標準レンズ: オールドレンズ: 魔改造レンズ: お出かけ記録: 操作・技法: 色・エフェクト

abeshi's snapshot ●軽くて楽しいミニカメラ PENTAX Q7/Q-S1

PENTAX Q7 を中心としたカメラ関連の適当ブログです。特に記載がなければQ7で撮っています。
レポートは youtube 動画を併せて使い、雑感はここを中心にテキストをはきだします。

K-S1 関連は『こちら』より(別枠へ)
ibook: PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」で販売中
kindle: amazon Kindle版の方が好評です!
TV: http://m.youtube.com/user/AbeshiTV

タグ:ZOOM

こんにちわ

IMGP9086
PENTAX Q-S1 06 TELEPHOTO ZOOM: 1/320s F2.8 ISO100

花も咲き、小雨も降って若干散り出し、緑の芽も誕生し、ようやく春らしき景色がやってきた感じです。

というか、もうGWが視野に入る時期なんですね。そうなるとタケノコも目に入ってくるし、色々な季節のものが飛び込んできます。

私はというと春先にやってしまった体調崩しと花粉のダブルパンチでなかなか外に出られなく、カメラの出番も停まっております(笑)

IMGP9085
PENTAX Q-S! 06 TELEPHOTO ZOOM 1/500s F2.8 ISO100

それでも、と思って夜に出かけたり。

K-S1とかを手に入れて、明るいレンズや高感度なISOの絵を見慣れてくると、Qでは夜に向いてないなあ、と思うことが多くなってきました。
そろそろQは限界なのかなあ、と思っても見るのですが、FA77Limitedとかをアダプタで使ったりすると、それなりに良い絵になったりするので、やはり、レンズが今一歩なんだろうな、と思う反面、この大きさコンパクトさでは大口径な明るいやつを作るのは厳しいのかな、とも思ってしまったり。

今のQに足りないものってなんでしょうかね、明瞭強調のようなHDRな色でしょうか。もっと手ブレを防ぐ何かでしょうか。
明るいレンズや楽しくなるバリエーションなレンズ達でしょうか。
Qを持ってると思うんですよ。
やっぱり軽いのが一番。落としてもダメにならないレンズが一番。気軽に楽しめるカメラが一番楽しいって。
K-S1ですら、重かった。特にまともに使いたいと思うレンズが。

最近思うのは、やっぱりコンデジで良いのかな?って。
スタミナと、軽さ、コレにQのような魚眼や広角度合いを切り替えられて、かつ、ボカしも綺麗にできるカメラがあれば、それでいいのかなって。

私にとって、光学ファインダーはメガネの邪魔さや背の高く体が硬いって言うのもあり、アングルの制限が割とあるからあまり重要ではなく、むしろ今の世界を色を変えながら後から加工することなく手に入れられるiPhoneのようなスタイルが一番使い易かったりもします。

でも、iPhoneは、構えにくいし撮りにくいんですよね。
やっぱり最強のコンデジ探しがいるのかな。
QにF1.4スタートの16mm〜300mmくらいの便利ズームがあって、防塵防滴なら、普段はそれでいいのにな、って感じます。

そんな便利ズームと魚眼と、マクロを持ち歩く2000万画素ISO6400実用域なQがあれば、と、考えてたら、なんか、ソニーとかm4/3とかでもいい気がしてきたから、PENTAX からなんとかならんかな、って思う。
QでKのレンズをAFで使えるなら、それもありだね。さて、如何するかな、これから。

こんにちわ

随分と時間が空いてしまいました。年度末と体調崩しのダブルパンチでおでかけもままなりませんでした。
カメラ持って天気の良い日に出かけたい!

ということで、そんな弱った体でも自宅のにはでゆっくり咲いてくれる水仙。
こいつはすぐに下を向いてしまうのですが、まだまだ元気なうちに確保。

IMGP9046

何気なくうちの嫁が植えたんですけどね、意外にいいです。
春が来てくれる感じがしています。

今回は、アスペクト比を加工して保存しています。
アスペクト比って、結構面白いですよね。

写真の要らない部分を切り取って、かつ自分好みに変えられる。
そうそう、Q骨頂でも書きましたが、世の中にはたくさんのアスペクト比がありましたよね・・・。

asptbl


一覧表を「Q骨頂」から抜粋しました。
はい、1:1は正方形と書いてそれだけ、いやいや手抜きと言わないでください。
わかりやすい例を記載するのに正方形以外の例を浮かべなかったんですよ。正方形それだけで意味が通じるのかな、と。また変に古いものとか書いてもわからないだろうし・・・。

で、この正方形は面白いのですが、リアルの写真に印刷するときに不便。というか、3:2も4:3も何かしら不便なんですよね、この辺、カメラ業界よくわからない仕組みです。
後から出てきたサービスサイズがおかしいんでしょうかね。

プロ機にある3:2はなんか横長な気もするし、4:3はコンデジ採用、iPadとかでもお馴染みなんですけど、今のPCは3:2に向かって言ってるような気もするし・・・Surfaceとかそうですしね。

まぁ、何より、春が来ました。
うちの梅は今頃咲き始めています。ポツポツと。
少し遅いかな。この時期は桜がではじめる時期ですからね。

桜は川沿い、神社、公園、並木通りと日本にはあちこちありますよね。

IMGP9048

PENTAX Q-S1 06 TELEPHOTO ZOOM F4 1/500s 161mm ISO100

そして、イチゴは桜の終わりと同時に終わる季節を迎えます。
今年はあんまり食べられなかったんだけど、うちの花壇の片隅には、またちいさな花が。

冬で落ち込んだ気分や体調も、暖かい気分と一緒に飛ばして行きたいですよね〜
 そして、今年のQはどんな年になるのでしょうかね。
 

こんにちわ

一昨日は、都心に雪が降ってきました。
初雪かな?正月にも降ったとか噂もあったので(出かけててわからんかった)、それかどうかはわかりませんでしたが、とにかく朝から降ってきました。

職場に着いたら大雨に変わっていましたね。
家に帰ってきて次の日の朝、庭を見るとまだ雪がうっすら残っている状態でした。

Q7_P9015
PENTAX Q7: 02 STANDARD ZOOM F4.5 ISO800 1/100s 67 mm AWB

こういう白い部分が多い時には、ホワイトバランスを合わせる作業より、露出そのもののコントロールが大切ですよね。

02か06を持ち出して、「AV±」ボタンを使って電子ダイヤルを左右に調整、適切な明るさを確保しないと良い感じに撮れません。
PENTAX Qでの露出コントロールは簡単さがいいですよね。押して左右に回すだけ。

Q7_P9019
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO160 1/160s 158 mm AWB

暗いの、明るいの。自由自在です。

Q7_P9018
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO250 1/160s 158 mm AWB +0.7EV

白い雪が混じってくると、サビ砂利も綺麗に映えてきます。
この時期だけは真っ白な枯山水よりもサビ砂利の枯山水の方が楽しい。

四季のある日本は楽しいです。

さて、この辺は現在iBookStoreで公開している「Q骨頂」にて、記載しております。

ドリル9

サンプル版でもこのページは見られますので、良かったら手に取ってみてください。

 
【ibook storeで公開中(現在はiPad版のみ)】

スライド1

PENTAX Q セルフラーニングガイド「Q骨頂」販売
 

こんにちわ

もう12月に入り、さすがに紅葉も終わりかな?って思ってたけど、意外に地元、車で40分のところにギリギリ見頃な場所、平林寺というところがありましたので、そこに行ってきました。

Q7_P2592
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F8.0 ISO1600 1/30s 39 mm AWB ポスタリゼーション

とはいえ、境内のやつは結構枯れていて、周りの竹林とその付近の林が紅い感じを残している感じでギリギリって感じの場所です。そこを最近のお気に入りエフェクト「ポスタリゼーション」とかしてみました(笑)

Q7_P2579
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F8.0 ISO1600 1/100s 69 mm WB:Manual

ココには、実はK−S1側でとある1つのレンズを試してみたかったのでフラっと行ってきたってのがあるのですヨ。

Q7_P2572
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO100 1/160s 123 mm AWB

PENTAX Q7/Q-S1には、望遠側の200mmにF2.8通しの06 STANDARD ZOOM、広角側には解像する08 WIDE ZOOMがあるので、写真の解像度サイズ的には若干貧弱ですが、レンズ的には両側に良いものを持っていますので、どうしてなかなか、K−S1がなくても狙いはわりとこなせるんですよね。

しかしながら、標準距離域はK-S1に任せています。
中央の換算30mm-100mmくらいのところの01か02付近がチョい物足りないのがQです。
(まぁ06を超える200-400mmクラスのAF対応レンズも欲しいんですけど・・・)

また、01 STANDARD PRIMEも良いヨっていう人も結構多いと思うのですが、ワタクシ的には結構至近距離で地べた這った写真とか、マクロっぽいのとか、ポートレイト(blogには滅多にあげませんが)とか撮りたい奴なので、Qの01番だとあんまりボケを自由にできないので好きになれないというか。

FA77mm Limited のような、ハっとする感じが撮れないので、Qの標準域ではラーメン食べるときの簡単な記録用とかばっかり。
室内で撮影したいとき、Q7しか持ってきてない時に01番を「仕方なくつける」ことが多い。
まぁ、それはそれで重宝するんだけど素のままで「絵」にするのはあんまり使わなかったり。使うときは何かしらのエフェクト込か、魔改造アタッチして超接近マクロとして使ったりって感じになっています。

Q7_P2605
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO1600 1/60s 128 mm AWB

02なんか、汚い絵になること多くて、素の写真としてはほとんど使ってませんよ。モノクロばっかり。
あれ、ダメレンズだよねえ、ほんと。初代QやQ10までなら十分なのかもしれないけど。Q7やQ−S1で普通に撮るのには許せる度合いが今の時代のクオリティに合っていない。

本当は、こういった、室内物とかも結構好きでして情緒的に撮りたいのですが、こういうのって、明るいF2.8クラスのレンズか、ISOを3200クラスにしてもノイズが乗りにくいようなセットを用意しないと綺麗に撮れないんですよね。
だから、ちょいQには苦手。まぁ、iPhone6Plusで事足りるようになってきたから、それはそれは代用があるんですけどね。

〜ということで、Qをずっと使っていくのに一番欲しいのは、16-100mmくらいF2.8付近の明る〜いレンズです。

まぁ、その辺無理に考えずに、K-S1にソレを期待しているんですけど、実際に買ってみると、PENTAXにはどうにも「これ」っていう使い回しの良いベストな標準ズームレンズが見当たらない。

F2.8通しかF2.8-4ぐらいで16-100mmくらいまであれば理想なんですけど、さすがにキビシイようで・・・。最近ではDA16-85mmなんか、良さげなんだけど、まだ手を出す段階ではない気がする。もう少しサンプルとかみたい。なんか、暗そうだし。

一番はDA★16-50mmくらいが良いんだけど、アレ重いし50mmで短い。今使っているSIGMA17-50mmも結構良いんだけど、コレも短い。

本当は、Qの02 STANDARD ZOOMの領域がそのままグレードアップするようなものが欲しい。
そうすれば、本当にQでいいや、ってなる。


Q7_P2545
PENTAX Q7: 01 STANDARD PRIME F1.9 ISO640 1/60s 39 mm AWB

まぁ、その辺はそのうち何か最適解が見つかるでしょう。Qになるのか、Kになるのか、それともαにマウント移行するか。

・・・さて、Q7で標準域は、02が嫌いなのでどうしても01頼り。
ただし、blog用の写真となると、意匠的な観点もあるので、もっぱらこういったキャラのアップです(笑)

Q7_P2623
PENTAX Q7: 06 TELEPHOTO ZOOM F2.8 ISO250 1/100s 83 mm AWB

運がいいことに、今住んでいる埼玉は「ゆるキャラ」好きなようで、月に一度くらいは何処かでイベントしてる(笑)
・・・でもって、今回のスターは、新座市というよりは清瀬市のゆるキャラ、「にんにんくん」です。

いやはや、雑木林からくる新座の「ゾウキリン」っていうのもツッコミたい気分満載の名称ですけど、こっちの「にんにんくん」は公募から決まったようで、筋金入です。いやはや。

あ、頭に葉っぱがついているのに、切れて撮ってしまった(笑)
そうそう、葉っぱといえば、今回の紅葉で使った本気写真の話は、次の週末にでも。
そのうちにK−S1側でやりすかね。

こんにちわ

ここのところ、体調を崩したり、普段の生活でも時間がとりにくくなってて「書く」時間が取り難くなってきています。
そう思うと、よく去年はこんなペースの中でも続けていたなぁ、と自分でも感心してしまいます。

さて、K-S1のblog側でも書いていたんですが、この間は栃木県の山奥、那須の烏山にある国見峠っていうところに行ってきました。

Q7_P0009
PENTAX Q7 08 WIDEZOOM: F3.2 1/400s ISO200 AWB

国見峠って、実は日本各地にあるんですね、北海道から宮城、秋田、岐阜、三重、熊本、宮崎。
さっきWikiみてはじめて知りました(笑)

で、この辺は栃木のこの辺りに住んでいる人なら大抵は知っている、国見のみかん園の辺り。
というか同じ道を行き、最後のところで左にあるビジターセンターの辺りから見る景色です。

また、そこから近いところに見晴台みたいな、小高い丘というか山がありまして、そこ歩いて2~3分で展望台の場所まで行くことが出来ます。
Q7_P9992
PENTAX Q7 01 STANDARD PRIME: F1.9 1/50s ISO200 :ポスタリゼーション

ここは、今頃の時期から冬の間、「雲海」が見られるスポットとして、栃木側と群馬側で結構有名らしい。

朝の日が昇るかどうかの時間から、8時ぐらいまでのあったかくなる前の時間にしかみられません。
山道結構険しいので、慣れていない人は慎重に行くべきところです。まだ凍っていませんからあわてなければ普通にいける舗装道路でビジターセンターまで行くことが出来、そこに車を停めてすぐ見る場所があります。
Q7_P9988
PENTAX Q7 01 STANDARD PRIME: F1.9 1/125s ISO200

川と大気の温度差で生まれる「霧」形式の雲海なので、山登りをして頂上付近から見られる雲海とは違うのですが、これはこれで気持ちがよく、なにせ、ここには車でサクっと来られるところ、この手軽さに魅力があります。

今回は、親の家(自分はココで暮らしたことが無いので実家とは言えない)に一泊してから行っています。
ここで、K-S1のblog側でも出した猫とも逢いました。
Q7_P0034
PENTAX Q7 06 TELEPHOTO ZOOM: F2.5 1/400s ISO320

今年の秋は、思ったよりお出かけが出来てなくて、Q7の出番が減っています。
でも、K-S1買ったいまでも、手軽お気軽なのはQで、コレでいいな、って思えているのでメインはこちらです。

今年は後何回お出かけが出来るかどうか、ってところですが、文章は少なくてもいいので、また出来るだけ書いていけたらな、って思っています。

そして、また、カウンターが0000を超えました。4週目くらいになったのかな、1年半くらいで。

こんにちわ
久しぶりの更新となります。
お元気ですか?

