1/200s F5.0 ISO100 27 mm WB:ShadeX-Process

    IMGP0708 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/4000s F4 ISO100 161 mm WB:CTE

    土手に出てしまえば桜の間を歩くような小道にもなります。

    ここ、実は前にも水仙を撮りにきた場所だったりします。
    その水仙がある側の駐車場から来た場合には、この小道に先に出くわします。反対側から来るとさっきの池の方から来る形になります。


    08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 19 mm AWB 極彩

    ここでも素晴らしい桜。おそらくこの日が満開でギリギリだったかもしれません。

    こんにちわ

    今月は割と雨が少ない関東の空模様、そして天気が良い日が続いているため、例年になく「桜」を観に行っています。

    今日はある埼玉県の土手沿いの桜を見ている景色のお話をと思ったのですがそれは後日に廻すとしてなんだか逃げない猫に遭遇したのでその写真でも載せたいと思います。

    aIMGP0754 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F4.0 ISO100 206 mm WB:CTE 雅

    この猫、逃げない理由は後に分かりましたが、実はもう少し土手を歩いた先の東屋辺りで誰かに餌付けされていた家族の一員だったようです。そっくりな猫・2匹が毛布と餌と共に佇んでおりました。おそらく兄弟でしょう。

    bIMGP0752 06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F4.0 ISO100 183 mm WB:CTE 雅

    そりゃぁ、もう、もの凄く餌付けされているようでして、なんというか、逃げるどころか・・・むしろネコの方から私に少し近寄ってきましたからね、ビックリです。

    cIMGP0742 01 STANDARD PRIME 1/800s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 雅

    でも、まぁ、それなりに野良なんでしょうか、警戒した目つきが定着しています。
    飼い猫とは根本的にそういうところが違いますよね。

    dIMGP0747 01 STANDARD PRIME 1/160s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 雅

    まぁ、それでも06番の範囲内や01番の範囲内でこれだけ近くで撮れたのは初めて。もしかしたら自分で飼わないし餌付けもしない私にとっては最初で最後の距離感かもしれません。

    eIMGP0755 06 TELEPHOTO ZOOM 1/1250s F4.0 ISO100 161 mm WB:CTE 雅

    桜の花びらを見つめるように、目の前で毛繕いまでする始末。あぁ。

    近くを通り過ぎた他のカメラマンさんもパシャパシャと撮っています。
    ですので、ある程度撮れたから、もうあまり構わずその場をお譲りしておきました。

    個人的には野良を世話するのはNGだと考えています。

    IMGP0766
    #東屋で餌付けされ、住処(箱)まで与えられている猫(B)
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO320 204 mm WB:CTE 雅

    IMGP0767
    #近くにいた違うネコ(C)
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 204 mm WB:CTE 雅

    だから毛布みたいな寝床をお年寄りなどが休む休憩場所に「住処を与える」ように置き、さらにカリカリみたいなものをあげていく人達には遺憾を覚えます。

    IMGP0768#東屋にいたネコ(B) 住処にいた子に近づいたら上記の草むらに逃げました
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO320 203 mm WB:CTE 雅

    命尊しとは感じますが、人様の家に忍び込んだり、そこでの排泄、病気などの面倒も見れないくせに「可愛がると言う美味しいところ」だけを提供し楽しんでる人達は嫌いです。野良を定期的に可愛がるというのはそう言うズルさを持ちます。

    住民が面倒を見てるケースも稀にありますが、こうして同じ顔のような猫が3匹もいて放置されているということは増えないように対処している地域猫ではないとも感じます。だから、美味しい処だけゲーム感覚で遊んでる人達の結果だとも思えてなりません。


    うーん、やっぱり嫌ですね。こういう感じ。
    自分ではペットの面倒ができないないタイプでして、だから人の事を言える立場ではないのかもしれませんが、野良を世話した人はココが休憩場所で、その場所が浮浪者が居座るよりもはるかに汚く人が落ち着く場所からかけ離れてる有様になっている事に気がついていないのでしょうか。

    私自身は動物を撮影する場所のそのほとんどが「誰かによって世話がされている場所」で見受けられる動物が中心での撮影です。

    まぁ、今まで数回野良の猫を撮ってみましたが、それは見かけた猫をかなり離れるところからストーカーのように狙っただけでした。でも、それは餌だけを与えている人達と同じ快楽だけ追った結果なのかもしれません。

    少なくても今の自分では面倒が見切れないので猫などを飼える人間ではありませんから、どうしてもそう感じてしまいます。

    今回こういうのを見てしまったので「見かけたものを撮る」というスタンスはもしかしたら変わらないかもしれませんが、基本野良猫に近寄ってまで撮るのはもう辞めようかなと思っています。