なんか新しいQマウントのカメラ、Q-S1とかいうQ7の中身で洒落た外観のものが登場するようですね。

http://www.camera-pentax.jp/q-s1/#4070

パートナーを洗脳するいいチャンスかもしれませんね(笑)

 
一部で叫んでいる『ガワが初代Qのように高級感があって投げ売りのQ10の価格でないと買わないよ』っていう人達へのへの応えですよね、これ。
 
中身作り変えると開発費を載せないといけないしフルで金属ボディにすると価格で話にならないからもしかしたら10000台すら届かないかもしれない、という危険回避の折衷案。Q→Q10のときも同じ感じでしたから、Q-S1のプラ部分を変えたQ5がそのウチ出るかもしれません。

もうアキバのヨドバシとかには新しいQ-S1のサンプルカタログが(紐で繋がって)置いてありましたね、サンプルプリントとともに。
でも、持ち帰りとかの分はまだなさそうでした。

高感度にちょっとなってエフェクト増えただけで中身は変わってないポイですね。うーん。
ボディは消耗品と考える私でも、今回は〜ライムxブラックの設定も無いしなー、まずは様子見ですね。
本当に変わった所がないのか?MFのピーキング操作感とか。

ふう。



さて、最近は暑くて出かける気がしないのですが、それは、なんだか野良猫も同じようで。
 
この前に自宅でお風呂というか朝にシャワーを浴びようと思ったらくつろいでやがった。とっさにQ7を取り出して06番で撮ったらビビってる顔を激写しましたよ(笑)

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s 206mm F2.8 ISO2500 AWB

そういえば、猫のヒゲなる華?とかもあるんですね、初めて知りました。

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s 188mm F2.8 ISO100 AWB

彼岸花っぽい感じもしますが(笑)



さて、夏ですので、我が家はスイカを買ってみました。

06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s 122mm F.2.8 ISO10000 AWB

スイカ割とか棒を持ってきてやりたかったんですが、まあ、食べ物が無駄になるし、特に適当に割ると一番甘くて美味しい中央がズタズタになる可能性があるので諦め。

06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s 69mm F2.8 ISO6400 AWB


相変わらず何も考えずにオートで撮ろうとすると、明るめの 06番といえど、ISO値が無茶苦茶になります。正直いくら12800なISOができるといっても、実用的でなければ意味がない。

幅の制限を忘れちゃって撮りにいくと後で後悔するので1600を超えるような使い方すると画面で赤字になるとか、アラート出すとかできれば親切なのにな、って思います。
 

さて、このスイカ、昔、伊東家の食卓で出ていた種が少なくなる切り方でゆっくり食べています。
たまに食べると美味しいです。

というか、昔に比べ、スイカって甘くなった気がしませんか?
糖度計で測り忘れて食べちゃったんで、もうわからんのですが・・・。
 

こんにちわ。

今日でQ7のちょっと残念なところを話すのは最後になります。

結構前にも話したと思うのですが、Q7の製品として?なところ、これ、液晶のダメさってのがあります。
おさらいをしてみます。

  1. スピードを優先しているのか再生時に本来液晶が持つ解像度を使っていない
  2. 撮影(録画)時にも精細さが無い
  3. 日中で見えにくい
  4. 液晶そのものの問題ではないけれど、MF時にピントが合わせづらい
  5. 角度が変えられない、またはiPhoneなどへ飛ばせない
こんなところですかね。

1と2は同じ問題としますか。

そのサンプルです。

IMGP4819 08 WIDE ZOOM 1/100s F4 ISO250 230 mm AWB
#ピントが何処にあるか判らない

IMGP4820 08 WIDE ZOOM 1/100s F4 ISO200 230 mm AWB
#これも・・・


IMGP4823 08 WIDE ZOOM 1/100s F4 ISO125 230 mm AWB
#これも・・・

IMGP4821 08 WIDE ZOOM 1/100s F4 ISO200 230 mm AWB
#そしてこれも。今日の4枚は全滅。

上に出した写真4枚、ようやく梅雨もはれた感じなのでさっそくお外で撮ってきた道ばたに咲いていた直径20cmくらいある大きな花の写真です。

撮影距離は08番の25cmのギリギリのところで撮ったつもりでした。
液晶の写真では、キチっとピントが得られている気はしていたんです。 ピピって音もありましたしね。

でも、かがんで撮影していたからでしょうか。 実際はちょっと手前になったところでとっちゃったみたいです。

確かに足をつけて接地して、じっくり構えていないで撮りました。リモコンも使っていない手持ちなので自分が悪い、そう思います。

でも、やはり現実で使ったときは「見えにくい判りにくい」液晶は「その場では安心」しても「家で見るとガッカリ」に繋がっているのです。
液晶の見え方、UIの作り方がもうちょっとユーザー視点になって欲しいかなぁ、と思います。

例えば近づき過ぎで最短撮影距離よりも近い場合、音を鳴らす、文字を出す。

例えばスピード優先で液晶を展開しているのなら、グリーンボタンで高精細モードに切り替えられるようにする。

例えばx4x6モードを使わなくても絵の「どこにピントがあるか」をAFと同じように「四角□枠」をマッピングする(しきい値の色変化だけじゃMF時にどこでピッタリなのか判りにくい)。

なんというか、他のメーカーの一眼デジカメを触ったこと無いから言いたい放題かもしれませんが、よくこんな中途半端なUIで今までピントを合わせていたのかと思うとプロってすげぇ、って思う反面、そんなところプロのために残さなくてもいい(使いにくいままにしておく必要なんて無い)のに、って思います。

日本って、肝心な使う側の面倒な部分を省いてあげるの発想について、どんな家電でも「根本的に楽になる」ものをナカナカ搭載しませんよね。小手先の便利で終わってしまうっていうか。

だから、iPhone みたいなのに駆逐されていくんです。

日々細かい UI の見直しを切磋琢磨し少しでも使いやすくしていこう、という姿勢感が足りない。
目に見える投資効果と何も考えない上の人が「ぱっと見て判る」部分だけを通してきている今の日本のビジネツリーも悪いんでしょう。

どうも最近思うんです。日本の製品、詰めが甘い。というか、良いところまでやったら、そこからが大変な9割やって残りの1割が大変、っていうアレ、残りの1割やらないで放棄して近隣の国に技術奪われて取られてしまっている。そんな気がします。

もし、Qシリーズがここで終わるなら、もうそれそのものです。
何を追求して、Qはどこへ向かうのか。

私はQマウントというレンズ資産を持ってしまいました。
そんなユーザーに対する応えを、何かしらの形で応えてくれることを期待して、これからもQ7を使っていきたいです。

こんにちわ

いつもだと夜中には書き終えているのですが、今回は朝方に書いています。 

さて、毎日持ち歩けるとっても楽しいカメラであるPENTAX Q7ですが、08のように良いレンズを使ったとしても越えられない壁があります。

それは、高いISO値による「ざらつき」。

カメラの記録は、

 シャッタースピード ←関連→ 絞り値(F)←関連→ ISO値 ←関連→ シャッタースピード

という三角関係があります。手ぶれを抑えたり物体を静止させて撮るためにはシャッターのスピードを早くしたい。
だとしたら、F値を低く設定、またはISO値を高くする必要があります。
レンズが暗めでF値が4以下とかにできないレンズの場合、環境が暗めの場所・・・とくに室内など・・・では、ISO値を高くしなければレンズの限界を補えないわけです。

IMGP4783 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO10000 27 mm AWB
#左のコンクリ柱のノイズは大きい

ところが、ISO値はある意味「暗視ゴーグル」みたいなもので、暗いところで感度を高めると目にはよく見えていないホコリの光の反射やデジタルでは「同じ色」と判別しにくい「ノイズ」のようなものが沢山混じってきます。
人間の目でも、実は見えているのかもしれません。脳が意識させないようにしているだけで。

そこでノイズキャンセルっていう機能が必要になるんですけど、これは遣り過ぎると「塗り絵」みたいになります。そりゃあ、近くの色で補完補色しあっていけば当然の結果ですよね。

つまり、暗視に強いカメラはノイズキャンセルのアルゴリズムと、その解析ロジックにマッチしているISO感度が必要になります。

残念ながら、こういった機能は高級機に力を注がれます。そりゃぁ、開発に時間がかかりますもんね。
IMGP4807 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO2000 27 mm AWB

Q7では過去の研究結果の美味しいところだけを導入していると思われるのですが、その力は少し不足です。
感覚的にはQやQ10のアルゴリズムでISO値を高く設定出来るように無理にしたようなチグハグ感があります。
だから、せっかくISO12800まで設定出来るのに実際には2000以上だすような使い方で「ざら」ついてきます。


ただし、コンデジとかでも見受けられるのですが、「ざらつき」が無ければ良いというものでもありません。感度を高めた時に絶対に付きまとう「ノイズ」は、今のハードの限界です。
いや、たぶん、一生無理な課題なのかも知れません。

写真を見る「目」=「アルゴリズムを通した脳への映像化」がコンピュータ処理で完璧に出来るようになるのはまだまだ先のような気がします。

だとしたら、ノイズがある方がいいか、塗り絵が良いか、の2択のような気がします。
もちろん、アルゴリズムでちょうど良い塩梅が可能になれば最高です。
IMGP4784 08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 20 mm AWB
#暗いところが塗り絵になりかけている

ISO値が高くなって周辺あちこちにノイズが細かくあるとき、少ない時、写真そのものの解像度が高い時、低い時(作成画像のドット数が少ない)、やっぱりアルゴリズムはそれぞれに併せて出来上がるものだと思います。

今回Q7はセンサーサイズがアップし、ISO値も高くなりましたが、実用域が1600であるとすると、その先は「ノイズ」があるまま下手に弄らない素直な描写になるカーブを選択したのかもしれません。
言い換えればセンサーサイズが大きくなった分、ノイズも拾いやすくなりましたがその部分のアルゴリズムは高級機ほど開発に時間をかけられたわけではないのかもしれません。 

IMGP4782 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO500 23 mm AWB

まぁ、カメラの本質として考えれば、ISO なんて 500まででしっかり絵が出来れば問題ないでしょう。
フィルム時代にISO1600のフィルムがありましたか?といわれると、店頭では見たこと無かった気がします。
だから、2000を超えていくような使い方は「出来る」機能で「使える」機能ではない、と思ってもいいのかもしれません。

それでも、やっぱりQマウントのナノ一眼は「暗め」のレンズが多いのであります。
だから真価を発揮するためにはもう少し高いISO値で安定するような「なにか」が必要なんじゃないかと思います。
今の解像度のままセンサーサイズを大きくし、それに合わせたロジック。
または、明るいレンズ。
IMGP4785 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO3200 23 mm AWB

結論を言うと、Q7は室内や暗い場所が苦手です。
活かすためにキチッと作られたAFレンズが足りない。

そして、輪をかけて明暗の強い場所での「バランス感」が圧倒的に弱い。
暗所から空を見上げるようなシーンでは、明るい方が滲むか、もしくは08番で顕著なのですが「片方の色が飛ぶ」。
明るく白い方が飛ぶ場合もあり、暗い方が真っ黒で何を撮ったのかも判らなくなる。

IMGP4781 08 WIDE ZOOM 1/160s F5.0 ISO100 24 mm AWB
#暗部は表現しきれていない

実は良いレンズであるはずの08番は、Q7では上手く扱えていない、そんな気がしているのは私だけでしょうか。

やっぱり、ISO値と明暗のバランス周りが弱い。だから割り切って使うのが良い「おでかけスナップ」のカメラと思われてしまっているような気がしてなりません。

ハードモノクロームばっかりで撮れば無敵カメラのような気がしますけどね(笑)

こんにちわ

今日は水辺のある風景でも活躍していた08番 超広角なレンズ、08 WIDE ZOOM の お話です。

  IMGP4768
#大型トラック用のセルフ洗車機、結構でかい
08 WIDE ZOOM1/500s F4.5 ISO200 18 mm AWB

IMGP4743
#これがうちの08番。PLフィルタが常時着いてて、デカイレンズ保護に気を使ってます
PENTAX-M 50mm F1.4 w/KQ Adapter 1/15s F4 ISO200 230 mm AWB

うちはカバン、とりわけファスナーで開け閉めするカバンを通勤で使っている関係で、レンズを金属のギザギザにこすらないよう、06や02のように大きめの前玉レンズのやつには保護プロテクターがわりにフィルタなどがついています。



08 WIDE ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 21 mm AWB

橋の上とかで広角レンズを使うと大王様のような気分で世界を残せます。
特に都会の幅広な道路であれば有るほど切り取った感が大きいです。


08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm WB:Shade X-Process 

また、低い位置から撮るのも面白いですよね。
精細な写りのする08番は高いところから撮っても低いところから撮っても手前の物体のリアルさと遠くの物体の薄らぐ感じで、でも遠近ボケしてないとても素直な絵が生まれます。

IMGP4766 08 WIDE ZOOM 1/160s F5.0 ISO200 27 mm AWB

若干逆光は色の出方が悪かったり、どの被写体を撮るかのやり方で色のバランスが撮りにくいのが欠点です。


08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO200 18 mm WB:CTE

ビルの下から撮る絵は一番簡単でスケール感が残せる簡単な構図ですよね。

その際には空をどうするか、を気を配ると色の対比があって面白くなります。

これは08でも02でも同んなじです。

08番が持つ広角とAF精度、色加工の手軽さ、しっかりした作り、これは確かに他のレンズと比べて高いのですが、こんな面白いオモチャはあんまり無いですよね。

こんにちわ

今日は01を中心としたお花の話です。

IMGP4619 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

この1年ずっとQ7を使っていて・・・ほとんど毎日持っていましたよ・・・そして、これは本当に使える、と思った被写体があります。

Q7は「お花」を撮るのに非常に向いているカメラです。特に旅先とかたいそうなシーンではなく、普通に毎日持ち歩いてサクっととる花のスナップに向いています。

IMGP4626 01 STANDARD PRIME 1/640s F1.9 ISO200 39 mm AWB

01番、06番、そしてできれば08番があればとても良いと思います。正直この3つで十分。
まぁ、お楽しみに03番があってもいいかな?
この4本であれば夏は鞄に、冬はレンズをポケットに入れておくだけでいつでも何処でも簡単スナップ。

IMGP4624 01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO200 39 mm AWB

何気ないシーンもサクッと撮れて花にとっては大切な「今」を残しておくことが出来ます。

コンデジやiPhoneでもいいんですけどね、なんか、レンズを変えながら、ボカしたり色を変えてみたり、仰いでみたり、一面に咲いているものを全て手中にしたり、魚眼でデフォルメしたり、と、とても楽しいです。

IMGP4596 01 STANDARD PRIME 1/200s F1.9 ISO200 39 mm AWB

Q10やQじゃ奇麗に撮れないことも多いので、Q7の方が良いです。
もう終わっちゃいましたけどカラーオーダー出来ていたのも良かったことの1つですよね。

自分好みの色のカメラで、毎日持ち歩けて愛着が持てるカメラで、自分の意図で見つけたものを撮る。
こんなスナップを楽しめる人にぴったりだと思うのです。

IMGP4621 01 STANDARD PRIME 1/125s F1.9 ISO200 39 mm AWB ハードモノクローム

もちろん、花だけでなくペットとかでもいいんでしょうけど、ちょっと動くものが苦手です。
暗いレンズだったり手ぶれが弱かったり、動きのあるものへのAF追従が遅めだったりするのもあって、イライラが出ちゃうかもしれません。

だから、植物のようなものがとても得意。もちろん、それを含めた風景、旅先の景色も得意です。

ライトに色んなものを撮って歩きたい、そんな人にはとても楽しいカメラだと思います。
私は、このQ7に出逢えて良かったと思っています。 


もうすぐ、野田で「ひまわり」を沢山撮って、毎日 Blog を初めて1年が経とうとしています。

今までの1年、3万枚くらいは撮ったんじゃないかな?って思います。一部は時間で連続シャッターしたのもあるから、実質2万5千くらいでしょうか。

IMGP4631 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.2 ISO200 39 mm AWB
#今年のも、もうすぐ咲きそう

明日からは少しこの1年を振り返ってみて、お気に入りの景色でも探してみたいと思います。 

こんにちわ

実は今日、Q7を購入してお外へ持ち出して撮影を初めたから日から1年を迎えました。時が経つのは早いですよね。去年の今日は晴れていましたが、例年通り、といいますか、関東では7月の上旬まではいつも「梅雨」の時期です。

ですが、もうそろそろ梅雨もおしまいになるかもしれませんので、ここいらで「あじさい」をまとめてみたいと思います。アジサイはQ7を買った直後に撮れなかった花だったのです。

さて、先ず始めに、残念ながらゆっくりと探せてなかったためもあってカタツムリとセットのところは撮れませんでした。 これは・・・どっかの植物園とかいけてれば撮れたのかな?

また来年にでも撮れたらいいな、っていう宿題になりました。


アジサイも色々な種類があるのですが、その辺はあまり良く知らないので、とりあえず道行く先々で撮れたものを載せていきます。

IMGP4603 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

まずはオーソドックスな感じの奴ですね。

IMGP4710 06 TELEPHOTO ZOOM 1/20s F2.8 ISO200 201 mm AWB

赤紫のものは遠くから見ると奇麗なんですけど、写真とかに記録して間近で見てしまうとあまり奇麗とは言えないものが多いです。

IMGP4722 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO200 112 mm AWB

対して、白い奴はとても奇麗です。
結構好きかも。

IMGP4613 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO250 39 mm AWB

紫の奴も濡れると結構奇麗なんですよね。

でも、やっぱり、このタイプが一番好き・・・かな。
IMGP4614 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.8 ISO400 39 mm AWB

アジサイの中では異端児かもしれませんけど、この花の引き立て方が素晴らしい。



そうですね、Q7をいつも持ち歩いてるから、何気ないところで良いものに出くわせるし、そして記録は別な日の記録と合わさってストーリーが生まれる。

1回の記録ではなんてことのないものでも、連続していくことで繋がりのある写真にもなっていくっていうのは素敵ですよね。

こういうのって、鞄に入らないような大きなカメラだったり、高くて濡れて湿気ったらどうしよう、とナーバスになりすぎるようなカメラだと出来ないですよね。

なにせ、梅雨の時期でも持ち歩けちゃうんだから。
だから、軽くて小さいミニ一眼なカメラ、Q7を持ち歩くのは楽しいです。 
まぁ、この時期は01と06しか役に立てないこと多いですけどね(笑)
 

こんにちわ

06番のお話の続きとなります。

IMGP4728 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 205 mm AWB

なんとなく愚痴っぽさが出ておりますが、レンズ自体は素晴らしいレンズです。この安価な値段でここまでの写りが手に入る、これは最強のスナップ向けレンズであります。

なにせ全域でF2.8の撮影を可能とする明るさ、これは素晴らしいの一言です。こんな価格でこんな写りが撮れる、これはもう初めの取っ付きには十分過ぎる目玉商品です。

IMGP4715 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO200 201 mm AWB ハードモノクローム

色ので具合も無理が無く、「鮮やか」や「リバーサルフィルム」で撮るようにすることで問題の無い発色をします。
微妙な赤を表現出来ますからクロスプロセスなどを用いても奇麗に表現してくれます。

IMGP4726 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 207 mm WB:Shade X-Process

シャープさも個人的には納得のいくレベル。本当に「写り最高」な感じです。

IMGP4724 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 69 mm AWB ハードモノクローム
 
モノクロで撮りにいっても奇麗な絵が手に入りやすいです。
街中をハードモノクロームで撮り始めると色々な被写体が「撮って欲しい」といっているようにも聴こえてきます。

IMGP4727 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 207 mm AWB

それくらい、この06番には魔力があります。

若干色滲みも出やすい傾向があるので、そういうときにはクロスプロセスや色変化をかけて上げましょう。何も素直に撮るのだけが写真じゃないんです。そこは自由です。

IMGP4725 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO200 130 mm WB:Shade X-Process

06番はQSFが使い物にならないのですが、そのかわり大きな被写体や判りやすい被写体を選び望遠で少し遠目のものを部分的に撮ると簡単に「前ボケ」の写真が AF 操作で手に入りやすいです。

これは01番では出来ない芸当です。
ボケのある写真が欲しかったら、Q7の場合、AF対応なら06番しか選択肢がありません。

そういう意味でも手にすべきレンズだと思います。
MFに手を出したい普段からそれで撮影しても良い、という気持ちがある人は06番なんて買わなくてKQアダプタを買った方が応用がきき、かつ、06番よりも奇麗なボケが手に入ります。

うーん、難しいですね。
レンズ性能は良いのでもの凄く褒めたいし、もの凄くオススメしたいのですが。

01、02と共に06もこのままでは イカンと思うのです。

なんだか、こう考えると、いっそのこと4/3か1インチ向けのQマウントではない新しいマウントに切り替えちゃった方が今後のQのためになるんじゃないでしょうか、とも思います。それに合わせてレンズの造りはもう一段しっかりと作り込むため造り直しをして欲しい(価格が上がっても良いのでK3までは行きたくない人達向けの高級なQ)。

小さくて軽くて楽しく、上位機種と同じように色や写真への描画アプローチが楽しめる、というコンセプトはもの凄くよく、レンズとのセットで軽さ・バランスは素敵なのですけど、今ひとつ技術が追いついてないのか、性能に妥協しすぎてしまったか、安く作らないと上位機種に目をくれてくれないと判断されてダメだったのか、良くわからないけど、私にとって08番が出てなかったら今後も使いたいかどうか、もう分からない状態だったかもしれません。

あぁ、今後も使っていきますよ、Q7。

なにせ、トータルでQ7を超える軽量コンパクトで楽しい一眼なカメラは、私から見てまだどこにも存在していないと思いますから。これを超えられるのはまだ見ぬ新型だけかもしれません。

そして、なにより08番の存在。広角好きの私には、今のところこのQ7が唯一無二の存在です。
 

こんにちわ

七夕ですね、Q7の写真でも交えながら、この微妙なレンズ、06番のお話です。

コイツは難しい。これほどコメントの難しいレンズはありません。
結論から言うと、持っておいた方がベターなレンズだと思っております。

まぁ、まずは個人的な見解から。

IMGP4738

  1. とにかく造りがチャチい。持ったときの軽さといい、沈胴している状態から使うために伸ばすときのスカっていう感じ、ピントリングのスカスカってくる感覚、半年も使わないうちから電子マウントが時々認識しなくなる、など酷いものです。
  2. レンズ自体は素晴らしい。Qでこのボケが手に入るのか!っていうほど驚きのレンズです。若干色が出にくいシーン・滲みやすいシーンがありますが、それでもそれを補う驚きの絵が手に入ります。
  3. 200mmという距離は無茶苦茶短いです。望遠という気持ちで手にすると「足りない」と思うことの方が圧倒的に多い。
なんというか、難しいんです。レンズそのものは良いんだけど、その他がコストを無理に抑制してしまっていて片手落ちというか。
IMGP4729 06 TELEPHOTO ZOOM 1/25s F2.8 ISO200 207 mm AWB
特にこういった望遠もののレンズは「どこにピントを合わせるか」っていうことが大切な動きになります。ただ単にAFで狙って撮る、そんな動作だけなら〜それこそコンデジの望遠ズームで撮れば良いだけ、そんなものを一眼のカメラに求めているとは到底思えません。
IMGP4709 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO200 201 mm AWB
せっかく一眼を手にしているわけですから「前ボケ」「後ボケ」を意識しながらピントを撮るのが普通じゃないでしょうか。

時には望遠なんだけどかなり近いところを狙って撮りたい、手前にある細いものを撮り後ろをボカして浮き上がるような表現にしたいというとき、この06番のレンズのAFはひたすら迷います。
また、遠くのものでも明暗が解りにくい被写体になっているとき、同じようにこのAFはひたすら迷います。
IMGP4719 06 TELEPHOTO ZOOM 1/50s F2.8 ISO200 201 mm AWB #滲みが出ている

AFの精度が悪い、といってしまえばそれまでなのかもしれません。
でも、CPUだって苦手なシーンってあると思うのです。そこで PENTAX QだけでなくPENTAXのカメラには「必要なときだけAFをさせて後は指でピントを調整する」という便利な機能 Quick-Shift Focus System(QSF)という ものがあり、Q7にも搭載されています。

望遠でボケを自在に操るためにはこのQSFの機能が不可欠です。狙ったところに狙ったピントを持っていきたいのですが、Q7は液晶の精細さも無い上に、06番の造りがちゃっちいためにスカスカ、思い通りに動かすのに精神を使います。