    だからこそ、今回このQ7でこれだけの至近距離で「猫」を撮れるのは結構貴重で、有り難いことなのかもしれません。誰かが餌付けしてくれていたお陰でこういう記録がとれるのですから。

    でも、今後はどうでしょうかね・・・。自分自身に憤りを感じます

    まぁ、そういうのを置いておいて、撮れた写真をあらためて見てみると、その毛並みとか、表情とか、顔の傷とか、うん、細かいところまでQ7って結構奇麗に撮れるもんですね。
    素直に感激です。

    こんにちわ。

    またまたハードモノクロームのお話です。

    色々と撮って行く過程で、例えば半分を一つのテーマで埋め尽くす『ハーフワールド』とか構図というものや被写体というものを考えて撮るということを何度か試してきたわけですが、こういうのはモノクロの写真ほど意識する必要がある、というのが判ってきました。

    判りやすい例で言うと、下記の2つみたいな感じ。

    IMGP7433
    #テーマとなるオブジェを中心に色の明暗を半分に分ける
    01 STANDARD PRIME 1/10s F1.9 ISO100 39 mm AWB ハードモノクローム

    IMGP8726
    #駅のホームの天井を全体の半分で埋める
    02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO200 23 mm WB:CTE 青抽出


    白と黒の世界だからこそ、ダイナミックさが必要となるんじゃないかと思います。
    グラデーションの与え方、白い部分の広さと黒い部分で引き締める位置。

    ビルを撮るときも、そんなことを意識していくと楽しい気がしています。

    IMGP8750
    #大阪の街・ビル
    01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

    IMGP7576
    #商店街を異空間にする天井のライトがSF風に感じられる
    01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO400 39 mm AWB ハードモノクローム

    ふとしたものでも、ライトの明るさ=白い部分になるわけですから、それに奥行き感を与えてみたり、空部分を真っ白にしてビルの反射の奇麗さをグラデーションで表してみたりすると面白かったりするんですよね。

    また、何気ない庭のような景色でも・・・

    IMGP6676
    #ボケを使って奥行き感をプラス
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200 69 mm AWB ハードモノクローム


    グラデーションをボケで生み出せば、奥行き感と光の柔らかさが出てきて楽しいです。

    モノクロームで遊ぶのはスイッチ一つ0.2秒で出来ます。
    だからこそ、浮いた時間で 光の配置具合、引き締める場所の位置、何を浮き彫りにしていきたいか?
    と考える方にパワーを使って楽しんで行けるのがQ7のメリットを活かせる遊び方なんじゃないかなって思います。
     

    こんにちわ

    昨日から、東京10杜の一つである根津神社の記録を書いています。

    IMGP9574 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1250 23 mm WB:CTE 極彩

    ここには、京都の伏見稲荷大社のような、連なる赤があります。
    でもコレって、どうやら、乙女ロードみたいなイメージのようですよ!?

    IMGP9575 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO1250 17 mm WB:CTE 極彩

    京都の奴と圧倒的に違うのはその大きさ。
    「7月24日の記録」を比較すると、とてもミニマム感がたっぷりです(笑)



    06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO800 69 mm AWB 極彩

    まぁ、そこは乙女心として、可愛く、無駄無くってやつでしょうか。

    IMGP9584 08 WIDE ZOOM 1/25s F3.7 ISO1250 17 mm WB:ShadeX-Process

    板橋商店街にあった「縁切り榎」の時のように、なんというか、うまい具合にお祈りしている方も見受けられました。


    08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO800 17 mm AWB 極彩

    Q7で空が多いシーンを極彩などで撮ると、必ずといって良いほど紫の滲みが空や白い色付近で出てきます。

    IMGP9569 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO640 24 mm AWB 極彩

    その辺は仕方が無いのかな?って思って諦めています。

    たぶん、撮る際にもっと慎重になってEV調整とかAEロックとかをしながら撮影していけば軽減出来る部分なんでしょうけど、最近は見て感じたものを何も考えずにシャッターを切って、多少ぶれてても気にせずアップするようにしています。

    技巧よりも、イメージを大切にしたいんですよね。

    例えば、伏見稲荷大社と同じような造形物だけど、根津神社のものはスケール感が圧倒的に違っていて、少し小物感が漂うのですが、これはこれで面白いと思うのです。

    そして、写真の構え方、撮る位置によっては勝るとも劣らない結果を残せる・・・フレーミング技術で絵を切り取る部分を工夫するだけで小物感が消えちゃうじゃないですか。



    IMGP9560
    08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1250 26 mm WB:ShadeX-Process

    こういうのって面白いですよね。だから、Q7の実力をもっと使って行ければ、もっともっと面白い写真で凄いものが撮れるんだと思います。

    まぁ、私のは素人写真なので、購入の参考にはどれくらいなるのかわかりません。だから、買うかどうかを迷っている時の他の絵を色々参考にしたいという人は、他の人のblogも参考にしてもらうほうが良いかな?っても思います。

    自分の撮った奴でも改心のものは幾つかありますが、まぁ、自分ではスナップ感覚、小旅行の日記みたいなもんですのでご勘弁。 

    それでも、幾つかの気に入った写真はA4で印刷して壁に飾ったりしています。

    写真って、自分でも思っていなかったような色が出たり知らない景色を記録出来たりしたときにシナプスが繋がる感じがして楽しいですよね。 

    こんにちわ

    ちょっと先月の話のつづき、やねせんの延長になってしまうのですが、結構いい神社があったので、そのご紹介。

     IMGP9610 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB 極彩

    まぁ、有名で・・・、そう、過去に訪れたことのある埼玉県鷲宮町の鷲宮神社(らき☆すた聖地)と並んで有名な場所で、今では東京だけでまとまった『東京十社』の1つとして有名な場所です。

      1. 根津神社(文京区根津) ← コレ
      2. 港区芝大門の芝大神宮
      3. 神田明神
      4. 日枝神社(永田町の山王権現)
      5. 亀戸天神社
      6. 白山神社(文京区白山)
      7. 品川神社(北品川稲荷社)
      8. 富岡八幡宮(門前仲町)
      9. 王子神社(北区王子)
      10. 赤坂氷川神社
    という有名な場所のようです。


    結構荘厳で素敵なところです。

    IMGP9636 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO1250 105 mm AWB 極彩

    極彩で写すその姿は梅の花びらもあいまってビビットではあるものの、美しさ極まりないです。

    IMGP9599 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO500 69 mm AWB 極彩

    今回極彩で写した金はまるで黄金の光を放っているような美しさで記録されました。

    IMGP9631 03 FISH-EYE 1/1250s F5.6 ISO1250 17 mm WB:ShadeX-Process
    クロスプロセスで撮ってみても素晴らしい感じです。いやぁ、ここまで感動するところは、都内でも数少ないのではないでしょうか。

    IMGP9682 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 23 mm AWB

    そういう意味でも、やはり10杜の中の1つだけあります。
    また、ここはツツジも映えそうな感じですし、また来たいかなぁ、とも思っています。

    IMGP9705 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO100 39 mm AWB 極彩

    し、しかも、こ、これは!
    京都の伏見稲荷を思わせるあれじゃないですか・・・
     

    こんにちわ

    そろそろ梅も終わり、桜が咲く頃ですよね。
    と言うことで、先ずは近所のお囃子公園に桜を求めてお散歩して来ました。

    IMGP0503
    Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F8 ISO1600 161 mm WB:CTE

    七分くらい咲いてる感じでしたね。

    今回、この淡い感じのお花である桜を撮るのは メインとしてCarl Zeiss Jena Flektogon35mmを持ち出しました。

    IMGP0506
    Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/80s F2.4 ISO1600 161 mm WB:CTE

    主にテーブルフォト中心に使っていましたが、外の使い方としては、時々2線ボケが出てしまうので 色々絞りを変えて合わせていかなければなりません。
    でも、こんな雨上がりの水滴が付いたような桜を撮るにはぴったりなレンズだと思って持ち出しました。

    いいレンズですよね、これ。

    IMGP0585
    Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/640s F4 ISO200 161 mm WB:CTE
    #2線ボケ風な失敗例

    外だとバンバン撮っている最中にメモ取るのが面倒なため、あまり持ち出したくなかったんですが、まあ、こういう曇りの朝で撮るのはやっぱりCarl Zeiss Jena FlektogonでCTEかなあ、と思いまして(笑)

    IMGP0558
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO640 117 mm WB:CTE

    というか、ほのかでない桜を撮っても、ほのかな色合いの桜になっちまったですね。
    IMGP0520
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO640 151 mm AWB

    まぁ、エイプリルな初日と言うことで(笑)

    こんにちわ。3月は、大阪のアベのハルカスのオープンにも駆け込んでました。

    IMGP8622
    08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm WB:CTE

    阿部のエリアも面白くなってきましたね。
    この大きなビル、これからどう発展して行くのでしょうかね?楽しみです。

    IMGP8635
    08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 17 mm WB:CTE

    難波エリアから、新世界エリアまでの流れができてますます大阪が楽しくなってくれると嬉しいです。

    IMGP8802
    01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO320 39 mm WB:ShadeX-Process




    そして、大阪ではない『いばらきーな、茨城県』にも足を運び、水戸の偕楽園の梅酒祭りも堪能して来ました。いろんな梅酒が見れ、かつ、梅も堪能できる贅沢なひと時でした。

    IMGP9358
    02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO100 36 mm AWB

    梅はツボミ状態が可愛いので大好きです。咲きかけが特に気持ちいい。

    IMGP8905
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO100 119 mm WB:CTE

    湖面への反射とかも見ていて気持ちいいですよね。


    06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO100 207 mm WB:CTE

    谷根千や大阪の商店街もイイですが、広々としている処もイイです。Q7を持ってあちこち行くのは楽しい!