というか、はじめAF後のピントリング調整を有効(これがQSF機能)にしていたため、06を付けた状態でQ7の筐体の向きを変えただけで拡大モードになる動作を見て「壊れている」と思ったくらいです。
実は勝手にQSFが動いてピント調整モード=拡大x4モードに変えられていた、という顛末。
これ、普通に欠陥品だと思うんですよ。
でも展示品とか色々見てもスカスカ具合おんなじ。普通に諦めましたね。


このピントリングのスカスカ具合がKマウントのピントリング並の適度な重さや微妙な指の動きをブラさずに忠実に残して応えるものだったら06番は間違いなく至宝のレンズだったでしょう。それをするのに後1万高くなるのであったら、それでも買いますよ、何せ今のの06番は、ただのコンデジ風のAF専門のズームレンズにしかなっていない状態です。
レンズ交換式だから、望遠を補うためだけに登場したAFのレンズ。それだけにしかみえません。今の姿が嘆かわしくてありません。

さて、ただの望遠域のAFレンズとして考えると、こいつは華をとるには最適なレンズです。
IMGP4712 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 201 mm AWB

とりわけ見つけた小さな華、ロープで区切られている空間に鎮座する花、そういた簡単に近寄れない花をピピっと焦点合わせてスナップしていく。
こういった用途にはこの06番は非常に向いています。
02番じゃちょっと寄切れないような少し大きな建物の一部を撮りたい場合にも、06は非常に活躍します。

01でも02でも撮れない「ちょっとだけ近づければいいのにな」という空間をBCモードなしでボカして撮ることの出来る「ピントは自動でお任せ出来る範囲のみに使うレンズ」、これが06番でしょう。
ふぅ、ちょっと長くなったので、続きは明日にしますか。
 

こんにちわ

本日は02番であります、標準ズームです。

Q7で割と広角にも撮れるし、標準で欲しい領域・・・35mm-50mm付近をそつなくこなす範囲は万能です。

まずは、この写真から。

IMGP4644
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 28 mm AWB

PLフィルターを通していても、このような感じです。

普通に、眠い。色の発色は悪く、まぁ、こんなもんかなあ、と思ってしまえる画質というか、色ののり方です。
これはこれで良いのですが、個人的には昔のデジカメ(SONY WX10)とかの方がよっぽど奇麗だったんじゃないかなぁ、と思ってしまう感じです。
そこで次の写真。コレが答え。
IMGP4645
02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.0 ISO320 27 mm AWB [HDR]

少々寝ぼけたところは同じように残るのですが、色のメリハリ感が断然違います。
上の普通に撮る状態のイメージは、・・・そうですね、この02番の3倍のズーム域やフレーミングの自由度を鑑みるとレンズ交換式になっている分便利なのですが、コレをメインに据えて写真を撮っていきたい、というような気持ちが湧いてくるかというと、ちょっとなれません。iPhoneと変わらないじゃんっていう感じになってしまいます。

そこで、撮影のタイムラグは生まれてしまいますが、iPhoneでデフォルトになっているHDRを使っていく改善手法を考え使ってみたのが後の写真です。
01番の時には、リバーサルフィルム&少し暗めを狙うというやり方を考えましたが、まぁ、コレは手っ取り早いのですが、劇的には変わりません。

そこで、それプラス、SCNモードの「HDR」を使っていきます。色んな一眼的な要素をキッパリあきらめることにはなりますが、この答えによる結果のイメージなら、うん、いいな、と思えてきます。
注意としては晴れた日にやらないと、シャッタースピードが稼げず、ぶれて更に眠くなる傾向がでます。

さほど変わらないじゃん、と思えますが、空はより青く、陰はより陰らしくなり色がスッキリしていると思います。少し偽色になりかけているとこもありますが、初めより気持ちいい青空が印象に残ります。

実際にこの後、雲はどんよりして大雨に変わっていくのですが、その直前の奇麗な青空が残せた、という意味で、HDRの方がより記憶に貢献してくれます。


ただ残念なのは、こういう色の強いイメージで残したいのにも関わらず、・・・これを青抽出で撮ってみたいのですが・・・その空と雲をHDRで撮ることはQ7では出来きません。
「カスタムイメージ適用中にはSCNモードのHDRは反映されない」のです。

これはガックリです。

うーん、昨日の01番もそうですが、02番もやっぱりQやQ10をベースに作られたあくまでも標準レンズ。
というか、最低ラインのレンズ。

このままではチョット頼りないのです。


IMGP4671
02 STANDARD ZOOM 1/640s F4.0 ISO200 39 mm AWB 青抽出

カスタムイメージには適用できないのがネックです。
つまり、01番と同様、色変化を楽しむか、オートでHDRを使うかの2択を迫られるレンズです。

Qの楽しさを味わえる一方、素直な写真の奇麗さはオート、つまりPモードすら使えない「ただのレンズ交換式なコンデジ」になってしまう哀しいレンズです。

しかし、まぁ、そこを割り切って使えばレンズがちゃがちゃ出来て楽しいのです。
この楽しさを中心にして、モノクロや色変化を楽しむ、これがQの醍醐味なんじゃないでしょうか。

決して01や02に画質や奇麗さを求めず、すぐにサっと撮れる、ここを中心に考えていくのがQ7の楽しさです。

IMGP4654

02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 56 mm AWB ハードモノクローム


色が飛ぶことをあえて利用し、かつ、日光の強さも見方にして派手な影絵にして写真を残す、こんな使い方で楽しめるのも02番の遊びかた。

そうですね、やっぱり個人的には次世代のために01と02は作り直しして欲しいです。
まぁ、08メインにしちゃうから、どっちでもいいといえばいいのですが、そうであれば、換算40mm-80mmクラスの写りの良いしっかり作られたプライムレンズが登場してくれればいいのにな、って思います。 

ここ2日間、少しネガティブな書き方になっています。
Q7を使って1年近く、楽しいい一方で改善していかねばユーザーはこの先について来ませんよ、という意味で書いています。
当然K3に行って欲しい裏はあるのでしょう。でも軽く小さくないから嫌です。いきません。
そういう人達はどこにいくのでしょう?

せっかく増えたファンは、できれば大切にしてもらえたら、と思います。
安かろう悪かろうで引きつけても、そういう人達はもっと安くて良いものがでたら簡単に離れます。

PENTAXが好きだから、というユーザーに幅広く「何か」の答えを出して欲しいと思います。
何も反応無いのもダメ。 

難しいとは思いますが、頑張ってもらえたら、と思います。
個人的には、もうこれ以上別なマウントのカメラは持ちたくない。そうなるくらいならiPhoneで十分。

こんにちわ

さいたま市浦和区にある「調神社」っていうところの話の続きです。
IMGP3618 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO2500 17 mm AWB ハードモノクローム

Q7を手にしてから色々な神社巡りをしましたが、それぞれ特徴があって面白いですよね。

このウサギがいるツキ神社もシャレが効いてますよね。

IMGP3599 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/1000s F4 ISO100 115 mm AWB

狛犬のかわりがウサギだったり、普通なら鳥居で構える入口には石柱しか無い。

IMGP3662 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/50s F11 ISO100 115 mm AWB

なんとも型破りな神社です。

そういえば、外には変なコブがある木がありましたね。

なんだか変な感じです。雰囲気もなんだか違って見えてきます。
2014-05-24-11-13-30 08 WIDE ZOOM 1/50s F3.7 ISO200 17 mm AWB 極彩

まぁ、せっかくここに来たのもありますし、このウサギ見た後には浦和での食べ物で有名な「ウナギ」を食べて帰りました(笑)
 

こんにちわ

昨日、smc DA18-270mm で月にチャレンジしましたが、今回はお出かけ・・・神社巡りです。幸いにも割と家の近くです。

IMGP3610 08 WIDE ZOOM 1/13s F5.0 ISO100 19 mm WB:Shade X-Process

この場所は埼玉県浦和市(現さいたま市浦和区)になります。

ここは不思議な神社であり、名前を調神社(つきじんじゃ)と言います。
ツキは月ではなく貢ぎの方らしい。うーん(笑)でもマークにはしっかり月。

IMGP3656 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/40s F4 ISO100 115 mm AWB

名前がツキ、というだけでなくお守りしているのは なんとうさぎ!
狛犬の代わりにウサギがいます。月だから、ウサギ、って言うのは日本人の美徳ですかね(笑)

IMGP3596 Miyazaki SONNETAR 25mm 1/100s F4 ISO100 115 mm AWB

だからかウサギ好きの名所にもなっているようです。兎を神使とみなしてしまった結果、兎信仰にまで発展してしまったようですね。
2014-05-24-11-10-55

08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO250 17 mm WB:Shade X-Process

しかもここなぜか鳥居も持ってないんですよね。
なんだか不思議な感覚ですよこれ。 そういえば月を運の良善の決め事であるツキ、としてガンをかけに来る方もいらっしゃるようです。

こんにちわ。

IMGP3267 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO250 27 mm AWB

ちょっと前に撮った写真になりますが、雨が続いていて気分的に憂鬱なので気分変えて今日は都会のビルにあるバラの花々の話でも。

IMGP3268 08 WIDE ZOOM 1/80s F3.7 ISO100 22 mm AWB

前に日比谷公園に行った時、ついでに近くのとある人材派遣会社のビルを覆い尽くしているバラを観てきました。

なんというか、凄く圧巻でしたよ。

IMGP3277 08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO200 17 mm AWB

本当はこういうときこそオールドレンズで奇麗な花などを撮りたかったのですが、あいにく当日は重いレンズを持ち合わせていなかったので太陽の光に苦戦しながらもなんとか撮ってきました。

IMGP3300 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 23 mm AWB

こんな感じでビル一面が薔薇に覆われております。すごいなぁ、これ。

IMGP3278 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB
 
真下から見るとこんな感じです。

IMGP3302 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO1000 27 mm AWB
 
更に、下の方は薔薇だけじゃないところがいいです。

IMGP3299 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO320 23 mm AWB

日比谷・・・東京駅・・・銀座の周りはKITTEもそうですが、色々とあって面白いですよね。


こんにちわ

昨日から久しぶりの東京駅、KITTEへの道の写真になっています。

ここのところの東京駅の開発は凄まじいですよね。
グランルーフもそうですし、その周りの開発もどんどん進んでいます。

IMGP3212 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm AWB

入口のKITTE の文字・・ IIIII<I E TITITE という感じでしょうか、真っすぐの棒にうっすら横棒が見えてて、いいなぁ、こういう遊び心。・・・・。って、さて、KITTEにインしていきますよー

IMGP3214 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO1250 17 mm AWB

東京中央郵便局。まぁ、窓口なだけなんですけどね。
郵便局と行ったら木場の方にある新東京郵便局とかの方を思い出しちゃいますが、今回は東京駅。

IMGP3217 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO1600 27 mm AWB

ここにある窓口も普通に使えます。
そして、ココにしかないお土産もあるようです。

IMGP3219 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.0 ISO1250 27 mm WB:ShadeX-Process

昔の局長はどんな思い出東京駅を部屋から観ていたんでしょうかね。
そんな気分も味わえる局長部屋なるところもありましたよ。

さて、上の方に行くと、屋上庭園のような場所もあります。


08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 18 mm AWB

結構オシャレです。というか、それだけでなく、上を見上げるとオフィス階がまだまだ続いてる!

IMGP3246 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 18 mm AWB
 
残念ながら立ち入りは出来ませんでしたが、更に高いところまであります。
霞みますよ、この高さ。

で、で、

その眼前には・・・・(つづく)
 

こんにちわ

今日は久しぶりに東京駅に来ています。


08 WIDE ZOOM 1/20s F3.7 ISO1600 17 mm AWB

あの青抽出を初めてメインで使った場所、という意味で思い出深い場所です。

IMGP3205 08 WIDE ZOOM 1/20s F3.7 ISO1600 17 mm AWB 青抽出


今日は、そんな東京駅に久しぶりに来ています。

IMGP3206 08 WIDE ZOOM 1/5s F3.7 ISO1600 17 mm AWB

改札を抜けて・・・

IMGP3207 08 WIDE ZOOM 1/20s F4.0 ISO1600 26 mm AWB

今回の目的地は・・・


ココです。KITTE。 
IMGP3209 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 17 mm AWB

ようやく来れました。
 
なんというか、結構デカイですよね!ここ!