    IMGP8881
    PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/800s F5.6 ISO100 354 mm WB:CTE

    こんにちわ

    IMGQ0017 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO1000 69 mm AWB

    「やねせん」と呼ばれる谷中・根津・千駄木エリアをうろちょろしていると、神社や寺が多いと話しましたが、不思議と「竹」をふんだんに入れていないことが判ります。

    ちょこちょこある場所で、竹をしっかりいれているのはあまり見受けられませんでした。
    そういうのがこの辺の特徴なのかな?
    って思います。

    IMGP9559 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1250 26 mm WB:ShadeX-Process

    でも、その代わり良く見かける奴があります。

    aIMGP9702 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO400 206 mm AWB


    そう、コッソリ覗いてコチラを伺う奴らです。

    bIMGP9697 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO800 206 mm AWB


    この辺りは地域猫的な感じなのか、単純に野良なのか、よう判らないのですが、観光客も餌付けしちゃってて普通に良く見かけます。
    また、そこらへんのおばちゃん達、もう、見かけるとすぐに餌上げちゃってます。奴らに。いいのかね?

    可愛いのもいれば、しかめっ面の奴もいます。

    また、だんだん坂の付近にはネコ専門店(ネコ好きの人向けのネコイラストとかそういう類いの集めている雑貨屋さんらしきとこ・・・)みたいな店もあったりするぐらいですし、街を歩いていると結構猫を良く見かけるので、コンセプト的な感じの街にしているのかもしれません。

    IMGP9700 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 204 mm AWB


    衛生的にどうなの?ってのはあるんですが、まぁ、それは自分で気をつけるだけに留めておいておきます。よく街で野良猫見ると触っちゃうオバちゃんいますけど、俺には出来ないなぁ・・・。
    見たりカメラに記録するのは楽しいと思いますけどね。

    ・・・ということで、とにかくあちこちにいる「カメラ持ちさん」は猫を見かけると必ずシャッターを切ってます。
    みんな猫すきなんですかね・・・?

    まぁ、わたしも子猫は可愛いと思います・・・。それには異論ありません。でも今回撮った2匹は今ひとつな可愛さでした(笑)


    んまぁ、この06番のレンズで逃げられない奴らでしたから(いつもは逃げられる)、相当人間に慣れていると見ました。でも、それなのにその顔何よ(笑)

    まぁ、餌無しでは更に近づくのは無理でした。01番の圏内とかの近くによると、ささっと逃げて行くんですよね奴ら(笑)

    コレいつものことですね。

    こんにちわ

    IMGP9529 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO320 17 mm WB:ShadeX-Process

    都会の中にある、昔ながらの風景を「ちょっとだけ」味わえるかも?知れない場所、それが『やねせん』です。
    杉板のような家屋もあり、活気のある商店街もあり、寺神社が今も残る街です。

    IMGP9553 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO250 27 mm WB:ShadeX-Process

    学校も雰囲気をあわせるかのような外観で出来ています。
    日本の商業圏の家屋では黄色や赤といった様々な近い色の壁だったり派手でライトたっぷりな看板などが立ち並ぶことが多く、なんというか、良い悪い両面でのアジア感っていうのがどこにでもあるのですが、ここは割とそういうのが少なめで、それもあってか観光客がとても多い街です。

    IMGP9726 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO200 39 mm WB:ShadeX-Process

    まぁ、それでも、写真やら暖簾やらといったアイテムが派手さを強調してしまうんですけどね・・・。

    IMGP9551 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO400 17 mm WB:ShadeX-Process

    IMGQ0019 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO640 102 mm AWB
    #めずらしく葵の紋所も発見

    こういう家屋って見ていると素敵だな、って思うんですけど、焼いた杉の板は触れると真っ黒な粉が付くし、中は寒かったりで、今の時代に合っていないんですよね。

    IMGQ0022 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO500 69 mm AWB

    だから、維持してくれるっていうのは、もうそれだけでありがたいことだと思っています。

    こんにちわ

    Q7って動いている物体を捉えるのって難しいですよね。

    06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO320 206 mm AWB



    特に逃げられずに済むちょうど良い長さのレンズが06番しかないので、向きを決めて連射でドカーンって感じのマシンガンシャッター押しまくりでないと巧く撮れなかったり。

    IMGP9664 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO320 207 mm WB:CTE ハードモノクローム

    ダメですねえ、こういうやり方を続けると上達はしないんだろうな、って思いながら、連射で撮りまくりな訳です。で、『ア、コレだ!』っていうのが来た時にサクっとファイルを残しているのですが、そもそも動いている物体にピント合わせして撮りたい。

    IMGP9661 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO800 179 mm WB:CTE


    たとえば、下記のような「人の肩にハトが乗る」なんて言う自分的にはナカナカ出逢えないシーンを今だ!といってカメラを構えてとっても、焦点は背景に・・・ピントがいっちゃう。

    いくら中央測光、ピント合わせが巧くなればというものの、そんなの良いってのは判っていても、動いている物体に対していきなりカメラを向けて、その対象に対してパシャりするのは難しいのです。

    IMGP9673 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO1000 138 mm AWB

    特に望遠状態になっている06番だとどこを撮れてるのか判りにくいですしね。

    そう考えるとTV局のオリンピック選手写しているカメラって、カメラの良さよりカメラマンの良さなんだろうな、って思います。移動してても奇麗に捕らえてるじゃないですか、

    あれって凄いよなぁって最近思うようになりましたよ・・・。


    こんにちわ

    今日もハードモノクロームのお話になります。

    ハードモノクロームはダイヤル登録することで一瞬で「世界」を作れてしまう恐ろしい魔力をもっていることを何度かお話ししておりますが、その中でも「中央」「暗め」に撮ったときが一番世界観を写してくれているような気がしてなりません。

    IMGP7958 08 WIDE ZOOM 1/4s F3.7 ISO800 19 mm AWB


    なんというか、舞台で暗転した直後にスポットライトをあてられたような、そんな写真が撮れるとハっとしてしまいそうになります。
    動いていないのに、お芝居で動いていたんじゃないかと錯覚するような形相も撮れますし・・・

    IMGP7671 02 STANDARD ZOOM 1/30s F3.5 ISO640 43 mm AWB
     
    階段の途中にあるシャンデリアも「不思議な空中物」になります。
     
    そして、単純な花にもドラマが生まれるかもしれません。

    IMGP9496 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F4.0 ISO100 191 mm AWB

    どこで咲いていたんだろう?
    どんな花だったんだろう?

    これを持っていた人は誰だったんだろう?

    IMGP9488 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO100 155 mm AWB


    そんなことを想像しながら見る写真は「流せばふ〜ん」って気軽に流せちゃうものですが、色々な想像がでいると楽しいです。

    IMGP4592 08 WIDE ZOOM 1/2500s F5.6 ISO200 17 mm AWB

    逆光に向けても面白いですよね。

    この景色はどこの高台で撮った奴だったのだろう?

    今はまだ覚えています。

    数年後、見返した時に思い出せるでしょうか。そんな瞬間をたくさんモノクロで残しておけば、なんてコトの無い思い出も良き日の思い出として微笑ましい日々の懐かしさを呼んでくれるかもしれません。

    モノクロは後々に振り返るために必要なキーワードを連想させる魔力を持っていると思っています。
     

    水戸と言ったら納豆と偕楽園ですが、個人的には梅を見るなら弘道館です。

    IMGP9374 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F4.0 ISO100 204 mm AWB


    ここは15歳になると来られる簡単に言えば高校みたいなところですね。
    儒学、礼儀、史学、数学、地理、音楽、剣道、柔道、馬道、泳ぎなど色々なものを教えていた場所のようです。

    IMGP9372 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F3.2 ISO100 199 mm AWB


    個人的には、白い塗料が塗られている瓦が特徴的で、この白は漆喰のようです。
    漆喰、いいですよね。ずっと白いままでいられるし。

    IMGP9340 02 STANDARD ZOOM 1/320s F4.0 ISO100 23 mm AWB 青抽出


    結構漆喰好きなんですよね私。家もあちこち漆喰ですよ(笑) 

    この白が、また、バックにぼかしで入れると奇麗です。

    そう、ここの梅の植え方、距離感、塀までの空間が、なんというかQ7のレンズ達と相性が良いというか、ああ、こういう距離感で撮るといい感じなるのね、っていうのが判ってて面白いです。

    IMGP9378 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 200 mm AWB

    梅だけでなく、コケがびっしりの松なんかも素敵ですよ。

    偕楽園よりも低い高さにある梅ばかりで、なんというか日本の城の中にいるような錯覚も得られます。

    人も少ないし、縁日のような匂いも無いので、個人的に梅をじっくり見たいならやっぱりコッチですね・・・。



    02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.0 ISO200 27 mm AWB

    こんにちわ

    偕楽園のある水戸には、車を置いて色々歩きました。

    IMGP9416 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO200 69 mm AWB ハードモノクローム


    駅にある水戸黄門の銅像とかはポピュラーですから割愛して、少し歩いたところにある弘道館付近も素敵な場所です。

    IMGP8981 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.2 ISO100 135 mm WB:CTE


    その近くには少し変わった像があちこちにあったりします。

    IMGP9392 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO100 23 mm AWB
     
    でも、時々目つきの悪い奴がいたりして・・・・

    コイツ、どんな本を読んでいるのかな?っと思って接写してみると・・・

    IMGP9393 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100 25 mm AWB


    白紙じゃん(笑)