こんにちわ

 今月はお花も咲き始めてきて世界が明るくなってきていましたよね。

ということで、昨日は田舎の方へ行った記録をまとめましたが、今度は都心の公園の記録である日比谷公園の方を。

IMGP2163 01 STANDARD PRIME 1/125s F3.2 ISO200 39 mm AWB 青抽出

日比谷公園の入口には有名な日比谷花壇があります。

入口からお花全開モードで 出迎えてくれるので気持ちがいいですよ。

IMGP2167 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 23 mm AWB

中に入れば緑の樹々やお花もあちこちにあり、広々としています。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO320 24 mm AWB

変な?噴水もあります。そういえば、この公園では02番をもっとよく使いたいという気持ちが強くありました。標準だからこそ画質もそれなりな02番。広角な部類だけど大味でもある02番。うーん、魔改造レンズB(REBOOT)が出来てしまったしな・・・そっちの方が手軽かも・・・明るいし・・・って気持ちとの葛藤が今になっても増えつつあります。明るい奴で作り直して欲しいな02番。

IMGP2244 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO320 69 mm WB:ShadeX-Process


そうそう、樹々といえば、今月は四葉のクローバーも見つけました。もっともコレは栃木での出来事ですが(笑)

IMGP3060 PENTAX-M 50mm 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

都心でこういうの見つけるのは至難の業だったろうからもの凄くラッキーなことでした。コレをQ7で撮れたことは自分に撮ってblogやってて良かったなぁ、に通じています。長く続けていなかったらこんな出来事に繋がらなかったと思うのです。


そうそう、この間モノクロでとりました斑入りのバラをカラー版で載せておきます。バラってなんかを観て心を和やかにしてくれるし奇麗で素敵ですよね。ということで!?
来月も頑張っていきたいです。

IMGP3135 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB

そういえば、もう、Q7を手にして11ヶ月にもなっていくんですよね・・・。

来月は手持ちのレンズの総おさらいもしていこうと思っています。
特にオールドレンズはゆっくり御託を語ることが無かったですしね(笑) 

ここんにちわ

今月もQ7と一緒に色々な所に行きました。

GWの最中から・・・

水田を駆け抜け・・・

IMGP2802

栃木県、奥日光。

IMGP2820 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO500 27 mm AWB

いろは坂を超えて中禅寺湖、三本松が既にない三本松公園、戦の後など全然ない(そういう意味ではない)戦場ヶ原。

IMGP2832 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO800 27 mm WB:ShadeX-Process

でもまぁ自然の感じられる場所という意味でのびのびリフレッシュしてこれた感じでした。


08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 27 mm AWB

若葉の季節ですから、樹々のある場所は気持ちがいいですよね


06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250 135 mm AWB

また、ものすごい量、数多くの鯉のぼりも観られましたし・・・。

IMGP2951 08 WIDE ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 19 mm AWB

東洋のナイアガラも観られました。

IMGP2997 08 WIDE ZOOM 1/125s F5.0 ISO200 24 mm AWB

おひねりおじさんの姿も面白かったです。

IMGP3076 PENTAX-M 50mm with KQ Adapter 1/100s F5.6 ISO100 230 mm AWB

こういった自然の広大な風景を撮るカメラとして軽量でAFの付いている08番はとても重宝しています。

こんにちわ
今日は久しぶりに魔改造レンズのお話を。

そもそもこの発想は、07番に満足できなくてなんとかしたいというところからスタートしました。個人的に07番は「写るんです」のようなスナップができるカバータイプレンズを期待してたんですけど・・・違いましたからね。

で、この一枚構成のレンズをみてて、これなら代わりに古いコンデジのレンズ入れたら面白いんじゃね?ってな思いつきから始まりました。
最初はうつるんですを分解してそのプラスティックなレンズを試してみたりしました。
当時08番がなくて04番も持ってませんでしたからね、広角好きのスナップ男としては是が非でもってところからのスタートでしたわ・・・。

で、行き着いたのはズームのない古いタイプのコンデジの中でも最高に明るいF2クラスで広角なやつ、オリンパスC-160でした。数百円で手に入る良いコンデジで今はもうなきスマートメディアやXDカード時代ののやつですよ、懐かしい。

また、ここまで壊すコンデジ10数台。

魔改造レンズの実績自体は。超絶接写が2つ、絞りバネ内蔵が2つ。広角スナップ版が3つと出来て行ったのですが、絞りバネ版は1つダメにしました。

広角スナップ版は初めのやつを傷つけてしまいお釈迦に。ついで2つ目はコーティング剥がれと軸が正しくなくて微妙な状態に終わりました。

そうこうとしているうちに小さいオールドレンズや08番を入手してしまい、すっかり時間が経ってしまいました。

丁度世間?では「キカイダー」も何十年ぶりかに復活して「リブート」するようなので、私もやりかけで終わってなかった広角スナップの再作成に挑みました。

IMGP3879
01 STANDARD PRIME 1/30s F1.9 ISO4000 39 mm AWB

これが、魔改造レンズB広角スナップ版 (REBOOT)です。

細かいことですが内側に歯車風のパーツもわざと中心からズラして貼りこんで機械ものぽくもしてみました。

IMGP3880
01 STANDARD PRIME 1/40s F1.9 ISO4000 39 mm AWB

今回は、まあまあうまく行っています。他のと区別させるため、かつ、キカイダーへのリスペクトとして、赤をパーツに用いてます。

IMGP3884

厚さは01番とさほど差がありません。実は真ん中の銀のリング部分まででレンズ本体は成り立っていて、余計なものなく使用可能です。
だからこの半分くらいまでの厚さ、薄くして機動力を高めておくこともできるのですが、そのままではあの傷つきやすいレンズを保護するプロテクターが取り付けられないため、かつ、そのレンズが剥き出しになっているため周りの光を横から拾ってしまうのを防ぐために余剰な装飾にしてあります。但しそのおかげで前回のようにレンズに傷が付いたり不用意に触ってコーティングハゲになったりしないメリットも生まれていますからこれはこれかな、と。

IMGP3885 魔改造レンズB 超広角スナップ (REBOOT) 5mm 1/5000s F2 ISO100 23 mm AWB
試し撮りした感じがこんな感じです。

IMGP3886 08 WIDE ZOOM 1/160s F5.0 ISO100 23 mm AWB
同じ画角になる08番の5mmとの比較。完璧にピントが追い込めてなかったのもあり、少しソフトフォーカスです。そして恐らく若干左に寄ってるのか右側のピントが甘いです。

でもF2と言う明るさは結構良くて、08で苦手な室内やどんより日でもシャッタースピードが稼げるのが特徴です。
また、ISOを固定してしまえばマニュアルでも触るのはスピードのメーター合わせだけなので操作も楽チン。
これはこれでカスタムイメージと組み合わせて使うことを考えていけば面白く使えそうだと思っています。

こんにちわ

今月はなぜか埼玉の神社に良く行ったわ・・・。
なんというか近場で別な目的に行った帰りに立ち寄れるというか、今まで気がつかなかったところに目を向けたというか、そんな感じです。

IMGP3484 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO400 69 mm AWB  ハードモノクローム

今日訪れたのは埼玉でも上の方にある「鴻巣」にある神社。


02 STANDARD ZOOM 1/80s F2.8 ISO200 23 mm AWB  ハードモノクローム

コウノトリの、あれですわ。


02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO125 34 mm WB:ShadeX-Process

そこそこ立派です。


02 STANDARD ZOOM 1/80s F2.8 ISO100 23 mm WB:ShadeX-Process

なんというか、夫婦銀杏とか、そういうのあります。

両側にそびえ立つ銀杏、コレがそうです。

IMGP3478 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO200 36 mm AWB ハードモノクローム

そういう意味ではちょっと変わっていますよね、ココ。
IMGP3481 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO250 23 mm WB:ShadeX-Process

こんにちわ

今日は群馬県にある名勝、『ふきわれのたき』を撮ってきましたのでその写真を。

IMGP2990 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 27 mm AWB

ここ、「東洋のナイアガラ」ですよ(笑)

まぁ、広めのところに落ちる滝、というか水の落ちていく様は素敵でして、なんというかマイナスイオンをたっぷり浴びれるような気にしてくれる場所です。

IMGP3010 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F7.1 ISO100 123 mm AWB

水の景色なので、またシャッタースピードを変えながら撮ってみましたよ。

IMGP3002 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO250 125 mm AWB

こういう滝のようなところは両方楽しいです。スピードを遅くして糸のように魅せるのも奇麗で素敵ですし、水しぶき感をたっぷり残すスピードの速い撮り方も圧巻です。

IMGP3029 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

小さいサイズでみるとちょっと迫力に欠けますが、この広い感じをどーんっと撮れる08番は 本当に頼もしいです。

IMGP3039 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 204 mm AWB

ただ、こういう場所、近づけば近づくほど「濡れる」ので、結構難しいですよね、撮るのって。

だから少し遠いところから撮る06番も結構使えます。
中途半端な距離がかえって活きてくる珍しい例かも(笑)


08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO200 17 mm AWB

大自然の消しきって面白いですよね。
小さな悩みなんてバカバカしくなる。
 

こんにちわ。

今日はヒーローと会ってきました。

IMGP3092 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO1600 101 mm WB:ShadeX-Process

IMGP3091 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO800 86 mm WB:ShadeX-Process

いやはや、一応平成ライダーシリーズを認識していますが、コイツは・・・この人達はまったく知らないです。

まぁ、それもそのはず、どうもご当地ヒーローのようでして(笑)

今日は彫り物で有名?な栃木県鹿沼市の麻苧町屋台を見に来ています。

IMGP3088 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO200 204 mm WB:ShadeX-Process

この屋台、素敵ですよ。

IMGP3094 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO1600 69 mm WB:ShadeX-Process

彫り物の緻密さ、素晴らしいです。1台作るのに何ヶ月かけたんだろう?っていう感じです。

IMGP3086 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 202 mm WB:ShadeX-Process

日本って素晴らしいわ。

IMGP3093 06 TELEPHOTO ZOOM 1/10s F2.8 ISO1600 69 mm WB:ShadeX-Process

屋台の造りは圧巻です。

IMGP3089 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO800 94 mm WB:ShadeX-Process

そんな屋台、どうやら子供達にも人気のようで・・・。

IMGP3082 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

なんだかひょとこなおじさん達が屋台から飴やらお菓子やら、縁起物のおひねりとかを時々配っているようです。
こういうのなんかいいですよね。

それに混じって大人が時々「我が物顔」として手を伸ばし奪っていってるのがチラホラ。
なんか、切ないですわ、その行動。あんたらタバコ1箱買わなければ好きに喰えるだろうに。ふぅ。

こんにちわ

IMGP3131 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO320 189 mm AWB ハードモノクローム

5月と言えば、薔薇ですよね。
さすがの私もこれくらいはわかります。

IMGP3130 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F2.8 ISO200 191 mm AWB ハードモノクローム

でも、薔薇って色々種類があるじゃないですか。

IMGP3129 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 191 mm AWB ハードモノクローム

その辺まではようわからん・・・・(笑)

IMGP3138 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB ハードモノクローム


今回、薔薇がたくさん咲いているところをフラっと立ち寄ったので、その写真をQ7でとってきました。

IMGP3136 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO125 189 mm AWB ハードモノクローム

でも、敢えてモノクロ・・・。

なんか、いつも極彩とかクロスプロセスで花を撮るので、たまにはモノだけで撮ってみようかな?
って思ってやってみました。

薔薇のような造形が素敵で美しい花だからこそモノクロで撮っても奇麗なんでしょうね。

素敵ですよね。

ところで花を良く撮るのは06番なんですけどね、最近接点がおかしいのか時々認識されずマニュアル扱いになることがシバシバ。
クリーナーとかで拭くと少しは認識高まるかな?って思って何度かやってるんですけどね、変わらない。
IMGP3132 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 189 mm AWB ハードモノクローム

やっぱ安く作ったレンズはだめなんですかね?

どうもこの06番はあんまり良いイメージがしない。写りはいいのに、作りがチャチすぎて気持ち悪い。
Q7を購入するとき、オリンパスのPENと比べレンズの重さを含めてタダ単に小さくて軽いから、という理由で選び、結果良かったと思っていますが、造りまでこうしていかないとダメなんですかね、なんか、勿体ないです。そこまでコンデジ感覚にしなくてもいいんじゃないか、と思えるんですけどね。

04番とか05番とか安いトイレンズのバリエーションを増やして、ちゃんと写る奴は少しくらい高くても、長く持つように作ってくれないと困るなぁ。
安くても壊れやすくて買い替えなきゃいけないものばっかり作られるんだとしたら、結局無駄金になるんで大切に使えない。

個人的には安くて気軽に購入出来る1万前後までのレンズ路線とシッカリ作って長く使える路線の2系統を維持して欲しいなぁ、と。
まぁ、Q10までの感覚だと、トイレンズ風の売り方してたから仕方が無いのかもしれませんけどね、もう、そういう時代じゃないし。できれば選べる自由、残して欲しいなぁ・・・。

こんにちわ

もう5月も下旬になりそうで、花々も草木も生き生きしてきましたよね。

IMGP3153 06 TELEPHOTO ZOOM 1/60s F2.8 ISO1600 201 mm AWB


カメラ始めると決まってというかお約束な写真として、とりあえず草花を撮っちゃいたくなりますよね。

IMGP3151 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO1000 194 mm AWB

ということで、ここのところのお出かけモードから一息ついて、 ちょっと近場で撮ってきたお花などを。

IMGP3150 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO1600 200 mm AWB

本当は、これは何の花、この草木は何々と語れれば良いのでしょうが、残念ながら私にはその知識が足りません(笑)

IMGP3124 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO160 126 mm AWB

まぁ、下手に解説するより、気ままに撮って気ままにアップ。このスタイルを貫こうかな、と(笑)

IMGP3122 06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO200 126 mm AWB

でも、個人的にはシルエット的なアートになる方が結構好きだったり。

IMGP3111 06 TELEPHOTO ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 146 mm AWB

だから、こんな奴を撮るのが好きだったりします。

あ、そうそう、今回チョットいいことが。

なにげに昔を思い出して土手っぽいところを見渡してみると、5分もしないうちに見つけられましたよ。

IMGP3061 PENTAX-M 50mm w/KQ ADAPTER LENS 1/640s F4 ISO100 230 mm AWB

4つ葉のクローバー。本物です。
なんか、歩いててフっとそういえば、って思い出して探してすぐに見つかったんで、これは呼ばれたのかもしれません(笑)

40年以上生きてきて、見つけたのはコレで4度目くらい。ちょっと暑い時に直ぐに押し花にしなかったので2日もしないうちにダメになっちゃいました。うーん失敗。
今度は土をもっと多く一緒にもらってこないとだめかな。

でもQ7で撮っておいて良かった!

こんにちわ

IMGP2378 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm AWB 赤抽出

三越は外観も凄いし中に入ってからも凄いのですが、屋上も凄いですね。

IMGP2414 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

IMGP2410 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO800 26 mm WB:Flash

屋上にあるチェルシーガーデン、ここ古くからあるようですが、結構いいです。

IMGP2426 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO1250 40 mm AWB 極彩

なんと、ビルの上なのに、鳥居が・・・。

IMGP2442 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO400 202 mm WB:Flash

どうしてなかなか、街中の屋上なのに素晴らしい広々としているし種類も豊富で素晴らしいショップです。いいなあ、ここ。

IMGP2429 02 STANDARD ZOOM 1/30s F4.0 ISO1600 52 mm WB:Flash

見守ってくれるオブジェも結構種類があってみていて飽きません。



IMGP2448 06 TELEPHOTO ZOOM 1/15s F2.8 ISO1000 90 mm WB:Flash

素敵な花を勝ってに撮らせてしまいました。もちろん、少しだけは買っていきましたから・・・(苦笑)

IMGP2455 06 TELEPHOTO ZOOM 1/80s F2.8 ISO1600 180 mm WB:Flash

花が咲き始めてくると、春が来ている感じで楽しくなってきましたよね。

こんにちわ 日比谷方面・銀座付近から少し歩くと三越に辿り着きます

今回はそのルートを歩いてみます。

IMGP2357 02 STANDARD ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 23 mm AWB

和風のお店を通り越し街中へ繰り出します。

IMGP2359 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO400 23 mm AWB

今風のオフィスビルが立ち並ぶエリアを歩いていくことになります。

IMGP2365 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO200 37 mm AWB

そして広い大通り。きっと平日はもの凄い人や車が行き交っているんでしょうね。

IMGP2368 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO500 37 mm AWB

街中は凄いですね、消費税が上がっている今でもこんな安い値段で飲み物を提供しているなんて・・・。 50円ですよ(笑)

IMGP2382 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.2 ISO640 36 mm WB:ShadeX-Process

三越の近くに来ると街の雰囲気も厳かな感じが増えて一変します。

IMGP2389 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO640 25 mm AWB

三越は構えからして凄いですね。造りが違います。素晴らしい。

IMGP2403 02 STANDARD ZOOM 0.5s F4.5 ISO320 69 mm AWB

なんというか、入口も凄い・・・。っていうか、これ、中身凄すぎますよ。ライトがかっこよかったんで、ちょっと効果だしてみました。02番はこの遊びができますよね。

IMGP2407 02 STANDARD ZOOM 1/30s F2.8 ISO1600 25 mm WB:Flash

中にあるコレ初めて見ました。作り込み凄いですね〜。

こんにちわ

ここのところ自然のあるような郊外の場所に行っていましたが、この間からの銀座周辺を歩く続きに戻したいと思います。あ、もちろん、この間のMARUMIのPLフィルターを付けっぱなしです。

IMGP2273 02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100 47 mm AWB 

空の色の冴えなさはあんまり変わらないのですが、建物やオブジェの色が引き締まってきたように感じます。ここのところはあまり持ち歩かなくなってきていた「標準」的なレンズである02番、もう少し出番が増えるかなぁ?

さて、皇居の近く、銀座・日比谷、その辺りを歩きます。

IMGP2275 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO100 32 mm AWB

どちらかというと銀座のメイン通りへ歩いてみます。

IMGP2281 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO1000 69 mm AWB ハードモノクローム

それにしても有楽町・銀座・日比谷・東京、新橋、みんなこんな近くにあります。不思議なエリアですよね・・・。

IMGP2280 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO100 40 mm AWB 青抽出

なんというか、都会でもこの辺りっていうのは洗練されているというか、奇麗ですよね。

高層ビルが立ち並ぶだけでなく、アートに近いものがあるというか。

IMGP2289 02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO1250 57 mm AWB

どんどんと街の中心へ移動しています。

都会ほど青抽出が似合う、そういうコトを思い出します。

IMGP2305 02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO100 29 mm AWB 青抽出

なんというか、自然の世界では空が結構飛んじゃってることが多い曇りの日ですが、街中で空に向けずに撮ると奇麗な発色をしますよね。

私の写真はかなりの割合でリバーサルフィルムの設定で撮っているのですが、デフォルトって鮮やかでしたっけ、そっちだとどうなるんでしょうかね・・・。

IMGP2308 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO100 28 mm AWB 青抽出

そういやこのビルの壁、素敵ですよね。

壁が工夫されていて、もこもこ膨らんでいるように見えるんです。
素敵ですね。

真下から見るとこんな感じ。

IMGP2311 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 44 mm AWB ハードモノクローム

建造物って素敵ですよね。

こんにちわ

先日に日比谷公園のお話をしていましたが、その続きをしたいと思います。
今回の写真から、02番はMARUMI のEXUSを必着状態にしています。

IMGP2175 02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 23 mm AWB

日比谷公園は有楽町や東京から歩いていける距離にあります。

IMGP2180 02 STANDARD ZOOM 1/80s F3.5 ISO100 24 mm WB:ShadeX-Process

その中は、結構広く都会にある贅沢な広場というか、懐かしい感じがする公園です。でも、ここが昔は陸軍の傭兵訓練場として使われていた広場の跡地だって言うことをご存知ですか?

IMGP2199 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO125 41 mm AWB 青抽出

でもまぁ、それは遥か昔の話。今の形の公園になってから、もう100年以上の歴史があります。

IMGP2247 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO640 40 mm WB:ShadeX-Process

公園の中にはイチョウ、梅、ハナミズキ、薔薇、松などたくさんの樹々があります。


02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO200 23 mm AWB 極彩

また、花壇もたくさんあり、花々もいっぱい植えられています。また、それらがちゃんと札付きで植樹されていますので何がどんな木なのかすぐに分かります。

IMGP2207 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.0 ISO200 26 mm AWB

普通に街の中ですよ、ビルの合間です。不思議ですよね、こういう空間がちゃんと大切にされているんです。


02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO320 26 mm WB:ShadeX-Process

日比谷公園は街中にあるのんびりとした昔ながらの公園のような感じですよね。

IMGP2255 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO1000 69 mm AWB ハードモノクローム

水のある景色もあります。


02 STANDARD ZOOM 1/60s F2.8 ISO100 24 mm AWB

水面に映る景色って素敵ですよね。

こんにちわ。

ここのところ、Q7を持って「いろは坂」の向こうの景色を撮りに行っています。

IMGP2944 08 WIDE ZOOM 1/80s F5.0 ISO100 24 mm AWB

この辺りは、まだまだ冬景色。道もちょっと前に埼玉の山奥で観たときと同じように雪かきの跡があります。
さて、日光の先、いろは坂→中禅寺湖→竜頭の滝、ときたら、目的地である戦場ヶ原って決まっていますよね?

IMGP2919 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 205 mm AWB


ここ、てっきり大昔の戦の跡、侍合戦の跡地かと思ったら、そうではなくて、大蛇と大ムカデ(それぞれ群馬側と栃木側の大きな山)の争った場所、とかいう結構適当な昔話で成り立った場所なんですね。

IMGP2906 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB


あわわって感じです。

それに・・・

もっと酷いのは、3本松っていう名前です。

IMGP2907 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO200 19 mm AWB

てっきりですね、コレかな?と思ってジロジロ見つめたり記念撮影したりしてしまいましたよ。


#駐車場の脇にある看板と3本の木
08 WIDE ZOOM 1/80s F4.0 ISO200 20 mm AWB

WiKi見直したら、三本松、とうの昔に無くなっているとかじゃないですか。
今じゃ只の茶屋の名前とか。酷いわ(笑)


まわり見渡しても、冬の延長なのか、枯れてる木々ばかり。


08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 23 mm AWB

まぁ、草っ原には松ぼっくりなんかが落ちていてのんびりした広々な公園と考えれば、お弁当とか持ってきてくつろげる場所なんでしょうけどね・・・。GWに渋滞しながら来るところという感じではないですね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 203 mm AWB

でもまぁ、Wikiみて気がついてびっくりしたこと1つ。

戦場ヶ原では山上げ栽培が行われていていて、栃木県で行われていた山上げ栽培の代表的なものに「イチゴ」があるんだそうな。従来、イチゴは初夏の果物で、その出荷時期は丁度今頃。 5月の果物だったんですね・・・。
そういや、帰りにいつもの農家さんのところでイチゴかっていきましたわ。

で、昔イチゴを戦場ヶ原で山上げ栽培し、クリスマスシーズン出せるようにした「日光いちご」ってのが重宝したらしいんです。
へーって感じ。こういうのがあって、今のイチゴ=冬〜初夏っていうイメージが定着しちゃったんでしょうかね。おそるべし栃木。

こんにちわ

GWはどこへお出かけでしたか?

今回、いろは坂の先、中禅寺湖に足を運んできました。
もちろん、Q7と一緒にです。

IMGP2829 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO800 25 mm WB:ShadeX-Process


春とはいえ、ここはまだ冬の終わりみたいな感じでした。
寒いですよね。

IMGP2834 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO400 27 mm AWB


だから草木もまだまだなんですよね。


08 WIDE ZOOM 1/640s F3.7 ISO500 17 mm AWB

寒々とした冬を見るような彩度の低い湖と樹々。
美しさはあれどどこか哀しげな湖。

IMGP2831 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO640 27 mm WB:ShadeX-Process

せっかくカップルが歩いているのに、なんだか寂しそうに感じるのはこの湖が人より美しいせいだから何でしょうか。
それにしても中禅寺湖ってのは日本百景の一つらしいですね。
まぁ全てを収めつもりは無いのですが、色々なところを撮れるというこの自分の境遇には感謝したいと思っています。

IMGP2853 06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO320 89 mm AWB

良く見ると樹々が芽吹き始めています。

ここももうちょいで春が来そうですね。
 

こんにちわ

 

08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO1600 26 mm AWB 極彩

今日は空も明るく気持ちよかったので、奥日光、いろは坂を体験してきました。

IMGP2809 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO250 200 mm AWB

いろは坂っていうのは、山を登るクネクネ道です。そう、単純にそれだけで、それの急な曲がり角に「いろはにほへとちりぬる・・・」って文字が1つ1つ付いているって言うアイデアものな坂です(笑)

ちなみに、ここって、上りが「い〜ね」までで、残りの「〜ん」までは下り側にあります。気がつかなかったよ

IMGP2810 06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO640 205 mm AWB

流石に適当なシャッタースピードでは看板を捕らえきれません。適当に速度遅くして車を走らせていると後ろから鳴らされちゃいますしね・・・。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO400 207 mm AWB

いろは坂を上から見るとこんな感じです。

クネクネと曲がっているのは負荷をかけずに登れるようにするためですけどね、こんなとこ、ようのぼったわ・・・昔の人って凄い。

IMGP2820 08 WIDE ZOOM 1/640s F4.0 ISO500 27 mm AWB

今はロープウェイでヒョいってもっと上に簡単に行けちゃうんですからね・・・。

IMGP2823 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO400 199 mm AWB

上の方は5月でも雪が残っています。だから舐めた服装で行くと、むっちゃくちゃ寒いですよ・・・。

こんにちわ

今日は5月5日、もうこんな時期になったんですね、早いです。
GWもそろそろ終わりになってきました。

IMGP2962 06 TELEPHOTO ZOOM 1/125s F2.8 ISO125 110 mm WB:ShadeX-Process

ちょっと車を走らせて山奥をドライブすると、田舎になればなるほど「鯉のぼり」の週間が残っています。

というか、町おこしみたいな感じでみんなの家の鯉のぼりをまとめて流そうっていう感じで大きく何匹も流しているところとか結構見かけます。

IMGP2965 06 TELEPHOTO ZOOM 1/100s F2.8 ISO100 79 mm WB:ShadeX-Process

こういうの圧巻で良いですよね。

IMGP2957
06 TELEPHOTO ZOOM 1/160s F2.8 ISO125 153 mm AWB

都内ではナカナカ観られませんし、場所も要りますから何匹も泳がせられないですからね。

こんにちわ

今日は、ふらりとJR有楽町で降りて日比谷方面へ向かっています。

IMGP2115 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.0 ISO100 23 mm AWB ハードモノクローム

有楽町という駅は不思議です。

IMGP2125 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO500 40 mm WB:ShadeX-Process

東京駅からすぐ側にあり、行き過ぎると新橋となり、降りて左に行くと銀座です。
IMGP2122

02 STANDARD ZOOM 1/80s F4.0 ISO160 60 mm AWB ハードモノクローム

右側をちょい歩くと日比谷になります。

IMGP2127 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.0 ISO200 23 mm AWB  青抽出