    こいつはフリだけして近くの梅でも見ていたんでしょうかねぇ・・・・。

    IMGP8902 06 TELEPHOTO ZOOM 1/320s F2.8 ISO100 126 mm WB:CTE
     

    こんにちわ。

    時期はもの凄く早いのですが、イオン幕張の中には、な、なんと桜が咲いております。


    01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm AWB

    もの凄いです。既に少し散り始め、緑が出始めています。
    大木を持ち込んだわけではなく、簡単に言うと大きな生け花のような仕組みのようです。


    06 TELEPHOTO ZOOM 1/20s F2.8 ISO800 69 mm WB:Color Temperature Enhancement

    根元の壁にはハート形のシールにサインペンなどで「願い事」を記載して貼るイベント参加形式のものになっているようでした。

    IMGP8525 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800 206 mm WB:Color Temperature Enhancement

    うーん、実はこれから梅をたっぷり記録しにいこうかと画策していたのですが、先に桜を撮ることになるとは。季節感が・・・(笑)

    IMGP8509 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 203 mm WB:Tungsten

    でも、まぁ、奇麗なものを見れるって言うのは嬉しいものです。

    IMGP8530 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800 69 mm WB:Color Temperature Enhancement

    幕張はとても人工的な感じのする街ですけど、こういうのがあるとホっとします。

    人間ってすごいなあ・・・。


    こんにちわ

    イオン幕張を探索した話の続きです。

    今回、ちょっと嬉しかったのは大好きなブランド、「Desigual」が入っていました!

    IMGP8512 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO640 39 mm WB:Tungsten

    IT's not the same...というキャッチと共に初めて私が見た店は軽井沢のショップでした。
    なんというか派手なんだけど色のバランスもよく、また手作りっぽさが残る感じの複合パターンデザインがツボにハマったんですよね。

    IMGP8546 01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    まぁ、それでもイオン幕張店は時代の流れなのか、ファミリーに受け入れられやすくするためか、安めのアイテムは機械化されちゃってる感がたっぷり。

    Desigualっぽさがある奴は奥の方の少し高めのものしかありません。

    IMGP8547 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO400 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    まぁ、値札を見るとDesigualとしてはかなり良心的なんじゃないかな?っていう価格ではありますが、認識してもらうためとはいえ、うーん、これなら軽井沢とか別な店にいって見た方が良いかなって感じ。

    イオンさん、ちょと無理しちゃっている感じでアンマッチかもしれません。これ。

    IMGP8553 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO640 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    他にもサマンサタバタとか、金色のグローブとか、ショップを色々みていると面白いのがそこそこあります。

    IMGP8542 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO640 69 mm WB:Color Temperature Enhancement  青抽出

    また、食品サンプル屋さんも、自分で買うのは別として、見ていて楽しいディスプレイが並んでいます。


    01 STANDARD PRIME 1/50s F1.9 ISO800 39 mm WB:Tungsten
    #食品サンプルが・・・

    実際にはありえそうにない、鰻の蒲焼きを載せたトーストなんてのもあります。

    IMGP8516 01 STANDARD PRIME 1/25s F1.9 ISO800 39 mm WB:Color Temperature Enhancement

    リアルだけど食べたくない・・・。なぜだろう?美味しそうではあるんですけどね(笑)
     

    こんにちわ。
    この時期に食べたくなるもの、ハマグリとかもいいんですが、やっぱり大好きなイチゴ。
    農家さんが割と近くに居るのでぶらり寄ってしまったりします。

    IMGP8464 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO400 205 mm AWB
    #モスシェイクに載せてみた

    イチゴって、ホント、素敵な意匠ですよね。
    見ていて惚れ惚れします。

    IMGP8456 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 204 mm AWB

    IMGP8458 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO500 205 mm AWB

    花も身も可愛い。ああそういえばイチゴの食べる部分はミではないんデシタッケ?

    IMGP8460 06 TELEPHOTO ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 200 mm AWB

    農家さんに朝イチに行くと美味しいのを丁寧に詰めてくれます。こんな時幸せですわ。 IMGP8461 06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F2.8 ISO800 198 mm AWB