東京って狭いよな、っていうことを実感する駅だったりします。

IMGP2128 02 STANDARD ZOOM 1/320s F4.5 ISO1250 69 mm AWB

今回、ウォーキングというほど歩いていないのですが、有楽町駅から日比谷付近、場所の目的地は帝国ホテルと宝塚のあるストリートです。

この辺りは高層的なビルもあり、でも駅の線路は古いレンガもあり、と青抽出をしてみると結構気持ちのよいエリアだったりします。 

IMGP2136 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO100 23 mm AWB  青抽出

今回、購入したMARUMIのPLフィルタを付けながら02番でここを歩いてみました。

IMGP2142 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO250 69 mm AWB 青抽出

この辺りはコレくらいにしてもう少し先、都心にある広い公園にまで向かって歩いてみますかね・・・。
 

こんにちわ

昨日は富岡八幡宮での写真を載せてみましたが、実は門前仲町駅で降りると、一番近い「和」はこちらの深川不動尊です。

IMGP1885 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.5 ISO320 23 mm AWB 極彩

なんというか、駅から続く道もそれっぽいので、富岡八幡宮の方が霞んじゃう感じ。
うーん・・・。

IMGP1864 02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.5 ISO100 31 mm AWB ハードモノクローム

なにせ富岡八幡宮は駅から少し歩かないと辿り着けませんが、こっちの深川不動尊はもうすぐそこって感じの場所にあります。

そして、この深川不動尊って、正月に行ったあの場所『成田山新勝寺』 の別院、というか、まぁちょっとしたイベント的に特別展をやってた公園っていう感じのところだったようで、なんだか良くわからない建物です。

IMGP1893 08 WIDE ZOOM 1/50s F4.5 ISO1250 27 mm AWB

成田山の一派恐るべし。

そして、その良くわからなさを非常に良く表しているのが、 『本堂』です。

IMGP1875 02 STANDARD ZOOM 1/400s F4.5 ISO200 43 mm WB:Shade

なんというか今風なんですけど壁全面が梵字で覆われている不思議な建物です。

IMGP1878 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO100 68 mm WB:Shade


観てください、この梵字で埋め尽くされた感。

凄い発想ですよね。

IMGP1896 08 WIDE ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 27 mm AWB

真下から上を見上げても圧巻です。

IMGP1880 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO400 67 mm WB:Shade クロスプロセス

そして、この本堂の横にあるのが旧本堂らしいのですが、コレ、東京大空襲で燃えちゃって無くなってしまったから、わざわざ千葉印西のあたりから移築したらしいんです。

IMGP1867 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.5 ISO200 27 mm WB:Shade

そこまでして構えたのに、近年にこんな梵字だらけのものを作っちゃうなんて、スケールでかいですよね(笑)


それにしても、02番と08番、色を変えながら撮っているとはいえ、写りの差が違いすぎる。 高いけど満足出来る08番、標準の02番。まぁ、どっちが良いというわけではなく、個性が選べるというQマウントっていうのは面白く、いいことですよね。

こんにちわ

今日は歓送迎会があり、東陽町で吞んできました。

そうそう、勤務先の近くであります門前仲町には、あの 『東京十社』のうちの1つ、富岡八幡宮があります。

IMGP1937 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 17 mm AWB

入口はこんな感じです。

IMGP1925 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO100 18 mm AWB 極彩

つい先日に昼間の明るい時間帯にQ7とお散歩してきた写真がありますので今日はそのお話でも。

降りる駅としては、東西線の門前仲町駅、木場・東陽町と茅場町との間の駅ですが、これ、もうほとんど千葉よりの場所に位置しています。

IMGP1859 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO800 68 mm WB:Shade


門前仲町には、深川不動と富岡八幡宮の2つがあります。
今回訪れている富岡八幡宮は、駅から少し離れたところにあります。

IMGP1998 08 WIDE ZOOM 1/320s F4.5 ISO250 25 mm WB:ShadeX-Process


近くでとるとこんな感じの立派な建物が構えております。

IMGP1987 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO250 39 mm WB:ShadeX-Process

なんというか、古き良き神社にはパワーがあるような気がしますよね。
特に昼間の晴れた時に訪れているので、尚のこと気持ちがよかったです。

IMGP1933 08 WIDE ZOOM 1/125s F5.0 ISO200 27 mm AWB


境内の景色も美しく、ゴミがほとんどありません。さすがしっかりしているところは違います。

IMGP1974 01 STANDARD PRIME 1/100s F1.9 ISO250 39 mm WB:ShadeX-Process

IMGP1982 01 STANDARD PRIME 1/125s F2.2 ISO250 39 mm AWB

当日は、結婚式が行われていたようで、花嫁さんがチョロチョロ歩いておりました。 こういうところで式をあげるのも、なかなか良いもんですよね。

こんにちわ IMGP0467 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO640 17 mm AWB ハードモノクローム

情緒あふれる浅草をもう少し歩いてみました。 IMGP0488 02 STANDARD ZOOM 1/50s F3.2 ISO320 29 mm AWB

裏っかわにあるお店も粋なものが多いですし、どこを歩いても混雑しているのが休日の浅草です。 IMGP0482 02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO200 42 mm WB:ShadeX-Process

でも土曜日の方が、築地市場の関連とかもあって本当に混むのはそっちかもしれませんね。 日曜日に訪れると観光客だらけで人が多すぎて歩かなくても歩かされることありますよ(笑)

IMGP0487 02 STANDARD ZOOM 1/125s F4.0 ISO200 46 mm AWB

まぁ、どこに行ってもそうですけど、和の景色があるところはこうなってしまうのは仕方ないですし、逆の意味で和が残っているって言うことは素晴らしいことと感じるべきなんでしょうね。


02 STANDARD ZOOM 1/160s F4.5 ISO100 54 mm AWB

ここのところ、都内を色々巡るのが楽しくなってきました。
特に、「和」のあるところや、「神社」ぽいのがあるところ。意外にいままで訪れていなかったな、っていうのが最近の感想です。

まぁ、特に興味湧かなければいかないですよね、自分のテリトリー範囲の観光地って。
特に子供の頃は単なる遊び場としてしか観ていかなったし、素敵な建造物!とか素敵な苔!なんていう感情はまったくなかったですからね・・・。

IMGP0481 02 STANDARD ZOOM 1/40s F2.8 ISO320 23 mm WB:ShadeX-Process

ここはこの飾りのある風景も含めてずっと昔から変わってませんね・・・。


さて、今度はどこの都内を巡ろうかな?

こんにちわ

IMGP0460 08 WIDE ZOOM 1/500s F4.0 ISO800 27 mm WB:CTE

浅草へようこそ!と、言いたくなる感じがするビルでお出迎えすかね?
EKIMISEとしてリニューアルした感じです。奇麗ですね。船から降りると、まずここに出てきます。

IMGP0463 02 STANDARD ZOOM 1/500s F2.8 ISO1600 23 mm WB:ShadeX-Process

さて、浅草と言えば、やっぱり神谷バーの電気ブランですかね。
むかし、ちょろっと味わったことがありますが、ただただ強いブランデーっていう感じでして、洋酒・・・バーボンとかブランデーとかウイスキーとか、こういう系統が苦手な私にとっては今ひとつよさが分かりかねる感じだったのを覚えております。

でも、神谷バーの良さってそういうところだけじゃないですよね。

IMGP0464 02 STANDARD ZOOM 1/500s F3.5 ISO1600 40 mm WB:ShadeX-Process

なんというか狭い空間で見ず知らずのおっさんと話し込んだりする、そういう食堂的なノリがいいんじゃないかと思っています。

IMGP0466 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO800 17 mm WB:ShadeX-Process

さて、浅草と言えば、雷門ですよね。松下電器 presentsっていうのは置いておいて(下の方にしっかり書いてあるんですよね、コレ)、この大きなランドマーク、いいですよね、こういうの。

日本ってなんというか、あちこちに特色があって面白いです。

IMGP0469 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO640 23 mm AWB 雅 極彩

今回、リバーサルフィルムのモードではなく「雅」っていうのを多用してみました。

金色のもの、赤のものに向いているのかな?艶が出ている気がします。
でもちょっと嘘くさすぎる傾向がありますね。特に極彩にすると、派手派手(笑)

IMGP0473 08 WIDE ZOOM 1/30s F3.7 ISO200 17 mm AWB 雅 極彩

人がたくさん居るところで使うと、そのケバさが良くわかります。

IMGP0478 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO500 69 mm AWB ハードモノクローム

その状態でモノクロをかけると、なんとなくいつもよりオーバーでザラっとしている気がします。
でも、02番を多用した結果かも知れません。明るい空とか苦手ですしね、02番。

まぁ、でも、雅とかで撮ると、02番も結構たのしいかな、って思います。昨日の川の写真も結構02番が多かったですし、広角具合というかズーム範囲というか、この距離感は非常に「ちょうど良い」んですよね、それだけに勿体ない。02番のLimitedというか、お高いバージョンというか、そういうの欲しいな、って思います。

さて・・・浅草寺への道のり・・・。食べ物の誘惑に負けないで歩ける人はどれくらい居るのでしょうかね。

IMGP0479 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO500 46 mm AWB 雅 極彩

個人的には、ちょっと外れたところにある「あんみつ」とか、蕎麦とか、そういう違うのに惹かれちゃうんですけどね・・・。

こんにちわ
昨日から都心に向けての川昇りを実施しています。

IMGP0390 02 STANDARD ZOOM 1/640s F3.2 ISO125 29 mm AWB 雅 極彩

ようやくスカイツリーも見えてきました。

IMGP0423 02 STANDARD ZOOM 1/640s F3.2 ISO160 31 mm AWB 雅 極彩

たまにのんびりと東京を川から眺めるっていいですね。なんとなく別な土地に来たような気がします。
不思議と、もう40年以上観てきていた景色も、川から観るとどこかの世界の街にきたような気がしてきます。

もうすぐ今回の船の目的地、浅草です。・・・そうそう、浅草といったら・・・
IMGP0404 02 STANDARD ZOOM 1/640s F3.2 ISO100 23 mm AWB 雅 極彩
#浅草にさらに近くになると・・・

IMGP0408 02 STANDARD ZOOM 1/640s F4.0 ISO200 60 mm AWB 雅 極彩

このアサヒビールの●●ですよネ(笑)

炎の形を模しているとはいえ・・・あまりにも(笑)

ですが、これいスカイツリーが一緒になって視界に・・・というよりフレームに入ってくると話は別です。

このように、バッチリのタイミングでカメラを構えれば左と右の両方にスカイツリーが写るという『ダブルスカイツリー』な瞬間を手にすることが出来ます。

IMGP0449 08 WIDE ZOOM 1/640s F3.7 ISO640 20 mm AWB 雅 極彩
#右のビルに映り込むスカイツリーと合わせてダブル!

晴れた日のリバーラインでしか撮れないようですよ!?
 

こんにちわ

浜離宮を後にして、都会を川昇りをしてみました。

IMGP0256 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO100 23 mm WB:CTE


ちょっと悪い意味、うーんと、違うボケがでちゃってますが、まぁ、ここから川昇りがスタートです。

IMGP0278 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F3.2 ISO100 69 mm WB:ShadeX-Process


Q7が持つクロスプロセスのランダムの効果は、カラーブレイクというかある一定の色だけを残す感じで壊してくれる効果があります。

IMGP0281 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO125 69 mm AWB ハードモノクローム


しかしながら、コレがピタっとしたイメージになるときって結構少ないんですよね。だから、私はクロスプロセスで撮るシーンの結構多くの場面でモノクロームも残すようにしています。

IMGP0299 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F3.2 ISO100 202 mm AWB ハードモノクローム


でも今回の川昇りのシーンのように、青紫で奇麗に為せたときや、この下にある東京都のイチョウマークがあるシーンで奇麗な色が出ると嬉しいです。

IMGP0315 06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F2.8 ISO200 69 mm WB:ShadeX-Process


水門を横目に、コレから浅草方面に向かって昇っていきます。
この船、ただ浅草行くだけっていう感じなのですが、普段は通れない、でも良く通る道の下をくぐるので結構面白かったりします。

IMGP0328 08 WIDE ZOOM 1/640s F3.7 ISO160 21 mm WB:CTE


随分前に青抽出で撮った、あの橋『勝どき橋』の下をくぐれます。コレは無茶苦茶に楽しい瞬間です。なにせ、Q7で夜に撮りにきたあの橋を、今度は下から眺められるんです。

IMGP0352 08 WIDE ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 17 mm AWB 極彩


Q7と共に東京を巡っているのを久々に実感しました。
お散歩楽しい(笑)そして、気軽に持ち歩けるQ7は最高!

こんにちわ

この間から浜離宮庭園に来ていますが、ここは浜辺に出来た埋め立て地の場所だけあって、海が間近にある広場です。

IMGP0231 06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.5 ISO100 87 mm WB:CTE


そういえば、どうして海に松っていうのが 良くあるんですかね、不思議な感じです。


01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE
背景にビルが見え、海とも繋がる広場って都会では珍しいですよね。


01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 青抽出

松と青空がとても気持ちよく、風が強いときでもあまり揺れない松はカメラで撮る人に取っては嬉しいですね。

IMGP0236 01 STANDARD PRIME 1/320s F3.5 ISO100 39 mm WB:CTE 青抽出

でも、あまり写真を撮っているような人が海辺では見かけません。どっちかというとカップルとかがベンチや土手っぽい小高い場所で座り込んでいるのを良く見かけます。


06 TELEPHOTO ZOOM 1/250s F3.5 ISO100 69 mm WB:CTE

さて、海に出てきたことですし、このまま違う場所に移動していきたいと思います。

IMGP0268
06 TELEPHOTO ZOOM 1/640s F5.0 ISO100 92 mm WB:CTE

ここ、浜離宮は桟橋もあって、ここから違う桟橋に移動することも出来るんですよね。

ここを後にして、これからは川を上っていきたいと思います。

こんにちわ

IMGP0112 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 17 mm AWB 極彩


今日も浜離宮庭園の写真ですが、昨日と違って色が付いた水辺の写真を中心にアップして行きます。

IMGP0202 08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO100 17 mm WB:CTE

IMGP0184 02 STANDARD ZOOM 1/1000s F2.8 ISO400 23 mm WB:CTE

ビルの前にある水たまりのような空間。何とも言えない不思議な感覚です。

IMGP0211 08 WIDE ZOOM 1/80s F4.5 ISO100 17 mm WB:CTE 極彩

緑のある部分と水辺の空間。後ろのビルも相まって、都会のオアシスみたいに見えてきます。


08 WIDE ZOOM 1/60s F3.7 ISO200 17 mm WB:CTE

水鳥も悠々自適な感じがします。

06 TELEPHOTO ZOOM 1/200s F2.8 ISO100 204 mm WB:CTE

写真での見え方って不思議で、なんかチョット違うかなぁ、って思っても切り取った世界で観ると結構よく見えてきたり。そういう意味でカメラって不思議ですよね。

個人的には08番の広く撮れる世界観が非常に気持ちよくて愛用してしまうのですが、よくよく考えると「う〜ん」って思うような場所の写真ほど02番とか06番とかを多用する方が後で見返した時に『良き思い出』となってくれるような気がします。

それでも、最近は02番の写りがなんとなく気に入らないんです。
滲んでる気がするというか、奇麗じゃないというか。

う〜ん、気のせいだと思うけど、一番使い勝手の良い範囲のレンズの写りに満足出来なくなるとキツイですよね、やっぱり。うーん・・・。今度02番用にPLフィルターとか買ってみようかな〜。

こんにちわ

引き続き浜離宮に来ています。

今日は緑溢れるこの場所を、敢えてモノやセピアに撮る景色を載せてみます。

IMGP0089 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO200 24 mm WB:ShadeX-Process

この浜離宮、ちゃんとした名前では『浜離宮恩賜庭園』っていうところは、とても古い歴史があり、なんと江戸時代から続いている庭園でして、そりゃぁ、もう、そんじょそこらの公園とは訳が違うんです。

一応、そういうところなんですが、なんというか近年見て回っているアチコチの庭園とくらべ、和の侘び寂びはあんまり感じられません。駒込の六義園、金沢の兼六園、京都の無鄰菴、広島の縮景園といったどちらかというとだだっ広くつくらず、部分的に美を求めるコンパクトビューティーな路線とは真逆な感じです。とにかく広場広場広場っていうイメージ。


IMGP0119 08 WIDE ZOOM 1/1000s F3.7 ISO1000 19 mm AWB

それでも、桜は多くなく一部で植えられていたり、お休み処の後地みたいなところもあり、海を埋め立てて出来た場所なので当然ながら海に臨める広場ではあります。


IMGP0144 02 STANDARD ZOOM 1/1000s F3.2 ISO500 29 mm AWB

桜、松、梅、その他もろもろといった樹々も広々とした空間を与えられながらドンっと植えられています。江戸情緒って言うのは大きな花火のように、ドンっと1本大きなものをゆっくり鑑賞する習わしだったんでしょうかね?

IMGP0157 02 STANDARD ZOOM 1/1000s F3.2 ISO800 30 mm WB:ShadeX-Process

そんな広い土地も、端の方にくれば奥にビルが立ち並ぶ現代の景色と混じりだします。

IMGP0093 08 WIDE ZOOM 1/100s F4.5 ISO200 24 mm AWB

だから、モノクロームやセピアにしないと、なんとなく水の緑や青+最近のガラス張りの建物の組み合わせで青っぽい景色ばかりになってしまう傾向があります。

IMGP0167 02 STANDARD ZOOM 1/125s F3.5 ISO200 37 mm WB:CTE 青抽出

もちろん、途中には東屋的な茶所もあるのです。そこでは例によって「赤」の布などでアクセントになっていますが、なにせ今回の浜離宮はだだっ広いのでかえってつまらないんですよね・・・。

なんというか、やっぱりある程度狭い空間も無いと落ち着かないというか(笑)

IMGP0168 02 STANDARD ZOOM 1/60s F3.5 ISO250 41 mm WB:CTE 青抽出

そう、これ、あの感じに似ています。ニューヨークにあるセントラルパーク。

IMGP0186 02 STANDARD ZOOM 1/1000s F2.8 ISO400 26 mm AWB

確かに日本の庭園なんですけど、初めに描く期待感をくじく、やたら広く感じる普通の公園っていう感じ、このなんともいえない都会の中にある場所っていう雰囲気や何も無さってのがアレにそっくりです(笑)

そんなかでも、やっぱり水辺に近いところは風情があります。人が少なく感じる分、落ち着く感じがありますので、もうちょっと色が付いたものを明日は載せてみたいと思います。

こんにちわ

昨日に引き続き、都会にある緑の広場、浜離宮のスナップですが、今日は久しぶりに都会に出ているのでその街並から。

IMGP0069 01 STANDARD PRIME 1/60s F1.9 ISO400 39 mm AWB 


駅を出て街を歩きます。

IMGP0070 01 STANDARD PRIME 1/200s F3.2 ISO100 39 mm AWB 

大阪と違った感じですね、やっぱり。

と、いきなり、超高層ビル街に突入です。
この辺が、如何にも東京。

IMGP0071 08 WIDE ZOOM 1/100s F5.0 ISO200 23 mm AWB 

下から見上げるともの凄い迫力です。

IMGP0074 08 WIDE ZOOM 1/160s F4.5 ISO200 17 mm AWB

少し歩くだけで、浜離宮に着くのですが変な回り道とかされることもあるのでGoogleマップはいるかもしれません。
こっちからだと横断歩道渡れねえ、とか(笑)

IMGP0085 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

まあ、お堀のような処までくれば、そこはもう目的地です。

IMGP0086 08 WIDE ZOOM 1/60s F4.0 ISO200 17 mm AWB

周りを見渡すとビルばっかり。そんな処にある広場って言う感覚が近いかな?ここのイメージは。

こんにちわ

今年は例年になく、桜だらけの写真。Q7があるおかげですかね。

自宅の前のお家で、そうとう奇麗なしだれ桜も咲いているのですが、今回はそれを載せることすらためらうような桜をあちこちで見てきました。

昨日は02番ばっかりの写真でしたが、最近は02番より06と08が中心。添え物的に01番がある感じで、どんどん02番の出番が消えてきています。

08番の写りが好みすぎてたまらんのですよ(笑)

IMGP0100
06 TELEPHOTO ZOOM 1/400s F2.8 ISO100 207 mm AWB 

正直、梅の方が好きなので毎年おでかけは花粉症が本格的になる前ぐらいに梅をみまくるのですが、今年は桜ばっかり。


08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO200 17 mm AWB

ある意味人生の中で自ら桜を観に行く回数が一番多かった年かも知れません。

いや、小さい頃住んでいた場所の目の前が桜並木でしてね、良く掃除の手伝いをさせらたんですよね、散った後で泥だらけになったやつを(笑)


#松をバックにすると和が映えます
01 STANDARD PRIME 1/1000s F1.9 ISO200 39 mm AWB

だから桜って面倒なイメージしか残っていなくて・・・。でも人様のところで奇麗に咲いているのを観るだけには気持ちがいいもんです。

IMGP0125
01 STANDARD PRIME 1/1000s F2.8 ISO100 39 mm AWB 

って、あれ?この感覚、前に猫でも書いたような。まいっか、都合よくても。

IMGP0083
08 WIDE ZOOM 1/60s F4.5 ISO100 17 mm AWB

て、そうそう、この桜は都会にあるオアシス、『浜離宮』の桜です。
広い土地の一角にある広い公園。そして、その片隅にある桜です。

ビルや松を背景として一緒に撮れる貴重な公園です。

今年の桜はココのもので御終いとしておきますか。 

こんにちわ

茨城県にあります、古河総合公園でのお話のラストとなります。



08 WIDE ZOOM 1/200s F5.0 ISO100 23 mm AWB
この長閑な公園、川とのバランスも美しいし、桃は奇麗だし、桜も咲いていて、本当に素晴らしい公園です。


02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO160 67 mm AWB 赤抽出

そうそう、ここでは普通の公園には、あまり見かけないとあるものが・・・

IMGP1510

#桜の向こうに見えるアレは・・・
02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.5 ISO250 69 mm AWB



#もしかして茶畑?・・
02 STANDARD ZOOM 1/50s F7.1 ISO250 34 mm AWB

うは、なんと、ここはお茶も育てられているんですね。


02 STANDARD ZOOM 1/60s F7.1 ISO200 46 mm AWB

21世紀になってから始められたらしい、このお茶畑。
時期がくれば茶摘み体験もできるそうです。
ほほ〜。

どうやら新茶手もみ実演とかそのお茶も入手できたりというのもあるそうです。
まぁ、それよりも、お茶娘による茶摘みデモがあるらしいです・・・、ってまた◎娘!?(笑)

時期はGWが終わった直後の頃とのこと。面白そうですね。

IMGP1508
02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO100 66 mm AWB

にしても、う〜ん、そうか、もうそういう時期なんですね。  

こんにちわ

桃の名所でもある古河総合公園に来ています。


08 WIDE ZOOM 1/30s F4.0 ISO800 24 mm AWB

ここのところ、「花」を中心に撮っていますが・・・

IMGP1761 01 STANDARD PRIME 1/500s F3.2 ISO100 39 mm WB:ShadeX-Process

久々の人物像のショットになります・・・。

IMGP1579 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO400 25 mm AWB

あともう一人・・・

IMGP1578 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO640 27 mm AWB

う〜ん、最近って、電車にも萌えキャラ、何に付けても萌えキャラ、みたいな感じですよね。

でもまぁコレで地域が活性化していくっていうことならとても良い方向だと思います。
今は何でも良いので流動していってほしい時期ですよね。

そうそう、ゆるキャラみたいなのも居るんですね。
最近の流行は何でも取り入れていて、ある意味スゴイなぁ、と思います。

IMGP1589 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO100 56 mm AWB
このキャラ、頭に雪の結晶が付いているところがポイントなんですよね。

自分が住んでいる地域でも、これくらい貪欲になれればいいのにと思います。


01 STANDARD PRIME 1/250s F3.2 ISO200 39 mm AWB

茨城は自然や学術といった様々なものがあっていいですよね。
う〜ん、世界は残酷です。
 

こんにちわ

昨日と同じ公園、茨城県の古河総合公園に来ています。

IMGP1574 08 WIDE ZOOM 1/40s F4.0 ISO800 27 mm AWB


さて、今日の対象物はコレです。

IMGP1591 02 STANDARD ZOOM 1/200s F6.3 ISO400 69 mm AWB
 
桜の用で、色が強く、八重桜のようで密集した花の付き方をするコレは、『桃』です。

IMGP1631 02 STANDARD ZOOM 1/250s F4.5 ISO200 69 mm AWB

古河と桃の関係・・・、そんなに美しい歴史があるわけではなく、単純に暖をともすための薪を調達するためにうってつけだったからなようです。

IMGP1600 02 STANDARD ZOOM 1/100s F7.1 ISO160 69 mm AWB

まぁ、そんなのはさておき、桃も奇麗ですよね。
この公園では、花桃祭りと行って昔からの商業スポットとなっているようです。
IMGP1625 02 STANDARD ZOOM 1/200s F4.5 ISO200 69 mm AWB

そのためか、もちろん、屋台あります。匂いもあります。でも、まぁ、公園自体がもの凄く広いので鑑賞するのにあんまり邪魔になりませんでした。こういうのはいいですよね。

IMGP1645 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm 1/100s F8 ISO400 161 mm WB:ShadeX-Process

桃はとにかく梅みたいに上に向かって枝が伸びるのに、八重桜みたいな濃い色が多く、密集している感じで花が咲きますので、桜よりは見応えがあります。

IMGP1616 02 STANDARD ZOOM 1/100s F4.5 ISO160 67 mm AWB

もちろん、白い奴もピンクの奴も、源平といって「2色咲き」のやつもあったりします。 桃は・・・食べる方も美味しいですし、枝は薪になり、というと、良いコトだらけかも知れません。

今回、02番でできるだけ「ボケ」を作ろうとAEモードを出来るだけ使ってみました。

出来ている部分と、出来損ないで全体が甘くなってしまったもの、色々出来てしまいました。02番でボケは難しいですね・・・。

このページのトップヘ