    埼玉のイチゴは、あきひめ、やよいひめ、ってのが主流です。とち乙女と比べアッサリな味。 好みは分かれるけど、これはこれで美味しいですよね。

    こんにちわ。

    雪が溶け始め、今度は梅が咲く時期になってきていますよね。
    残念ながら、自宅のやつはまだまだなんですが・・・

     IMGP8465 06 TELEPHOTO ZOOM 1/13s F2.8 ISO800 140 mm AWB

    うん、もう少しかかりそうです。
    でも、近所ではもう芽吹いている感じでした。

    IMGP8451 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO800 206 mm AWB

    撮影した日は残念ながら小雨。
    まぁ、それでも既に咲いているっていうんだから・・・。

    IMGP8447 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO500 198 mm AWB

    お花の時期になると少しでも近くに寄れてAFの効果が抜群な06番の出番が増えますよね。
    もっとも、もう少し近くに寄れるような開花シーズン突入になればマニュアルレンズでKQアダプタの出番に譲ってしまうことになるでしょうが、それまでや風や雨がある日にはサクっと撮れて背景もボケる06番がとても頼りになります。

    そうそう、私は桜よりも梅が大好きで、この時期はイチゴだったり梅だったりと結構好き。

    花粉さえ無ければ毎日で歩いていたいくらいです。

    IMGP8445 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO800 207 mm AWB

    白いのも、少し緑がかっているのも、ピンクのも、紅いのも、みんな好き。

    IMGP8450 06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F2.8 ISO800 206 mm AWB

    ちなみに初めの一枚目のうちの庭の奴は紅と白の両方が咲く「思いのまま」っていう品種です。
    しかし、まだまだ先のようなので、時期が来たらQ7にも残したいと思っています。

    それまでは、人様の素敵な庭を眺めていこうと思っています。
     

    こんにちわ。
    今日・3月3日は「ひな祭り」ですよね。

    1-IMGP8337
    06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO800 69 mm クロスプロセス

    私は男兄弟で育ったのでコイツの凄さがあんまりよく知らない感じなんですが、この飯能商店街に来てから色々観れて、なんだか凄いのはやっぱり凄いんだなぁっていうのが判ってきました。

    2-IMGP8312 08 WIDE ZOOM 0.4s F3.7 ISO800 22 mm

    なかでもとある家で古い大所帯なものをドでーんってみせてくれているところがありまして、それがもう圧巻でしたよ。

    3-IMGP8329 06 TELEPHOTO ZOOM 1/8s F2.8 ISO800 92 mm AWB
    #御供も凄いです。

    2-IMGP8328 06 TELEPHOTO ZOOM 1/8s F2.8 ISO800 103 mm AWB

    反対側から眺めても凄いわコレ・・・。 

    3-IMGP8306 08 WIDE ZOOM 1/5s F3.7 ISO800 17 mm AWB

    また、この家は奥に倉がありまして、なんとその中でも飾ってありました。
    きっと古い貴重なものなんでしょう。

    それにしても、これもなかなか凄かったです。

    4-IMGP8319 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO800 69 mm

    まぁ、入口付近ではこんな感じで窓越しになり、こんな感じで覗くようにしか観られないのです。

    でも、Q7ならここで06番を使うことでお内裏様のお顔も拝見できちゃいます。
    ・・・って引っ張ってみると・・・

    6-IMGP8318 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO800 97 mm
    #素敵なお顔でした

    また、こういう変わったのは魚眼で遊んで撮ってみるのもいいかも。
    まぁ、こんな感じでチョっと冴えない感じになりましたが・・・。

    7IMGP8316 03 FISH-EYE 1/6s F5.6 ISO800 17 mm

    ええ、昔ながらの伝統的なものって素敵ですし、いいですよね。
     

    こんにちわ。

    先週の土曜日のことですが、フラっと埼玉の飯能のあたりに行ってきました。

    IMGP8425 06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F4.5 ISO800 69 mm AWB

    というか、山の方へ車を走らせると、びっくり。まだまだ雪が溶けていません。
    なんというか、オバカな私はこんな山にノーマルタイヤで来てしまったので、コ、コワいです(笑)

    IMGP8429 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO160 24 mm AWB


    停まらず滑らないように慎重に移動しましたが、む、無理、1カ所だけで挫折しました。

    IMGP8407 08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO100 17 mm AWB

    普通に歩くだけで膝近くまで埋もれる雪・・・

     というか、それよりも、山が大変な状態に。
    おそらく重みで倒れてしまったんでしょうね。

    IMGP8430 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 30 mm AWB


    あちこち 倒木しております。
    ひえぇ〜。


    02 STANDARD ZOOM 1/100s F3.2 ISO400 35 mm AWB

    02 STANDARD ZOOM 1/100s F3.2 ISO200 35 mm AWB

    うちの庭のモミジも折れそうで危なかったですからね。仕方ないとはいえ哀しいことです。

    こんにちわ。

    もう2月も終わりに近いです。早いものですね。

    しかし、今月はそれほど出かけられませんでした。
    それも、あの大雪、凄かったです。

    IMGP7178 01 STANDARD PRIME 1/8s F1.9 ISO500 39 mm AWB

    家の周りもそうですし、お出かけした途中でも新幹線が停まるくらいでした。
    全国的にキてましたよね。

    IMGP7225 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO500 32 mm AWB

    その雪を突き抜けるように移動した先は「神戸」。

    IMGP7335 08 WIDE ZOOM 1/8s F3.7 ISO100 17 mm クロスプロセス

    主に商店街と異人街を中心に動いていましたが、なかなか素敵な街でした。

    IMGP7372 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO100 69 mm AWB
    #ガス灯なんかも素敵な雰囲気で美しいです。

    IMGP7758 02 STANDARD ZOOM 1/1250s F5.0 ISO640 43 mm AWB

    電車からの景色も素敵ですし、異人館の中から観る神戸の景色もいい感じでした。

    IMGP7931 08 WIDE ZOOM 1/200s F3.7 ISO100 19 mm AWB

    また来たいですね。今度は芦屋方面とか明石焼の方にも足を運んでみたいです。

    こんにちわ

    昨日の続きで「奥行き感」にこだわった写真をいくつか拾ってきました。

    IMGP8867 PENTAX smc FA77mm Limited w/ KQ Adapter 1/1250s F2 ISO500 354 mm AWB


    IMGP5317 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 207 mm AWB

    遠い風景のような場所を撮る場合、06番がいい感じに発揮してくれます。

    IMGP5362 RICOH XR RIKENON ZOOM 1:4 70-150mm MACRO w/ KQ Adapter ISO160 1081 mm AWB ハードモノクローム


    IMGP8230 04 TOY LENS WIDE 0.3s F7.1 ISO800 33 mm AWB ハードモノクローム

    それにしてもオールドレンズを使うと簡単に作れるボケ。

    標準レンズだとやっぱり難しいですね。BC使わずに作れるのは06番ばっかり。

    センサーの問題でしょうか?いやレンズ変えれば奇麗に撮れてるんだから違いますよね。

    やっぱりQマウントの小さくて暗めのレンズでは深度の浅い写真を撮るのが難しいのでしょうね。

    それならそれで、広角に生きるのみです(笑)

    広角を利用して手前に配置、奥にクッキリを中心とした画像を意識して撮るようにしましょう。


    08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 17 mm AWB


    08 WIDE ZOOM 1/25s ISO500 WB:日陰

    うん、なんかQ7にはこういう方が似合っている気がします。
     

    こんにちわ。

    先週遊びにいってきた神戸のお話の続き、またしちゃいます。

    というか、タワー登れなかったじゃないですか。 IMGP7689 06 TELEPHOTO ZOOM 1/1000s F4.0 ISO640 150 mm AWB 青抽出

    結構悔しかったんですけどね、泊まったホテルが偶然にも高層的な位置高めの部屋だったので夜に寝る前と早朝に撮りまくってしまいました。 IMGP7622 08 WIDE ZOOM 2s F3.7 ISO500 17 mm AWB

    これだけ高い位置から眺められたのは随分久しぶりで、過去にUSJの近くに泊まったときくらいです。
    IMGP7628 08 WIDE ZOOM 30s F3.7 ISO500 20 mm WB:White Fluorescent
    #夜景はかなり奇麗でしたヨ


    なもんで、子供みたいにはしゃいでQ7のシャッターを押しまくってしまいました。

    Q7のレンズは夜景とかで撮るにはISO感度を上げるか、シャッタースピードを長めにするかしないと奇麗に撮れませんよね。

    IMGP7640 08 WIDE ZOOM 1/500s F4.5 ISO640 21 mm 青抽出

    で、固定した置き場で撮れるならシャッタースピードを長くして撮れば良いんです。
    ダメな時にはISO感度を1600ぐらいまで上げちゃえば良いんです。
    まぁ、2400とか上げていくとザラザラな写真になるのでそれ以上はお勧めしません。緊急用ですね。

    レンズの明るさが01番並みになったものが揃ってくると撮りやすくなるんですけど、特にTOYレンズは暗めですからね、夜とかは難しいです。 

    だから、そういうレンズで撮るときは朝にします。夜景は諦め。向いていないことを無理にやらせることは無いです。望遠で捕らえたい時に、景色を魚眼で全部収めたい時に、室内を奇麗に撮りたい時に、それぞれ向いているレンズを活かしてあげるのが良いと思うんです。


    06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F5.0 ISO640 69 mm クロスプロセス

    良い所を良い使い方で遊ぶ。コレ、Qマウントカメラで遊ぶコツじゃないかと思うんです。

    IMGP7650 03 FISH-EYE 1/1000s F5.6 ISO640 17 mm

    iPhoneの方が奇麗で使いやすいシーンっていっぱいあります。そんなときに無理にQ7で撮る必要も無いですし、遊びを本気にしたらつまらないでしょ?(笑)
    自分でこのシーンはコレってイメージしてレンズをガチャガチャするのが楽しいんですよね。Q7って。
    10本くらい持っていったも軽いですしね。
     

    このページのトップヘ